映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評

2004/03/20

                         Vol.052 03/20/2004
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  
 
   ストレンジャー・ザン・パラダイス
   STRANGER THAN PARADISE(1984)アメリカ
   監督:ジム・ジャームッシュ 
   出演:ジョン・ルーリー エスター・バリント

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついています。まだ、
その映画を観ていない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から読みま
しょう。ただし、読める部分があまり残ってない場合があります。(^_^)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▲▼▲▼読者のつっこみ映画評 大募集▲▼▲▼

ご覧になった映画のつっこみレビューを送ってください。このメールマガジンで
紹介させていただきます。もちろん、ブラット親爺の映画評に対するつっこみも
大歓迎!あんまりキツ〜イつっこみはやめてね。おっちゃんこう見えても、打た
れ弱いので。。。(@。@;) f_f_cat@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『パリ、テキサス』は、まだテキサスリーガースヒットだったが、この映画はま
るっきり 淡々狸映画だった。いかにもロードムービー、なんとニューヨークから
五大湖畔のクリーブランドまで車で出かけて、とんぼ返りで南のフロリダまで激
走するんだから。といって別にラリーの話ではないけど。。。

ジム・ジャームッシュは、この前観た『デッドマン』が1995年の製作だった
が、この映画はそれより11年前の1984年の製作。実質的監督デビュー作ら
しい。当時の若者には結構衝撃的だったみたいで、その後この手の映画もどきが
インディーズとかいって一種のブームになったらしい。ブラット親爺はそのころ
既に馬鹿者を卒業して馬鹿親になっていたから、リアルタイムには見ていなかっ
た。 

映画青年御用達映画は、フランスのヌーベルバーグで終わったと思っていたら続
いていたんだね。しっかし、アメリカ映画でこれほど辛気くさい映画を撮る監督
も監督だけど、観る方も観る方だ。そう思いません?みなさん。。。

◆◆ネタバレ注意◆◆ハンガリーからの移民とゆーのがこの時代に盛んだったの
か、歴史的背景を知らないので何ともコメントできないが、おばあさんもアメリ
カにきているところを見ると、結構移民が多かったのかも。それにしても。主役
のジョン・ルーリーの異様な風貌は伊藤雄之助も嶋田久作も真っ青だ。ただ、決
して根っからの悪(わる)ではないから、おばあさんに電話するときも、一応ちゃ
んと話してはおった。こいつが大体何の仕事をしてるのか分からん。プロのギャ
ンブラーちゅうほどの腕でもなさそうやし、友達のちんぴらニイチャンも、人は
よさそうだが、どうにも甲斐性なし男だ。

もっと食えないのは、ハンガリーから遊びに(?)来た、いとこの女だ。いくら
親戚の兄ちゃんちといっても、少しは遠慮せんかい。せっかくもらった服を気に
入らんからといってゴミ箱に捨てるとは、お前何様やねん(怒)。娘にどんなし
つけしたんじゃ。(怒怒)親の顔が見てみたいわ。(怒怒怒怒怒)ハンガリー人
民の面汚しやぞ。(怒怒怒怒怒怒か〜ん わ、爆発しよった)社会主義体制やっ
たら強制収容所行きは免れんちゃ。ン?この時代まだハンガリーは社会主義国やっ
たんちゃうかいな。そしたら、一般市民がどうゆーコネつこうてアメリカへ入国
出来たんや?その裏話の方がよっぽどおもろいわ。

唯一笑えたのは、薬(やく)の売人が人違いしたシーン。それ以外は、全くの淡々
狸で、おもろいことも、悲しいことも、なーんもない。だんだん腹立ってくるけ
ど。。。◆解除◆

この映画の原題"Stranger than Paradise"は、一体なんて訳したらええのんか?
 Strangerは見知らぬ人とゆーか異邦人やね。sがついてないから単数形や。
Paradiseは天国や。真ん中に挟まってるthanがやっかいやな。一応中学校では
「〜よりも」と習った。『天国よりも異邦人』なんのこっちゃ?thanを意訳しま
くって、『天国ですらやっぱ異邦人』なんかどや。。。天国とゆーのがフロリダ
(もっと言えばアメリカそのもの)で、異邦人とゆーのはハンガリー人ツーのは、
なんとなく穿ちすぎだけど、その天国のはずのアメリカにいても、やっぱり異邦
人としての存在感の齟齬(実存的不安ちゅー奴やね)を感じているのか、いない
のか、よー分からん奴の話とゆー気分や。 

いや待てよ。strangerゆーたらstrangeの比較級やないか、そう言えばそうやん。
つまり、こうゆーことか。。。『天国よりもけったいな(とこ)』ん、なんとな
く納得。天国ゆーとこも行ったことがないから、どんなところかよーわからんけ
ど、『帰ってきた酔っぱらい』とゆーフォーククルセダースの名曲によると♪天
国よいとこ 一度はおいで 酒はうまいし ネーちゃんはきれいだ う〜わ う〜わ う
〜わ わ〜♪ゆーくらいやから、キャバクラみたいなとこやろか。おっちゃんは1
回も行ったことないんやけど、ぼったくられたりせーへんのかいな?キャバクラ
ゆーのんは、何を縮めたんや?キャバレーとクラブの合体か?『キャバレー』ゆ
ーたら、ライザ・ミネリよかったね。。。クラブゆーのんは、大阪でゆーたら北
新地でゴージャスなおなごはんの横に座るだけで2万くらい取られるゆーとこか?
この文章、開店前の風呂屋みたいに、ゆーばっかりやな。実体験に基づかない話
は、伝聞を表す「ゆー」が頻出するからや。おっちゃんも40になったとき、こ
れからの人生では食わず嫌い王をやめて、何でもやってみよう、死ぬときに思い
残すことがないようにしようと一念発起したんやけど、いまだにキャバクラには
行ってない。テレクラにも、覗き部屋にも、ソープランドにも、行ってない。風
俗系は未開拓ゾーンや。で、話を映画のタイトルに戻すと『天国よりもけったい
な(とこ)』ゆーのは、気分としては有りやね。社会主義国のハンガリーから80
年代当時のアメリカに来たら、食う物は豊富にあるし、ネーちゃんはちゃらちゃ
らと着飾ってるし、そりゃ地上の楽園(パラダイス)やったやろ。イヤ、パラダ
イスゆーたら、桂小枝のパラダイスや。あっちの方がもっとけったいやった。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Contact me: f_f_cat@yahoo.co.jp              (マガジンID:m00108615) 
                       Copyright(C)2004 BRAT PITT 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。