映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評

2004/03/13

                         Vol.045 03/13/2004
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  
 
  アイ・アム・サム I AM SAM.(2002)アメリカ
  監督 :ジェシー・ネルソン 
  出演:ショーン・ペン ミシェル・ファイファー ダコタ・ファニング

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついています。まだ、
その映画を観ていない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から読みま
しょう。ただし、読める部分があまり残ってない場合があります。(^_^)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▲▼▲▼読者のつっこみ映画評 大募集▲▼▲▼

ご覧になった映画のつっこみレビューを送ってください。このメールマガジンで
紹介させていただきます。もちろん、ブラット親爺の映画評に対するつっこみも
大歓迎!あんまりキツ〜イつっこみはやめてね。おっちゃんこう見えても、打た
れ弱いので。。。(@。@;) f_f_cat@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この映画はビートルズナンバーがふんだんに聞ける。 ビートルズ好きにはこたえ
られん映画や。ビートルズはブラット親爺が中学2年の秋に日本デビューした。
最初に聴いた"Love Me Do"がボディブロウ気味に効いてるところに、次の
"Please Please Me"の強烈な左ジャブがきてガクンとなって、さらに、
"I Wanna Hold Your Hand."の右ストレートがカウンター気味に飛んできたとき
は、もう避けきれんかった。脳味噌シャッフルされてしもたがな。とどめのパン
チは、どどんどどんと"She Loves You."の連打が炸裂してノックアウト、一巻の
終わりやった。それ以来40年ビートルズ一筋。なんとゆー人生やったんや。そ
れにつけても悔やまれるのが、ビートルズの日本公演に行かれんかったことやな。

そう、あれは高校2年の梅雨時やった。ビートルズの日本公演はチケットが抽選
やったが、大阪から行こ思たら、チケット付きのパックツアーがあった。この前
のフランス・ワールドカップと同じやね。赤貧洗うがごとし貧乏人やったから、
親に「おら、東京さへ行かせてけれ、ジョンに会いてぇだ」とは、とても言われ
んかった。おっちゃんは泣く泣く諦めて、なんとニュークリスティミンストレル
スの大阪公演を見に行った。なんでまたニュークリスティミンストレルス(長い
な、この名前)なんやと問われたら、聞くも涙、語るも涙の物語があった。つま
り、こうや豆腐や。おっちゃんの友だち2人がビートルズ見に行きよった。ビー
トルズのチケット付きツアーは、もう1枚大阪での外タレコンサートのチケット
を購入することが条件になってたんや。それで、その余ったチケットをもらって、
もうひとりのやっぱり見に行けなかった友だち(こいつの場合は、金持ちやった
けど親が許さんかった。当時ビートルズに熱をあげてるようなガキは不良やとゆ
ー風潮があったんや)といっしょに見に行ったんや。ホンマに情けない話やけど、
いまさら何ゆーてもしょうがないが、あん時は貧乏を呪ったなぁ。♪うちがなん
 ぼ早よ〜 起きても お父ちゃんはも〜 靴とんとんたたいたは〜る〜 ウチのこと 
あんまりかもうてくれはらへん お父ちゃんも と〜きどき 服買うてくれはる〜け
ど うちやっぱり おかあちゃんに 買うてほしぃ♪つー『チューリップのアップリ
ケ』ゆー切ない歌を口ずさみながら「銭がないのは首がないのと一緒や」とゆー
大阪商人の血ぃが騒いで、あれ以来、おっちゃんは守銭奴となってベニスの町に
君臨したんや。(ウソ、いっつもサイフの中をスッカラカンのからっ風が吹いて、
ぴーぴーゆーてるがな。。。)

誰か話を映画に戻してーな。主役のショーン・ベンは、今年のアカデミー賞主演
男優賞を取ったが、この映画でもリアリズムの追求が凄かった。『レインマン』
のときのダスティン・ホフマンも自閉症患者の雰囲気をうまく演じていたが、 こ
の主人公サムは、ほんまもんと思ったよ。「あほぼん」で一世を風靡した藤山寛
美も真っ青や。辣腕弁護士役のミシェル・ファイファーも、まずまずリアリティ
があった。高校時代の同級生の女の子(子ゆーたら怒られそうやけど)も弁護士
やってるけど、あんなにかっこよーない。それにしても、あの子役の女の子はしっ
かりもんやったな。ある種おっちゃんの理想とする少女像に近かった。あんなか
いらしくて賢い子ォやったら、誰でも里子に欲しいわなぁ。 

この映画もしんみり泣ける話やけど、前にも書いたが、こーゆーシチュエーショ
ンの場合は泣かない。かなしいとかかわいそうやとかで涙を流すことを侍はしな
い。(誰が侍やねん?)イヤおっちゃんはニンベンやのうてヤマイダレに寺やっ
た。それでもエエ映画には違いない。グスン(誰やそこで泣いとんのは。。。) 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Contact me: f_f_cat@yahoo.co.jp              (マガジンID:m00108615) 
                       Copyright(C)2004 BRAT PITT 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。