映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評

2004/03/04

                         Vol.036 03/04/2004
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  
 
  ナイト・オン・ザ・プラネット
  NIGHT ON EARTH (1991)アメリカ・日本 
  監督:ジム・ジャームッシュ
  出演:ウィノナ・ライダー ジーナ・ローランズ
     ジャンカルロ・エスポジト アーミン・ミューラー・スタール
     ベアトリス・ダル イザアック・ド・バンコレ
     ロベルト・ベニーニ パオロ・ボナチェリ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついています。まだ、
その映画を観ていない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から読みま
しょう。ただし、読める部分があまり残ってない場合があります。(^_^)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▲▼▲▼読者のつっこみ映画評 大募集▲▼▲▼

ご覧になった映画のつっこみレビューを送ってください。このメールマガジンで
紹介させていただきます。もちろん、ブラット親爺の映画評に対するつっこみも
大歓迎!あんまりキツ〜イつっこみはやめてね。おっちゃんこう見えても、打た
れ弱いので。。。(@。@;) f_f_cat@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回はジム・ジャームッシュの『ナイト・オン・ザ・プラネット』や。この映画
は5話からなるオムニバスもの。いわば映画のショートショートとゆーか小話の
ようなもの。英語では、スライス・オブ・ライフ。この手の監督は起承転結の必
要な長編(とゆーても、2時間足らずだから大したことないが)の場合は、どう
も起承転転転転とあさっての方向へ行ってしまうきらいがあるが、きっかけと勢
いだけで作れてしまうオムニバス・スタイルは得意のようだ。しかも、落語と違っ
て落ちがいらないから楽勝ラクショー。 

まずは午後7時7分のロス。ちょっとヤンキーぽいおねーちゃんドライバーとタ
レントスカウトキャラバンから帰ってきたばかりのおばちゃんスカウトの会話。
これがなかなか面白い。アメリカでもこの映画の公開当時には、きっとまだ珍し
かった携帯電話で誰かとぺちゃくちゃ話しながら、ときどきはおねーちゃんとも
話すのだが、会話の中身はどーってことないものの、運ちゃん役のウィノナ・ラ
イダーがなかなかいけてる。とはゆーものの、この娘はヘビーヘビースモーカー
で、『初恋のきた道』の純朴可憐な田舎娘とは大違い。こっちはコカインやLSD
には手を出してなくてもマリファナぐらいはやってそー。◆◆ネタバレ注意◆◆

ところが、このおねーちゃんの話す中身はえらい堅実で、おばちゃんからタレン
トとしてスカウトされても、車のメカニックになるのが目標だと言ってあっさり
袖にしよる。◆解除◆こんな奴おらんぞ、普通ならいちころでしっぽ振ってつい
て行くのんとちゃうか。。。と思わずつっこんでしまったが、なかなか気骨のあ
る娘やった。しかし、こらやっぱり監督の無い物ねだりとゆーか、形を変えたロ
マンティシズムやね。現実にはあり得そーにないヒロイン像をねつ造するのは、
宮崎駿と同類や。

お次は午後10時7分のニューヨーク。ブラット親爺はこの話が結構お気に入り
だ。ちょっとエキセントリックだけど、まっとうな人間が出てくるからだ。東ド
イツ出身の新米タクシードライバー(地理不案内、英語よく分かんないどころか、
まともに運転すらできないおっさんが運ちゃんやったらコワ過ぎる)を相手にブ
ルックリンに住んでるアフリカ系アメリカ人が、まるでボケとつっこみの漫才コ
ンビのようにしゃべりまくる。そこへ義理の妹までむりやりタクシーに乗せて、
車内はファック・ユーとアス・ホールの洪水だ。こちらもたわいない会話だけど、
ついつい画面に引き込まれてしまった。窓の外を流れるニューヨークの夜景も寒
そーでエエ感じや。◆◆ネタバレ注意◆◆元クラウン(道化師)だったタクシー
ドライバーが言った台詞がやけに印象的だった。「道化師にとっては、お金は必
要だけど、重要ではない」なかなか含蓄のある言葉やないか。◆解除◆

おっちゃんは、この映画の製作された2年後くらいに単身ニューヨークに乗り込
んだことがある。(ただのサイト・シーイングやけど)当時はまだ危ないニュー
ヨークの時代だから、何となくヤバそーな気配が街中にが充満していた。(ちょっ
と大袈裟)南北の大通りは比較的賑やかだったが、横丁に入ると途端に寂れた感
じがした。たった2日しかおらんかったが、イエローキャブには乗れんかった
(空港から乗ったタクシーの運ちゃんがなにゆーても答えてくれず、おっかなかっ
たのでトラウマになっていた)し、地下鉄もヤバイとゆー噂だったから、セント
ラルパークの南側にあったホテルから歩いて行ける範囲しか観光できんかった。
北はメトロポリタン美術館辺りから南はマディソンスクエア辺りまでを朝から夕
方までぐるぐる歩いとった。足棒やった。根性なしと嘲笑わば嘲笑え。口惜しな
いもん。 

さて、午前4時7分のパリでは、アフリカ系アフリカ人(コートジュボアール出
身のまんまアフリカ人)の運ちゃんが視覚障害者のねーちゃんを乗せて、その娘
に根ほり葉ほり立ち入った質問をしよる。◆◆ネタバレ注意◆◆いくらなんでも、
ベッドで相手が見えないと誰とセックスしてるか分からんやろなんて、失礼過ぎ
るやないか!あんた。しかし、客のねーちゃんも負けていない。ほれぼれするく
らいつっぱってる。お情けなんぞ糞食らえとゆー意気におっちゃんは感動した。
それにしても、夜明け前の午前4時にセーヌの川岸になんの用があるンやろ?こ
の話にはちゃんと落ちがついとった。しかし、ニューヨークがしばれていたのに、
パリはそれほど寒そーでないのはプックア?◆解除◆ 

同じく午前4時7分のローマ。またロベルト・ベニーニが出てきよった。結構い
ろんな映画に出てるんやね。このベニーニ扮する運ちゃんが、マシンガンのよー
にしゃべりまくる。◆◆ネタバレ注意◆◆神父が客になったものだから、今度は
ここで懺悔をしたいと言い出す始末。カボチャと羊と嫂の3題話を延々とまくし
立てて、気がつくと・・・?解除?この話のネタはいかにもイタリアだったが、
ロベルト・ベニーニのひとり芝居は、イッセー尾形と互角の名勝負だ。実にうま
い。

最後は、午前5時7分のヘルシンキ。スウェーデンとフィンランドはどちらも北
欧の国だが、この映画の登場人物たちは、この前に観た『マイ・ライフ・アズ・
ア・ドッグ』のスウェーデンの田舎町の人々の陽気さ猥雑さとはまったくかけ離
れて、ひたすら陰々滅々としていた。◆◆ネタバレ注意◆◆工場労働者風の酔い
どれ3人組と運ちゃんの不幸自慢とゆーかなり重い話だ。別に感動もしなかった
し、もらい泣きもしなかったが。。。エンディングでは次第に空が白んできて、
希望の朝を迎えるとゆーシナリオになっているんだけど、ハッキリゆーて、北欧
の冬の朝は午前5時前には絶対明けんぞ。2月頃の設定だったら、大阪でも多分
夜明けは6時半頃と違うか。。。この映画の時間進行なら6時前だから、まだ真っ
暗のはずや。まして、フィンランドでは、冬場は一日中夜とちゃうんかい?
◆解除◆

世界中のいろんな都市でタクシーは走っていて、どのタクシーにもけったいなド
ライバーがいて、けったいな客が乗ってくる。ジム・ジャームッシュもこの手の
オムニバス映画ならなんぼでもつくれそーや。さまざまな人生が交錯するグラン
ドホテルもののバリエーションといった感じ。大阪編もつくって欲しいわ。そー
言えば、笑福亭鶴瓶が運ちゃんになって客役のタレントとアドリブで掛け合いを
するTV番組があったが、鶴瓶の話芸の神髄を見るようだった。近頃TVではテ
レビ大阪の隠れたヒット番組『きらきらアフロ』がご贔屓だが、深夜の時間帯に
もかかわらずついつい見てしまう。鶴瓶のつっこみと&オセロ松嶋の天然ボケが
絶妙に決まっている。不思議なことに、鶴瓶は抱腹絶倒のエピソードが身のまわ
りで頻繁に起きるとゆー特異体質な人。普通に生きているおっちゃんなどは、あ
んなおもろい経験滅多にせんけどな。。。エンド・ロールのBGMで流れるトム・
ウェイツの歌がめちゃめちゃよかった。おっちゃん、CD4枚も買うてしもたが
な。。。 

ところで、この映画の邦題は『ナイト・オン・ザ・プラネット』だが、原題は
『NIGHT ON EARTH』 なぜ、オン・アースをオン・ザ・プラネットに変えたの
か?むちゃくちゃな改ざんのよーに思う。 ON EARTHには、地上とゆー意味の
他に、 一体全体(どーなってるねん)とゆー驚き・怒り・嫌悪・困惑を強調す
る意味もあるらしい。Where on earth have you been? (一体全体どこほっつ
き歩いとってん!日本語の一体全体ゆー言葉も訳分からん言い回しやだが)なる
ほど、この映画の訳分からん感ををうまいこと言い表してるやないか。それを
『ナイト・オン・ザ・プラネット』ゆースーパーマンが出て来そーなカタカナ邦
題にしたらアカンがな。そー思いません? 

追記
万引で捕まったハリウッド女優ゆーのんが、このウィノナ・ライダーやったんか。
おっちゃん、またしても知らんかった。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Contact me: f_f_cat@yahoo.co.jp              (マガジンID:m00108615) 
                       Copyright(C)2004 BRAT PITT 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。