映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評

2004/03/02

                           Vol.034 03/02/2004
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  
 
  バクダッド・カフェ  BAGDAD CAFE (1987)西ドイツ 
  監督:パーシー・アドロン
  出演:マリアンネ・ゼーゲブレヒト、ジャック・パランス、
     C・C・H・ハウンダー 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついています。まだ、
その映画を観ていない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から読みま
しょう。ただし、読める部分があまり残ってない場合があります。(^_^)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▲▼▲▼読者のつっこみ映画評 大募集▲▼▲▼

ご覧になった映画のつっこみレビューを送ってください。このメールマガジンで
紹介させていただきます。もちろん、ブラット親爺の映画評に対するつっこみも
大歓迎!あんまりキツ〜イつっこみはやめてね。おっちゃんこう見えても、打た
れ弱いので。。。(@。@;) f_f_cat@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
DVDのパッケージには、主人公のジャスミンがモハド砂漠のバグダッド・カフェ
に舞い降りたとあったが、実際はトランクを引きずってぽこぽこ歩いてきた。ブ
ラット親爺はデブ専とゆーのではないが、ぽっちゃり系のおなごはんが嫌いでは
ない。もう決して若くはないドイツ人中年女性の場合、太っているのは珍しくな
いだろう。一般にイタリア、ドイツのおばさんとゆーと、一方はパスタとピザの
食い過ぎ、他方はじゃがバターとソーセージの食い過ぎが原因で、デブ揃いのイ
メージがあるが、彼女の場合も典型的ドイツ人おばちゃんとゆー感じで貫禄充分、
しかも、あまりすれていない。その上無邪気で子ども好き、まさに聖母マリアの
ように包容力たっぷりのおなごはんだった。 

アフリカ系アメリカ人経営者家族とアメリカ先住民の従業員、ジャック・パラン
ス扮するけったいな画家、色っぽいタトゥ彫り師というバグダッド・カフェの人
たちとジャスミンとの交流は、ストレンジャーへの過剰な警戒から始まって、余
計なお節介への拒絶、受容、共感、一体化と、まさに異人種間交流のコミュニケ
ーション理論の通りに運んでいく。なんともハッピーなお話だった。 

◆◆ネタバレ注意◆◆「芸は身を助く」とはよく言ったもんで、この映画でもジャ
スミンのにわか仕込みの隠し芸が彼女自身だけでなく、このおんぼろモーテル兼
ドライブイン兼ガソリンスタンドの経営も助けた。一般ピープルとゆーのは無芸
な人がほとんどだから、人々はちょっとした芸でもそれを観にわざわざやって来
る。口コミ効果もあって、バクダッド・カフェは大盛況。これって、セールスプ
ロモーション的にも興味深い現象で、ちんどん屋さんが未だに絶滅しないのも、
その集客力が評価されているからだろう。

ところで、バクダッド・カフェの女主人の旦那は、こちらも夫婦げんかの末に出
ていったけど、ずっと車の中から双眼鏡で監視している。どうもこの人物の役回
りがよく分からなかった。さらに、そもそもジャスミンと彼女の旦那は、いくら
アメリカをレンタカーで旅行していたにしても、辺鄙なモハド砂漠くんだりまで
来たのが不思議だ。また、夫婦げんかの末にいくら頭に来たからとゆーても砂漠
のど真ん中に嫁はんをおっぽり出してそのままほっとくやろか?さっさと捜索願
いださんかい?さらに、さらに、ジャスミンが旦那のトランクを間違えて持って
来てしまったのは仕方ないとして、その中にどーして民族衣装のような革の半ズ
ボンが入ってたのか?もう一丁おまけに、赤ん坊の父親がまだ子どもっぽいピア
ノ好きのおにーちゃんゆーことやったけど、母親はどこ行ってん?普通、こーゆ
ー未成年者同士の協議離婚の場合、母親の方が赤ん坊を引き取るのんとちゃうか?
それとも、赤ん坊を残して嫁はん雲隠れしたんかいな。◆解除◆

色調がまったくもってアメリカ映画ではない。『パリ、テキサス』もそうだった
が、増感したようなぎらつく色調はあまり好きでない。不自然に傾けたカメラア
ングルもどーかなと思う。が、観ているうちにさほど気にならなくなってきた。
つまり、カメラアングルなんてものは、しょせん監督の思い入れでしかなく、観
客は話の中身にしか関心を払わないってことか。。。
 
この映画でもそーやが、女優の裸を見せることが監督の狙いのひとつのよーな気
がする。ただ、ジャスミンおばちゃんのぽっちゃりしたおっぱいは、あまりエロ
ティックではなかったが、こーゆーマイナーっぽい映画ほど、やたら裸を出すっ
てゆーのもどーかな。『至福のとき』のやせっぽち少女の裸にしても、マニアに
は受けるのだろう。どうも女優と裸は切り離せないもののよーだ。ここにも、映
画の見せ物性が残っている。客が入んないと興業的には失敗なんだから、なんと
しても見せ場は作っておかんとアカンのかね。。。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Contact me: f_f_cat@yahoo.co.jp              (マガジンID:m00108615) 
                      Copyright(C)2004 BRAT PITT 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。