映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評

2004/02/09

                         Vol.013 02/09/2004
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  
 
  ボウリング・フォー・コロンバイン  
 (2002)カナダ Bowling for Columbine 
  監督:マイケル・ムーア 
  出演:チャールトン・ヘストン、マリリン・マンソン

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついています。まだ、
その映画を観ていない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から読みま
しょう。ただし、読める部分があまり残ってない場合があります。(^_^)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▲▼▲▼読者のつっこみ映画評 大募集▲▼▲▼

ご覧になった映画のつっこみレビューを送ってください。このメールマガジンで
紹介させていただきます。もちろん、ブラット親爺の映画評に対するつっこみも
大歓迎!あんまりキツ〜イつっこみはやめてね。おっちゃんこう見えても、打た
れ弱いので。。。 f_f_cat@yahoo.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ドキュメンタリー映画監督とゆーと、その昔『世界残酷物語』などの一連のいか
がわしい実録もの(?)で有名やったヤコペッティくらいしか思い浮かばないが、
このドキュメンタリー映画は、アメリカの銃社会の問題を真正面から取り上げた
力作だった。とはゆーても、結構肩の力が抜けたエンターテイメントの要素も入っ
ていて、観ている方もそんなに肩こらんとこがエエ感じ。監督兼インタビュアー
のマイケル・ムーアのゆるい体型も、シリアスなテーマがシリアスになりすぎな
い緩和剤になっとるよーや。アニメやら昔の映画の一コマやらを挿入してある構
成も、ただただ事実を突きつけられる手法と違って、息苦しくなくてよい。音楽
も効果的やった。いかにもアメリカ人が作った映画や。 

この前観た『イン・ザ・ベッドルーム』でも、『フィッシャー・キング』でも、
銃社会の悲劇が描かれてたが、アメリカでは年間1万1千人以上も射殺されてる
らしい。あっちゃでズドン、こっちゃでズドンとしょっちゅうやっとるワケや。
その結果、カッとなって撃ち殺したくらいでは死刑はおろか終身刑にもならん。 

ところで、すぐに銃をぶっ放してしまうアメリカ人のメンタリティはどこから生
まれたのか、この映画でも断言はしてないが、おっちゃんはアメリカ社会のテン
ションの高さが原因のひとつやと思う。YES or NOをはっきりさせなあかん社会
で、善悪どっちにしろ目立たんかったら、おらんのと一緒やとゆーセロハン恐怖
症候群が自己主張の強い人間ばっかり作り出したんやないか。自己主張のゆがん
だ発露がこの映画の少年たちの銃ぶっ放し事件やったんとちゃうか。

◆◆ネタバレ注意◆◆しかし、銀行の口座開設の景品がライフルやったり、Kマ
ートでもタマ売ってたゆーのも驚きやった。後半で、そのKマートに「てっぽの
タマ売るのをやめてくれ」と直談判に行くところは、この映画の山場のひとつや
けど、現実にある種の影響を及ぼすところが、さすがドキュメンタリー映画やね。
◆解除◆

アメリカの都会は怖いゾーンと怖ないゾーンが割とハッキリしてるが、郊外や田
舎町は全般的に怖いらしい。よそ者に対する警戒心が強いだけでなく、住民同士
も顔見知りでない限り、決して心をゆるしてない気がする。別に怖いにーさんが
うじゃうじゃおるワケやなく、一皮むくと一般人が怖いから始末が悪い。お互い
に怖がってるワケやから、どっちかが一線を越えると過剰防衛になりやすい。ワ
ケの分からん恐怖心にかられて銃ぶっ放すなんてゆーのは大概この手の一般人や
と思う。メディアも恐怖心をあおる報道ばかり流してるし、企業も購買欲をあお
るだけあおって、持たざることの恐怖心をあおっとる。いかにも、情報化社会の
弊害がこんなところにも現れてるワケや。 

しかし、この映画ではどうゆー状況で銃撃事件が起きてるのかについては語られ
てなかった。つまり、日本でゆー暴力団の抗争、アメリカやったらマフィアの抗
争やら、ちんぴら同士のいざこざやらでドンパチやってその世界の連中が撃たれ
とるのか?それとも、一般人が隣人をズドンとやっとんのか?その割合がどのく
らいなんか?後者の割合がよその国に比して格段に多いとすれば、こりゃエライ
こっちゃ。そこんとこが分からんから、一概にアメリカの一般人が銃を持っとる
ことと銃撃事件の死者の数がめちゃ多いこととの因果関係がもうひとつハッキリ
せん。

いまさらアメリカ人に持ってる銃を差し出せゆーても誰も出さんやろから、禁酒
法に倣って禁タマ法を施行して、アンタッチャブルが密造タマの摘発をやったら
どやと、おっちゃんは常々思とったんやが、この映画の中でも、黒人の芸人が
「タマを売らんかったらエエんや。どーしても売るんやったら1発5000ドル
くらいにしたらエエ。なんぼ腹立つ奴がおっても、金貯めてからしか銃ぶっ放さ
れへん」とゆーとった。確かに、そんな高いタマやったら無闇にぶっ放せんわな。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Contact me: f_f_cat@yahoo.co.jp              (マガジンID:m00108615) 
                       Copyright(C)2004 BRAT PITT 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。