映画

ブラット親爺のつっこみ映画評

ここ10数年映画館に行ったことがないブラット親爺が、DVDで観た泣ける映画、笑える映画、よーできた映画、しょーもない映画を関西訛りのつっこみを入れながら論じる格調高い(?)映画批評メルマガです。

全て表示する >

ブラット親爺のつっこみ映画評

2004/01/28

                          Vol.003 01/28/2004
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
         ◇◇ブラット親爺のつっこみ映画評◇◇  

 ミステリー・トレイン (1989)アメリカ MISTERY TRAIN
 監督:ジム・ジャームッシュ 
 出演:工藤夕貴、永瀬正敏、スクリーミン・ジェイ・ホーキンス、
    ニコレッタ・ブラスキ、サイ・リチャードソン、ジョー・ストラマー

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネタバレになりそうな話の前には、◆◆ネタバレ注意◆◆がついています。まだ、
その映画を観ていない人は、そこから先はすっ飛ばして◆解除◆の後から読みま
しょう。ただし、読める部分があまり残ってない場合があります。(^_^)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ▲▼▲▼読者のつっこみ映画評 大募集▲▼▲▼

ご覧になった映画のつっこみレビューを送ってください。このメールマガジンで
紹介させていただきます。もちろん、ブラット親爺の映画評に対するつっこみも
大歓迎!あんまりキツ〜イつっこみはやめてね。おっちゃんこう見えても、打た
れ弱いので。。。 f_f_cat@yahoo.co.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
WEB版の『ブラット親爺のつっこみ映画評』にもぶらっと遊びにきてね。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1989年の製作やから15年前の映画か。それにしてもメンフィスの町はえら
い寂れとるな。まぁ、アメリカの地方都市は大体あんな感じや(ゆーても12年
前のカンザスシティしか知らんけど)。ダウンタウンにはビルも建ってるが、ちょ
っと外れると道だけは広いけど両側に建ってる建物は大抵平屋で、商店の大半は
日曜でもないのにシャッターが閉まってた。大型ショッピングモールや住宅街に
行けば人がおるけど、町中はえらい閑散としている。閑古鳥カァカァ状態やった。
最近の日本の地方都市も似たよーなもんやけど。。。 

工藤夕貴ってこの映画のときは二十歳前とちゃうか?英語をろくに喋れん日本人
のバカップルとゆー設定の割に、発音決まってるやないか。いずれはハリウッド
女優になったろ思て、この頃から英会話のレッスンみっちりやってたんやな。ベッ
ドシーンもそつなくこなしてたが、なんか見てはいけないものを見てしまったよ
うな居心地の悪さが残った。日本人の濡れ場はどーも気恥ずかしい。それにして
も、この映画でもそーやが、外国におる日本人は、一様にとゆーか異様にチンケ
に見えるのは何でやろ?おっちゃん情けないわ。このふたりも日本におったらフ
ツーやろに。

相方の永瀬正敏は、哀しげな顔とゆーより、つまらなさそーな顔の方が当たって
る。何が気にイランのか、いつもぶすっとした顔してるのは、この監督の映画に
出演してる役者に共通してる。『ストレンジャー・ザン・パラダイス』のジョン・
ルーリー、『ダウン・バイ・ロー』のジョン・ルーリーとトム・ウェイツのふた
り、ただし、ロベルト・ベニーニは別や。このおっさんはいつでも、どこでも、
どんな役でもやっかましい。『ナイト・オン・ザ・プラネット』だけは、みんな
結構喋っとった。それから『デッドマン』のジョニー・ディップ 、『ゴースト・
ドッグ』のフォレスト・ウィテカーと揃いも揃ってむっつり、だんまり演技のオ
ンパレや。

◆◆ネタバレ注意◆◆ネタバレも何もこの映画は筋ゆーほどのものもないけど、
ジャパニーズ・ツーリストのおふたりさんは一応プレスリーファンのようで、ブ
ルースの聖地巡礼に来たらしい。しかし、メンフィスに来て最初の宿が安ホテル
(明らかにビジネスウーマンご用達のホテル)ゆーのもかなり無理がある。英語
を流暢に喋られへんねんやったら、ホテルだけは日本で予約しとくやろ。パック
ツアーじゃない海外旅行の場合、町に着いたらまずホテル探しが原則や。こんな
夜遅うまで泊まるとこもなしで歩き回るはずがない。◆解除◆

第2話は、イタリア人のおねーちゃん=ロベルト・ベニーニの嫁はんのニコレッ
タ・ブラスキの見事に生え揃った脇毛に目が点になってしもた。あれは監督の指
定でわざわざ生やしたんやろか?時代劇で女優の脇がつるつるゆーのんも何かお
かしいと思わんこともないが、今時の話でぼーぼーゆーのんは、かなりのインパ
クトがあった。(なんか、これって高校生の感想文みたい)
◆◆ネタバレ注意◆◆ このエピソードでは、メンフィスの主のよーなキング・プ
レスリーの幽霊話がテーマだが、ま、どーってことないストーリーやった。 

お話的には、第3話が一番面白い。黒人の友だちを侮辱されて怒った勢いで酒屋
の主人を撃ってしまった、白人ふたり黒人ひとりの3人組が酒をぐいぐい飲みな
がらメンフィス中を走り回って、前の2話と同じホテルに転がり込み、そこでも
酒を飲み続けて、ぐでんぐでんになるとゆーだけの話やけど、なんとなく3人の
人間関係がおかしい。◆解除◆

中でも、白人のひとりが黒人向かって、「お前はすぐに白人に対して人種差別す
るが、俺らも好きで白人に生まれたワケやない」と、モチロン関西弁でなく抗議
するところがおかしかった。普通は逆やろ。 

最後にご贔屓のトム・ウェイツが『ダウン・バイ・ロー』のときと同じラジオの
DJ役で声だけ出ていた。こーゆーところはこの監督なかなか気が利いてる。こ
のホテルにもナイナイの岡村似のボーイがおったのはご愛敬。 

ジム・ジャームッシュは何ともけったいな監督やった。はずしがうまいとゆー か、
盛り下がるとゆーか、『映画ってホント大した筋がなくても撮れるんですね』。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Contact me: f_f_cat@yahoo.co.jp
Go to "BRAT's Movie Review": 
http://www002.upp.so-net.ne.jp/ffcat/brat/
Copyright (C)2004 BRAT PITT        (マガジンID:m00108615)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-23  
最終発行日:  
発行周期:週1回〜不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。