トップ > マネー・政治・経済 > 政治・経済 > 加藤公一ジャーナル<katokoichi.com>

加藤公一ジャーナル<katokoichi.com>

RSS

衆議院議員加藤公一の政治に対する熱い思いをメールマガジンで皆様にお届けいたします。必読!!



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新のコメント

  1. いったい何時になったら次のメールマガジンが届くんでしょうか?

    メールマガジンが発行できないって事は何もしてないと理解すればいいのでしょうか?

    てつ 2012/4/2 このコメントがついた記事>>

  2. 捕鯨について、私達は知らない事が多いのだと解りました。
    これからも、色々教えて下さい。

     2008/12/3 このコメントがついた記事>>

  3. 加藤さんの仰るとおりだと思います。自民総裁選を面白おかしく取り上げるマスコミもどうかと。本質を見失わないことが大切な世の中だと痛感します。

     2008/9/5 このコメントがついた記事>>

  4. 私もメルマガ一斉配信のプログラマーをしていた頃に、結構色々やらかしました
    (lll´!)`)

    意外と神経を使う作業なので、スタッフさんもお疲れだったのでしょう。
    これにめげずに、頑張ってください♪

    これ位の事は気にしませんよ
    (* ^ー゚) 

     2008/5/6 このコメントがついた記事>>

  5. あ〜なるほど!と納得しました。
    私も、民主党はやたらと反対反対と言っている印象があったので、このメールで実情がよくわかりました。
    加藤さんは、東久留米の駅前で演説をしていた頃(2000年)から変わらず、国民が理解しやすい言葉で説明してくださるので応援してきて良かったと思います。
    これからも国民の為の政治を宜しくお願いします♪

     2008/4/25 このコメントがついた記事>>

  6. 加藤公一ジャーナルの読者です。今回は、違うコマーシャルだけのメイル届きました。どうしましたか?

     2008/3/13 このコメントがついた記事>>

  7. 考えさせられます。考えさせられる投げかけをありがとうございます。

     2008/3/3 このコメントがついた記事>>

  8. 利益を目的とする民間企業と、公益を目的とする公務員を比較するのはナンセンスだと思います。

     2008/3/3 このコメントがついた記事>>

  9. 普段でも停車をしない駅で列車を停車させるなど、とんでもない事で、降車するかは、乗車の前に確認を怠るなど、責任を取るべきである。評価する。

     2008/3/1 このコメントがついた記事>>

  10. 自民党がガソリン延長国会をするならば、衆議院解散選挙しかないです。解散選挙をしましょう。

     2008/1/25 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 大前研一通信マンスリーレポート

    最終発行日:
    2016/11/25
    読者数:
    4013人

    ビジネス情報、政治・経済、教育、社会問題までを網羅した、会員制の総合情報誌「大前研一通信」のご紹介です。英国エコノミスト誌で5人の「現代社会のグル」に選ばれた大前研一が、毎月最新情報をお届けします。

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2016/11/17
    読者数:
    17072人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2016/12/03
    読者数:
    23725人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 花岡信昭メールマガジン

    最終発行日:
    2011/05/10
    読者数:
    5964人

    政治ジャーナリスト・花岡信昭が独自の視点で激動の政治を分析・考察します。ときにあちこち飛びます。

  5. 自然と社会が元気になる

    最終発行日:
    2013/06/25
    読者数:
    832人

    湯河原に面白い政治家がいる。元宣教師の彼は、汚れた政治の世界に我慢ならない。腐敗した政治と社会を浄化したい。破壊された自然環境を回復するために役に立ちたい。エゴ社会をエコ社会に変えたい。そのような使命を持つツルネンが貴方に毎週新鮮なメッセージを送る。

発行者プロフィール

過去の発行記事