メンタルヘルス

MTOPメールマガジン:メンタルタフネスへの道!

ストレスやメンタルヘルスマネジメントにまつわる情報満載のメルマガです。ストレスに強い考え方(=メンタルタフネス)を身につける「メンタフへの道!」を始め、面白くて役に立つ連載やニュースをお届けします。

全て表示する >

MTOPマガジン:いよいよ、メンタフ小説連載開始!

2005/05/26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□ ◆ MTOPマガジン:いよいよ、メンタフ小説連載開始! ◆ 
□■□■      http://www.mtop.jp/pr/index.html?id=c      
■□■□          No.39 2005/05/19(Thu.)          
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■□■□■□■□■□■ I N D E X □■□■□■□■□■□■□■□
【01】ススメ!メンタフ道 A子の場合       《連載小説:第1回目》
   小説仕立てでメンタフ道を理解しちゃおう!
【02】すぐできるリラクゼーション法!PCの前に座ったままで呼吸法(Vol.1)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆天気が変わりやすくなっています。皆様お元気ですか?メルマガ編集部では最
近忙しいなか、キャラクターや小物の癒しグッズがはやっています。かわいいメ
ンタフ君もそうですが、殺伐とした仕事風景の中、見るだけでホッと一息つける
ようなかわいい物をそれぞれ見つけています。

世間では声をかけるとうなずいてくれるという可愛い玩具が流行しているらしく
、同僚の机の上で、問いかけに答えている様子はホンワカとしたやさしい気持ち
になれます。また、ある人の机の上には拡大されたメンタフ君がポスターになっ
ています。みなさんもそんな「くだらないこと」と切り捨てずに自分のココロに
やさしいグッズを手元に置いてみるのはいかがでしょうか?


┏━┓
┃01┃ススメ!メンタフ道 あやさんの場合・・・  《連載小説:第1回目》 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今号から始まるこのコーナー。企業のカウンセリングルームやクリニックでカウ
ンセラーとして勤務してきた臨床心理士が、過去に担当したいくつかのケースを
元に構成し、小説仕立てでお送りします。なお、この小説に出て来るキャラクタ
ーは特定のモデルなどはなく、架空の人物です。

◇第1回:あやさん(仮名・32歳既婚)の場合

「すっかり気分も楽で、体調も良くなりました!」
明るい顔でカウンセリングルームに入ってきたあやさんは笑顔でこう切り出しま
した。会社のカウンセリングルームで12回のカウンセリングを経て、最初の頃の
落ち込んで意気消沈した様子は全くなくなり、すっきりした顔をしていました。

「やっぱり私は完璧主義だったんですね。今まで自分でも気が付かなかったんで
す。だって私は仕事はゆっくりだし、家は汚いし、洗濯物はいつもたまっている
し・・・でも、そう思って自分の欠点を責めたり、自分を悪く思ったりすること
自体が完璧主義ってことなんですね。自分が本当は完璧であるべきだと思ってい
るから、出来ないことはマイナス点にしか思えなかったんですよね。」

--そうですね。あやさん、ずっと 100点が普通で85点はマイナス15点という事だ
と感じていたようですね。-- 

と、私が言うと、あやさんは、

「そうそう。自分自身85点を取るために努力していた自分に自信が持てなくって
マイナス15点を取ってしまったように感じていたんです。それが普通だと日々思
って生きていた。だから、マイナス15点の部分を補わなきゃって毎日毎日遅くま
で仕事して、それで追い詰められてしまったんですよね。結局。」

--完璧主義な人というのはマイナスを補うという意識を常に持っているので、自
分自身が完璧主義だと気が付きにくし、こんなに自分は出来ていないのに〜と思
うのがそもそも完璧主義ということなの。--

「そうなんですよね!いつも私、完璧を目指していましたから…。でも人が完璧
であるということはありえないですよね。先生にそう言われたときは目からウロ
コでしたよ。今考えるとちょっと笑っちゃいますよね。完璧になんて出来るわけ
ないのに、毎日毎日遅くまで仕事して、帰ったら旦那の世話をして、子供の世話
をして。それで家の押入れの中が整理整頓されていないことにイライラして。い
っつもいっぱいいっぱいで、キリキリしていて。家に帰っても落ち着く時が一度
もなかった。最近ではあ〜自分のペースで出来ていけばいいのだなって思えるよ
うになったんです。」

-----------------------------------------------------------------------+

あやさんは32歳になる女性で、某大手情報処理関連企業で、10年間男性に負けて
はならないとバリバリ働いてきました。キャリアウーマンと言えば皆さんが思い
浮かべるイメージにぴったりとしたような女性で、 4年前に大学時代から付き合
っていた現在の夫と結婚、 2歳になる子供がいます。絵に描いたような生活の全
てを手に入れたと、周囲の友人からも見られるような存在でした。

しかし、華々しいキャリア、幸せな家族を手に入れるためにあやさんが続けてき
た努力は並大抵のことではなく、いつも人知れず頭や体を酷使して、疲れている
自分を感じていました。30代をすぎた頃から、些細なことでイライラしたり、仕
事が上手くいかなかったり、部下の仕事が進まなかったり、子供が言うことを聞
かないと声を荒げて怒ってしまうといった事が徐々に増えるようになりました。

また、胃の調子が悪い、疲れがたまり朝起きられないということも続き、こうし
た状態は会社で導入している「MTOP」に書かれている「ストレス」と関係してい
るのではないかと自分自身でなんとなく気づいて、会社のカウンセリングルーム
に足を運んで来ました。それから、あやさんのメンタフ道が始まったのです。

次回は「あやさんの日常」をお送りします!お楽しみに!


┏━┓
┃02┃■すぐできるリラクゼーション!PCの前に座ったままで呼吸法(Vol.1)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回から始まったリラクゼーション法のコーナーです。 今号から隔週で、すぐ
に出来るリラクゼーション方法をお教えします。 まずは“呼吸法”をピックア
ップ! 今すぐこの場で出来るリラクゼーション法です。肩に力が入っていたり
、緊張していませんか? このメルマガを読み終えたらほんの 5分、時間をとっ
てリフレッシュしてみませんか?

◇◇◇

ストレスを感じたり、緊張状態にあったりすると、呼吸は浅く短くなります。反
対に深くゆっくりとした呼吸を繰り返すと、全身の緊張がほぐれてリラックス状
態になります。自律神経のバランスが良い状態になるのです。また体内のリズム
が正しく働き、脂肪が燃焼されやすいカラダになります。
自律神経は、交感神経と副交感神経とから成り立っています。交感神経は、活動
時に働き、副交感神経はリラックスし、体力を回復しているときに働きます。ゆ
っくりと呼吸すると、交感神経の緊張状態が解けて副交感神経が働くのでリラッ
クスできるんです。

呼吸法には、色々な流儀がありますが、ここでは簡単な腹式呼吸によるストレス
緩和法をご紹介します。

 ⇒続きは http://www.mtop.jp/pr/melmaga/taisaku01.htmlへ 
   
★次回のメールマガジンは、 5月26日(木)にお届けする予定です。どうぞお楽し
みに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンはメンタルヘルスに関する総合的な情報を、弊社の理解に
基づき皆様に提供しておりますが、必ずしもすべての方のお役に立てるとは限
りません。 掲載された情報のご利用に際し発生する損害に関しては、弊社で
は一切の責任を負いかねますので、情報の取り扱いは各人の責任においてお願
いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメールはMSゴシック等の等幅フォントでご覧頂く事をお勧めします。
■ 編集長:Y.MIYAMOTO/発行責任者:T.WATANABE
□ 編集:M.TSUKAHARA
■ ご意見、ご感想はこちら → mailto:mtop-info@mtop.jp
□ 配信解除はこちら
   http://www.mtop.jp/pr/melmaga/melma_form.html
■ 提供:株式会社ライフバランスマネジメント
  http://www.lifebalance.co.jp/index.html?id=c
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyright(C)2005 Life Balance Management Inc. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-20  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。