音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2010/12/13]ポール、スクランブル・エッグと豆腐ウイングスを歌う

2010/12/13

====================================

BEA-MAIL ビーメール 2010年12月13日号(第527号)

====================================

♪ビートリーな情報いっぱい♪
ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズらしい)暮らしを送るために
フロム・ビーがお届けしているメールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)です。
毎週月曜日(休日の場合は翌火曜)に無料で配信しています。
ビーメールはあなたのビートリー・ライフを応援します!

フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia
フロム・ビーのツイッターはこちら。ツイッター疲れしない程度にぼちぼちと。
http://twitter.com/FromBea

〓〓☆今週のおすすめ☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◎リリース___映画『エディ・マーフィの劇的1週間』
◎テレビ____『洋楽天国PREMIUM R45』
        映画『インデペンデンス・デイ』
        『SONG TO SOUL 永遠の一曲』
◎ラジオ____『THE BEATLE YEARS』
        『ビートルズ10』
◎読みもの___東京スポーツ
        『ニューズウィーク日本版』
        大人のロック!特別編集『ジョン・レノン 魂のサウンド』
        『週刊モーニング』
◎ウェブ____EMIミュージック・ジャパン/ザ・ビートルズ日本公式サイト
        Yahoo! JAPAN/ザ・ビートルズ特集2010
        MUSIC LIFE plus
        SMILING FACE FILM by Yoko Ono
◎ライブ____WINGSFAN on the Run
        宮城伸一郎
        「ビートルズ大会」
        Dear BEATLES 2010
◎アート____篠山紀信写真展「ジョン・レノン、オノ・ヨーコとともに…愛のファンタジー」
        オノ・ヨーコ「スマイル」
        ブラッド・エルターマン写真展 LIKE IT WAS YESTERDAY
◎映画_____『照和 My Little Town/KAI BAND』
        『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』
◎イベント___Happy Happy Birthday KEITH
        「ビートルズなぞかけコンテスト」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■文藝別冊『ジョン・レノン その生と死と音楽と』■発売中■河出書房新社■
□ジョンの好奇心が実権を呼び込みロックを進化させた/サエキけんぞう  □
■2010年新リマスター盤ガイド/藤本国彦              ■
□ビートルズ時代アルバム/安田謙一  ■ソロ時代アルバム/黒沢秀樹 他□
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309977393 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

> ◎ホット・ニュース

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■ポールが『サタデー・ナイト・ライブ』などに出演
ポール・マッカートニーは12月9日にアメリカNBCテレビのトーク番組『レ
イト・ナイト・ウィズ・ジミー・ファロン』に、12月12日には同局の『サタ
デー・ナイト・ライブ』に、それぞれゲスト出演しました。
http://www.nbc.com/saturday-night-live/video/ 
………………………………………………………………………………………………
■「イエスタデイ」の「スクランブル・エッグ」版も披露
9日の『レイト・ナイト・ウィズ・ジミー・ファロン』でポールは、ジョン・レ
ノンのために「ヒア・トゥデイ」をギター弾き語りで歌い、「イエスタデイ」を
オリジナルの歌詞「スクランブル・エッグ」で披露するという一幕もありました。
http://www.latenightwithjimmyfallon.com/ 
………………………………………………………………………………………………
■ポールがロンドン、リバプールでの公演を発表
ポール・マッカートニーがクリスマスの時期にロンドンとリバプールで公演を行
なうことが明らかにされました。12月18日ロンドン、ハマースミスのHMV
アポロでの公演と、12月20日リバプールのO2アカデミーでの公演です。
http://www.paulmccartney.com/home.php 
………………………………………………………………………………………………
■「ペニー・レイン」が「グラミーの殿堂」入り
2011年に新たに「グラミーの殿堂」に加わるシングおよびアルバムが12月
7日に発表され、ビートルズの「ペニー・レイン」を含む計30作品が選出され
ました。
http://www.grammy.com/news/2011-grammy-hall-of-fame-selections-announced

続きはウェブで!
http://homepage2.nifty.com/beatopia

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●えつぜんこずえと歩いて巡る激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー!●
アビイ・ロードはもちろん、ロンドンの重要ビートルズ・スポットを効率よく
ご案内します。基本コースは3時間。マニアックなツアーもあります!
     ● http://scousehouse.net/beatles/guide_london.htm ● 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

>> ◎リリース情報

<Review>
■エディ・マーフィ
DVD『エディ・マーフィの劇的1週間(IMAGINE THAT)』
4月9日発売 パラマウントジャパン PPA-113702、税抜3,980円 税込4,179円
(2009年/監督キャリー・カークパトリック、主演エディ・マーフィ)
>エディ・マーフィー主演の『Imagine That』という映画を見ていたら、ビートル
>ズの曲が4曲フィーチャーされてました。
>Got Get You Into My Life、Nowhere Man、Here Comes The Sun、All You Need 
>Is Loveの4曲ですが、特に、All You Need Is Loveは、重要なポイントになって
>います。
>ビートルズファンは、必見の映画と思いました。 (かねやん)
と、かねやんさんから教えていただいて掲載したのが2009年11月16日号。
「DVDスルーにならないように祈ります」と書いたら、日本では本当に劇場未
公開のままDVDスルーになってしまいました。ファミリー向けのいい話なのに、
アメリカでは記録的な赤字になったみたい。でも、私はおすすめします。
マシュー・スウィート&スザンナ・ホフスによる「ゴット・トゥ・ゲット・ユー・
イントゥ・マイ・ライフ」、ランドン・ピッグによる「ひとりぼっちのあいつ」、
「ヒア・カムズ・ザ・サン」はコルビー・キャレイの歌ほか2バージョンが使わ
れ、「愛こそはすべて」は子どもたちが合唱。エディ・マーフィ演じるビジネス
マンの娘オリビアは安心毛布を手放さず、想像上のお友だちと会話して遊んでい
ます。オリビアがパパの指導で歌を練習する場面もあるのですが、確かに「愛こ
そはすべて」を歌うのは難しいですよね。 (淡路)
来年2月には廉価盤が出るようです。
http://dvd.paramount.jp/mikoukai/


>> ◎テレビ情報

■『洋楽天国PREMIUM R45』
12月15日(水)午前0時〜0時30分 テレビ神奈川
大人向け洋楽情報番組。クリスマス・スペシャルで、バンド・エイド「ドゥ・ゼ
イ・ノウ・イッツ・クリスマス」やジョン&ヨーコ「ハッピー・クリスマス(戦
争は終った)」などのビデオ・クリップが放送されます。再放送が3回あります。
http://www.tvk-yokohama.com/tengoku/r45.html 
………………………………………………………………………………………………
■映画『インデペンデンス・デイ(INDEPENDENCE DAY)』
12月16日(木)午後8時30分〜11時 WOWOW
(1996年アメリカ/監督ローランド・エメリッヒ、出演ウィル・スミス、ビ
ル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラム)
7月4日に起きた地球最大の危機を描くSFアクション。絶滅の危機にさらされ
た人類はついに史上最大の作戦を開始。そのなかで「愛こそはすべて。ジョン・
レノンの言葉だ。頭の切れる男だった。なのに撃たれるなんて、ほんとに悲しい
よ」というセリフがあります。DVD発売中。
http://www.wowow.co.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■『SONG TO SOUL 永遠の一曲』
12月16日(木)午後11時〜11時54分 BS-TBS
多くの人の心に残る名曲をとりあげ、曲のルーツや成り立ちを追う音楽ドキュメ
ンタリー。今週はベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」の再放送(12
月9日初回放送)。ジョン・レノンによるカバーでも知られる名曲です。キング
本人や作曲家マイク・ストーラーも出演しています。
http://w3.bs-tbs.co.jp/songtosoul/

*放送日は実際の日付(午前0時から新しい日付)を掲載しています。新聞や放
送局のサイト等でもご確認ください。間違って全部削除しちゃって予告なく変更
になることがあります。


>> ◎ラジオ情報

■『THE BEATLE YEARS』
毎週月曜 午後11時〜12時 Inter-FM
ウェストウッド・ワン(『ロスト・レノン・テープス』を手がけた番組配給会社)
を通じて全米で放送されているビートルズ専門番組。日本ではインターFMが東
京地区独占で放送中です。ビートルズのコレクターでもあるというボブ・マリッ
クがDJで、ビートルズの逸話を語りつつ曲を聴いていきます。話の内容は日本
語で解説されます。本日13日はジョン・レノン特集です。
http://www.interfm.co.jp/beatleyears/ 
インターFMは放送エリアに準じた地域でパソコンやスマートフォンでも聴くこ
とができます。ラジコは12月1日から本格始動し、東京都、神奈川県、千葉県、
埼玉県に加えて群馬県、栃木県、茨城県でも聴取可能になりました。
http://radiko.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズ10』
毎週日曜 午前1時〜2時 ラジオ日本
毎週日曜 午前3時〜4時 東北放送
毎週日曜 午前10時〜11時 福井放送
毎週日曜 午後4時〜5時 北日本放送
毎週日曜 午後8時〜9時 岐阜放送
毎週日曜 午後9時〜10時 秋田放送
毎週日曜 午後11時〜12時 FM PORT
毎週ビートルズ・ナンバーの投票トップ10を発表するビートルズ専門番組。次
回は番組からクリスマス・プレゼントがあるみたいですよ。応募方法は番組で!
「邦題つけ放題」コーナー(邦題のないビートルズ・ナンバーに邦題をつけよう)
の募集中のお題は「ア・ハード・デイズ・ナイト」です。以前募集された歳は該
当作なしでした。「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」を越える邦題
はつけられるのか?!締切は2011年1月11日(火)お昼。
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/beatles10.php 
『ビートルズ10』のツイッターはこちら。
http://twitter.com/THE_BEATLES_10


>> ◎読みもの

<Review>
■東京スポーツ「ビートルズとカレッジポップス」
月〜木曜 東京スポーツ新聞社 税込130円
高嶋弘之さんがビートルズ担当ディレクター時代の裏話を披露する連載「ビート
ルズとカレッジポップス」が先週12月7日から始まりました。ウェブ版には載
りませんが、「言葉の旅人」というページでこの連載について紹介されている項
があります。役員の方、ビートルズ愛好者なんですねー。
http://www.tokyo-sports.co.jp/writer.php?itemid=11178 
http://www.tokyo-sports.co.jp/writer.php?itemid=11211 
………………………………………………………………………………………………
■『ニューズウィーク日本版』12・15号
12月8日発売 阪急コミュニケーションズ 本体429円 税込450円
「社会」の記事として「ジョン・レノンが生んだセレブの世界」(3ページ)が
掲載されています。『ニュースウィーク』誌記者が「セレブを戯画化して演じる
メタ・セレブ第1号」としてのジョン・レノンを考察した記事の翻訳です。
デジタル版も販売されています。
http://www.newsweekjapan.jp/magazine/ 
………………………………………………………………………………………………
■大人のロック!特別編集『ジョン・レノン 魂のサウンド』
11月17日発売 日経BP社 本体1,200円 税込1,260円
ジョンが凶弾に倒れて30年を迎えました。この30年のあいだ、ジョンの音楽
作品をめぐっては、「未発表音源の発掘・発表」と「既存の作品をよりよい音質
で提供すること」が並行して進められてきました。さまざまな試みがなされた結
果、気がつけばいろいろなバージョンが流通し、曲によってはかなりの数のバー
ジョン違いが存在するという状況になっています。初心者の方にはちょっとわか
りにくい部分もあるかもしれません。本書のパート5「公式発表全曲・全バージョ
ン完全ガイド」は、そんなビギナーの「わかりにくさ」を解消し、なおかつマニ
アックな探究心も満たしてくれる、詳細な全曲ガイドです。オリジナル・アルバ
ム、ライブ盤、レアトラック集といった音楽作品のみならず、映像作品(ビデオ・
DVD)までをも含めた全バージョンを対象に、鳥居一希さんが1曲ずつ丁寧に
解説。最新のリマスターによって音がどう変わったのか、現段階でここまで突っ
込んだ労作はほかにないと思います。リマスター盤を年末年始にじっくり聴いて
みようという方の鑑賞のお伴に最適です。 (山川)
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/rock/jl/ 
『大人のロック!』本誌冬号も発売中。ビートルズ特集と連載もあります。
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/rock/ 
………………………………………………………………………………………………
■『週刊モーニング』
毎週木曜発売 講談社 本体305円 税込320円
「僕はビートルズ」が3月11日発売号より連載中。原作者の藤井哲夫さんはこ
の作品でMANGA OPEN大賞(制限なしで募集しおもしろい作品に与えら
れる新人賞)を受賞し、かわぐちかいじさんが漫画化しています。ビートルズの
コピー・バンド、ファブ・フォーが1961年にタイムスリップしビートルズの
未来の曲を発表するという物語。次号は12月22日(水)発売です。
http://morningmanga.com/


>> ◎ウェブ

■EMIミュージック・ジャパン/ザ・ビートルズ日本公式サイト
http://www.emimusic.jp/beatles/ 
EMIミュージック・ジャパンによるビートルズ・オフィシャル・サイト。12
月3日から始まった「『赤盤』『青盤』を語ろう!」の全4回が掲載されていま
す。赤青盤初CD化時の担当ディレクターだった森俊一郎さん、漫画家でイラス
トレーターの本秀康さん(レコスケくんのイラストと題字も提供)、毛皮のマリ
ーズの志摩遼平さん、初代ビートルズ担当ディレクターだった高嶋弘之さんがそ
れぞれ語っています。
………………………………………………………………………………………………
■Yahoo! JAPAN/ザ・ビートルズ特集2010
http://event.yahoo.co.jp/beatles2010/ 
ヤフーのビートルズ特集。掲載期間がまもなく終了、12月15日(水)まで。
………………………………………………………………………………………………
■MUSIC LIFE plus
http://www.shinko-music.co.jp/musiclifeplus/ 
『ミュージック・ライフ』がデジタル・フリー・マガジン『MUSIC LIFE plus』
として帰ってきます。iPadまたはiPhoneで12月中旬創刊です。紹介ビデオが公
開されました。大きい画面で見たい方はYouTubeへ。
http://www.youtube.com/watch?v=un9N9sGLne8&feature=player_embedded


>> ◎ライブ

<Coming Soon>
■WINGSFAN on the Run 〜Tribute LIVE Festival for Paul McCartney & Wings〜
ポール・マッカートニー&ウイングスのトリビュート・イベントWINGSFANの一環
で、アルバム『バンド・オン・ザ・ラン』を全曲演奏するライブが開催されます。
12月18日(土)、東京・下北沢のビートルズ・バーBREATH(ブレス)で、午
後7時30分開演。
http://wingsfan.blog64.fc2.com/blog-entry-5171.html 
ドリンク・メニューも楽しいBREATHはこちら。
http://www.breath335.com/ 
………………………………………………………………………………………………
■宮城伸一郎
元がむがむ、チューリップのベース奏者、宮城伸一郎さんが12月19日(日)
東京・恵比寿のライブゲイトで「スペシャル・リクエスト・ライブ」を開催しま
す(演奏曲のリクエストはすでに締切)。「ホワイル・マイ・ギター・ジェント
リー・ウィープス」をリクエストしたみなさん、やってくれるといいですね〜。
午後5時開演、料金は5,500円(ドリンク500円別)。
http://www.livegate.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■第60回「ビートルズ大会」
東京・大塚のライブレストラン、ウェルカムバックで12月23日(木祝)午後
5時より、恒例のアマチュア・バンドのイベント「ビートルズ大会」が催されま
す。スペシャル・ゲストは直訳ロックの王様で、7時からの出演予定です。
9時からのトリを飾るグローヴ・ラヴ(キーボード入り)など6組のバンドが出
演します。クリスマス・シーズンにあたり、この日は各バンドが必ず1曲クリス
マス・ソングを演奏するという企画があります。
料金はミュージック・チャージ1,000円とドリンク券500円。
http://www.welcomeback.jp/ 
GLOBE LOVEのホームページもご覧ください。
http://www20.atwiki.jp/glovelove/pages/1.html 
………………………………………………………………………………………………
■Dear BEATLES 2011
ビートルズをこよなく愛するミュージシャンによる毎年恒例のライブ。2011
年は3月5日(土)、2年ぶりに会場を府中の森として開催されます。
出演は杉真理さん、坂崎幸之助さん、リッキー(廣田龍人)さん、上田雅利さん、
伊豆田洋之さん、村田和人さん、小泉信彦さん。
チケットは12月11日より一般発売中です。
http://www.tbs.co.jp/radio/event/music/M10654/M10654.html

<Dear BEATLES 2011>
日時:3月5日(土)午後5時15分開場/6時開演
会場:府中の森芸術劇場 どりーむホール(京王線東府中駅より徒歩6分)
料金:前売5,500円 当日6,000円
http://www.fuchu-cpf.or.jp/theater/index.html


>> ◎アート

■篠山紀信写真展「ジョン・レノン、オノ・ヨーコとともに…愛のファンタジー」
先週のニュースでもお伝えしたとおり、篠山紀信さんが撮ったジョン・レノンと
オノ・ヨーコの写真展KISHIN SHINOYAMA PHOTO EXHIBITION「ジョン・レノン、
オノ・ヨーコとともに…愛のファンタジー」が12月4日からアウディ・フォー
ラム東京で開催されています。車のショールームの2階です。会期は来年1月5
日(水)まで。入場無料。
アルバム『ダブル・ファンタジー』のジャケット撮影時の秘蔵写真をはじめ、1
970年代のヨーコさん、30年ぶりにニューヨークのセントラル・パークで撮
られたヨーコさんの写真もあります。
また、ヨーコさんの作品「ウィッシュ・ツリー」も展示され、来場者が願いごと
の短冊を木につるしています。
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/branding/event/event/AFT_Event.html 
………………………………………………………………………………………………
■オノ・ヨーコ「スマイル」
今年もオノ・ヨーコの個展が東京・表参道のギャラリー360°で開催されてい
ます。このギャラリーと上記のアウディ・フォーラム東京は歩いていける距離な
ので両方どうぞ。
新作「スマイル」が日本で初公開されています。今年秋にドイツでも出展されて
いたとはいえ、観客参加型作品ですから、日本独自のものになっています。来場
者が会場で笑顔を撮影し、これまで撮られた笑顔が次々とプロジェクターに投影
されるというものです。篠山紀信さんも参加していましたよ。マウスの簡単な操
作でポチッと自分で自分の顔を撮ることもできるし、友だちを撮ってあげてもい
いし、グループで楽しそうに撮ってる図もありました。画像を確認して撮りなお
すのも可です。「この人、笑ってないよ」とツッコミながら見るのもまた楽し。
ヨーコさんは1968年にジョン・レノンの笑顔を撮った映画「フィルムNo.
5(スマイル)」制作しましたが、こうして多くの人の笑顔を撮る作品は当時か
ら考えていたそうです。 (淡路)
ギャラリーのショップでは、「スマイル」展のポスターや「スマイル・ボックス」
などヨーコさんの作品も扱っています。

<ONO YOKO / SMILE>
会期:12月6日〜12月23日(木) *日曜休み
時間:午後12時〜7時
会場:360°(地下鉄表参道駅B4出口よりすぐ)
http://www.360.co.jp/j/exhibition.html 
………………………………………………………………………………………………
■ブラッド・エルターマン写真展 LIKE IT WAS YESTERDAY
1974年から80年代にかけてロサンゼルスの音楽シーンを中心にライブやレ
コード・ジャケットなどを撮影していたカメラマン、ブラッド・エルターマン。
本格的な写真展が東京で開催中です。
エルターマンが写真の道に進むきっかけとなったボブ・ディランから、マイケル・
ジャクソン、マドンナ、ジョーン・ジェット、キッスのジーン・シモンズといっ
たミュージシャン、近年のセレブリティまでの写真が展示されます。
文藝別冊『ジョン・レノン その生と死と音楽と』にも載せた1976年のジョ
ン・レノンとリンゴ・スターの写真も大きな写真でお楽しみください。
エルターマンの写真集に興味のある方は公式サイトからどうぞ。
http://www.bradelterman.com/press.php

<LIKE IT WAS YESTERDAY アートとしてのパパラッチ・フォトグラフィー>
会期:11月27日〜12月28日(火)
   午前11時〜午後7時(入館は6時30分まで)
会場:TABLOID(ゆりかもめ日の出駅より徒歩1分)
料金:一般1,200円、学生1,000円
http://www.soulplanet.jp/


>> ◎映画

<Coming Soon>
■照和 My Little Town/KAI BAND
12月18日(土)より公開
(2010年日本/監督フカツマサカズ、出演甲斐よしひろ、田中一郎、松藤英
男)
KAI BAND(甲斐バンド)がデビュー35周年を記念して博多の照和で今
年4月に行なったライブが、ドキュメンタリー映画となって公開されます。
チューリップをはじめ1970年代に多くの大物アーティストを送り出したライ
ブ喫茶、照和(しょうわ)は、今年オープン40周年。海援隊の千葉和臣さん、
モッズの森山達也さん、ロッカーズの陣内孝則さんなどもインタビューで出演し、
照和の歴史を振り返ることもできます。
http://shouwa1970.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
<Review>
■ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ(NOWHERE BOY)
11月5日より公開中
(2009年イギリス/監督サム・テイラー=ウッド、主演アーロン・ジョンソ
ン)
実の母ジュリア、そして育ての親である伯母ミミとのあいだの葛藤に焦点を当て
てジョン・レノンの少年時代をドラマ化した映画。12月18日から上映が始ま
る劇場もたくさんあります。
ラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』で聞きましたが、桑田佳佑さんと原由
子さん、斎藤誠さんもご覧になったとのこと。桑田さんは「ミミ役の女優がいい
ね」と話していたそうです。
http://nowhereboy.gaga.ne.jp/ 
cinemacafe.netで主演アーロン・ジョンソンのインタビュー動画を見ることがで
きます。
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/interview/2010/11/9420/ 
映画.comではアーロン・ジョンソンのインタビューを読むことができます(おっ
と、「イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デインジャー」はマッカートニー=
ハリスン作ですよー)。
http://eiga.com/movie/55362/interview/ 
………………………………………………………………………………………………
■ノルウェイの森(NORWEGIAN WOOD)
12月11日(土)より公開中
(2010年/監督トラン・アン・ユン、主演松山ケンイチ、菊地凛子)
村上春樹さんの小説「ノルウェイの森」が映画化されました。主題歌はビートル
ズの「ノーウェジアン・ウッド(ノルウェーの森)」です。
http://www.norway-mori.com/ 
また、糸井重里さんが大学教授、細野晴臣さんがレコード店店長、高橋幸宏さん
が寮の門番を演じています。「ほぼ日刊イトイ新聞」に撮影風景や糸井さんの感
想など(ネタばれあり)が載っています。
http://www.1101.com/news/2010-10-19.html 
ノルウェー王国まで『ノルウェイの森』を応援するという展開になっています。
http://gyao.yahoo.co.jp/special/norway/


>> ◎イベント

<Coming Soon>
■ロックをころがせ!STONES NITE!! Vol.3 Happy Happy Birthday KEITH
12月18日はキース・リチャーズの誕生日です(1943年ケント州生まれ)。
67歳の誕生日当日にバースデイ・パーティ・イベントが東京・吉祥寺で開催さ
れます。
トーク・ショーでは、1960年代からローリング・ストーンズの貴重な単独取
材を『ミュージック・ライフ』で紹介してきた星加ルミ子さんが出演します。
MCのマイク越谷さんからは2011年のストーンズ極秘情報も…。
ライブではストーンズ・トリビュート・バンドTHE BEGGARSなどが演奏し、筌尾
正さん率いるX-Rayted Moviesがキースのバンド、X-ペンシヴ・ワイノウズを再
現します。
さらに、元カーナビーツのポール岡田さん、ビートルズ・アナリストのチャック
近藤さんなどもゲスト出演。
抽選でストーンズ・グッズ・プレゼントもあります。

<Happy Happy Birthday KEITH>
日時:12月18日(日)午後6時開場/6時30分開演
会場:吉祥寺ROCK JOINT GB
料金:前売4,000 当日4,500円(ともに1ドリンク別)
   ROCK JOINT GB店頭/ROCKJOINT GBウェブサイトで予約受付中
http://www.rock-gb.com/ 
………………………………………………………………………………………………
■タワーレコード「ビートルズなぞかけコンテスト」
『赤盤』『青盤』リマスター発売を記念して「ザ・ビートルズ祭りがやってくる
ヤァ!ヤァ!ヤァ!』を展開中のタワーレコードで、「ビートルズなぞかけコン
テスト」を実施。12月8日に優秀作品が発表されました。
「ザ・ビートルズ」とかけて「上質なスコッチウイスキー」と解く。その心は:
http://tower.jp/article/campaign/70028


━━★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      << メルマ!ガ オブ ザ イヤー 2010 >>
      2 0 1 0 年 1 2 月 2 0 日 ま で 投 票 受 付 中 !!
  ───────────────────────────────
      ★☆★ お気にいりのメルマガに投票!! ★☆★
       →→ http://rd.melma.com/to?id=30575 ←←
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★━━

いつもご愛読ありがとうございます。米ビーな投稿をお待ちしております。この
メールに返信してください。ハンドル・ネームでの掲載をご希望の方はその旨お
書き添えを。

/♪/フロム編集部/♪/========================

●『BRIAN WILSON REIMAGINES GERSHWIN』に浮気中です。(山川)
●友川カズキさんのドキュメンタリー映画『花々の過失』も18日から公開され
ます。公開前の記念イベントでやっと友川さんのライブを観ることができ、1曲
目が新しいアルバムから「ひとりぼっちは絵描きになる」という曲でした。うん、
ひとりぼっちのあいつは絵描きでもありますね。(淡路)
http://lafautedesfleurs.com/j/

====================================

▼購読について
このメールマガジンは
『メルマ!』:マガジン名「BEA-MAIL」  http://www.melma.com/  
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」  http://www.mag2.com/ 
などの配信システムを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホーム
ページ上で簡単に行なうことができます。

ビーメールに関するご意見、ご提案等、激励、日本時間9日午後0時50分情報
http://www.news24.jp/articles/2010/12/09/10172056.html 
は下記でお待ちしております。件名とお名前を必ず書いてください。件名のない
メールは開かないことがあります。「あなたはアフィリエイト業界から追放され
ました。」業界にいません。
本誌やビートピアの記事を転載された場合、また、媒体でご紹介くださる場合も
ご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com ←@を半角英字に変えてください。

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)
2010年12月13日号(通巻第527号)
2000年4月28日創刊
発行元/フロム・ビー
編集/淡路和子
スタッフ/山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2010 FROM BEA
================================from BEA

ノルウェーの塀の中
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51691811.html
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。