音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2010/11/15]映画ノーウェアボーイ、ビート・ショットン役が似てます

2010/11/15

====================================

BEA-MAIL ビーメール 2010年11月15日号(第523号)

====================================

♪ビートリーな情報いっぱい♪
ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズらしい)暮らしを送るために
フロム・ビーがお届けしているメールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)です。
毎週月曜日(休日の場合は翌火曜)に無料で配信しています。
ビーメールはあなたのビートリー・ライフを応援します!

フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia 
フロム・ビーのツイッターはこちら。心を込めてさえずります。
http://twitter.com/FromBea

〓〓☆今週のおすすめ☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◎リリース___ポール・マッカートニー&ウイングス『バンド・オン・ザ・ラン』
        ゴースト・オブ・ア・セイバー・トゥース・タイガー『アコースティック・セッションズ』
        1966カルテット『ノルウェーの森〜ザ・ビートルズ・クラシック』
        
◎テレビ____『5時に夢中!』
        映画『キャデラック・レコード』
        『トップランナー』
◎ラジオ____『THE BEATLE YEARS』
        『ビートルズ10』
◎読みもの___大人のロック!『ジョン・レノン 魂のサウンド』
        『ローリングストーン日本版』
        『週刊モーニング』
◎ウェブ____EMIミュージック・ジャパン/アップル・レコード
        ショーン・レノンのツイッター
◎ライブ____ジョージ・ハリスン・メモリアル・ライブ
        「伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌うVol.7〜THE忘年会〜」
        BOX
◎映画_____映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』
◎イベント___タワーレコード「ビートルズなぞかけコンテスト」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■文藝別冊『ジョン・レノン その生と死と音楽と』■発売中■河出書房新社■
□            ドキュメント1980            □
■「バミューダ〜ジョン・レノン最後の夏」 「ジョン・レノン最後の一日」■
□「世界を駆けめぐった衝撃」「永遠の生命〜その後のジョンをめぐる動き」□
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309977393 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

> ◎ホット・ニュース

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■ポールの南米ツアーがスタート
ポール・マッカートニーの「アップ・アンド・カミング・ツアー」が南アメリカ
に舞台を移し、11月7日にブラジルのポルト・アレグレ、11月10日と11
日にアルゼンチンのブエノスアイレスでの公演が行なわれました。
ポールの公式サイトには3公演のセットリストも掲載されています。
http://www.paulmccartney.com/home.php 
http://news.search.yahoo.com/search?ei=UTF-8&p=paul+mccartney+tour+2010&fr=news-us-ss&type=photo 
………………………………………………………………………………………………
■ジョン、ポール、リンゴが登場するニルソンの映画がDVD化
ハリー・ニルソンの生涯と音楽をふりかえるドキュメンタリー映画『WHO IS HARRY 
NILSSON (And Why Is Everybody Talkin' About Him?)』(2006年アメリカ)
がDVD化され、10月26日にアメリカで発売されました。ジョン・レノン、
リンゴ・スターの映像が使われ、ポール・マッカートニーの写真も登場します。
http://www.ringostarr.com/ 
http://www.authorizedpix.com/wihn_home.html 
………………………………………………………………………………………………
■『バンド・オン・ザ・ラン』がカタログ・チャートの3位に
イギリスで11月1日に発売されたウングスのアルバム『バンド・オン・ザ・ラ
ン』のリマスター盤が、各国のチャートに登場しています。全英アルバム・チャ
ートでは11月13日付で初登場17位。アメリカでは、11月20日付のアル
バム総合チャートで29位、カタログアルバム・チャートでは3位まで上昇。

続きはウェブで!
http://homepage2.nifty.com/beatopia


>> ◎リリース情報

*税込価格は発売元の記載に従っています。

<Coming Soon>
■ポール・マッカートニー&ウイングス
アルバム『バンド・オン・ザ・ラン(BAND ON THE RUN)』
11月17日発売 ユニバーサル 
デラックス・エディション:UCCO-9952、税込4,500円
通常盤:UCCO-3021、税込2,200円
ポールのカタログ作品がヒア・ミュージックに移籍し、リマスター再発売第1弾
が1973年の名盤『バンド・オン・ザ・ラン』です。日本では11月3日発売
のスーパー・デラックス・エディションに続いて、デラックス・エディションと
通常盤が今週出ます。
デラックス・エディションはCD2枚とDVD1枚のセットで、CD1にはオリ
ジナル盤と同じ9曲を収録。CD2には「愛しのヘレン」など同時期のシングル
曲(アルバム未収録)と、テレビ用スタジオ・ライブ『ワン・ハンド・クラッピ
ング』からの音源を収録。DVDは「バンド・オン・ザ・ラン」等シングル曲の
ビデオ・クリップや、『ワン・ハンド・クラッピング』が収録され、日本盤のみ
日本語字幕付きです。24ページほどのブックレット付き。完全生産限定盤。
通常盤はオリジナル盤と同じ9曲を収録したCD1枚で、16ページほどのブッ
クレット付きです。輸入盤の国内仕様で、通常盤といっても1年間生産限定。
http://www.universal-music.co.jp/jazz/artist/paul_mccartney/ 
………………………………………………………………………………………………
■ゴースト・オブ・ア・セイバー・トゥース・タイガー
アルバム『アコースティック・セッションズ(ACOUSTIC SESSIONS)』
11月17日発売 キメラ・ミュージック XQJQ-1005、税込2,400円
ショーン・レノンがガールフレンドのシャーロット・ケンプ・ミュールと組んで
いるデュオ、ゴースト・オブ・ア・セイバー・トゥース・タイガー(The Ghost 
Of A Saber Tooth Tiger)のデビュー・アルバム。ショーンらが起こしたレーベ
ル、キメラ・ミュージックからの発売です。来日時にテレビ番組『MUSIC JAPAN 
OVERSEAS』でも歌っていた「ガソリンの中の虹」など、オリジナル盤は9曲収録。
日本盤のみボーナス・トラックとして「北国の少女」が収録されています。ボブ・
ディランのカバーでしょうね。
キメラ・ミュージックの日本語サイトには10月27日発売とありますが、国内
の大手レコード店ではおおむね11月17日から販売されるようです。
http://www.chimeramusic.jp/
キメラ・ミュージックの日本語サイトが英語サイトと同じページ・デザインにな
りました。ウェブ・ストアでCDの購入もできます。
………………………………………………………………………………………………
■1966カルテット
アルバム『ノルウェーの森〜ザ・ビートルズ・クラシック(NORWEGIAN WOOD - 
THE BEATLES CLASSICS -)』
11月17日発売 コロムビア COCQ-84856、税込3,000円
東芝音楽工業で初代ビートルズ担当ディレクターだった音楽プロデューサー、高
嶋弘之さんが手がけた日本のカルテットのデビュー・アルバムで、ビートルズ・
カバー集です。ビートルズ来日の年から命名された1966(イチキューロクロ
ク)カルテットは4人とも気鋭の女性演奏家で、バイオリン2、チェロ、ピアノ
という組み合わせ。タイトル曲に始まり「グッド・ナイト」まで、メドレーを含
め全19曲。
発売元のウェブサイトで5曲を試聴することができます。
http://columbia.jp/artist-info/1966quartet/ 
………………………………………………………………………………………………
■ナチュラル・ガス
アルバム『ナチュラル・ガス(NATURAL GAS)』
11月18日発売 エアメール・レコーディングス AIRAC-1602、税抜2,600円 
税込2,730円
バッドフィンガーのジョーイ・モーランドとユーライア・ヒープのマーク・クラ
ークが中心となって結成したナチュラル・ガス。彼らが1976年に発表した唯
一のアルバムが再発売されます。プロデューサーはフェリックス・パパラルディ。
CDは2010年のリマスター盤で、イギリス盤LPをもとにした紙ジャケット
仕様です。
発売元のウェブサイトからiTunesで「Little Darling」を試聴することができま
す。
http://www.airmailrecordings.com/ 
………………………………………………………………………………………………
<Review>
■フィストフル・オブ・マーシー
アルバム『FISTFUL OF MERCY』
10月5日アメリカ発売 HOT Records HOT001
ジョージの息子ダニー・ハリスンがベン・ハーパー、ジョセフ・アーサーととも
に新たに結成したトリオ、フィストフル・オブ・マーシーのデビュー・アルバム
がアメリカで発売されています。収録曲(全9曲)はすべて3人の共作で、プロ
デュースも彼ら自身。3人ともボーカルをとり、ダニーはギター、キーボード、
ベースを演奏。スペシャル・ゲストとしてドラマーのジム・ケルトナーなどが参
加しています。
公式サイトでグループ名と同じ曲「Fistful Of Mercy」を試聴したり動画を視聴
したりできます。テレビ出演時のスタジオ・ライブを公開しているサイトにもリ
ンクされていますのでご覧ください。
http://fistfulofmercy.com/


>> ◎テレビ情報

■『5時に夢中!』
11月15日(月)〜19日(金)午後5時〜6時 TOKYO MX
東京MXテレビの番組で、今週はエンディング・テーマとしてジョン・レノンの
が流れます(10月最終週は「スターティング・オーヴァー」、11月第1週は
「真実が欲しい」でした)。
http://www.mxtv.co.jp/goji/ 
………………………………………………………………………………………………
■映画『キャデラック・レコード(THE CADILLAC RECORDS)』
11月18日(木)午前4時20分〜6時10分 WOWOW
(2008年アメリカ/監督ダーネル・マーティン、出演エイドリアン・ブロディ)
ブルース、ロック史に名を残すシカゴのレーベル、チェス・レコードを舞台に、
ロックンロール草創期の実情が描かれた音楽映画。ビヨンセがエタ・ジェイムズ
を、モス・デフがチャック・ベリーを演じ、ほかにもマディ・ウォーターズ役、
ハウリン・ウルフ役なども登場。ローリング・ストーンズがあこがれのチェス・
レコードを訪ねる場面、チャック・ベリーがビーチ・ボーイズのパクリに怒る場
面もあります。DVD発売中。
http://www.wowow.co.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■『トップランナー』
11月20日(土)午後11時40分〜午前0時10分 NHK総合
松山ケンイチさんがみずからを語りつくす2週連続放送の後編。主演映画『ノル
ウェイの森』(12月11日公開)の撮影秘話も語ります。
http://www.nhk.or.jp/tr/

*放送日は実際の日付(午前0時から新しい日付)を掲載しています。新聞や放
送局のサイト等でもご確認ください。ファンに余計なものを買わせたくなくて予
告なく変更になることがあります。


>> ◎ラジオ情報

■『THE BEATLE YEARS』
毎週月曜 午後11時〜12時 Inter-FM
ウェストウッド・ワン(『ロスト・レノン・テープス』を手がけた番組配給会社)
を通じて全米で放送されているビートルズ専門番組。日本ではインターFMが東
京地区独占で放送中です。ビートルズのコレクターでもあるというボブ・マリッ
クがDJで、ビートルズの逸話を語りつつ曲を聴いていきます。本日15日は、
『赤盤』『青盤』リマスターの特集です。
http://www.interfm.co.jp/beatleyears/ 
インターFMは放送エリアに準じた地域でパソコンでも聴くことができます。
http://radiko.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズ10』
毎週日曜 午前1時〜2時 ラジオ日本
毎週日曜 午前3時〜4時 東北放送
毎週日曜 午前10時〜11時 福井放送
毎週日曜 午後4時〜5時 北日本放送
毎週日曜 午後8時〜9時 岐阜放送
毎週日曜 午後9時〜10時 秋田放送
毎週日曜 午後11時〜12時 FM PORT
毎週ビートルズ・ナンバーの投票トップ10を発表するビートルズ専門番組。
新潟のFM PORTが11月7日からネット局に加わっています。新潟のみな
さん、楽しみが増えましたね〜。
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/beatles10.php 
『ビートルズ10』のツイッターはこちら。
http://twitter.com/THE_BEATLES_10


>> ◎読みもの

*税込価格は発行元の記載に従っています。

<Coming Soon>
■大人のロック!特別編集『ジョン・レノン 魂のサウンド』
11月17日発売 日経BP社 本体1,200円 税込1,260円
フロム・ビーが送るこの秋2冊目のジョン・レノン本です。こちらはテーマを音
楽と作品に絞り、リマスター盤発売を機に、ジョン・レノンのサウンドと全作品
をレコーディング、ライブ、アートの3つに分けて全面的に見直して1冊にまと
めてみました。メインは、リマスター盤によってジョンの作品がいかに変わった
のかの検証。オリジナル・アルバムから新たな企画盤まで全作品をとりあげてい
ます。また、本邦初の試みとして公式発表された全曲全バージョン(映像作品も
含む)もリマスター盤を軸に完全検証してみました。ジョン・レノンの音楽と作
品を語るうえで欠くことのできないデータが満載です。彼の魂のサウンドをじっ
くりと味わううえでお役に立てれば幸いです。 (広田寛治)
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/rock/jl/ 
………………………………………………………………………………………………
<Review>
■『レコード・コレクターズ』12月号
10月15日発売 ミュージック・マガジン 本体667円 税込700円
ポール・マッカートニー&ウイングスおよびアップル・レコードが特集され、表
紙はウイングス時代のポールです。ポール本人の独占インタビューが掲載されて
います(相次ぐドタキャンの末にようやく間に合ったようで、あまり宣伝で煽っ
てませんが)。東京とロンドンを結んだ電話インタビューで、4ページの記事で
す。本秀康さんの漫画「レコスケくん」は「みんな大好き!?『バンド・オン・
ザ・ラン』の巻」。
リマスター盤発売にあたってのアップル特集では、ピーター・アッシャーの独占
インタビューも載っています。これもロンドンへの電話インタビューです。
http://musicmagazine.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ローリングストーン日本版』12月号
11月9日発売 インターナショナル・ラグジュアリー・メディア 本体933円 
税込980円
アメリカの『ローリング・ストーン』誌1971年1月21日号と2月4日号で
発表されたジョン・レノンのインタビューが、10月号から3号にわたって掲載。
今月はその3回目、最終回です。書籍となった『レノン・リメンバーズ』の日本
版とは翻訳が異なります。ジョンが編集部に宛てた手書きメモなど、71年の同
誌の誌面も掲載されています。
表紙はキース・リチャーズ。邦訳版が来年2月に発売される予定のキースの自伝
『ライフ』からの抜粋が載っています。
http://www.rollingstonejapan.com/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ』
9月17日発売 河出書房新社 本体2,000円 税込2,100円
元『ミュージック・ライフ』編集長、星加ルミ子さんの1960〜70年代の仕
事をまとめた初めての評伝です。
買おうかどうか迷っている方も、お近くの図書館にリクエストして読んでみてく
ださいね。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309272078 
『レコード・コレクターズ』12月号で宮永正隆さんにご紹介いただきました。
また、11月16日に『東京新聞』夕刊の書評欄「書物の森」に掲載される予定
です。
http://www.tokyo-np.co.jp/book/jicho/jichotop.html 
………………………………………………………………………………………………
■『週刊モーニング』
毎週木曜発売 講談社 本体305円 税込320円
「僕はビートルズ」が3月11日発売号(3月25日号)より連載中。原作者の
藤井哲夫さんはこの作品でMANGA OPEN大賞(制限なしで募集しおもし
ろい作品に与えられる新人賞)を受賞し、かわぐちかいじさんが漫画化していま
す。ビートルズのコピー・バンド、ファブ・フォーが1961年にタイムスリッ
プしビートルズの未来の曲を発表するという物語です。今、マキさんが61年の
リバプールでキャバーン・クラブに行っています。
http://morningmanga.com/


>> ◎ウェブ

■EMIミュージック・ジャパン/アップル・レコード
http://www.emimusic.jp/st/apple/ 
アップル・レコードのリマスター盤シリーズのキャンペーン・サイト。「映像で
見るアップル・レコードの歴史」が公開されました。12月末までの期間限定。
また、バッドフィンガーのコーナーでは「嵐の恋」のプロモーション・クリップ
が30秒、公開されています。
本家アップルのサイトでも公開されているものですが、日本のサイトでは歴史の
映像に日本語字幕がついています。
………………………………………………………………………………………………
■ショーン・レノンのツイッター
http://twitter.com/seanonolennon 
ショーン・レノンとシャーロット・ケンプ・ミュールは11月7日から15日ま
で日本に滞在していたようです。滞在中に炉端屋で撮った写真など公開していま
す。17日にはロサンジェルスでライブですね。
………………………………………………………………………………………………
■『嵐にしやがれ』
http://www.ntv.co.jp/arashinishiyagare/ 
ご存知の方も多いと思いますが、嵐の番組(毎週土曜午後10時〜10時54分、
日本テレビ系)のホームページがこんな↑感じです。番組の内容はポール&ウイ
ングスとは関係ありませんが、『バンド・オン・ザ・ラン』発売記念で載せてお
きます。


>> ◎ライブ

<Coming Soon>
■memorial GEORGE HARRISON
六本木キャヴァンクラブでは、11月20日(土)と25日(木)にジョージ・
ハリスンのメモリアル・ライブが行なわれます。20日は小沢勝巳さんをフィー
チャーしたシロクマカンパニー、25日は吉越BUNZO文隆さんをフィーチャ
ーしたT’sワークスが出演します。予約は店頭および電話で受付中です。
また、12月の「ジョン・レノン・フォーエバー」も予約受付中。
http://www.cavernclub.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■GEORGE HARRISON'S Memorial Live
六本木アビーロードでは、11月22日(月)の第3ステージ、29日(月)の
第3ステージがジョージ・ハリスン・メモリアル・ライブです。22日はビート
ピア、29日はパロッツが出演します。予約は店頭と電話で受付中(イベントの
予約はホームページでの受付がありません)。
また、12月のジョン・レノン・メモリアル・ライブや、パロッツ結成20周年
記念ライブの予約も始まっています。日程などウェブサイトをチェックしてくだ
さい。
http://www.abbeyroad.ne.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌うVol.7〜THE忘年会〜
ポールにいちばん近い声、伊豆田洋之さんがポール・マッカートニーの曲を歌う
ライブが、1年ぶりにホームグラウンドの代官山「晴れたら空に豆まいて」に帰っ
てきます。
ゲストは杉真理さん、松尾清憲さん、鈴木雄大さん。プロデュースと司会はサエ
キけんぞうさん。9月30日のホール公演ではトークの時間が短かったので、こ
こでは杉さんと松尾さんとサエキさんによるトークが炸裂することになっていま
す。
http://saekingdom.com/ 
チケットは会場の晴れたら空に豆まいてで受付中。ウェブサイトの予約フォーム
をお使いください。
http://mameromantic.com/?p=5432 
イープラスでも取り扱っています。
http://eplus.jp/ 
入場順は、先に晴れたら空に豆まいてで予約した方、次にイープラスでの予約し
た方の順となります。

<伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う>
日時:11月26日(金)午後6時開場/7時開演
会場:晴れたら空に豆まいて(代官山駅よりすぐ)
料金:前売4,000円 当日4,500円(別途ドリンク代)
http://mameromantic.com/ 
………………………………………………………………………………………………
■BOX
杉真理さん、松尾清憲さん、小室和幸さん、田上正和さんによるビートリーなバ
ンド、BOXがクリスマス・ライブ「Merry BOXmas!!!」を開催します。
12月25日(土)、会場は東京・渋谷のマウントレーニアホール・プレジャー
プレジャー(渋谷駅)で、午後6時開演。前売7,000円(ドリンク代別)。
チケットは11月20日(土)より一般発売となります。
BOX公式サイトをご覧ください!
http://love-pop.music.coocan.jp/box/


>> ◎映画

<Review>
■ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ(NOWHERE BOY)
11月5日より公開中
(2009年イギリス/監督サム・テイラー=ウッド、主演アーロン・ジョンソ
ン)
ジョン・レノンが5歳のときに体験した両親との別離のエピソードはかなり広く
知られています。この映画では、その心の傷がいかに深いものであったのかを、
10代後半のジョンと実母ジュリア、伯母ミミというふたりの「母」との関係を
軸に描き出しています。3人のうち誰に感情移入するかは観る人の状況や立場に
よって異なるのでしょうけれど、観終わったあとは必ず、「マザー」で歌われた
ジョンの思いがよりリアルなものとして心に響いてくるはずです。ビートルズ初
期の頃からジョンの詞作には悲観的な表現が目立つのですが、なぜそうなのかも
よくわかります。
『CDジャーナル』の11月号で、川原伸司さんが「伝記映画としてではなく家
族映画として素晴らしい」と書いておられました。確かにそのとおりだと思いま
す。細かい伝記的事実も非常によくフォローされているのですが(最近になって
明らかにされた事柄も含まれています)、それ以上に、家族の愛に飢えたひとり
の迷える若者としてのジョンの内面に切り込んでいったところに、この映画の意
味があるのではないかと思います。
個人的に感心してしまったのは、ピート・ショットン役がやたらよく似ていたこ
とと、セント・ピーターズ教会の庭で演奏するクオリーメンを写真に撮っている
人がちゃんといたことでした。 (山川)
http://nowhereboy.gaga.ne.jp/ 
「ぴあ」の満足度ランキング(上映中)で現在9位です。
http://pia-eigaseikatsu.jp/rave0/ 
ソニー・ミュージックの大人のためクォリティ・ミュージックを追求するサイト
「HIGH-HOPES」のブログ「HIGH-HOPES管理人のひとりごと」で5回にわたる『ノ
ーウェアボーイ』特集が載っています。
http://ameblo.jp/high-hopes/entry-10639061305.html


>> ◎イベント

■タワーレコード「ビートルズなぞかけコンテスト」
『赤盤』『青盤』リマスター発売を記念して「ザ・ビートルズ祭りがやってくる
ヤァ!ヤァ!ヤァ!』を展開中のタワーレコードで、「ビートルズなぞかけコン
テスト」を実施中。優秀なぞかけにはタワーレコード・ギフトカードなどが贈ら
れます。
応募締切は11月21日(日)。発表は12月8日(水)です。
http://tower.jp/article/feature_item/70438


━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●えつぜんこずえと歩いて巡る激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー!●
アビイ・ロードはもちろん、ロンドンの重要ビートルズ・スポットを効率よく
ご案内します。基本コースは3時間。マニアックなツアーもあります!
     ● http://scousehouse.net/beatles/guide_london.htm ● 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

いつもご愛読ありがとうございます。ガソリンの中野二時な投稿をお待ちしてお
ります。このメールに返信してください。ハンドル・ネームでの掲載をご希望の
方はその旨お書き添えを。

/♪/フロム編集部/♪/========================

●わが家の5歳の息子は、両親のどちらと一緒にお風呂に入りたいかを聞かれた
だけで考え込んでしまいます。そんな年頃の少年が、父さんと暮らすか母さんと
暮らすか決めなさいなんて言われたら…考えただけでも胸が苦しくなります。映
画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』は、ぜひ多くの方にご覧いただ
きたい作品です。(山川)
●フィストフル・オブ・マーシーの曲をラジオでよく耳にします(「Father's 
Son」がローテーションに入ってる局もある)。日本盤も出るといいですねー。
よろしければ来日も。(淡路)

====================================

▼購読について
このメールマガジンは
『メルマ!』:マガジン名「BEA-MAIL」  http://www.melma.com/ 
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」  http://www.mag2.com/ 
などの配信システムを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホーム
ページ上で簡単に行なうことができます。

ビーメールに関するご意見、ご提案、投稿、激励、ジェイムズ対ダニーは1票差
http://www.j-wave.co.jp/blog/tokyounited/2010/10/098746.html 
情報は下記でお待ちしております。件名とお名前を必ず書いてください。件名の
ないメールは開かないことがあります。「非常に重要なお知らせです。必ず最後
までお読みください」は読まないよー。
本誌やビートピアの記事を転載された場合、また、媒体でご紹介くださる場合も
ご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com ←@を半角英字に変えてください。

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)
2010年11月15日号(通巻第523号)
2000年4月28日創刊
発行元/フロム・ビー
編集/淡路和子
スタッフ/山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2010 FROM BEA
================================from BEA

独占者(笑)
http://pinktentacle.com/2010/08/vintage-tokyo-subway-manner-posters/
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。