音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2010/11/01]バンド・オン・ザ・ラン・スーパー発売

2010/11/01

====================================

BEA-MAIL ビーメール 2010年11月1日号(第521号)

====================================

♪ビートリーな情報いっぱい♪
ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズらしい)暮らしを送るために
フロム・ビーがお届けしているメールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)です。
毎週月曜日(休日の場合は翌火曜)に無料で配信しています。
ビーメールはあなたのビートリー・ライフを応援します!

フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia
フロム・ビーのツイッターはこちら。フロム編集部とは違うつぶやきです。
http://twitter.com/FromBea

〓〓☆今週のおすすめ☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◎リリース___ポール・マッカートニー&ウイングス『バンド・オン・ザ・ラン』
        ジェリー・リー・ルイス『ミーン・オールド・マン』
        バッドフィンガー『マジック・クリスチャン・ミュージック』
        『ノー・ダイス』『ストレート・アップ』『ASS』
        ジャッキー・ロマックス『驚異のスーパー・セッション』
        『ベスト・オブ・アップル・レコーズ』
        『ラヴ・レター・フロム・レノン&マッカートニー』
        『ノルウェーの森』
        『ゴールデン・スランバー』
        カサンドラ・ウィルソン『シルヴァー・ポニー』
◎テレビ____『5時に夢中!』
        『ロック誕生 ニッポンROCK40年』
        映画『ムーラン・ルージュ』
        『SHOWBIZ COUNTDOWN』
        『歌伝説 安井かずみの世界』
◎ラジオ____『THE BEATLE YEARS』
        『ビートルズ10』
◎読みもの___『ミュージック・ライフが見たビートルズ』
        
        『ビートルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ』
        『週刊モーニング』
◎ウェブ____ポール・マッカートニー公式サイト/バンド・オン・ザ・ラン
        アップル・レコード公式サイト
        ステラ・マッカートニー・キッズ
◎ライブ____宮城伸一郎
        「伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う〜THE忘年会」
◎映画_____『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■文藝別冊『ジョン・レノン その生と死と音楽と』■発売中■河出書房新社■
□            巻頭カラー・グラビア            □
■          顔と言葉でたどるジョンの人生          ■
□          一人一人の力が世界を変える。          □
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309977393 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

> ◎ホット・ニュース

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■Qアワードで『バンド・オン・ザ・ラン』が受賞、ポール授賞式へ
イギリスの音楽誌『Q』主宰の音楽賞「Qアワード2010」で、ウイングスの
『バンド・オン・ザ・ラン』がクラシック・アルバム賞に輝きました。授賞式は
10月25日にロンドンで行なわれ、ポール・マッカートニーが出席しました。
http://news.qthemusic.com/2010/10/winner_-_classic_album.html 
………………………………………………………………………………………………
■ポールがジュールズ・ホランドのテレビ番組で演奏
ポール・マッカートニーはBBCテレビのジュールズ・ホランドの番組に出演し、
『バンド・オン・ザ・ラン』の収録曲をスタジオ・ライブで披露しました。
ポールはまず10月26日、生放送の30分番組『レイター・ライブ』に登場。
http://www.bbc.co.uk/programmes/b009w2w3 
続いて10月29日には録画放送の60分番組『レイター・ウィズ・ジュールズ・
ホランド』で演奏したほか、インタビューにも答えました。
http://www.bbc.co.uk/later/ 
イギリスではこのほか、ポール自身のインタビューも交えた『バンド・オン・ザ・
ラン』の特別番組が制作され、10月31日にITVで放送されました。
………………………………………………………………………………………………
■ジョンの肖像を使った銀貨がイギリスで発行
イギリスの王立鋳貨局が行なったコインの肖像画となる人物を選ぶインターネッ
ト投票でジョン・レノンが1位となり、ジョンの肖像を使った銀貨が5000枚
限定で発行されました。
http://www.royalmint.com/johnlennon 
http://www.bbc.co.uk/news/uk-11652510 
………………………………………………………………………………………………
■『赤盤』『青盤』のリマスター盤が各国のチャートで上位に
『ザ・ビートルズ1962年〜1966年(赤盤)』『ザ・ビートルズ1967
年〜1970年(青盤)』のデジタル・リマスター盤が、各国のチャートで上位
を獲得しています。
アメリカでは、アルバム総合チャート(ビルボード200)で『青盤』が29位、
『赤盤』が32位。カタログ・チャートでは『青盤』が1位、『赤盤』が2位。
日本でも、『オリコン』誌の洋楽アルバムチャートで『青盤』が1位、『赤盤』
が2位となり、やはり1位・2位を独占。

続きはウェブで!
http://homepage2.nifty.com/beatopia


>> ◎リリース情報

*税込価格は発売元の記載に従っています。

<Coming Soon>
■ポール・マッカートニー&ウイングス
アルバム+DVD『バンド・オン・ザ・ラン<スーパー・デラックス・エディショ
ン>(BAND ON THE RUN)』
11月3日発売 ユニバーサル UCCO-9951、税込12,000円
ポールのカタログ作品がヒア・ミュージックに移籍。再発売第1弾として、19
73年の名盤『バンド・オン・ザ・ラン』が選ばれました。
3種類発売され、スーパー・デラックス・エディションはCD3枚とDVD1枚
がハードカバー本仕様のパッケージに収められます。CD1にはオリジナル盤と
同じ9曲を収録。CD2には「愛しのヘレン」など同時期のシングル曲(アルバ
ム未収録)と、テレビ用スタジオ・ライブ『ワン・ハンド・クラッピング』から
の音源を収録。CD3は同アルバムの25周年記念盤に収録されていたドキュメ
ンタリー・ディスク。各CDはアビイ・ロード・スタジオのチームが手がけた2
010年最新リマスターです。DVDには、「バンド・オン・ザ・ラン」等シン
グル曲のビデオ・クリップや、『ワン・ハンド・クラッピング』を収録(日本盤
のみ日本語字幕付き)。約120ページのブックレットが付き、リンダ・マッカ
ートニーなどが撮影した未発表写真や、最新のポールのインタビューなどを掲載。
このスーパー・デラックスは1万セット限定生産。
このほかにデラックス・エディションと通常盤があり、日本盤は11月17日発
売予定です。
http://www.universal-music.co.jp/jazz/artist/paul_mccartney/ 
………………………………………………………………………………………………
■ジェリー・リー・ルイス
アルバム『ミーン・オールド・マン(MEAN OLD MAN)』
11月3日発売 ユニバーサル UCCB-1037、税込2,800円
ジェリー・リー・ルイス4年ぶりの新作。前作『ラスト・マン・スタンディング』
に続いてリンゴ・スターが参加しました。新作では、ジョン・メイヤーやジョン・
ブライオンとともにチャック・ベリーのカバー「ロール・オーヴァー・ベートー
ヴェン」で共演し、リンゴはドラムを演奏しています。ほかに、エリック・クラ
プトン、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロン・ウッド、シェリル・ク
ロウ、ニルス・ロフグレンなど、曲ごとにゲストを迎えたアルバムです。
http://www.universal-music.co.jp/jazz/artist/jerry_lee_lewis/ 
………………………………………………………………………………………………
■バッドフィンガー
アルバム『マジック・クリスチャン・ミュージック(MAGIC CHRISTIAN MUSIC)』
11月3日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70884、税込2,600円
アップル・レコードの名作が2010年最新リマスター盤で再発売。日本で今週
発売されるのは6タイトルです。各アルバムには、以前のCDとは異なるボーナ
ス・トラックが新たに収録されます。
『マジック・クリスチャン・ミュージック』は1970年、アイビーズがメンバ
ー交替後にバッドフィンガーと改名してから最初に発表したアルバム。リンゴ・
スターが出演した映画『マジック・クリスチャン』の主題歌「マジック・クリス
チャンのテーマ(Come And Get It)」をポールが書きおろしました。
………………………………………………………………………………………………
■バッドフィンガー
アルバム『ノー・ダイス(NO DICE)』
11月3日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70885、税込2,600円
同じ1970年発表のセカンド・アルバムにはヒット曲「嵐の恋」などを収録。
ニルソンはここに収録された「ウィズアウト・ユー」をカバーして世界的にヒッ
トさせ、ほかにも多数のアーティストがとりあげています。
………………………………………………………………………………………………
■バッドフィンガー
アルバム『ストレート・アップ(STRAIGHT UP)』
11月3日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70886、税込2,600円
1972年の3作目。ヒット曲「デイ・アフター・デイ」など4曲をジョージが
プロデュースしています。制作中、ジョージが多忙だったためトッド・ラングレ
ンがプロデュースを引き継ぎました。
………………………………………………………………………………………………
■バッドフィンガー
アルバム『ASS(ASS)』
11月3日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70887、税込2,600円
1974年、アップルから発表した最後のオリジナル・アルバム。アップルとの
別れを歌った「アップル・オブ・マイ・アイ」などを収録。ジャケットではロバ
が(りんごではなく)にんじんに向かっています。
http://www.emimusic.jp/artist/badfinger/ 
………………………………………………………………………………………………
■ジャッキー・ロマックス
アルバム『驚異のスーパー・セッション(IS THIS WHAT YOU WANT?)』
11月3日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70888、税込2,600円
アンダーテイカーズなどのグループに在籍していたジャッキー・ロマックスが1
969年に発表したソロ・デビュー作。ジョージがプロデュースし、バックには
ジョージをはじめリンゴ、ポール、クラプトン、ニッキー・ホプキンス、クラウ
ス・フォアマンなどが参加しています。ジョージがインドで書いた曲「サワー・
ミルク・シー」などを収録。以前の日本盤CDのタイトルは『イズ・ディス・ホ
ワット・ユー・ウォント?』でしたが、今回は昔の邦題で出ます。
http://www.emimusic.jp/artist/st/?id=56210 
………………………………………………………………………………………………
■メリー・ホプキン、ジェームス・テイラー、アイビーズほか
アルバム『ベスト・オブ・アップル・レコーズ(COME AND GET IT: THE BEST OF 
APPLE RECORDS)』
11月3日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70889、税込2,600円
アップル・レコード所属アーティストの代表曲を収録した一枚。ベスト盤といっ
ても、ブラック・ダイク・ミルズ・バンド、ブルート・フォース、トラッシュ、
ホット・チョコレート・バンド、ロニー・スペクター、クリス・ホッジ、サンダ
ウン・プレイボーイズ、ビル・エリオット、デレク・ヴァン・イートンといった
アーティストの曲はアルバムでは出ないので貴重な曲の編集盤とも言えます。ポ
ール・マッカートニー作のメリー・ホプキン「グッドバイ」などビートルズのメ
ンバーが提供した曲も。収録曲一覧はこちらで(ショップのページでは曲名とア
ーティスト名が並んでいます)。
http://www.emimusic.jp/artist/st/?id=56211 
アップル・リマスター第2弾の日本盤は12月8日発売予定です。
http://www.emimusic.jp/st/apple/ 
………………………………………………………………………………………………
■ビートルズ
アルバム『レット・イット・ビー…ネイキッド(LET IT BE... NAKED)』
11月3日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70895、税込2,800円
2003年のアルバムがコピーコントロールCDではない通常のCDで発売され
ます。『レット・イット・ビー』のオーバーダブをなるばく排除してリミックス
したもの。同セッションからの音源を収録した約20分のボーナスCD「フライ・
オン・ザ・ウォール」付き。
http://www.emimusic.jp/artist/beatles/ 
………………………………………………………………………………………………
■ビリー・J・クレイマー&ダコタス、フォアモスト、シラ・ブラックほか
アルバム『ラヴ・レター・フロム・レノン&マッカートニー(LOVE LETTERS 
FROM LENNON & McCARTNEY)』
11月3日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70890、税込2,500円
レノン=マッカートニーがピーター・アンド・ゴードンなど他のグループや歌手
に提供した作品のコンピレーション。1993年に同じタイトルで14曲入りの
CDが発売されましたが、今回はP・J・プロビーの「ザット・ミーンズ・ア・
ロット」等が加わったり、クリス・バーバーの「キャット・コール」が消えたり
で、収録曲が少し変わって全17曲。
http://www.emimusic.jp/artist/st/?id=56212 
………………………………………………………………………………………………
■ダフィー・パワー、ナチュラルズ、ティナ・ターナーほか
アルバム『ノルウェーの森(NORWEGIAN WOOD)』
11月3日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70891、税込2,500円
ビートルズをカバーした新旧の作品から、ロック・アレンジの曲を集めた編集盤。
「ノルウェーの森」はアワ・グラスによるカバー。ほかにスミザリーンズの「ワ
ン・アフター・909」など全18曲。
http://www.emimusic.jp/artist/st/?id=56213 
………………………………………………………………………………………………
■サンディー・ショウ、クリフ・リチャード、ルル、レターメンほか
アルバム『ゴールデン・スランバー(GOLDEN SLUMBERS)』
11月3日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70892、税込2,500円
続いて、ポップ・アレンジまたはバラード・アレンジのビートルズ・カバー集。
「ゴールデン・スランバー」に始まるメドレーはベンチャーズによる演奏。ビー
トルズの友人でもあるシラ・ブラックの「イン・マイ・ライフ」など全20曲。
http://www.emimusic.jp/artist/st/?id=56214 
「ノルウェーの森」「ゴールデン・スランバー」とも映画で話題の曲ですね〜。
………………………………………………………………………………………………
■カサンドラ・ウィルソン
アルバム『シルヴァー・ポニー(SILVER PONY)』
11月3日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCJ-66535、税込2,500円
ジャズ・ボーカリスト、カサンドラ・ウィルソンの最新作が日本先行発売に。ビ
ートルズの「ブラックバード」をカバーしています。
http://www.emimusic.jp/artist/c-wilson/


>> ◎テレビ情報

■『5時に夢中!』
11月1日(月)〜5日(金)午後5時〜6時 TOKYO MX
東京MXテレビの番組で、今週はエンディング・テーマとしてジョン・レノンの
「真実が欲しい」が流れます(先週は「スターティング・オーヴァー」でした)。
http://www.mxtv.co.jp/goji/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ロック誕生 ニッポンROCK40年』
11月1日(月)〜3日(水)、8日(月)〜10日(水)午後10時30分〜
11時 NHK-BS2
黎明期からの日本のロックをとりあげる6回シリーズ。今週は第1話「70年代
ニッポンROCKの夜明け」、第2話「日本語ロック論争」、第3話「多様化す
るニッポンROCK」が放送されます。フラワー・トラベリン・バンド、外道、
遠藤賢司さん、はっぴいえんど、四人囃子、Char、ゴダイゴ、ハルヲフォン、
イエロー、クリエイション、ティンパンアレイ、ファー・イースト・ファミリー
バンドなどの映像が掘り起こされます。
http://www.nhk.or.jp/bs/bs2.html 
………………………………………………………………………………………………
■映画『ムーラン・ルージュ(MOULIN ROUGE!)』
11月5日(金)午後1時〜3時9分 NHK-BS2
(2001年オーストラリア、アメリカ/監督バズ・ラーマン、主演ニコール・
キッドマン、ユアン・マクレガー)
1899年、パリのムーラン・ルージュを舞台に、20世紀のポップ・ソングを
歌い踊るミュージカル大作。ビートルズ「愛こそはすべて」やエルトン・ジョン
「僕の歌は君の歌」などを織り込んだラブソング・メドレーを主人公ふたりが歌
います。ほかにもウイングスの「心のラヴ・ソング」などヒット曲がふんだんに
歌われています。DVD発売中。
http://www.nhk.or.jp/bs/ 
………………………………………………………………………………………………
■『SHOWBIZ COUNTDOWN』
11月8日(月)午前0時〜0時30分 テレビ愛知、テレビ東京
毎週日曜深夜に放送されている映画と音楽の情報番組。次回は映画『ノーウェア
ボーイ ひとりぼっちのあいつ』が紹介されます。
http://www.tv-aichi.co.jp/showbiz/ 
………………………………………………………………………………………………
■『歌伝説 安井かずみの世界』
11月8日(月)午後9時〜10時30分 NHK-BS2
作詞家・安井かずみさんの作品の魅力をひもとき、ヒット曲の歌唱シーンを紹介
する特別番組が再放送されます(初回は2009年11月15日放送)。漣健児
さんの下で訳詞を手がけ、のちに独立して作詞家として活躍した安井さんが生涯
に残した作品は約4000曲。訳詞の作品では「ドナドナ」「アイドルを探せ」
「ヘイ・ポーラ」など。作詞を手がけた曲では「危険なふたり」「不思議なピー
チパイ」など。

*放送日は実際の日付(午前0時から新しい日付)を掲載しています。新聞や放
送局のサイト等でもご確認ください。賞金2000万円を辞退して予告なく変更
になることがあります。


>> ◎ラジオ情報

■『THE BEATLE YEARS』
毎週月曜 午後11時〜12時 Inter-FM
ウェストウッド・ワン(『ロスト・レノン・テープス』を手がけた番組配給会社)
を通じて全米で放送されているビートルズ専門番組。日本ではインターFMが東
京地区独占で放送中です。ビートルズのコレクターでもあるというボブ・マリッ
クがDJで、ビートルズの逸話を語りつつ曲を聴いていきます。今週は『エド・
サリヴァン・ショー』の制作アシスタントだった人がゲスト出演します。
http://www.interfm.co.jp/beatleyears/ 
話の内容が日本語で解説され、そのテキストがツイッターで流れます。
http://twitter.com/InterFM761_JP 
インターFMは放送エリアに準じた地域でパソコンでも聴くことができます。
http://radiko.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズ10』
毎週日曜 午前1時〜2時 ラジオ日本
毎週日曜 午前3時〜4時 東北放送
毎週日曜 午前10時〜11時 福井放送
毎週日曜 午後4時〜5時 北日本放送
毎週日曜 午後8時〜9時 岐阜放送
毎週日曜 午後9時〜10時 秋田放送
毎週ビートルズ・ナンバーの投票トップ10を発表するビートルズ専門番組。
前回のアップル・レコード特集は楽しかったですね〜。
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/beatles10.php 
『ビートルズ10』のツイッターはこちら。
http://twitter.com/THE_BEATLES_10


>> ◎読みもの

<Review>
■『ミュージック・ライフが見たビートルズ』
10月18日発売 シンコーミュージック 本体2,381円 税込2,500円
『ミュージック・ライフ』に掲載されたビートルズの特集記事をまとめた一冊で
す。以前の復刻本『ビートルズ現役時代』と違って細かい記事は割愛されている
ものの(とはいえ以前も完全収録ではありませんでした)、カラー・ページが設
けられたので、ビートルズが飾った表紙やグラビア(来日時に描いた絵も含む)
もカラー原寸で掲載されています。さらに東芝音工や映画『マジカル・ミステリ
ー・ツアー』のスポンサーだった不二家が出した広告も載っています。
貴重な記録として、そして当時の空気を楽しみながらぜひご覧ください。
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=0634772 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ』
9月17日発売 河出書房新社 本体2,000円 税込2,100円
いい本です。(注釈が特にいいです。)
まだ、女性が世の中に出る機会が少ない時に記者として世界を駆け巡っていたこ
とは、今からは想像できないと思います。逆に女性だから、記者として目立って
いたので、同世代のアーティストに好かれたかもしれません。特に、日本人は若
く見えるので近づき易いかったのでしょう。その人が同世代と分かった時には、
ビートルズの4人も含めてアメリカ・イギリスのアーティストが毎回取材で会っ
ても身近な人として、ずっと関わりを持つ人になったと思うのですが。
この本は、第二の星加さんと言える淡路さんしか書けなかったと思います。
(練馬大根)
練馬大根さん、ありがとうございました。だ、だいにのほしかさん…。身に余る
光栄ですが、ちょうだいしたまま掲載させていただきます。 (淡路)
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309272078 
松村雄策さんによる書評が『ロッキング・オン』12月号に掲載されました。
「カルチャークラブ」のページをご覧くださいっ。
http://ro69.jp/product/magazine/detail/42302
………………………………………………………………………………………………
■『週刊モーニング』
毎週木曜発売 講談社 本体305円 税込320円
「僕はビートルズ」が3月11日発売号(3月25日号)より連載中。原作者の
藤井哲夫さんはこの作品でMANGA OPEN大賞(制限なしで募集しおもし
ろい作品に与えられる新人賞)を受賞し、かわぐちかいじさんが漫画化していま
す。ビートルズのコピー・バンド、ファブ・フォーが1961年にタイムスリッ
プしビートルズの未来の曲を発表するという物語です。先週発売号は「僕はビー
トルズ」が表紙と巻頭カラー付きで登場。リチャード・アヴェドン風でしょうか。
http://morningmanga.com/


>> ◎ウェブ

■ポール・マッカートニー公式サイト/バンド・オン・ザ・ラン
http://www.paulmccartney.com/bandontherun/ 
アルバム『バンド・オン・ザ・ラン』のリマスター盤の発売を前に、ポール・マッ
カートニーの公式サイトに『バンド・オン・ザ・ラン』の特設ページが立ち上がっ
ています。ポールがアルバム制作についてふりかえった映像「メイキング・バン
ド・オン・ザ・ラン」を視聴することができます。これはエピソード4まで公開
されることになっています。
………………………………………………………………………………………………
■アップル・レコード公式サイト
http://www.applerecords.com/ 
本家アップル・レコードの公式サイト。ビデオのページで、The Story Of Apple 
Recordsをはじめ、バッドフィンガー、ビリー・プレストン、ジェイムス・テイ
ラー、メリー・ホプキンなどのクリップも公開されています。うれしー。
………………………………………………………………………………………………
■ステラ・マッカートニー・キッズ
http://www.stellamccartneykids.com/ 
ステラ・マッカートニーの子供服が11月3日から発売となります。専用のウェ
ブサイトが立ちあがっており、プロモーション用の映像が公開されています。商
品は日本でもステラ・マッカートニー青山店が扱う予定になっています。
『ヴォーグ』の記事によると、「日本人女性なら着られるサイズが登場するかと
いう観点」でも期待されているようです。なるほどねー。
http://www.vogue.co.jp/fashion/news/2010-09/16/stella-mccartney


>> ◎ライブ

<Coming Soon>
■宮城伸一郎
元チューリップのベース・プレイヤー、宮城伸一郎さんは現在ソロ活動を続けて
います。近日のライブは11月6日(土)に大阪アメリカ村FANJ-Twice、11月
22日に福岡・天神DRUM Be-1で行なわれます。ソロ・ライブではだいたいギタ
ーを弾きながら歌っていますが、10月の東京公演ではビートルズのカバー「ホ
ワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」を演奏しました。華麗なギ
ター・ソロを観てください。 (淡路)
また、12月19日(日)には東京・恵比寿ライブゲイトで「スペシャル・リク
エスト・ライブ」を開催。リクエストは11月30日(火)までメールで募集中
です。送り先など、公式サイトでご覧ください。
http://www.shinichiromiyagi.net/ 
………………………………………………………………………………………………
■伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌うVol.7〜THE忘年会〜
ポールにいちばん近い声、伊豆田洋之さんがポール・マッカートニーの曲を歌う
ライブが、1年ぶりにホームグラウンドの代官山「晴れたら空に豆まいて」に帰っ
てきます。ゲストは杉真理さん、松尾清憲さん、鈴木雄大さん。プロデュースと
司会はサエキけんぞうさんです。
チケットは会場の晴れたら空に豆まいてで受付中。ウェブサイトの予約フォーム
をお使いください。
http://mameromantic.com/?p=5432 
イープラスでも取り扱っています。
http://eplus.jp/ 
入場順は、先に晴れたら空に豆まいてで予約した方、次にイープラスでの予約し
た方の順となります。

<伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う>
日時:11月26日(金)午後6時開場/7時開演
会場:晴れたら空に豆まいて(代官山駅よりすぐ)
料金:前売4,000円 当日4,500円(別途ドリンク代)
http://mameromantic.com/


>> ◎映画

<Coming Soon>
■ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ(NOWHERE BOY)
11月5日(金)より公開
(2009年イギリス/監督サム・テイラー=ウッド、主演アーロン・ジョンソ
ン)
ジョン・レノンの少年時代をドラマ化した映画がいよいよ日本公開となります。
ジョンと実の母ジュリア、そして育ての親である伯母ミミとのあいだの葛藤に焦
点を当てた内容です。ビートルズのメンバーとなるポール・マッカートニー役、
ジョージ・ハリスン役も登場し、出会いの場面や自主制作レコードの録音場面な
どが再現されていましう。
監督のサム・テイラー=ウッドはもともと写真家・美術家として活躍しており、
マッカートニー一家とも交流のある人です。長編映画を撮るのはこれが第1作。
イギリスでは2009年12月に公開され、ビーメールでは今年1月12日号の
「フロムUK」でもレビューを掲載していますので、バックナンバーを保存して
いる方はご参照ください。
R15指定です。15歳以上の人は必ず観てください!お子様たちは15歳にな
るのを楽しみに!
主題歌はジョン・レノンの「マザー」(『ジョン・レノン・アンソロジー』のバ
ージョン)。この曲を収めたサウンドトラック・アルバムも発売中です。
http://nowhereboy.gaga.ne.jp/

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●えつぜんこずえと歩いて巡る激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー!●
アビイ・ロードはもちろん、ロンドンの重要ビートルズ・スポットを効率よく
ご案内します。基本コースは3時間。マニアックなツアーもあります!
     ● http://scousehouse.net/beatles/guide_london.htm ● 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

いつもご愛読ありがとうございます。バント・オン・ザ・ランな投稿をお待ちし
ております。このメールに返信してください。ハンドル・ネームでの掲載をご希
望の方はその旨お書き添えを。

/♪/フロム編集部/♪/========================

●やっと秋らしくなったと思ったら、急に寒くなって早くも冬の予感が。あれこ
れ買いすぎて懐も寒いです…。(山川)
●バッドフィンガーの前身、アイビーズのアルバム『メイビー・トゥモロウ』が
今回のアップル再発ラインアップに見当たらないのですが(ベストに1曲のみ)、
当時本国で発売されなかったからなのでしょうか〜。(淡路)

====================================

▼購読について
このメールマガジンは
『メルマ!』:マガジン名「BEA-MAIL」  http://www.melma.com/ 
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」  http://www.mag2.com/ 
などの配信システムを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホーム
ページ上で簡単に行なうことができます。

ビーメールに関するご意見、ご提案等、投稿、激励、あの方もこの方もJLMに
http://www.barks.jp/news/?id=1000065055 
http://www.eijin-nimura.com/special.htm 
情報は下記でお待ちしております。件名とお名前を必ず書いてください。件名の
ないメールは開かないことがあります。重要なお知らせは「とても重要なお知ら
せです」以外の件名でいただけるとありがたいです。
本誌やビートピアの記事を転載された場合、また、媒体でご紹介くださる場合も
ご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com ←@を半角英字に変えてください。

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)
2010年11月1日号(通巻第521号)
2000年4月28日創刊
発行元/フロム・ビー
編集/淡路和子
スタッフ/山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2010 FROM BEA
================================from BEA

ガロ復活(iPadで)
http://mantan-web.jp/2010/10/06/20101006dog00m200036000c.html
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。