音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2010/10/25]出版記念パーティにポールとリンゴが

2010/10/25

====================================

BEA-MAIL ビーメール 2010年10月25日号(第520号)

====================================

♪ビートリーな情報いっぱい♪
ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズらしい)暮らしを送るために
フロム・ビーがお届けしているメールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)です。
毎週月曜日(休日の場合は翌火曜)に無料で配信しています。
ビーメールはあなたのビートリー・ライフを応援します!

フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia
フロム・ビーのツイッターはこちら。できることからブツブツと。
http://twitter.com/FromBea

〓〓☆今週のおすすめ☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◎リリース___『コンプリート・エド・サリヴァン・ショーstarringザ・ビートルズ』
◎テレビ____『5時に夢中!』
        『とくダネ!』
        『洋楽ライブ伝説』
        映画『キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX』
        映画『パイレーツ・ロック』
        映画『ザ・ロック』
◎ラジオ____『THE BEATLE YEARS』
        『ビートルズ10』
◎読みもの___『CDジャーナル』
        『ビートルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ』
        文藝別冊『ジョン・レノン その生と死と音楽と』
        『週刊モーニング』
◎ウェブ____ショーン・レノンのツイッター
        EMIミュージック・ジャパン/ザ・ビートルズ日本公式サイト
        青いバミューダに黄色い花を!
◎ライブ____バッド・カンパニー
        「伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う〜THE忘年会」
        竹内まりや
◎アート____ブラッド・エルターマン写真展「LIKE IT WAS YESTERDAY」
◎映画_____『ドアーズ/まぼろしの世界』
◎レコード店__ビートルズ/店頭販促用映像

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

> ◎ホット・ニュース

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■メアリーの出版記念パーティにポールとリンゴが出席
10月21日、メアリー・マッカートニーの写真集『From Where I Stand』の出
版を記念したパーティと写真展の内覧会がロンドンで開かれました。当日はメア
リーのほかポール・マッカートニー、リンゴ・スターなどが出席しました。
http://fashion.broadwayworld.com/article/Photo_Coverage_Mary_McCartneys_From_Where_I_Stand_book_launch_at_the_Michael_Hoppen_Gallery_in_London_20000101 
………………………………………………………………………………………………
■ポール、サンパウロ公演も追加に
11月に予定されているポール・マッカートニーの南アメリカ・ツアーのうち、
アルゼンチンに続いてブラジルのサンパウロでの公演も1回追加となりました。
ポールの公式サイトには、ブラジルのファンへ向けた動画も掲載されています。
http://www.paulmccartney.com/home.php 
………………………………………………………………………………………………
■ヨーコが第8回ヒロシマ賞に選出
現代美術で平和に貢献したアーティストに贈られる「ヒロシマ賞」の第8回にオ
ノ・ヨーコが選ばれたことが、10月22日に広島市から発表されました。
2011年夏に授賞式と、広島市現代美術館での記念展が開かれる予定です。
http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CN20101022/li2010102201000324.shtml 
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1181043902804/ 
………………………………………………………………………………………………
■『オール・シングス・マスト・パス』のリマスターLPが発売へ
ジョージ・ハリスンのアルバム『オール・シングス・マスト・パス』の発売40
周年を記念したリマスターのアナログ盤が、11月26日にリリースされること
になりました。また、高音質のデジタル・ダウンロード版も同日にジョージの公
式サイト限定でリリースされます。
http://www.georgeharrison.com/ 
………………………………………………………………………………………………
■『赤盤』『青盤』のリマスター盤が全英トップ10入り
10月18日に発売された『ザ・ビートルズ1962年〜1966年(赤盤)』
『ザ・ビートルズ1967年〜1970年(青盤)』のデジタル・リマスター盤
が、それぞれ6位、4位となっています。

続きはウェブで!
http://homepage2.nifty.com/beatopia


>> ◎リリース情報

*税込価格は発売元の記載に従っています。

<Review>
■ビートルズ
DVD『コンプリート・エド・サリヴァン・ショーstarringザ・ビート
ルズ(THE 4 COMPLETE ED SULLIVAN SHOWS STARRING THE BEATLES)』
10月6日発売 ユニバーサル UIBY-1065〜6、税抜4,571円 税込4,800円
アメリカの伝説的テレビ番組『エド・サリヴァン・ショー』にビートルズが出演
した4回分(1964年、65年)をノーカットで、他の出演者やCMも含めて
収録したDVD。2003年に初リリースされた『エド・サリヴァンprese
ntsザ・ビートルズ ノーカット完全版』にボーナス映像を加えたものです。
ボーナスは、本編4回以外で1964年から67年までに、エド・サリヴァンが
ビートルズの出演を予告したりビートルズの話題を紹介したりする場面で、合計
約13分。ロンドンでサリヴァンがビートルズにインタビューしたり、トッポ・
ジージョやサリヴァン自身がビートルズかつらをかぶったりと、なかなか楽しい
場面が観られます。
1964年2月9日のショーの入場券のレプリカ付き。
『エド・サリヴァン・ショー』公式サイトにはビートルズのページもあります。
http://www.edsullivan.com/ 
発売週に載せそびれました。なにか忘れてるような気はしたんです。 (淡路)


>> ◎テレビ情報

■『5時に夢中!』
10月25日(月)〜29日(金)午後5時〜6時 TOKYO MX
東京MXテレビの夕方の番組で、今週はエンディング・テーマとしてジョン・レ
ノンの「スターティング・オーヴァー」が流れます。
http://www.mxtv.co.jp/goji/ 
………………………………………………………………………………………………
■『とくダネ!』
10月26日(火)午前8時〜9時55分 フジテレビ系
小倉智昭さんの情報番組に、来日中のジャズ・ピアニスト、ビージー・アデール
が生出演し、生演奏を披露する予定です(演奏する曲は予告されていません)。
http://www.fujitv.co.jp/tokudane/index.html 
ビージー・アデールはザ・キャピトルホテル東急の開業セレモニーでビートルズ・
ナンバーを演奏したばかりなので、ちょっと気にしてみます。
http://www.emimusic.jp/jazz/beegie/news/ 
………………………………………………………………………………………………
■『洋楽ライブ伝説』
10月27日(水)午前1時〜2時35分 WOWOW
オアシスの1995年のロンドン公演と96年のマンチェスター公演が放送され
ます。ビートルズの「アイ・アム・ザ・ウォルラス」を演奏しています。
http://www.wowow.co.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■映画『キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX(LEGALLY BLONDE 2: RED, 
WHITE & BLONDE)』
10月29日(金)午後6時20分〜8時 WOWOW
2003年アメリカ/監督チャールズ・ハーマン=ワームフェルド、主演リーズ・
ウィザースプーン)
ブロンドの弁護士が活躍するコメディ『キューティ・ブロンド』の続編。ジョン・
レノン(プラスティック・オノ・バンド)の「パワー・トゥ・ザ・ピープル」が
使われています。毛皮反対を訴えるプラカードも見られます。動物の権利保護を
主張する団体PETAが認証したヘアケア商品を使っている美容院も出てきます。
主人公エルは1作目で、愛犬も自分も双子座のベジタリアンだと自己紹介してい
ました。DVD発売中。
この日は午後4時40分から1作目『キューティ・ブロンド』が放送されます。
………………………………………………………………………………………………
■映画『パイレーツ・ロック(THE BOAT THAT ROCKED)』
10月30日(土)午前3時〜5時30分 WOWOW
(2009年イギリス、ドイツ/監督リチャード・カーティス、出演フィリップ・
シーモア・ホフマン、ビル・ナイ)
イギリスにまだ民放ラジオ局がなく、BBCがポップ・ミュージックを流すのは
わずかの時間だった1960年代に実在した海賊ラジオ放送局を描いた音楽コメ
ディ。ローリング・ストーンズ、ザ・フー、キンクス、クリーム、ビーチ・ボー
イズなど60年代の名曲が使われています。ビートルズは海賊放送局を応援して
いました。DVD発売中。
………………………………………………………………………………………………
■映画『ザ・ロック(THE ROCK)』
10月30日(土)午前5時30分〜7時57分 WOWOW
(1996年アメリカ/監督マイケル・ベイ、主演ニコラス・ケイジ、ショーン・
コネリー)
ザ・ロックと呼ばれるアルカトラズ島の刑務所跡を占拠したテロ集団との戦いを
描いた映画で、ニコラス・ケイジ演じる化学兵器のスペシャリストがビートルズ
のコレクターという設定。通信販売で買ったアナログ盤が職場に届く場面があり、
自宅ではピーター&ゴードンの「愛なき世界」が流れています。セリフにはレッ
ド・ツェッペリンやエルトン・ジョンなども。DVD、ブルーレイ発売中。

*放送日は実際の日付(午前0時から新しい日付)を掲載しています。新聞や放
送局のサイト等でもご確認ください。ビートルズの越えられない壁などにより予
告なく変更になることがあります。


>> ◎ラジオ情報

■『THE BEATLE YEARS』
毎週月曜 午後11時〜12時 Inter-FM
ウェストウッド・ワン(『ロスト・レノン・テープス』を手がけた番組配給会社)
を通じて全米で放送されているビートルズ専門番組。日本ではインターFMが東
京地区独占で放送中です。ビートルズのコレクターでもあるというボブ・マリッ
クがDJで、ビートルズの逸話を語りつつ曲を聴いていきます。本日25日の放
送は「オクトーバー」がテーマで、ビートルズ時代のメンバーの10月のできご
とに焦点を当てます。
http://www.interfm.co.jp/beatleyears/ 
話の内容が日本語で解説され、そのテキストがツイッターで流れます。
http://twitter.com/InterFM761_JP 
インターFMは放送エリアに準じた地域でパソコンでも聴くことができます。
http://radiko.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズ10』
毎週日曜 午前1時〜2時 ラジオ日本
毎週日曜 午前3時〜4時 東北放送
毎週日曜 午前10時〜11時 福井放送
毎週日曜 午後4時〜5時 北日本放送
毎週日曜 午後8時〜9時 岐阜放送
毎週日曜 午後9時〜10時 秋田放送
毎週ビートルズ・ナンバーの投票トップ10を発表するビートルズ専門番組。
通常はビートルズ・ナンバーのみの選曲ですが、次回はリマスター盤の日本発売
を控えたアップル・レコードがとりあげられる予定です。
「邦題つけ放題」コーナー(邦題のないビートルズ・ナンバーに邦題をつけよう)
の募集中のお題は「ドント・レット・ミー・ダウン」です。締切は10月26日
(火)のお昼。
また、『サージェント・ペパー』に収録されている犬にしか聞こえない音が聞こ
える方はぜひ番組にメッセージを送ってください。
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/beatles10.php 
『ビートルズ10』のツイッターはこちら。
http://twitter.com/THE_BEATLES_10


>> ◎読みもの

<Review>
■『CDジャーナル』11月号
10月20日発売 音楽出版社 本体743円 税込780円
ビートルズ、ジョン・レノン、そしてポール・マッカートニー&ウイングス『バ
ンド・オン・ザ・ラン』と、三大リマスター特集が展開されています。編集長の
藤本国彦さんによる試聴レポートのほか、浦沢直樹さん、鈴木惣一朗さん、直枝
政広さんが語っています。表紙の写真は『青盤』のビートルズで、色使いが赤!
なんだか新鮮ですねー。
http://www.cdjournal.com/Company/products/cdjournal.php?yyyy=2010&no=11 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ』
9月17日発売 河出書房新社 本体2,000円 税込2,100円
次から次へと展開していく1960年代からの流れ。一人の「大好き!」を武器
にどんどん突き進んでいった女性の生き方。とっても励まされ、元気をもらえま
す!
今がんばってる人も、ちょっと疲れたかな?という人にもぜひ読んでもらいたい
本です。
ここだけの話も満載で、星加さんが出会った一人ひとりのアーティストの人間性
がとてもよく書かれています。いろんな面をもってみんな生きていたんだなぁ。
う〜ん深い!
とても読みやすい文章です。膨大の資料とつきあわせて、たいへんな作業だった
と思います。でもさらっと楽しそうに書いている淡路さんもすごい。その秘めた
る情熱!星加さんも、淡路さんだから書かせてくれたのすね。
「本物を見る、知ることの大切さ。それを紹介し、広めることの大切さは今も変
わらない!」
久々に感動して読み終わりました。そして何度も読み返したくなる一冊です。
この本を書いてくれてありがとう!いま残しておいてほしい本です。 (AKKI)
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309272078 
AKKIさん、ありがとうございました。書評を読んで私自身が感動してしまいまし
た。そうなんです、音楽書としてだけでなく、ひとりの女性の生き方としても、
繰りかえし読んでいただきたいと思っています。 (淡路)
竹中吉人さんのブログ「日々ところどころ」(10月10日)で紹介していただ
きました。MLポール対スコット号はお友だちに返す前にぜひイベントかどこか
でご披露ください。
http://blog.livedoor.jp/parisvupar/ 
………………………………………………………………………………………………
■文藝別冊『ジョン・レノン その生と死と音楽と』
10月5日発売 河出書房新社 本体1,143円 税込1,200円
さまざまな視点からジョン・レノンの40年の人生とそこから生まれた音楽を問
う総特集です。
1973年のジョン・レノン・ロング・インタビュー(イギリスの『メロディ・
メイカー』誌より)を日本初公開。
土屋昌巳さんと井上貴子さん(大東文化大学教授)の対談のほか、インタビュー
で園芸家の柳生真吾さんに語っていただいています。また、銅版画家の山本容子
さん、写真家のエドワード・レビンソンさんにそれぞれジョンに関する作品と、
そこに込めた思いを寄せていただきました。レビンソンさんの写真作品のモデル
になっているティモシー・ビアンカラーナさんも、Great!とお喜びです。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309977393 
………………………………………………………………………………………………
■『週刊モーニング』
毎週木曜発売 講談社 本体305円 税込320円
「僕はビートルズ」が3月11日発売号(3月25日号)より連載中。原作者の
藤井哲夫さんはこの作品でMANGA OPEN大賞(制限なしで募集しおもし
ろい作品に与えられる新人賞)を受賞し、かわぐちかいじさんが漫画化していま
す。ビートルズのコピー・バンド、ファブ・フォーが1961年にタイムスリッ
プしビートルズの未来の曲を発表するという物語で、当時の日本の音楽(芸能)
業界が垣間見えるのもおもしろいところです。連載開始前に、かわぐちかいじさ
んたちは星加ルミ子さんにも取材をしたそうです。先週発売号でプロダクション
の社長マキさんがロンドンへ渡航するのですが、プロデューサーへのおみやげが
刀!星加さんの初海外渡航のエピソードが使われています(笑)。
今週発売号は「僕はビートルズ」が表紙と巻頭カラー付きで登場すると予告され
ています。
http://morningmanga.com/ 
単行本の第2巻発売中。


>> ◎ウェブ

■ショーン・レノンのツイッター
http://twitter.com/seanonolennon 
ショーン・レノンは先週20日までの数日間、東京に滞在していたようですね。
10月17日〜20日のツイッターで渋谷の東急ハンズなどで撮った写真を公開
しています。
………………………………………………………………………………………………
■EMIミュージック・ジャパン/ザ・ビートルズ日本公式サイト
http://www.emimusic.jp/beatles/ 
EMIミュージック・ジャパンによるビートルズ・オフィシャル・サイト。各ペ
ージにアクセスすると、『赤盤』『青盤』リマスター盤のテレビCMが流れます。
(発売前バージョンから)絶賛発売中バージョンになりました。
………………………………………………………………………………………………
■青いバミューダに黄色い花を!
http://blog.d-fantasy.com/ 
ジョン・レノンが1980年のアルバムを『ダブル・ファンタジー』と命名する
インスピレーションのもととなった花、八重咲きのファンタジーを探す活動を続
けるファンタジスタのブログ。文藝別冊『ジョン・レノン その生と死と音楽と』
とあわせてご覧ください。
園芸家・柳生真吾さんから、ファンタジスタの活動の3rdステージの立ち上げ
が宣言されました。「フローリアン」〜黄色い花と3000の夢!〜と名づけら
れています。


>> ◎ライブ

<Review>
■バッド・カンパニー
バッド・カンパニーが35年ぶりに来日、18日から公演が始まり、残すところ
1公演です。
ミック・ラルフス(ギター)が手術を受けるため来日できなくなったため、今回
の日本公演ではオリジナル・メンバーからポール・ロジャース(ボーカル)、サ
イモン・カーク(ドラム)のふたりと、サポート・メンバーとしてポール・ロジャ
ース・バンドのリン・ソレンセン(ベース)と元ハートのハワード・リース(ギ
ター)の4人で演奏しています(曲によってギタリストがもうひとり参加)。
10月23日(土)東京/昭和女子大学の人見記念講堂で観てきました。まず、
前座としてポール・ロジャースの息子スティーヴ・ロジャースがギター弾き語り
で出演します(25分程度)。短い休憩を挟んで、バッド・カンパニーのステー
ジの開幕、その演出一部にビートルズの「アイ・アム・ザ・ウォルラス」の音が
使われていました。おじさま率の高いコンサートでしたが、1曲目からほぼ総立
ちとなります。ドラムのサイモン・カークが参加したリンゴ・スター&オール・
スター・バンド(第4期〜第6期の3回)のレパートリーでもあった「シューティ
ング・スター」など、代表曲はけっこう歌わせるので、サビを歌えるようにして
いくと、より楽しいと思います。 (淡路)

<Coming Soon>
10月26日(火)東京/国際フォーラム ホールA 午後7時開演
料金:S席9,500円 A席8,500円
http://udo.co.jp/Artist/BadCompany/index.html 
当日券情報はホームページで。
http://udo.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
<Coming Soon>
■伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌うVol.7〜THE忘年会〜
ポールにいちばん近い声、伊豆田洋之さんがポール・マッカートニーの曲を歌う
ライブが、1年ぶりにホームグラウンドの代官山「晴れたら空に豆まいて」に帰っ
てきます。
ゲストは杉真理さん、松尾清憲さん、鈴木雄大さん。プロデュースと司会はサエ
キけんぞうさん。9月30日のホール公演ではトークの時間が短かったので、こ
こでは杉さんと松尾さんとサエキさんによるトークが炸裂する予定です。
http://saekingdom.com/ 
チケットは会場の晴れたら空に豆まいてで受付中。ウェブサイトの予約フォーム
をお使いください。
http://mameromantic.com/?p=5432 
イープラスでも取り扱っています。
http://eplus.jp/ 
入場順は、先に晴れたら空に豆まいてで予約した方、次にイープラスでの予約し
た方の順となります。

<伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う>
日時:11月26日(金)午後6時開場/7時開演
会場:晴れたら空に豆まいて(代官山駅よりすぐ)
料金:前売4,000円 当日4,500円(別途ドリンク代)
http://mameromantic.com/ 
………………………………………………………………………………………………
■竹内まりや
竹内まりやさん10年ぶりの単独公演が12月に東京と大阪で開催されます。山
下達郎さんとそのバンドがバックをつとめます。
さらに、オープニング・アクトとしてセンチメンタル・シティ・ロマンスとBO
X(杉真理さん、松尾清憲さん、小室和幸さん、田上正和さん)が2日ずつ出演。
当日はビートリーな夜となりそうです。
チケットの一般発売は10月30日(土)。立見席も追加されています。取れる
といいですね〜。

<souvenir again>
12月 3日(金)東京/日本武道館 午後6時30分開演
 オープニング:BOX
12月 4日(土)東京/日本武道館 午後6時開演
 オープニング:センチメンタル・シティ・ロマンス
12月21日(火)大阪/大阪城ホール 午後6時30分開演
 オープニング:センチメンタル・シティ・ロマンス
12月22日(水)大阪/大阪城ホール 午後6時30分開演
 オープニング:BOX
料金:指定席8,400円 ステージサイド指定席6,300円 スタンド後方立見5,250円
*4歳以上はチケット必要 *4歳未満は大人1名につき1名まで膝上無料 
*席が必要な場合は有料。
http://www.mariyat.co.jp/pg/live2010.html


>> ◎アート

■ブラッド・エルターマン写真展「LIKE IT WAS YESTERDAY」
1974年から80年代にかけてロサンゼルスの音楽シーンを中心にライブやレ
コード・ジャケットなどを撮影していたカメラマン、ブラッド・エルターマン。
写真展が東京・新宿ゴールデン街の北欧バー、風の森(花園一番街)で開催。
10月2日から31日(日)までの土日のみオープン。今週末までとなりました。
土曜は午後4時から12時まで。日曜は午後4時から10時30分まで。
ジョン・レノンとリンゴ・スター、ボブ・ディラン、マイケル・ジャクソンとテ
イタム・オニール、ジョーン・ジェット、ジーン・シモンズといったミュージシャ
ンの写真が展示されています。
文藝別冊『ジョン・レノン その生と死と音楽と』にも載せた1976年のジョ
ンとリンゴの写真も大きなプリントでお楽しみください。
エルターマンの公式サイトはこちら
http://www.bradelterman.com/


>> ◎映画

<Coming Soon>
■ドアーズ/まぼろしの世界(WHEN YOU'RE STRANGE)
10月30日(土)より公開
(2010年/監督トム・ディチロ、出演ドアーズ)
ドアーズのドキュメンタリー。現役時代のアーカイブ映像(未公開を含む)のみ
を編集したもので、ナレーションをジョニー・デップがつとめています。
http://www.thedoors.jp/


>> ◎レコード店

■ビートルズ/店頭販促用映像
ビートルズの『赤盤』『青盤』リマスター発売にあたり、レコード店のなかには
店頭販促用の映像を流している店舗があります。『エド・サリヴァン・ショー』
から「オール・マイ・ラヴィング」の演奏、「アイ・フィール・ファイン」「ペ
ニー・レイン」のプロモーション・フィルム、『マジカル・ミステリー・ツアー』
から「アイ・アム・ザ・ウォルラス」の映像をそれぞれ1分程度観ることができ
ます。
通販も便利ですが、レコード店が盛りあがっているのを見るのも楽しいですよ!


━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●えつぜんこずえと歩いて巡る激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー!●
アビイ・ロードはもちろん、ロンドンの重要ビートルズ・スポットを効率よく
ご案内します。基本コースは3時間。マニアックなツアーもあります!
     ● http://scousehouse.net/beatles/guide_london.htm ● 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

いつもご愛読ありがとうございます。再校の曲な投稿をお待ちしております。こ
のメールに返信してください。ハンドル・ネームでの掲載をご希望の方はその旨
お書き添えを。

/♪/フロム編集部/♪/========================

●秋祭りのお神輿と一緒に町内を一周し、日頃の運動不足がわずかながら解消さ
れたようです。(山川)
●ヤフーの天気予報がハズレていると実況数が急に増える。(淡路)

====================================

▼購読について
このメールマガジンは
『メルマ!』:マガジン名「BEA-MAIL」  http://www.melma.com/ 
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」  http://www.mag2.com/ 
などの配信システムを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホーム
ページ上で簡単に行なうことができます。

ビーメールに関するご意見、ご提案等、激励、ヒア・カムズ・ザ・レイン?情報
http://www.sanspo.com/geino/news/101014/gnj1010140501002-n1.htm 
http://www.cdjournal.com/main/news/muraji-kaori/34537 
は下記でお待ちしております。件名とお名前を必ず書いてください。件名のない
メールは開かないことがあります。「これで決まりですか?」は開けないことに
決まりです。
本誌やビートピアの記事を転載された場合、また、媒体でご紹介くださる場合も
ご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com ←@を半角英字に変えてください。

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)
2010年10月25日号(通巻第520号)
2000年4月28日創刊
発行元/フロム・ビー
編集/淡路和子
スタッフ/山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2010 FROM BEA
================================from BEA

育児休暇というよりも。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101019/t10014679661000.html 
http://career-cdn.oricon.co.jp/news/54635/full/ 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。