音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2010/10/18]赤青リマスター発売されました

2010/10/18

====================================

BEA-MAIL ビーメール 2010年10月18日号(第519号)

====================================

♪ビートリーな情報いっぱい♪
ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズらしい)暮らしを送るために
フロム・ビーがお届けしているメールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)です。
毎週月曜日(休日の場合は翌火曜)に無料で配信しています。
ビーメールはあなたのビートリー・ライフを応援します!

フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia
フロム・ビーのツイッターはこちら。まだご存じない方も多いと思います。
http://twitter.com/FromBea

〓〓☆今週のおすすめ☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◎リリース___『クラシック・アルバムズ:ジョンの魂』
        『ジョン・レノン・トリビュート〜カム・トゥゲザー』
        『ブリティッシュ・ビート1963-1970』
◎テレビ____『洋楽天国PREMIUM R45』
        映画『フロスト×ニクソン』
        映画『インデペンデンス・デイ』
◎ラジオ____『THE BEATLE YEARS』
        『BARAKAN MORNING』
        『ビートルズ10』
◎読みもの___『僕はビートルズ』
        『ビートルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ』
        文藝別冊『ジョン・レノン その生と死と音楽と』
        『週刊モーニング』
◎ウェブ____EMIミュージック・ジャパン/ザ・ビートルズ日本公式サイト
        トラヴェリング・ウィルベリーズ公式サイト
◎ライブ____バッド・カンパニー
        ドクター・ジョン&ロウワー911
        「HAPPY BIRTHDAY!! JOHN!」
        「伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う〜THE忘年会」
◎アート____ブラッド・エルターマン写真展「LIKE IT WAS YESTERDAY」
◎イベント___ザ・キャピトルホテル東急 開業セレモニー

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

> ◎ホット・ニュース

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■ポールとメアリーがリンダ・マッカートニー・フーズの工場を訪問
ポール・マッカートニーとメアリー・マッカートニーは10月7日、イギリスの
フェイクナムにあるリンダ・マッカートニー・フーズの工場を訪れました。10
月には新たなベジタリアン・バーガーが発売されます。
http://www.paulmccartney.com/home.php 
リンダ・マッカートニー・フーズのウェブサイトでは、最近発売された新商品の
写真をトップページで見ることができます。
http://www.lindamccartneyfoods.co.uk/ 
………………………………………………………………………………………………
■ポールのアルゼンチン公演が追加に
11月に南米で続けられるポール・マッカートニーの「アップ・アンド・カミン
グ・ツアー」のアルゼンチン公演が、あまりに反響が大きかったため1回追加と
なりました。
http://www.paulmccartney.com/home.php 
………………………………………………………………………………………………
■ポール公式サイトが『バンド・オン・ザ・ラン』仕様に
アルバム『バンド・オン・ザ・ラン』のリマスター盤の発売を11月に控え、ポ
ール・マッカートニーの公式サイトに特設ページが立ち上がりました。映像「メ
イキング・バンド・オン・ザ・ラン」を視聴することができます。
http://www.paulmccartney.com/ 
………………………………………………………………………………………………
■ジョンのリマスター盤が全米カタログチャートの上位に
ジョン・レノンのソロ作品のリマスター盤が10月23日付の全米チャートに登
場しました。アルバム総合チャート(ビルボード200)では『ザ・ヒッツ〜パ
ワー・トゥ・ザ・ピープル』の24位をはじめ、4タイトルがランクイン。カタ
ログ・アルバム・チャートでは『ダブル・ファンタジー』が1位です。

続きはウェブで!
http://homepage2.nifty.com/beatopia


>> ◎リリース情報

*税込価格は発売元の記載に従っています。

<Coming Soon>
■ジョン・レノン、オノ・ヨーコほか
DVD『DELUXE EDITION:クラシック・アルバムズ:ジョンの魂(CLASSIC ALBUMS: 
PLASTIC ONO BAND)』
10月20日発売 ヤマハミュージックアンドビジュアルズ YMBA-10216、税抜
3,000円 税込3,150円
名盤の誕生秘話や制作過程をドキュメントするシリーズ「クラシック・アルバム
ズ」で制作されたジョン・レノンの『ジョンの魂』のメイキング(2008年)。
[DELUXE EDITION]として限定発売されます(価格は下がります)。出演はリンゴ・
スター、オノ・ヨーコ、アラン・ホワイト、クラウス・フォアマン、このアルバ
ムのエンジニアのひとりであるジョン・レッキー。
http://www.yamaha-mv.co.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■デイヴ・スチュワート、ショーン・レノン、ビリー・プレストンほか
DVD『ジョン・レノン・トリビュート〜カム・トゥゲザー(COME TOGETHER: 
A Night for John Lennon's Words & Music)』
10月20日発売 ヤマハミュージックアンドビジュアルズ YMBA-10217、税抜
2,500円 税込2,625円
2001年10月2日にニューヨークで開催されたジョン・レノン・トリビュー
ト・コンサートを収録したDVDが期間限定の低価格で再発売されます。ショー
ン・レノンとルーファス・ウェインライト、ビリー・プレストン、ルー・リード
などが演奏し、ケヴィン・スペイシーやダスティン・ホフマンといった俳優がス
ピーチするという進行で、ジョン本人の映像や肉声も使われ、オノ・ヨーコも客
席で鑑賞しスピーチしています。音楽監督はデイヴ・スチュワート。ジョン・レ
ノン大好きな人ですが、出演者の顔ぶれを見ると、ロック/ポップ・シーンのみ
ならず、ゴスペルからR&B、ラテン、カントリーなどさまざまなルーツを持つ
各国のミュージシャンが集まったステージは、「いつか世界がひとつになる」と
いう「イマジン」の歌詞を思い起こさせ、よく考えられたトリビュート・コンサ
ートです。
http://www.yamaha-mv.co.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■ジェリー・アンド・ザ・ペイスメイカーズ、ピーター・アンド・ゴードンほか
アルバム『ブリティッシュ・ビート1963-1970(BRITISH BEAT 1963-1970)』
10月20日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70871、税込2,980円
1960年代にブリティッシュ・インベージョンと呼ばれるムーブメントを起こ
したイギリスのグループのヒット曲を集めた2枚組コンピレーション。ビートル
ズが却下したあとジェリー・アンド・ザ・ペイスメイカーズが発表した「恋のテ
クニック(ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ・イット?)」に始まり、レノン=マッカー
トニーが提供したビリー・J・クレイマー&ダコタスの「バッド・トゥ・ミー」
「アイル・キープ・ユー・サティスファイド」、フォアモストの「ハロー・リト
ル・ガール」、ピーター・アンド・ゴードンの「愛なき世界」、ベッドロックス
がカバーした「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」、ポール・マッカートニーの弟
マイク・マクギアのグループ、スキャッフォールドの「リリー・ザ・ピンク」な
ど、全40曲収録。
http://www.emimusic.jp/artist/st/?id=56186


>> ◎テレビ情報

■『洋楽天国PREMIUM R45』
10月19日(火)午後5時30分〜6時 テレビ神奈川
洋楽情報番組でジョン・レノン特集が再放送されます。「夢の夢」など7曲のク
リップが放送されます。
http://www.tvk-yokohama.com/tengoku/r45.html
………………………………………………………………………………………………
■映画『フロスト×ニクソン(FROST/NIXON)』
10月23日(土)午前4時50分〜6時57分 WOWOW
(2008年アメリカ/監督ロン・ハワード、主演マイケル・シーン、フランク・
ランジェラ)
1977年に、イギリスのテレビ司会者デヴィッド・フロストと、アメリカのリ
チャード・ニクソン元大統領がトーク・ショーで繰りひろげた舌戦をドラマ化。
ニクソンはジョン・レノンがアメリカ国外退去問題で闘った相手でもありました。
フロストはビートルズも出演した『フロスト・オン・サンデイ』などの番組を持っ
ていましたが、番組の場面でジョージ・マーティン作曲のテーマ曲「バイ・ジョ
ージ・イッツ・デヴィッド・フロスト」が流れます。短い場面ですが、しっかり
この曲もクレジットされていました。DVD発売中。
………………………………………………………………………………………………
■映画『インデペンデンス・デイ(INDEPENDENCE DAY)』
10月23日(土)午後3時〜5時30分 WOWOW
(1996年アメリカ/監督ローランド・エメリッヒ、主演ウィル・スミス、ジェ
フ・ゴールドブラム)
7月4日に起きた地球最大の危機を描くSFアクション。絶滅の危機にさらされ
た人類はついに史上最大の作戦を開始。そんななかでこんなセリフが出てきます。
「愛こそはすべてさ。ジョン・レノンの言葉だ。頭の切れる男だった。なのに撃
たれるなんて、ほんとに悲しいよ」。今回は吹替で放送されます。DVD発売中。
http://www.wowow.co.jp/

*放送日は実際の日付(午前0時から新しい日付)を掲載しています。新聞や放
送局のサイト等でもご確認ください。強制退職などにより予告なく変更になるこ
とがあります。


>> ◎ラジオ情報

■『THE BEATLE YEARS』
毎週月曜 午後11時〜12時 Inter-FM
ウェストウッド・ワン(『ロスト・レノン・テープス』を手がけた番組配給会社)
を通じて全米で放送されているビートルズ専門番組。日本ではインターFMが東
京地区独占で放送中です。ビートルズのコレクターでもあるというボブ・マリッ
クがDJで、ビートルズの逸話を語りつつ曲を聴いていきます。今週は「セルロ
イド・セレクション」と題して、映画の楽曲が特集されます。
http://www.interfm.co.jp/beatleyears/ 
話の内容が日本語で解説され、そのテキストがツイッターで流れます。
http://twitter.com/InterFM761_JP 
………………………………………………………………………………………………
■『BARAKAN MORNING』
10月18日(月)〜22日(金)午前7時〜10時 Inter-FM
ピーター・バラカンさんによる朝のワイド番組。9時過ぎからの「BARAKAN BOX」
のコーナーに、今週の5日間は星加ルミ子さんがゲストとして登場し、バラカン
さんとともに1960〜70年代の音楽シーンを語ります。19日の放送は、星
加さんのビートルズ単独会見にいたるまでのお話と予告されています。『ビート
ルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ』をバラカンさん
にも「おもしろく読みました」と言っていただいてたいへん光栄です。星加さん
の声で聴く『ビートルズにいちばん近い記者』としてもお楽しみください。
番組のブログで収録中の写真を見ることができます。
http://www.interfm.co.jp/barakan/ 
インターFMは放送エリアに準じた地域でパソコンでも聴くことができます。
http://radiko.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズ10』
毎週日曜 午前1時〜2時 ラジオ日本
毎週日曜 午前3時〜4時 東北放送
毎週日曜 午前10時〜11時 福井放送
毎週日曜 午後4時〜5時 北日本放送
毎週日曜 午後8時〜9時 岐阜放送
毎週日曜 午後9時〜10時 秋田放送
毎週ビートルズ・ナンバーの投票トップ10を発表するビートルズ専門番組。
「邦題つけ放題」コーナー(邦題のないビートルズ・ナンバーに邦題をつけよう)
の募集中のお題は「ドント・レット・ミー・ダウン」です。締切は10月26日
(火)のお昼。
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/beatles10.php 
『ビートルズ10』のツイッターはこちら。
http://twitter.com/THE_BEATLES_10


>> ◎読みもの

*税込価格は発行元の記載に従っています。

<Coming Soon>
■『僕はビートルズ』(2)
10月22日発売 講談社 税込560円
『週刊モーニング』で連載中の「僕はビートルズ」。単行本の第2巻が発売され
ます。ビートルズのコピー・バンド、ファブ・フォーが1961年にタイムスリッ
プしビートルズになりかわって未来の曲を発表するという物語。原作者の藤井哲
夫さんはこの作品でMANGA OPEN大賞(制限なしで募集しおもしろい作
品に与えられる新人賞)を受賞し、かわぐちかいじさんが漫画化しています。
第1巻はファブ・フォーのポール役が表紙でしたが、今回はジョージ役が表紙。
http://kc.kodansha.co.jp/product/top.php/1234610169 
………………………………………………………………………………………………
<Review>
■『ビートルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ』
9月17日発売 河出書房新社 本体2,000円 税込2,100円
1960年代半ばから1970年代半ばまで、ビートルズファンにとどまらず洋楽ファン
がみんなお世話になった星加ルミ子さんの全仕事をていねいに検証し記録した本
です。もちろん星加さんからの聴き取り取材も3年かけておこなっていますし、
裏付け調査も可能なかぎりおこっています。
1965年のビートルズ単独インタビュー、1966年の来日公演での唯一の公式なイン
タビューなど、多くの方はご存知かと思います。が、じつは星加さんはメンバー
に気に入られてしまって、ビートルズ解散まで毎年会って直接取材しているんで
すよね。世界中にもこれだけ直接取材した外部の記者はいないのではないかと思
います。もちろん全部載ってます。
あと、ビートルズの星加さんがあまりにも有名になり過ぎて忘れられがちですが、
60年代から70年代のロック&ポップスシーンをリードしたイギリスのミュージシャ
ンの大半、たとえばストーンズをはじめクラプトンとかフーとかピンク・フロイ
ドとか、あげはじめたらきりがないけど、とにかくたくさんのロックヒーローた
ちにと会って取材してるんですよね。こちらもおもしろいエピソード満載。
まさに日本のロックを中心とした洋楽受容のキーパーソンだった星加ルミ子の全
仕事を知ることにできる、知られざるエピソード満載のたいせつな一冊です。
著者はこのBEA-MAILを10年にわたって配信し続けているフロム・ビーの淡路和子
です。ぜひみなさんのたいせつな蔵書のひとつに加えてください。 (広田寛治)
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309272078 
………………………………………………………………………………………………
■文藝別冊『ジョン・レノン その生と死と音楽と』
10月5日発売 河出書房新社 本体1,143円 税込1,200円
ジョンとショーンを表紙にした『ジョン・レノン』から10年、フロム・ビー編
集により、文藝別冊・KAWADE夢ムックでジョン・レノン総特集が新たに出
ています。今度は頬杖をついたジョンがこちらを見ている表紙です。
巻頭には、1973年のジョン・レノン・ロング・インタビュー(イギリスの音
楽誌『メロディ・メイカー』より)を日本で初公開。オノ・ヨーコと別居したば
かりの頃のジョンの本音が語られ、元ビートルズのメンバーとの関係も含め、驚
くほど率直に胸の内を明かしています。愛と平和のアイコンではなく、一人の人
間として、一人のミュージシャンとして生きようとしていたジョン・レノンの姿
が浮かび上がってくる内容です。
銅版画家の山本容子さん、写真家のエドワード・レビンソンさんにそれぞれジョ
ンに関する作品と、そこに込められた思いを寄せていただきました。土屋昌巳さ
んと井上貴子さん(大東文化大学教授)の対談のほか、インタビューで園芸家の
柳生真吾さんに語っていただいています。音楽作品についての執筆陣はサエキけ
んぞうさん、安田謙一さん、黒沢秀樹さん、『CDジャーナル』編集長の藤本国
彦さんなど。
世界が涙に濡れたジョン・レノン最後の一日、そして受け継がれるジョンの魂の
ドキュメントは10年前のテキストから加筆修正し、バミューダで過ごしたジョ
ン最後の夏の項を加えました。写真も一新して新たな誌面となっています。
生誕70年にあたっての発売ですが、永く読んでいただけるものとしてお届けし
ます。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309977393 
………………………………………………………………………………………………
■『週刊モーニング』
毎週木曜発売 講談社 本体305円 税込320円
「僕はビートルズ」は3月11日発売号(3月25日号)より連載中。登場人物
にロンドンのラジオ・プロデューサーが加わりましたが、名前がジョージ・スタ
イン(笑)。こういう小ネタも楽しい。
http://morningmanga.com/


>> ◎ウェブ

■EMIミュージック・ジャパン/ザ・ビートルズ日本公式サイト
http://www.emimusic.jp/beatles/ 
EMIミュージック・ジャパンによるビートルズ・オフィシャル・サイト。各ペ
ージにアクセスすると、『赤盤』『青盤』リマスター盤のテレビCM(発売前バ
ージョン)が流れます。
『赤盤』『青盤』リマスター盤本日発売となりました。発売を前に、アップル・
レコードの社長ジェフ・ジョーンズも参加して先週14日に開催された「ビート
ルズ・アンド・アップル・レコーズ・ナイト〜赤盤青盤 前夜祭〜」について、
スペシャル・ページでレポートされています。
………………………………………………………………………………………………
■トラヴェリング・ウィルベリーズ公式サイト
http://www.travelingwilburys.com/ 
トラヴェリング・ウィルベリーズ公式サイトの現在の最新ニュースはトム・ペティ
&ハートブレイカーズのニュー・アルバム『モジョ』(6月発売)。
トム・ペティは10月20日に誕生日を迎えます(1950年フロリダ州生まれ)。
ウィルベリー兄弟の最年少の弟も60歳に。
http://www.tompetty.com/


>> ◎ライブ

<Coming Soon>
■バッド・カンパニー
バッド・カンパニーが35年ぶりに来日、本日から公演が始まります。
ミック・ラルフスが手術を受けるため来日できないことが10月15日に急告さ
れました。今回の日本公演で演奏するオリジナル・メンバーはポール・ロジャー
ス、サイモン・カークのふたりとなり、ポール・ロジャース・バンドのリン・ソ
レンセン(ベース)と元ハートのハワード・リースがサポートします。また、前
座としてポール・ロジャースの息子スティーヴ・ロジャースが出演します。
ドラムのサイモン・カークはリンゴ・スター&オール・スター・バンドのメンバ
ーでもありました(第4期〜第6期の3回)。
メンバー変更にともなう払い戻しは10月26日(火)まで購入した店舗で受付。
詳細はウドー音楽事務所ホームページで。ミック・ラルフス本人からのメッセー
ジもこちらで。
http://udo.jp/

<BAD COMPANY>
10月18日(月)福岡/Zepp Fukuoka  午後7時開演
10月20日(水)名古屋/Zepp Nagoya  午後7時開演
10月21日(木)大阪/なんばHatch      午後7時開演
10月23日(土)東京/昭和女子大学 人見記念講堂 午後5時開演
10月25日(月)東京/国際フォーラム ホールA  午後7時開演
10月26日(火)東京/国際フォーラム ホールA  午後7時開演
http://udo.co.jp/Artist/BadCompany/index.html 
………………………………………………………………………………………………
■ドクター・ジョン&ザ・ロウワー911
ドクター・ジョンがザ・ロウワー911を率いて来日。本日10月18日と19
日(火)にビルボードライブ東京、21日(木)にビルボードライブ大阪で演奏
します。1日2回公演です。
ドクター・ジョンは第1期リンゴ・スター&オール・スター・バンドのメンバー
でもありました。
残席情報はビルボードライブのウェブサイトで確認できます。「×」表示であっ
ても電話でのみ予約できる場合があります。
http://www.billboard-live.com/ 
………………………………………………………………………………………………
■HAPPY BIRTHDAY!! JOHN!
六本木のキャヴァンでは、ジョン・レノンの誕生日から4回のジョン特集ライブ
が行なわれ、このあとまだ2回開催されます。10月16日(土)は安達満さん
をフィーチャーしたシロクマ・カンパニー。20日(水)は小松陽介さんをフィ
ーチャーしてウィズアウトが出演します。ともに特集ライブは9時30分から。
http://www.cavernclub.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌うVol.7〜THE忘年会〜
ポールにいちばん近い声、伊豆田洋之さんがポール・マッカートニーの曲を歌う
ライブが、1年ぶりにホームグラウンドの代官山「晴れたら空に豆まいて」に帰っ
てきます。
ゲストは杉真理さん、松尾清憲さん、鈴木雄大さん。プロデュースと司会はサエ
キけんぞうさん。9月30日のホール公演ではトークの時間が短かったので、こ
こでは杉さんと松尾さんとサエキさんによるトークが炸裂する予定です。
http://saekingdom.com/
チケットは会場・晴れたら空に豆まいてで受付中。ウェブサイトの予約フォーム
をお使いください。
http://mameromantic.com/?p=5432 
イープラスでも取り扱っています。
http://eplus.jp/ 
入場順は、先に晴れたら空に豆まいてで予約した方、次にイープラスでの予約し
た方の順となります。

<伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う>
日時:11月26日(金)午後6時開場/7時開演
会場:晴れたら空に豆まいて(代官山駅よりすぐ)
料金:前売4,000円 当日4,500円(別途ドリンク代)
http://mameromantic.com/


>> ◎アート

■ブラッド・エルターマン写真展「LIKE IT WAS YESTERDAY」
1974年から80年代にかけてロサンゼルスの音楽シーンを中心にライブやレ
コード・ジャケットなどを撮影していたカメラマン、ブラッド・エルターマン。
写真展が東京・新宿ゴールデン街の北欧バー、風の森(花園一番街)で開催され
ています。
10月2日から31日(日)までの土日のみオープンします。土曜は午後4時か
ら12時まで。日曜は午後4時から10時30分まで。
ジョン・レノンとリンゴ・スター、ボブ・ディラン、マイケル・ジャクソンとテ
イタム・オニール、ジョーン・ジェット、ジーン・シモンズといったミュージシャ
ンの写真が展示されています。
文藝別冊『ジョン・レノン その生と死と音楽と』にも載せた1976年のジョ
ンとリンゴの写真も大きなプリントでお楽しみください。
エルターマンによれば日本の『ミュージック・ライフ』はお得意様だったとのこ
とで、ジョンとリンゴの写真も当時しっかり載っていました。
こちらはエルターマンのブログ。
http://bradelterman.tumblr.com/


>> ◎イベント

<Coming Soon>
■ザ・キャピトルホテル東急 開業セレモニー
ビートルズやリンゴ・スターやジョージ・ハリスンなど多数のアーティストが宿
泊したキャピトル東急ホテル(ビートルズ来日時はヒルトンホテル)が、ザ・キャ
ピトルホテル東急として10月22日(金)に開業します。
http://www.capitolhoteltokyu.com/ja/index.html 
建物は2006年にキャピトル東急ホテルが営業を終えたあと建て替えられまし
たが、ビートルズが記者会見を行なった真珠の間の壁は宴会場に復刻されたそう
です。All Aboutの「東京の話題スポット!」のページでその壁の写真を見るこ
とができます。
http://allabout.co.jp/gm/gc/323754/3/ 
開業記念として10月22日に催されるセレモニーでは、ジャズ・ピアニストの
ビージー・アデールがこの壁の前で演奏します。演奏曲は、彼女自身のレパート
リーでもある「イエスタデイ」「イン・マイ・ライフ」などビートルズ・ナンバ
ーも予定されています。
http://www.emimusic.jp/jazz/beegie/


━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●えつぜんこずえと歩いて巡る激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー!●
アビイ・ロードはもちろん、ロンドンの重要ビートルズ・スポットを効率よく
ご案内します。基本コースは3時間。マニアックなツアーもあります!
     ● http://scousehouse.net/beatles/guide_london.htm ● 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

いつもご愛読ありがとうございます。お切開な投稿をお待ちしております。この
メールに返信してください。ハンドル・ネームでの掲載をご希望の方はその旨お
書き添えを。

/♪/フロム編集部/♪/========================

●日の暮れるのがめっきり早くなりましたね。(山川)
●タワーレコードで5000円以上の買い物をしたら、リッケンバッカーのパン
フレットをもらいました。配布は先着順だそうです。(淡路)

====================================

▼購読について
このメールマガジンは
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」  http://www.mag2.com/ 
『メルマ!』:マガジン名「BEA-MAIL」  http://www.melma.com/ 
『E-Magazine』:マガジンコード「beamail」  http://www.emaga.com/ 
『めろんぱん』: http://www.melonpan.net/mag.php?002919 
などの配信システムを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホーム
ページ上で簡単に行なうことができます。

ビーメールに関するご意見、ご提案等、激励、今朝のタワレコ赤青イベント情報
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/81117/full/ 
は下記でお待ちしております。件名とお名前を必ず書いてください。件名のない
メールは開かないことがあります。「担当の坂口です。」
本誌やビートピアの記事を転載された場合、また、媒体でご紹介くださる場合も
ご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com ←@を半角英字に変えてください。

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)
2010年10月18日号(通巻第519号)
2000年4月28日創刊
発行元/フロム・ビー
編集/淡路和子
スタッフ/山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2010 FROM BEA
================================from BEA

オーガニックな音楽(笑):
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2519336/3351924
http://www.vegetableorchestra.org/
  

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。