音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2010/10/04]ジョンの古希を祝って

2010/10/05

====================================

BEA-MAIL ビーメール 2010年10月4日号(第517号)

====================================

♪ビートリーな情報いっぱい♪
ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズらしい)暮らしを送るために
フロム・ビーがお届けしているメールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)です。
毎週月曜日(休日の場合は翌火曜)に無料で配信しています。
ビーメールはあなたのビートリー・ライフを応援します!

フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia
フロム・ビーのツイッターはこちら。ちょっとずつやってます。
http://twitter.com/FromBea

〓〓☆今週のおすすめ☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◎リリース___ジョン・レノン全オリジナル・アルバム
        『ジョン・レノンBOX』『ザ・ヒッツ〜パワー・トゥ・ザ・ピープル』
        ジョン・レノン&ヨーコ・オノ『ダブル・ファンタジー/ストリップド・ダウン』
        リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド『ライヴ・アット・ザ・グリーク・シアター2008』
        『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』
◎テレビ____映画『レインマン』
        映画『メン・イン・ブラック』
        『洋楽天国PREMIUM R45』
◎ラジオ____『JET STREAM』
        『小倉智昭のラジオサーキット』
        『ビートルズ10』
        『THE BEATLE YEARS』
◎読みもの___文藝別冊『ジョン・レノン その生と死と音楽と』
        『大人のロック!』
        『ビートルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ』
        『週刊モーニング』
◎ウェブ____ジョン・レノン公式サイト
        キメラ・ミュージック
        EMIミュージック・ジャパン/I LOVE THE BEATLES
        CDジャーナル・ドット・コム/ジョン・レノン2010
        青いバミューダに黄色い花を
◎ライブ____「THE TOKYO BEATLE CONVENTION 2010」
        レボリューション-9
◎アート____山本容子「オー・ヨーコ」「オー・ジョン」
        ブラッド・エルターマン写真展「LIKE IT WAS YESTERDAY」
◎イベント___「ビートルズ・アンド・アップル・レコーズ・ナイト」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

> ◎ホット・ニュース

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■ヨーコ監修のジョンのドキュメンタリーが映画祭で公開
ジョン・レノンのニューヨーク時代をテーマにしたドキュメンタリー『レノンN
YC(LENNONNYC)』が、9月25日にニューヨーク映画祭で世界初公開されま
した。リンカーン・センターで行なわれた上映にはオノ・ヨーコも出席しました。
http://www.filmlinc.com/nyff/2010/lennonnyc 
アメリカの公共放送網の番組『アメリカン・マスターズ』のスタッフがエグゼク
ティブ・プロデューサーをつとめており、11月22日に同局で放送される予定。
http://www.pbs.org/wnet/americanmasters/ 
ヨーコは9月24日に記者会見を行ない、ジョンの誕生日10月9日に『レノン
NYC』をセントラル・パークで無料上映すると発表しました。
………………………………………………………………………………………………
■ヨーコとプラスティック・オノ・バンドがロスで公演
オノ・ヨーコとプラスティック・オノ・バンドのライブ「ウィ・アー・プラステ
ィック・オノ・バンド」が、予定どおり10月1日と2日にロサンジェルスのオ
ーフェウム・シアターで開かれました。
http://imaginepeace.com/archives/11930 
………………………………………………………………………………………………
■ジュリアンのインタビューがアメリカのテレビで放送
10月3日、アメリカCBSテレビのニュース番組『サンデー・モーニング』で、
ジュリアン・レノンのインタビューが放送されました。
http://imaginepeace.com/archives/12864 
CBSテレビのウェブサイトでは、今回の番組のために撮りおろしたジュリアン
へのインタビューを観ることができます。
http://www.cbsnews.com/video/watch/?id=6923331n 
………………………………………………………………………………………………
■メアリーが写真集を出版、写真展も開催
メアリー・マッカートニーの初めての写真集『From Where I Stand』が、イギリ
スで10月11日、アメリカで11月1日に発売されます。写真家として活動し
てきたメアリーのキャリアを総括するような作品集で、ポール&リンダやステラ・
マッカートニーのポートレイトも含まれているということです。
http://www.amazon.co.uk/exec/obidos/ASIN/0500543925/ 
http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/0810996545/ 
この写真集の出版を記念したメアリーの写真展が、ロンドンのナショナル・ポー
トレイト・ギャラリーとマイケル・ホッペン・ギャラリーで開催されます。
http://www.npg.org.uk/whatson/display/photograph-of-the-month.php 
http://www.michaelhoppengallery.com/exhibition,upcoming,1,0,0,0,98,0,0,0,mary_mccartney.html 
………………………………………………………………………………………………
■ブライアン・エプスタインの功績をたたえた銘板が設置
1963年から66年までNEMSエンタープライズとビートルズ・オフィシャ
ル・ファン・クラブの事務所が置かれていたロンドンのモンマス・ストリートに
ある建物に、ブライアン・エプスタインの功績をたたえた銘板が設置されました。
http://www.yorkshireeveningpost.co.uk/news/The-Beatles-Cilla-Black-honours.6554184.jp

続きはウェブで!
http://homepage2.nifty.com/beatopia


>> ◎リリース情報

*税込価格は発売元の記載に従っています。

<Coming Soon>
■ジョン・レノン
アルバム『ジョンの魂(JOHN LENNON / PLASTIC ONO BAND)』
10月6日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70900、税込2,500円
■ジョン・レノン
アルバム『イマジン(IMAGINE)』
10月6日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70901、税込2,500円
■ジョン・レノン&ヨーコ・オノ
アルバム『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ(SOMETIME IN NEW YORK CITY)』
10月6日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70902〜3、税込2,500円
■ジョン・レノン
アルバム『マインド・ゲームス(ヌートピア宣言)(MIND GAMES)』
10月6日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70904、税込2,500円
■ジョン・レノン
アルバム『心の壁、愛の橋(WALLS AND BRIDGES)』
10月6日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70905、税込2,500円
■ジョン・レノン
アルバム『ロックン・ロール(ROCK'N'ROLL)』
10月6日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70906、税込2,500円
■ジョン・レノン&ヨーコ・オノ
アルバム『ダブル・ファンタジー(DOUBLE FANTASY)』
10月6日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70907、税込2,500円
■ジョン・レノン&ヨーコ・オノ
アルバム『ミルク・アンド・ハニー(MILK AND HONEY)』
10月6日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70908、税込2,500円
ジョン・レノンのオリジナル・アルバムがすべて最新リマスターにより新装発売
されます。各盤ボーナス・トラックはなし。『サムタイム・イン・ニューヨーク・
シティ』はオリジナルどおりの2枚組。それぞれデジスリーブ・パッケージとなっ
て(プラケースではなく)、『心の壁、愛の橋』は3分割ジャケットを上から見
た面が印刷されている形になっています。
………………………………………………………………………………………………
■ジョン・レノン
アルバム『ジョン・レノンBOX(LENNON Signature Box)』
10月6日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70911〜9、税込19,800円
オリジナル・アルバムのリマスター盤全8作のほか、ボーナス・ディスク2枚が
収められています。1枚は「シングルス」(「平和を我等に」などシングル盤の
みで発売された6曲)、もう1枚は「ホーム・テープス」(スタジオ・アウトテ
イクや自宅録音の13曲)で未発表の「ワン・オブ・ザ・ボーイズ」「インディ
ア、インディア」も収録。また、ブックレットのほかに、ヨーコ、ジュリアン、
ショーンがジョンについてしたためたエッセイ、ジョンの線画作品(a family 
tree)が付いています。
………………………………………………………………………………………………
■ジョン・レノン
アルバム『ザ・ヒッツ〜パワー・トゥ・ザ・ピープル(POWER TO THE PEOPLE -
THE HITS)』
10月6日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70909、税込2,500円
デラックス・エディション:TOCP-709010、税込2,500円
リマスター盤発売にあたって新たに編集されたベスト盤。「パワー・トゥ・ザ・
ピープル」「真実が欲しい」「夢の夢」など全15曲を収録。
デラックス・エディションはCDのほか、全収録曲のビデオ・クリップを収めた
DVD付き。
………………………………………………………………………………………………
■ジョン・レノン&ヨーコ・オノ
アルバム『ダブル・ファンタジー/ストリップド・ダウン(DOUBLE FANTASY - 
Streipped Down)』
10月6日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-70907、税込3,600円
『ダブル・ファンタジー』の全曲がボーカルを押し出したミックスで収録された
バージョンと、オリジナル盤をあわせた2枚組。ほかのリミックスとは違う衝撃
があります。ジャケット(表裏とも)はオリジナル盤のジョンとヨーコの写真を
イラスト化したもので、絵はショーン・レノンが手がけています。期間限定生産。
http://www.emimusic.jp/st/johnlennon/ 
………………………………………………………………………………………………
■リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド
アルバム『ライヴ・アット・ザ・グリーク・シアター2008(LIVE AT THE 
GREEK THEATRE 2008)』
10月6日発売 ユニバーサル UICY-1490、税込2,800円
リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド(第10期)が2008年8月
2日にロサンゼルスのグリーク・シアターで行なった公演を収録したライブ盤。
日本盤が出ます。メンバーはコリン・ヘイ、エドガー・ウィンター、ヘイミッシュ・
スチュアート、ビリー・スクワイア、ゲイリー・ライト、グレッグ・ビソネット
で、各メンバーの曲も演奏しています。「消えた恋」「ネヴァー・ウィズアウト・
ユー」「思い出のフォトグラフ」「オー・マイ・マイ」「ウィズ・ア・リトル・
ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」「平和を我等に」など全16トラック。
………………………………………………………………………………………………
■リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド
DVD『ライヴ・アット・ザ・グリーク・シアター2008(LIVE AT THE GREEK 
THEATRE 2008)』
10月6日発売 ユニバーサル UIBY-1067、税込4,800円
上記と同じ公演を収録したDVD。アルバムに未収録の「想い出のリヴァプール」
「チューズ・ラヴ」などが加わり、27トラック分の映像を観ることができます。
………………………………………………………………………………………………
■オリジナル・サウンドトラック
アルバム『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ(NOWHERE BOY)』
10月6日発売 ソニー SICP-2799、税抜2,400円 税込2,520円
ジョン・レノンの青春時代をドラマ化した映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっ
ちのあいつ』のサントラ。主に母や伯母との関係を描いた物語にあわせて、ジョ
ン・レノン「マザー」の『ジョン・レノン・アンソロジー』収録バージョンが主
題歌として使われています。このほかには、劇中バンドによる「ザットル・ビー・
ザ・デイ」や「イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デインジャー」、エディ・
コクランの「トゥエンティ・フライト・ロック」など、全18曲。
イギリスでは2009年12月14日に発売されていましたが、映画の日本公開
(11月5日)を前に日本盤が出ます。
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ST/SoundTrackInt/


>> ◎テレビ情報

■映画『レインマン(RAIN MAN)』
10月7日(木)午前10時10分〜午後12時25分 WOWOW
(1988年アメリカ/監督バリー・レヴィンソン、主演ダスティン・ホフマン、
トム・クルーズ)
自閉症の兄と、親の遺産相続人である弟との心のふれあいを描くロード・ムービ
ー。兄がビートルズの「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」を歌う場面
があります。DVD発売中。
………………………………………………………………………………………………
■映画『メン・イン・ブラック(MEN IN BLACK)』
10月12日(火)午後5時30分〜7時10分 WOWOW
(1997年アメリカ/主演トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス)
スピルバーグ製作総指揮によるSFコメディ。CDに替わる未来のメディアが登
場し「またビートルズを買いなおさなきゃならん」というセリフが出てきます。
USBとは違うみたいです。DVD発売中。
http://www.wowow.co.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■『洋楽天国PREMIUM R45』
10月13日(水)午前0時〜0時30分 テレビ神奈川
洋楽情報番組でジョン・レノン特集が放送されます。「パワー・トゥ・ザ・ピー
プル」など7曲のクリップが予定されています。再放送が3回あります。
http://www.tvk-yokohama.com/tengoku/r45.html

*放送日は実際の日付(午前0時から新しい日付)を掲載しています。新聞や放
送局のサイト等でもご確認ください。証拠改ざんなどにより予告なく変更になる
ことがあります。


>> ◎ラジオ情報

■『JET STREAM』
10月5日(火)〜9日(土)午前0時〜0時55分 TOKYO-FM、JFN
TOKYO-FMやジャパンFMネットワークの各局で放送されている老舗番組。
「サウンド・グラフティ」のコーナーでジョン・レノン特集が今週5日間にわた
り放送されます。ソロの曲やビートルズ時代のジョンの曲が選ばれます。
http://www.tfm.co.jp/jetstream/ 
………………………………………………………………………………………………
■『小倉智昭のラジオサーキット』
10月9日(土)午後1時〜4時 ニッポン放送
小倉智昭さんのレギュラー番組。「オグラの小部屋」のコーナーでジョン・レノ
ンのリマスター盤が特集されます。
http://www.1242.com/ogura/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズ10』
毎週日曜 午前1時〜2時 ラジオ日本
毎週日曜 午前3時〜4時 東北放送
毎週日曜 午前10時〜11時 福井放送
毎週日曜 午後4時〜5時 北日本放送
毎週日曜 午後9時〜10時 秋田放送
毎週ビートルズ・ナンバーの投票トップ10を発表するビートルズ専門番組。こ
の10月で番組開始から7年目に入っています。
10月1週目と2週目は、ジョンの誕生日を記念して「ジョン・レノン10」が
放送されます(投票はすでに締切)。ジョンのソロ時代から、私たちの好きな曲
のランキングが決まります。前回は20位から11位までが発表されました。さ
すがビー10、「ラヴ(愛」や「マザー(母)」はラジオ向けシングル・エディッ
トでしたね。次回はいよいよトップ10が発表になります。
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/beatles10.php 
『ビートルズ10』のツイッターはこちら。
http://twitter.com/THE_BEATLES_10 
………………………………………………………………………………………………
■『THE BEATLE YEARS』
毎週月曜 午後11時〜12時 Inter-FM
ウェストウッド・ワン(『ロスト・レノン・テープス』を手がけた番組配給会社)
を通じて全米で放送されているビートルズ専門番組。日本ではインターFMが東
京地区独占で放送中です。ビートルズのコレクターでもあるというボブ・マリッ
クがDJで、ビートルズの逸話を語りつつ曲を聴いていきます。今週はエンジニ
アのジェフ・エメリックが語るレコーディングのお話でした。
http://www.interfm.co.jp/beatleyears/ 
話の内容が日本語で解説され、そのテキストがツイッターで流れます。
http://twitter.com/InterFM761_JP 
なお、インターFM、TOKYO-FM、ニッポン放送は放送エリアに準じた地
域でパソコンでも聴くことができます。
http://radiko.jp/


>> ◎読みもの

*税込価格は発行元の記載に従っています。

<Coming Soon>
■文藝別冊『ジョン・レノン その生と死と音楽と』
10月5日発売 河出書房新社 本体1,143円 税込1,200円
フロム・ビー編集により、文藝別冊・KAWADE夢ムックでジョン・レノン総
特集が新たに出ます。
巻頭には、1973年のジョン・レノン・ロング・インタビュー(イギリスの音
楽誌『メロディ・メイカー』より)を日本で初公開。オノ・ヨーコと別居したば
かりの頃のジョンの本音が語られ、元ビートルズのメンバーとの関係も含め、驚
くほど率直に胸の内を明かしています。愛と平和のアイコンではなく、一人の人
間として、一人のミュージシャンとして生きようとしていたジョン・レノンの姿
が浮かび上がってくる内容です。

銅版画家の山本容子さん、写真家のエドワード・レビンソンさんにそれぞれジョ
ンに関する作品と、そこに込められた思いを寄せていただきました。土屋昌巳さ
んと井上貴子さん(大東文化大学教授)の対談のほか、インタビューで園芸家の
柳生真吾さんに語っていただいています。音楽作品についてはサエキけんぞうさ
ん、安田謙一さん、黒沢秀樹さんなどに執筆していただきました。
世界が涙に濡れたジョン・レノン最後の一日、そして受け継がれるジョンの魂の
ドキュメントは10年前のテキストから加筆修正し、バミューダで過ごしたジョ
ン最後の夏の項を加えました。写真も一新して新たな誌面となっています。
さまざまな視点から、ジョンの40年の人生とそこから生まれた音楽を問う一冊
です。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309977393 
………………………………………………………………………………………………
<Review>
■『大人のロック!』24号(2010年秋)
9月1日発売 日経BP社 本体838円 税込880円
『大人のロック!』秋号の表紙はジョン・レノンです。特集「ジョン・レノン神
話」で、ビートルズ時代からソロ活動まで数々の神話を検証しています。
ビートルズ特集の新連載としてアルバム研究が開始。第1回はやはりファースト・
アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』です。星加ルミ子さん、清水仁さん(元
バッド・ボーイズ、元オフコース、ABCほか)、杵屋裕光さん(長唄三味線、
ロック三味線演奏家)がこのアルバムについて語り、ほかに基本データからカバ
ー・バージョンまで、最新情報をふまえてさまざまな角度からあらためて魅力を
探っています。
巻頭ニュースはビートルズの『赤盤』『青盤』リマスターと、映画『ノーウェア
ボーイ ひとりぼっちのあいつ』。
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/rock/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ』
9月17日発売 河出書房新社 本体2,000円 税込2,100円
星加ルミ子さんの『ミュージック・ライフ』時代の仕事をまとめた評伝。もちろ
んジョン・レノンにまつわるエピソードもあちこちにあります。
今週は短い紹介にて。ご感想お待ちしております。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309272078 
前回の『ビートルズ10』でカンケさんとホンマさんにご紹介いただきました。
………………………………………………………………………………………………
■『週刊モーニング』
毎週木曜発売 講談社 本体305円 税込320円
「僕はビートルズ」が3月11日発売号(3月25日号)より連載中です。原作
者の藤井哲夫さんはこの作品でMANGA OPEN大賞(制限なしで募集しお
もしろい作品に与えられる新人賞)を受賞し、かわぐちかいじさんが漫画化して
います。ビートルズのコピー・バンド、ファブ・フォーが1961年にタイムス
リップしビートルズになりかわって未来の曲を発表するという物語です。先週9
月29日号には「僕はビートルズ」が巻頭カラー付きで掲載されています。
http://morningmanga.com/


>> ◎ウェブ

■ジョン・レノン公式サイト
http://www.johnlennon.com 
ジョン・レノン公式サイトがリニューアルされ、オノ・ヨーコさんが動画でメッ
セージを送っています。
John Lennon Universeというインタラクティブなページがまもなく立ちあがると
予告されています。
http://www.johnlennon.com/universe 
………………………………………………………………………………………………
■キメラ・ミュージック
http://www.chimeramusic.jp/ 
http://chimeramusic.com/ 
ショーン・レノンらが立ちあげたレーベル、キメラ・ミュージックのウェブサイ
ト(日本語版と英語版)。
1975年10月9日ニューヨーク州生まれのショーンは35歳になります。
………………………………………………………………………………………………
■EMIミュージック・ジャパン/I LOVE THE BEATLES
http://www.emimusic.jp/beatles/love_beatles/ 
EMIミュージック・ジャパンによる初心者向けビートルズ・サイト。「学校で
教わったザ・ビートルズの楽曲」の投稿が掲載されはじめました。投稿は10月
31日まで募集中です。
また、ツイッターで「ザ・ビートルズの名言」を1日ひと言つぶやく企画が9月
29日から始まりました。
http://twitter.com/emi_thebeatles/ 
………………………………………………………………………………………………
■CDジャーナル・ドット・コム/ジョン・レノン2010
http://www.cdjournal.com/main/cdjpush/john-lennon/2000000574 
CDジャーナルのウェブサイトでジョン・レノン特集が組まれています。最新リ
マスター盤がわかりやすく紹介されています。ハイライト曲の衝撃度付き。
また、映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』の招待券プレゼントも
(10月21日締切)。
………………………………………………………………………………………………
■ジョンレノンと黄色い花
http://d-fantasy.com/ 
ジョン・レノンが1980年のアルバムを『ダブル・ファンタジー』と命名する
インスピレーションのもととなった花、八重咲きのファンタジーを探す活動を続
けるファンタジスタのウェブサイト。文藝別冊『ジョン・レノン その生と死と
音楽と』とあわせてご覧ください。
最新情報はWhat's Newからリンクされているブログ「青いバミューダに黄色い花
を」でどうぞ。


>> ◎ライブ

<Coming Soon>
■THE TOKYO BEATLE CONVENTION 2010
毎年8月にリバプールで開催されている「ビートルズ・コンベンション」を東京
でも開催しようと、一昨年から始まったライブ・イベント「東京ビートルズ・コ
ンベンション」。今年は、ジョンの誕生日にオールナイトで開催されます。
今回はスペシャル・ゲストとして、ビートルズの日本公演(1966年)で前座
をつとめた尾藤イサオさんが出演します。来日公演秘話などのトークとライブが
予定されています。
ほかに、会場となる六本木のライブハウス、アビーロードに出演しているパロッ
ツ、テトラッズ、ビートピア、それにビートルズ・バンドで活躍している永沼忠
明さん、アスプレイズ、プラスティック小田バンド(ジョン・レノン・ソロ)、
ピース・オン・アース(ジョージ・ハリスン・ソロ)などさまざまなバンドが出
演します。午前1時からの「ハッピー・バースデイ・ジョン・セッション」では、
さまざまなパフィーマーがジョンの曲で登場します。
チケットはアビーロード店頭にて販売中(郵送の申込は締切を過ぎました)。
ライブのタイムテーブル(目安)はアビーロードのウェブサイトでご覧ください。
http://www.abbeyroad.ne.jp/info/tbc2010.htm

<THE TOKYO BEATLE CONVENTION 2010>
日時:10月9日(土)午後5時開場/5時40分開演(10日朝5時終了予定)
   *該当日は出入り自由
会場:アビーロード(六本木駅より徒歩3分)
料金:前売4,000円(1ドリンク付) 当日4,500円(1ドリンク付)
http://www.abbeyroad.ne.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■HAPPY BIRTHDAY!! JOHN!
六本木のキャヴァンでは、ジョン・レノンの誕生日から4回のジョン特集ライブ
が行なわれます。10月9日(土)は午後9時30分から、マブジョン(馬淵英
将さん)をフィーチャーしてビーテストが出演。11日(月)は7時30分から
で、リッキー(廣田龍人さん)をフィーチャーしたT’sワークス。16日は9
時30分から、安達満さんをフィーチャーしたシロクマ・カンパニー。そして、
20日(水)は9時30分から、小松陽介さんをフィーチャーしてウィズアウト
が出演します。
http://www.cavernclub.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■レボリューション-9
ビートルズ・リプロダクションバンド、レボリューション-9(マイナス・ナイ
ン)が初の大阪公演2デイズを行ないます。メンバーは、上田雅利さん(ドラム、
ボーカル)、伊豆田洋之さん(ベース、ピアノ)、杉原英樹さん(リード・ギタ
ー、ボーカル)、太田シノブさん(ギター、ベース、ボーカル)。おすすめ!
上田さんの公式サイトもご覧ください。
http://www.masatoshi-ueda.com/index.html

<リバイバル・ザ・青春ミュージック番外編ー今夜は、ビートルズナイト!ー>
10月13日(水)大阪フラミンゴ・ジ・アルーシャ 午後7時開演
10月14日(木)大阪フラミンゴ・ジ・アルーシャ 午後7時開演
料金:前売3,000円 当日3,500円(別途ドリンク・食事オーダー)
問合:フラミンゴ・ジ・アルーシャ Tel:06-6567-4949
http://www.flmg.jp/ 


>> ◎アート

■山本容子「オー・ヨーコ」「オー・ジョン」
銅版画家の山本容子さんがジョン・レノンへのオマージュとして制作した2部作
「oh Yoko(オー・ヨーコ)」「oh John(オー・ジョン)」が、ジョンの生誕70
年を記念して、公式サイト「山本容子美術館」のショップで販売が開始されまし
た。トップページからENTER→SHOP galerie double i grec(ギャルリ・ドゥブ
ル・イグレック)→「版画-ジョン・レノン」へとお進みください。
上記「読みもの」コーナーでご紹介した文藝別冊『ジョン・レノン その生と死
と音楽と』では白黒での掲載ですが、実際はカラーの作品です。
http://www.lucasmuseum.net/ 
………………………………………………………………………………………………
■ブラッド・エルターマン写真展「LIKE IT WAS YESTERDAY」
1974年から80年代にかけてロサンゼルスの音楽シーンを中心にライブやレ
コード・ジャケットなどを撮影していたカメラマン、ブラッド・エルターマン。
写真展が東京・新宿ゴールデン街の北欧バー、風の森(花園一番街)で開催され
ています。
10月2日(土)から31日(日)までの土日のみオープンします。土曜は午後
4時から12時まで。日曜は午後4時から10時30分まで。
ジョン・レノンとリンゴ・スター、ボブ・ディラン、マイケル・ジャクソンとテ
イタム・オニール、ジョーン・ジェット、ジーン・シモンズといったミュージシャ
ンの写真が展示されています。
エルターマンのブログに会場前の写真が載っています。
http://bradelterman.tumblr.com/


>> ◎イベント

<Coming Soon>
■ビートルズ・アンド・アップル・レコーズ・ナイト〜赤盤青盤 前夜祭〜
ベスト盤『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』(赤盤)と『ザ・ビートル
ズ1967年〜1970年』(青盤)のリマスター盤発売を記念したイベントが、
10月14日(木)に東京・赤坂ブリッツで開催されます。
ビートルズのプロモーション・ビデオなどのほか、再発を控えているアップル・
レコード関連の貴重な映像も公開されます。そのなかにはピーター・アッシャー
のインタビューもあるとのことで、どんなことを語っているのでしょうねっ。
EMIミュージック・ジャパンのビートルズ・サイトで、このイベントご招待の
応募を受け付けています。締切は10月7日(木)正午。
http://www.emimusic.jp/beatles/ 
ほかにも応募受付中の媒体があります。
CDジャーナルでは10月7日(木)締切。
http://www.cdjournal.com/main/news/the-beatles/34313 
J-WAVEでは10月8日(金)正午締切。
http://www.j-wave.co.jp/topics/1010_beatles.htm


いつもご愛読ありがとうございます。レノン・裏面バーズな投稿をお待ちしてお
ります。このメールに返信してください。ハンドル・ネームでの掲載をご希望の
方はその旨お書き添えを。

/♪/フロム編集部/♪/========================

●ジョンのリマスターボックス、届きました♪(山川)
●ああ、「ガール」が15年経って「ウーマン」になったんだ(『ダブル・ファ
ンタジー』ストリップ盤を聴いて)。(淡路)

====================================

▼購読について
このメールマガジンは
『メルマ!』:マガジン名「BEA-MAIL」  http://www.melma.com/ 
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」  http://www.mag2.com/ 
などの配信システムを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホーム
ページ上で簡単に行なうことができます。

ビーメールに関するご意見、ご提案、激励、ジョン・レノン・ミュージアム閉館
http://www.taisei.co.jp/museum/ 
情報等は下記でお待ちしております。件名とお名前を必ず書いてください。件名
のないメールは開かないことがあります。「びっくりしますよね」いえ、開けま
せん。
本誌やビートピアの記事を転載された場合、また、媒体でご紹介くださる場合も
ご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com ←@を半角英字に変えてください。

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)
2010年10月4日号(通巻第517号)
2000年4月28日創刊
発行元/フロム・ビー
編集/淡路和子
スタッフ/山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2010 FROM BEA
================================from BEA

草だけで生きる草なぎ君
http://www.tv-asahi.co.jp/pr/contents/20101005_12878.html
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。