音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2010/08/30]マドリン・ストリートを救え

2010/08/30

====================================

BEA-MAIL ビーメール 2010年8月30日号(第512号)

====================================

♪ビートリーな情報いっぱい♪
ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズらしい)暮らしを送るために
フロム・ビーがお届けしているメールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)です。
毎週月曜日(休日の場合は翌火曜)に無料で配信しています。
ビーメールはあなたのビートリー・ライフを応援します!

フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

〓〓☆今週のおすすめ☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◎リリース___aozorafantasii『FLIGHT』
◎テレビ____映画『アイ・アム・サム』
◎ラジオ____『THE BEATLE YEARS』
        『ビートルズ10』
◎読みもの___『大人のロック!』
        『週刊モーニング』
◎ウェブ____アップル・レコード公式サイト
        フィストフル・オブ・マーシー公式サイト
        EMIミュージック・ジャパン/ザ・ビートルズ&ジョン・レノンキャンペーン
◎ライブ____「伊豆田洋之、ポール・マッカートニーを歌うスペシャル」
        キース・エマーソン&グレッグ・レイク
        バッド・カンパニー
◎舞台_____「ロックンロール」
◎ミュージアム_埼玉県立近代美術館「スウィンギン・ロンドン50’s-60’s」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆タルカス君も復習『プログレッシブ・ロック入門』◆発売中◆河出書房新社◆
 ◇超絶テクによるハイ・テンションな演奏、計算づくのコンビネーション◇
◇          エマーソン・レイク&パーマー          ◇
 ◇ ピンク・フロイド イエス キング・クリムゾン ジェネシス 他 ◇
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309269672 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

> ◎ホット・ニュース

詳細はBEATOPIAの「ニュース」sをご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■ポールがクリントン元大統領の誕生日を祝福
ポール・マッカートニーは8月22日、アメリカのビル・クリントン元大統領の
64歳の誕生日を祝うパーティに出席しました。誕生日の当日にあたる8月19
日には、ポールが元大統領に祝福の電話をかけて「ホエン・アイム・シックスティ
ー・フォー」を歌ったといいます。
http://www.nypost.com/p/pagesix/happy_bubba_birthday_bash_hUJi8fYJ8ySgeEcuEMOVXI?CMP=OTC-rss&FEEDNAME= 
………………………………………………………………………………………………
■リンゴの生家の取り壊しの話が具体化
リバプールのマドリン・ストリート9番地にあるリンゴ・スターの生家の取り壊
しの話が具体化し、地元ではこれに反対するキャンペーンが始まっています。
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-merseyside-10999705 
地元のビートルズ・ガイドやジャーナリストなどを発起人とするキャンペーン
「セイブ・マドリン・ストリート」が8月25日に発足しました。
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-merseyside-11080856 
http://www.savemadrynstreet.co.uk/ 
………………………………………………………………………………………………
■アップル・レーベル作品のコンピレーション盤も発売へ
10月25日に再発売が予定されているアップル・レーベル作品について、代表
曲を中心としたコンピレーション・アルバム『COME AND GET IT : THE BEST OF 
APPLE RECORDS』も同時発売されることになりました。
http://www.applerecords.com/

続きはウェブで!
http://homepage2.nifty.com/beatopia


>> ◎リリース情報

*税込価格は発売元の記載に従っています。

<Review>
■aozorafantasii
アルバム『FLIGHT』
6月16日発売 443 records UXCL-2001、税込1,800円
中国生まれでアメリカ育ちの女性シンガー・ソングライター、aozorafantasii
(アオゾラファンタジー)のデビュー・アルバム。ビートルズの「アクロス・ザ・
ユニバース」をカバーしています。このカバーは三井不動産レジデンシャルのC
Mで今年6月から使われたものです。
http://www.myspace.com/aozorafantasii


>> ◎テレビ情報

■映画『アイ・アム・サム(I AM SAM)』
8月30日(月)午後10時〜午前0時13分 NHK-BShi
(2002年アメリカ/監督ジェシー・ネルソン、主演ショーン・ペン)
全編にビートルズ・ナンバーのカバーが使われた映画。ショーン・ペン演じるサ
ムの子どもの名前がルーシー(演じるのはダコタ・ファニング)で、ミシェル・
ファイファー演じる弁護士の名前がリタ・ハリスンと、ビートルズ関連の名前が
つけられているのをはじめ、物語のあちこちにビートルズがちりばめられていま
す。曲はエイミー・マン&マイケル・ペン(ショーン・ペンのお兄さん)による
「トゥ・オブ・アス」、ベン・ハーパーによる「ストロベリー・フィールズ・フォ
ーエバー」など。DVD発売中。
http://www.nhk.or.jp/bs/bshi.html

*放送日は実際の日付(午前0時から新しい日付)を掲載しています。新聞や放
送局のサイト等でもご確認ください。予告なく変更になることがあります。音楽
ギフトカードの使用期限は8月31日です。


>> ◎ラジオ情報

■『THE BEATLE YEARS』
毎週月曜 午後11時〜12時 Inter-FM
ウェストウッド・ワン(『ロスト・レノン・テープス』を手がけた番組配給会社)
を通じて全米で放送されているビートルズ専門番組。日本ではインターFMが東
京地区独占で放送中です。ビートルズのコレクターでもあるというボブ・マリッ
クがDJで、ビートルズの逸話を語りつつ曲を聴いていきます。5月から始まっ
たビートルズのレコーディング・キャリア・シリーズ(全16回)はいよいよ本
日30日で最後です。
http://www.interfm.co.jp/beatleyears/ 
話の内容が日本語で解説され、そのテキストが番組放送中にインターFMのツイッ
ターで流れます(#beatleyears)。
http://twitter.com/InterFM761_JP 
インターFMは放送エリアに準じた地域でパソコンでも聴くことができます。
http://radiko.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズ10』
毎週日曜 午前1時〜2時 ラジオ日本
毎週日曜 午前3時〜4時 東北放送
毎週日曜 午前10時〜11時 (再)月曜 午後7時〜8時 福井放送
毎週日曜 午後4時〜5時 北日本放送
毎週日曜 午後9時〜10時 秋田放送
毎週ビートルズ・ナンバーの投票トップ10を発表するビートルズ専門番組。
「邦題つけ放題」コーナー(邦題のないビートルズ・ナンバーに邦題をつけよう)
の募集中のお題は「ロング・トール・サリー」です。締切は8月31日(火)お
昼。なじみ深い「のっぽのサリー」を超える邦題に期待しています。
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/beatles10.php 
『ビートルズ10』のツイッターはこちら。
http://twitter.com/THE_BEATLES_10


>> ◎読みもの

*税込価格は発行元の記載に従っています。

<Coming Soon>
■『大人のロック!』24号(2010年秋)
9月1日発売 日経BP社 本体838円 税込880円
『大人のロック!』秋号の特集は「ジョン・レノン神話」。ビートルズ時代から
ソロ活動まで数々の神話を検証します。
そして、ビートルズ特集の新連載としてアルバム研究が始まります。第1回はや
はりファースト・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』です。星加ルミ子さん
(元『ミュージック・ライフ』編集長)、清水仁さん(元バッド・ボーイズ、元
オフコース、ABCほか)、杵屋裕光さん(長唄三味線、ロック三味線演奏家)
がこのアルバムについて語るほか、基本データからカバー・バージョンまで、最
新情報をふまえてさまざまな角度からあらためて魅力を探ります。
巻頭ニュースはビートルズの『赤盤』『青盤』リマスター(10月18日発売)
と、ジョン・レノンの青春時代をドラマ化した映画『ノーウェアボーイ ひとり
ぼっちのあいつ』(11月5日公開)。
連載「プレイヤー伝説」の第4回はボブ・ディランです。
表紙はジョン・レノン。
ポール・マッカートニーが表紙の夏号など、バックナンバーはこちらからどうぞ。
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/rock/ 
………………………………………………………………………………………………
■『週刊モーニング』
毎週木曜発売 講談社 本体305円 税込320円
「僕はビートルズ」が『週刊モーニング』で3月11日発売号(3月25日号)
より連載中です。ビートルズのコピー・バンド、ファブ・フォーが1961年に
タイムスリップしビートルズになりかわって未来の曲を発表するという物語。原
作者の藤井哲夫さんはこの作品でMANGA OPEN大賞(制限なしで募集し
おもしろい作品に与えられる新人賞)を受賞し、かわぐちかいじさんが漫画化し
ています。先週号でドラマーも見つかりました(が、どうなるのかなー)。
http://morningmanga.com/ 
「僕はビートルズ」単行本の第1巻も発売中。


>> ◎ウェブ

■アップル・レコード公式サイト
http://www.applerecords.com/ 
アップル・レコードのアルバム再発売のアナウンスを期に、公式ウェブサイトが
動きだしています。ニュースでお伝えした新しいコンピレーションの収録曲もこ
こに載っています。
また、アルバムのラインナップにラダ・クリシュナ・テンプルの『ラダ・クリシュ
ナ・テンプル』が追加されています。
9月2日はビリー・プレストンの誕生日(1946年テキサス州生まれ)。もち
ろんビリーのアルバム『神の掟』と『エンカレッジング・ワーズ』も含まれてい
ますよ。
………………………………………………………………………………………………
■フィストフル・オブ・マーシー公式サイト
http://fistfulofmercy.com/ 
ジョージの息子ダニー・ハリスンがベン・ハーパー、ジョセフ・アーサーととも
にフィストフル・オブ・マーシー(Fistful of Mercy)というトリオを結成しま
した。公式サイトが立ちあがり、ビデオ・クリップが公開されています。
………………………………………………………………………………………………
■EMIミュージック・ジャパン/ザ・ビートルズ&ジョン・レノンキャンペーン
https://shop.emimusic.jp/sp/beatles_johnlennon/ 
ビートルズの『赤盤』『青盤』のリマスターと、ジョン・レノン生誕70年にあ
たって、EMIミュージック・ジャパンがプレゼント・キャンペーンを実施して
います。期間は11月30日までの予定。


>> ◎ライブ

<Coming Soon>
■伊豆田洋之、ポール・マッカートニーを歌うスペシャル
だれよりもポール声の伊豆田洋之さんがポール・マッカートニーの曲だけを歌う
ライブが初めて開かれたのは2007年10月のこと。それ以後これまでライブ
ハウスやブリティッシュ・パブで開催されてきましたが、次回は初めてホールを
会場とした特別公演となります。
スペシャル・ゲストとして遊佐未森さんが出演します。メリー・ホプキンなイメ
ージの未森さんはきっとあの歌を歌ってくれます。
http://www.mimoriyusa.net/ 
ほかにゲストとして鈴木雄大さん、杉真理さん、松尾清憲さんが出演。
司会はこのライブのプロデューサー、サエキけんぞうさん。
チケットは発売中。
http://www.capital-village.co.jp/calendar/concert.cgi?AN=2010060304

「伊豆田洋之に歌ってほしいポール・マッカートニー曲」のリクエストをこちら
のフォームからどうぞ。
http://creatorof.dip.jp/emquete/emqueteDetail/14946/1/

<伊豆田洋之、ポール・マッカートニーを歌うスペシャル>
日時:9月30日(木)午後6時開場/6時30分開演
会場:きゅりあん 小ホール(大井町駅よりすぐ)
料金:前売5,500円 全席指定 (※当日券発売の際は6,000円)
http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/ 
………………………………………………………………………………………………
■キース・エマーソン&グレッグ・レイク
エマーソン・レイク&パーマーの元メンバーふたりが来日します。EL&Pや、
キース・エマーソンが結成したナイス、グレッグ・レイクが在籍したキング・ク
リムゾンの曲を新しいアレンジで披露します。グレッグは第7期リンゴ・スター
&オール・スター・バンド(2001年)のメンバーでもありました。
追加公演が決まりました。10月8日(金)、東京のC.C.LEMONホール
(元渋谷公会堂)です。追加公演のチケット一般発売は9月4日(土)から。
http://udo.co.jp/Artist/KeithEmersonGregLake/index.html 

<KEITH EMERSON & GREG LAKE>
10月4日(月)東京/渋谷C.C.LEMONホール 午後7時開演
10月5日(火)東京/渋谷C.C.LEMONホール 午後7時開演
10月7日(木)大阪/松下IMPホール       午後7時開演
10月8日(金)東京/渋谷C.C.LEMONホール 午後7時開演
………………………………………………………………………………………………
■バッド・カンパニー
バッド・カンパニーが35年ぶりに来日します。オリジナル・メンバーからポー
ル・ロジャース、ミック・ラルフス、サイモン・カークのほか、サポート・メン
バーとしてポール・ロジャース・バンドのリン・ソレンセン(ベース)と元ハー
トのハワード・リースが来日することが発表されました。また、前座としてポー
ル・ロジャースの息子スティーヴ・ロジャースが出演します。
ドラムのサイモン・カークはリンゴ・スター&オール・スター・バンドのメンバ
ーでもありました(第4期〜第6期の3回)。
チケットはいずれの公演も発売中。
名古屋公演のお問い合わせはCBCへ。
http://hicbc.com/event/01_concert/101020_.badcompany/index.htm 
ウドー音楽事務所のウェブサイトでは、1975年の初来日公演を検証するペー
ジが設けられています。
http://udo.co.jp/Artist/BadCompany/index.html

<BAD COMPANY>
10月18日(月)福岡/Zepp Fukuoka 午後7時開演
10月20日(水)名古屋/Zepp Nagoya 午後7時開演
10月21日(木)大阪/なんばHatch     午後7時開演
10月25日(月)東京/国際フォーラム ホールA 午後7時開演
10月26日(火)東京/国際フォーラム ホールA 午後7時開演


>> ◎舞台

<Review>
■ロックンロール
8月28日(土)東京/世田谷パブリックシアター
BEA-MAILで紹介されていた演劇『ロックンロール』(作トム・ストッパード/演
出・栗山民也/出演・市村正親ほか)を観てきました。
1968年の「プラハの春」弾圧から1989年の「ベルリンの壁崩壊」までの
イギリスとチェコスロバキアを舞台に、イギリス留学中にロックに触発されたチェ
コ人ヤンが自由を制限されるなかで生きる姿を描いたもの。実際のストーリー展
開に密接にからんでくるのは、実在のチェコのバンドであるプラスチック・ピー
プル・オブ・ザ・ユニバースやシド・バレットだけだが、ボブ・ディラン、ビー
チ・ボーイズ、ローリング・ストーンズ、ピンク・フロイド、ヴェルベット・ア
ンダーグラウンド、グレイトフル・デッド、U2といった時代を代表するロック
の代表曲が効果的に使われながら舞台は進行する。もちろん、ビートルズもジョ
ン・レノンもポール・マッカートニー(リンダも)も音楽や科白で登場。時代背
景やテーマは重いが、若者が手にしたロックという音楽の持つ力がじわじわと伝
わってきて、エンディングにビートルズが流れると一気にその重さが吹き飛ばさ
れる。久しぶりにずっしりとした演劇を堪能させてもらった。
(広田寛治)

<Coming Soon>
東京公演に続いて、大阪公演が9月4日(土)、5日(日)に森ノ宮ピロティホ
ールで行なわれます。チケットは発売中。
http://www.piloti-hall.jp/ 
広島公演が9月9日(木)、広島市文化交流会館で行なわれます。チケットは発
売中。
http://wwwz.tss-tv.co.jp/event_information/2010/0909


>> ◎ミュージアム

■スウィンギン・ロンドン 50’s-60’s
スウィンギング・ロンドンと呼ばれた華やかな時代の若者文化に焦点を当てた企
画展が、埼玉県立近代美術館で開催されています。副題は「ミニスカート・ロッ
ク・ベスパ 狂騒のポップカルチャー」。
ファッションや音楽を通じて当時のライフスタイルを検証するという企画です。
ジミー・ペイジが出品したギターや衣装、マリー・クヮントのドレス、モッズの
必須アイテムだったスクーター「ベスパ」などが展示されています。
また、関連映画を鑑賞する「スウィンギン・ロンドン」オン・スクリーンの第3
回として、9月5日(日)にドキュメンタリー『レッド・ツェッペリン 狂熱の
ライヴ』(1976年)が上映されます。監督はピーター・クリフトンと『ワン
ダーウォール』のジョー・マソット。

<スウィンギン・ロンドン 50’s-60’s>
会期:7月10日〜9月12日(日)
   *月曜日休館(海の日の7月19日は開館)
時間:午前10時〜午後5時30分(入場は5時まで)
会場:埼玉県立近代美術館 2階企画展示室(JR北浦和駅より徒歩3分)
料金:一般1,000円(団体800円)、大高生800円(団体640円)
*中学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方(付き添い1名)は無料
http://www.momas.jp/

埼玉県立近代美術館での会期中、ジョン・レノン・ミュージアム(さいたま市)
との相互割引があります。JLMの半券を持っていくと「スウィンギン・ロンド
ン」展が半額に、「スウィンギン・ロンドン」展の半券を持っていくとJLMが
団体料金になります。
ジョン・レノン・ミュージアムはこちら。
http://www.taisei.co.jp/museum/


━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●えつぜんこずえと歩いて巡る激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー!●
アビイ・ロードはもちろん、ロンドンの重要ビートルズ・スポットを効率よく
ご案内します。基本コースは3時間。マニアックなツアーもあります!
     ● http://scousehouse.net/beatles/guide_london.htm ● 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━


いつもご愛読ありがとうございます。なじみ部会投稿をお待ちしております。こ
のメールに返信してください。ハンドル・ネームでの掲載をご希望の方はその旨
お書き添えを。

/♪/フロム編集部/♪/========================

●ポールもリンゴもツアーを終えてようやく夏休みといったところでしょうか。
厳しい残暑が続いていますが、もうすぐ楽しい(かつ懐の痛い)リリース・ラッ
シュの季節がやって来ます。(山川)
●全国高校軟式野球選手権で我が母校が優勝しました。準決勝は延長18回の熱
闘、決勝はサヨナラ勝ち。おめでとう!硬式に比べて地味ですが、ちょっと注目
してやってください。(淡路)

====================================

▼購読について
このメールマガジンは
『メルマ!』:マガジン名「BEA-MAIL」  http://www.melma.com/ 
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」  http://www.mag2.com/ 
などの配信システムを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホーム
ページ上で簡単に行なうことができます。

ビーメールに関するご意見、ご提案等、激励、すさまじき馬力の「カノン」情報
http://mainichi.jp/enta/music/tsubo/news/20100430org00m200043000c.html 
は下記でお待ちしております。件名とお名前を必ず書いてください。件名のない
メールは開かないことがあります。「このアドレスにメッセージを送って良かっ
たですか?」スパムは良くありませんでした。
本誌やビートピアの記事を転載された場合、また、媒体でご紹介くださる場合も
ご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com ←@を半角英字に変えてください。

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)
2010年8月30日号(通巻第512号)
2000年4月28日創刊
発行元/フロム・ビー
編集/淡路和子
スタッフ/山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2010 FROM BEA
================================from BEA

8月31日やさいの日によせて。菜音キャンプ:
http://www.zion831.com/
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。