音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2010/06/07]ミッシェルだけでなくポールとスティーヴィーの共演も

2010/06/07

====================================

BEA-MAIL ビーメール 2010年6月7日号(第502号)

====================================

♪ビートリーな情報いっぱい♪
ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズらしい)暮らしを送るために
フロム・ビーがお届けしているメールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)です。
毎週月曜日(休日の場合は翌火曜)に無料で配信しています。
ビーメールはあなたのビートリー・ライフを応援します!

フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

〓〓☆今週のおすすめ☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◎テレビ____映画『ワンダー・ボーイズ』
        『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』
◎ラジオ____『THE BEATLE YEARS』
        『ビートルズ10』
        『鈴木ダイのデンリク3G』
◎読みもの___『大人のロック!』
        『週刊モーニング』
◎ウェブ____ホワイトハウス公式サイト
◎ライブ____ポール・マッカートニー・バースデー・ライブ
        ABC
        姫野達也
        上田雅利
◎アート____「TEENAGE KICKS展」
◎映画_____『ソウル・パワー』
◎イベント___松尾清憲+本秀康「チョコレート・ラヴ」発売記念イベント
        オアシス「フジロック・フェスティバル09」フル・ライヴ上映会

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

> ◎ホット・ニュース

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■ポールがホワイトハウスでオバマ大統領夫妻を前に演奏
ポール・マッカートニーの第3回ガーシュウィン賞受賞を記念した授賞式とトリ
ビュート・コンサートが6月2日、アメリカのホワイトハウスで開かれました。
ポールは大統領夫妻をはじめとする観客を前に「ゴット・トゥ・ゲット・ユー・
イントゥ・マイ・ライフ」「ミッシェル」「エリナー・リグビー」「レット・イッ
ト・ビー」「ヘイ・ジュード」を、また、第2回ガーシュウィン賞の受賞者でも
あるスティーヴィー・ワンダーとのデュエットで「エボニー・アンド・アイボリ
ー」を演奏しました。
………………………………………………………………………………………………
■ポールがピッツバーグ、トロントの公演を追加
ポール・マッカートニーの「アップ・アンド・カミング・ツアー」について、7
月から8月にかけての北米公演が次々と追加されています。トロント(8月8日)、
ピッツバーグ(8月18日)の2公演が追加発表されました。
http://www.paulmccartney.com/ 
………………………………………………………………………………………………
■リンゴ、オリヴィアなどがチェルシー・フラワー・ショーへ
5月24日にロンドンで開かれたチェルシー・フラワー・ショーのプレビューに、
リンゴ・スターとバーバラ・バック、オリヴィア・ハリスン、メアリー・マッカ
ートニーが出席しました。
http://uk.news.yahoo.com/1/20100525/img/pen-photo-8-chelsea-flower-7-3fe5ff4ffd1e.html 
………………………………………………………………………………………………
■スウェーデンの大学がジョージ・マーティンに名誉博士号を授与
ジョージ・マーティンは5月28日、スウェーデンのルンド大学芸術学部および
附属のマルメ音楽アカデミーより名誉博士号を贈られました。同大学のサイトで
は、新たに収録されたマーティンへのインタビュー映像も観ることができます。
http://www.lu.se/lund-university/about-lund-university/news 
………………………………………………………………………………………………
■ショーン、みずから音楽を担当した映画のプレミアへ
ショーン・レノンが音楽を担当したインディペンデント映画『ローゼンクランツ・
アンド・ギルデンスターン・アー・アンデッド』のプレミア上映が6月4日、ニュ
ーヨークのビレッジ・イースト・シネマで開かれ、ショーンも出席しました。
http://movies.broadwayworld.com/people/Sean_Lennon/ 
………………………………………………………………………………………………
■ハード・ロック・カフェがミート・フリー・マンデイに協力
ロンドンのハード・ロック・カフェがポール・マッカートニーの提唱するキャン
ペーン「ミート・フリー・マンデイ」に協力し、月曜にベジタリアン・メニュー
を提供することになりました。パーク・レインにある1号店では、6月7日から
毎週リンダ・マッカートニーのベジタリアン・バーガーなどが追加されます。
http://www.supportmfm.org/

続きはウェブで!リンクもね。
http://homepage2.nifty.com/beatopia


>> ◎テレビ情報

■映画『ワンダー・ボーイズ(WONDER BOYS)』
6月8日(火)午前1時44分〜3時45分 日本テレビ系
(2000年アメリカ/監督カーティス・ハンソン、主演マイケル・ダグラス)
かつては神童(ワンダー・ボーイ)と呼ばれたものの今は仕事も私生活もうまく
いっていない中年作家が、風変わりな学生を抱えてさらなる問題に巻き込まれる
コメディ。ジョン・レノンの「ウォッチング・ザ・ホイールズ」が使われていま
す。主題歌はボブ・ディランの「シングス・ハヴ・チェンジド」で、ほかにニー
ル・ヤングなどの曲も。サウンドトラック盤にも収録されています。
http://www.ntv.co.jp/eigatengoku/ 
………………………………………………………………………………………………
■『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』
毎週土曜 午後11時45分〜午前0時14分 NHK教育
再放送:火曜 午後4時30分〜4時59分 NHK-BS2
坂本龍一さんがあらゆる音楽を集大成した全集『スコラ』の映像編。5月29日
から「ドラムズ&ベース」のシリーズが始まっています(全4回)。ゲスト講師
に細野晴臣さん、高橋幸宏さん、ピーター・バラカンさん。
NHK-BS2での再放送のほか、6月9日午前(8日深夜)2時20分からN
HK総合で「ドラムズ&ベース」第1回と第2回が、12日(土)午前10時30
分からNHK教育で第2回が再放送されます。第2回ではイエロー・マジック・
オーケストラがビートルズの「ハロー・グッドバイ」をカバーしています。
http://www.nhk.or.jp/schola/

*放送日は実際の日付(午前0時から新しい日付)を掲載しています。新聞や放
送局のサイト等でもご確認ください。涙を浮かべて予告なく変更になることがあ
ります。


>> ◎ラジオ情報

■『THE BEATLE YEARS』
毎週月曜 午後11時〜12時 Inter-FM
ウェストウッド・ワン(『ロスト・レノン・テープス』を手がけた番組配給会社)
を通じて全米で放送されているビートルズ専門番組。日本ではインターFMが東
京地区独占で放送中です。ビートルズのコレクターでもあるというボブ・マリッ
クがDJで、ビートルズの逸話を語りつつ曲を聴いていきます。話の内容が日本
語で解説されます。先月からビートルズのレコーディング・キャリア・シリーズ
を放送中です。順番に行くと、本日7日は『ヘルプ!』の頃ですね。ビートルズ
のメンバー本人のインタビュー音声なども使われます。
http://www.interfm.co.jp/beatleyears/index.php?mode=mon&id=33 
インターFMは放送エリアに準じた地域でパソコンでも聴くことができます。
http://radiko.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズ10』
毎週日曜 午前1時〜2時 ラジオ日本
毎週日曜 午前3時〜4時 東北放送
毎週日曜 午前10時〜11時 (再)月曜 午後7時〜8時 福井放送
毎週日曜 午後4時〜5時 北日本放送
毎週日曜 午後9時〜10時 秋田放送
毎週ビートルズ・ナンバーの投票トップ10を発表するビートルズ専門番組。
次回6月2週目と3週目には、ポールの誕生日を祝って「ポール・マッカートニ
ー10」が放送されます(投票は先週で締切)。ポールのソロ作品やウイングス
時代の作品から、私たちが好きな曲のトップ20が発表されます。
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/beatles10.php 
『ビートルズ10』のツイッターが今月から始まりました。プロフィール欄にあ
る「現在地:Here, There and Everywhere」って、いいネ!
http://twitter.com/THE_BEATLES_10 
………………………………………………………………………………………………
■『鈴木ダイのデンリク3G』
6月13日(日)午後5時55分〜9時 ラジオ日本、岐阜放送
洋楽のみ約3時間の電リクの番組が4月から始まりました(不定期放送)。
『ビートルズ10』マスコットのピーター本間さんが準レギュラーとして、6時
台の「ゴージャス70s」という約15分のコーナーを担当しています。次回は
ポール・マッカートニーの誕生日の週ということでポールの2曲、「レッティン
グ・ゴー(ワインカラーの少女)」のシングル・バージョンと「心のラヴ・ソン
グ」のUSシングル・エディット・バージョンがかかります。どちらもCD化さ
れていないバージョンなので、ラジオ日本、ぎふチャンをお聴きになれる方はこ
の機会を逃さずに!
ほかに、カントリーのコーナーやオールディーズのコーナーもあります。
昔懐かしい電リクですが、電話と電子メールのデンということで、メールでもリ
クエストを受け付けています。電話番号とメールアドレスは番組サイトでご覧く
ださい。
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/denriku.php


>> ◎読みもの

*税込価格は発行元の記載に従っています。

<Review>
■『大人のロック!』23号(2010年夏)
6月1日発売 日経BP社 本体838円 税込880円
今回は、ポールが表紙ですね!
いつものように、写真が素晴らしいです!!
そのポールが、ストーンズに続いてEMIを離れてユニバーサル系列に移籍だそ
うですね。早く、ライブ盤ではなく新譜を出して欲しいと思っているのは、私一
人ではないはずですが・・・・・。 (練馬大根)
練馬大根さん、ありがとうございました。そうなんです、『大人のロック!』で
はこれまでビートルズが表紙になったことはありますが、ポール・マッカートニ
ー単独の表紙は初めてですね。新曲の発売を祈りながらお楽しみください。
第1特集「ビートルズ2010新たなる展開」の巻頭を「ポール・マッカートニ
ー21世紀のロック・ショー」が飾っています。ほかに、オーガスタの森川欣信
さんによるポールのハンブルク公演(2009年)レポート、リンゴ・スター&
ヒズ・オール・スター・バンド第11期ツアー、トラヴェリング・ウィルベリー
ズ豪華本など、最新の話題が盛りだくさんです。
連載「プレイヤー伝説」の第3回はキース・リチャーズです。
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/rock/ 
………………………………………………………………………………………………
■『週刊モーニング』
毎週木曜発売 講談社 本体305円 税込320円
「僕はビートルズ」が3月11日発売号(3月25日号)より連載中です。コピ
ー・バンドのファブ・フォーがビートルズの214曲目を作ろうとする物語。原
作者の藤井哲夫さんはこの作品でMANGA OPEN大賞(制限なしで募集し
おもしろい作品に与えられる新人賞)を受賞し、かわぐちかいじさんが漫画化し
ています。物語は1961年の吉祥寺にトリップ中で、早くも多重録音開始。
http://morningmanga.com


>> ◎ウェブ

■ホワイトハウス公式サイト
http://www.whitehouse.gov/photos-and-video/video/president-obama-honors-paul-mccartney 
6月2日、ガーシュウィン賞受賞を記念した授賞式とトリビュート・コンサート
についてニュースでもお伝えしましたが、オバマ大統領のスピーチおよび賞の授
与、ポールのスピーチの映像を観ることができます。
上記でうまく動画が観られない場合はこちらをご覧ください。
http://www.whitehouse.gov/videos/2010/June/060210_GershwinPrize.mp4


>> ◎ライブ

<Coming Soon>
■HAPPY BIRTHDAY! PAUL! ポール・マッカートニー特集
六本木のキャヴァンクラブでは、ポール・マッカートニーの誕生日前後に4回の
ポール特集ライブが行なわれます。
12日(土)はラフ&レディの出演で、特集ステージは午後9時50分からです。
16日(水)は伊豆田洋之さんをフィーチャーして1日まるごとポール特集。ホ
ーン・セクションも参加します。誕生日当日の18日(金)はパウロ鈴木さんを
フィーチャーして、特集ステージは午後9時50分から。21日(月)はリッキ
ー(廣田龍人)さんをフィーチャーしたT’sワークスの出演で、特集ステージ
は午後9時50分から。
http://www.cavernclub.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■ポール・マッカートニー・バースデー・イヴェント
六本木のアビーロードでは、6月14日(月)がポール・マッカートニー・バー
スデー・イベントです。3回のステージすべてがポール特集のライブとなります。
出演はファイアーグロウズで、先日解散を発表した彼らにとってアビーロードで
はこれが最後のライブとなるそうです。
また、パロッツが出演する誕生日当日の18日(金)は、イベントではありませ
んが、3回目のステージでポール特集が予定されています。
http://www.abbeyroad.ne.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■ABC
清水仁さんと松尾一彦さんと大間ジローさんのユニットABC。超満員だった六
本木キャヴァンクラブの出演に続き、東北ミニ・ツアーが発表されています。
オリジナル曲のほかビートルズ・ナンバーがたっぷり演奏されます。
松島の会場は限定60人なので、早めに予約を。
山形のパレスグランデールでは「ビートルズ・アコースティック・ナイト」と題
して、4日間にわたって開催されます。
ABCの公式サイトはこちらです。
http://www.abc-web.jp/

<ABC Special Live>
日時:6月26日(土)午後6時30分開場/7時開演
会場:宮城県松島/むとう屋
http://www.mutouya.jp/

<Beer Festa 2010 Beatles Acoustic Night>
日時:6月28日(月)〜7月1日(木)午後6時30分開場/7時開演
会場:山形/パレスグランデール
http://www.palace-net.co.jp/palace/index.html 
………………………………………………………………………………………………
■姫野達也
姫野達也さんが「Pappy Pep Pop 2010」と題したサマー・ライブを7月に開催し
ます(パピー=とうさん、ペップ=元気に、ポップ=はじける)。
今回はPLEASANT TIME(ここちよい時間)をテーマに、チューリップやオールウェ
イズ時代の曲、影響された洋楽のカバーも織り交ぜて演奏されます。
チケットはぴあ(Pコード:107-511)、ローソンチケット(Lコード:74329)、
会場STB139のウェブサイトで発売中。
姫野達也オフィシャル・サイトはこちらです。
http://www.tatsuyahimeno.com/

<姫野達也 Live/Pappy Pep Pop 2010>
日時:7月18日(日) *入替制2回公演
1stステージ 午後3時開場/4時開演
2ndステージ 午後6時30分開場/8時開演
料金:6,500円+オーダー別途
会場:STB139(六本木駅より徒歩3分)
http://stb139.co.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■SLV & REVOLUTION-9
チューリップのドラマー上田雅利さんが率いるバンドが今年も江ノ島でサンセッ
トライブを開催します。
今年はビートルズのバンド=REVOLUTION-9(日本のポール・マッカートニー伊豆
田洋之さんも参加)、ベンチャーズのバンド=SLV(Soft Landing Ventures)
が一堂に会します。ビートルズ・ナンバーとベンチャーズ・ナンバーを一晩で両
方楽しめる1日となるわけです。
SLVのゲストとして、千葉和臣さん(海援隊)と山口良一さんが出演します。
会場は、大きな窓一面に海、江の島や湘南海岸、富士山が一望できる絶景の天空
のホール・虎丸座です。リゾート気分でお出かけください。
チケットはローソン(Lコード:79659)または虎丸座のウェブサイトで発売中。
上田雅利オフィシャル・サイトはこちらです。
http://www.masatoshi-ueda.com/

<Island Breeze 2010 SLV & REVOLUTION-9 サンセットライヴ>
日時:8月21日(土)午後4時15分開場/5時開演
料金:前売5,500円 当日6,000円(ビュッフェスタイル軽食付)+ドリンク別
会場:江の島 虎丸座(小田急線/片瀬江ノ島駅より徒歩2分、江ノ電/江ノ島
駅より徒歩5分)
http://www.toramaru.net/


>> ◎アート

■ピート・マッキー「TEENAGE KICKS展」
数々のアルバム・ジャケットを手がけているイギリスのイラストレーター、ピー
ト・マッキーの音楽イラスト本『TEENAGE KICKS』の展覧会が日本を巡回してい
ます。ビートルズを題材にした作品もあります。
オリジナル描きおろしの作品が展示され、プリントが販売されます。
次の開催はポール・スミス金沢店で、6月12日(土)から7月4日(日)まで
です。
http://www.paulsmith.co.jp/news/news_2010_04_teenage_kicks.html 
翻訳をえつぜんこずえさんが担当しました。こちらは業界誌に掲載された記事:
http://www.transaction.co.uk/corpsite/home/whatsnew.asp


━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●えつぜんこずえと歩いて巡る激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー!●
アビイ・ロードはもちろん、ロンドンの重要ビートルズ・スポットを効率よく
ご案内します。基本コースは3時間。マニアックなツアーもあります!
     ● http://scousehouse.net/beatles/guide_london.htm ● 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━


>> ◎映画

<Coming Soon>
■ソウル・パワー(SOUL POWER)
6月12日(土)より公開
(2008年アメリカ/監督ジェフリー・レヴィ=ヒント)
1974年、ザイールのキンシャサで、モハメド・アリ対ジョージ・フォアマン
戦に先がけて開催されたブラック・ミュージックのコンサート「ザイール74」
を記録した映画。ステージだけでなく、開催に至る過程も織り込んだドキュメン
タリーです。
出演ミュージシャンはジェームス・ブラウン、B・B・キング、スピナーズ、ビ
ル・ウィザース、ミリアム・マケバ、ヒュー・マセケラ、シスター・スレッジ、
クルセイダーズほか。
ビートルズの『WHAT'S HAPPENING! The Beatles in the U.S.A.』(1964年
テレビ)やローリング・ストーンズの『ギミー・シェルター』(70年)で知ら
れるアルバート・メイスルズなどが撮影しています。
http://www.uplink.co.jp/soulpower/


>> ◎イベント

<Coming Soon>
■松尾清憲+本秀康「チョコレート・ラヴ」発売記念イベント
松尾清憲さんの音楽と本秀康さんの漫画/イラストによるCDブック『チョコレ
ート・ラヴ』(音楽出版社/CDジャーナルムック)の発売を記念したイベント
が6月11日(金)、東京の南青山マンダラで開催されます。
第1部は松尾さんと本さんが持ち寄ったアナログ・レコードの鑑賞会。第2部は
このCDブックにまつわるトーク、松尾さんと小泉信彦さんによるミニ・ライブ
です。
スペシャル・ゲストに杉真理さん。『CDジャーナル』編集長の藤本国彦さんも
出演します。
終演後には『チョコレート・ラヴ』および限定7インチ・シングル「何%チョコ
レート・ラヴ」の購入者と持参者を対象にしたサイン会も行なわれます。
開演は午後7時30分。料金は前売・当日とも3,000円(1ドリンク付)。
マンダラのウェブサイトから予約できます。
http://www.mandala.gr.jp/aoyama.html 
CDブック『チョコレート・ラヴ』についてはこちらをご覧ください。
http://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20100522 
………………………………………………………………………………………………
■オアシス「フジロック・フェスティバル09」フル・ライヴ上映会
事実上解散したオアシスの日本で最後のライブとなった2009年「フジロック・
フェスティバル」のライブ映像上映会が、招待制で6月17日(木)に開催され
ます。定番となっているビートルズのカバー「アイ・アム・ザ・ウォルラス」を
演奏しています。
会場は東京都内某所で、当選者のみに連絡されます。開演時間は午後7時。
6月9日ベスト・アルバム『タイム・フライズ…1994-2009』の初回生
産限定盤および通常盤(初回出荷分)を購入するとID番号が封入されるので、
オアシスの携帯サイトから番号を入力して応募という方法です。
その他、さまざまな媒体でご招待企画が実施されているので、ソニーのオアシス
公式サイトや音楽サイトなどをチェックしてみてください。フルのセットリスト
もこちらの5月21日付ニュースで公開されています。
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/Oasis/


いつもご愛読ありがとうございます。ユー安堵ミーな投稿をお待ちしております。
このメールに返信してください。ハンドル・ネームでの掲載をご希望の方はその
旨お書き添えを。

/♪/フロム編集部/♪/========================

●オバマ大統領の演説を素材にした英語教材がいろいろ出ていますが、ポールの
授賞式でのスピーチ映像を使ってリスニングにチャレンジしてみてはいかがでしょ
う。ホワイトハウスのサイトにはトランスクリプションも載っています。(山川)
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/remarks-president-presenting-library-congress-gershwin-prize-popular-song-sir-paul- 
(山川)
●夜の電車内で。酔っぱらったおじさんが隣の男子にちょっかいだして話しかけ
ていました。「君はなんだ、学生か」「それはなんだ、ゲームか」、男の子は困
り笑いしつつ律儀に応対。するとおじさん、しみじみと「世の中変わったなあ。
ビル・ゲイツがコンピュータ発明してから、変わったよ」。…んんん?その場で
つっこむわけにいかないので、居合わせた人みんなその日のブログかツイッター
に書いてるかも。おじさんは覚えてないだろうなあ。(淡路)

====================================

▼購読について
このメールマガジンは
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」  http://www.mag2.com/ 
『メルマ!』:マガジン名「BEA-MAIL」  http://www.melma.com/ 
などの配信システムを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホーム
ページ上で簡単に行なうことができます。

ビーメールに関するご意見、ご提案等、激励、派遣イマジンはNEWトラル情報
http://www.den-o-3.com/ 
は下記でお待ちしております。件名とお名前を必ず書いてください。件名のない
メールは開かないことがあります。「突然ですが本日、先に1000枚程用意し
ています。貴女が迷惑でなかったら貰って下さい。受取方法などは…」迷惑です。
本誌やビートピアの記事を転載された場合、また、媒体でご紹介くださる場合も
ご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com ←@を半角英字に変えてください。

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)
2010年6月7日号(通巻第502号)
2000年4月28日創刊
発行元/フロム・ビー
編集/淡路和子
スタッフ/山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2010 FROM BEA
================================from BEA

サラリーマン川柳ベスト10発表! 70歳 オラの村では…
http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。