音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2010/03/23]スパイシー・リフライド・ビーン・タコスと

2010/03/23

====================================

BEA-MAIL ビーメール 2010年3月23日号(第492号)

====================================

♪ビートリーな情報いっぱい♪
ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズらしい)暮らしを送るために
フロム・ビーがお届けしているメールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)です。
毎週月曜日(休日の場合は翌火曜)に無料で配信しています。
ビーメールはあなたのビートリー・ライフを応援します!

フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

〓〓☆今週のおすすめ☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◎リリース___ザ・フー『グレイテスト・ヒッツ&ライヴ』
        告井延隆『SGT. TSUGEI'S ONLY ONE CLUB BAND II』
        映画『パイレーツ・ロック』
◎テレビ____『洋楽ライブ伝説』
        『SONG TO SOUL 永遠の一曲』
◎ラジオ____『THE BEATLE YEARS』
        『ビートルズ10』
◎読みもの___『CROSSBEAT』
        『週刊モーニング』
        『地球の歩き方 ガイドブック ロンドン』
◎ウェブ____ステラ・マッカートニー公式サイト
◎ライブ____ヤング@ハート
        ピース・オン・アース
        マシュー・スウィート&スザンナ・ホフス
◎映画_____『ハード・デイズ・ナイト』
◎ミュージアム_ジョン・レノン・ミュージアム
◎ビ食_____スパイシー・リフライド・ビーン・タコスとメキシカン・コーン・ブレッド
        焼きしいたけにレモン

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  『ザ・ビートルズ全曲バイブル〜公式録音全213曲完全ガイド』  ■
□本書の特徴→ □イギリス公式発売盤、アメリカ独自編集盤のすべてをビート
リーな写真家が撮り下ろし □最新リマスターCD完全対応!
■大人のロック!編 フロム・ビー責任編集 絶賛発売中 発行:日経BP社■
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/rock/beatles-bible 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

> ◎ホット・ニュース

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■ポールがケータリング業界誌に登場、ベジタリアン料理も紹介
イギリスのケータリング業界誌『Stir it up』の3月号にポール・マッカートニ
ーが登場しています。表紙を飾ったポールは、インタビューで「ミート・フリー・
マンデイ」についてPRし、ベジタリアン料理のレシピも紹介しています。
http://stiritupmagazine.co.uk/ 
………………………………………………………………………………………………
■ヨーコのリミックス作品が再び全米クラブ・チャートに登場
オノ・ヨーコの「ギヴ・ミー・サムシング」のリミックスが、3月27日付『ビ
ルボード』誌クラブ・チャートで4位を記録しました。この曲は3月30日にダ
ウンロード配信によりシングル・リリースされます。
http://imaginepeace.com/archives/10441 
………………………………………………………………………………………………
■ステラが子ども服の新作コレクションを発表
ステラ・マッカートニーがアメリカのブランド、GAPと提携してデザインして
いる子ども服の新たなコレクションが、3月16日にロンドンのポーチェスター・
ホールで発表されました。新作は4月から販売開始と報じられています。
http://woman.excite.co.jp/News/entertainment/20100319/Hollywood_6659.html

続きはウェブで!レシピはビ食で。
http://homepage2.nifty.com/beatopia


>> ◎リリース情報

*税込価格は発売元の記載に従っています。

<Coming Soon>
■ザ・フー
アルバム『グレイテスト・ヒッツ&ライヴ(GREATEST HITS & MORE)』
3月24日発売 ユニバーサル UICY-1470〜1、税抜3,619円 税込3,800円
ザ・フーの新編集のオールタイム・ベストをディスク1に、ディスク2にライブ
のアンソロジーを収めた2枚組です。近年のレコーディングやライブはドラマー
のザック・スターキーがサポートしています。
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/who/index.html 
………………………………………………………………………………………………
■告井延隆
アルバム『SGT. TSUGEI'S ONLY ONE CLUB BAND II』
3月25日発売 TSCS-0012、税抜2,667円 税込2,800円
センチメンタル・シティ・ロマンスのリーダー、告井延隆さんがアコースティッ
ク・ギター1本でビートルズを奏でるアルバム、待望の第2弾が発売されます。
今度は「レディ・マドンナ」「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」など全18曲。
「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」なんてどうやって演奏しているのでしょうか。
オーバーダブなしの驚異のカバーに期待。
オフィシャル・ブログから通信販売のページへどうぞ。
http://n-tsugei.jugem.jp/ 
ペット・サウンズ・レコードで買うとピック付き。
http://www.petsounds.co.jp/ 
前作『SGT. TSUGEI'S ONLY ONE CLUB BAND』はCDで発売されているほかiTunes
で配信中です。おすすめ!
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?
id=327196011&s=143462
………………………………………………………………………………………………
■フィリップ・シーモア・ホフマン、ビル・ナイ
映画『パイレーツ・ロック(THE BOAT THAT ROCKED)』
3月25日発売 ジェネオン・ユニバーサル GNBF-1915、税抜3,800円 
税込3,990円
実在した海賊ラジオ放送局を描いた映画(2009年イギリス、ドイツ/監督リ
チャード・カーティス)がDVDで発売されます。イギリスにまだ民放ラジオ局
がなく、BBCがポップ・ミュージックを流すのはわずかの時間だった1966
年、24時間ロックを発信しようと北海に船を浮かべて海賊ラジオ局が立ちあが
ります。ローリング・ストーンズ、ザ・フー、キンクス、クリーム、ビーチ・ボ
ーイズなど、60年代の名曲が使われています。
DVD特典として、未公開シーンが収録されます。。
http://www.geneonuniversal.jp/movie/sp/pirates-rock/ 
ビートルズは海賊放送局を応援していました。67年、ラジオ・ロンドンが閉鎖
に追い込まれたときは、リンゴがビートルズを代表してメッセージを録音し、最
後の日に放送されました。


>> ◎テレビ情報

■『洋楽ライブ伝説』
3月24日(水)午前0時50分〜2時 WOWOW
ロニー・ウッドのライブが放送されます。ソロ・アルバム『ノット・フォー・ビ
ギナーズ』を発表したロニーが、2001年12月11日に行なったロンドン公
演です。ジョージ・ハリスンと共作した「ファー・イースト・マン」、ジョン・
レノンのカバー「ジェラス・ガイ」などを演奏しています。
http://www.wowow.co.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■『SONG TO SOUL 永遠の一曲』
3月24日(水)午後11時〜11時54分 BS-TBS
多くの人の心に残る名曲をとりあげ、曲のルーツや成り立ちを追う音楽ドキュメ
ンタリー。先週初放送されたジェイムス・テイラーの「きみの友達」が再放送さ
れます。ジェイムス本人と、この曲の作曲者であり自身もレコーディングしてい
るキャロル・キング、プロデューサーのピーター・アッシャー、ギタリストのダ
ニー・コーチマーなどが出演。BS-TBSを見られる方はぜひ。
http://w3.bs-tbs.co.jp/songtosoul/ 
ビー(Bea)とうさん、情報ありがとうございました。
来週はキャロル・キングの曲ですね。

*放送日は実際の日付(午前0時から新しい日付)を掲載しています。新聞や放
送局のサイト等でもご確認ください。急にお泊まりして予告なく変更になること
があります。


>> ◎ラジオ情報

■『THE BEATLE YEARS』
毎週土曜 午後3時〜4時 Inter-FM
ウェストウッド・ワン(『ロスト・レノン・テープス』を手がけた番組配給会社)
を通じて全米で放送されているビートルズ専門番組が、日本のインターFMで放
送中。ビートルズのコレクターでもあるというボブ・マリックがDJで、ビート
ルズの逸話を語りつつ曲を聴いていきます。
最初と最後に日本語で番組の説明が入るだけで、内容はすべて英語です。
http://www.interfm.co.jp/beatleyears/index.php?mode=sat 
インターFMは放送エリアに準じた地域でパソコンでも聴取できるようになりま
した。
http://radiko.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズ10』
毎週日曜 午前1時〜2時 ラジオ日本
毎週日曜 午前10時〜11時 福井放送
毎週日曜 午後4時〜5時 北日本放送
毎週日曜 午後8時〜9時 西日本放送
毎週日曜 午後9時〜10時 秋田放送
毎週土曜 午後8時〜9時 熊本放送
毎週ビートルズ・ナンバーの投票トップ10を発表するビートルズ専門番組。
岐阜放送で聴いていたみなさん、2月で放送終了となってしまいましたが、投票
だけでも続けてみてはいかがでしょうか〜。過去のランキングは番組サイトで公
開されていますよ。
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/beatles10.php


>> ◎読みもの

<Review>
■『CROSSBEAT』5月号
3月18日発売 シンコーミュージック 本体667円 税込700円
『クロスビート』最新号の特集は「60年代ロック・シーン総括」。表紙やピン
ナップをはじめ、ビートルズがあちこちに出てきます。特別付録の「ビートルズ・
ファイル」(本誌綴込)には、60年代の『ミュージック・ライフ』に載ったビ
ートルズの記事や広告を16ページにわたって抜粋。とくにテーマはないみたい
ですが、こうしてシンコーミュージックの本に『ミュージック・ライフ』の貴重
なお宝が再収録されるのはいいですね。
さらに別冊付録(小冊子)「60年代ロック スペシャル・ブック」には、ビー
トルズ、ローリング・ストーンズなどの60年代のインタビュー記事や、ピート・
タウンゼンドやボブ・ディランなどが60年代について語った記事が収められて
います。ビートルズの記事は65年8月、最初のシェイ・スタジアム公演の前に
ニューヨークでジョー宮崎さんがインタビューしたもので、同年の『ミュージッ
ク・ライフ』10月号に掲載されたものです(扉の写真が66年なので混同され
ているようですが、書かれている内容は65年です)。
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2132291005 
………………………………………………………………………………………………
■『週刊モーニング』
毎週木曜発売 講談社 本体305円 税込320円
3月11日発売号(3月25日号)より「僕はビートルズ」の連載が始まってい
ます。4人組コピー・バンドのファブ・フォーがリバプールで開催されるビート
ルズ・コンベンション出場をめざし、ビートルズの214曲目を作ろうとする物
語。第1回の続き第2回(先週18日発売号)も巻頭カラーで掲載されました。
http://morningmanga.com/ 
………………………………………………………………………………………………
■『地球の歩き方 ガイドブック ロンドン』
2月発売 ダイアモンド社 本体1,600円 税込1,680円
『地球の歩き方』のロンドン編2010〜2011年版が発売されています。
↓こんな表紙です。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=978-4-478-05809-1


━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●えつぜんこずえと歩いて巡る激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー!●
アビイ・ロードはもちろん、ロンドンの重要ビートルズ・スポットを効率よく
ご案内します。基本コースは3時間。マニアックなツアーもあります!
     ● http://scousehouse.net/beatles/guide_london.htm ● 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━


>> ◎ウェブ

■ステラ・マッカートニー公式サイト
http://www.stellamccartney.com/int/en/collections/winter%2D2010/ 
先週のニュースでもお伝えしたように、パリ・コレクションで3月8日にステラ・
マッカートニーのショーが行なわれました。父ポールが最前列で観覧しままし、
ステラのお姉さんメアリーもいたようですね。ショーの映像は公式サイトで公開
されています。


>> ◎ライブ

<Coming Soon>
■ヤング@ハート
アメリカのマサチューセッツ州で1982年に結成された平均年齢80歳のコー
ラス隊、ヤング@ハートが初めて来日。3月18日から公演が始まりました。
ヤング@ハートのメンバーが「せっかく日本に行くんだから、ニッポンのバリバ
リのロック・ナンバーを歌いたい」と希望し、リクエスト曲を募集していました。
初日の川崎公演では、リクエスト2位の「リンダリンダ」と1位の「雨上がりの
夜空に」を歌ったそうですよ。
チケット情報はこちらで。
http://eplus.jp/sys/web/s/yahj/index.html

<これから開催される公演>
3月25日(木)愛知県芸術劇場 大ホール      午後7時開演
3月27日(土)東京/Bunkamura オーチャードホール 午後5時開演
3月28日(日)東京/Bunkamura オーチャードホール 午後2時開演
料金:S席8,400円 A席7,350円
………………………………………………………………………………………………
■ピース・オン・アース
なりきりジョージ・ハリスン、シェイク木本さん率いるビース・オン・アースが
3月27日(土)に新宿のレノンハウスに出演します。午後7時30分開場、ラ
イブは8時からと9時から。
http://lennonhouse.com/ 
………………………………………………………………………………………………
■マシュー・スウィート&スザンナ・ホフス(Sid'N'Susie)
マシュー・スウィートと元バングルズのスザンナ・ホフスがデュオで来日します。
この二人がシド&スージーの名前で発表したアルバム『アンダー・ザ・カヴァー
ズ』(1と2)では、ビートルズ「アンド・ユア・バード・キャン・シング」、
ボブ・ディラン「イッツ・オール・オーヴァー・ナウ、ベイビー・ブルー」、ニ
ール・ヤング「シナモン・ガール」、ママス・アンド・パパス「マンデー・マン
デー」、ザ・フー「キッズ・アー・オールライト」、トッド・ラングレン「ハロ
ー・イッツ・ミー」、ジョン・レノン「真実が欲しい」、ジョージ・ハリスン
「ビウェア・オブ・ダークネス」などをとりあげていました。このアルバム収録
曲と、それぞれの代表曲が演奏されることになっています。
日程は、ビルボードライブ大阪で4月1日(木)、ビルボードライブ東京で4月
2日(金)と3日(土)。各日2回公演です。
予約受付中。プレイガイドではサービスエリアの自由席のみの取り扱いです。
大阪と東京で料金が異なります。ビルボードライブのサイトでご覧ください。残
席状況も確認できます。
http://www.billboard-live.com/


>> ◎映画

■ハード・デイズ・ナイト(A HARD DAY'S NIGHT)
2月20日より期間限定再上映中
(1964年イギリス/監督リチャード・レスター、主演ビートルズ)
ビートルズ初主演映画のニュープリント版(2000年)。東京に続いて先週土
曜から福岡で再上映が始まっています。上映は1日2回で、午後6時30分と8
時15分から。

<福岡>
期間:3月20日〜4月2日(金)
劇場:中洲大洋映画劇場
料金:一般1,500円 学生・シニア・小人1,000円
水曜日はレディースデーで、女性は1,000円で観られます。
劇場のウェブサイトに、通常料金から200円引きになるチケットがあります。
http://www.nakasu-taiyo.co.jp/


>> ◎ミュージアム

■ニューヨーク・シティ再展示
ジョン・レノン・ミュージアムからロックの殿堂(ロックンロール・ホール・オ
ブ・フェイム)別館(今年1月閉館)に貸し出されていた展示品が戻ってきて、
ふたたび展示されています。ニューヨーク・シティTシャツ、ギブソン・レスポ
ール・ジュニア、アーミー・ジャケット、エルヴィス・プレスリー・ブローチの
4点です。ジョン・レノン・ミュージアムも今年9月で閉館となることが発表さ
れていますから、お見逃しなきよう。
また、4月7日から新しい特別展が始まることが告知されています。
………………………………………………………………………………………………
■リピーター優待価格
同ミュージアムでは、リピーター優待価格が導入されています。入場券の半券を
持参すると、同伴者も含め、高校生以上は200円引き、小中学生は100円引
き(団体割引と同じ)になります。招待券の半券は使えません。

<ジョン・レノン・ミュージアム>
さいたまスーパーアリーナ内4階〜5階
(JRさいたま新都心駅より徒歩3分、JR北与野駅より徒歩6分)
開館時間:午前11時〜午後6時
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は開館、翌水曜が休館)、年末年始
入場料:大人1,500円、大学・高校生1,000円、中学・小学生500円
団体割引(20人以上)、障害者割引:
大人1,300円、大学・高校生800円、中学・小学生400円
http://www.taisei.co.jp/museum/


>> ◎ビ食のすすめ

■リンダ・マッカートニー・フーズ
http://www.lindamccartneyfoods.co.uk/mfmrecipes.php 
本日のニュースでお伝えした『Stir it up』誌でポールが紹介しているスパイシ
ー・リフライド・ビーン・タコスとメキシカン・コーン・ブレッドは、リンダ・
マッカートニーが考案したベジタリアン料理のひとつです。リンダ・マッカート
ニー・フーズのウェブサイトにも「ミート・フリー・マンデイのレシピ」として
紹介されています。
ポールのツアーでもこういったゴハンが出るのでしょうね。
………………………………………………………………………………………………
■Voice From Earth Mother
http://www.t-shizuka.com/ 
エッセイストで菜食文化研究家の鶴田静さんのホームページが更新されています。
「土の食卓」のページで、早春のベジ・アイルのようすが紹介されています。焼
きしいたけにレモンかユズをきゅっとしぼって、シンプルなのが究極のおいしさ
ですね。
また、2月25日に創刊された分冊百科『野菜づくり花づくり』で、鶴田さんと
エドワード・レビンソンさんご夫妻のエッセイと写真が毎号巻頭を飾っています。
ニュース(now+here)のページをご参照ください。


いつもご愛読ありがとうございます。無頼テストな投稿をお待ちしております。
このメールに返信してください。ハンドル・ネームでの掲載をご希望の方はその
旨お書き添えを。

/♪/フロム編集部/♪/========================

●卒業・卒園のみなさん、おめでとうございます。(山川)
●『祝女』(NHK総合)のシーズン1が3月いっぱいで終わりますが、1って
ことは2があるってことで期待してます。いろいろあるエピソードのなかでも、
「午後11時の女」と「MURMUR LIVE」が好きです。(淡路)
http://www.nhk.or.jp/shukujo/

====================================

▼購読について
このメールマガジンは
『メルマ!』:マガジン名「BEA-MAIL」  http://www.melma.com/ 
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」  http://www.mag2.com/ 
などの配信システムを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホーム
ページ上で簡単に行なうことができます。

ビーメールに関するご意見、ご提案、投稿等、激励、Mi-Gu「Maggot Brain」情報
http://www.youtube.com/watch?v=zUDMact9myQ&feature=related 
は下記でお待ちしております。件名とお名前を必ず書いてください。件名のない
メールは開かないことがあります。カプライトさん、別れのあいさつは「今まで、
本当にありがとうございました」以外の件名でいただけるとありがたいです。
本誌やビートピアの記事を転載された場合、また、媒体でご紹介くださる場合も
ご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com ←@を半角英字に変えてください。

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)
2010年3月23日号(通巻第492号)
2000年4月28日創刊
発行元/フロム・ビー
編集/淡路和子
スタッフ/山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2010 FROM BEA
================================from BEA

エルトン・ジョンのキリスト発言
http://www.barks.jp/news/?id=1000058561
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。