音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2010/02/22]FABなスタジオNOT FOR SALE

2010/02/22

====================================

BEA-MAIL ビーメール 2010年2月22日号(第488号)

====================================

♪ビートリーな情報いっぱい♪
ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズらしい)暮らしを送るために
フロム・ビーがお届けしているメールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)です。
毎週月曜日(休日の場合は翌火曜)に無料で配信しています。
ビーメールはあなたのビートリー・ライフを応援します!

フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

〓〓☆今週のおすすめ☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◎リリース___エルトン・ジョン『グレイテスト・ヒッツ2』
        『ヒア・アンド・ゼア』『ジャンプ・アップ』
        映画『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』
◎テレビ____映画『フロスト×ニクソン』
        映画『ザ・ロック』
◎ラジオ____『THE BEATLE YEARS』
        『ビートルズ10』
◎読みもの___『ザ・ビートルズ全曲バイブル』
        『ロック大図鑑 UK3大バンドのすべて』
◎ウェブ____ジョージ・ハリスン公式サイト
        グレッチギターコレクション
        アビイ・ロード・オンライン・マスタリング
        Figure Skaters Online/JEREMY ABBOTT
◎ライブ____HAPPY BIRTHDAY GEORGE HARRISON
        リボルバー
        鈴木大介「ギターで奏でる映画とビートルズ」
        「三枝成彰・辰巳琢郎の宝くじおしゃべり音楽館」
        永沼忠明「50:00P.M.」
        キャロル・キング/ジェイムス・テイラー
        ゲイリー・ムーア
◎映画_____『ニューヨーク、アイラブユー』
        『ハード・デイズ・ナイト』
◎イベント___サエキけんぞうモア・トーク「伊豆田洋之とポール・マッカートニーを語る」
◎声______ポール単独初来日の思い出

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

> ◎ホット・ニュース

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■リンゴの動画メッセージが更新、ボールとの写真も
リンゴ・スター公式サイトの動画メッセージが2月18日に更新されました。ア
ルバム『ワイ・ノット』で共演したミュージシャンひとりひとりへの感謝の言葉
が語られ、最後にはポール・マッカートニーと一緒の写真も登場します。
http://www.ringostarr.com/ 
………………………………………………………………………………………………
■ヨーコ77歳を祝ってショーン、クラプトンなどが共演
オノ・ヨーコは2月16日、予定どおりニューヨークで77歳を記念した特別ラ
イブを行ないました。ヨーコ、ショーン・レノン、エリック・クラプトン、クラ
ウス・フォアマン、ジム・ケルトナーによる「ドント・ウォリー・キョーコ(京
子ちゃん心配しないで)」などが披露されました。
http://www.nytimes.com/slideshow/2010/02/17/arts/20100218-yoko-ss_index.html 
http://pitchfork.com/features/photos/galleries/776-yoko-ono-plastic-ono-band-sonic-youth-eric-clapton-bette-midler/ 
………………………………………………………………………………………………
■「アビイ・ロード・スタジオ売却」の報道をEMIが否定
「EMIがロンドンのアビイ・ロード・スタジオを売却」という話が2月15日、
『フィナンシャル・タイムズ』紙などで報じられ、世界的に大きな反響を呼びま
した。一方、EMIは2月21日にこれを否定する声明を発表。
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/article7035387.ece 
「売却か」との報道を受け、ポール・マッカートニーは「スタジオを救おうとし
ている人たちがいる。ぼくも同じ気持ちだ」とコメントしていました。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/8519197.stm

続きはウェブで!
http://homepage2.nifty.com/beatopia


>> ◎リリース情報

*税込価格は発売元の記載に従っています。

<Coming Soon>
■エルトン・ジョン
アルバム『グレイテスト・ヒッツ2(ELTON JOHN'S GREATEST HITS VOLUME 2)』
2月24日発売 ユニバーサル UICY-94417、税込2,800円
エルトン・ジョンのアルバム13タイトルの紙ジャケット仕様SHM-CDが再
発売されます。ジョン・レノン関連で3作が含まれています。
1974年に発表されたベスト盤『グレイテスト・ヒッツ2』には、ビートルズ
のカバーして全米1位を獲得した「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイ
アモンズ」を収録。2009年リマスター。
………………………………………………………………………………………………
■エルトン・ジョン
アルバム『ヒア・アンド・ゼア+16(HERE AND THERE)』
2月24日発売 ユニバーサル UICY-94404〜5、税込3,800円
1976年発表のライブ盤で、74年のロンドン公演とニューヨーク公演を収め
た2枚組。ボーナス・トラック入りとなって、ジョン・レノンが飛び入り参加し
た「真夜中を突っ走れ」「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」
「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」を収録。95年リマスター。
………………………………………………………………………………………………
■エルトン・ジョン
アルバム『ジャンプ・アップ(JUMP UP!)』
2月24日発売 ユニバーサル UICY-94412、税込2,800円
クリス・トーマスがプロデュースした1982年の作品。ジョン・レノンに捧げ
た「エンプティ・ガーデン」を収録。2003年リマスター。
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/elton/ 
………………………………………………………………………………………………
■ジョン・レノン、オノ・ヨーコほか
DVD『愛と平和への祈り/ジョン・レノン&オノ・ヨーコ(JOHN & YOKO'S 
YEAR OF PEACE)』
2月24日発売 アイ・ヴィー・シー IVCF-5365、税抜2,800円 税込2,940円
1969年、モントリオールでの「ベッド・イン」を中心に、ジョンとヨーコの
平和運動を記録したドキュメンタリー(監督ポール・マクグラス)。日本では2
002年に『イヤー・オブ・ピース』のタイトルで初リリースされましたが、邦
題と発売元が変わって再発売されます。カナダのテレビ局CDCが2000年に
制作したもので、ジャーナリストとのやりとりや「平和を我等に」のレコーディ
ング風景に加え、制作時のオノ・ヨーコさんのインタビューもあります。52分。 
http://www.ivc-tokyo.co.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■唐沢寿明、豊川悦司、常磐貴子、平愛理
『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗(TWENTIETH CENTURY BOY)』
2月24日発売 バップ 
DVD通常盤:VPBT-13267、税抜3,800円 税抜3,990円
DVD豪華盤:VPBT-13294、税抜5,500円 税込5,775円
ブルーレイ:VPXT-71010、税抜4,800円 税込5,040円
浦沢直樹さんの漫画『20世紀少年』を実写映画化したシリーズ3部作の最終章
(2009年)。T・レックスの「20センチュリー・ボーイ」をテーマ曲に、
主人公の遠藤ケンヂが歌うオリジナル曲「ボブ・レノン」の演奏場面もあります。
遠藤賢司さん、高橋幸宏さん、ダイアモンド☆ユカイさん、武内享さんといった
ミュージシャンも出演しています。監督はオノ・ヨーコ主演の短編映画『ホーム
レス』(1991年)を手がけた堤幸彦さん。
それぞれの盤にもうひとつのエンディング・バージョンを収録。
http://www.vap.co.jp/20thboys/ 
映画『20世紀少年』シリーズ3部作を収めたボックス・セットも同日発売。


>> ◎テレビ情報

■映画『フロスト×ニクソン(FROST/NIXON)』
2月27日(土)午後6時50分〜8時57分 WOWOW
(2008年アメリカ/監督ロン・ハワード、主演マイケル・シーン、フランク・
ランジェラ)
1977年、イギリスのテレビ司会者デヴィッド・フロストと、アメリカのリチャ
ード・ニクソン元大統領がトーク・ショーで繰りひろげた舌戦をドラマ化。ニク
ソンはジョン・レノンがアメリカ国外退去問題で闘っていた相手でもあります。
フロストはビートルズも出演した『フロスト・オン・サンデイ』などの番組を持っ
ていましたが、番組の場面でジョージ・マーティン作曲のテーマ曲「バイ・ジョ
ージ・イッツ・デヴィッド・フロスト」が流れます。ほんの短い場面ですが、しっ
かりクレジットされていました。DVD発売中。
………………………………………………………………………………………………
■映画『ザ・ロック(THE ROCK)』
2月28日(日)午前3時20分〜5時45分 WOWOW
(1996年アメリカ/監督マイケル・ベイ、主演ニコラス・ケイジ、ショーン・
コネリー)
ザ・ロックと呼ばれるアルカトラズ島の刑務所跡を占拠したテロ集団との戦いを
描いた映画で、ニコラス・ケイジ演じる化学兵器のスペシャリストがビートルズ
のコレクターという設定。通信販売で買ったアナログ盤が職場に届く場面があり、
自宅ではピーター&ゴードンの「愛なき世界」(ポール・マッカートニー作)が
流れています。セリフにはレッド・ツェッペリンやエルトン・ジョンなども。D
VD、ブルーレイ発売中。
http://www.wowow.co.jp/

*放送日は実際の日付(午前0時から新しい日付)を掲載しています。新聞や放
送局のサイト等でもご確認ください。ビートルズを運んだ会社の破綻と再建など
により予告なく変更になることがあります。


>> ◎ラジオ情報

■『THE BEATLE YEARS』
毎週土曜 午後3時〜4時 Inter-FM
ウェストウッド・ワン(『ロスト・レノン・テープス』を手がけた番組配給会社)
を通じて全米で放送されているビートルズ専門番組が、日本のインターFMで放
送中。ビートルズのコレクターでもあるというボブ・マリックがDJで、ビート
ルズの逸話を語りつつ曲を聴いていきます。先週はジョージ特集で、ジョージ本
人のインタビュー音声も使われていました。
最初と最後に日本語で番組の説明が入るだけで、内容はすべて英語です。
http://www.interfm.co.jp/beatleyears/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズ10』
毎週日曜 午前1時〜2時 (再)日曜 午後8時〜9時 ラジオ日本
毎週日曜 午前10時〜11時 福井放送
毎週日曜 午後4時〜5時 北日本放送
毎週日曜 午後8時〜9時 西日本放送、岐阜放送
毎週日曜 午後9時〜10時 秋田放送
毎週土曜 午後8時〜9時 熊本放送
毎週ビートルズ・ナンバーの投票トップ10を発表するビートルズ専門番組。
前回はジョージの誕生日を祝う「ジョージ・ハリスン10」の20位から11位
までが発表されました。20位から順に「FAB」「スー・ミー、スー・ユー・
ブルース」「あの空の彼方へ」「バングラデシュ」「ディン・ドン」「ジス・ソ
ング」、トラヴェリング・ウィルベリーズ「ハンドル・ウィズ・ケア」、「ブロ
ウ・アウェイ」「ビウェア・オブ・ダークネス」「ディス・イズ・ラヴ」。ソロ
限定となってから初のジョージ10、初登場曲が多くてコーフンしますねー。次
回、トップ10の発表が楽しみです。
「邦題つけ放題」コーナー(邦題のないビートルズ・ナンバーに邦題をつけよう)
の募集中のお題は、今年40周年のアルバム『レット・イット・ビー』から「マ
ギー・メイ」。締切は3月2日(火)お昼です。
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/beatles10.php


>> ◎読みもの

*税込価格は発行元の記載に従っています。

<Review>
■『ザ・ビートルズ全曲バイブル〜公式録音全213曲完全ガイド』
2009年12月7日発売 日経BP社 本体5,524円 税込5,800円
もう脱帽!です。
よくぞここまで分析してくれました。その労力に感謝です。
PCに取り込んでの解析というのは聞いておりましたが、波形の違いは判りこそ
すれ、それがどの音源と一致するのか、どのテイクなのかといった部分は、地道
な調査と聞き比べを重ねるしかありませんよね。
本当にこれは日本が誇れる研究本だと思います。
ぜひ翻訳して全世界に発行されることを祈るばかりです。
また、本を眺めつつ、改めてビートルズのアルバムを1曲1曲照らし合わせなが
ら聞く楽しみを与えてくれました。
本当にありがとうございました。 (横野正憲)
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/rock/beatles-bible/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ロック大図鑑/UK3大バンドのすべて』
2009年12月21日発売 講談社 本体1,714円 税込1,800円
この3つのバンドを同時に取り上げるというのはあまりなかった気がするので、
3つのバンドの交流や与えた影響、関係などがクローズアップされてなかなか興
味深いものがありました。
特にフーとビートルズ関する記事はとくにあまり目に触れる機会が少ないことも
あり、非常に新鮮でした。
また初めて目にしたアイテムなどマニアックな写真も豊富にあり、資料的価値も
高い雑誌だと思います。
こんな雑誌がこれからもどんどん発行されるとよいですね。 (横野正憲)
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=3794016&x=M 
貴重なレコードを提供していただいた横野さん、ありがとうございました。


>> ◎ウェブ

■ジョージ・ハリスン公式サイト
http://www.georgeharrison.com/ 
ジョージの公式サイトでもリンゴのハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムの話
題がアナウンスされています。
今週はトップページが誕生日仕様になるんじゃないかな。
………………………………………………………………………………………………
■グレッチギターコレクション(GRETSCH Guitar Collection)
http://www.gretschfigure.com/ 
ジョージ・ハリスンが使ったことでもおなじみ、グレッチのギターがフィギュア
になりました。
………………………………………………………………………………………………
■アビイ・ロード・オンライン・マスタリング
https://www.abbeyroadonlinemastering.com/ 
アビイ・ロード・スタジオがオンラインでのマスタリングのサービスを昨年から
始めています。インターネット上で楽曲をアップロードし、同スタジオの機材で
エンジニアがマスタリングするというもの。1曲90ポンドでだれでも利用する
ことができます。
佐々木さん、情報ありがとうございました。
………………………………………………………………………………………………
■Figure Skaters Online/JEREMY ABBOTT
http://www.figureskatersonline.com/jeremyabbott/news.html 
バンクーバー・オリンピックでフィギュア・スケートの男子シングルに出場した
ジェレミー・アボット選手。ショート・プログラムの音楽に、ジェフ・ベックが
ビートルズをカバーした「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」を使っています。ライ
ブ盤ではなさそうなので、ジョージ・マーティンのアルバム『イン・マイ・ライ
フ』に収録されたスタジオ・バージョンですね。昨年からこの曲を使っていたよ
うです。フィギュア・スケーター・オンラインからリンクされている動画サイト
でいくつかの演技が見られます。


>> ◎ライブ

<Coming Soon>
■HAPPY BIRTHDAY GEORGE HARRISON ジョージ・ハリスン特集
六本木キャヴァンクラブでは2月25日(木)にジョージ・ハリスン特集ライブ
が行なわれます。出演はシロクマ・カンパニー。イベント・ステージは午後9時
50分より。
キャヴァンにはまた、ジョージ特集ではありませんが本日22日(月)にリッキ
ー&ミッシェル、24日(水)にビートルースとプルーデンスが出演します。
http://www.cavernclub.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■リボルバー
リッキーこと廣田龍人さん率いるリボルバーが定期的に東京・赤坂のグラフィティ
に出演しています。次回は2月25日(木)の「ビートルズ・ナイト」。午後7
時15分開演で、4回のステージがあります。料金は3,000円(ドリンク+オー
ダー別)。
http://www.moz.co.jp/graffiti/schedule/ 
………………………………………………………………………………………………
■鈴木大介
作曲家の武満徹さんに称讃されたクラシック・ギタリスト、鈴木大介さんが「ギ
ターで奏でる映画とビートルズ」と題したランチタイム・コンサートを大阪で開
催します。2月26日(金)、サンケイホールブリーゼにて午後0時15分開演。
武満アレンジの「ミッシェル」「イエスタデイ」「ヒア・ゼア・アンド・エヴリ
ウェア」「ヘイ・ジュード」などを演奏する予定です。
S席2,500円、A席2,000円。ランチセット券5,000円。
http://www.sankeihallbreeze.com/ 
………………………………………………………………………………………………
■三枝成彰・辰巳琢郎の宝くじおしゃべり音楽館
作曲家の三枝成彰さんと俳優の辰巳琢郎さんのおしゃべりと、ピアニストの国府
弘子さん、ソプラノ歌手の塩田美奈子さん、東京ニューシティ管弦楽団の演奏に
よるコンサート。宝くじの助成によりリーズナブルな料金になっています。
ビートルズ・メドレーが演奏される予定です。ビートルズ・ナンバーは全曲近く
コピーしたという国府さんが出演しますから、各公演地のみなさんはお見逃しな
きよう。演奏予定曲はほかに「サウンド・オブ・ミュージック」メドレーや「ラ
プソディー・イン・ブルー」など。
国府さんの公式サイトもご覧ください。
http://kokubuhiroko.net/

<三枝成彰・辰巳琢郎の宝くじおしゃべり音楽館>
2月26日(金)宮崎県/延岡総合文化センター 午後6時30分開演
2月28日(日)滋賀県/野洲文化ホール    午後2時開演
3月 5日(金)山形県/鶴岡文化会館     午後6時30分開演
3月12日(金)秋田県/能代文化会館     午後6時30分開演
料金:一般2,500円 高校生以下1,500円(能代公演は当日券が+500円)
………………………………………………………………………………………………
■永沼忠明
永沼ッカートニーこと永沼忠明さんが誕生日を迎える3月1日に、人生50年け
じめライブ「50:00P.M.(Paul McCartney)」を開催。ビートルズ、ウ
イングス、マッカートニー・ソロを含め、ポール・マッカートニー作品50曲を
演奏します。出演は永沼さんのほか、小松陽介さん、久保肇さん、松崎晃之さん、
黒岩典英さん、土屋剛さん、菊地優希さん。
永沼さんのホームページはこちら。
http://projectlib.com/dada/

<50:00P.M.>
日時:3月1日(月)午後6時開場/7時開演(2セット)
会場:スターパインズカフェ(吉祥寺駅より徒歩3分)
料金:前売5,000円 当日5,500円(ともに1ドリンク付き)
スターパインズカフェ店頭で販売中
スターパインズカフェ・ウェブサイト「チケット予約」のフォームで受付中
http://www.mandala.gr.jp/spc.html 
………………………………………………………………………………………………
■ジュールズ・ホランド
3部作のアルバム『ジュールズと素晴らしき仲間たち』ではジョージ・ハリスン
やリンゴ・スターなど多数のアーティストと共演したジュールズ・ホランド。リ
ズム&ブルース・オーケストラを率いて来日し、ブルーノート東京で演奏します。
日程は3月22日(月)、23日(火)、24日(水)、1日2回公演です。
予約はブルーノート東京で受付中。残席状況はウェブサイトで確認できます。
http://www.bluenote.co.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■キャロル・キング/ジェイムス・テイラー
ジョイントでワールド・ツアーを行なうキャロル・キングとジェイムス・テイラ
ーが4月に来日。横浜公演が追加されました。4月17日の土曜日、パシフィコ
横浜です。
チケット一般発売は2月27日(土)開始。
ウドー音楽事務所では2月26日(金)午後6時までインターネット先行予約を
受付。先行予約はS席のみです。
http://udo.jp/Artist/CaroleKingJamesTaylor/index.html 
チケットぴあでは2月24日(水)午前11時まで先行抽選販売の申込を受付。
http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1007886

<2010 TROUBADOUR REUNION World Tour 日本公演>
4月14日(水)日本武道館 午後7時開演
4月16日(金)日本武道館 午後7時開演
料金:S席15,000円 A席13,000円 B席11,000円 C席9,000円
4月17日(土)パシフィコ横浜 国立大ホール 午後5時開演
料金:S席15,000円 A席13,000円
………………………………………………………………………………………………
■ゲイリー・ムーア
ジョージ・ハリスンやトラヴェリング・ウィルベリーズとも交流のあったゲイリ
ー・ムーアが21年ぶりに来日します。
東京公演のチケットは2月20日より発売中です。
大阪公演と名古屋公演は2月27日(土)より開始。
http://udo.jp/Artist/GaryMoore/index.html

<ゲイリー・ムーア来日公演>
4月22日(木)東京/SHIBUYA-AX        午後7時開演
4月23日(金)名古屋/ZEPP NAGOYA       午後7時開演
http://hicbc.com/event/ 
4月26日(月)大阪/グランキューブ大阪    午後7時開演
4月27日(火)東京/JCB HALL         午後7時開演
4月28日(水)東京/国際フォーラム ホールA 午後7時開演


>> ◎映画

<Coming Soon>
■ニューヨーク、アイラブユー(NEW YORK, I LOVE YOU)
2月27日(土)より公開
(2009年アメリカ/監督岩井俊二、ファティ・アキン、イヴァン・アタル、
アレン・ヒューズ、ジョシュア・マーストン、シェカール・カプール、ミーラー・
ナーイル、ナタリー・ポートマン、ブレット・ラトナー、チアン・ウェン、ラン
ディ・バルスマイヤー、出演オーランド・ブルーム、クリスティーナ・リッチ)
ニューヨークを舞台にさまざまな愛の形を描いた短編をつなぐアンサンブル映画。
岩井俊二監督の手がけたアッパー・ウェストサイド(ダコタ・アパートのある地
区)編は、ビートルズやドストエフスキーなど芸術家の逸話を挿入したストーリ
ーになっているそうです。
http://www.ny-love.jp/ 
………………………………………………………………………………………………
■ハード・デイズ・ナイト(A HARD DAY'S NIGHT)
2月20日より期間限定再上映中
(1964年イギリス/監督リチャード・レスター、主演ビートルズ)
ビートルズ初主演映画のニュープリント版(2000年)。再上映が先週末から
始まりました。3月3日にはDVDの廉価盤が発売されます。
『ゴールデンスランバー』の都内の上映館では『ハード・デイズ・ナイト』の予
告編が流れたところもあったようです。

<東京>
期間:2月20日〜3月5日(金)
劇場:東劇
料金:一般1,500円 学生・シニア・小人1,000円
3月1日は映画サービスデーで1,000円均一になります。
上映時間は松竹のウェブサイトに掲載されています。
http://www.shochiku-eigakan.com/campaign/aharddaysnight/index.html 

<福岡>
期間:3月20日(土)〜4月2日(金)
劇場:中洲大洋映画劇場
http://www.nakasu-taiyo.co.jp/


>> ◎イベント

<Coming Soon>
■サエキけんぞうのモア・トーク「伊豆田洋之とポール・マッカートニーを語る2」
サエキけんぞうさんのイベント・シリーズ、モア・トークの第3回が「伊豆田洋
之とポール・マッカートニーを語る2」と題して、3月10日(水)に開催され
ます。
第1回はアルバム『マッカートニー』がテーマでしたが、今回はこの3月で20
周年となるポール・マッカートニーのソロ初来日にフォーカスする予定です。
伊豆田洋之さんのアコースティック・ライブも予定されています。
その他、重大発表もあり!なんでしょうね〜。
会場は東京・武蔵小山(品川区小山)のライブカフェ、アゲイン。ペット・サウ
ンズ・レコードのビル地下1階です。
予約はメールにて受付中。アゲインのウェブサイトに記載されているメールアド
レスへお送りください。

<サエキけんぞうのモア・トークVol.3>
日時:3月10日(水) 午後7時開場/7時30分開演
出演:サエキけんぞう、伊豆田洋之、淡路和子(BEA-MAIL)、ゲスト:竹部吉晃
会場:Live Cafe Again(東急目黒線、南北線/都営三田線直通・武蔵小山駅
東口より徒歩30秒)
料金:1,500円(1ドリンク付き)
http://www.cafe-again.co.jp/

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●えつぜんこずえと歩いて巡る激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー!●
アビイ・ロードはもちろん、ロンドンの重要ビートルズ・スポットを効率よく
ご案内します。基本コースは3時間。マニアックなツアーもあります!
     ● http://scousehouse.net/beatles/guide_london.htm ● 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

>>> ▽声

■ポール単独初来日の思い出
ビーメール、毎週楽しみにしています。
さて、1990年にポールが来てくれてから20年。もう20年も経ってしまう
なんてウソのようですね。
あの時、初日(3月2日)から数回、連れ合いとポールのライブを観に行くこと
にしていました。ところが皆さんもご記憶のとおり、ポールの体調不良のため直
前に日程が変更され、3月3日が初日となってしまいました。
その日は連れ合いの誕生日・・・3月3日はかなり前から誕生日祝いを兼ね舞浜
の某ホテルに宿泊することになっていたのです。
ありゃりゃ、どうしよう・・・結局3日は予定どおり舞浜で遊びましたが、翌朝
一番に連れ合いとホテルのロビーへと走り(ポールの記事が早く見たい!)、ス
ポーツ新聞各紙を買い漁り、貪るように読みました。
ポールのことが大きく載った新聞記事を見た私たちは、初日に行けなかったにも
かかわらず大興奮してしまいました。
現在のようにインターネットが発達していない時代のお話ですが(笑)、その時
に買った新聞は今でも大切に持っています。 (torami)

toramiさん、呼びかけにこたえて思い出を披露していただきありがとうございま
した!あの日程変更は万全を期すためとはいえ、多くの人に影響を及ぼしたと思
いますが、今となっては、記念すべきソロ初のポールの日本公演がより強く心に
刻まれることになったとも言えそうですね。
行けなかったという思い出も含めて、みなさんの投稿をお待ちしております。


いつもご愛読ありがとうございます。ニッキーホプキンする投稿をお待ちしてお
ります。このメールに返信してください。ハンドル・ネームでの掲載をご希望の
方はその旨お書き添えを。

/♪/フロム編集部/♪/========================

●長く読まれる本はやはりそれなりの理由がある、ということを実感しています。
(山川)
●マーティン・スコセッシ監督が『シャッターアイランド』の宣伝のため3月中
旬に来日するそうですね。ジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映画は進んで
いますでしょうか〜。(淡路)

====================================

▼購読について
このメールマガジンは
『メルマ!』:マガジン名「BEA-MAIL」  http://www.melma.com/ 
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」  http://www.mag2.com/ 
などの配信システムを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホーム
ページ上で簡単に行なうことができます。

ビーメールに関するご意見、ご提案、激励、ペパーを包みたくなるバレンタイン
http://www.e-first.co.jp/ebook/tobu/10valentine/default1.html 
情報等は下記でお待ちしております(大河内さんご提供ありがとうございます)。
件名とお名前を必ず書いてください。件名のないメールは開かないことがありま
す。「この間は本当にごめんなさい」どのスパムかな?
本誌やビートピアの記事を転載された場合、また、媒体でご紹介くださる場合も
ご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com ←@を半角英字に変えてください。

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)
2010年2月22日号(通巻第488号)
2000年4月28日創刊
発行元/フロム・ビー
編集/淡路和子
スタッフ/山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2010 FROM BEA
================================from BEA

スタジオアビーロード:
http://www.abbey-road.jp/ 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。