音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2009/12/21]ワンダフル・クリスマスタイムを

2009/12/21

====================================

BEA-MAIL ビーメール 2009年12月21日号(第481号)

====================================

♪ビートリーな情報いっぱい♪
ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズらしい)暮らしを送るために
フロム・ビーがお届けしているメールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)です。
毎週月曜日(休日の場合は翌火曜)に無料で配信しています。
2009年はこれで最後。年末年始は発行を休ませていただきまして、2010
年は1月12日からの予定です。
ビーメールは年末年始のビートリー・ライフを応援します!

フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

〓〓★今週のおすすめ★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◎リリース___マイケル・ジャクソン『エッセンシャル・マイケル・ジャクソン3.0』
        レ・ボレアド『レノン&マッカートニー・オン・バロック』
        ジョー・ペリー『ハヴ・ギター、ウィル・トラヴェル』
        イナフ・ズナフ『ライヴ・アンド・ピース2009』
        布袋寅泰『MODERN TIMES ROCK'N'ROLL』
        ティン・マシーン『ティン・マシーン』
◎テレビ____『桑田佳祐の音楽寅さん 大傑作選』
        『SONGS』
        『中居正広の金スマ波瀾万丈スペシャル』
        映画『マンマ・ミーア!』
        『洋楽天国 PREMIUM R45』
        『黄金の洋楽ライブ ジョン・レノン』
        映画『HELP!四人はアイドル』
        『ビートルズ ファースト・ライブ・イン・アメリカ』
        映画『ムーンウォーカー』
        『BS世界のドキュメンタリー』
        映画『アポロ13』
        映画『キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX』
◎ラジオ____『STOP AIDS ON CHRISTMAS DAY』
        『THE BEATLE YEARS』
        『ビートルズ10』
        『小倉智昭のラジオサーキット』
◎読みもの___『ロック大図鑑/UK3大バンドのすべて』
        『ザ・ビートルズ全曲バイブル』
◎ウェブ____ビートルズ公式サイト
        EMIミュージック・ジャパン/ザ・ビートルズ日本公式サイト
        CDジャーナル/マイ・ベスト・モノ・ボックス投票
        ビートルズブログ
        ブリエ
◎ライブ____王様&永沼忠明
◎アート____オノ・ヨーコ/A HOLE
◎ミュージアム_ジョン・レノン・ミュージアム
◎声______「愛こそはすべて」の精神で

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

> ◎ホット・ニュース

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■ポールが「ワンダフル・クリスマスタイム」を演奏
「グッド・イブニング・ヨーロッパ」ツアーを続けているポール・マッカートニ
ーは、12月16日と17日にドイツのケルンで公演を行ないました。16日か
らセットリストに「ワンダフル・クリスマスタイム」が追加されています。
………………………………………………………………………………………………
■ポールが映画に提供した新曲のビデオ・クリップが公開
ポール・マッカートニーがロバート・デ・ニーロ主演の映画『Everybody's Fine』
の挿入歌として提供した新曲「(I Want To) Come Home」のビデオ・クリップが、
YouTubeのポール公式チャンネルで12月15日より公開されています。
http://www.youtube.com/user/PAULMCCARTNEY 
曲はアメリカのiTunes Storeで12月8日より販売がスタートしています。
………………………………………………………………………………………………
■「(I Want To) Come Home」が各映画賞の候補に
ポール・マッカートニーの「(I Want To) Come Home」はさまざまな映画賞の候
補に挙げられています。ゴールデングローブ賞では主題歌賞(オリジナル・ソン
グ賞)の候補となり、受賞者の発表と授賞式は1月17日に行なわれます。
http://www.goldenglobes.org/ 
放送映画批評家協会賞でも主題歌賞(ベスト・ソング賞)の候補となりました。
こちらは1月15日に受賞者が発表されます。
http://www.bfca.org/ccawards/2009.php 
アカデミー賞(ノミネートは2月2日、受賞者は3月7日発表)でも、歌曲賞の
ノミネート投票の対象63曲のなかに選ばれています。
http://www.oscars.org/press/pressreleases/2009/20091216.html 
………………………………………………………………………………………………
■ジュリアンがアメリカのテレビ番組に生出演
ジュリアン・レノンは12月15日、アメリカのテレビ番組『ジ・アーリー・ショ
ー』に生出演しました。同日にチャリティ・シングルとして発表した「ルーシー」
を共作者のジェイムズ・スコット・クックと一緒にスタジオ・ライブで披露。演
奏とトークのもようはCBSニュースのウェブサイトで観ることができます。
http://www.cbsnews.com/video/watch/?id=5981432n 
http://www.cbsnews.com/video/watch/?id=5981672n

続きはウェブで!
http://homepage2.nifty.com/beatopia


>> ◎リリース情報

*税込価格は発売元の記載に従っています。

<Coming Soon>
■マイケル・ジャクソン
アルバム『エッセンシャル・マイケル・ジャクソン3.0(THE ESSENTIAL 
MICHAEL JACKSON 3.0)』
12月23日発売 ソニー EICP-1317〜9、税抜4,500円 税込4,725円
マイケル・ジャクソンのベスト盤、エッセンシャルがバージョン・アップして限
定発売。ポール・マッカートニーとのデュエット「ガール・イズ・マイン」に加
えて「セイ・セイ・セイ」が収録されます。3枚組。
http://www.sonymusic.co.jp/MJ/ 
………………………………………………………………………………………………
■レ・ボレアド
アルバム『レノン&マッカートニー・オン・バロック(LENNON & McCARTNEY ON 
BAROQUE)』
12月23日発売 キングレコード KICC-818、税込2,500円
古楽器で演奏するビートルズ・カバー集。モントリオールを拠点に活動する古楽
器合奏団レ・ボレアドが2000年から2006年までに発表してきた『ビート
ルズ・バロック』シリーズから、20曲を選出したコレクションです。リコーダ
ー、オーボエ、バイオリンなどが使われています。曲は「オブ・ラ・ディ、オブ・
ラ・ダ」「ペニー・レイン」「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」など。
http://www.kingrecords.co.jp/categorylist/classic/index.html 
………………………………………………………………………………………………
■ジョー・ペリー
アルバム『ハヴ・ギター、ウィル・トラヴェル(HAVE GUITAR, WILL TRAVEL)』
12月23日発売 ソニー SICP-2548、税抜2,400円 税込2,520円
エアロスミスのギタリスト、ジョー・ペリーの5作目となるソロ・アルバム。日
本盤のみのボーナス・トラックとしてビートルズのカバー「レボリューション」
が収録されます。
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/SR/JoePerry/ 
………………………………………………………………………………………………
■イナフ・ズナフ
アルバム『ライヴ・アンド・ピース2009〜20thアニヴァーサリー・ライ
ヴ・アット・クラブチッタ(LIVE AND PEACE - 20TH ANNIVERSARY LIVE AT CLUB 
CITTA)』
12月23日発売 キングレコード KICP-1447〜8、税込3,600円
イナフ・ズナフが2009年7月11日に川崎のクラブチッタで行なったデビュ
ー20周年記念ライブを収録した2枚組。ビートルズの「カム・トゥゲザー」を
カバーしています。
http://www.kingrecords.co.jp/heavy/ 
………………………………………………………………………………………………
■布袋寅泰
アルバム『MODERN TIMES ROCK'N'ROLL』
12月23日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCT-26920、税込3,000円
布袋寅泰さんが初の洋楽カバー・アルバムを発表。チャック・ベリーの「ジョニ
ー・B・グッド」、ビートルズの「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」、ロ
ーリング・ストーンズの「悪魔を憐れむ歌」など14曲をとりあげています。
http://www.emimusic.jp/artist/hotei/ 
………………………………………………………………………………………………
■ティン・マシーン
アルバム『ティン・マシーン(TIN MACHINE)』
12月23日発売 EMIミュージック・ジャパン TOCP-95057、税込2,800円
デヴィッド・ボウイの紙ジャケット盤が高音質SHM-CDで再発売。ボウイが
1989年に結成したティン・マシーンのファースト・アルバムには、ジョン・
レノンのカバー「ワーキング・クラス・ヒーロー」が収録されています。
http://www.emimusic.jp/st/kami/


>> ◎テレビ情報

■『桑田佳祐の音楽寅さん 大傑作選』
12月22日(火)午前1時〜2時 フジテレビ系
今年4月に8年ぶりに復活して9月まで放送された桑田佳祐さんの音楽番組。総
集編が放送されます。後世に伝えていきたい名曲をフィーチャーするというのが
番組主旨のひとつで、ジョンゆかりの地・軽井沢の離山房で歌われた「ノーウェ
ジアン・ウッド」など、ビートルズ・ナンバーもたびたび演奏されました。
http://wwwz.fujitv.co.jp/b_hp/091221ongakutr/index.html 
………………………………………………………………………………………………
■『SONGS』
12月23日(水)午後8時〜9時 NHK-BS2
1月6日(水)午後8時〜9時 NHK-BS2
デビュー40周年を迎えた井上陽水さんの特集全4回が再放送されます(23日
に第1〜2夜、6日に第3〜4夜)。第3夜はアコースティック・ライブを中心
に放送され、ビートルズの「オール・マイ・ラヴィング」を演奏する場面が少し
だけ見られます。
http://www.nhk.or.jp/songs/songs.html 
………………………………………………………………………………………………
■『中居正広の金スマ波瀾万丈スペシャル』
12月25日(金)午後9時〜11時9分 TBS系
「金スマ波瀾万丈にオノ・ヨーコ登場」と予告されています。父親の転勤でNY
生活していた幼少期、戦争の体験、今でも芸術家として活躍し続ける理由とは?、
作品が認められないという苦しみ、ジョン・レノンとの出会いなど。11月のオ
ノ・ヨーコ・プラスティック・オノ・バンドの公演には『中居正広の金曜日のス
マたちへ』から花が贈られていました。
http://www.tbs.co.jp/kinsma/ 
………………………………………………………………………………………………
■映画『マンマ・ミーア!(MAMMA MIA!)』
12月27日(日)午後8時〜10時 WOWOW
1月4日(月)午後9時〜10時50分 
(2008年アメリカ/監督フィリダ・ロイド、主演メリル・ストリープ)
ABBAの曲を全編で使ったミュージカルの映画化。ママをとりまく男性のひと
りがポール・マッカートニーのゲット・バック・ツアーのTシャツを着ています。
教えていただいたtoramiさん、ありがとうございます!DVD発売中。
………………………………………………………………………………………………
■『洋楽天国 PREMIUM R45』
12月29日(火)午前0時45分〜1時15分 テレビ神奈川
ポール・マッカートニーの最新ライブ盤『グッド・イヴニング・ニューヨーク・
シティ』から、「オンリー・ママ・ノウズ」「レット・ミー・ロール・イット」
「シング・ザ・チェンジズ」「アイム・ダウン」「アイヴ・ガッタ・フィーリン
グ」「デイ・トリッパー」が放送されます。
http://www.tvk-yokohama.com/tengoku/r45.html 
………………………………………………………………………………………………
■『黄金の洋楽ライブ ジョン・レノン』
12月29日(火)午前1時30分〜3時 NHK-BS2
ジョン・レノンのライブ2本がまた再放送されます。ひとつは1969年にトロ
ントで開催されたロックンロール・リバイバル・ショーで、ボー・ディドリーや
ジェリー・リー・ルイス、チャック・ベリー、リトル・リチャードの演奏場面も
あります。もうひとつは72年にニューヨークで開催されたワン・トゥ・ワン・
コンサートで、スティーヴィー・ワンダーやロバータ・フラックの演奏場面もあ
ります。もちろんオノ・ヨーコさんも。案内人としてムッシュかまやつが出演。
………………………………………………………………………………………………
■映画『HELP!四人はアイドル(HELP!)』
12月30日(水)午後2時10分〜3時43分 NHK-BS2
(1965年イギリス/監督リチャード・レスター、主演ビートルズ)
ビートルズ2作目の主演映画が11月17日に続いてふたたび放送されます。字
幕です。DVDは『ヘルプ!』のタイトルで発売中。
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズ ファースト・ライブ・イン・アメリカ(THE BEATLES THE FIRST 
U.S.VISIT)』
12月30日(水)午後3時45分〜4時58分 NHK-BS2
『ヘルプ!』に続き、1964年2月にビートルズが初めてアメリカに上陸した
ときのもようを記録したドキュメンタリー『ファースト・U.S.・ヴィジット』
(1991年制作)も再放送されます。今年テレビ用にリマスターされたバージョ
ンです。
http://www.nhk.or.jp/bs/bs2.html 
………………………………………………………………………………………………
■映画『ムーンウォーカー(MOONWALKER)』
12月31日(木)午後4時25分〜6時 WOWOW
1月7日(木)午前4時55分〜6時30分 
(1988年アメリカ/監督コリン・シルバース、ジェリー・クレイマー 主演
マイケル・ジャクソン)
マイケル・ジャクソンが企画し、製作総指揮と主演をつとめたSFアドベンチャ
ー。公開当時13歳だったショーン・レノンが出演しています。マイケルのパフォ
ーマンス・シーンも多く、ビートルズの「カム・トゥゲザー」を歌っていいます。
DVD発売中。
………………………………………………………………………………………………
■『世界を変えたイマジン』
前編:1月1日(金)午後9時10分〜10時 NHK-BS1
後編:1月2日(土)午後10時10分〜11時
『BS世界のドキュメンタリー』で、ジョン・レノン没後30年シリーズとして
「イマジン」に焦点を当てる番組が放送されます。オノ・ヨーコなどが出演。
………………………………………………………………………………………………
■『サイドマン〜ビートルズに愛された男』
前編:1月2日(土)午後9時10分〜10時 NHK-BS1
後編:1月2日(土)午後10時10分〜11時 NHK-BS1
続いてビートルズ解散40年シリーズとして、クラウス・フォアマンのドキュメ
ンタリーが放送されます。ポール、リンゴ、オリヴィア・ハリスンなどが出演。
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズの原点 クオリーメン』
1月3日(日)午後9時10分〜10時 NHK-BS1
さらに続いて、ビートルズ解散40年シリーズとしてクオリーメンのドキュメン
タリー。クオリーメンのメンバーが出演します。
………………………………………………………………………………………………
■『クレムリンを揺るがせたビートルズ』
1月3日(日)午後10時10分〜11時 NHK-BS1
もっと続いてビートルズ解散40年シリーズで、ソ連に与えたビートルズの影響。
『BS世界のドキュメンタリー』はこちらでご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/wdoc/ 
………………………………………………………………………………………………
■映画『アポロ13(APOLLO 13)』
1月8日(金)午後7時20分〜9時20分 WOWOW
(1995年アメリカ/監督ロン・ハワード、主演トム・ハンクス)
実際に起こったアポロ13号救出作戦を映画化。1970年4月、月に向けて打
ち上げられたアポロ13号が月面到着まであと少しのところで爆発事故という緊
急事態に遭遇。ちょうどビートルズ解散が報道されたときのことで、それにから
んだセリフが出てきます。DVD発売中。
………………………………………………………………………………………………
■映画『キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX(LEGALLY BLONDE 2: RED, 
WHITE & BLONDE)』
1月10日()午後0時10分〜1時50分 WOWOW
(2003年アメリカ/監督チャールズ・ハーマン=ワームフェルド、主演リー
ズ・ウィザースプーン)
ブロンドの弁護士が活躍するコメディ『キューティ・ブロンド』の続編で、愛犬
の母犬が化粧品開発のための実験動物にされることを知り、継承品のテストに動
物を使うことを禁じる法案を成立させるために奔走する物語。ジョン・レノン
(プラスティック・オノ・バンド)の「パワー・トゥ・ザ・ピープル」が使われ
ています。主人公は前作で、愛犬も自分も双子座のベジタリアンだと自己紹介し
ていました(ポールと同じですね)。DVD発売中。
http://www.wowow.co.jp/

*放送日は実際の日付(午前0時から新しい日付)を掲載しています。新聞や放
送局のサイト等でもご確認ください。せつなくて予告なく変更になることがあり
ます。


>> ◎ラジオ情報

■『STOP AIDS ON CHRISTMAS DAY』
12月25日(金)午前6時〜11時 FM802
世界エイズデーの12月1日、オノ・ヨーコとショーン・レノンがスペシャル・
ゲストとして出演した「Act Against AIDS 2009 LIV
E IN OSAKA」のもようが大阪のFM802で放送されます。ライブ音
源やバックステージでの出演者のインタビューなども。
http://funky802.com/service/Event/p/1490 
………………………………………………………………………………………………
■『THE BEATLE YEARS』
毎週土曜 午後3時〜4時 Inter-FM
ウェストウッド・ワン(『ロスト・レノン・テープス』を手がけた番組配給会社)
を通じて全米で放送されているビートルズ専門番組が、日本のインターFMで放
送中。ビートルズのコレクターでもあるというボブ・マリックがDJで、ビート
ルズの逸話を語りつつ曲を聴いていきます。
最初と最後に日本語で番組の説明が入るだけで、内容はすべて英語です。
http://www.interfm.co.jp/beatleyears/ 
………………………………………………………………………………………………
■『ビートルズ10』
毎週日曜 午前1時〜2時 (再)日曜 午後8時〜9時 ラジオ日本
毎週日曜 午前10時〜11時 福井放送
毎週日曜 午後4時〜5時 北日本放送
毎週日曜 午後8時〜9時 西日本放送、岐阜放送
毎週日曜 午後9時〜10時 秋田放送
毎週土曜 午後8時〜9時 熊本放送
毎週ビートルズ・ナンバーの投票トップ10を発表するビートルズ専門番組。
次回は2009年の年間トップ10発表です。
『ザ・ビートルズ全曲バイブル』のリスナー・プレゼントが実施されまして、番
組をお聴きになった方は2回分のキーワードを書いて、リクエストやメッセージ
も添えて応募してください。締切は12月31日(木)。
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/beatles10.php 
………………………………………………………………………………………………
■『小倉智昭のラジオサーキット』
1月2日(土)午後1時〜4時 ニッポン放送
小倉智昭さんが『とくダネ!』でおすすめしていた『ザ・ビートルズ全曲バイブ
ル』を携え、フロム・ビーの広田寛治がおじゃまします。曲の聴き比べもあり。
http://www.1242.com/ogura/


>> ◎読みもの

*税込価格は発行元の記載に従っています。

<Coming Soon>
■『ロック大図鑑/UK3大バンドのすべて』
12月21日発売 講談社 税込1,800円
1960年代のロックシーンをリードし、現在もなお大きな影響力を持ち続けて
いるビートルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フーのUK3大バンドの活動を
レコード・ジャケットやコンサート・プログラムなどを多数紹介しながら徹底紹
介し、その魅力にせまったこれまでにないユニークな1冊。3大バンドそれぞれ
の作品や活動の紹介に加えて、3大バンドの交流や対決など、切り口も多彩で読
み物としても楽しめるのではないかと思います。
ビートルズとともに活動した同時代のバンドのなかでのビートルズの位置を確認
することもできますので、ビートルズ以外はあまり聴かないという方にもぜひ手
に取っていただければと思います。 (広田寛治)
http://shop.kodansha.jp/bc/ 
………………………………………………………………………………………………
<Review>
■『ザ・ビートルズ全曲バイブル〜公式録音全213曲完全ガイド』
12月7日発売 日経BP社 本体5,524円 税込5,800円
『ザ・ビートルズ全曲バイブル』は、ビートルズがデビューから解散までに公式
発表したスタジオ録音全楽曲について、最新の情報を精査してまとめ上げた研究
書です。
独自開発されたパソコンソフトによって新たに判明した事実がたくさん含まれて
います。しかし、パソコン解析はあくまで手段です。解析結果をもとに、レコー
ディング手順の解明を経て、ビートルズが楽曲の録音で何を目指し、それをどの
ような手段で行なったのか、そしてジョージ・マーティン以下のスタッフがどう
サポートしたのか……つまり、「なぜこういう音にしたかったのか」というビー
トルズの発想の原点に、理論的かつ具体的に迫ることが本書の目的でした。作品
作りの意図がわかってきて、そのイメージを描きながらもう一度ビートルズの曲
と向き合えば、聴き慣れた音が今までとはまったく違って聴こえるはずです。
今回はその部分に、少しだけですが、確実に近づけたと自負しています。そして、
マニアでない人にもこの面白さを伝えたい、絶対に伝わるはずだと信じて、でき
る限りのわかりやすい表現を目指して編集しました。
やや高価な本ではありますが、今回のリマスター・ステレオ/モノ盤を「一生も
の」として手に入れた方々、そしてこれからビートルズの世界に深く入っていか
れる方々に、副読本として長く、深く楽しんでいただけたらと思っております。
(鳥居一希)
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/rock/beatles-bible/ 
デジタル・レコーディング・マガジン『デジレコ』12月号で紹介されました。
http://www.digireco.com/
『産経新聞』で12月20日に紹介されました。
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/091220/bks0912200903013-n1.htm


>> ◎ウェブ

■ビートルズ公式サイト
http://www.thebeatles.com/everywhereitschristmas/ 
ビートルズのクリスマス・レコードと映画『ヘルプ!』の場面写真を使ったクリッ
プが公式サイトで公開されました(動画ではなくパラパラ漫画式)。
このクリップをeカードでお友だちに送ることもできます。相手には差出人名
The Beatlesで届きます。
………………………………………………………………………………………………
■EMIミュージック・ジャパン/ザ・ビートルズ日本公式サイト
http://www.emimusic.jp/beatles/ 
5月1日から始まったビートルズの全曲および全アルバムの人気投票の締切日は
12月22日(火)となりました。結果は12月31日のJ-WAVEのビート
ルズ特集番組で発表されたのち、1月1日にこのEMIミュージック・ジャパン
によるビートルズ・オフィシャル・サイトに掲載されます。特集番組の詳細もこ
のサイトで告知されます。
………………………………………………………………………………………………
■CDジャーナル/マイ・ベスト・モノ・ボックス投票
http://www.cdjournal.com/main/cdjpush/the-beatles/2000000502 
『モノ・ボックス』のアンコール・プレス記念として、『CDジャーナル』のウェ
ブサイトで、ビートルズのモノ・ミックスから「これはよかった!」という作品
の投票を募集していました。その結果が発表されました。
………………………………………………………………………………………………
■e-days/ビートルズブログ
http://e-days.cc/ 
阪急コミュニケーションズのウェブ・マガジン『e-days(イーデイズ)』内で
2007年12月から連載されてきたビートルズのブログ。音楽と土地をテーマ
として、さまざまな分野で活躍する人々がビートルズとのかかわりやゆかりの地
の思い出を語ります。和田唱さん(トライセラトップス)に続いて、直枝政広さ
ん、ラヴ・サイケデリコのKUMIさんのお話が掲載され、今週はNAOKIさ
んのお話が掲載されます。トップページにビートルズブログのアイコンがない場
合は「音楽」→「音楽コラム」のページへ進んでください。
………………………………………………………………………………………………
■ブリエ
http://briller.ocn.ne.jp/ 
OCNのセカンドライフ応援ホームページ「ブリエ」に、e-daysビートルズブロ
グから松尾一彦さんの記事が転載されています。今週は大間ジローさんの記事が
転載されます。ビートルズブログのアーカイブに入った記事をまだご覧になって
いない方はこれを機に読んでみてください。「音楽・エンタメ」のページから、
「私のビートルズ〜アビイ・ロードの歩き方〜」をどうぞ。


>> ◎ライブ

<Coming Soon>
■王様&永沼忠明
直訳ロックの王様と、職業ポール・マッカートニーの永沼忠明さんがビートルズ
系の合体ライブ「新春カブトムシ伝説」を開催します。
1月11日(月祝)、東京・中目黒の楽屋(らくや)にて、午後6時開場、7時
開演。予約3,000円、当日3,500円。予約は楽屋へどうぞ。
http://www.rakuya.net/


>> ◎アート

■オノ・ヨーコ/A HOLE
今年もオノ・ヨーコさんの個展が東京のギャラリー360°で12月25日まで
開催。「A HOLE(穴)」というタイトルの新作です。
銃で撃ち抜いたガラス板をいくつも並べた作品です。「ガラスの反対側へ行って、
この穴を通して見ること」という指示があります。
ギャラリーのウェブサイトに場内の写真とプレス・リリースが載っています。プ
レス・リリースは会場にも掲示されています。
ショップでは、ジョン・レノンとの共作を含むヨーコさんの作品も取り扱ってい
ます(一部はウェブサイトからも購入できます)。

<A HOLE>
会期:12月5日〜12月25日(金) *23日はお休み
時間:午後12時〜7時
会場:360°(地下鉄表参道駅B4出口よりすぐ)
http://www.360.co.jp/


>> ◎ミュージアム

■ジョン・レノン・ミュージアムのクリスマス・イベント
ジョン・レノン・ミュージアムでは12月10日から2010年1月31日まで
「Love&Peace」と題したイベントを開催。
期間中は、「ハッピー・クリスマス(戦争は終った)」の直筆作詞原稿(草稿)
が特別展示されます。
そして、オノ・ヨーコさんのアート・イベント「ウィッシュ・ツリー」を実施。
ミュージアム入口に木が設置され、願いごとを自由に短冊カードに書き込んで枝
に結びつけることができます。
23日(水)にはミュージアム・ラウンジでトリビュート・アコースティック・
ライブが催され、アマチュア・ミュージシャンがジョンの曲などを演奏します。
………………………………………………………………………………………………
■ジョンとヨーコが創りだした"LOVE"の世界
同ミュージアムでは特別展「ジョンとヨーコが創りだした"LOVE"の世界」を12
月28日(月)まで開催。あと1週間となりました。
ジョンが家族などさまざまな人に向けて愛を歌った曲から、直筆歌詞原稿が展示・
解説されています。歌詞原稿は日本初公開の「アイル・ビー・バック」「オー・
マイ・ラヴ」「インスタント・カーマ」「すてきなダンス」など。
特別展示品はほかに、ジョンのサイン入りビートルズ編集アルバム『ラブ・ソン
グス』のゴールド・ディスク、ジョンがヨーコに贈ったシルク・スクリーン作品
「モナ・ヨーコ」、ティッテンハースト・パークのジオラマ模型など。ジョンと
ヨーコのベッド・イン疑似体験コーナーもあります。
………………………………………………………………………………………………
■ジョン・レノン・ミュージアムの年末年始
同ミュージアムは、12月29日(火)から2010年1月1日(金)までが休
館となります。年明けは2日(土)から開館。

<ジョン・レノン・ミュージアム>
さいたまスーパーアリーナ内4階〜5階
(JRさいたま新都心駅より徒歩3分、JR北与野駅より徒歩6分)
開館時間:午前11時〜午後6時
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は開館、翌水曜が休館)、年末年始
入場料:大人1,500円、大学・高校生1,000円、中学・小学生500円
団体割引(20人以上)、障害者割引:
大人1,000円、大学・高校生500円、中学・小学生無料
http://www.taisei.co.jp/museum/


>>> ▽声

■「愛こそはすべて」の精神で
ビーメール、いつも楽しみに読んでいます。
30年来のビートルマニア。子ども二人もすっかり洗脳され、ビートルズ以外の
洋楽はほとんど聴きません(笑)
おかげで英語が大好きになったのは予期せぬ収穫。
これからも“All You Need Is Love"の精神でビートルズファンを増やします!
(GORICO)

GORICOさん、投稿ありがとうございました。邦楽はいろいろお聴きになるのでし
たら、ビートリーなアーティストをおススメしてくださうね。新しいファンの方
にもビーメールに参加しいただければ幸いです!

いつもご愛読ありがとうございます。小根底身長な投稿をお待ちしております。
このメールに返信してください。ハンドル・ネームでの掲載をご希望の方はその
旨お書き添えを。

/♪/フロム編集部/♪/========================

●同い年のジュリアンが頑張っている姿に元気づけられました。みなさま、よい
お年をお迎えください。(山川)
●今年も投稿やご要望や激励の言葉をいただき誠にありがとうございました。2
010年もビートリーな行事が控えています。いい年にしましょう。(淡路)

====================================

▼購読について
このメールマガジンは
『メルマ!』:マガジン名「BEA-MAIL」  http://www.melma.com/ 
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」  http://www.mag2.com/ 
などの配信システムを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホーム
ページ上で簡単に行なうことができます。

ビーメールに関するご意見、ご提案等、激励、リバプールのB4ペンギン情報は
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-12627820091125 
下記でお待ちしております。件名とお名前を必ず書いてください。件名のないメ
ールは開かないことがあります。「もう!毎日疲れました!!」本当に。
本誌やビートピアの記事を転載された場合、また、媒体でご紹介くださる場合も
ご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com ←@を半角英字に変えてください。

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL(ビーメール)
2009年12月21日号(通巻第481号)
2000年4月28日創刊
発行元/フロム・ビー
編集/淡路和子
スタッフ/山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2009 FROM BEA
================================from BEA

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。