音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2003/12/22]

2003/12/22


 
°°‖》《 《》 ‖▼‖《》‖‖
。。‖》《 ‖‖ ̄‖ ‖‖‖‖‖▲

ビートリー・ライフを送るための電子メールマガジン

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 ■BEA-MAIL■ 2003年12月22日号(第199号)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズのような)暮らしを送るために欠かせ
ない情報をお届けするフロム・ビーのメールマガジンBEA−MAIL(ビーメ
ール)です。毎週月曜日(祭日にあたる場合は翌火曜)に無料で配信しています。
BEA−MAILはあなたのビートリー・ライフを応援します。
年末年始にあたり、12月29日と1月5日の発行はお休みとさせてください。
年明け最初、第200号は1月13日発行の予定です。
フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★″エイト・デイズ・ア・ウィーク×3★″

▽12月23日(火) FM番組『MEET THE MUSIC』を聴く→【3】
▽12月24日(水) A.B.C.のクリスマス・ライブを観にいく→【6】
▽12月25日(木) DVD『ジョン・レノン・トリビュート』を観る→【1】
▽12月26日(金) 映画『おかしなおかしな石器人』をDVDで観る→【1】
▽12月27日(土) テレビ番組『歴史を刻んだ歌2・イマジン』を観る→【2】
▽12月28日(日) KAWADE夢ムック『リンゴ・スター』を読む→【4】
▽12月29日(月) 映画『バニラ・スカイ』をテレビで観る→【2】
▽12月30日(火) リンゴ・スター公式ウェブサイトを訪ねる→【5】
▽12月31日(水) 映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』をテレビで観る→【2】
▽ 1月 1日(木) テレビ番組『THE BEATLES SPECIAL』を観る→【2】
           映画『ビーン 特別編』をテレビで観る→【2】
           映画『ギャング・オブ・ニューヨーク』をテレビで観る→
【2】
▽ 1月 2日(金) 映画『世界中がアイ・ラブ・ユー』をテレビで観る→【2】
▽ 1月 3日(土) ジョージ・マーティンの誕生日→【9】
▽ 1月 4日(日) 映画『どら平太』をテレビで観る→【2】
▽ 1月 5日(月) ジョン・レノン・ミュージアムに行く→【7】
▽ 1月 6日(火) 連載「ロック・クロニクル・ナウ」→【8】
▽ 1月 7日(水) 火の鳥人物文庫『ジョン・レノン』を読む→【4】
▽ 1月 8日(木) エルヴィス・プレスリーの誕生日→【9】
▽ 1月 9日(金) ビートルズ公式サイトを訪ねる→【5】
▽ 1月10日(土) クイーン公式サイトを訪ねる→【5】
▽ 1月11日(日) これからの世代を考える→【2004】
▽ 1月12日(月) 映画『リーサル・ウェポン2』をテレビで観る→【2】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ビートルズ、ローリングストーンズをはじめとした60'sロックのUKオリ
ジナル盤を扱う通販専門店 《ディスクワン》 ◆只今、当ホームページにて
恒例の年末セール&オークションを開催中! ◆今回は赤字覚悟の激安価格で
シングル、EP、LPともに大量掲載! 早い者勝ちです。 今すぐアクセスを!!
◆e-mail:  music@discone.net  ◆ホームページ: http://www.discone.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ホット・ニュース _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■リンゴの著作、デラックス・エディションが予定冊数終了に
リンゴ・スターの初めての著作で、特別仕様の限定本として2004年に発売が
予定されている『POSTCARDS FROM THE BOYS』のうち、限定番号1番から350
番までのデラックス・エディション(495ポンド、約9万2000円)が、注
文受付から約2週間で予定冊数終了となりました。
売切れのニュースは発行元のジェネシス・パブリケーションズのサイトに12月
9日付で掲載され、リンゴ公式サイトのメッセージ映像(12月11日付)のな
かでも、リンゴ自身の口から明かされています。
http://www.genesis-publications.com/

■ポールがヘザーとベアトリスに新曲をプレゼント
ポール・マッカートニーが妻ヘザーと娘ベアトリスへのクリスマス・プレゼント
として新曲を贈ったことが、イギリスの各紙で報じられています。
『NME』誌のウェブサイト(12月15日付)によると、曲は「マザー・アン
ド・チャイルド」というタイトルで、ビートルズ時代後期に書きはじめて未完の
ままになっていたもの。作品として発表する予定はないといいます。

■ジョージ・マーティンがIT企業のイベントでスピーチ
12月3日、アメリカの大手コンピューター会社サン・マイクロシステムズの主
催する新製品発表イベントがドイツのベルリンで開かれ、ジョージ・マーティン
も出席しました。マーティンはゲストとして登壇し、スピーチを行ないました。

■リバプールとメンフィスが姉妹都市に
ビートルズゆかりのリバプール市が、エルヴィス・プレスリーゆかりのメンフィ
ス市(アメリカ、テネシー州)と姉妹都市の関係を結んだことが、12月16日
に発表されました。
2004年はエルヴィスがデビュー曲の「ザッツ・オール・ライト」を発表して
から50年にあたり、この節目の年をともに祝うことが、両市の提携の最大の目
的です。リバプールではメンフィスとの協力のもと、年間を通じてさまざまな音
楽イベントを開催していくことになります。

■ロン・ウッドがステレオフォニックスの公演に飛び入り
12月16日、ロンドンのアールズ・コートで開かれたステレオフォニックスの
コンサートに、ローリング・ストーンズのロン・ウッドが飛び入りしました。ロ
ンが加わって演奏した3曲のなかには、ビートルズの「ドント・レット・ミー・
ダウン」が含まれていたといいます。

詳しい記事、過去の記事は下記ホームページの「ニュース」で読んでください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia
転載された場合はご一報いただければ幸いです。

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■KAWADE夢ムック『ポール・マッカートニー〜世紀を越えた音楽家〜』■
             \2刷出来てます!/
ロング・インタビュー「ポール・マッカートニーが語る昨日(イエスタデイ)、
今日(ヒア・トゥデイ)、明日(トゥモロウ)〜いま、半生をふりかえる〜」
http://homepage2.nifty.com/beatopia/yumepo.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

【1】<<<<<<<<<<<◆リリース情報◆>>>>>>>>>>>【1】

<Coming Soon>
■ショーン・レノン、ルーファス・ウェインライト、ビリー・プレストンほか
DVD『ジョン・レノン・トリビュート〜カム・トゥゲザー(COME TOGETHER:
A Night for John Lennon's Words & Music)』
12月25日発売 ビデオアーツ・ミュージック VAGB-1122、税抜4,700円
2001年10月2日に開催されたジョン・レノン・トリビュート・コンサート。
アメリカでテレビ放送されたのちにDVD化、このたび日本発売となります。
ショーン・レノン、ビリー・プレストン、ルー・リード、シンディ・ローパーな
どのアーティストが出演し、ケヴィン・スペイシーやダスティン・ホフマンといっ
た俳優がスピーチするという進行で、オノ・ヨーコも客席で鑑賞してあいさつも
しています。ところどころでジョン本人の映像や肉声も使われて、主役の存在も
感じられます。音楽監督はデイヴ・スチュワート。ジョン・レノン大好きな人で
すが、出演者の顔ぶれを見ると、この人も?と意外に思われるアーティストもい
るかもしれません。しかし、ロック/ポップ・シーンのみならず、ゴスペルから
R&B、ラテン、カントリーなど、さまざまなルーツを持つ各国のミュージシャ
ンが集結したステージは、「いつか世界がひとつになる」という「イマジン」の
歌詞を思い起こさせ、とてもよく考えられたトリビュート・コンサートであるこ
とがわかります。はからずも9・11後のニューヨークで開かれることになって
しまったので、事件にかかわる発言の部分ではどうしても神妙な雰囲気になって
いますが、コンサートそのものはとても良質です。 (あわ)
その他の出演者、収録曲はこちらでご覧ください。
http://www.videoartsmusic.com/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
<Review>
■DVD『おかしなおかしな石器人(CAVEMAN)』
11月28日発売 ニューライン OPSD-S513、税抜4,800円
リンゴ・スター主演の1981年の映画がなんと初DVD化されました。リンゴ
とバーバラ・バック夫妻の出会いとなった記念すべき映画でもあります。わずか
な石器人語だけのセリフで構成された作品ですが、日本語字幕か日本語吹替が選
べます。リンゴの声は広川太一郎による吹替。
キャッチコピーによれば「豪華異色のキャスティングとパロディ満載で贈るモデ
ルアニメによる最後の恐竜映画!」ということで、「特撮宝庫〜モデルアニメ篇
DVD−BOX」にも収められています。
http://www.nbj.co.jp/newline/video/CAVEMAN.html


【2】<<<<<<<<<<<◆テレビ情報◆>>>>>>>>>>>>【2】

■ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』
12月25日(木)午後8時〜10時 WOWOW
ブロードウェイ・ミュージカルが字幕付きで放送されます。「キリストはいい奴
だったけど、弟子がだめにした」ことがわかるかもしれません。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■『歴史を刻んだ歌2・イマジン』
12月27日(土)午後11時30分〜翌午前0時45分 NHK-BS2
オノ・ヨーコ出演番組の再放送です。サブタイトルが「2002年のラブ・アン
ド・ピース」。番組案内には「すぐれた音楽が持つ力を布教者の活動を通して描
く」とあります。
http://www.nhk.or.jp/bs/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■映画『バニラ・スカイ(VANILLA SKY)』
12月29日(月)午後3時〜5時30分 WOWOW
ポールが主題歌を書きおろした映画です(2001年アメリカ)。主人公はマン
ハッタンの高級アパートに住む大手出版社の御曹司。映画はマンハッタンの鳥瞰
図で始まり、ダコタ・ハウスらしき家も登場します。音楽ライターとしてキャリ
アをスタートさせたキャメロン・クロウ監督の作品だけあって、ボブ・ディラン
のアルバム・ジャケットと同じ構図のシーンや、ザ・フーのライブ映像なども出
てきます。ビートルズのメンバーの好みを言うせりふもあり。ポールの曲「バニ
ラ・スカイ」は2回流れます。サントラ盤には入っていませんが、ビーチ・ボー
イズやローリング・ストーンズの曲も使用。DVDも発売中。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
12月31日(水)午前2時45分〜午前5時ころまでの予定  フジテレビ
ビョーク主演の話題作。1950年代のアメリカを舞台に過酷な運命のシングル・
マザーの無償の愛を描く。見どころはミュージカル・シーン。2000年デンマ
ーク作品。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■『THE BEATLES SPECIAL DX Vol.2』
1月1日(木)午前1時〜2時 スペースシャワーTV
DVD『エド・サリヴァンpresentsザ・ビートルズ ノーカット完全版』
の発売を記念した特別番組。『エド・サリヴァン・ショー』の映像やビートルズ
好きのアーティストのインタビューで構成。続いて午前2時からボブ・ディラン、
午前2時30分からエリック・クラプトンの番組も予定されています。
http://www.spaceshowertv.com/beatles/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■映画『ビーン 特別編』
1月1日(木)午前3時15分〜4時41分 日本テレビ系
人気テレビ番組『Mr.ビーン』の劇場版。クビになりそうだった美術館監視員
のビーンがなぜか美術の権威としてアメリカに派遣、大失態のあとにウェット・
ウェット・ウェットによる「イエスタデイ」が流れ、酔っぱらった美術館職員が
「イエスタデイ」を歌う場面もあります。劇場未公開シーン4分が追加された特
別編。1997年イギリス作品。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■映画『ギャング・オブ・ニューヨーク』
1月1日(木)午後1時30分〜4時20分 WOWOW
ビートルズの祖先がアイルランドからリバプールに移民したころのアメリカが舞
台。アメリカ人とアイルランド系移民との抗争を描いています。ロックンロール
誕生の時代背景に関心のある方はどうぞ。2001年アメリカ。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■映画『世界中がアイ・ラブ・ユー』
1月2日(金)午前0時〜1時45分 NHK-BS2
ウディ・アレン監督、主演のミュージカル・コメディ。懐かしの名曲とともに笑
えます。1996年アメリカ。
http://www.nhk.or.jp/bs/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■『エド・サリバン・ショー・ベストライブ スタートスペシャル一挙24本放
送!』
1月4日(日)午後0時〜午前0時 BSフジ
1月11日から新番組『エド・サリバン・ショー・ベストライブ』が始まるのを
記念した12時間の特別番組。ビートルズ、ローリング・ストーンズ、エルヴィ
ス・プレスリーなどが登場予定。詳しい放送時間はBSフジのウェブサイトで確
認ください。
http://www.bsfuji.tv/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■映画『どら平太』
1月4日(日)午後7時20分〜9時15分 NHK-BS2
黒澤明、木下惠介、市川崑、小林正樹という日本映画界の名匠4人が1969年
に共同執筆した幻の脚本を映画化。山本周五郎が原作の時代劇ですが、なぜかサ
ウンドトラックに「スタンド・バイ・ミー」が使われています。2000年日本。
http://www.nhk.or.jp/bs/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■『エルヴィス・ライブス』
1月4日(日)午後8時〜9時 東京MXテレビ
新春特別番組として放送。テレビ情報誌によると内容は「貴重映像公開」「著名
人が語るエルヴィスへの思い」など。
http://www.mxtv.co.jp/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■『エド・サリバン・ショー・ベストライブ』
1月11日(日)午後7時30分〜8時 BSフジ
新番組。第1回のこの日は「THE BRITISH INVASION 1」と題してビートルズ、ロ
ーリング・ストーンズ、アニマルズ、ジェリー&ペースメイカーズなどを放送。
http://www.bsfuji.tv/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■映画『リーサル・ウェポン2 炎の約束』ディレクターズ・カット版
1月12日(日)午後4時〜6時 WOWOW
ジョージの「チアー・ダウン」が使われています。1989年アメリカ作品。
http://www.wowow.co.jp/

*放送日は実際の日付(午前0時から新しい日付)を使用しています。オンエア
情報は必ず当日(深夜の場合は前日付)の新聞や放送局のサイト等でご確認くだ
さい。撲滅運動などにより予告なく変更になることがあります。


【3】<<<<<<<<<<<◆ラジオ情報◆>>>>>>>>>>>>【3】

■『MEET THE MUSIC〜生まれたままの音楽、ありのままのビートルズ〜』
12月22日(月)〜25日(木)いずれかの日 全国各地のFM局
ラジオ付き携帯電話「FMケータイ」の発売にともなう3時間の特別番組が全国
53のFM局で放送されます。
「生まれたままの音楽」と題して音楽の生まれた現場に迫る90分と、「ありの
ままのビートルズ」と題した『レット・イット・ビー...ネイキッド』特集の90
分という2部構成。ビートルズ特集では、ポール、リンゴそれぞれの最新インタ
ビューや、アルバム『レット・イット・ビー』の制作当時のジョンやジョージの
声、未発表曲などを含む秘蔵素材が公開されます。FMヨコハマでは本日午後1
時から3時間半にわたって放送され、クリスマス・レコードの一部も聴くことが
できました。
局によって、構成や出演者、放送日時が異なります。番組のホームページで、お
住まいの都道府県をクリックして詳細をご覧ください。
http://www.fmkeitai.com/special/


【4】<<<<<<<<<<<<◆読みもの◆>>>>>>>>>>>>【4】

<Review>
■火の鳥人物文庫『ジョン・レノン 世界を変えた歌声』淡路和子著
11月14日発売 講談社 本体価格660円
小学生を筆頭に子どもが3人いる友人に火の鳥人物文庫『ジョン・レノン』をあ
げようかと思ったら、すでに買って子どもに読ませているとのことでした。 
(まり)
早々に見つけてくれたみなさん、ありがとうございます。「火の鳥『ジョン・レ
ノン』は何のコーナーにあるのかしら?」という質問を受けました。書店では音
楽書ではなく児童書のコーナーに置かれています。見つからないときは、書店で
ご注文いただくか、アマゾンなどのネット通販などをご利用ください。
講談社BOOK倶楽部にもあります。最近、在庫僅少ではなくなりました。「火
の鳥人物文庫」か「ジョン・レノン」で検索してください。
http://shop.kodansha.jp/bc/
または買わなくても、お近くの図書館にリクエストしていただければ、無料で読
めますよ。
内容についてはこちらもご参照ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia/torijohn.html
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■文藝別冊・KAWADE夢ムック『リンゴ・スター』
11月19日発売 河出書房新社 本体価格1,143円
私の父と母のアイドルだったリンゴ。夢ムック『リンゴ・スター』がようやく出
版され、嬉しいです。さっそく実家に持参するつもりです。 (高橋)
ご両親はおそらく現役時代からのビートルズ・ファンですね。さすが、リンゴっ
てば人気者!
http://homepage2.nifty.com/beatopia/yumerin.html


【5】<<<<<<<<<<◆WEBで遊ぼう!◆>>>>>>>>>>【5】

■リンゴ・スター公式ウェブサイト
http://www.ringostarr.com/
ニュースでお伝えしたリンゴのメッセージ映像は、「recent update」のコーナ
ーで観ることができます。12月11日付ではクリスマスと新年のあいさつのほ
か、プロデューサーのマーク・ハドソンらとともに新作に取り組んでいると思わ
れるスタジオ風景も映し出されています。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■東芝EMI/THE BEATLES
http://www.toshiba-emi.co.jp/beatles/
東芝EMIのホームページ内の日本語のビートルズ・オフィシャル・サイトです。
22日〜25日に東京・渋谷の街頭ビジョンで、「アクロス・ザ・ユニバース」
などの未公開映像が放映されることが告知されています。渋谷駅ハチ公口から見
える2枚の巨大なモニターですね。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■東芝EMI/QUEEN
http://www.toshiba-emi.co.jp/queen/
東芝EMIが運営する日本語のクイーン・オフィシャル・サイト。8月から「ベ
ストソング・ランキング」の投票を受け付けていましたが、最終結果が50位ま
で発表されました。けっこう知ってる曲がたくさんあると思いますよ。1位は…
やっぱりあれ!


【6】<<<<<<<<<<<◆コンサート◆>>>>>>>>>>>>【6】

<Coming Soon>
■A.B.C.
清水仁、松尾一彦、大間ジローがビートルズのイベント出演を機に結成したA.
B.C.。今週は仙台でクリスマス・ライブを行ないます。2作目のアルバム
『A.B.C.VOL.2』を本日リリースとなりました。ABCの公式ウェブ
サイトで一部を試聴することもできます。
http://www.abcweb-jp.com/

<ABC X'mas LIVE>
12月24日(水)、25日(木)
会場:仙台ワシントンホテル レインボーホール
http://www.sendai-wh.com/


【7】<<<<<<<<<<<◆ミュージアム◆>>>>>>>>>>>【7】

■ジョン・レノン・ミュージアム
ジョン・レノン・ミュージアムのこの年末年始は、12月30日から1月2日ま
でが休館となるそうです。
また、ホームページでは12月6日に開催されたトリビュート・フリー・ライブ・
コンテストの結果が報告されています。
http://www.taisei.co.jp/museum/

<ジョン・レノン・ミュージアム>
さいたまスーパーアリーナ内4階〜5階
(JRさいたま新都心駅より徒歩3分、JR北与野駅より徒歩6分)
開館時間:午前11時〜午後6時
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は開館、翌水曜が休館)、年末年始
入場料:大人1,500円、大学・高校生1,000円、中学・小学生500円
団体割引(20人以上)、障害者割引:
大人1,300円、大学・高校生800円、中学・小学生400円


【8】<<<<<<<<<◆ロック・クロニクル◆>>>>>>>>>>【8】

■気まぐれ連載
「ロック・クロニクル・ナウ」(14)by広田寛治

『ロック・クロニクル1952-2002〜現代史のなかのロックンロール』(2
003年1月河出書房新社)執筆後に起こったロックンロールに関連する社会的
なできごとを整理していきます。
第14回は2003年3月上旬のできごとです。

3月8日 ニューヨークで開かれたU2のボノをたたえるイベントでR.E.M.のマイ
ケル・スタイプが「アメリカは戦争なんてしちゃいけない。民主主義の国なのに
大統領が非民主的なやり方で決まったのも信じられない」とアメリカの対イラク
戦に反対を表明する。

3月10日 アメリカの人気女性カントリー・グループ、ディクシー・チックス
がロンドンでコンサートを開き、リーダーのナタリー・メインズが観衆に向かっ
て「みんな、わかってると思うけど、私たちは同じテキサス出身のアメリカ大統
領を恥ずかしく思ってるわ」と語る。


好評発売中。ぜひご覧ください!
『ロック・クロニクル1952-2002〜現代史のなかのロックンロール』の詳しい内
容は
http://homepage2.nifty.com/beatopia/chronicle-text.html
をご覧ください。


【9】<<<<<<<<<<<◆バースデイ◆>>>>>>>>>>>>【9】

★ジョージ・マーティン 1926年1月3日 ロンドン生まれ
正真正銘のビートルズのプロデューサー、サー・ジョージ・マーティンも78歳
になります。著作『プレイバック』(2002年)の発表など、レコーディング・
プロデューサーを引退したあとも活発な活動が続いていましたが、2003年は
メディアへの露出は少なめでした。つい先日の12月3日には、ベルリンでスピ
ーチをなさったというニュースが。お元気そうで安心しました。
ジェネシス・パブリケーションズから発売中の『プレイバック』には、『ジョー
ジ・マーティン・ボックス』(2001年)に未収録の音源ばかりを集めた36
分ほどのCDが付いています。クラシカルなしっとり系の作品が中心です。その
なかの1曲、ご本人みずから作曲・演奏したピアノ独奏曲「ハ短調のワルツ」は、
ジェネシス社のウェブサイトで聴くことができます(アクセスするといきなり音
が出ますのでご注意を)。とても美しいメロディですよ。
http://www.genesis-publications.com/books/playback/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
★エルヴィス・プレスリー 1935年1月8日 ミシシッピ州生まれ
今年は生誕69年、没後27年。ザ・キングも来年は日本で言うと「古希」を迎
えるのですね。
2003年は、9月に「ラバーネッキン」(1969年11月にシングル「ドン
ト・クライ・ダディ」のB面として発表)のリミックス・バージョンがシングル・
リリースされ、『ビルボード』誌のシングル・セールス・チャートで1位に。10
月にリリースされた新しいベスト・アルバム『ELVIS 2ND TO NONE〜エルヴィス・
オンリー・ワン』は、アメリカでの売上げが100万枚に達し、11月24日に
アメリカ・レコード協会(RIAA)からプラチナ・ディスクに認定されました。
ほかにも娘リサ・マリーが歌手デビューを果たしたり(プロモーション来日もあ
りました)、ミュージカル『エルヴィス・ストーリー』が日本で上演されたりと、
あいかわらず話題の多い1年でした。
オフィシャル・サイトも、日々充実しています。
http://www.elvis.com

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ストライプと歩いて巡る、激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー! ●
アビイ・ロードの横断歩道での記念写真撮影あり。リクエストによって、時間や
ルート、人数のアレンジも致します。リバプール・ツアーについてはお問い合わ
せ下さい。基本コース(3時間〜3時間半) £35(1名)、£50(2名)
●お問合わせ・お申込み:電話またはファクスにてStripeへ +44-20-77307761●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

【2004】<<<<<<<<<<◆声◆>>>>>>>>>>>【2004】

■これからの世代
先週のある忘年会での『レット・イット・ビー...ネイキッド』についての話題。
「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」を何回聴いても頭の中にオー
ケストラの伴奏が鳴ってしまうという人がいれば、初めて聴くので全然違和感が
ない人もいました。私は前者に近いが、それでも映画や『アンソロジー』などで
オケなしにも大分慣れていると思います。これからの世代はどちらを多く聴くこ
とになるのでしょう。そして歴史に残るのはどちら?
昨日のドライブでは、「カモンベビドンビートルズライス…」「アーミーマー」
が息子のお気に入り。帰ってからも口ずさんでました。 (ビー(Bea)とうさん)

ストライプさん、ミッキーさん、クリスマス・カードありがとうございました。
今年もメリーとハッピーを込めてお送りしました。今後もあたたかい投稿お待ち
しております。ハンドル・ネームでの掲載をご希望の方はその旨お書き添えを。
AEB04556@nifty.com

それではみなさん、ビートリーな新年をお迎えください!

/♪/フロム編集部/♪/========================

●昨冬の定番は、こたつ熱燗エイミー・マンでした。芯からあったまらないとね。
(淡路)
●2003年はいろんなことがありすぎて、年の初めに大阪まで観劇に出かけた
のがもう何年も昔のように感じられます。2004年は健康第一で。(山川)
●え!? もう1年たっちゃったの〜という感じです。2004年はゆっくりす
すんでほしいです。(広田)

====================================

━━☆/広告掲載について☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 フロム・ビーのメールマガジンBEA−MAILに広告を掲載しませんか
     ヘッダー ¥5,000, ミドル ¥3,000, フッター ¥2,000
  回数割引あり。詳細・お申し込みはこちら → AEB04556@nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆広告掲載について/☆━━

▼購読について
このメールマガジンは
『melma!』:マガジンID「m00010835」 http://www.melma.com/
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」 http://www.mag2.com/
『E-Magazine』:マガジンコード「beamail」 http://www.emaga.com/
などを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホームページ上で簡単
に行なうことができます。

BEA−MAILに関するご意見、ご提案、激励、2003年のロック事情情報
http://www.realguide.ne.jp/context/rock/index.html
等は下記でお待ちしております。件名とお名前を必ず書いてください。件名のな
いメールは開かないことがあります。
本誌やBEATOPIAの記事を転載された場合、また、媒体でご紹介くださる
場合もご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL
2003年12月22日号(通巻第199号)
発行元/フロム・ビー AEB04556@nifty.com
編集人/広田寛治
スタッフ/淡路和子、山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2003 FROM BEA
================================from BEA


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。