音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2003/09/29]

2003/09/29



°°‖》《 《》 ‖▼‖《》‖‖
。。‖》《 ‖‖ ̄‖ ‖‖‖‖‖▲

ビートリー・ライフを送るための電子メールマガジン

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 ■BEA-MAIL■ 2003年9月29日号(第187号)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズのような)暮らしを送るために欠かせ
ない情報をお届けするフロム・ビーのメールマガジンBEA−MAIL(ビーメ
ール)です。毎週月曜日に無料で配信しています。BEA−MAILはあなたの
ビートリー・ライフを応援します。
フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)にもおいでくださ
い。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★″エイト・デイズ・ア・ウィーク★″

▽9月30日(火) 映画『ムーラン・ルージュ』をテレビで観る→【2】
▽10月1日(水) アルバム『ウィッグ・イン・ア・ボックス』を聴く→【1】
▽10月2日(木) KAWADE夢ムック『クイーン』を読む→【3】
          『SIGHT』を読む→【3】
▽10月3日(金) テレビ番組『ミュージックアクセス』を観る→【2】
▽10月4日(土) ニール・ヤング日本公演のチケットを買う→【5】
▽10月5日(日) ジョン・レノン・ミュージアムに行く→【6】
▽10月6日(月) ビートリーなサイトを訪ねる→【4】
▽10月7日(火) 連載「ロック・クロニクル・ナウ」→【7】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

━━*thanks*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『ビートルズ学入門』広田寛治著 ■新潮社 ラッコブックス■ 本体800円■
   ◆◆ジョン・ポール・ジョージ・リンゴが教える自由な生き方◆◆
            \まもなく発売3周年/
誕生から解散までをたどり、彼らが発した智の言葉を味わうコンパクト・ガイド
http://homepage2.nifty.com/beatopia/beatlesgaku.html 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*thanks*━━

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ホット・ニュース _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■『コンサート・フォー・ジョージ』のプレミアにポールとリンゴが出席
ジョージ・ハリスンのトリビュート・コンサートのもようを収めた映画『コンサ
ート・フォー・ジョージ』が、9月24日にロサンジェルスにあるワーナー・ブ
ラザーズのスタジオでプレミア上映されました。会場にはジョージの妻オリヴィ
ア、息子ダニーをはじめ、ポール・マッカートニー夫妻、リンゴ・スター夫妻、
オノ・ヨーコの姿もありました。ほかにラヴィ・シャンカール一家、ジェフ・リ
ン、ビリー・プレストン、トム・ペティ、エリック・アイドル、レイ・クーパー、
ジェイムズ・テイラーなどが出席しました。
当日の写真はこちらです。
・ポール夫妻とリンゴ夫妻
http://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/030925/161/5dyiz.html 
・リンゴとダニー、トム・ペティ
http://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/030925/482/mjt10609250022 
・ヨーコとオリヴィア
http://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/030925/170/5dok8.html 
・ポール夫妻とリンゴ夫妻、オリヴィアとダニー
http://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/030925/170/5doj3.html 

■ポール、対人地雷廃絶キャンペーンのために演奏
9月23日、ロサンジェルスのビバリー・ヒルトン・ホテルで開かれたアダプト・
ア・マインフィールド・ベネフィット・ガラで、ポール・マッカートニーが演奏
しました。
これは、ポールの妻ヘザー・ミルズが進めている対人地雷廃絶キャンペーンの支
援とPRを目的としたイベントで、今年で3回目を迎えます。ポールはツアー・
バンドとともに「夢の人」「今日の誓い」「カリコ・スカイズ」「ブラックバー
ド」「恋を抱きしめよう」「グレイト・デイ」(アルバム『フレイミング・パイ』
より)「ミッシェル」「トゥ・オブ・アス」「レット・イット・ビー」を演奏。
うち「トゥ・オブ・アス」はジェイムズ・テイラーをゲストに迎えてのデュエッ
トで披露されました。

■音楽ガイドブックの読者投票でビートルズなどが上位に
読者投票にもとづいたレストラン・ガイドブックで知られるアメリカのザガット
サーベイが、1万人以上の音楽ファンを対象にした投票をもとに音楽ガイドブッ
ク『ミュージック・ガイド』を刊行しました。9月23日付のプレス・リリース
によると、この投票のうち「もっともポピュラーなアルバム」部門で1位にブル
ース・スプリングスティーンの『明日なき暴走』、2位にビートルズの『アビイ・
ロード』、3位にビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・
クラブ・バンド』が選ばれました。また、「もっとも影響力のあるアーティスト」
部門では1位ビートルズ、2位エルヴィス・プレスリー、3位ボブ・ディラン、
4位ローリング・ストーンズという結果になっています。

■エルヴィス、ストーンズのリミックス曲が好セールス
アメリカの『ビルボード』誌による全米シングル・チャートのうち、売上げのみ
にもとづくシングル・セールス・チャート(売上げのほかにオンエア回数なども
含めて算出した総合チャート「ホット100」とは異なります)で、エルヴィス・
プレスリーとローリング・ストーンズの曲のリミックス・バージョンがあいつい
で1位に輝きました。
9月27日付のシングル・セールス・チャートでは、エルヴィスの「ラバーネッ
キン」(1969年11月にシングル「ドント・クライ・ダディ」のB面として
発表)のリミックス・バージョンが初登場1位を記録。そして翌週の10月4日
付では、ストーンズの「悪魔を憐れむ歌」(1968年発表)リミックス・バー
ジョンがやはり初登場1位となりました。
「ラバーネッキン」は、10月6日に世界発売されるエルヴィスの新しいベスト・
アルバム『ELVIS 2ND TO NONE〜エルヴィス・オンリー・ワン』からの先行シン
グルです。

■ディランの曲が日本映画のサウンドトラックに
ボブ・ディランの代表曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」など8曲が、
12月に公開予定の日本映画『アイデン&ティティ』(田口トモロヲ監督)のな
かで使われることになりました。
9月26日の報道によると、『アイデン&ティティ』はみうらじゅんによるマン
ガが原作。音楽に夢を抱く若者たちを描いた作品にディラン自身が共鳴し、8曲
の使用を認めたといいます。

詳しい記事、過去の記事は下記ホームページの「ニュース」で読んでください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia
BEA−MAILやBEATOPIAから転載された場合はご一報いただければ
幸いです。

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■KAWADE夢ムック『ボブ・ディラン』 ■好評発売中!■河出書房新社■
◆ボブ・ディランの魅力 インタビュー ◇佐野元春「フォークとロック、言葉
と音楽の理想的な融合」 ◇みうらじゅん「時代に流されずわが道をきわめる元
祖マイブーマー」 ◇王様「今の時代に学びたいディランの歌の作り方」
http://homepage2.nifty.com/beatopia/yumebob.html 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

【1】<<<<<<<<<<<◆リリース情報◆>>>>>>>>>>>【1】

<Review>
■オノ・ヨーコ&ヨ・ラ・テンゴ、シンディ・ローパー、ほか
アルバム『ウィッグ・イン・ア・ボックス〜ヘドウィグ・アンド・アングリーイ
ンチ・トリビュート〜(WIG IN A BOX - Songs From and Inspired by Hedwig 
and the Angry Inch)』
9月25日発売 エイベックス CTCR-14287、税抜2,427円
映画『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』サントラ曲のカバーや、ヘドウィ
グにインスパイアされた曲を収録したトリビュート・アルバム。同性愛者をサポ
ートするチャリティ盤でもあります。
オノ・ヨーコがヨ・ラ・テンゴをバックにして、サントラから「ヘドウィグズ・
ラメント〜エクスウイジット・コープス」を歌っています。意外とオリジナルに
近いカバーですが、もともとヨーコさんぽい曲だと言えるかもしれませんね。エ
ンディング近くでヨーコ唱法が全開。そのヨーコをはじめとして、女性ロックン
ローラーたちへ讃辞が贈られる「ミッドナイト・レディオ」はシンディ・ローパ
ーが熱唱しています。ほかに、ルーファス・ウェインライトや、ベン・クウェラ
ーとベン・フォールズとベン・リーのユニットなどが参加。 (あわ)
日本の発売元のサイトでは「最新リリース一覧」からタイトルを探してください。
http://cavex.avexnet.or.jp/
アメリカの発売元のサイトでは、現在トップページで紹介されています。
http://www.offrecords.com/
映画について知りたい人はこちらの公式サイトをどうぞ。DVDも発売中。
http://www.gaga.ne.jp/hedwig/


【2】<<<<<<<<<<<◆テレビ情報◆>>>>>>>>>>>>【2】

■映画『ムーラン・ルージュ(MOULIN ROUGE)』
9月30日(火)午後10時〜深夜0時10分 WOWOW
(2001年オーストラリア、アメリカ/監督バズ・ラーマン、主演ニコール・
キッドマン、ユアン・マクレガー)
1900年、パリのムーラン・ルージュを舞台に20世紀のポップ・ソングを歌
い踊るという映画。ビートルズの「愛こそはすべて」、ウイングスの「心のラヴ・
ソング」、エルトン・ジョンの「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」、T・レッ
クスの「チルドレン・オブ・ザ・レボリューション」、ポリスの「ロクサーヌ」、
クイーンの「ザ・ショウ・マスト・ゴー・オン」、デヴィッド・ボウイとマッシ
ヴ・アタックによる「ネイチャー・ボーイ」などたくさんの名曲が登場し、歌詞
がせりふに織り込まれている曲もあります。豪華絢爛なセットや衣装も話題にな
りましたが、曲当てクイズをお楽しみください。物語のテーマは真実、美、自由、
そして愛。ゴールデン・グローブ賞の作品賞なども受賞しています。今回は字幕
放送。DVDも発売中。
http://www.wowow.co.jp/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■『ソニーミュージックアクセス』
10月3日(金)午後11時〜11時55分 テレビ神奈川
ミュージック・ビデオをノンストップでオンエアする番組。今週の特集はニュー・
アルバム『リアリティ』を発表したデヴィッド・ボウイです。ミック・ジャガー
とデュエットした「ダンシング・イン・ザ・ストリート」、ジョン・レノンと共
作した「フェイム」の90年バージョン、新曲「ニュー・キラー・スター」など
のビデオ・クリップが観られます。
http://www.tvk42.co.jp/sma/

*オンエア情報は必ず当日の新聞や放送局のサイト等でご確認ください。デヴィ
ッド・ピール来日決定などにより予告なく変更になることがあります。


【3】<<<<<<<<<<<<◆読みもの◆>>>>>>>>>>>>【3】

<Review>
■文藝別冊・KAWADE夢ムック『クイーン』
9月19日発売 河出書房新社 本体価格1,143円
夢ムック『クイーン』発売、おめでとうございます!日本にいる友だち(同級生)
からは、私が知らせるよりも早く本屋さんで夢クイーンを見つけて買ったという
メールが届きました。
Duran Duranのドラマーもロジャー・テイラーでしたね。あのころ、
『ミュージック・ライフ』の読者人気投票のドラマー部門で、トップの座がいつ
のまにかQueenのロジャー・テイラーからDuran2(当時こんな書き方
もしてましたね)のロジャー・テイラーにとってかわられていたのを、「時代が
変わってしまったっ・・・?」とちょっとさびしいようなくやしいような思いで、
でもいつか復活?と願いもかけて、毎号の投票結果をながめていたのを思い出し
ました。それにしても、同じ名前で同じ部門で1位というのはおもしろいですね。
(吉野由樹)
先々週のデュラン・デュラン情報にも反応いただいてうれしいです。
クイーンの本の紹介ページができました。↓
http://homepage2.nifty.com/beatopia/yumequeen.html
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■『SIGHT』17号
9月19日発売 ロッキング・オン 本体価格743円
特集は「1970年−−ビートルズという夢が終わった年」。表紙もビートルズ
です。最近のイギリス、アメリカの雑誌に載ったゲット・バック・セッションが
らみの記事と、これまで『ローリング・ストーン』誌で発表されたジョン、ポー
ル、リンゴそれぞれのインタビューから、ビートルズ解散の内幕を読み取ろうと
いうものです。ジョンのインタビューは『ローリング・ストーン』1970年2
月7日号掲載の記事で、解散が公になる前の発言。ポールのインタビューは同年
4月30日号掲載の記事で、これは読んだことのある人も多いかもしれません。
いわゆる脱退宣言のころですが、アラン・クラインについてはビシバシ言ってま
す。リンゴのインタビューは今年の4月に載ったもので、考えていることを率直
に語っています。最近のポールについてもズバズバ言っていて気持ちいい。
その他、ニール・ヤングのインタビュー等もあります。詳しくは公式サイトをご
覧ください。
http://www.rock-net.jp/sight/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
<Coming Soon>
■『ジョン・レノン レジェンド』
10月9日発売 河出書房新社 本体価格5,200円
いつも情報ありがとうございます。おかげで、豪華本『ジョン・レノン レジェ
ンド』も予約することができました。予約してからもう2か月近くたちますが、
最近、テレビや雑誌などで話題を目にすることが多く、発売が待ち遠しくてたま
りません。2〜3週間前には日本テレビの朝の番組(『ズームインSUPER』)
で『ジョン・レノン レジェンド』がとりあげられて、そこではレプリカのジョ
ンの成績表が紹介されていました。数学がまるっきしだめで、図工がよくて、音
楽は選択してなかったとか、そんなことまでわかるとか言ってました。先週も、
フジテレビの朝8時からの小倉智昭の番組(『とくダネ!』)の冒頭でも、小倉
さんが作詞メモとかジョンのアートとかのレプリカを取り出して、大感激しなが
ら、ジョン・レノン・ミュージアムがまるごとパックされてるとか、5万円でも
買うゾー、って大激賞していましたね。保存用も欲しくなって、アマゾンで買お
うと思ったら、『バカの壁』とかファイナル・ファンタジーだかのゲーム本など
も押さえて、なんとベストセラーの1位! たしか限定出版でしたよね。という
ことは、発売前にもう売り切れ? ジョンのファンとしてはうれしいけど、保存
用をなんとしても手に入れたい、と思う今日この頃なのでした。
(ミスター・イマジーナ)
少年ジョンが描いた絵本や絵画、ジョン直筆の貴重な作詞メモ、ジョンをインス
パイアしたヨーコのアート、ヌートピアの国旗など、ジョンの作品や遺品のレプ
リカを50点以上収録してジョン・レノンの人生を物語る豪華アートブック。
『ストレンジ・デイズ』最新号(デヴィッド・ボウイが表紙)に書評が載ってい
ましたので、ご参考に。
予約は、満数に達して終了となったようです。店頭販売するところもあるでしょ
うから、予約しそびれた人、一家に2冊欲しい人は発売日に走りましょう。
http://www.kawade.co.jp/


【4】<<<<<<<<<<◆WEBで遊ぼう!◆>>>>>>>>>>【4】

■東芝EMI/THE BEATLES
http://www.toshiba-emi.co.jp/beatles/
東芝EMIのホームページ内の日本語のビートルズ・オフィシャル・サイトです。
アルバム『レット・イット・ビー ... ネイキッド』のリリース情報が9月18
日にアップされています。まだご覧になっていない人はチェックを。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
<ビートリーの輪!!>
ホームページBEATOPIAでは、ビートリーなウェブサイトとの相互リンク
を進めています。相互リンクが決まったサイトを順次BEA−MAILでご紹介
し、BEATOPIAのリンク集にもアップします。

■Portrait Of Legend
http://sound.jp/pol/
ジョージ・ファンのさんのRiekさんによるサイト。ディスコグラフィ、フィ
ルモグラフィなどの基本情報はもちろん、ジョージ専門のメーリングリスト
「Harrisong ML」やユニークな「ハリスン同盟」などもあり、ジョージへの愛が
あふれています。

■HARD ROCK MINI
http://www.eonet.ne.jp/~herdrockmini/
音楽ファンのフジモトシュンジさんによるサイト。ローリング・ストーンズ、ビ
ートルズ、プリンス、レゲエを中心とした音楽のコーナーのほか、映画、ミステ
リー、プロレス、旅行、ミニ・クーパーなど、話題もりだくさんの楽しいサイト
です。


【5】<<<<<<<<<<<◆コンサート◆>>>>>>>>>>>>【5】

<Coming Soon>
■ニール・ヤング&クレイジー・ホース日本公演
昨年のフジ・ロック・フェスティバル出演で驚かせたニール・ヤング&クレイジ
ー・ホース、待望の単独日本公演が決定しました。苗場で開催されたフジ・ロッ
クのときは約3万人収容のいちばん大きなステージに出演しましたが、今度は福
岡、大阪、東京で、アリーナ・クラスの会場やホールで演奏します。
一般発売は10月4日から。招聘元ウドー音楽事務所のサイトで先行予約受付中。
http://www.udo.co.jp/artist/neilyoung/index.html
日本公演実現を願ってキャンペーンを展開していたファン・サイトもご覧くださ
い。
http://amber.web.infoseek.co.jp/index_neilyoung.html

<日本公演日程>
11月10日(月)午後7時開演/大阪城ホール
11月12日(水)午後7時開演/福岡サンパレス
11月14日(金)午後7時開演/日本武道館
11月15日(土)午後5時開演/日本武道館
料金:S席9,000円、A席8,000円
http://www.udo.co.jp/top.html


【6】<<<<<<<<<<<◆ミュージアム◆>>>>>>>>>>>【6】

■トリビュート・ライブ・コンテスト本選
10月4日と5日、ジョン・レノン・ミュージアム内でジョンのトリビュート・
ライブ・コンテストの本選が開催されます。サエキけんぞうさんなどが審査員を
つとめるようですね。その他、ジョンの誕生日前後にいろいろな催しが企画され
ています。当初の発表から若干変更になっているようなので、ミュージアムのサ
イトで確認してお出かけください。
http://www.taisei.co.jp/museum/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ジョンの作詞ノート月めくり
ジョン・レノン・ミュージアムに展示されているジョンの作詞ノート。1968
年のインド滞在中に書かれたもので、月替わりで全ページが公開されています。
9月いっぱいは「アイム・ソー・タイアード」、10月は「ジュリア」が戻って
きます。

<ジョン・レノン・ミュージアム>
さいたまスーパーアリーナ内4階〜5階
(JRさいたま新都心駅より徒歩3分、JR北与野駅より徒歩6分)
開館時間:午前11時〜午後6時
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は開館、翌水曜が休館)
入場料:大人1,500円、大学・高校生1,000円、中学・小学生500円
団体割引(20人以上)、障害者割引:
大人1,300円、大学・高校生800円、中学・小学生400円
『ジョン・レノン・ミュージアム・ニュース』秋号、無料配布中。


【7】<<<<<<<<<◆ロック・クロニクル◆>>>>>>>>>>【7】

■「ロック・クロニクル・ナウ」(6)by広田寛治
『ロック・クロニクル1952-2002〜現代史のなかのロックンロール』執
筆後に起こったロックンロールに関連する社会的なできごとを整理していきます。
第6回は2003年2月上旬までのできごとです。


2003年
2月6日
マイケル・ジャクソンが、3日イギリスで放送されたみずからのドキュメンタリ
ー番組に対し、信頼を裏切られきわめて悪意に満ちた番組に仕立て上げられたと
激しく抗議する声明を発表した。ジャクソンはこのなかで「打ちのめされた」と
する一方、「自分が児童虐待をしているような印象を視聴者に植え付けかねない」
と怒りをあらわにした。

2月6日
ローリング・ストーンズがロサンゼルスのステープルズ・センターで地球温暖化
防止を訴えるために、18,000人を集めて34年ぶりの無料コンサートを開
催。主催は全米自然資源防衛評議会(NRDC)。クリントン元大統領がスピー
チを行ないオープニングを宣言したあと、ストーンズは2時間15分にわたって
往年のヒット曲を中心に20曲を披露。ミック・ジャガーは「これまでにもすば
らしいオープニング・アクトを迎えてきたが、合衆国大統領にやってもらったの
は初めて」と語った。

2月10日
3月発売の最新シングル「アメリカン・ライフ」のプロモーション・ビデオで、
マドンナがアメリカのイラク攻撃への反対を訴えていることが明らかになる。そ
の内容は、ファッション・ショーを舞台に反戦メッセージを伝えるもので、マド
ンナが手投げ弾を投げるシーンなども含まれているという。広報担当者は、ブッ
シュ米大統領を個人的に批判するものではなく、戦争反対と戦争の恐ろしさを訴
えるものだと説明した。


おかげさまで好評です。
『ロック・クロニクル1952-2002〜現代史のなかのロックンロール』の詳しい内
容は
http://homepage2.nifty.com/beatopia/chronicle-text.html
をご覧ください。読みはじめたら一気に読んでしまったという人が多いですよ〜。

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ストライプと歩いて巡る、激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー! ●
アビイ・ロードの横断歩道での記念写真撮影あり。リクエストによって、時間や
ルート、人数のアレンジも致します。リバプール・ツアーについてはお問い合わ
せ下さい。基本コース(3時間〜3時間半) £35(1名)、£50(2名)
●お問合わせ・お申込み:電話またはファクスにてStripeへ +44-20-77307761●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

【70】<<<<<<<<<<<<◆声◆>>>>>>>>>>>>>【70】

■ヨーコさん、いつまでも活躍して
洋子さんが15日、平和を願って、パリでCut Pieceをしたのは皆さんご存知で
すよね。今回は息子のショーンも参加して、きりっとした顔でしている映像をみ
ましたが、洋子さんは、70歳というお年(すみません)とは逆にますますエネ
ルギッシュで、すごいですね。いつまでもお元気で、活躍して欲しいです。
11月のポールとへザーの赤ちゃんの顔をみるのが、楽しみな今日この頃です。
では又。 (ミッキー)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■待っていました!!
新装盤『レット・イット・ビー』はお蔵入りのアルバム『ゲット・バック』なの
でしょうか?ジョージ・マーティンが編集したライヴ盤がある…、発売中止になっ
た…と、知ったときとても残念な思いを抱きました。現在の『レット・イット・
ビー』のアルバムには何か物足りなさ、何か変?そう思いつつも聞き続けていま
した。「ロング・アンド・ワインディング・ロード」や「レット・イット・ビー」
の曲についての噂話?を耳にしながら。なので、新装盤発売の新聞記事に思わず
叫びました。「やったー!!待っていました!!」早く聴きたいです。待ち遠し
いです。とても楽しみにしている毎日です。 (原田信子)

このほかにも、おたよりをいただいたみなさん、ありがとうございます。ハンド
ル・ネームでの掲載をご希望の方はその旨お書き添えください。今週も友情とサ
ウンド・オブ・サイレンスを込めてお送りしました。
AEB04556@nifty.com


/♪/フロム編集部/♪/========================

●小学校時代、ビートルズとクイーンどっちがいいか、友だちと闘ったものでし
た。ライバルでした。でも当時のクイーンの曲はほとんど知っています。その理
由は、夢ムック『クイーン』編集後記に続く。(淡路)
●東京はここ数日、さわやかな秋晴れが続いています。ああ、一年中こんな気候
だといいなあ…(遠い目)。(山川)
●世田谷文学館で大好きな安部公房展が始まりました。もう没後10年なんです
ね。偶然、数年前に一度行ったきりの文学館のそばにあるレストランからコース・
ランチ当選のお知らせ! 「いまごろ、なぜ? 不況のせい?」と思いつつも、
せっかくだから公房展のついでに行ってみようかな〜。(広田)

====================================

━━☆/広告掲載について☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 フロム・ビーのメールマガジンBEA−MAILに広告を掲載しませんか
     ヘッダー ¥5,000, ミドル ¥3,000, フッター ¥2,000
  回数割引あります。詳細・お申し込みはこちら → AEB04556@nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆広告掲載について/☆━━

▼購読について
このメールマガジンは
『melma!』:マガジンID「m00010835」 http://www.melma.com/
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」 http://www.mag2.com/
『Pubzine』:マガジンID「5894」 http://www.pubzine.com/
などを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホームページ上で簡単
に行なうことができます。

BEA−MAILに関するご意見、ご提案、激励、勤め先の上司って…情報等、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030831-00000875-reu-ent 
は下記でお待ちしております。件名とお名前を必ず書いてください。件名のない
メールは開かないことがあります。
本誌やBEATOPIAの記事の転載を希望される場合はご連絡ください。
また、媒体でご紹介くださる場合もご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL
2003年9月29日号(通巻第187号)
発行元/フロム・ビー AEB04556@nifty.com
編集人/広田寛治
スタッフ/淡路和子、山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2003 FROM BEA
================================from BEA

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■衝撃のロード・エッセイ『みんなこどもだった。』土橋周平著/日本文学館より
□  ◎緊急発売決定!☆10/1よりネット書店ほか全国発売☆1050円☆大人向け
□   ロンドン・リバプール・アムステルダム・モンサンミッシェルを駆ける
□ ノンフィクションドライヴィング小説/マージー川の向う岸で見たものとは
■「ペパーズ」の真実&写真HP掲載中 http://plaza.rakuten.co.jp/halloplanet/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。