音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2003/08/18]

2003/08/18



°°‖》《 《》 ‖▼‖《》‖‖
。。‖》《 ‖‖ ̄‖ ‖‖‖‖‖▲

ビートリー・ライフを送るための電子メールマガジン

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 ■BEA-MAIL■ 2003年8月18日号(第181号)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

♪2週間ぶりにこんにちは♪

ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズのような)暮らしを送るために欠かせ
ない情報をお届けするフロム・ビーのメールマガジンBEA−MAIL(ビーメ
ール)です。毎週月曜日に無料で配信しています。BEA−MAILはあなたの
ビートリー・ライフを応援します。
先週は夏休みをいただきまして、ありがとうございました。2週間前に「やっと
梅雨明け」と書きましたが、梅雨明け宣言が出なかった地域もあるようですね。
なんだか、もう秋です。
フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★″エイト・デイズ・ア・ウィーク★″

▽8月19日(火) パフィーのアルバム『NICE.』を見る→【1】
▽8月20日(水) 映画『バニラ・スカイ』をテレビで観る→【2】
▽8月21日(木) 映画『アイ・アム・サム』をテレビで観る→【2】
          『プレイヤー』9月号を読む→【3】
▽8月22日(金) 映画『キャンディ』を観にいく→【6】
▽8月23日(土) リンゴの公式ウェブサイトを訪ねる→【4】
▽8月24日(日) ビートリーなウェブサイトを訪ねる→【4】
▽8月25日(月) エルヴィス・コステロの誕生日→【8】
▽8月26日(火) 気まぐれ連載「ロック・クロニクル・ナウ」→【7】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■KAWADE夢ムック『サイモン&ガーファンクル』■河出書房新社■発売中
>> 僕はこの惑星に生きていて、夜明けと夕暮れを見て、
>> 雨を感じられることを本当にありがたいと思っている。
□ポール・サイモン・インタビュー「時の流れに」STILL CRAZY?□
http://homepage2.nifty.com/beatopia/yumemonkel.html 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ホット・ニュース _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■リンゴ、ニューヨークの公園でミニ・コンサート
第8期オール・スター・バンドとともにアメリカ・ツアー中のリンゴ・スターは、
8月1日にアメリカABCテレビの番組『グッド・モーニング・アメリカ』のた
めに、ニューヨークのブライアント・パークで入場無料のミニ・コンサートを行
ないました。
コンサートの映像は、リンゴの公式ウェブサイトで観ることができます(「recent 
update」のコーナーへお進みください。8月1日付です)。
http://ringostarr.com/

■ジョンが「偉大なイギリス人」海外視聴者投票の第6位に
BBCテレビの国際放送、BBCワールドの海外視聴者が「時代を越えた偉大な
イギリス人」を選ぶインターネット投票で、ジョン・レノンが第6位に入りまし
た。
8月15日に報じられたところによると、第1位は物理学者ニュートンで、以下
ウィンストン・チャーチル、ダイアナ元皇太子妃、シェイクスピア、ダーウィン
と続いています。

■ポール、ヤンキー・スタジアムで野球観戦
8月6日、ポール・マッカートニーはニューヨークのヤンキー・スタジアムを訪
れ、アメリカ大リーグ公式戦、ニューヨーク・ヤンキース対テキサス・レンジャ
ーズの試合を観戦しました。
当日のポールの写真はこちらです。
http://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/030807/168/4wrwo.html

■ラトルズの映画、続編がプレミア上映
8月16日、ビートルズのパロディ・バンド、ラトルズの映画『4人もアイドル
!』の続編が、ロサンジェルスで開かれた映画・音楽祭「ドント・ノック・ザ・
ロック・フィルム・アンド・ミュージック・フェスティバル」のなかで世界初公
開されました。これはエリック・アイドルが中心になって製作された作品で、タ
イトルは『Rutles 2 : Can't Buy Me Lunch』。アイドルのほかニール・イネス、
デヴィッド・ボウイ、トム・ハンクス、ロビン・ウィリアムスなどが出演してい
ます。

詳しい記事、過去の記事は下記ホームページの「ニュース」で読んでください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia
BEA−MAILやBEATOPIAから転載された場合はご一報いただければ
幸いです。


【1】<<<<<<<<<<<◆リリース情報◆>>>>>>>>>>>【1】

<Review>
■PUFFY
アルバム『NICE.』
8月12日アメリカ発売 BarNone Records BRN-CD-142
日本が誇る偉大なるパロディ・バンド(と言ってもいいでしょう)、パフィーの
最新アルバム。アメリカ盤とカナダ盤のジャケットが表裏ともジョンとヨーコの
ベッド・インのパロディになっています(日本盤のアートワークはまったく異な
ります)。
英語の公式サイトでは、現在トップページから『NICE.』のページが選択できます。
表ジャケットが見られます。
http://www.PuffyAmiYumi.com/
日本の公式サイト(揺れます)ではリリースのページをどうぞ。ザ・フーとかボ
ブ・ディランのパロディもあるんですね。
http://puffy.hit-r.com/


【2】<<<<<<<<<<<◆テレビ情報◆>>>>>>>>>>>>【2】

■映画『バニラ・スカイ(VANILLA SKY)』
8月20日(水)午後7時40分〜10時 WOWOW
8月26日(火)午前9時40分〜11時57分 WOWOW
(2001年アメリカ/監督キャメロン・クロウ、製作・主演トム・クルーズ、
出演ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス)
ポールが主題歌を書きおろた映画。1997年のスペイン映画『オープン・ユア・
アイズ』のハリウッド版リメイクですが、こちらの主人公はマンハッタンの高級
アパートに住む大手出版社の御曹司。映画はマンハッタンの鳥瞰図で始まり、ダ
コタ・ハウスらしき家も出てきます。どこまで夢なのか現実なのか、ストーリー
は複雑に展開しますが、結末は明解です。音楽ライターとしてキャリアをスター
トさせたキャメロン・クロウ監督の作品だけあって、ボブ・ディランのアルバム・
ジャケットと同じ構図のシーンや、ザ・フーのライブ映像なども出てきます。ビ
ートルズのメンバーの好みを言うせりふもあり。ポールの曲「バニラ・スカイ」
は2回流れます。サントラ盤には入っていませんが、ビーチ・ボーイズやローリ
ング・ストーンズの曲も使用。DVDも発売中。
http://www.wowow.co.jp/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■映画『アイ・アム・サム(I AM SAM)』
8月21日(木)午後6時〜8時20分 WOWOW
(2002年アメリカ/監督ジェシー・ネルソン、主演ショーン・ペン、ミシェ
ル・ファイファー)
全編サウンドトラックにビートルズ・ナンバーのカバーが使われた映画。キャッ
チ・コピーはLove is all you need。日本でも昨年ロード
ショー公開されて大ヒットしました。ショーン・ペン演じる父親の子どもの名前
がルーシーだったり、ミシェル・ファイファー演じる弁護士の名前がリタ・ハリ
スンであるのをはじめ、ストーリーのあちこちにビートルズがちりばめられた作
品でもあります。ビートルズがらみということを抜きにしても、ぜひ観てくださ
い。ショーン・ペンはこの作品でアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされま
した。曲はベン・ハーパーによる「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」
など。サントラ・アルバム、DVDも発売中。

*オンエア情報は必ず当日の新聞や放送局のサイト等でご確認ください。大停電
などにより予告なく変更になることがあります。


【3】<<<<<<<<<<<<◆読みもの◆>>>>>>>>>>>>【3】

<Review>
■『プレイヤー』9月号
8月2日発売 プレイヤー・コーポレーション 本体価格571円
今月の『プレイヤー』はポールの表紙で、インタヴューが面白く、ポールがYO
KOについてYOKOがポールについて語っております。 (M)
Mさん、ありがとうございました。ご感想なども、どうぞお寄せください。その
ほか、「夢のバンド」のページでは、ウクレレ・プレイヤーのジェイク・シマブ
クロがいっしょに演奏してみたい人としてジョージ・ハリスンと答えています。


【4】<<<<<<<<<<◆WEBで遊ぼう!◆>>>>>>>>>>【4】

■リンゴ・スター公式ウェブサイト
http://ringostarr.com/
映像がもりだくさんのリンゴの公式サイト。ニュースでもお伝えしたように、
「recent update」のコーナー8月1日付でリンゴからのメッセージとコンサー
トのもようを見ることができます。メン・アット・ワークの「ノックは夜中に」
を覚えている人は、懐かしさで倒れないように気をつけて。リンゴはキッチン・
オブ・ラブ♪からメッセージを送っています。わりとちゃんと更新されているよ
うなので、たびたびチェックしてみましょう。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■PREPRE'S GIRL IN THE BOX
http://www2.neweb.ne.jp/wd/prepre/
ファッションドールのジェニーとブライズ(今すごい人気ですネ)、ビートルズ
を愛するぷれぷれさんのサイト。まず『リボルバー』風のコラージュをクリック
して中に入ります。「まりもちゃんの神出鬼没でGO(Magical Mystery Tour)」
でビートルズゆかりの地を案内してくれます。ロンドンやリバプール、ニューヨ
ークが中心ですが、今年はポールのダブリン公演も行かれたようで。日本のゆか
りの地ももりだくさん。写真を見せるだけではない楽しさがあります。


【5】<<<<<<<<<<<◆コンサート◆>>>>>>>>>>>>【5】

<Review>
■ジェイク・シマブクロ 7月29日(火)東京/赤坂BLITZ
Jake Shimabukuroのライブに行ってきました。会場はほぼ満席の入りでした。
アコギにベース、ドラムにシンセをバックに登場したロック・ウクレリストの
Jakeは、のっけからの熱演で大いに盛り上がりました。
あまりに激しいストロークのせいか、何度もチューニングをし直していました。
曲の合間のシンセのソロの時などにもチューニングしていて、この辺はさすがに
プロらしいなぁ、よくこんな環境でチューニングができるなぁ、と思いました。
ビートルズ・ナンバーがセットリストに入ってるとは期待していなかったのです
が、しっかりやっていただきました。
バンドのメンバーをいったん引き上げさせたあと、ソロのコーナーになって、
「影響を受けたアーティストのメドレーをやります。ジョージ・ハリスンはウク
レリストだって知ってるかな? このメドレーをジョージ・ハリスンに捧げます」
というようなことをエムシーで言ったあと、「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエ
ア」「イエスタデイ」「サムシング」「レット・イット・ビー」の4曲をメドレ
ーで演奏しました。
エフェクトのかかったロックンロール・ウクレレのあとだったから、なおさら素
のウクレレの音がJakeのテクニックと相まって会場に響き渡り、それはすばらし
いものでした。
ハワイのそよ風を期待してかどうかはわかりませんが、子ども連れも多く見受け
られました。ロック、ブルース、ちょっとだけバラードといった構成は、お子さ
まにはちょっと辛かったようで、耳を両手でふさいだ女の子をだっこしたお母さ
んが何度も通路を行き来していました。私の隣にお母さんと来ていた男の子はお
となしく聞いていたようですが。
ビートルズ・メドレーの演奏中も、飽きちゃった女の子とそれをあやすお母さん
の声が会場の片隅から聞こえてきたのですが、それはそれで、CD『ウクレレビ
ートルズ』の関口和之&IWAOの路上ライブのような趣があって、それなりに
楽しめました。その女の子をあやすような表情をしながら演奏していたJake氏の
人柄もしのばれました。
アンコールの最後はユーミンの「春よ来い」でした。しっとりとした趣で、観客
もみんな大満足だったようです。
このライブはビデオ撮りしていたようで、後日DVDで発売されることでしょう。
(ましゃりこん)


【6】<<<<<<<<<<<<<◆映画◆>>>>>>>>>>>>>【6】

<Review>
■キャンディ(CANDY)
レイトショー公開中
(1969年イタリア、フランス/監督クリスチャン・マルカン、出演エヴァ・
オーリン、マーロン・ブランド、リンゴ・スター、ジェイムズ・コバーン)
おバカです。おサイケです。
愛すべきおバカさんではあっても決して頭カラっぽなわけではなく、そこは『マ
ジック・クリスチャン』のテリー・サザーン(原作)、小気味よく風刺がきいて
います。カリスマ詩人とか、なまぐさ伝道師とか、笑えます。
映画の解説では製作年について「一説には68年とも言われる」と書いてあり、
詳細は謎も多いようですが、リンゴの出演シーンが撮影されたのは1967年の
12月。67年に製作が始まっていたことを思えば、このサイケ度も納得です。
主題歌がバーズとステッペン・ウルフだったりしますから、音楽にも耳を傾けて
みましょう(傾けるまでもなく強烈か)。
ストーンズのメンバーと浮き名を流したことで知られるアニタ・パレンバーグも
ちゃんと女優してますのでご確認を。
1960年代に公開された当時は酷評されたそうですが、30年以上の時を経た
今、日本で大ヒット。『ワンダーウォール』もそうでしたが、明らかに今どきの
女の子が先導しています。 (あわ)
R−15指定なので、15歳未満または中学生以下のみんなは観ちゃだめです。
これ以上きわどいものをテレビで観ているとしても。
映画の公式サイトはこちらです。
http://www.candy-1969.com/
東京での上映は8月22日まで。ヒット記念で先着順にバッジをプレゼント中。
欲しい人は早めに並んだほうがよさそう。上映館、シネマライズのサイトはここ。
http://www.cinemarise.com/
大阪では、8月23日から梅田ガーデンシネマで公開が始まります。
http://www.cineplex.co.jp/umeda/
以降、名古屋、札幌、神戸、福岡、京都などで順次公開される予定。


【7】<<<<<<<<<◆ロック・クロニクル◆>>>>>>>>>>【7】

<気まぐれ連載開始!!>
■ロック・クロニクル・ナウ(1)
by広田寛治
拙著『ロック・クロニクル1952-2002〜現代史のなかのロックンロール』(河出
書房新社)発売から6か月(ぜひ読んでくださいね)。おかげさまでさまざまな
ところでとりあげていただき、多くの方から今後の研究へのエールをいただきま
した。「世界が危険な方向に進みつつあるいまこそ、音楽の持つ力を最大限に活
かさなければ、ロックンロール50年の歴史はいったいなんだったのか、というこ
とになってしまう」といった声もいただきました。
当然のことですが、ロックに関連する社会的な事件はその後もたえることがあり
ません。ここでは「ロック・クロニクル・ナウ」というタイトルで『ロック・ク
ロニクル』執筆以降に起きたロックにまつわる社会的なできごとを年譜形式で整
理していきたいと思います。例によってきまぐれな連載になりますが、おつきあ
いいただければ幸いです。
『ロック・クロニクル1952-2002』の年表は、原稿の締切日との関係で、2002年
11月29日にロンドンで開催されたジョージ・ハリスン追悼コンサートで終わって
います。ですので、2002年12月のできごとから始めたいと思います。

第1回/2002年12月前半
12月1日 世界エイズの日に、エイズへの意識を高めるための「ハート・オブ・
アメリカ」講演ツアーが、U2のボノらが参加して始まる。ボノは、2200万人が死
亡し、3600万人が感染しているといわれるアフリカでのエイズの蔓延をくい止め
るための活動をはじめ、ほかにも第3世界の人々が自立できるためのさまざまな
活動を続けている。
12月13日 ザル・ヤノフスキー(ラヴィン・スプーンフルのギタリスト)が心臓
の発作で他界(57歳)。ヤノフスキーは、ジョン・セバスチャンらと1965年にラ
ヴィン・スプーンフルを結成。デビュー・シングル「魔法を信じるかい?」から
7曲連続で全米トップテン・ヒットを放つ。66年にマリファナ所持で逮捕され、
67年にはグループを脱退し、新たな活動を開始。引退後はグループも68年に解散
したが、2000年にはロックの殿堂入りを果たしていた。
12月14日 イギリスのレゲエバンドUB40がスリランカ・コロンボで行なわれ
た平和のためのコンサートに出演。スリランカでは、2002年2月に政府と反政府
ゲリラ「タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)」との停戦が実現。このコン
サートで平和が訪れたことを祝った。ボーカルのアリ・キャンベルは、12日に行
なわれた記者会見で「われわれはレゲエ大使で、レゲエとは平和と愛を歌う音楽」
と語っていた。

『ロック・クロニクル1952-2002〜現代史のなかのロックンロール』の詳しい内
容は
http://homepage2.nifty.com/beatopia/chronicle-text.html
をご覧ください。


【8】<<<<<<<<<<<◆バースデイ◆>>>>>>>>>>>>【8】

★エルヴィス・コステロ 1954年8月25日 ロンドン生まれ
長年連れ添い、コステロの曲の歌詞も書いていたケイト・オリオーダンと昨年離
婚したと思ったら、今年の春には(世に言う)美人ジャズ・シンガーのダイアナ・
クラールと婚約したエルヴィス・コステロ。ポールのまねしたわけじゃないと思
いますが、ポールとはまた『フラワーズ・イン・ザ・ダート』のころのように遊
んであげてくださいね。

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ストライプと歩いて巡る、激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー! ●
アビイ・ロードの横断歩道での記念写真撮影あり。リクエストによって、時間や
ルート、人数のアレンジも致します。リバプール・ツアーについてはお問い合わ
せ下さい。基本コース(3時間〜3時間半) £35(1名)、£50(2名)
●お問合わせ・お申込み:電話またはファクスにてStripeへ +44-20-77307761●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━


【9】<<<<<<<<<<<<<◆声◆>>>>>>>>>>>>>>【9】

■どうもありがとうございます!!
「バンガロウ・ビル」のイントロの件でお世話になりましたBLUE MINIMINIです。
多くの方々に正解をお教えいただき、ようやく疑問の深淵より抜け出すことがで
きました。心より感謝申し上げます。最初に聴いたときからBEATLESのメ
ンバーらしからぬ演奏だなあと思ったものでしたが、プリセット音源だったんで
すかあ…。意外な解答にびっくりしました。
とにかく本当にどうもありがとうございました!! (BLUE MINIMINI)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■喫茶店で「イマジン」うたう
世界中の多くの人たちは、平和に暮らしているというより、Living for today=
今のために生きているのではないだろうか。「イマジン」の歌詞の中で、私はこ
の言葉にとても惹かれる。戦争やテロは毎日を懸命に生きている人の、ささやか
な幸せや望みを奪い、命を脅かし葬る。
世界中の人たち一人一人のかけがえのない人生をたいせつに思う気持ちに溢れた
「イマジン」の詞に私は共感する。
来月、6曲のビートルズ・ソングと「イマジン」を、ビートルズを楽しむ会の皆
と喫茶店で歌うことになった。 (原田信子)

今週も愛とイマジンを込めてお送りしました。ハンドル・ネームでの掲載をご希
望の方はその旨お書き添えください。
AEB04556@nifty.com


/♪/フロム編集部/♪/========================

●空港のお仕事ってたいへんですね。カウンターの方、遠い搭乗口までいっしょ
に走っていただいて、ありがとうございました。(淡路)
●『ホップ・ギア』だけ観るつもりが、つられて『バック・ビート』も観てしま
いました。しばらく朝型だったのが、これで一気に夜型に戻りました。(山川)
●はるつゆあきふゆ。けっきょく来なかったのかもしれないと思う夏。1年がま
すます短くなっていく。(広田)

====================================

━━☆/広告掲載について☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フロム・ビーのメールマガジンBEA−MAILに広告を掲載してみませんか。
     ヘッダー ¥5,000, ミドル ¥3,000, フッター ¥2,000
  回数割引あります。詳細・お申し込みはこちら → AEB04556@nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆広告掲載について/☆━━

▼購読について
このメールマガジンは
『melma!』:マガジンID「m00010835」 http://www.melma.com/
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」 http://www.mag2.com/
『Pubzine』:マガジンID「5894」 http://www.pubzine.com/
などを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホームページ上で簡単
に行なうことができます。

BEA−MAILに関するご意見、ご提案、激励、ALL YOU NEED IS LAUGH情報
( http://mo-on.com/fes/ )等は下記でお待ちしております。件名とお名前を
必ず書いてください。件名のないメールは開かないことがあります。
本誌やBEATOPIAの記事の転載を希望される場合はご連絡ください。
また、媒体でご紹介くださる場合もご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL
2003年8月18日号(通巻第181号)
発行元/フロム・ビー AEB04556@nifty.com
編集人/広田寛治
スタッフ/淡路和子、山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2003 FROM BEA
================================from BEA

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。