音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2003/07/14]

2003/07/14



°°‖》《 《》 ‖▼‖《》‖‖
。。‖》《 ‖‖ ̄‖ ‖‖‖‖‖▲

ビートリー・ライフを送るための電子メールマガジン

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 ■BEA-MAIL■ 2003年7月14日号(第177号)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

♪ミックロックこんにちは♪

ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズのような)暮らしを送るために欠かせ
ない情報をお届けするフロム・ビーのメールマガジンBEA−MAIL(ビーメ
ール)です。原則として毎週月曜日に無料で配信しています。来週の月曜は海の
日なので、翌火曜日にお届けします。BEA−MAILはあなたのビートリー・
ライフを応援します。
フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★″エイト・デイズ・ア・ウィーク★″

▽7月15日(火) 映画『キャンディ』を観にいく→【6】
▽7月16日(水) リアム・リンチのアルバムを聴く→【1】
          映画『失われた週末』をテレビで観る→【2】
▽7月17日(木) 『ジョン・レノン・レジェンド』本を予約する→【3】
▽7月18日(金) ミック・ロック写真展を観にいく→【5】
▽7月19日(土) クオリーメン日本公演のチケットを申し込む→【4】
          クラプトン日本公演のチケットを予約する→【4】
▽7月20日(日) 映画『アイ・アム・サム』をテレビで観る→【2】
▽7月21日(月) ジョン・レノン・ミュージアムに行く→【8】
▽7月22日(火) リンゴ・バースデイ・イベントをふりかえる→【7】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ビートルズ、ローリングストーンズをはじめとした60'sロックのUKオリ
ジナル盤を扱う通販専門店 《ディスクワン》 ◆只今、最新リスト掲載中!!
今回もUKより入荷したアイテムが多数あり。 今すぐアクセスを!
◆ お探しのレコードがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
e-mail:  music@discone.net  ホームページ: http://www.discone.net 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ホット・ニュース _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■DVD『アンソロジー』がマルチ・プラチナを獲得
3月31日(アメリカでは4月1日)に発売された5枚組DVD『ザ・ビートル
ズ・アンソロジー』のアメリカでの売上げが130万枚(26万組)を超え、5
月5日付でアメリカ・レコード協会(RIAA)からゴールド、プラチナ、マル
チ(13)・プラチナの各アワードが贈られました。
同協会は毎月、ゴールド(アルバムは50万枚、映像ソフトは5万枚の売上げ)、
プラチナ(アルバムは100万枚、映像ソフトは10万枚の売上げ)、マルチ・
プラチナ(アルバムは100万枚、映像ソフトは10万枚の売上げが増えるたび
にプラチナの数を追加)の3種類を認定しています。DVD『アンソロジー』は、
『ビルボード』誌4月19日付のミュージック・ビデオ部門で初登場1位を記録
したあと、7月14日現在14週連続で10位以内を維持。世界の総売上げは、
4月上旬の時点で60万組に達していました。

■ステラにスコットランドの大学から名誉学位
7月8日、スコットランドにあるダンディー大学からステラ・マッカートニーに
名誉学位が授与されました。これはステラのファッション・デザイナーとしての
活躍をたたえたもので、授与式はロンドンで開催された同大学デザイン学部の卒
業記念セレモニーの席上で行なわれました。当日の写真はこちらです。
http://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/030708/170/4mbo7.html

詳しい記事、過去の記事は下記ホームページの「ニュース」で読んでください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia
BEA−MAILやBEATOPIAから転載された場合はご一報いただければ
幸いです。

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ライブハウス&フィルムパブ『ラバーソウル』■京浜東北線鶴見駅下車5分■
◎7/26(土)チューリップ特集◎7/27&8/31(日)ビートルズ特集/ビートルース
◎8/3&15(日)15:00〜夏休みセッション会「モグタンと遊ぼう」参加者募集中♪
■ビートルズ関連のグッズ通販ショップ「最新アナログ盤リスト毎日UP!」■
◎大好評♪早い者勝ちです!◎入口はここ→ http://www.beatle-japan.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

【1】<<<<<<<<<<<◆リリース情報◆>>>>>>>>>>>【1】

<Coming Soon>
■リアム・リンチ
アルバム『フェイク・ソングス(FAKE SONGS)』
7月16日発売 東芝EMI VJCP-68553、税抜2,427円
リンゴとマーク・ハドソンが設立したパンキンヘッド・レコードからリリースさ
れたリアム・リンチのデビュー・アルバム。日本でも発売されます。
全20曲のほとんどをリアムがひとりで録音していますが、リンゴが2曲にドラ
ムで参加しています。『フェイク・ソングス』というタイトルどおり、「ビョー
ク風」「デヴィッド・ボウイ風」「トーキング・ヘッズ風」など、本人かと思え
るようなまねっこソングが楽しい。こういうパロディって、やっぱりセンスのあ
る人じゃないとできないでしょう。イントロが流れてすぐ、隣の席で山川が「む
じんくん」と言っていたデビュー曲「‘知ったこっちゃねーし’合衆国(United 
States of Whatever)」、これはCMに影響を受けたわけじゃないと思いますけ
ど、とても日本人になじみやすいと思います。
日本盤はCDエクストラ仕様で、5トラックの映像も収録。アメリカで4月に発
売されたCDはDVDとセットになっていて、DVDに収録されたビデオ・クリッ
プにはリンゴもちょこっと登場しています。さらに、このリアム・リンチという
人、ポールが後援者になっているリバプールの芸術大学LIPAの第1期生です。
ポールが特別に学生に直接アドバイスしたという話がありましたよね、その5人
のうちのひとりでもあったそうです。アルバムの謝辞にはリンゴやハドソンのほ
かにポールの名前も見られます。 (あわ)
リアムとたわむれるリンゴの姿も見られるパンキンヘッド・レコードの公式サイ
トはこちら。ロゴ・マークもナイスです。
http://www.pumkinheadrecords.com/

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■KAWADE夢ムック『サイモン&ガーファンクル』■河出書房新社■発売中
□映画『卒業』 本日14日午後8時〜9時50分、NHK-BS2で放送!!
音楽:サイモン&ガーファンクル「ミセス・ロビンソン」「スカボロー・フェア
(詠唱)」「サウンド・オブ・サイレンス」「4月になれば彼女は」 ほか
http://homepage2.nifty.com/beatopia/yumemonkel.html 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

【2】<<<<<<<<<<<◆テレビ情報◆>>>>>>>>>>>>【2】

■映画『失われた週末(THE LOST WEEKEND)』
7月16日(水)午後6時〜7時45分 WOWOW
(1945年アメリカ/監督ビリー・ワイルダー、出演レイ・ミレンド、ジェ−
ン・ワイマン)
ジョンはヨーコと別居していた期間を「失われた週末」と呼んでいましたが、そ
の呼び名のもとになったのではないかと思われる映画。売れない作家がアルコー
ル中毒から抜け出そうとするが、タイプライターを売ってまで酒浸りの日々を送
る…という物語です。アカデミー賞で4部門を受賞した名作。
http://www.wowow.co.jp/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■映画『アイ・アム・サム(I AM SAM)』
7月20日深夜(21日午前)0時10分〜2時30分 WOWOW
(2002年アメリカ/監督ジェシー・ネルソン、主演ショーン・ペン、ミシェ
ル・ファイファー)
全編サウンドトラックにビートルズ・ナンバーのカバーが使われた映画がWOW
OWの「映画で泣く!」特集の枠で放送されます。日本でも昨年ロードショー公
開されて多くの人の涙を誘いました。ショーン・ペン演じる父親の子どもの名前
がルーシーだったり、ミシェル・ファイファー演じる弁護士の名前がリタ・ハリ
スンであるのをはじめ、ストーリーのあちこちにビートルズがちりばめられた作
品でもあります。ビートルズがらみということを抜きにしても楽しめます。ショ
ーン・ペンはこの作品でアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされました。曲
はルーファス・ウェインライトによる「アクロス・ザ・ユニバース」など。サン
トラ・アルバム、DVDも発売中。

*オンエア情報は必ず当日の新聞や放送局のサイト等でご確認ください。辞職願
提出などにより予告なく変更になることがあります。


【3】<<<<<<<<<<<<◆読みもの◆>>>>>>>>>>>>【3】

<Coming Soon>
■『ジョン・レノン・レジェンド』
10月9日日本先行発売予定 河出書房新社 本体価格5,200円
ものすごい反響を呼んでいるようですね。貴重なジョン直筆の作詞メモ、少年ジョ
ンが描いた絵本や絵画、ジョンをインスパイアしたヨーコのアート、ヌートピア
の国旗など、ジョン・レノンを語るうえで欠かせない作品や遺品のレプリカを50
点以上収録した豪華アートブック。お気に入りのレプリカを額に入れて飾るとい
うのもいいですね。さらにジョン・レノンの未発表のものを含む3つのインタビュ
ー(日本語訳付)と「イマジン」のライブ演奏(『マイク・ダグラス・ショー』
初CD化)を収録したCD(約60分)付。オノ・ヨーコの指示と助言のもと本
書の構成・制作・執筆にあたったのは、ロックの殿堂ミュージアムの主任キュレ
イターのジェイムズ・ヘンケ。ジョン&ビートルズ・ファンのみならずロック・
ファン必携。
全国の書店、または下記の出版社のホームページで予約受付中。予約申込締切日
は8月31日。ですが、限定版につき満数になりしだい受付終了とのことですの
で、お早めにどうぞ。
http://www.kawade.co.jp/

上記の内容紹介を読んでご質問をいただいてしまいました。
《ご質問》
こんにちは! いつも楽しく拝見しています。さて、今日はちょっと疑問に思っ
たことをお尋ねしようとメイルしてみました。
その1、10月9日に河出書房新社から発売される『LENNON legend』ですが、
イラストや手書きの歌詞のレプリカということで楽しみなのですが、著者の「ジェ
ームズ・ヘンケ」という人はこの本で何をしているのですか?(解説ですか?)
(BLUE MINIMINI)
※別の質問もいただいていますが、そちらはわかりしだい順次ご回答の予定です。
《お答え》
読み直してみると、たしかに説明不足だったかもしれません。『ジョン・レノン・
レジェンド』には本もついています(笑)。その本には写真もたくさん掲載され
ています。というか、B4変形の大きなサイズのオールカラーの64ページの本
がベースになっていて、そこにポケットなどがたくさんついていて(ポップアッ
プ仕様というそうです)、そのなかにさまざまなレプリカが収納されていて、そ
れらが堅牢函に入っているという、超豪華アート・ブックなのです。ということ
で、ご質問へのお答えは、ジェームズ・ヘンケさんは「著者」、つまり本のなか
の文章を書いています(笑)。
すでに予約がかなり入っているようです。限定出版(レプリカの収納は1冊1冊
ていねいに手作業で行なわれるらしい)なのでご予約はお早めに。


【4】<<<<<<<<<<<◆コンサート◆>>>>>>>>>>>>【4】

<Coming Up>
■クオリーメン/THE HIGH−LOWS
クオリーメンがコンサートのため来日します。昨日、流しっぱなしにしていたF
M番組から「ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンが
在籍したバンド」とか聞こえてきて、初めのうちなに言ってんのかわからなかっ
たのですが、オリジナル・メンバーで初来日というコンサート情報でした。ジョ
ンとポールの出会い40周年などのイベントで再結成していたクオリーメン。オ
リジナル・メンバーでの初来日と言うなら1966年のビートルズ武道館公演じゃ
ないのかとか、つっこんでいる場合ではありません。なぜかHIGH−LOWS
とのジョイントです。HIGH−LOWSファンに追いやられないよう気をつけ
ましょう。 (あわ)
チケットの一般発売は大阪公演が8月2日、東京公演が8月9日。
チケットぴあでは、東京公演の先行抽選を7月22日(火)午前9時まで受け付
けています(当選した場合はシステム利用料が必要です)。
http://t.pia.co.jp/srs/dechu/pots/
今日発売の『ウィークリーぴあ』の綴じ込みハガキでスーパーリザーブシートに
応募することもできます。

<公演日程>
9月 9日(火) 東京/渋谷公会堂
9月10日(水) 大阪/フェスティバルホール
料金:全席指定5,355円
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
<Just For You>
■エリック・クラプトン
クラプトンの来日、びっくりです。でも…またまた福岡には来てくれないみたい。
ポールも大阪止まりだったし…。8大都市で北海道、広島があるのになぜ〜?(泣)
ポールのときは東京ドームまで頑張って脚を運んだけど…。おねがいです。福岡
を追加でスケジュールに入れてくださいませ!!m(_ _)m (MIW)
というおたよりもいただきました。もう大がかりなワールド・ツアーはしないと
宣言しているクラプトンですが、今年秋に日本だけのツアーを行ないます。やは
り日本は特別です。そういえば、なぜ福岡公演はないのでしょうねえ。福岡でな
にかあった?ってこともないと思いますが、全国には毎回遠征をしいられている
ファンも大勢いますから、追加が決まらなかったときは旅に出ましょう。
招聘元ウドー音楽事務所で先行予約受付中です。会場によって受付期間が異なり
ますので、詳細はこちらをご覧ください。
http://www.udo.co.jp/

<ツアー日程>
11月15日(土) 広島グリーンアリーナ
11月17日(月) 大阪城ホール
11月19日(水) 大阪城ホール
11月20日(木) 大阪城ホール
11月22日(土) 名古屋/レインボーホール
11月24日(月祝)さいたまスーパーアリーナ
11月26日(水) 横浜アリーナ
11月27日(木) 横浜アリーナ
11月29日(土) 日本武道館
11月30日(日) 日本武道館
12月 2日(火) 日本武道館
12月 3日(水) 日本武道館
12月 5日(金) 仙台/グランディ21
12月 7日(日) 札幌ドーム
12月 9日(火) 日本武道館
12月10日(水) 日本武道館
料金:S席9,000円、A席8,000円

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■KAWADE夢ムック『エリック・クラプトン』■好評発売中■河出書房新社
>> どこであろうと、「レイラ」をやらないなんて想像できない。
>> 過去に意味のあった曲はすべて、今も同じように大きな意味を持っているよ。
死ぬまでブルースを歌い続ける●エリック・クラプトン ロング・インタビュー
http://homepage2.nifty.com/beatopia/yumecla.html 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

【5】<<<<<<<<<<<<◆アート◆>>>>>>>>>>>>>【5】

<Coming Soon>
■ミック・ロック写真展 ROCK 'N' ROLL EYE
ロンドンのロックンロール・フォトグラファー、ミック・ロックの写真展が東京
都写真美術館で開催されます。デヴィッド・ボウイ、クイーン、イギー・ポップ、
ルー・リードなど、数々のミュージシャンのポートレイトやアルバム・ジャケッ
トを手がけたことで知られ、各アーティストを象徴する顔を多数撮っています。
日本では初めてとなる今回の個展では、代表作から新作まで約200点の写真が
展示され、ミック・ロック自身が手がけた映像作品も上映されます。
初日には、ミック・ロック本人が出席するトーク・ショーと、8月6日発売予定
のDVD『ラスト・ツアー/クイーン1986』のダイジェスト版の上映会が恵
比寿ガーデンプレイスの広場で行なわれます。詳細はこちらでどうぞ。
http://www.conversation.co.jp/
ミック・ロックの公式サイトはこちらです。
http://www.mickrock.com/

<ミック・ロック写真展>
会期:7月18日(金)〜8月28日(木)
   月曜休館(7月21日は開館、翌22日休館)
   午前10時〜午後6時(木・金は8時まで)
会場:東京都写真美術館(恵比寿ガーデンプレイス内)/3階展示室
料金:一般1,000円(前売/団体900円)、中高大生800円(前売/団体600円)
http://www.asahi.com/mickrock2003


【6】<<<<<<<<<<<<<◆映画◆>>>>>>>>>>>>>【6】

<Review>
■キャンディ(CANDY)
レイトショー公開中
(1969年イタリア、フランス/監督クリスチャン・マルカン、出演エヴァ・
オーリン、マーロン・ブランド、リンゴ・スター、ジェイムズ・コバーン)
1970年の公開当時は、角川から出た原作本をこっそり買うのがやっと(1964年に
日本版が初めて出たときは世界秘密文学選書12『飴ン棒ちゃん(ロリポップ娘)』
だったらしい)で、映画はとても恥ずかしくて観に行けませんでした。その後テ
レビでもやったようですが、なぜか観のがしてしまい、公開から33年を経てやっ
と念願かなって観ることができました。平日の夜の回にすべりこんだのですが、
まわりは若い女性と若いカップルばかり・・・、ちょっと恥ずかしかったです。
少し前に再公開された『ワンダーウォール』ご覧になった方も多いかと思います
が、こちらもストーリーなんてどうでもよくって、もっとサイケでもっとエッチ
でもっとおばかな映画です。そうそうたる出演者にあんなおばかな演技をさせて
しまうなんて、やっぱりすごい時代だったんだなーとしか言いようがありません。
(アイドルの顔を脱ぎ捨てた)ちょっとエッチなリンゴもほかの出演者に比べた
らかわいい存在です。音楽ファンとしては、バーズとステッペンウルフを起用し
たサイケデリック色あふれるサントラは必聴(これだけでも充分楽しめる)。音
楽監督はあの『卒業』でS&Gを使って大ヒットさせたデイブ・グルーシンでし
た。哲学的でよくわかりませんでしたが、キャンディはC&Yだそうです。おば
かに眼のない人はお見のがしなく。 (ひろた)
R−15指定なので、15歳未満または中学生以下のみんなは観ちゃだめです。
映画の公式サイトはこちらです。
http://www.candy-1969.com/
東京の上映館、シネマライズのサイトはこちら。
http://www.cinemarise.com/
今後、大阪、名古屋、札幌、神戸、福岡、京都など各地で順次公開されます。


【7】<<<<<<<<<<<<◆イベント◆>>>>>>>>>>>>【7】

<Review>
■ターコイズのリンゴ・スペシャル(に大笑い)
ビートルズ・ファンにとって7月7日のリンゴ・スターのバースデイは、年に一
度だけ存分にリンゴを楽しめるたいせつな日。なのでこの日のライブ選びは、絶
対に失敗は許されないのです(ホント)。何日間か思い悩んだ末(ウソ)、ぎり
ぎりになって今年はそろってアビーロードでターコイズのライブを初体験するこ
とに。なんとか最初のステージに間にあいましたが、ビートルズ・ナンバー中心
のなんの変哲もないステージで「ああ、失敗かー」と心のなかで悔やみました。
ところが、2回目のリンゴ・スペシャル・ステージで大変身。オールスター・バ
ンド風のリンゴを中心にエネルギッシュな演奏にお笑いもからめて大爆笑の連続
でした(1回目はエネルギー保存の法則だったのか?)。リンゴよりもリンゴな
キャラのリンゴとジョージよりもジョージなキャラのジョージのからみも最高。
毎日こんなテンションというわけではないのでしょうが、リンゴとジョージがこ
んなにもいきいきとしているステージが一度でもあったら、と思わずにはいられ
ませんでした。楽しいステージで思いっきり笑いたい人は、来年のこの日はター
コイズをおすすめします。とても控えめだったジョンとポールの実力はまた別の
機会にみせていただくことにして、当日のライブの詳細は以下のホームページで
どうぞ。 (ひろた)
http://homepage3.nifty.com/mugiclub1/2003Turquoise.htm


【8】<<<<<<<<<<<◆ミュージアム◆>>>>>>>>>>>【8】

<Coming Soon>
■特別展「日本人が出会ったジョン・レノン」19日より
ジョン・レノン・ミュージアムの特別展「日本人が出会ったジョン・レノン」が
今週末から始まります。
ジョンと同じ時代に生きた多くの日本人にジョンがどのような影響を与えたかを
ふりかえる展示。ジョンが日本の文化と日本人にいかなる影響を与えたかを、ジョ
ンを報道した当時の新聞、雑誌、ジョンを扱った出版物、ジョンと出会った人々
を通して考えていくというものです。
会期は7月19日(土)から9月29日(月)まで。この特別展期間中、入場者
にはもれなくビートルズ時代のジョンの写真を使ったミュージアムのオリジナル・
ポスターがプレゼントされるそうです(ポスターはミュージアムのサイトで見る
ことができます)。
http://www.taisei.co.jp/museum/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■『ホワイト・アルバム』を最新機器で聴くイベント
ジョン・レノン・ミュージアムでは『ホワイト・アルバム』の創作メモの月替わ
り展示を記念して、「挑戦『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』のサウン
ドを忠実に再現する」イベントが行なわれます。音の玉手箱と言われる(んでし
たっけ?)『ホワイト・アルバム』をアメリカのスピーカー・メーカーBOSE
の最新機器で聴いてみたい方はふるってご参加ください。
日時:7月20日(日)、7月21日(月) 開館時から閉館時まで
会場:ジョン・レノン・ミュージアム2階ロビー特設ステージ

<ジョン・レノン・ミュージアム>
さいたまスーパーアリーナ内4階〜5階
(JRさいたま新都心駅より徒歩3分、JR北与野駅より徒歩6分)
開館時間:午前11時〜午後6時
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は開館、翌水曜が休館)
入場料:大人1,500円、大学・高校生1,000円、中学・小学生500円
団体割引(20人以上)、障害者割引:
大人1,300円、大学・高校生800円、中学・小学生400円


【9】<<<<<<<<<<<<<◆訃報◆>>>>>>>>>>>>>【9】

▲ソレルズ・ピッカード
ギタリストおよびソングライターとしてカントリーの世界で活躍したソレルズ・
ピッカードが、7月4日にフロリダ州の自宅で亡くなりました。63歳でした。
リンゴ・スターの2作目のソロ・アルバム『カントリー・アルバム』(1970
年)には、ピッカードが書いた曲が4曲収められています(「ウィズアウト・ハ
ー」「ウーマン・オブ・ザ・ナイト」「フィフティーン・ダラー・ドゥロウ」
「サイレント・ホームカミング」)。ナッシュビルで行なわれた同アルバムのセッ
ションにもギターで参加し、裏ジャケットに掲載の集合写真では後列右端に写っ
ています。


━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ストライプと歩いて巡る、激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー! ●
アビイ・ロードの横断歩道での記念写真撮影あり。リクエストによって、時間や
ルート、人数のアレンジも致します。リバプール・ツアーについてはお問い合わ
せ下さい。基本コース(3時間〜3時間半) £35(1名)、£50(2名)
●問合は日本語でどうぞ:電話またはファクスにてStripeへ +44-20-77307761●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

読者のみなさん、いつもおたよりありがとうございます。今週も愛とスマイルを
込めてお送りしました。ハンドル・ネームでの掲載をご希望の方はその旨お書き
添えください。
AEB04556@nifty.com


/♪/フロム編集部/♪/========================

●去年のフジ・ロック。遺失物コーナーで「くつ片方なくしたんですけど。さっ
きHIGH−LOWS観てるあいだに」と問い合わせている男の子がいました。
(淡路)
●ついに電子辞書を購入しました。思った以上に使いやすくて◎です。(山川)
●梅雨のおかげで先週もライブやら映画やらたくさん楽しむことができました。
今日は早く帰ってテレビでサイモン&ガーファンクルの曲が使われた懐かしの
『卒業』観なきゃね。でも、そろそろ梅雨明けしてほしいね。3連敗はいかんよ。
(広田)

====================================

━━☆/広告掲載について☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  メールマガジンBEA−MAILにスマイリーな広告を掲載しませんか
     ヘッダー ¥5,000, ミドル ¥3,000, フッター ¥2,000
  回数割引あり。詳細・お申し込みはこちら → AEB04556@nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆広告掲載について/☆━━

▼購読について
このメールマガジンは
『melma!』:マガジンID「m00010835」  http://www.melma.com/
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」  http://www.mag2.com/
『Pubzine』:マガジンID「5894」  http://www.pubzine.com/
などを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホームページ上で至極
簡単に行なうことができます。

BEA−MAILに関するご意見、ご感想、ご提案、激励、むしろ光栄な情報等
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030709-00000025-nks-ent 
は下記でお待ちしております。件名とお名前を必ず書いてください。件名のない
メールは開かないことがあります。
本誌やBEATOPIAの記事の転載された場合、また、媒体でご紹介くださる
場合もご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL
2003年7月14日号(通巻第177号)
発行元/フロム・ビー AEB04556@nifty.com
編集人/広田寛治
スタッフ/淡路和子、山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2003 FROM BEA
================================from BEA

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。