音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2003/03/03]

2003/03/03



°°‖》《 《》 ‖▼‖《》‖‖
。。‖》《 ‖‖ ̄‖ ‖‖‖‖‖▲

ビートリー・ライフを送るための電子メールマガジン

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 ■BEA-MAIL■ 2002年3月3日号(第158号)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

♪今日はうれしいBEA-MAIL♪

ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズのような)暮らしを送るために欠かせ
ない情報をお届けするフロム・ビーのメールマガジンBEA−MAIL(ビーメ
ール)です。毎週月曜日に無料で配信しています。BEA−MAILはあなたの
ビートリー・ライフを応援します。
今日は楽しいひなまつり。女の子も男の子も、召しませ白酒、ちらしずし。
3周年を向かえたフロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)
も召しませ。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★″エイト・デイズ・ア・ウィーク★″

▽3月 4日(火) ジョニー・マー+ヒーラーズ日本公演を観にいく→【5】
          『ビートルズ&アップル・マテリアル』を読む→【3】
▽3月 5日(水) 『ロック・クロニクル』を読む→【3】
          テレビ番組『ストーンズ来日スペシャル!』を観る→【2】
▽3月 6日(木) ジミ・ヘンドリックスのテレビ・ドラマを観る→【2】
▽3月 7日(金) ローリング・ストーンズの映画をDVDで観る→【1】
▽3月 8日(土) Dear BEATLES 2003を観にいく→【5】
▽3月 9日(日) ジョン・レノン・ミュージアムに行く→【6】
▽3月10日(月) ローリング・ストーンズ日本公演を観にいく→【5】
▽3月11日(火) ビートルズ公式サイトを訪ねる→【4】
          ハニー・レモンであったまる→【8】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ビートルズ、ローリングストーンズをはじめとした60'sロックのUKオリ
ジナル盤を扱う通販専門店 《ディスクワン》 ◆3月中旬に最新リスト掲載!
今回もUKより入荷したアイテムが多数あり。 乞うご期待!!
◆コンディションには絶対の自信があります。 只今会員募集中!
e-mail:  music@discone.net  ホームページ: http://www.discone.net 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ホット・ニュース _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。転載を希望される場合
はご連絡ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■ポールのヨーロッパ・ツアーの日程が追加に
ポール・マッカートニーのヨーロッパ・ツアー「バック・イン・ザ・ワールド」
に、新たに次の3公演が加わりました。いずれもチケットの売行きが好調なため
追加された日程です。
4月22日 イギリス、ロンドン/Earls Court
5月 5日 スウェーデン、ストックホルム/Globe Arena
5月18日 ドイツ、ミュンヘン/Konigsplatz
http://www.paulmccartney.com/

■リンゴが「パンプキンヘッド・レコード」を設立
2月20日、リンゴ・スターがプロデューサーのマーク・ハドソンと共同で新た
なレーベル「パンプキンヘッド・レコード」を設立したことが発表されました。
最初の契約アーティストは、ナッシュビルの出身でポール・マッカートニーの提
唱で設立されたLIPA(リバプール総合芸術大学)の卒業生でもあるリアム・
リンチ。リンチのデビュー曲「United States of Whatever」(アメリカでは未
発売)は2002年12月に全英チャート10位まで上昇しており、リンゴはこ
の曲を「これまで聴いたなかで最高の2分間」と評するほど気に入っています。

■ジョージの少年時代のギターがリバプールで展示
ジョージ・ハリスンが少年時代に初めて手にしたとされるアコースティック・ギ
ターが、2月25日からリバプールのミュージアム「ビートルズ・ストーリー」
に展示されています。これは1950年代、10代前半だったジョージがおよそ
3ポンドで購入したもの。ビートルズ・ストーリーでは、ジョージがこのギター
を手にしている有名な写真とあわせてディスプレイされています。
http://www.beatlesstory.com/

■ポール、2002年のロック高額所得ナンバーワンに
イギリスの週刊誌『ヒート』の調べによると、イギリスのロック・シーンにおけ
る2002年高額所得者リストで、ポール・マッカートニーが1位になりました。
2000年、2001年と2年連続で1位だったビートルズは6位でした。
2月26日にイギリスの各紙が報じたところによると、2002年にアメリカ、
日本などでツアーを行なったポールの収入は1億2000万ポンド(約230億
円)。2位以下はローリング・ストーンズ、オズボーン・ファミリー、エルトン・
ジョン、ザ・フーと続き、若手ではロビー・ウィリアムスが7位、コールドプレ
イが10位などとなっています。

■ショーン、ヨーコの誕生日を祝う
2月18日に70歳の誕生日を迎えたオノ・ヨーコのために、息子のショーン・
レノンが盛大なパーティを開きました。誕生日当日の『リバプール・エコー』紙
に掲載されたヨーコのインタビューによると、ショーンの主催によるパーティは
ニューヨークにあるヨーコのお気に入りのレストランを会場に、200人以上の
友人たちを集めて行なわれたとのことです。

詳しい記事、過去の記事は下記ホームページの「ニュース」で読んでください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■KAWADE夢ムック『ローリング・ストーンズ』■発売中■河出書房新社■
【紳士淑女録】レオン・ラッセル/グラム・パーソンズ/ボビー・キーズ/ビリ
ー・プレストン/ニッキー・ホプキンス/チャック・リヴェール/ダリル・ジョ
ーンズ/バーナード・ファウラー/チャック・ベリー/ボ・ディドリー……
http://homepage2.nifty.com/beatopia/yumeishi.html 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

【1】<<<<<<<<<<<◆リリース情報◆>>>>>>>>>>>【1】

<Coming Soon>
■ローリング・ストーンズ
DVD『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー(LET'S SPEND THE NIGHT 
TOGETHER)』
3月7日発売 東北新社 TBD-1070、税抜2,850円
ストーンズの1981年のアメリカ公演を収め、82年に劇場公開されたライヴ
映画がDVD化されます。「アンダー・マイ・サム」から「サティスファクショ
ン」まで25曲、91分収録。
http://www.tfc.co.jp/


【2】<<<<<<<<<<<◆テレビ情報◆>>>>>>>>>>>>【2】

■『ローリング・ストーンズ来日スペシャル!』
3月5日深夜(6日午前)1時30分〜2時25分 読売テレビ系
来日直前!ということで、ローリング・ストーンズの特別番組が関東方面では1
日深夜に放送されましたが、関西地区では5日深夜に放送されます。
http://www.ytv.co.jp/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■『炎のギタリスト ジミ・ヘンドリックス』
3月6日深夜(7日午前)0時15分〜2時 WOWOW
(2000年アメリカ/監督レオン・イチャソ、主演ウッド・ハリス)
ジミ・ヘンドリックスの27年の生涯を描いたドラマ。俳優が演じているドラマ
ですが、実際の記録フィルムもまじえたドキュメンタリー・タッチの作品になっ
ているそうです。
http://www.wowow.co.jp/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■『U2ライブ イン アイルランド』
3月9日深夜(10日午前)0時〜0時50分 NHK総合
2001年9月1日、U2が母国アイルランドで行なったコンサート。ダブリン
郊外のスレーン城のステージと、バックステージのもようも放送されます。先月
予定されていたところ、国連安保理からの中継に変更になっていたものです。

*オンエア情報は必ず当日の新聞や放送局のサイト等でご確認ください。ミサイ
ル廃棄などにより予告なく変更になることがあります。


【3】<<<<<<<<<<<<◆読みもの◆>>>>>>>>>>>>【3】

■和久井光司著
『ビートルズ&アップル・マテリアルwithブリティッシュ・ビートニクス』
2002年9月26日発売 ストレンジ・デイズ 本体価格2,800円
BEA−MAIL読者ならすでに持っている人も多いと思いますが、『アップル・
マテリアル』の増補改訂版が出版されています。ビートルズとメンバーのソロ作
品、アップル・レコードをはじめとした周辺アーティストの作品を網羅した大カ
タログ。10年分の情報が追加されたわけですが、横組が縦組になったし、コレ
クションがカラーで掲載されたり、ほとんど作りなおしの力作です。
ストレンジ・デイズのサイトではコンパイル・シリーズのページに載っています。
http://www.strange-d.com/
本の紹介はCDジャーナルのサイトのマガジン&ムック・コーナーが詳しい。
http://www.cdjournal.com/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■広田寛治著
『ロック・クロニクル1952-2002〜現代史のなかのロックンロール』
好評発売中 河出書房新社 本体価格2,800円
発売から1か月。多くの方にお読みいただけているようでとてもうれしく思いま
す。お寄せいただいたご感想をいくつか抜粋してご紹介させていただきます。
「新刊早速購入拝読いたしました。・・・特に、lennonとdylanのパ−トには目
が留まりましたが、ふたりの違いはいろいろとありますが、また、共通の「何か」
があります。・・・広田さんがご本の奥に何かを伝えたいと筆を進められた「魂」
のようなものを嬉しく感じつつ拝読させていただきました」(相模原市のFHさ
ん)。「楽しく、そして感心しながら読んでいます」(横浜市のKTさん)、
「先日ようやく購入し、やっと50年代を読み終えました。思ったよりも読みや
すいですね。これまでブランクになっていた知識を補うこともできそうです」
(渋谷区YSさん)、「静かに腰をすえて、熟読していきたいと思います」(東
村山市のTKさん)。さっと読む本でもないのですが、じっくりとお読みいただ
けているようでうれしく思います。ぜひ読後の感想やご意見もお寄せください。
本書はあるようでなかった本格的なロック・ヒストリーです。ロックンロール誕
生から現在にいたるまでの歩みを《100+69》の事件を軸にわかりやすくま
とめています。また、断片的だった知識やかたよった知識の整理にも役立つよう
ロックの歴史をひとつの流れとして描いてみました。けっこうボリュームありま
すが、事件ごとに拾い読みもできるし、ロック50年の年譜もしっかり付いてい
るので、手元にあれば便利に使える本でもあります。ひとりでも多くの方にお読
みいただければ幸いです。 (ひろた)

詳しい内容はホームページBEATOPIAをご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia
お近くのお店にないときは河出書房新社のホームページでもお求めいただけます。
http://www.kawade.co.jp/


【4】<<<<<<<<<<◆WEBで遊ぼう!◆>>>>>>>>>>【4】

■ザ・ビートルズ・ドット・コム
http://www.thebeatles.com/
先週のニュースでもお伝えしたように、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』DV
D化の発表にあたって、ビートルズの公式ウェブサイトがリニューアルされまし
た。バージョンが古かったりすると画面になにも表示されないのは悲しいのです
が(Flash 5でも真っ黒だった)、表示される場合は、メール・アドレスを登録
しておくとお知らせメールが送られてきます。最初のメールはとりあえずDVD
の基本情報。差出人がThe Beatlesなのはちょっとうれしい。
ちなみに、URLはtheがなくても同じサイトに行けます。
http://www.beatles.com/


【5】<<<<<<<<<<<◆コンサート◆>>>>>>>>>>>>【5】

■ジョニー・マー+ザ・ヒーラーズ
元スミスのギタリスト、ジョニー・マーがザック・スターキーや元クーラ・シェ
イカーのアロンザ・ベヴァンと結成したバンド。ただ今、日本に来ています。
<Review>
3月1日(土) 東京/新宿リキッドルーム
演奏曲はほとんど今年1月にリリースしたデビュー・アルバム『ブルームスラン
グ』収録曲なので、この1枚を予習していけば大丈夫。ジョニー・マーは数曲で
リッケンバッカーを弾いていましたが、ビートルズ関連以外のライブで325を
弾く人はけっこうめずらしいですよね。サポート・メンバーを加えて4人で演奏
していましたが、アロンザがキーボードにまわって3人だけでやったのがボブ・
ディランの「くよくよするなよ」。オリジナル・バージョンよりメロディがあっ
たので、初めのうちは、あれ何だっけなと思っていたのですが、なかなか愛すべ
きカバーでした。もちろん、2バスで熱演するザックもかっこよかったっすよ。
メンバー紹介ではザックにひときわ大きな声援が贈られていました。 (あわ)
招聘元スマッシュのサイトにフォト・レポートが載りました。
http://www.smash-jpn.com/
ジョニー・マーの公式サイトはこちら。
http://www.jmarr.com/

<Coming Soon>
3月4日(火)午後7時開演 名古屋/クラブ・クアトロ
料金:当日券7,000円(1ドリンク付)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
<Coming Soon>
■Dear BEATLES 2003 4人は僕らのスーパーアイドル
「ビートルマニアのアーティストたちがビートルマニアに贈る」という1日かぎ
りのコンサート。出演は、坂崎幸之助(アルフィー)、杉真理、上田雅利(チュ
ーリップ)、リッキー(廣田龍人)、伊豆田洋之、風祭東、そしてゲストにアカ
ペラ・グループのINSPi、ストリングス・ユニットのSTELLAという顔ぶれです。

日時:3月8日(土)午後4時開場/5時開演
会場:府中の森芸術劇場どりーむホール(京王線/東府中駅北口徒歩6分)
料金:4,500円(全席指定)
お問い合わせ:チケットふちゅう(042-333-9999)
http://www.fuchu-cpf.or.jp/theater/play/index.html
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ローリング・ストーンズ
ストーンズ4度目の日本公演間近!!5日までオーストラリア・ツアーなので、
そのあとの来日となります。
東京と横浜公演は完売になりましたが、チケットとれた方、レポートくださいね。
大阪公演はまだ前売購入まにあうようです。

招聘元のウドー音楽事務所はこちら(サイトにアクセスするとストーンズの曲が
バンバン流れます)。
http://www.udo.co.jp/opening.html
チケットぴあはこちら。
http://t.pia.co.jp/stones/index.jsp

<日本公演日程>
3月10日(月)/日本武道館
3月12日(水)/横浜アリーナ
 料金:SS席22,000円、S席19,000円、A席17,000円、B席14,000円
3月15日(土)、16日(日)/東京ドーム
3月20日(木)、21日(金・祝)/大阪ドーム
 料金:S席13,200円、A席11,200円
チケットにはオフィシャル・ファンクラブ入会の特典が含まれてしまっています。
ストーンズのオフィシャル・サイトはこちら。
http://www.rollingstones.com/


【6】<<<<<<<<<<<◆ミュージアム◆>>>>>>>>>>>【6】

■「ジョン・レノン 最期の遺留品」
昨年11月1日から始まったジョン・レノン・ミュージアムの特別展「最期の遺
留品」。会期が3月31日までに延長になっています。ジョンが人生最後の日、
1980年12月8日に身につけていためがね、ジョンの衣服が詰められた袋が
日本で初めて公開されています。遠方の方も、連休や春休みを利用して、または
会社に行きたくない日などに出かけてみてはいかがでしょう。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ジョンの手って、ものすごく大きい
買い物のあとジョン・レノン・ミュージアムへ向かい、幼い息子は途中ちょっと
疲れて「早く帰りたい!」とぐずぐず言っていましたが、中に入るとけっこう夢
中で見ていました。ジョンのギターに曲順が書かれた紙が貼ってあるところに興
味を持ったり、階段を昇ったら「YES」と書かれているのを見て(ヨーコさん
の「天井の絵」)、「おもしろい!」と感動したり、ドングリから芽が出ている
(!)のに喜んで、しゃがんで眺めていたり。なぜかこのごろチェスにあこがれ
ているので、白いチェスにもひかれたようです。
息子は「失われた週末」のコーナーに展示されていたジョンの手形の前でも遊ん
でいました。まず自分の手をあてて、ジョンの手ってものすごく大きいと思った
ようでした。「次、おかあさん」と言うので私も手をあてると、やっぱり(大き
さが)ジョンにはかなわないと、自分の思ったとおりで満足しているようす。次
に父をひっぱってきて手をあてさせると、意外にも父の手のほうが大きかったの
で、「これはきっと、指の先にまでインクが塗れなかったから、きっとジョンの
ほうが手が大きいんだよ」とかなんとか、自分の思うとおりに考えたいようすで
した。
最後は、私がゆっくり観ているあいだ、父につれられてミュージアム・カフェへ。
ブルーベリー・ジュースを飲んでいました。 (吉野由樹)

<ジョン・レノン・ミュージアム>
さいたまスーパーアリーナ内4階〜5階
(JRさいたま新都心駅より徒歩3分、JR北与野駅より徒歩6分)
開館時間:午前11時〜午後6時
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は開館、翌水曜が休館)
入場料:大人1,500円、大学・高校生1,000円、中学・小学生500円
団体割引(20人以上)、障害者割引:
大人1,300円、大学・高校生800円、中学・小学生400円
http://www.taisei.co.jp/museum/


【7】<<<<<<<<<<<<◆イベント◆>>>>>>>>>>>>【7】

■ジョージ・ハリスン・バースデイ・ライブ・アット・キャヴァーン・クラブ
2月25日に六本木のキャヴァーン・クラブでのライブをのぞいてきました。満
員でしたが、さすがにジョージ・ファンは奥ゆかしい人が多く、しっとりとした
雰囲気でゆったりとした時間を過ごすことができました。前半が若々しいシルバ
ー・ビーツ(リッキーさんが1曲飛び入り)による初期を中心にした若々しいラ
イブ。後半がちょっと年輩のバンド(すみません名前忘れました)で後期とソロ
時代中心の落ち着いたステージでした。『ブレインウォッシュド』から「エニイ・
ロード」「ライジング・サン」「スタック・インサイド・ア・クラウド」の3曲
もやってました。
23日のラバー・ソウルでのバースデイ・イベントにも行きたかったのですが、
花粉症がひどく迷惑をかけてしまいそうなので(演奏中のくしゃみは笑えない)
断念しました。噂の実力バンド1970となりきりジョージも観たかったなぁ。
(ひろた)


【8】<<<<<<<<<<<◆ビ食のすすめ◆>>>>>>>>>>>【8】

■Voice From Earth Mother
http://www.t-shizuka.com/
エッセイストで菜食文化研究家の鶴田静さんのホームページが3月号に更新され
ています。「土の食卓」では、蕗やノビル、大根などの料理のヒント、あったま
るハニー・レモンなどが紹介されています。季節の風物が掲載された「メッセー
ジ」のページもご覧ください。

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ストライプと歩いて巡る、激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー! ●
アビイ・ロードの横断歩道での記念写真撮影あり。リクエストによって、時間や
ルート、人数のアレンジも致します。リバプール・ツアーについてはお問い合わ
せ下さい。基本コース(3時間〜3時間半) £35(1名)、£50(2名)
●お問合わせ・お申込み:電話またはファクスにてStripeへ +44-20-77307761●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━


【9】<<<<<<<<<<<<<◆声◆>>>>>>>>>>>>>>【9】

■ささやかなビートルズ講座を行いました
ちょっと変わった読書サークルに入ってます。月に1回、担当の人が好きな作家
または作品について自分なりに研究し発表するんですが、2月担当の私が迷うこ
となく選んだテーマはビートルズ。といってもサークルの趣旨を考え、音楽的な
ことはさておいて、彼らの歩みや生き方を歌詞に込められた意味から探ろうとい
うもの。題して「ビートルズ・そのリリックと真実」。広田さんや和久井光司さ
んの本も参考にさせてもらいました。もちろんBGMも用意して、あっという間
の2時間。出席者は10人ほどでしたが、みんなとても興味を持って聞いてくれ
ました。
驚いたのは、音楽にさほど関心なさそうな人でも何かしらビートルズの曲にまつ
わる思い出を持っていたこと。彼らの音楽って、いまや空気や水と同じく「当た
り前のようにそこにある」ものなのかもしれない。当日の感想の中で一番うれし
かったのは、「あらためてビートルズをじっくり聴いてみたいと思った」との言
葉です。これからもビートリー・ライフの輪をじわじわ広げていこうっと。
(それでも私は死ぬまでビートルマニア)

みなさん、いつもあたたかいおたよりありがとうございます。掲載をお待ちいた
だいているみなさん、もう少しお時間くださいね。ハンドル・ネームでの掲載を
ご希望の方はその旨お書き添えください。
AEB04556@nifty.com


/♪/フロム編集部/♪/========================

●四人囃子の弦、鍵、太鼓を聴いています。(淡路)
●大雨のなか、ジョニー・マーのライブへ行ってきました。ザックの元気な姿が
じっくり観られてよかったです。リッケンのギターに加え、VOXのアンプも使
われていましたね。(山川)
●花粉の季節ですね〜。ぶらぶらと散歩もできず、久しぶりに水泳を始めました。
最初は100メートルで息切れ(笑)していましたが、やっと45分間で1キロ泳げ
るようになりました。目標は1時間で2キロ。体重10キロ減です。(広田)

====================================

━━☆/広告掲載について☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フロム・ビーのメールマガジンBEA−MAILに楽しい広告を掲載しませんか
     ヘッダー ¥5,000, ミドル ¥3,000, フッター ¥2,000
  回数割引あります。詳細・お申し込みはこちら → AEB04556@nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆広告掲載について/☆━━

▼購読について
このメールマガジンは
『melma!』:マガジンID「m00010835」 http://www.melma.com/
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」 http://www.mag2.com/
『Pubzine』:マガジンID「5894」 http://www.pubzine.com/
などを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホームページ上で簡単
に行なうことができます。

BEA−MAILに関するご意見、ロンドン・コレクション反戦Tシャツ情報、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030219-00000130-reu-ent.view-000
激励等は下記でお待ちしております。件名とお名前を必ず書いてください。件名
のないメールは開かないことがあります。
本誌やBEATOPIAの記事の転載を希望される場合はご連絡ください。
また、媒体でご紹介くださる場合もご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL
2003年3月3日号(通巻第158号)
発行元/フロム・ビー AEB04556@nifty.com
編集人/広田寛治
スタッフ/淡路和子、山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2002 FROM BEA
================================from BEA

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。