音楽

BEA-MAIL〜ビートリーな情報いっぱい〜

ビートルズを愛する方、関心のある方へ送る最新ニュースとタイムリーなカルチャー情報。翌金曜から次週金曜までのリリース、オンエア、コンサート、映画、イベント情報、レビューなどをお届けします。

全て表示する >

[BEA-MAIL 2003/02/17]

2003/02/17



°°‖》《 《》 ‖▼‖《》‖‖
。。‖》《 ‖‖ ̄‖ ‖‖‖‖‖▲

ビートリー・ライフを送るための電子メールマガジン

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 ■BEA-MAIL■ 2003年2月17日号(第156号)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

♪みんなの誕生日を平和に♪

ビートリーな(ビートルズ風、ビートルズのような)暮らしを送るために欠かせ
ない情報をお届けするフロム・ビーのメールマガジンBEA−MAIL(ビーメ
ール)です。毎週月曜日に無料で配信しています。BEA−MAILはあなたの
ビートリー・ライフを応援します。
ジョージの誕生日をお祝いするイベントは、ここに載せた以外にもいろいろある
と思いますが、各自地元情報をチェックしてみてくださいね。
フロム・ビーのホームページBEATOPIA(ビートピア)はこちらです。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★″エイト・デイズ・ア・ウィーク★″

▽2月18日(火) オノ・ヨーコの誕生日→【10】
          マクロビオティック料理を食べにいく→【9】
▽2月19日(水) 『ビートルズ事典』を読む→【3】
          『ロック・クロニクル』を読む→【3】
▽2月20日(木) 映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』を観にいく→【6】
▽2月21日(金) ジョージ・ハリスン・トリビュート・アルバムを聴く→【1】
▽2月22日(土) ジョージのバースデイ・イベントに行く→【7】
▽2月23日(日) ジョン・レノン・ミュージアムに行く→【8】
▽2月24日(月) ジョージ・ハリスンの誕生日→【10】
          グラミー賞授賞式をテレビで観る→【2】
▽2月25日(火) ジョージ・ハリスン『アイ・ミー・マイン』を読む→【3】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ライブハウス&フィルム・バー『ラバーソウル』■京浜東北線鶴見駅下車5分
●2月22日(土)ジョージ・バースデーLIVE●3月2日(日)ビートルース(Beatles)
◎1日プロデューサー募集!あなたもLiveやEventを企画してみませんか?◎
■ビートルズ関連のレコード・グッズ通販ショップ「初荷品大放出リストUP!」
◎大好評♪早い者勝ちです!◎入口はこちら→ http://www.beatle-japan.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ホット・ニュース _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

詳細はBEATOPIAの「ニュース」をご覧ください。転載を希望される場合
はご連絡ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

■ヨーコが『ニューヨーク・タイムズ』に全面広告
オノ・ヨーコが反戦を呼びかけた全面広告が、2月16日の『ニューヨーク・タ
イムズ』紙に掲載されました。「声を上げ、平和のために戦おう」と書かれたこ
の広告では、1969年と同じ「WAR IS OVER, IF YOU WANT IT(あなたが望めば
戦争は終わる)」のメッセージが掲げられています。

■ポールの新たなライブ・アルバム、3月リリースと報じられる
ポール・マッカートニーの新しいライブ・アルバムが3月にリリース予定である
ことが、大手CDショップのウェブサイトなどで報じられています。それによる
とタイトルは『バック・イン・ザ・ワールド』で、春から始まるヨーロッパ・ツ
アーに合わせてイギリスで3月17日に、日本でも3月下旬に発売の予定。曲目
は基本的に『バック・イン・ザ・U.S.―ライヴ2002』と同じですが、
「エヴリナイト」「バニラ・スカイ」「C・ムーン」「フリーダム」の4曲が姿
を消し、代わりに「カリコ・スカイズ」「ミッシェル」「レット・エム・イン」
「シーズ・リーヴィング・ホーム」が収録されるとのことです。

■『ブレインウォッシュト』がゴールド・レコードに
ジョージ・ハリスンのアルバム『ブレインウォッシュト』の売上げがアメリカで
50万枚に達し、12月13日にアメリカ・レコード協会(RIAA)からゴー
ルド・レコードに認定されました。またポール・マッカートニーのライブ・アル
バム『バック・イン・ザ・U.S.―ライヴ2002』はアメリカでの売上げが
200万組に達し、1月10日にダブル・プラチナ・レコードに認定されていま
す。

■「ベッド・イン」を行なったカップルをヨーコが激励
イラクへの軍事攻撃に反対して「ベッド・イン」を行なったイギリスのカップル
に、オノ・ヨーコから激励のメッセージと花が贈られました。
「ベッド・イン」を行なったのは、イギリスのウエストヨークシア州アディンガ
ムに住むアンドリュー・ゲイルさん、クリスティン・ゲイルさんの夫妻。ふたり
は2月14日のバレンタイン・デーと、2月15日にロンドンで開かれた大規模
な反戦集会に合わせ、2月13日の夜からおよそ48時間にわたって自宅のベッ
ドに入り、戦争反対を訴えました。

詳しい記事、過去の記事は下記ホームページの「ニュース」で読んでください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■KAWADE夢ムック『ローリング・ストーンズ』■発売中■河出書房新社■
【インタビュー】◎越谷政義/ローリング・ストーンズは現在もシーンのトップ
を転がり続けている 【評論】◎広田寛治/反権力の象徴となったストーンズ
◎高見展/ストーンズの68年革命と「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」
http://homepage2.nifty.com/beatopia/yumeishi.html 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

【1】<<<<<<<<<<<◆リリース情報◆>>>>>>>>>>>【1】

<Coming Soon>
■トッド・ラングレン、ジョン・エントウィッスル、ビル・ワイマン、ほか
アルバム『トリビュート・トゥ・ジョージ・ハリスン〜ソングス・フロム・ザ・
マテリアル・ワールド(A TRIBUTE TO GEORGE HARRISON〜SONGS FROM THE 
MATERIAL WORLD)』
2月21日発売 ビクター エンタテインメント VICP-62227、税抜2,400円
上記のほかにデイヴ・デイヴィス(キンクス)、スミザリーンズなど12組が参
加したジョージ・トリビュート・アルバムが発売されます。どうしてもビートル
ズ時代の曲が中心になってしまいますが、めずらしいところで「デヴィルズ・レ
イディオ」など、ジョージのソロ時代の作品も3曲あります。
日本盤のジャケットは青空に「オム」の文字になるようです。ビクターのサイト
では、ニュー・リリース/インターナショナルのページから全収録曲など詳細を
見ることができます。
http://www.jvcmusic.co.jp/top.html
アメリカ盤は2月25日発売。ジョージの顔のイラストを使ったジャケットは発
売元コッチ・レコードのサイトに載っています。
http://www.kochentertainment.com/
なお、コッチ・レコードから出るリンゴのニュー・アルバムも日本ではビクター
から発売されることになりました。3月21日発売の予定です。


【2】<<<<<<<<<<<◆テレビ情報◆>>>>>>>>>>>>【2】

■『グラミー賞2003』
生中継:2月24日(月)午前9時30分〜午後2時 WOWOW
2月24日(月)午後9時〜12時 WOWOW
2月28日深夜(3月1日午前)午前1時30分〜4時30分 WOWOW
グラミー賞授賞式のもようがニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンから
生中継され、字幕入りでまとめた番組がその日の夜と後日放送されます。ポール
の「バニラ・スカイ」がノミネートされているサウンドトラック部門やアヌーシュ
カ・シャンカールの『カーネギー・ホール・ライヴ』がノミネートされているワ
ールド・ミュージック部門はわりと地味なカテゴリーなので放送枠に入っている
かどうか…。ラヴィ・シャンカールのもうひとりの娘ノラ・ジョーンズは主要部
門でノミネートされていますのでご注目。
http://www.wowow.co.jp/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
<Review>
■『そして音楽が始まる』
2月9日(日)午後10時54分〜11時24分 テレビ東京ほか6局ネット
だれもが知っている名曲にスポットをあてる番組で、「イマジン」が放送されま
した。番組のサイトの「バックナンバー」のページに要約が載りましたので、観
られなかった人も読んでみてください。
http://www.tv-tokyo.co.jp/ongaku/index2.html

*オンエア情報は必ず当日の新聞や放送局のサイト等でご確認ください。先週予
定されていたU2のライブは国連安保理からの中継に変更になっていましたね。


【3】<<<<<<<<<<<<◆読みもの◆>>>>>>>>>>>>【3】

<Review>
■香月利一 著/杉原志啓 監修・改訂・増補
『21世紀改訂増補版 ビートルズ事典』
立風書房 本体価格3,400円
1974年に発売され、1988年の改訂増補を経て、ロング・セラーを続けていた古典
的名著のリニューアル版です。原書の『ビートルズ事典』は、ビートルズの奥深
い世界に迷い込んだ人なら誰もが必ずやお世話になった本と言っても過言ではな
いでしょう。しかし、ビートルズ研究の進展で近年この「事典」の存在意義がう
すれていただけに、全面的な改訂・増補にふみきられた英断にひとりのファンと
してまずは大きな拍手を送りたいと思います。
増補・改訂を担当されたのは、大学で教鞭をとりながら、音楽評論、音楽書の翻
訳などを幅広くてがけられている杉原志啓さん。原著のイメージとあたたかさを
残しつつ、事実関係については可能なかぎり最新のものに改訂・増補されていま
す。とは言え、すべてを最新のものに変えているわけではなく、香月さんの人柄
がにじみ出ているページは細かなことにはこだわらずにそのまま残されています。
故人の著作の増補改訂という仕事は、このあたりが難しいところだろうと思うの
ですが、本書は「事典」としての最低限の役割と原書のユニークさが絶妙のバラ
ンスで保たれているといえるのではないでしょうか。香月さんの著作をご存知な
い方は、「事典」というと無味乾燥なデータ本を想像してしまうかもしれません
が、本書は今回の改訂によっても、香月利一というひとりのビートルズ・マニア
の情熱がほとばしる熱きビートルズ事典でありつづけています。 (ひろた)
http://www.rippu.co.jp/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■広田寛治著
『ロック・クロニクル1952-2002〜現代史のなかのロックンロール』
好評発売中 河出書房新社 本体価格2,800円
ロックンロール誕生から50年。本書はいまなお進化発展し続けるロックの足跡
を社会史との関連から《100+69》の事件を軸にわかりやすく現代史のなか
に位置づけたロック・ヒストリーです。入手可能な関連CDもしっかり紹介されて
いますので、読むだけではなく、音楽を通じて時代を体験することも可能です。
全320ページとボリュームたっぷりですが、事件ごとに拾い読みもできるし、
ロック50年の年譜もしっかり付いているので、手軽に読めて便利に使える本で
もあります。
先日、BEA-MAILの読者でもあるという名城大学教授の松尾秀雄氏からお便りをい
ただきました。「ロック・クロニクル読みました。歴史のなかの民衆の音楽ジャ
ンルでの闘い、主張、生きざま、という視点で初めてロックをみることができま
した。そうだったのかと感心させられることがことがたくさんありました。・・
・先日ラジオを聴いていたらこの本のことが話題になっていましたよ。」ありが
とうございます。ラジオで紹介されたとは知りませんでした。『ぴあ』でも紹介
されたからでしょうか、品切れになっているお店もあるようですが、大きな書店
やレコード店にはまだまだあります(笑)ので、まだの方はぜひ。
詳しい内容はホームページBEATOPIAをご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/beatopia
お近くのお店にないときは河出書房新社のホームページでもお求めいただけます。
http://www.kawade.co.jp/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ジョージ・ハリスン著『アイ・ミー・マイン』
11月30日発売 山川真理訳 河出書房新社 本体価格3,000円
あの『アイ・ミー・マイン』の日本語版です。ジョージの言葉をじっくり味わい
ながら読んでいただきたいのはもちろんなのですが、渋くてかっこいい表紙もお
すすめです。ジョージの60回目のバースデイを記念して、お部屋に飾ってみて
はいかがでしょう。
お近くの書店にない場合は、河出書房新社のホームページからも注文できます。
著者名か書名「ジョージ・ハリスン」で図書検索してください。
http://www.kawade.co.jp


【5】<<<<<<<<<<<◆コンサート◆>>>>>>>>>>>>【5】

<Review>
■鈴木大介ギターリサイタル
2月14日(金) 東京/浜離宮朝日ホール
若手クラシック・ギタリストのなかでも活躍めざましい鈴木大介さん。演奏から
もMCからも、ひたすらまじめに音楽を探究している姿勢が伝わってきました。
「ギタリストとしてのぼくの現在を表現した」というこの日のプログラムは、
「クラシカルな前半、リラックスした後半」という構成でした。武満徹編曲のビ
ートルズ・ナンバー4曲「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア」「ヘイ・ジュー
ド」「ミッシェル」「イエスタデイ」は、その「クラシカルな」前半で演奏。し
かもバッハの「組曲ト長調」(典型的な古典組曲のスタイルをとっています)の
すぐあと。でも、違和感はぜんぜんありませんでした。さすがは武満先生です。
原曲のメロディの美しさをそこなわず、それでいてポップスでもジャズでもない、
とても格調高いアレンジで、思わず身を乗り出して聴きいってしまいました。M
Cのなかで鈴木さんが「武満さんがビートルズを編曲するというのは、シューベ
ルトの歌曲をリストが編曲したようなもの」と話していて、なるほどと思いまし
た。
後半はブラジルものが中心。バレンタイン・デーなのにひとりで出かけた私も、
ぽかぽかした気持ちになって会場をあとにしました。心があたたかくなるのは、
いいことです。 (まり)


【6】<<<<<<<<<<<<<◆映画◆>>>>>>>>>>>>>【6】

<Review>
■ボウリング・フォー・コロンバイン(BOWLING FOR COLUMBINE)
1月25日より公開中、2月22日より緊急拡大
(2002年カナダ/監督マイケル・ムーア)
銃社会アメリカの病を、ユーモアをまじえて描いた話題のドキュメンタリー映画。
冒頭のエピソードから観客を笑わせ、コロンバイン高校の乱射や、6歳の子が同
級生を射殺した事件など、日本ではほとんど忘れられていると思われる悲劇で、
真剣な目をスクリーンに向けさせます。銃の問題だけではないし、平和ボケ日本
には関係ないなんてことはなく、日本政府だって戦時中はひどい罪を犯したし、
今でもさまざまな病を抱えているわけですから。
弾丸のようにしゃべる監督のマイケル・ムーアはもともとジャーナリスト。本も
出してます。この映画では、取材をして事実を記録するだけでなく、コロンバイ
ン高校の事件で重傷を負った生徒(当時)とともに、その事件で使われた銃弾を
販売しているチェーン店に「銃弾を売らないで」と訴えにいきます。その実り多
い展開に、隣の席の人が小さく拍手しているのが見えました。おそらく多くの観
客が心のなかで大きな拍手を贈っていたでしょう。
悪魔の顔してきわめてまともなことを語るマリリン・マンソン、紳士の顔して監
督のつっこみにはまともに答えられない俳優チャールトン・ヘストン(全米ライ
フル協会会長)なども出演しています。
マイケル・ムーアはホワイトハウスから公式に危険人物とマークされているそう
ですが(「公式」って…)、あいかわらずユーモアを持って真実をうたう人が恐
いんですね、アメリカ政府は。
音楽には、ビートルズの「ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン」も使われて
います。クレジットの謝辞にはオノ・ヨーコさんの名前もありました。
第一水曜は東京都の映画の日だったこともあって、最終回(午後7時)まで満席
となり、急遽レイトショーが決定(行ってみるもんですね〜)。通常は立見させ
ない映画館なのですが、この回は立見も出ていました。 (あわ)
東京の恵比寿ガーデンシネマで上映中。22日より首都圏での上映館が拡大され
ることになりました。全国各地でも順次公開されます。詳細は公式サイトで。
http://www.gaga.ne.jp/bowling/


【7】<<<<<<<<<<<<◆イベント◆>>>>>>>>>>>>【7】

<Coming Soon>
■ラバーソウル
ジョージの誕生日前後には各地のライブハウスで記念イベントが行なわれますが、
横浜・鶴見のラバーソウルでは2月22日(土)が「ジョージ・ハリスン・バー
スデイ・ライブ」です。出演はシェイク木本&1970。なりきりジョージは必
見!
http://www.beatle-japan.com/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■六本木キャヴァン・クラブ
2月25日(火)が「ジョージ・ハリスン・バースデイ・イベント」です。昨年
11月30日に六本木キャヴァンで行なわれたトリビュート・ライブの出演者に
より、ジョージ初期の曲からニュー・アルバム『ブレインウォッシュト』までが
フィーチャーされるそうです。当日は時間を変更して、入替なしでイベント・チャ
ージもなし。太っ腹!
http://www.kentos-group.co.jp/cavern/index.php
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■六本木アビーロード
25日がジョージ・バースデイ・イベントですが、この日は予約抽選制で、入場
できる当選者はすでに決定しています。人気者!
http://www.becgroup.co.jp/abbey/


【8】<<<<<<<<<<<◆ミュージアム◆>>>>>>>>>>>【8】

■アマチュア・フリー・ライブ大集合 大会
ジョン・レノン・ミュージアムで、3月21日(金)〜23日(日)の3日間に
わたって開催されるアマチュア・フリー・ライブの出演者を募集中です。アマチュ
アでビートルズやジョンの曲を好んで演奏している人なら、個人でもグループで
もだれでも参加できる大会です。優秀者は12月のジョン・レノン・トリビュー
ト・ライブ参加のシード権が得られます。
応募締切は2月28日(金)必着。応募用紙はミュージアムのウェブサイトから
ダウンロードできます。その他詳細もこちらでどうぞ。
http://www.taisei.co.jp/museum/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■「ジョン・レノン 最期の遺留品」会期延長
昨年11月1日から始まったジョン・レノン・ミュージアムの特別展「最期の遺
留品」。会期が3月31日までに延長になっています。ジョンが人生最後の日、
1980年12月8日に身につけていためがね、ジョンの衣服が詰められた袋が
日本で初めて公開されています。オノ・ヨーコのアルバム『シーズン・オブ・グ
ラス』のジャケットに使われていた血のりの付いためがねです。
映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』ではジョン・レノン射殺はとりあげ
られていませんが、事件を伝えるものが今、日本に来ています。

<ジョン・レノン・ミュージアム>
さいたまスーパーアリーナ内4階〜5階
(JRさいたま新都心駅より徒歩3分、JR北与野駅より徒歩6分)
開館時間:午前11時〜午後6時
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は開館、翌水曜が休館)
入場料:大人1,500円、大学・高校生1,000円、中学・小学生500円
団体割引(20人以上)、障害者割引:
大人1,300円、大学・高校生800円、中学・小学生400円
http://www.taisei.co.jp/museum/


【9】<<<<<<<<<<<◆ビ食のすすめ◆>>>>>>>>>>>【9】

■茶屋マクロビオティック料理店
ヨーコさんの誕生日記念に、マクロビオティックのレストランに行ってみるのは
いかが。ジョンとヨーコがマクロビオティックを勉強しにいったクシ・インスティ
チュートの久司道夫さんが来日するようです。

<茶屋マクロビオティック料理店>
新宿伊勢丹(新宿駅、地下鉄新宿三丁目駅) 本館7階
午前11時〜午後10時
新宿伊勢丹の定休日がお休み
茶屋のホームページからマクロビオティックの店を選んで詳細をご覧ください。
http://www.chaya.co.jp/


【10】<<<<<<<<<<◆バースデイ◆>>>>>>>>>>>【10】

★オノ・ヨーコ 1933年2月18日 東京生まれ
一般紙ではあまり話題にならないかもしれませんが、ニュースでお伝えした「あ
なたが望めば戦争は終わる」は1969年にジョンとヨーコがビルボード・キャ
ンペーンで掲げ、「ハッピー・クリスマス」で歌ったメッセージです。望み続け
ましょう。ヨーコさんも、世界中の人も誕生日を平和に過ごせますように。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
★ジョージ・ハリスン 1943年2月24日 リバプール生まれ
万が一まだアルバム『ブレインウォッシュト』を持っていない人がいたら、24
日までに買いましょう。還暦のお祝いはまた来週!それまで公式ウェブサイトを
見ておいてください。
http://www.georgeharrison.com/

━━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ストライプと歩いて巡る、激しく楽しいロンドン・ビートルズ・ツアー! ●
アビイ・ロードの横断歩道での記念写真撮影あり。リクエストによって、時間や
ルート、人数のアレンジも致します。リバプール・ツアーについてはお問い合わ
せ下さい。基本コース(3時間〜3時間半) £35(1名)、£50(2名)
●お問合わせ・お申込み:電話またはファクスにてStripeへ +44-20-77307761●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━

《みなさんの声をお寄せください!!》
ジョージ誕生日記念の投稿、リンゴの次のアルバムへの期待などなどお待ちして
おります。件名とお名前を必ず書いて(件名のないメールは開かないことがあり
ます)、ハンドル・ネームでの掲載をご希望の方はその旨お書き添えください。
AEB04556@nifty.com


/♪/フロム編集部/♪/========================

●最近ドトールのオルゾー・ラテがお気に入り。ソイ・ロイヤル・ティーもいい。
(淡路)
●行きつけの美容院の店頭に『アイ・ミー・マイン』の本が飾ってありました。
おちついた雰囲気の店内で、渋くてかっこいいジョージがさりげなく存在感を放っ
ていました。松本さん、感謝です。(山川)
●いよいよ花粉の飛散が始まりましたが、この週末は雨のおかげでさほど苦しむ
ことなく過ごせました。予定どおりこれから2か月は花粉ごもりに入ります。昼
間の外出は致命傷になりかねないのでつきあいが悪くとも大目にみてくださいね。
あと、今日、チョコが1個届きました。うれしくてちょこっと顔が赤くなってし
まいました。(広田)

====================================

━━☆/広告掲載について☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

愛するフロム・ビーのメールマガジンBEA−MAILに広告を掲載しませんか
     ヘッダー ¥5,000, ミドル ¥3,000, フッター ¥2,000
  回数割引あります。詳細・お申し込みはこちら → AEB04556@nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆広告掲載について/☆━━

▼購読について
このメールマガジンは
『カプライト』:マガジンID「468」 http://kapu.biglobe.ne.jp/
『まぐまぐ』:マガジンID「32368」 http://www.mag2.com/
『Pubzine』:マガジンID「5894」 http://www.pubzine.com/
などを利用して発行しています。登録や解除はそれぞれのホームページ上で簡単
に行なうことができます。

BEA−MAILに関するご意見、ご提案、どうする〜ライフル〜情報、激励等
は下記でお待ちしております。
本誌やBEATOPIAの記事の転載を希望される場合はご連絡ください。
また、媒体でご紹介くださる場合もご一報いただければ幸いです。
AEB04556@nifty.com

from BEA================================
電子メールマガジンBEA-MAIL
2003年2月17日号(通巻第156号)
発行元/フロム・ビー AEB04556@nifty.com
編集人/広田寛治
スタッフ/淡路和子、山川真理
Home Page: http://homepage2.nifty.com/beatopia
Copyright(C) 2002 FROM BEA
================================from BEA

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。