政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5248 号  2019・12・4(水)

2019/12/04



□■■□──────────────────────────□■■□
 わたなべ りやうじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5248号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
      2019(令和元年)年 12月4日(水)



              「三猿」中国特派員:渡部亮次郎
    
       桜を見る会の攻防が示す政治の劣化:櫻井よしこ

「葱」知らずで不合格:渡部亮次郎

          
                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記

      

                購読(無料)申し込み御希望の方は
              下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/
    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━
「三猿」中国特派員
━━━━━━━━━

    
    渡部亮次郎

中国にいる日本の特派員は「真実」を取材する自由がない。知ったことを 自由に送信する自由も無い。常に言動を中国官憲に監視され、牽制され、 二六時中、本国送還に怯えている。「見ざる 言わざる 聞かざる」。特 派員だけれども記者ではない?

実は容共国会議員たちが日中国交回復以前に結んでしまった日中記者交換 協定に縛られていて、実際、国外退去処分を体験しているからである。殆 どの評論家はこのことを知らず「日本のマスコミは中国にだらしない」と 非難する。

中国からの国外退去処分の具体的な事件としては、産経新聞の北京支局 長・柴田穂氏が、中国の壁新聞(街頭に貼ってある貼り紙)を翻訳し日本 へ紹介したところ1967年追放処分を受けた 。この時期、他の新聞社も、 朝日新聞を除いて追放処分を受けている。

80年代に共同通信社の北京特派員であった辺見秀逸記者が、中国共産党の 機密文書をスクープし、その後、処分を受けた。

90年代には読売新聞社の北京特派員記者が、「1996年以降、中国の国家秘 密を違法に報道した」などとして、当局から国外退去処分を通告された例 がある。読売新聞社は、記者の行動は通常の取材活動の範囲内だったと確 信している、としている。

艱難辛苦。中国語を覚えてなぜマスコミに就職したか、と言えば、中国に 出かけて報道に携わりたいからである。しかし、行ってみたら報道の自由 が全く無い。

さりとて協定をかいくぐって「特種」を1度取ったところで、国外退去と なれば2度と中国へは行けなくなる。国内で翻訳係で一生を終わる事にな りかねない。では冒険を止めるしかない。いくら批判、非難されてもメシ の食い上げは避けようとなるのは自然である。

日中記者交換協定は、日中国交再開に先立つ1964(昭和39)年4月19日、日 本と中国の間で取り交わされた。国交正常化に向けて取材競争を焦った日 本側マスコミ各社が、松村謙三氏ら自民党親中派をせっついて結んでし まった。正式名は「日中双方の新聞記者交換に関するメモ」。

(1)日本政府は中国を敵視してはならない
(2)米国に追随して「2つの中国」をつくる陰謀を弄しない
(3)中日両国関係が正常化の方向に発展するのを妨げない
すなわち、中国政府(中国共産党)に不利な言動を行なわない

日中関係の妨げになる言動を行なわない・台湾(中華民国)独立を肯定し ないことが取り決められている。違反すると、記者が中国国内から追放さ れる。これらの協定により、中国に対する正しい報道がなされていないわ けだ。

新聞・TV各社がお互いに他社に先んじて中国(北京、上海など)に自社記 者、カメラマンを常駐させ他社のハナを明かせたいとの競争を展開した結 果、中国側に足許を見られ、屈辱的な協定にゴーサインを出してしまった のである。しかも政府は関与していない。国交が無かったから。

1964(昭和39)年4月19日、当時LT貿易を扱っていた高碕達之助事務所と廖 承志(早大出身)事務所は、その会談において、日中双方の新聞記者交換 と、貿易連絡所の相互設置に関する事項を取り決めた。

会談の代表者は、松村謙三・衆議院議員と廖承志・中日友好協会会長。こ の会談には、日本側から竹山祐太郎、岡崎嘉平太、古井喜実、大久保任晴 が参加し、中国側から孫平化、王暁雲が参加した。

1968(昭和43)年3月6日、「日中覚書貿易会談コミュニケ」(日本日中覚書 貿易事務所代表・中国中日備忘録貿易弁事処代表の会談コミュニケ)が発 表され、LT貿易に替わり覚書貿易が制度化された。

滞中記者の活動については、例の3点の遵守が取り決められただけだった。

当時日本新聞協会と中国新聞工作者協会との間で交渉が進められているに も拘わらず、対中関係を改善しようとする自民党一部親中派によって頭越 しに決められたという側面があるように見える。しかし実際は承認していた。

日本側は記者を北京に派遣するにあたって、中国の意に反する報道を行わ ないことを約束したものであり、当時北京に常駐記者をおいていた朝日新 聞、読売新聞、毎日新聞、NHKなどと今後北京に常駐を希望する報道各社 にもこの文書を承認することが要求された。

以上の条文を厳守しない場合は中国に支社を置き記者を常駐させることを 禁じられた。

田中角栄首相による1972年9月29日、「日本国政府と中華人民共和国政府 の共同声明」(日中共同声明)が発表され、日中両国間の国交は正常化した。

1974年1月5日には両国政府間で日中貿易協定が結ばれ、同日には「日中常 駐記者交換に関する覚書」(日中常駐記者交換覚書)も交わされた。しか し日中記者交換協定は全く改善されていない。

対中政策は、以前と異なって中国の大学で中国語を学んだ「チャイナス クール」によって独占されているから、協定を変えようと提案する動きな ど出るわけが無い。

かくて現在に至るまで、中国へ不利な記事の報道や対中ODAに関する報道 は自粛されている。2008・02・28

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



━━━━━━━━━━━━━━━━
桜を見る会の攻防が示す政治の劣化
━━━━━━━━━━━━━━━━


          櫻井よしこ

問題だらけの朝鮮半島、要求する米国、一党独裁の不気味さを偽りの微笑 で隠して膨張する中国。日本はこうした難題に直面している。どれも解決 は容易ではない。そこでいま、一番働かなければならないのが政治家だ。 厳しい国際情勢を理解し、解決策を打ち出し、国益を守り通さずして、政 治家たる意味はない。

にも拘わらず、彼らは一体何をしているのか。日本共産党の田村智子氏が 11月8日の参議院予算委員会で首相主催の「桜を見る会」を取り上げた。 以降、多くの野党は恰(あたか)もこれが日本の最重要問題であるかのよう に政権を攻め始めた。立憲民主党国会対策委員長、安住淳氏らは「徹底的 に」追及するそうだ。

首相は13日、来年春の会は中止し、招待の基準などを見直すと発表した。 確かに、桜を見る会への招待者は年々ふえており、ここで一旦中止して見 直すのは正しい判断であろう。元民主党衆議院議員で、現在は立憲民主・ 国民・社保・無所属フォーラムに属する松原仁氏が批判した。

「我々も枠をもらって招待していましたが、安倍首相の場合、人数が多い のが際立ちます。事務所が動員をかけたような形になっているのはどう見 てもやりすぎです」

民主党から自民党に移籍した衆議院議員の長島昭久氏はこう見る。

「民主党のとき、我々も全く同じことをしていました。各議員に招待枠が あって、後援会の人々を招きました。招待客一人一人にどんな功績がある のか明らかにせよと立憲民主は首相に要求していますが、地域で頑張って いる方ではあっても特別の功労者ではない人を、私たちも沢山招いた。日 頃お世話になった方たちという意味では支援者の方々です。これは皆、同 じでしょう」

国会で説明すると明言

安住氏らは、安倍後援会は前夜祭を開いたが、1人5000円の参加費は安す ぎると問題視する。最低「1人1万1000円かかる」と主張し、その差額を首 相側が補填していれば公職選挙法違反だと息巻く。この点についても長島 氏が語った。

「我々がパーティを開くとき、1人2万円の会費で、ホテルに支払う食事代 は精々1人2000〜3000円です。ホテル側にとって、数百人単位のお客が宿 泊し、食事をしてくれるのは大変有難いことで、格安にするのは自然なこ とでしょう。立憲民主を含めて野党政治家はこのことを十分理解していま す。にも拘わらず、細かなことに拘り追及し続けるのは、選挙を意識して いるからです」

立憲民主、国民民主の両党はいまや共産党の支持なしに選挙に打ち勝つの は難しい。とりわけ、立憲民主の若い政治家達の後援会組織はほとんど無 いに等しく、全国に支援組織を有する共産党の協力なしにはとても選挙を 戦えないとして、長島氏は厳しく分析する。

「旧民主党勢力、とりわけ立憲民主党にとっての共産党は、自民党にとっ ての公明党よりも重要だと思います」

安倍首相が来春の会の中止と招待基準の見直しを決定しても、野党側は納 得せず、追及チームを11人態勢から3倍規模に拡大した。安住氏の徹底追 及の意向は首相のぶら下がり会見への批判からも読みとれる。「立憲民主 党国会Twitter」の「安住委員長ぶら下がり(総理ぶら下がりの受 け止め)2019年11月15日」から見てみよう。

氏が問題視する総理に対する取材は、15日の昼と夕方の2度、官邸記者ク ラブの要請で行われた。昼の回で、「国会で説明するか」と問われ、首相 は「国会から求められれば、説明するのは当然です」と答えた。

立ち去りかけた首相に、記者が「集中審議に応じるか」との質問を放っ た。それで首相は記者達の所に戻り、「当然です」と答えている。

求められれば必ず国会で説明すると明言したのだ。野党が論難する逃げの 姿勢ではない。

夕方、前述したように記者クラブ側の要請で首相は再び対応した。21分間 続いた説明は、「異例の長さ」と報じられた。この場で首相は前夜祭など の費用は全て参加者の自己負担だったことなどを説明している。質問が途 絶えたとき「何か、ご質問どうぞ」と促してもいる。

さらに14〜15の質問の後、「本日時間がない中ということで、後日会見を 開く予定はあるか」と問われた。それに対して首相は「もし質問されるの であれば、今、質問された方がよいと思いますよ」と答えた。

「改めて……」と記者が口ごもりながら重ねて問うと、首相は「改めて会見 ということであれば、今質問して下さい」と促した。

安住氏こそ記者を侮辱

昼の短いぶら下がりでは不十分だったとして記者クラブ側が要求し、夕方 に2度目の取材となった経緯を考えれば、夕方の時間までに、否、それ以 前から記者たちは調査し、質問を準備したはずだ。だからこそ首相は、い ま聞いてくれれば答えますと言っている。首相は答えようとしていたので あり、そこには他意も悪意もない。だが、安住氏はこのやりとりを以下の ように批判した。

「大変驚きました。(略)失礼ですけど、総理番の記者のところに、突 然、準備のない記者さんに対して『私の言うことを聞け、私に質問し ろ』っていう態度は(略)メディアの皆さんに対する冒涜でもあるしね」

どのような思考回路でこんな解釈になるのか。氏は前後の状況を知らずに 発言したのだろうか。繰り返すが、夕方の会見は記者側がもっと問いたい として要求したものだ。当然、質問は準備されていた。首相は誠実に答え こそすれ、「私の言うことを聞け」などという態度で臨んではいない。メ ディアを冒涜してもいない。

安住氏の言う「準備のない記者さん」も事実ではない。記者達はこれまた 前述したが、準備していた。安住氏こそ記者を侮辱している。

安住氏はほかにも官邸の記者について次のように語っている。

「何もそういう準備をしていない、総理番の若い記者さんのところに突然 総理が降りてきて」「何にも知らない記者の前に来て」「何も基礎知識を 持っていない記者さんの前に突然来られて」「余りこのことに基礎知識の ない記者さんたちを前に」と、延々と繰り返したのである。

官邸詰めの記者達も随分と軽く見られたものだ。立憲民主のたかだか一政 治家にここまで見下されて口惜しくないのか。政治の中枢を取材する記者 らが憤らないとしたら、これまた、なんと誇りなきことか。

日本は本当に多くの深刻な問題を抱えている。政治家なら、桜を見る会の 在り方は見直すとして、日本の運命を左右するより大きな課題に命懸けで 取り組むことだ。その心構えも発想もない野党政治家の存在の余りの無意 味さに、私は戦慄する。

『週刊新潮』 2019年11月21日号日本ルネッサンス 第877回


━━━━━━━━━━
「葱」知らずで不合格
━━━━━━━━━━


      渡部亮次郎

葱知らずで不合格は石原慎太郎の息子良純。家人の見ている民放のクイズ 番組で勝ち抜き、最終、「ネギ」を漢字で書けと言われて書けなくて海外 旅行をのがした。

そういいえば、まだ子供のころ笠置シヅ子の歌う「買い物ブギ」(作詞、 作曲服部良一)で「東京ねぎ」というフレーズがあって、ねぎに品種がい ろいろあることを知らないものだから不思議に思っていた。

長じて大阪に左遷されたら関西では葱の白いところじゃ無しに青いところ しか食べない。だから白い部分の長い葱は東京葱、と知った。

ネギ(葱)の英名はScallion。植物分類体系ではネギ科ネギ属。原産地は 中国西部・中央アジアとする植物。日本では食用などに栽培される。

ネギは「シボル」とも呼ばれ、古名は「き」という。別名の「ひともじぐ さ」は「き」の一文字で表されるからとも、枝分れした形が「人」の字に 似ているからとも言う。

ネギの花は坊主頭を連想させるため「葱坊主」(ねぎぼうず)と呼ばれ る。萌葱色(もえぎいろ)は葱の若芽のような黄色を帯びた緑色のことで ある。

日本では古くから味噌汁、冷奴、蕎麦、うどんなどの薬味として用いられ る他、鍋料理に欠かせない食材のひとつ。硫化アリルを成分とする特有の 辛味と匂いを持つ。

料理の脇役として扱われる事が一般的だが、青ネギはねぎ焼きなど、白ネ ギはスープなどで主食材としても扱われる。ネギの茎は下にある根から上 1cmまでで、そこから上全部は葉である。だから食材に用いられる白い部 分も青い部分も全て葉である。

関西では陽に当てて作った若く細い青ネギ(葉葱)が好まれる。一方、関 東以北では成長とともに土を盛上げ陽に当てないようにして作った、風味 が強く太い白ネギ(長葱・根深葱)が好まれる。また秋田など東北地方で は「曲がりねぎ」という栽培法もある。

関東と同様に土を盛上げながらある程度育てたら、一度抜いて横向きに植 え直し、植物の光に向かって伸びる性質を利用して曲げる。これは、地下 水位が高い土地で効率よく白葱をつくる方法だと言われる。ただし、栽培 に手間がかかるため、作付面積は減少している。

欧米ではチャイブ、リーキなどが栽培されている。

古くから薬効成分が含まれている植物と知られていた。痰や鼻水を押さえ る作用があるようで、風邪をひいた時に、ネギをくるんだ手拭やガーゼな どを首に巻くというものは有名な民間療法である。 お尻に刺しても効果 があると言われるが効果の程は不明である。

病虫害の予防効果を狙って、しばしばユウガオ、トマト、ナス、ホウレン ソウなどの畑に混植される(→ コンパニオンプランツ)。

ネギの種類
<青葱>
九条葱(京野菜)
万能葱
谷田部ネギ
観音ネギ
ワケネギ(わけねぎ) 株分れ(分けつ)しながら成長する葉ねぎ

<白葱>
深谷ねぎ(埼玉県)
下仁田ネギ(太く短い)
ポロねぎ 地中海料理などで普通に使われるネギ。
曲がりねぎ(白葱)
一関曲がりねぎ(岩手県一関市)
仙台曲がりねぎ(宮城県仙台市)
横沢曲がりねぎ(秋田県大仙市)
阿久津曲りねぎ(福島県郡山市)
その他
越津ネギ 愛知県発祥。日本の東西の中間だけあり、根の部分も葉の部分 も丁度同じぐらいの長さで、白葱と青葱の中間にあたる。
徳田ねぎ 岐阜県特産。白葱と青葱の両方の特徴を持つ。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』2009・05・29



━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◎花園天皇の父親は3代伏見宮でした。3代伏見宮の父が初代伏見宮、叔父が2代伏見宮、長男が後花園天皇で次男が4代伏見宮です。後花園天皇と4代伏見宮は同母兄弟です。

伏見宮家は最も格式の高い宮家であり、伏見宮家の宮邸は京都御所の近くにありました。上皇陛下の母方の久邇宮家の先祖が伏見宮家ですから、上皇陛下は3代伏見宮から分かれた天皇家と伏見宮家を統合した初めての天皇でした。皇室の問題は宮家の減少を防ぐことです。

後花園天皇(在位1428-64年)から600年近く宮家として皇統を継承してきた伏見宮家があるんですから、伏見宮家から分立した旧宮家に復帰していただくことで宮家の問題は解決します。 女系はダメです。女系では天皇ではなくなってしまいます。( 悠仁親王殿下がお生まれになる前に出された本ですから現状にそぐわないところも ある本です。)http://sinnmukouronn.up.seesaa.net/image/CFA2B7EB.pdf p.28 “「女系の天皇」がもし二代重なれば、それだけで皇統は大混乱する。四代も重ねれば、血統はまったく不明となる。” (まこと)

◎流行語大賞は“One Team”だったそうだ:前田正晶

残念なことに、私の英語の理解力ではこの言葉が採り上げられるように なって、マスメディアがしきりに引用するようになっても何の意味かが良 く解らなかった。それが何時の間にか流行語大賞に「ノミネートされ」 (馬鹿なカタカナ語で、素直に日本語で「推薦された」と言えば良いの だ)大賞となってしまった。その報道を聞いて、その使用例に小池都知事 がオリンピック関連の談話で「ワン・チームとなって」と言っているのを 聞いて、漸く“as one team”即ち「一つのテイームとして」という意味だ と察しがついた。

それだったならば、何故我が国で広く用いられている「一丸となって」と 言えば良いのではないかと思った。ところが、更にテレビ報道の解説を聞 いているとこの熟語はラグビーの日本代表のクラブテイームのヘッドコー チのジョセフ氏が言い出した言葉で「外国人が半数を占めている集団を一 つのテイームとして戦っていく」ということを言いたくて使ったのだと 解った。即ち、英語を母国語とする人が使ったのだった。尤も、最早聞き 取り能力が順当に衰えた私の英語能力では彼とその前任者のジョーンズ氏 の訛りが強い英語は何を言っているのかほとんど解らなかったが。

ここから先は私の嫉妬に由来する言わずもがなの注釈であるとお断りして おく。ラグビーはそのゲームが如何なるものかを心得て観戦すれば、確か に面白い点が多々ある。だが、我が国での人気は野球やサッカーやバス ケットボールやゴルフよりは高くはなかったと思っていた。だが、先頃の W杯開催ではマスコミの持ち上げ方も手伝って一気に異常なほどに人気が 高まったのは結構なことだったと思う。そう意味では、マスコミに対して も協会から大賞を授与しても良いと思う。

テレ朝だったかの説明によれば、ジョセフ氏が「テイームの半数ほどを外 国人が占めているのを一つに纏めよう」という意味で使ったとなっていた が、言いたくはないがそんなことは当たり前で、テイーム全体が一つに纏 まるように指揮するのが監督とコーチ陣の務めではないのかと思う。恐ら く「一丸」という観念がない外国人のヘッドコーチが我が国の業界に入っ て「それは大切なことだ」と思い当たったのだろうと邪推している。私は 永年全員が一丸とはならない国の会社に勤務していたので、個人の能力依 存の国の人には新鮮だったのではないかと思う。

マスコミはしきりにラグビーの代表が「ベストエイト」に入った成果と ヘッドコーチを称えるのは一寸理解に苦しむ。何故かと言えば、ラグビー のW杯では予選は4組しかなく、そこで上位2テイームに勝ち上がれば決勝 トーナメントに行ける仕組みだ。それは、そこには8ヶ国の代表しか上 がって来ないのだ。称えるのながら予選リーグ全勝の実績ではないのか。 サッカーのW杯では予選が8組もあるので、勝ち上がった時点では言うなれ ば「ベスト16」でしかないのだ。しかも我が代表は一度も「エイト」に残 れていないで、対照的に弱く見えているのではないか。

最後に未だに「ラグビーのルールが分らないので・・・」と嘆いてみせ る人が多いことを槍玉に挙げる。先日のTBSの「喝」の時間に登場した卓 球の平野早矢香さんはこの不可解なことを言っていた。するとラグビー協 会の理事でもある谷口女史(だったか?)が「ルールが分らないままに やっている選手は幾らでもいる」とたしなめられたのは面白かった。かく 申す私は、恥ずかしながら1945年からやって来たサッカー即ちアソシエー ションフットボールのルールブックを未だに読んだこともない。野球も通 ぶって見せているが、ルールは長い年月かけて覚えただけだ。

これまでに何度も指摘して来たことだが、「ルールが分らないので」と いうのは誤りで「その競技の試合の進め方と得点の仕組みが解らない」と 言う方が適切であると思っている。誰だってボクシングのルールなど知ら ずに見ていても、ノックアウトとなれば何れが勝ったかは分るし興奮する のではないか。フットボールではタッチダウンがあれば得点できたと分る のではないか。野球にはカタカナ語で「エンタイトルツーベース」となっ ているグラウンドルールなどというものまである。元の英語は「グラウン ドルール・ダブル」だ。これを知らずとも、バウンドして塀を越えれば2 塁打だと承知している観客は多いだろう。

アメリカの小話に「野球がなかった時代に野球を考案した人物が『こう いうルールの球技を実際にやったら人気が出るだろう』と提案したとこ ろ、そんな面倒くさいルールの競技が流行る訳がないだろうと一蹴され た」というのがある。


◎12月3日の貴誌で、シーチン氏が全生園のことについて述べられてゐまし たが、私も記憶の中にその名前があるので、懐かしく思ひ出した次第で す。と言ふのは、私の父の名前は私と一字違ひの、北村維章(これあき) と言ふ作曲家でありタンゴオーケストラの指揮者でありました。あるとき 病院の慰問に行ってくれないかとのマネーヂャーの依頼により、車数台 で、清瀬市に向けて出発しました。ところが後からついてくる一台が、急 に遅くなった。理由はその車を運転してゐたプレイヤーの一人が沿道で道 を尋ねたところ、返事の第一声が「ああ、あのらいびょうの」だったので す。そんなわけで一同、全生園に到着しましたが、始めは皆気が動転して ゐて、音が揃はない。一曲が終っても患者さんの拍手する音も包帯をして ゐるので、ぼそぼそだった。それでもやっと何曲か演奏することが出来ま した。

予定してゐた演奏も終り、患者の代表から、「こんなところへも慰問に 来て下さって誠に有難うございます」との謝辞を受けると、プレイヤーた ちもヂーンと成り、「来てよかったわね」と囁き合ったと言ひます。「言 ひます」と言ふのは、当時私は中学生で、帰宅した両親からその話を聞か された訳で、母はピアニストでした。そこに備へ付けのピアノを弾くのは 一寸気持ちが悪いだらうと、他のプレイヤーからは同情されたさうです が、ともかくも、慰問と言ふ貴重な経験をしたことは、我が楽団にとって 名誉なことだと思ってゐます。

その両親も他界してからかなりの年月が経ちますが、久しぶりに聞く全 生園といふ名前に当時を思ひ出し、一筆認めました。(北村維康)



https://twitter.com/takarin___7/status/1201829035287777280



これは、平成25年12月9日の、安倍総理の記者会見です。(3年間の民主党政権下に、日本の防衛機密3万件が処分されてゐた!シュレッダーにかけるのならまだしも、まさかチャイナに横流しはしてゐないだらうな!?)



今解散しても、自民党はバカ野党に負けません。党内左派と公明党を切り、保守政党らしく脱皮せよ、自民党!(北村維康)


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

4日の東京湾岸も快晴。

3日の東京湾岸は快晴、爽快。11時ごろに女性マッサージ師がきてくれ た。昼食はサッドウイッチに牛乳。その後に冷えたコーヒー。

大酒飲みだが、通常、午後6時前は絶対?まない。
                          読者:6003人





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。