政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5241 号  2019・11・27(水)

2019/11/27




□■■□──────────────────────────□■■□
 わたなべ りやうじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5241号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
      2019(令和元年)年 11月27日(水)



           親中派大物議員の何君堯が落選:宮崎正弘

               「風立ちぬ」の命日:渡部亮次郎

                日本人が希望を取り戻す方法:北野幸伯




                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記

      

                購読(無料)申し込み御希望の方は
              下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/
    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━
親中派大物議員の何君堯が落選
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)11月26日(火曜日)
  通巻6286号    <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

親中派大物議員の何君堯が落選。「こんなことありか?」
  香港区議選、およそ85%が民主系。ランドスライドが起きた
*********************************

11月24日、一切の暴力的衝突がなく、催涙ガスもゴム弾も火焔瓶の嵐
もなく、しかも香港は快晴。早朝から投票所には長い列が出来たが、投票
率が71・2%と史上空前の記録を更新した。およそ294万人が投票所
に足を運んだことになる。

結果はどうだったか。香港のヤングパワーが山を動かしていた。中国をの
ぞく世界のメディアが祝福ムードの報道をした。

親中派の大物、何君堯(現職立法委員)がよもやの落選。屯門地区は中国
大陸系や、地元ヤクザの支配する地区であり、まさか。「こんなことあり
か」と選挙事務所。

とくに何君堯が恨まれたのは7月21日の民主派襲撃(元朗駅)のヤクザ
の黒幕とされ、また民主の壁(レノンウォール)のビラを剥がし、街を綺
麗にしようという「清掃運動「の先頭にも立ってきた。このため選挙開始
直後に「お前はクズだ」と言われて反政府の男性からナイフで斬りつけら
れた。

屯門周辺は親中派が多い選挙区だが、現職の区議会議長も落選した。

沙田地区では民陣の責任者、今子木が当選した。かれはLGBT支持者で
もあり、2回、親中派ギャングに襲撃されて負傷していた。おなじく民陣
女性闘士の黄文萱も当選した。

日本でも知られる雨傘革命の指導者・黄之峰は立候補を拒否されたため、
代理人を立てた。その代理人である林浩波は早々と当選した。

香港時間午前7時時点で、民主派が獲得議席は288議席。対する親中派
は42議席。無所属が24名。80以上の民主派の勝利というランドスラ
イドが起きた。
  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READESRS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)韓国はどこへ向かうのか。本気で北朝鮮との連邦国家を目
指すのか。北朝鮮もまた南北統一を目指して核武装までしている。この同
床異夢の中文政権は朝鮮半島を錯乱しているだけか。又韓国の経済は大丈
夫か 等気になる事山積です。
今回講演は李相哲先生です。事前申し込み下さい。
弘志会 幹事 福井成範  fukuima@tree.odn.ne.jp
                 TEL090-3090-5452
           記 
1.日時:令和元年11月30日(土) 15:30〜17:30
2.内容:1530〜1700 講演 :龍谷大学教授 李相哲 先生
   「朝鮮半島問題と文在寅政権」
     1700〜1730  質疑応答
1800〜(1830)1930  懇親会(近傍居酒屋)
3.場所:サムティフェイム新大阪4F 「4FーG」会議室 
  TEL:06(6885)9000     〒543-0021 大阪市淀川区西中島
6-5-3(JR「新大阪」駅より徒歩9分、地下鉄御堂筋線「西中島南方」駅
より徒歩4分。

地下鉄御堂筋線「新大阪」より徒歩6分、阪急京都線「南方」駅より徒歩5分
4.会費:講演のみは1,500円 懇親会参加者は4,500円(但し不足分カ
ンパ要請)
学生は無料
5.主催: 弘志会 (幹事福井成範  fukuima@tree.odn.ne.jp
          TEL090-3090-5452


━━━━━━━━━
「風立ちぬ」の命日
━━━━━━━━━


   渡部 亮次郎

5月28日。名作「風立ちぬ」の作者。20世紀の業病(号病)肺結核をモ
チーフにし、肺結核に倒れた堀辰雄の命日である。今から61年前、
1953(昭和28)年のことだった。

「風立ちぬ」という松田聖子のアルバムもあるが「立ちぬ」という感傷的
な語感を借りただけで、堀の作品とは無関係である。

堀 辰雄(ほり たつお)のことを知ったのは中学生の頃で、兄が読んでい
たのを勝手に読んだのかも知れない。死去した時は既に高校2年生。関心
は別のところに変わり、その死は知らなかった。

堀 辰雄は 明治37(1904)年12月28日、東京市麹町区平河町(現在は東京
都千代田区)で生まれた。 最終学歴は東京帝国大学国文科。

東京府立三中から第一高等学校へ入学。入学とともに神西清と知り合い、
終生の友人となる。

高校在学中に室生犀星や芥川龍之介とも知る。一方で、関東大震災の際に
母を失うという経験もあり、その後の彼の文学を形作ったのがこの期間で
あったといえる。

東京帝国大学文学部国文科入学後、中野重治や窪川鶴次郎たちと知り合う
かたわら、小林秀雄や永井龍男らの同人誌にも関係し、プロレタリア文学
派と芸術派という、昭和文学を代表する流れの両方とのつながりをもった。

1930(昭和5)年に『聖家族』で文壇デビュー。 このころから肺結核を
病み、軽井沢に療養することも多く、そこを舞台にした作品を多くのこし
たことにもつながっていく。

1934年、矢野綾子と婚約するが、彼女も肺を病んでいたために、翌年、
八ヶ岳山麓の富士見高原療養所にふたりで入院する。しかし、綾子はその
冬に死去。この体験が、堀の代表作として知られる『風立ちぬ』の題材と
なった。

この『風立ちぬ』では、ポール・ヴァレリーの『海辺の墓地』を引用して
いる。このころから折口信夫から日本の古典文学の手ほどきを受ける。

王朝文学に題材を得た『かげろふの日記』のような作品や、『大和路・信
濃路』(1943年)のような随想的文章を書き始める。また、現代の女性の
姿を描くことにも挑戦し、『菜穂子』(1941年)のような、既婚女性の家
庭の中での自立を描く作品にも才能を発揮した。

戦時下の不安な時代に、時流に安易に迎合しない堀の作風は、後進の世代
の中にも多くの支持を得た。また、堀自身も後進の面倒をよく見ており、
立原道造、中村真一郎、福永武彦などが弟子のような存在として知られて
いる。

戦争末期からは症状も重くなり、戦後はほとんど作品の発表もできずに、
信濃追分で闘病生活を送った。

代表作「風立ちぬ」は1936(昭和11)年から執筆、『改造』などに分載さ
れたのち38年4月野田(のだ)書房より刊行。

「風立ちぬ、いざ生きめやも」とバレリーの詩句の引用をもって始め、リ
ルケの『鎮魂歌(レクイエム)』をエピローグに置く。

高原療養所とそこから山一つ隔てた「K村」とを舞台に、婚約者節子の病
床に寄り添い、やがて彼女に先だたれていく「私」が、死にさらされた自
分たちの生の意味と幸福の証(あかし)とを模索し、ついにそれらについ
ての確信を得ていく過程を描く。

婚約者矢野綾子の死という自らの痛切な体験を、詩情あふれることばのな
かで昇華し永遠の生の思想を訴えかけてくる点において、堀文学の代表的
名作となっている。
昭和28( 195年5月28日信濃追分(現・長野県北佐久郡軽井沢町)で死去
(満48歳没)2010・5・26
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

            
            
━━━━━━━━━━━━━━
日本人が希望を取り戻す方法
━━━━━━━━━━━━━━

北野幸伯

私は1990年(平成2年)、モスクワに留学しました。

大学卒業後もロシアに残り、

帰国したのは2018年(平成30年)でした。


私がモスクワに行った時、日本はバブル最末期。

一国で世界GDPの18%を占め、

90%以上の人が「私は中流階級」と思っていた。

世界から「黄金の国ジパング」と称賛されていました。

しかし、私がモスクワに行った年にバブルがはじけ、以
後「暗黒の10年」「暗黒の20年」「暗黒の30年」ともい
われる時代に突入していきます。

28年ぶりに戻ってきた日本。

一見、出国した時と何も変わりがないように見えます。

相変わらず、日本人は優しく、礼儀正しく、誠実。
道は清潔で、町は安全。
自然は豊かで、桜も紅葉もきれいです。

しかし、この28年間で、失われたものがあることに、
私は気がつきました。それは、【 希望 】です。

テレビを見たり、ユーチューブを見たり、ネットの記
事を読んだり、本を読んだり。
あるいは、日々出会うさまざまな人と話してみて、


「日本はこれからどんどん良くなっていく!」

という【希望】をもっている人が、ほとんどいない。

いえ、【全然いない】といっても、過言ではないでしょう。

その理由はなんでしょうか?

いろいろあるでしょうが、一番大きいのは「少子化問題」
でしょう。

日本の人口は、2050年には1億人を切り、2100年には5000
万人を割り込むと予測されている。

そうなると、日本の人口は今の韓国並になり、GDPも世
界12位とかになるでしょう。

今の勢いで移民を入れつづければ、「中国人が人口の過
半数」なんてことにもなりかねません。

国民の誰もが、

・少子化は不可避

・だから、縮小、衰退は不可避と確信している。

はっきりいうと、これって【インチキ宗教】みたいな
ものです。

なぜって、出生率は政策で挙げることができる。
そういう実例もあります。


その他、日本には問題が山積みです。しかし、実をいうと、
ほとんどの問題に解決策があります。

そのことを知った時、日本国民は失った【希望】をと
りもどすでしょう。


━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◎同じころ、安倍晋三首相は、祖父である岸 信介元首相と心の中で対話してゐた。

岸: 晋三よ、米軍に押し付けられた形骸化してゐる日本国憲法を守ったところで、それで尖閣諸島を守れなかったらどうするのだ?

安倍:日本は、ポツダム宣言を受諾して、海外の領土の多くを失ひました。おまけに戦後のドサクサで、竹島までも失ったのです。

岸: あの時は日本は手も足もでなかった。俺たちは切歯扼腕して悔しがったが、今また無様な負け方をするのか。

安倍:もうGHQによる占領はとうの昔に終ってゐるし、アメリカも太平洋の彼方の日本には、それほど執着してはゐません。むしろ、日本の事は

日本でやってくれと言ふのが本音です。

岸: やはり日本を守るには、明治憲法に戻さなければ駄目だな。明治憲法が制定された時は、お国を護ることは当たり前だった。だから国防の

ことも、第11条に、「天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス」と簡潔に規定されてゐるだけだ。

この時、河野防衛大臣より電話が入った)

河野:総理、ご決断をお願ひ致します。

安倍:わかった。30分後に返事をする。

(30分後)

安倍:河野大臣、先ほど私は皇居で天皇陛下に直接拝謁を賜った。事態の緊急性に鑑み、大政を陛下に奉還申し上げた。今後、自衛隊は帝國陸海空軍となり、陛下に直接の統帥を仰ぐ。猶、首相たる私は、それに関して輔弼申し上げる。君の職務もそれに準ずるのだ。

河野:畏まりました。

(10分後、帝国海軍となった元の海上自衛隊に防衛出動が下令された。)
(北村維康)



◎年賀葉書は毎年のように枚数を減らして買っているが:前田正晶

これから取りかかるだろう年賀状の枚数は迷った末に、最も多かった頃
よりも30%減らして近所の郵便局に、言うなれば発注した。何故それほど
減らしたかについては想像願えるだろうが、毎年のように11月辺りから
「年賀欠礼」の葉書が来るからである。以前はご当人ではなく親御さんや
ご親族の不幸での欠礼のお知らせが多かったが、ここ数年は永年お付き合
い願っていた上司や同僚や私の好みではない言葉である後輩といった方々
の訃報が増えたのだった。

15日に主治医の許可を得て体調を整えて藤沢まで昭和20年の湘南中学以来
の仲間のクラス会に出掛けた。高校の卒業時点では36人だった級友は今や
生存者が行方不明者1名を加えても16名だった。先週も毎年一度は会って
旧交を温めていた日本の会社時代の3期後だった人から誘いが来ないの
で、念の為に電話をしてみると奥方が出られて「7月に亡くなりました」
と知らされて愕然となった。その頃に湘南高校サッカー部のマネージャー
を永年勤めた頂き、昨年までお世話になっていた2年上の方の奥方から欠
礼の葉書が来て、何とも言えない寂しさを感じさせられた。

その「年賀欠礼」の葉書は本日も2枚到着した。お一方は永年の交流が
あった88歳の我が国の紙流通業界の大御所だった。巨星落つとまでは言わ
ないが、惜しい方が亡くなられたと、時代の変化がここにも現れたかと思
わずにはいられなかった。こういうお知らせ以外にも「もう今年からは年
賀状を止めます」という挨拶の葉書も来ている。かく申す私も「何時に
なったら止めようか」と毎年のように悩んでいる。今年も未だ11月である
から、未だ欠礼の葉書が来るやも知れないので、着手できずにいる。悩ま
しいことだ。



◎メデイアやジャーナリストは出来事の当事者か:前田正晶


この点で、25日の日テレの「ミヤネ屋」は非常に興味深い論議が展開され
ていた。そこには、この度の韓国のGSOMIA失効停止の延期と貿易管理手続
きの変更について、武藤元駐韓大使、細川中部大学特任教授、前嶋上智大
学教授と中継が繋がれていた。宮根は官邸駐在記者から現状の報告を聞い
た後でゲストに意見を求める形で進行した。宮根はその中で木村太郎氏の
「アメリカ側は我が国にも圧力をかけてきた」との意見を引用したとこ
ろ、細川教授に「邪推である」と一蹴されてしまって慌てふためいたの
だった。


そこで私の興味を惹いた点は「木村氏を始めとするジャーナリストという
かテレビ局がいう専門家たちは、先日私が引用した英語の表現である
“They are not making the things happening.”派であって、如何に豊富
な情報量を持っておられても事を起こした当事者ではなく、出来事を報じ
る意味での専門家である」だった。換言すれば、細川教授は通産省勤務の
頃には自ら外国と貿易等の交渉の実務を担当された当事者であり、出来事
の実体を誰よりも正確にご存じな方であるということだ。当事者として情
報を発信されるのだ。


当事者という意味では武藤元駐韓大使も同じであろう。と言うことは「お
手持ちの情報量の大きさの問題ではなく、“We are making the things
happening.”の側におられたという意味だ。その意味では細川教授は遠慮
会釈なく前嶋教授の意見もアッサリと否定されたのだった。私も前嶋教授
はアメリカに情報源を持っておられる有力な情報通であるとは思うが、残
念ながら“He is not making the things happening.”であると看做してい
る。言いたいことは「当事者と、その出来事を見て伝えるメディアとは如
何に専門家であっても、性質が異なる」という点だ。


より解りやすくしたつもりで言えば「出来事の実態は、それを担当した当
事者でなければ解らない面が多々ある」ということなのだ。そういう意味
では、私は在職中に業界の専門誌に時事問題について頻繁に匿名で投稿し
ていた。それは「現実に実務を担当している者の視点から見て論じるのが
最も(?)適切であって、第三者が出来事を見て聞いて、調査して、これ
までの知識の蓄積に基づいて判断して伝えるのよりも現実味があって説得
力があって、自ずと質が異なる」と信じていたからだった。


細川教授は韓国側から今になって出てきた「日本側が事実を歪曲して発表
した。経産省から謝罪があった」との発表は飽くまでも国内向けに局面を
糊塗する為の言辞であって真実ではない。貿易管理手続きの変更は協議す
る性質ではなく、今回経産省が発表したのは対話をするという意味であ
る」と、先日Prime Newsで佐藤前外務副大臣が指摘された内容と同じ事を
語っておられた。敢えて述べておけば、テレビで語られる内容でも「当事
者」と「報道する側」では内容も質も異なってくるものなのであると認識
しておく方が無難だという事。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

27 日の東京湾岸は、またまた曇天、やがて雨か。
                     読者:6003人


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。