政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5233号 2019・11・19(火)

2019/11/19



□■■□──────────────────────────□■■□
 わたなべ りやうじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5233号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
      2019(令和元年)年 11月19日(火)



      嘗てロシアマフィアが資金洗浄に利用した:宮崎正弘

               ある筈ない民主化中国:渡部亮次郎

                 北大教授の解放は:山岡鉄秀
    
    

                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記

      

                購読(無料)申し込み御希望の方は
              下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/
    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
嘗てロシアマフィアが資金洗浄に利用した
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)11月17日(日曜日)参
        通巻第6280号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆
嘗てロシアマフィアが資金洗浄に利
用したのはキプロスだった
いまは沿ドニエステルとウクライナ東部にマフィアとFSBのハッカ
ー部隊
**********************************
ロシアの諜報機関FSB(ロシア連邦保安局)と言えば、米国のFBIの
ような防諜専門ではなく、謀略を展開する秘密組織、前身はなく子も黙る
KGB。あのプーチン大統領の出身母体である。

中国軍のハッカー部隊ほどの規模ではないが、ハッカー専門部隊も持って
いる。

ビットコイン搾取で、ロシアのFSBが関与している疑惑が浮上した。

被害総額4億5000万ドル相当、発覚が遅れたのは「外国」扱いを受ける危
険地域からハッカー部隊がビットコインの取引所を攻撃したからだ。

小誌の2016年8月13日付けで、筆者は次の情勢報告をしている。

(引用開始)「ウクライナばかりか、旧ソ連圏の東欧諸国がプーチンに揺
さぶられている。

まずモルドバである。ルーマニアへの合邦復帰を望むモルドバは国内にロ
シア系の未承認国家「沿ドニエステル共和国」を抱えており、ロシア軍が
駐屯しているため、どうしてもロシアの顔色を窺う。2015年からわず
か一年でモルドバは、行政トップの首相が五人も交代したほどの政局不安
を抱えている(ちなみにロシアはトルコ制裁で農作物の輸入を制限したた
め、この沿ドニエステルからトマトを緊急に輸入していた)。

モルドバの経済沈下の発端は銀行のスキャンダルだった。モルドバの3つ
の銀行が中央銀行によって免許停止処分となった。原因はロシア財閥のマ
ネーロンダリングに手を貸していたという疑惑である。過去五年の間にロ
シア新興財閥はモルドバの銀行を通じて200億ドルを資金洗浄してい
た」(引用止め)。


 ▲モルドバがまた暗転していた。
 
そのモルドバのロシア人居住区は「沿ドニエステル」、事実上の独立国家
である。

ここにロシアのマフィアが蝟集し、ビットコイン取引で合計4億5000万ド
ルが、「蒸発」していた。モルドバ領内に、未承認国家ゆえに国際機関の
監視も行き届かず、沿ドニエステルは無法地帯とも言える。
ここが彼らの活動拠点となる。

馬淵睦夫氏は元ウクライナ兼モルドバ大使である。数年前に、「モルドバ
からウクライナへバスで入ろうと計画しているが、どの道を行ったら良い
か?」と尋ねたことがある。すると「沿ドニエステルを避けるバスルート
がありますよ」と助言を受けた。

モルドバの首都キシニューはこじんまりとまとまって意外に美しい街で公
園が多い。此処へはイスタンブール経由で入国し、3泊した。長距離バス
ターミナルからのオデッサ行きはミニバス、後の座席にはロマ(ジプ
シー)の母子が座り、騒がしかった。地図で見ると短い距離だが、国境の
検問に時間を取られ、六時間ほどかかったような記憶がある。

2016年に大統領選挙へのロシアのネット集団の介入は主にヒラリー陣営を
狙ったが、この作戦の主犯と見なされる「ファンシー・ベア」集団は、東
ウクライナが拠点である。

ウクライナの東部は、ウクライナ中央政府(キエフ)の統治が及んでいない。
 
ベルギーからの冷凍コンテナが英国に陸揚げされ、トラックのなかで、
「中国人」が39名死亡していた事件があった。偽の中国パスポートを保有
していたためだった。その後の調査で、遺体は全てベトナム人だった。


 ▲ベトナム ー 中国 ― ウクライナを結ぶマフィアルートが存在している

なぜこんなことが起きるのか。

ベトナムのマフィアと中国のマフィアが連携し、この闇ルートにウクライ
ナのマフィアが絡んでいるからである。かれらのドル箱となった密航ルー
トもまた、東ウクライナ経由だった。EUへの密入国ルートを利用する犯
罪者集団が、バックにあることが判明している。

嘗てロシアマフィアが資金洗浄に利用したのはキプロスだった。

その一部がマルタへ移動し、そのマルタは中国のマフィアが進出し、魑魅
魍魎の地域となった。そしてドニエステルとウクライナ東部に蝟集したマ
フィアとFSBのハッカー部隊が組んでいたという闇が浮かんだのである。

世界の闇は果てしなく深い。

       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声   どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前号「読者の声」の投稿は印象的でした。即位式、大
嘗祭における雅な音楽は雅楽。そして投書子は、三島由紀夫の『蘭稜王』
を連想するという、当意即妙。そういえば、三島由紀夫追悼会『憂国忌』
は来週ですね。(DF子、千葉)

  ♪
(読者の声2)このところの貴誌の香港情勢分析ですが、ほかの大手メ
ディアがカバーしない詳細にふれていてとても参考になります。

大学が軍事要塞となって、学生が戦闘訓練をしており、「大学は武器庫に
なった」との口実で警官隊が導入され、激しい武力衝突が繰り返され、
まったくカルチェラタンンていどの騒ぎではなくなりましたね。

バルセロナで、チリで、フランスで、デモが大荒れですが、これらは香港
の影響でしょうか。
 
それはともかく中国大陸からの留学生は深センへ逃げ去り、台湾、日本か
らの留学生は帰国、そのうえ台湾は香港学生の編入を認める由です。
 こうなると香港の大学は向こう数ヶ月、授業がないことになり、卒業は
延びるのでしょうか。

昭和44年でしたか、東大入試が中止され、あのときの受験生らは、京都大
学、東北大学や早慶に流れました。香港大学、中文大学という老舗名門校
も、そういう宿命になるのでしょうか。

縁戚の子が香港に留学しているので心配です。(TY生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)小生のまわりにも、あの年、東大を受けられな
かった後輩たちがいます。それぞれ京都、東北そして早稲田、慶応へと散
りましたが、ひとり京都大学へ行ったT君は、翌年また東大を受け直して
合格しましたっけ。


━━━━━━━━━━
ある筈ない民主化中国
━━━━━━━━━━
  
渡部亮次郎

中国の「漁民」が尖閣諸島に攻めてきて以来「経済の改革があったのだか ら政治も改革、民主化になぜなら無いのか」と良く質問される。それに対 する私の答えは「カネが溜まっただけ人民に対する統制はきつくなり、比 例して民主化は遠くなります」。

経済の開放(外資導入)と改革は鄧小平の若い時からの夢だった。しかし 経済の改革開放をやれば政治の改革開放が不可避であり、それは共産党独 裁の否定に繋がるから古い指導者たちはこぞって鄧を避けようとした。

鄧の三度に及ぶ失脚は、それぞれに理由は別だがそのそこで共通している のは改革開放思想。「黒猫でも白猫でも鼠を良く捕る猫がいい猫」思想で ある。

三度目の失脚のときは既に老齢でもあったが、毛沢東がやがて死ねば自分 が天下を取り、改革開放路線を実現する事は夢では無いことを信じて自ら を鼓舞していた。幸い周恩来の変わらざる支援により命永らえ奇跡の復活 を遂げた時、毛沢東は既にこの世になかった。

田中角栄内閣で締結を公約しながら、田中内閣は勿論、三木内閣でも実現 しなかった日中平和友好条約の締結について中国の動きが俄然、積極的に なってきたのは、この頃である。

福田内閣で官房長官から外務大臣に横滑りした園田直(すなお)はNHK記 者だった私を秘書官に起用する一方、剣道の弟子で中国で育った民間人を 「使者」として北京にしばしば派遣、旧知の廖承志周辺の動きを探った。

その結果、復活した鄧小平が党の主導権をとり経済の改革開放に舵を切り 替えつつあることを確認できた。日中平和友好条約締結への積極姿勢も、 ここに鍵のあることを確認できた。

以後、中国は日本の外資導入を梃子とし、経済の改革開放政策により、今 や日本を抜いて世界第二位の経済大国になありつつある。だからアメリカ を初めとする西側の政治、経済学者は今度は政治面での民主化を予想した いところだが、これは絶対望みは無い。

民主化すれば経済原則上、不要な共産党は否定される。彼らは排除され抹 殺されること必定である。彼らが人民にしてきたことを今度はそのまま適 用される。だから中国共産党は政治の民主化は絶対行なわない。

経済の改革開放にとって共産党は邪魔以外の何物でもないから政治に対し て賄賂で打開する以外に無い。したがって共産党は損じする限り賄賂が自 動的に転がり込む。構造的賄賂の舞い込む天国を
捨てる共産党「皇帝」などいない。民主化は反革命の成就後だ。



━━━━━━━━
北大教授の解放は
━━━━━━━━
           山岡鉄秀

中国で拘束されていた岩谷將(いわたにのぶ)
北海道大学教授が解放されてほっとしました。
個人的に岩谷先生の講義を聞いて、
ご挨拶したことがあるので、とても心配していました。

報道によると、今回は日本政府も
「即時解放がなければ、習近平主席の国賓待遇が困難になる」
と抗議したとのこと。

産経新聞(11月15日)によれば、
10月に今回の拘束が発覚してから、
安倍首相は「即位礼正殿の儀」に参列するために来日した
王岐山国家副主席や、タイ・バンコク郊外で談した
李克強首相に強く開放を求めた。

それが功を奏したのは良かったけれども、
まだ少なくとも9人も原因不明のまま
拘束されている日本人がいるそうですから、
問題解決には程遠いと言わざるを得ません。
この点は自民党の議員からも指摘があると報じられています。

しかし、安倍首相と日本政府には
絶対に忘れて欲しくないことがあります。

今回、岩谷教授を無事に帰国させることができたから、
これで習近平主席を国賓として招くことへの
障害が無くなったと考えていたら大間違いです。

このままでは日本政府は
世界にどんなメッセージを送ることになるでしょうか?

「日本政府は日本人学者の救出には努力したが、
香港やウィグルのことはどうでもいい。
弾圧している側の最高責任者を平気で笑顔で国賓待遇する。
やはり、日本は人権問題に疎い、自己中心的な国だ」

こういう印象を全世界にばら撒くことになります。

アメリカもかつて習近平を国賓待遇しましたが、
当時と今とでは情勢が全然違います。
今やアメリカは明確に中国を敵認定しています。

国賓を呼んでから冷遇する、
というような芸当が日本政府にできるとも思えません。

まさかとは思いますが、アメリカだけに頼ると危ないから、
保険の為に中国とも適当にうまくやっておこう、
と考えているのなら、おめでたいにも程があります。

中国は(中国だけではありませんが)
弱い相手とは交渉しません。
即時属国にすることしか興味ありません。
アメリカとの同盟を恐れているだけなので、
もしアメリカが覇権戦争に敗れることがあったら、
日本は即終了です。
すぐに今の香港のような状態になります。
もっとも、日本人にはあのように戦うガッツは
もう残されていないかもしれませんが。

ちょっと前の話ですが、映画監督の井筒和幸氏が
「個別的自衛権だって必要ない。
 万が一他国が攻めてきたら国民は無抵抗で降伏し、
 すぐに首相や政治家が和平交渉に出るんです。
 九条が為政者にそう命じているんです。その方が被害は少ない」
と言ったことが話題になりましたね。
(中日新聞2015年10月29日)

だから、武力侵攻してくる国は
弱者と交渉する気なんてさらさらないんですよ。
在日韓国人の苛烈な生き方を描く監督がこの平和ボケですから、
日本は最終的に憲法9条に殺されるのでしょうか。

香港ではいつ天安門事件が再現されるかわかりません。
ウィグル人弾圧の残酷さも日々明らかになっています。

まだ拘束されている日本人が大勢いるのであれば、

「国民感情に鑑みれば、
 日本人拘束の問題が短期間に解決されず、
 また、香港の情勢も不透明であることから、
 来日はしばらく延期した方がよい」
 と申し入れた方がいいと思います。

このタイミングで習近平を
国賓として招くような外交センスでは、
命綱のアメリカにも愛想をつかされ、
取り返しのつかない失敗になってしまう可能性があります。

子孫のためにこの国を残したければ、
国民の側から危機感をどんどん政府に伝える必要があります。


    
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━


面倒な問題が多いようだ:前田正晶

GSOMIA:

やはりこの件が一番引っかかってくる。韓国の「ホワイト国に戻せ」との 言い分は問題の筋が違うだけではなく極めて不条理だが、彼らには彼らな りの主張があるようだ。文在寅大統領もGSOMIAの破棄が公約だったらしい ので、今更引くに引けないという面子もあるのだろう。半導体の原材料で ある3品目の処理が韓国内で如何に為されてきたかを問う我が国に対し て、3年間も音無だったことなど、彼らの自己主張の前には問題ではない とでも言いたいようだ。私は以前から文大統領が翻意することはあり得な いと予測してきたが、遺憾ながらその通りになってしまいそうだ。



韓国がGSOMIAを失効させれば、その後には如何なる事態が発生するかの議 論は専門家にお任せしたいと思うが、私でさえ最も困るのはアメリカだろ うことくらいは読める。だが、何人かの専門家が指摘されたように「アメ リカの国務省や国防省では事態を重く見て高官が何名も韓国に赴かれて説 得に努めておられるが、肝腎の最高責任者であるトランプ大統領はこの件 に関しては余り関心を持っておられないようだ。トランプ氏の関心事は DPRKにあり、金委員長に4度目の会談を申し入れておられるではないか」 というような問題もあるのではないか。難儀なことだ。



私は過日Prime Newsに登場された韓日議連の会長と幹事長は司会者の反町 が何度も確認しても「北朝鮮は脅威ではない」と言い切ったことが全てで あるとまでは言わない。だが、これが文在寅政権の本音であろうと思って 聞いた。そうであれば、我が国とアメリカが如何に働きかけても、彼らが 心変わりする確率は極めてゼロに近いだろうと思わざるを得ない。残念で ある。


桜を見る会騒ぎ:

全く下らない騒ぎだと苦々しい思いで眺めている。彼ら野党とそれに協力 するテレビ・新聞はこんな事で自民党内閣を瓦解させ政権が奪取できると でも本気で考えているのだろうか。「GSOMIAの件で文大統領を翻意させら れなかった安倍総理は、トランプ大統領のみに傾注し過ぎで怪しからん。 退陣して貰おう」というような騒ぎ方なら少しは解るが、「ニューオータ ニから明細書を貰っていないのがおかしい」という言いがかりは噴飯物 だ。そんなことが総理大臣追及の材料か。


私も大人数のパーテイーには在職中に何度か出たが、人数分の食べ物が出 ていたことは滅多になかった。その少しの食べ物に群がる者たちの品性を 問題にしたものだった。¥5,000×850名ならば\4,250,000である。それだ けの量の食べ物と飲み物を出しておけば十分で、如何に山口県から来られ たにせよ、先を争って食べることに没頭されたのだろうか。屁理屈も甚だ しいし、ニューオータニの係員を国会に招致とは馬鹿馬鹿しすぎて笑うこ とも出来ない。


トランプ大統領:

韓国をも含めてまたもや駐留軍の経費負担を云々される気であるらしい。 我が国との貿易協定にもご不満が残っているような雰囲気だ。何れの問題 も選挙キャンペーン中からの公約の残り分である以上、追及を続けられる のは阻止できないかも知れない。トランプ氏の脳裏には「貿易赤字は悪で あり、売り込んだ方が悪い」という損得勘定で見ておられる以上、この考 え方を変えるのは文在寅大統領との交渉以上に難関だろう。我が国も中国 も無理にアメリカ市場に安売りで乗り込んだのではなく、買ってくれるか らというか、空洞化も手伝って国産品がないので輸入された品目が多過だ けのことなのではないのか。


私が在職中の時期にも我が国との貿易不均衡に不満を唱えるアメリカ政府 に対して「買っておきながら文句を言うのは不当ではないのか。自国内で の供給体制が整っていない事を輸出国のせいにするのはおかしい」という 議論が巻き起こっていたものだった。私が何度も引き合いに出したロスア ンジェルス市郊外の「ファッション・デイストリクト」という大規模な問 屋街の多くの衣料品は何十年も前からアメリかでは生産しないようになっ たものだ。だから中国からの輸入依存なのだが、それが怪しからんと言わ れるのは、どうなのかなと思ってしまう。


その言わば延長線上に我が国から出ていく自動車の問題も出てくる訳だ が、そこまでに至る事情というか歴史問題を「聞く耳を持たん」と言われ そうなトランプ大統領に、キチンと聞いて頂くよう努力すべきではないか とズーッと考えている。見方を変えれば、再選確実という見方をされる専 門家が多いこの時期に「我が国から輸入されている自動車がアメリカの雇 用などを奪ってもいないし、アメリカに需要者が好む車を供給できるのは 我が国のメーカーだけだ」とご納得頂けるプリゼンテーションをした方が 良いと思う。安倍総理はそれくらいの親密さを維持しておられると信じて いる。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

19日の東京湾岸は曇天。散歩しても汗を書かない季節になっていた。


                  読者:6003人





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。