政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5205 号  2019・10・22(火)

2019/10/22



□■■□──────────────────────────□■■□
 わたなべ りやうじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5205号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
       2019(令和元年)年 10月22日(火)


   雀庵の「台湾海峡波高し、清朝統治」:“シーチン”修一 2.0

               「もっと正直に言えよ」:宮崎正弘
       
            イスラエル、いまだ連立ならず:宮崎正弘


            
                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記

         御意見・御感想は:ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
        下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/
    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━━━━━
雀庵の「台湾海峡波高し、清朝統治」

━━━━━━━━━━━━━━━━━


          “シーチン”修一 2.0

【Anne G. of Red Gables/38(2019/10/21)】10月20日(日)は八幡様の 祭りだった。平年より1週間遅れたのは台風19号のためで、その余波なの か20日も曇り、「秋天の豊穣祭」のうきうきした感じはしない。小生の体 調が優れないためでもある。

「心技体」というけれど、老化とともに「体」は動かなくなる。「あれ もやりたい、これもやりたい」と「心」は逸るものの、ベッドから降りる のもしんどい。寝たきりになる老人の気持ちが分かる。いささか焦るのだ が、「なるほど、老化とはこういうものか」と身にしみて分かるようにな るのは、オツムにとって一歩前進だなあと思う。

しかし「死」へ向かっての前進であり、それがメデタイのかどうか、分 からない。台風難民の長女が「区役所が粗大ごみをタダで回収してくれる から、何かあれば出していいよ」というので、「俺」と言っておいた。自 縄自縛、緊縛しておいた方がいいか。小学校の理科の部屋で骨格標本にな れたら楽しいだろうが、近年は身の始末に困った人が「そうだ、この手が ある!」と押し寄せて献体も狭き門だから、老人の骨は歓迎されないかも しれない。「この骨、ダメだよ、背骨がずいぶん擦り減ってるぜ、チェン ジ!」なんて・・・

チェンジ・・・「もう一度生まれ変わっても君と一緒になりたい」なん ていう男はいるのだろうか。小生は二度と生まれたくないな。天はそうい う軟弱な奴に「お前は卒業単位未達や、『詐術扇動学』『繁殖行動学』は 優秀やが、それ以外は『不可』やないか。もう一度『生き地獄』へ行 け!」と蹴落とされるのだろう。如何せん。せめて神州に落としてたもれ。

法務省によると日本国籍にチェンジする外国人は、

<平成30年 申請者9,942 許可者数9,074(韓国・朝鮮4,357、中国 3,025、その他1,692)不許可者数670>

まあ年間に1万人ほどのようだが、逆に外国籍をとる日本人数は分から ない。外国籍を取った段階で本来は日本国籍を離脱しなければならない が、自己申告のためにザルで、二重国籍が多いようだ。外国籍を取ればそ の国で暮らしやすいが、なんぞの時には日本に帰りたい、だから日本国籍 も持っておく、という人が多いだろう。これは違法で罰則もあるが、まず ばれやしない、ばれても「知りませんでした」で済むからだろう。

日本のパスポートがあれば世界130か国にビザなしで渡航できる。この 特権を捨てる人はまずいまい。そもそも日本人の多くは「日本は住み心地 がいい、桃源郷に一番近い島」と思っているだろうから、外国籍をとる人 は稀ではないか。

台湾人の国籍は1945年の日本敗戦前までは「日本」、その後は蒋介石国 民党に占領されて「中華民国」、1972年の日中条約で「中華人民共和国」 になった。台湾人は国際政治に翻弄されてきた。国籍一つを見ても台湾の 歴史は過酷だった、過酷過ぎた。

日本人は中共による台湾併呑を傍観するつもりなのか。「恥」という字 をご存じか、「恥辱」の意味をご承知か、友邦台湾を助けずに武士道か、 大和男児か、一朝事あらば台湾と手を携えて中共を殲滅すべし。これでこ そ男よ。生まれ変わったら吶喊ミサイル小僧になって中南海を襲いたい。


さてさて台湾史。鄭氏三代に仕えた陳永華(?〜1680)の施政は開墾で食 糧問題を克服しただけではない。富国強兵のために貿易を奨励した。商船 隊は日本、琉球、ルソン、シャム、マラッカ、ジョホールへと向かい、自 由貿易を推進したために英国など外国商船も訪台した。

清朝は台湾との交易を禁止したが、海賊上がりの台湾の「威力入港」を 抑えられなかった。日本にも鎖国の例外として年間50隻の台湾船が長崎に 入港し、幕府には「清朝征伐」の軍を派兵する声もあったという(金欠で 消えた)。

駒光何ぞ馳するがごとし、大番頭の陳永華が没すると台湾政治は内紛な どで揺れ動く。これを大陸から見ていたのが、かつて陳永華とともに鄭成 功の側近であった施良(しろう、良は王編)だ。施良は鄭成功の逆鱗に触 れて一族を皆殺しにされ、復讐の鬼となっていた。

<施良は清朝に「台湾は治世のタガが緩んでいる、しかも天候不良で食 糧不足、海賊の巣窟、台湾を抑える好機です」と説得し、1683年、大小艦 船200余隻に兵2万人を乗せて厦門の南から膨湖島へ向かった。6月の海戦2 回で台湾の鄭軍はほぼ壊滅し、軍紀も乱れ、ついに8月13日、投降した。 施良率いる清軍は7つの島に無血上陸、鄭氏政権31年にしての崩壊である。

1684年、清朝は施良の「台湾は地域の要石」という意見に従って「台湾 府」を置いたが、もともと清朝は膨湖島の軍事的重要性は認識していた が、肥沃とはいえ風土病と恐れを知らぬ蛮族=先住民の住む台湾の統治に は乗り気ではなかった。清朝は不法移民を大陸に強制的に戻し、台湾への 密入国を抑え込んだが、逆に福建、広東は人口が急増し、耕作地がなく、 無宿流浪の民であふれてしまった。

治安は悪化する、腹は減る、海峡を越えれば肥沃な台湾がある、清朝の 台湾統治は台南周辺だけである、そこを避ければまず密航はできる、バレ たところで「魚心あれば水心」、命懸けでも渡台を目指す人は増えるばか りだった。



清朝統治に対するいくつかの大きな反乱もあったが、命掛けの移住民の汗 と涙で台湾は一歩一歩前進していく。1700年前後には三大都市「一府、二 鹿、三バンカ」が発展の象徴だった。「府」は台湾府の置かれた今の台 南、「鹿」は中部の鹿港(ろっこう)、「バンカ」は今の台北市の万華。

新天地を目指す民の怒涛の進撃はもはや止めようがなく、清朝は1784 年、「盗墾者はその罪を許す」とした。要は「税金を納めろ」。1874年 (明治7)には「蛮地入山禁止令」を解いたが、蛮地は勇猛果敢な先住民 が暮らしており、移住民との同化はあまり進んではいなかったろう。禁止 令解除は遅過ぎたのか、あるいは早過ぎたのか、先住民にとっては侵入者 は「敵」のままだった>(喜安幸夫「台湾の歴史」)

昨日あたりからブルーになったが、その原因は朝鮮地誌/歴史を勉強し 始めたことによるとしか思えない(イザベラ・バード「朝鮮紀行」)。想 像を絶する美しい景観、想像を絶する醜い生活、その落差があまりにも大 きく、耐え難い。歴史を粉飾、成形、捏造、偽造しないととても生きてい けない。「朴正煕選集」も読むのが辛かったが、バードの報告はそれ以上 に露骨である。銃を抜いて脅さないと安全が保てない場面もあった。都 市=スラム街=肥溜め、なんて、普通の神経では耐えられない。

発狂亭“コリアコリア菌で終日クラクラ”雀庵の病棟日記から。

【措置入院 精神病棟の日々(155)2017/1/17】産経、森本敏「正論  米の政策転換にかなう防衛力を」、なんだかコクのないお吸い物、行儀は 良いけれどパンチ力がない。

遠藤良介「赤の広場で 氷点下30度の世界」、1月7日ごろモスクワはマ イナス30度まで下がったという。

<−15度だと外に出て寒いし、顔がひりひりし、風があると辛い。−30 度でもさして変わりはない。真っ白な雪を踏みしめて歩くのは実に気持ち がいい。ウオッカをひっかけて外に繰り出し、一気に酔いを醒ますという のも乙である>


集中暖房が完備されているのでいつでも屋内に逃げ込めるから・・・との こと。ウオッカと暖房なしではロシアの冬は越せないから、アル中と短命 は避けられないわけだ。アラスカで−15度は体験したが、目の玉が凍りそ うだった。良質で安いウォッカを大量に密輸出して露助をアル中にすると いう戦術は効き目がありそうだ。


「歩数増で“ニンジン”作戦」、馬の前にニンジン=インセンティブをぶら 下げてヤル気を起こさせるのか。NINJIN。N:脳軟化、I:陰険、N:難癖、J: 邪悪、I:イジワル、N:長生きの人間を早めにあの世へ送るハーメルン作戦 か。(つづく)2019/10/21



━━━━━━━━━━━
「もっと正直に言えよ」
━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)10月19日(土曜日)弐
         通算第6243号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「もっと正直に言えよ」。中国GDP成長(19年第3四半期)が6・1%?
何を基準にまだGDPがプラス成長だと言い張っているのだろう
*********************************
 中国のGDP成長はとうにマイナスに落下している。その真実を誤魔化 すために、適当な数値をでっち上げ、裏付けのないデータを示して 2019年第3四半期は6・1%成長だと公言した。

街に大量の失業者が溢れ、鉄や石炭城下町が廃墟と化しているのに?
 各地にゴーストタウン、30万都市、50万都市が造成され居住者がおら ず、ゴーストシティ。いずれ中国は「ゴースト・チャイナ」となるだろう。

中国国家統計局というフェイク数字を作文する部署がある。
 直近の発表で「2019年第3四半期(7月―9月)の中国GDP成長 は6・1%だった」そうな。李克強首相その人が「あんなデータ、私たち も信用していない」と嘗て米国大使に述懐したことがある(ウィキリーク スが暴いた)。

「なら何を参考にするべきか?」との大使の質問に李首相(当時は遼寧省 党書記)は「電力消費量、鉄道貨物輸送量、銀行の貸出残高です」と答えた。

これを一時期は、「リコノミックス指標」とチャイナウォッチャーも注目 したが、やがて忘れ去られた。
 
2016年に当時の王保安・国家統計局局長が北京空港で愛人と高飛び寸 前に逮捕されるという事件があった。嘘のような話だが、愛人とそれぞれ 弐通の偽のパスポート、そしてファーストクラスも二人の偽名のチケット が用意されていた。

電話の盗聴で、ばれたのだ。


当時、小誌は次のように書いた。

「GDP数字は出鱈目であり、その責任者が捕まったのだから習近平は、 伏魔殿の清掃に立ち上がって、腐敗分子を 統計局からも追い出した。
2016年1月16日、記者会見を終えた王保安は、その夜、7時半から幹部会 議を招集していた。「李克強首相の新たな講話を学習するためということ だったが。幹部達はなぜ夜に会議なんか開くのかと訝りながらも待機して いた」。ところが、王局長は運転手に北京国際空港に向かうよう手配して いた。会議は偽装だった。

「同日夜7時発のパリ行きエールフランス便と、夜9時発のフランクフル ト行きルフトハンザ便のファーストクラスを、それぞれ2枚」(中略) 「鞄からは『黄国安』と『丁毅』という偽名の偽造公用パスポートが見つ かった。愛人は空港の貴賓室で捕らえられた。

王局長は古巣の財政部時代に数億元を不正蓄財し、それらをアメリカと ヨーロッパの隠し口座に隠匿していた。このような無様な大臣が『中国の 経済成長は6・9%』と胸を張って発表していたのだ」。呆れても物が言 えない」(引用止め)


 ▲世界のエコノミストにはおめでたい人が目立つなぁ

さて、6・1%成長????。

豚肉は中国人の食卓に欠かせないが、アフリカ豚コレラの流行も手伝って 価格が40%も急騰し、消費は急減した。消費は落ち込んでいるにもかか わらず、公式データはGDPにしめる消費は60%だとアメリカ並みの数 字を並べた。

公式データを元にすると2020年の中国GDPは5・7−5・9%にな るだろうと計算するエコノミストが多い。

保険調査企業「COFACE」のエコノミスト、カルロス・カサノバは 「2020年の中国GDP成長は、12月15日発動予定の追加関税をの ぞけば5・8%だろう、とした。

オックスフォード経済リサーチのトニー・ウーは「12月追加関税措置が 取られたとして中国の2020年のGDP成長率は5・5%になるだろ う」とする(いずれもサウスチャイナ・モーニングポスト、10月19日)。

そこでIMFは5・8%を予測し,世界銀行は5・9%を予測する。
いずれもおめでたい祝儀相場の如くであり、何時までフェイク数次を基に した予測をたてていく積もりなのか?
     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「南京戦の真実を追求する会」第12回講演会
 「日本で誰が南京事件を主張しているか? 戦前からあったフェイク・ ヒストリー。建国から30年間、中国の教科書に「南京事件」はなかった」

 
  ♪
(読者の声2)貴誌、「読者の声」で(DF生、千葉)氏「シンガポール が全体主義に傾いていたとは!」と驚いていらした様子。

シンガポールは別名「明るい北朝鮮」ですから驚くこともないのでは?
 ロバート・D・カプランの「南シナ海が」『中国海』になる日」という 本ではシンガポールを「よい独裁者」がいる都市国家と評しています。

1965年にマレーシアから追い出され、現在も水源はマレーシアに抑えられ ている弱点を持ちながら、東南アジア随一の軍事力を誇り、米軍の原子力 空母や原潜を停泊させる目的のためにわざわざチャンギ海軍基地を作った 国。イスラエル軍の指導を受けたシンガポール軍は空軍はアメリカ、陸軍 は台湾、ヘリコプター部隊はオーストラリアで定期訓練を実施するなど、 周辺国に通商路を封鎖されれば国が滅びますから真剣味が違います。

一方、中国との関係ですが、アジア文明博物館にはトウ小平の功績を称え る記念碑が建てられているという。

台湾の李登輝総統が中国との対話を模索していたときもシンガポールが舞 台でした。独立当時は貧乏国でシンガポール航空の客室乗務員を指導した 日本航空の方の話では雨漏りのする倉庫が訓練所だったそうです。

とにかく独立と安定が第一であり、ひたすら現実主義の国。外国人労働者 も国籍により待遇が異なるのはあたりまえ。バングラあたりからの建設労 働者の宿舎など、それこそ雨漏りのする倉庫に多段ベッドでこき使う。中 国の農民工よりはマシなのでしょうか。

チャンギ国際空港やマリーナベイサンズの華やかさの裏側は見えませんか らね。(PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)トランプvs金正恩会談の初回はシンガポールで した。

マリーナベイ・サンズ(これは米国カジノ系列ですが)の高層階にあるバ アに突然、金正恩が出現。居合わせた日本人観光客が、『キャー』と叫ん で、酒でもかけるのならともかく、拍手してまるでスーパースター扱いで した。なるほど、シンガポールは「明るい北朝鮮」ですか!



━━━━━━━━━━━━━━
イスラエル、いまだ連立ならず
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)10月21日(月曜日)
         通算第6245号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
イスラエル、いまだ連立ならず。ネタニヤフ首相も迷走
  「『青と白』はアラブ政党と組もうとしている。ハマスやイラン
と融和か」と批判
*********************************

 イスラエルの総選挙が終わって、過半数を超えた政党なし。ガンツ(元 参謀長)率いる「青と白」が第一党で議席33,ネタニヤフ率いる「リ クード」が32席と僅差だが、本来なら第一党のガンツが連立を模索して 政権を樹立すべきだろう。だが、諸般の事情から大統領はネタニヤフに組 閣を命じることとなった。

 というのも、ユダヤ原理主義にもとづく宗教政党は強くネタニヤフを支 持し、またヨルダン川西岸に強引に入植する政策の推進母体の政党もネタ ニヤフ支持である。多数派工作となると、ガンツには不利となる。そもそ も『青と白』は労働党などを糾合した寄り合い所帯でしかない。

9月18日の総選挙から一ヶ月を経過したが、いまだ連立ならず、イスラ エル政局は混迷の度を深めている。
ネタニヤフは当初、「青と白」との大連立を模索したが、一蹴された。 「国民は長期政権に飽きている」と政治に新風を求める国民が多いことを 理由に挙げた。
ネタニヤフは「アラブ政党とガンツは組むのか。ハマスやイランを支持す る政党と?」と批判の語気を強めている。

イスラエルはユダヤ原理主義、世俗ユダヤ教徒、そしてイスラム教徒が併 存し、アラブ系の政党が四つもあって、選挙では統一行動をとるため、必 ず数議席を確保する
結局、キャスティングボードを握るのはリーバルマン率いる「イスラエ ル・わが家」だが、ロシアからに移民の政党ゆえに、発言力が弱い。その うえ、リーベルマンは、ユダヤ原理主義者が受けている徴兵義務免除など の優遇措置の撤廃を主張しているため、宗教層からの支持が希薄である。

社会の目に見えない対立抗争は基底にアシュケナージとセファルディとの 心理的軋轢がある。


▲エリート層のアシュケナージがイスラエルを率いた結果

戦後、政治を牽引してきたのは東欧などからの移民が主体のアシュケナー ジであり、エリート層を形成した。
アシュケナージはヘブライ語で「ドイツ」を意味するように、この人脈は キッシンジャーが代表する。古くはハイネ、マルクス、カフカ、最近でも マクルーハンなど文学、思想方面でも人材を輩出させている。

ノーベル賞受賞が多いユダヤ人も、ひとくくりにするとユダヤは優秀とい う短絡的イメージに繋がるが、実際はアシュケナージのユダヤ人である。

他方、労働者とりわけ建設業者に多いのが南欧、北アフリカから移民して きたセファルディで、政治の主導権が取れず、社会の下層部を構成すると いわれ、アシュケナージとの間に目には見えない心理的差別が存在する。
セファルディ出身者にはジョーン・ペンがいる。政治家では外務大臣を務 めたレビもモロッコからの移民だった。

さて、アシュケナージとセファルディとの区別に加えて、最近話題となる のが「ミズヒラム」と呼ばれる人脈である。
このユダヤ人はカフカス以東から移民してきた。カフカスから東と言えば 中央アジア、とりわけサマルカンドやブハラ、タシュケントなどにはシナ ゴーグが残るし、インドにもユダヤ人社会がある。ミャンマーの首都ヤン ゴンのチャイナタウン近くにもシナゴーグが残る。中国でも開封にシナ ゴーグがあった。

数年前だったか、サマルカンドの旧市街の路地億にひっそりとシナゴーグ があった。中へはいると老人がでてきたので、「この寂しさ、イスラム教 徒に囲まれてユダヤ人は逼塞して暮らしているのか」と問うと、「いや、 殆どのユダヤ人は(イスラエルへ)いっちまっただ」と答えたことを思い 出した。
そうした社会的複雑さが基底にあるため、大連立どころが少数政党との連 立工作がなかなか進まないのである。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1973回】             
 ――「臺灣の事、思ひ來れば、感慨無量・・・」――田川(10)
田川大吉郎『臺灣訪問の記』(白揚社 大正14年)

         ▽
「日本の臺灣を併合し得たるは」日清戦争に勝利したからであり、勝因は 「日本が方今の世界的潮流に順應し、19世紀の文明に同化し」、清国の敗 因は「支那が方今の世界的潮流に反抗し、19世紀の文明に衝突した」から である。かくて「兩國の勝敗は、明らかに世界の大勢之を決した」。

「19世紀の文明」を前にして、「日本の如く、己を空ふして、彼の長を 採り、一切萬事、歐米先進國の蹤を逐ふたる國」はなく、「支那の如く内 を尊んで外を卑み、自國の文明なるを知つて、列國の文明なるを知らず、 世界の氣運に反抗したる國家」はない。

これを要するに、田川によれば日清戦争は日本と清国の戦いであること はもちろんだが、一面では「19世紀の文明」を巡る戦いでもあった。そこ で「日本若し敗るれば、日本一國の敗れに止まらずして、實に彼等の誇り とする十九世紀の敗れに歸」すことになり、「支那若し勝てば、實に彼等 の侮笑、貶遠する保守勢力の勃興を招くの虞れなり」。

いわば日本が台湾を領有するに至った訳は、「世界の大勢の中に、日本 勝ち、支那敗るゝの理存し、支那勝ち日本敗るゝの理存せざりし」からで あり、「臺灣此の如くして支那より日本の手に歸した」ことになる。そこ で「臺灣の統治策」は日本を勝利に導いた「世界の大勢を洞察し、之に順 應して悖らざるにあり」、つまり「世界の大勢」に沿ってなされるべき だ、ということだろう。

ここで田川は列強の殖民地策を比較検討したうえで、「日本の臺灣に於る 施政は、印度に於る英政」に倣ったなら、「更に數等地を抜く好成績を収 むること、必ずしも至難の業にあらざるべし」とする。だが「先住種族の 驅除排斥は、如何なる方法を口にするも、到底成功し得べからざるものな ることを察すべし」。かくして「臺灣の事須らく先ず此理を思ふべきな り」と強調した。

田川は台湾の種族人口構成を概説した後、「將來の臺灣人」を想定する。
日本政府は「幸に從來の土人驅除排斥する惡政策を採らず、寛厚の旨を 體して之を愛恤存留せんと」しているが、如何せん彼らは「陋風蠻俗に安 んぜんと」するばかり。「已に支那の文明にすら駭心驚倒して、之を峻拒 し、之と抗爭」するほどだから、彼らは「日本の文明を収受して之を鑑賞 し受容」できないばかりか、「今日に於て日人と親和修好するが如くは一 時の假觀のみ」。
いずれ日本人移住者が多くなれば、彼らは「甞て支那人に抵抗したる如 く、これと衝突して、終に粉碎自滅すべし」。これは「文明の理法」に照 らせば当然の趨勢であり、であればこそ日本人は「世界に少なからざる消 滅人種の中に、一種の光輝を放ち其最後を飾らしむる若干の手段を講ずれ ば足れりとすべし」。

この田川の説は、21世紀初頭の現在から考えれば如何にも残酷極まりない と思う。果して当時、これが一般的な考えであったということだろうか。 ところで「一種の光輝を放ち其最後を飾らしむる若干の手段」の「若干の 手段」とは、いったい、どのような手段を想定していたのか。

やはり日本人としては蒋介石以前の台湾についての一方的で単純・直線的 な考えを再検討すべだ。やはり「結果オーライ」で済ませてしまってはな らない。

次いで田川は台湾における「支那人及日本人」について、「政治的」と 「營利的」の2方面から考察している。

「政治的方面に於ては」、統治当局が明確に日本人優遇策を執って彼らを 「驅逐することあらば」、「支那人は已むを得ずして去る」。

だが、それは「一旦の事のみ、久しからずして種々の名義を假粧し、成法 以外に欺瞞粉飾して入り來らん、例へば外人の番頭手代、若しくは代理者 の如き名義を口にしても」。やはり「人蛇」は煮ても焼いても喰えない。
             
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)産経新聞の今朝(21日)の報道です。

「旧宮家男子の皇族復帰を可能に 自民有志の提言案――― 安定的な皇位 継承に向け、自民党の保守系有志議員による「日本の尊厳と国益を護(ま も)る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)がまとめた提言案が20日、 分かった。例外なく父方に天皇がいる男系の継承を堅持し、旧宮家の男子 の皇族復帰を可能とする皇室典範の改正か特例法の制定が柱。23日に正 式決定後、安倍晋三首相や自民党幹部に直接手渡す方針だ。提言案では、 女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」の創設について、婚姻し た民間人男性が皇族となり、男系継承の伝統が途切れる女系天皇の呼び水 になりかねないことから、否定的な見解を示す。

男系維持のため、旧宮家の男子が現在の皇族の養子か女性皇族の婿養子と なるか、国民の理解に基づく立法措置後、了承の意思があれば皇族に復帰 できるようにする。現在の皇位継承順位は一切変えないことも明確化す る」(引用止め)。

この問題、はやく国民を安心されてもらうためにも旧宮家復活と皇室典範 の改正がのぞまれます。(DF生、埼玉)


(宮崎正弘のコメント)即位式直前のタイミングで、たいへん意議深い動 きが出てきたと思います。

もとより皇室典範の改悪はGHQの押しつけであり、レジティマシーがな い。まして皇室典範の改正を政府が決めるなどと言語道断です。

しかしながら現在の日本は世界史上、最悪の衆愚政治に陥っていて、政治 家ばかりか国民の精神の劣化が甚だしい。世論調査では国民の80%が女 性天皇が望ましいなどと答えています(女性天皇と女系天皇の区別を意図 的に曖昧としてメディアが伝えている所為もありますが)。

同提言の肝要な部分は「歴代126代の天皇は男系で維持されてきた。二 千数百年にわたり変わらず受け継がれてきた、かけがえのない伝統を、ひ とときの時代の価値観や判断で断絶することは許されない」と明言し、も し女系を認めれば「異質の王朝」「天皇ならざる天皇」を生みだし危険性 を指摘していることです。

歴史をひもといても、継体天皇は応神天皇の五世孫だったように「危機を 乗り切る智恵はすでにある」としているポイントが重要だと思われます。
上皇様の御譲位は、超法規でしょ? 危機克服の智恵は、超法規です。小 生は、懸念はあるものの楽観的です。

 

━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◎前田様。米国企業での貴重なご経験を披露して頂き、感謝に堪えません。いつもご投稿を熱心に読んでおります。

大学を卒業後、新卒採用で “job description” など聞いたことのない世界で、先輩諸氏の真似事をしながら懸命に働き、同一賃銀で過ごしてきた愚生にとっては、想像もつかない世界の話です。御奮闘の貴重な体験記を書き記して頂き、ありがとうございます。平野憲一郎

◎感動も中くらいなり我がラグビー:前田正晶

10月20日には非常に多くの競技があり、どれに絞るかには大いに迷わさ れた。結局は時間の流れに従っていたのだったが、南アメリカとのラグ ビー準々決勝戦がプロ野球の日本シリーズと重なってしまったのには一寸 悩まされた。そこで、飽くまでも冷静な評論家の視点から昨日観戦した各 種の試合を論じていこう。

ゴルフ:

時間的には男子の日本オープンのゴルフがあった。これは塩見君という シード権もないと聞いた気がする若手が4アンダーで首位を行っており、 それを確か一度優勝経験がある堀川が追っているところから観戦した。だ が、閃きではこの両名の優勝はなく、2オーバーだったかで迫っていた チャン・キムという多分韓国系アメリカ人だろうと思った者の存在が不気 味でイヤらしいと思っていた。果たして勝った経験がない塩見君はトリプ ルボギーが2回とダブルボギーも叩いて脱落し、堀川も肝腎なパットを外 してチャン・キムに勝たれてしまった。勝負は解らないという典型的な例 だった。少しは渋野日向子さんでも見習ったらどうかと言っておこう。


プロ野球:

次は日本シリーズだが、こちらの方がラグビーよりも先に始まったので、 途中まではゆっくりと観戦できた。このソフトバンク対読売の試合は既に 読売が第1戦目で7対2で惨敗のような形になっていたので、昨夜の高橋礼 対メルセデスの投げ合いは緊張感があって面白かった。だが、実は私には どちらが勝つかの閃きが来ていなかったので緊迫した投手戦がどのように 決着するのかを楽しみに見ていた。両方とも1点も取れないうちにラグ ビーが始まってしまったので、忙しくチャンネルを変えねばならなかった ので大変だった。

私は既に指摘したかも知れないが、ソフトバンクの松田宣浩という打者は 雑なところはあるが、ここぞという時かここで打ったら面白いなと言う場 面では必ずと言って良いほどホームランなどを打つ能力があるので、読売 は要注意としてマークしてあると思っていた。ところが、7回の走者1・3 塁の場面で折角解説の梨田が褒めたにも拘わらず、大竹が失投とも言うべ き投球をしたのを見事にホームランを打って「この試合もここまで」と判 断した3点を、ソフトバンクが先取してしまった。屡々言ってきたことだ が、山田哲人や筒香嘉智には出来ない芸当である。ここで安心してラグ ビーに集中できるようになった。

ラグビーのW杯:

ラグビーだが、非常に緊迫した良い試合で、日本代表に勝たせてやりたい とは思っていたが、どうしてもそうなるとの閃きがこないので不安だっ た。前半には一時日本のボール支配率が80%に達したほど優勢のような気 配があった。だが、オフサイドではなかったかというような批判的な報道 があったほどの南アフリカの早デイフェンスでの出足と、体格的有利さと 体力を活かした守りの強さに阻まれて、田村のペナルテイーキックの3点 のみに押さえ込まれた。一方、南アフリカは一瞬の隙を突いたトライの5 点のみで前半が終わった。私の見立てでは我が方の攻撃力が後半まで持つ のかなというところだった。

結果としてはトライを3本しか取られなかったが、南アフリカは取れる時 には3点を取っておこうという言わば常識的な手堅い作戦で、3本のペナル テイーキックを決めてきたのだが、その辺りが実力の差だっただろうとみ た。そう言う意味は「ペナルテイーキックのチャンスを得た時に敢えて外 に蹴り出してトライを狙うことはせずに、次に良い機会を作り出して着実 にトライを取れば良いという自信を見せている」ということ。この9点は 大きな圧力となって日本側に襲いかかったと思う。

それにスタンドオフの田村が壊された形で途中交代したのも痛かっただ ろうが、後難を恐れていえば「矢張り26対3は実力の差を表していた」と 言えると思う。見方を変えれば、日本代表は持てる力を十分に出し切った が、相手の方が上だったということ。特に後半にはラインアウトからモー ルを組まれてあれだけ押しまくられた辺りに、エデイー・ジョーンズ前 ヘッドコーチに鍛え上げられた体力も限界を超えていたという気がして見 ていた。

月並みな言い方をすれば、「あらん限りの力を出した善戦健闘だった、良 くやってくれた」と褒めておきたいような試合だったということ。「感動 も中くらいなり」は非難されることを覚悟で言っているのだが、何故そう 言うかはこれまでに何度も述べ来たので、ここでは触れない。


再びプロ野球:

日本シリーズに戻そう。思い切って言えば「外部から輸入した戦力は キューバのデスパイネとグラシアルで日本人では川島慶三だけで、後は千 賀や甲斐を始めとして多くの育成上がりを一本目で使えるまで育てた戦力 を主体とするソフトバンクが、金に飽かして他球団からFAして来た者たち に依存している読売をソフトバンクが2試合続けて負かしたという結果 だった」となる。それだけにと止まらず、梨田が「他の球団に行けば十分 に一本目だ」と褒めた福田がホームランを打って致命的な差を付けたよう な使える選手層の厚さがあった。

一方の読売はと言えば、私はこの6点差のままで試合は終わらないので はないかと思っていた9回にあれほどの好機を演出しながら、走塁のチョ ンボをするかと思えば、最後になった打者が山本(慶応高校→慶応大学と いうおよそプロ野球向きではない経歴)を打席に送るしか選択肢がなく、 残っているのが石川と炭谷という使える選手層の薄さを露呈したとみ見 た。使った投手にしたところで、山口はDeNAからのFAだし、打たれた大竹 も広島のFAで、先発のメルセデスは外国人という具合で自前で育てていな いのは、私に言わせれば見苦しい。

このままソフトバンクが勝ってしまうかどうかなどは解らないが、読売の 方が圧倒的に不利な立場にあるのは間違いないだろう。22日からは東京 ドームでのこととなるが即位の礼の日だ。さて、如何なる展開になるのだ ろう。明日の閃きを待つということにしよう。



◎21世紀最悪の開発商品スマートフォンの包囲網に思う:前田正晶

私はこの文明の利器が普及し始めた頃に掲題のように批判したものだっ た。しかしながら、私の批判などはものともせず老いも若きもこの文明の 利器を利用している。この端末でちょいと決済してしまう流れは、 「キャッシュレス」なるものが軽減税率が始まる前から方々で見かけてい た。当方には別段時代の流れに乗り遅れまいとする気がない訳ではない が、超後期高齢者の年齢に達してしまったこの年齢になって、今更スマー トフォンに投資する意欲も、毎月の出費を増やす勇気もない。しかし、こ の端末と使わないと時代の流れには乗れないとは十分に弁えている。

ところが、19号台風があれほど大きな災害を主に東から北日本にもたら したと思ってれば、テレ朝がこの被災者の為に「ドラえもん募金」を行う とアナウンスし始めていた。その画面を見て「時に流れはそこまで押し寄 せていたか」と痛感させられていた。即ち、テレ朝は「この募金には固定 電話からは応じられない」と言っているのだ。そこにどのようなアプリ ケーションというのか何かがあるのかなど想像も出来ないが、これではま るで「早くスマートフォンに切り替えなさい」と言外に言っているのと同 じではないのかと思わせられた。

先ほども大久保通りまで出たが、UBER EATSの自転車が疾走するのに出 会ったし、黒くて背が高くてスライドドア式の「アプリで呼べるタク シー」にも何台かすれ違った。「ここは中国とは文化も国情も経済の仕組 みも違うのだから、今まで通りに現金で支払って生活していてはいけない のかな」などと考えながら外国人ばかりが通っている通りを歩いていた。 すると、アイルランドのラグビーのシャツを着た一団が小さなホテル方出 てきたのにも出会った。彼らはもうキャッシュレス世界に馴れているのだ ろうか。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

東京湾岸。22日は雨。

21日の東京湾岸は曇天。心晴れず。

                    読者:6003人


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。