政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5200 号  2019.10.17(木)

2019/10/17



□■■□──────────────────────────□■■□
 わたなべ りやうじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5200号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
       2019(令和元年)年 10月17 日(木)



香港武闘派、次の襲撃目標は:宮崎正弘

「ぎりぎりセーフ」の小沢氏:渡部亮次郎

  太平洋で着々と進む中国の覇権戦略:櫻井よしこ

            
                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記

         御意見・御感想は:ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
        下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/
    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━
香港武闘派、次の襲撃目標は
━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)10月16日(水曜日)
         通算第6237号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「香港武闘派、次の襲撃目標はアップルの可能性も」(NYタイムズ)
  なぜ香港上海銀行や長江実業が襲撃対象から外されているのか?
********************************

香港の民主化要求抗議行動は、当初の「普通選挙」要求から、政庁ならび
に、香港警察を主敵とし、八月以降は、明確に中国共産党を「敵」と位置
づけるようになった。明瞭は闘争目標の変質である。

武装集団の襲撃目標は新たに中国系企業となって、これまでに中国銀行、
中国建設銀行のATM、中国人寿(最大の生命保険)、スマホ販売では華
為(ファーウェイ)、小美(シャオミ)、蘇寧電器(中国のビッグカメ
ラ)、中国移動(チャイナモバイル)、レノボ(パソコン大手)の販売店
が襲われた。親中派発言をしたという理由でスタバ、優品360,これら
のチェーンは薬局、ベーカリー店舗も含んだ。

10月13日の暴動は多くの逮捕者を出し、一貫して武闘派の襲撃目標と
なってきた旺角警察署近くでは手製爆弾も炸裂したが、上水、長沙湾にあ
る警察官宿舎に大量の火焔瓶が投げ込まれた。

不思議なのは香港経済の象徴である長江実業やヘンダーソンランドの代理
店店舗などは襲われず、中国経済を動かしてきた香港上海銀行などが標的
から外されている。

つまり、植民地時代からの既存企業は、かれらの認識からすれば「香港民
族資本」ということになるのだろう。

また中国資本傘下のマクドナルドなどが標的になっていないのは、中国系
資本といえどもアメリカの象徴だからか。

日系とされる吉野屋や元気寿司チェーンが襲撃されたのも、経営実態はス
タバ同様に美心集団(マキシム集団)だからだ。

しかし「香港武闘派、次の標的はアップルの可能性」(NYタイムズ。
10月15日)
https://www.nytimes.com/2019/10/15/business/hong-kong-starbucks-vandalism.html?action=click&module=Top%20Stories&pgtype=Homepage

アップルは中国で組み立て、中国市場を狙っているために香港では親中派
のフェイスブックと並んで、評価が低い。

ともかく1997年の香港返還以後、中国大陸からの投機で不動産価格が
急騰した。中国資本の進出は不動産開発から通信、小売り分野にも及び、
中国銀行の香港に於ける貸し出しは1750億ドル、預金が2570億ド
ルにもなった。土地購入では、全取引の60%が中国資本である。

馬雲率いるアリババは香港の老舗英字新聞「サウスチャイナモーニングポ
スト」を買収したことが、上の現象を象徴している。

しかし6月の民主化要求デモ発生以後、中国系企業の香港株式市場への
IPO(新規株式公開)も急減しており、160億ドルの起債に留まり、
中国からのツアー客も激減している。
     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)いささか旧聞に属しますが、宮崎正弘先生の「『青空の下
で読むニーチェ』(勉誠出版)を必要あって読みかえしました。
初読のおりの感想はと言えば、思想家のニーチェを多岐に論じて哲学を身
近に語りつつ、じつは基軸が「三島由紀夫とニーチェ論」にあり、付随的
に開高健、西部遭、井尻千男論にもなっているという特色でした。
 こんど読み返したのも、西部論を如何に論じていたかの論理的結末が、
いま一度気になったからです。

第四章『ニーチェと西部遭」は、ニーチェを介添え役に、じつはまるまる
西部論というユニークな構成であり、氏の死後に世に出た幾多の西部論の
なかの、白眉、これほどうまくまとめられていたことに改めて感心したの
でした。

脱線ながら第四章は「武士道とニーチェ」でまとめられ、井尻、松本徹、
竹本忠雄といった論客らの諸説が紹介されていますが、井尻千男論が、チ
ト雑ぱくでまとまりに欠く印象を抱きました。

井尻氏もまた思想家であり、日本文化の体現者、井尻塾の教え子は相当数
いるはずで、宮?先生に改めて、現代批評家がわすれかけた井尻千男論を
書いて貰いたいとおもった次第です。(伯耆郷書生)


(宮崎正弘のコメント)井尻さんはいずれ見直されるべき批評家であり、
「井尻塾」の教え子が誰も挑まないのなら、いずれ小生が書きます。

  ♪
(読者の声2)貴誌が前に予想されたようにフェイスブック主導の暗号通
貨「リブラ」が暗礁に乗り上げましたね。参加表明していた企業の多くが
脱落、なにしろ欧米の政府、中央銀行が反対しているにもかかわらず、民
間で通貨を発行しようというのは国家破壊のリバタリアンですから。
 先行きの見通しは如何でしょうか?(GH生、さいたま市)


(宮崎正弘のコメント)欧米の政府並びに中国銀行が反対する表向きの理
由は「ハッカー対策が万全ではない」(事実その通り)ですが、ホンネは
自分たちの管轄領域を脅かされる恐怖心からでしょう。

さてリブラ、肝心要の大手四社(ヴィザカード、マスターカード、ペイパ
ル、イーベイ)が参加を見送ることになりました。致命的ですね。はたし
て2020年春のスタートがうまく行くか、どうか。

    
━━━━━━━━━━━━━
「ぎりぎりセーフ」の小沢氏
━━━━━━━━━━━━━


        渡部 亮次郎

<小沢氏、辞任の時機「ぎりぎりセーフ」 今後にも意欲

民主党の小沢一郎・前幹事長は12日、和歌山市で連合和歌山との懇談に出
席し、鳩山由紀夫前首相との「ダブル辞任」について、「もう少し早けれ
ばという思いもあったが、ぎりぎりセーフのタイミングだった」と述べ、
参院選を視野に辞任時期を以前から探っていたことを明かした。>Asahi
 Com 2010年6月12日15時9分

<出席者によると、小沢氏は「鳩山首相と政権の両輪としてやってきた
が、こういうことになって迷惑をかけた」と陳謝。「幹事長時代のように
地方を回ることはできないが、ぼちぼちやっていく」と語り、今後の政治
活動に意欲を示したという。

この日は幹事長辞任後、初めての地方行脚。会合後は、世界遺産に登録さ
れた紀伊山地の霊場と「熊野古道」の散策に向かった。小沢氏は今後も連
合の地方組織との懇談をこなしながら、小沢氏主導で擁立した参院選複数
区の2人目の新顔候補らの陣営を回って支援する考えだ>。

この発言を信じれば、自らの幹事長辞任を早くから決意していたことにな
るが、真実は総理が交代しても、自身は幹事長留任の途を捜していた。

それが証拠に、菅直人氏からの代表選立候補の挨拶要請をあくまで拒否し
たことである。小沢氏は6月1日夜おこなわれた鳩山・菅による極秘会談の
席で、辞任の決意を打ち明けられた菅氏が「それじゃ小沢を斬りましょ
う」と提案したことを知って激怒。

その後鳩山総理から電話で「私の意向で辞任する形でいいですね」と言わ
れて了承したものの、菅氏の挨拶は最後まで受け入れなかった。「裏切っ
た菅に斬られた」と思っているのである。

元々小沢氏は菅氏を己のカードと思っていた。ところがその菅が裏切った
ことを知ったので、挨拶を拒否しただけでなく、対立候補を立てようと田
中真紀子氏にまで働きかけた。

こともあろうに、小泉内閣で外相どころか政治家の資格そのものの
皆無であることを天下に晒した真紀子氏にまで断られるほど、彼の周辺に
は人材と言える政治家が育ってないのだ。独裁者の末路を連想する。

一方の菅総理である。所信表明演説で「私を信じて下さい」とやって却っ
て中身が何も無いことを表すと言う阿呆なことをやったが、口蹄疫の宮崎
には土曜を返上して駆けつけ、農家の現場を視察するなど、鳩山を反面教
師にしたオポチュニストぶりは徹底している。

これは、水泳に譬えれば一種の立ち泳ぎというべく、参院選もこれで凌ぐ
心算だろう。何とかV字を描く内閣支持率を維持したまま
選挙を凌ぐには立ち泳ぎ意外に方策はない。

その結果、参院選は「50」議席と菅氏が設定する勝敗ラインを何とか超えら
れるのではないか。

だとすれば<辞任の時機「ぎりぎりセーフ」 今後にも意欲>と雖も小沢
氏の近未来は決して明るくは無い。つまり「本番は9月だ」と捲土重来を期
しているにしても、概ね菅氏の代表再選となれば、
党内に坐る椅子は皆無だ。

またまた離党すると言っても150人のグループの中から従いて行く者は何
人いるやら。寂しい秋の夕暮れになるのでは無いか。
2010・6・12





━━━━━━━━━━━━━━━━
太平洋で着々と進む中国の覇権戦略
━━━━━━━━━━━━━━━━


          櫻井よしこ

9月16日、中国は太平洋の14の島嶼国のひとつ、ソロモン諸島を台湾から
引き剥がし断交させた。中国の働きかけによって台湾を切り捨て、中国と
国交を樹立した島嶼国はすでに10を数える。台湾は蔡英文総統が就任して
以来7か国から国交断絶を言い渡され、国交のある国はいまや15にまで減
少した。

中国の目的は、「台湾は中国の一部」であることを受け入れない蔡総統を
孤立させ、来年1月の台湾総統選挙で落選させることにあるが、同時にも
うひとつ重要な狙いは太平洋における米軍の覇権に異を唱え、西太平洋及
びインド洋から米国を排除することである。

ソロモン諸島の首都を擁するガダルカナル島で、日本軍はかつて死闘を展
開した。情報も食糧も武器弾薬も極度に不足していた中で米軍相手に壮絶
な戦いを続け、日本軍は実に多くの貴重な命を失った。太平洋の島々を
失った日本がその後苦しい状況で後退に継ぐ後退を続けたのは周知のとお
りだ。その激戦の島嶼国にいま、中国が巧妙な侵略の手を伸ばしている。

かつての日米両軍の戦場でいまや米中二大勢力がせめぎ合う。米国が同海
域をグアムを拠点として防衛するのに対して、中国はつい先頃まで第一列
島線、第二列島線を想定して米海軍をハワイ以東に閉じ込めようとしてき
た。現在は、しかし、西太平洋からインド洋全体を支配するために、この
海域への米海軍の接近を阻止する第一、第二列島線戦略をはるかに越え
て、彼らは第三列島線に進出してきているのである。

第三列島線は、2040年までの目標として中国の国益擁護に必要な海を南緯
35度以北、東経165度以西と定義し、その海域に中国の支配権を確立する
というものだ。中国が支配権を目指すのは豪州南部以北の太平洋であり、
米海軍が遊弋(ゆうよく)し、君臨してきた太平洋である。そこにはマリ
アナ諸島、パラオ、ソロモン諸島などが広がる。

太平洋島嶼国を籠絡

07年に中国側は何気ない会話形式で、米国側に太平洋をハワイを基点とし
て二分し、米国が東太平洋を、中国が西太平洋をとることを提案した。そ
れから12年、彼らは着実に自らの目標達成へと歩を進めている。

そうした戦略目標達成のために、中国は悪名高い資金攻勢で太平洋島嶼国
を籠絡する。典型的事例がトンガであろう。人口11万人弱、王室が強い力
を有する。

明らかに中国は王室への接近に成功したのであろう。「フィナンシャル・
タイムズ」のキャサリン・ヒル氏の、「太平洋島嶼国・米中の新たな敵
対」によると、中国は08年にトンガサット社に5000万ドル(約55億円)を
支払い、赤道上空の静止軌道の使用権を得た。

米国のGPSに相当する中国の衛星測位システム「北斗」をミサイル誘導
など軍事的に使用するには静止軌道が必要で、それを提供したトンガは中
国の軍事戦略上非常に重要な拠点となったわけだ。トンガは見返りに55億
円を受け取ったが、国庫に納入されるべき資金の半分がトンガサット社に
入金されていたという。

同社にはトンガ王室のプリンセスが関係していると報じられた。中国得意
の資金も含めたおもてなし外交でプリンセスの心を射止めたと解釈された
のは自然なことだ。

この年以降10年までの3年間で、トンガは中国から1億1400万ドル(約125
億円)、トンガのGDPの実に43%に相当する融資を受けている。この規
模の債務返済は至難の業で、連想するのは、借金のカタにハンバントタ港
を99年間も奪われてしまったスリランカの悲劇、債務の罠である。

中国と国交を樹立した先述のソロモン諸島は人口61万人、太平洋島嶼国
中、最大級である。その国がいまや中国経済に搦め捕られている。また、
近年急増した移住中国人は約5000人に上り、ビジネス上手の彼らは小売店
の大方を経営し、殆どすべての消費財を提供していると、ヒル氏は報告する。

他方、中国政府は後述する海底ケーブルをはじめ、大規模な公共工事に資
金を集中投下し、これら小さな国のインフラを中国式に作り上げてしま
う。資金も技術も労働者も、定型どおり中国からやってくる。労働者は工
事完了後も現地に残留し、力をつけ、その国の事実上の支配者となるのが
お定まりの道だ。

ソロモン諸島政府は豪州政府の協力を得てソロモン諸島・シドニー間を海
底ケーブルで結ぶところだった。公開入札で受注した企業はしかし、突
如、外され、ソロモン諸島政府は中国のファーウェイに工事を発注した。
ファーウェイは中国人民解放軍と一体だと見做されており、豪州政府が驚
き、安保上の懸念を抱いたのは当然だろう。豪州政府はソロモン諸島政府
に代わって海底ケーブルを建設し、費用の3分の2を負担したそうだ(同前)。

それでもファーウェイは諦めず、次にバヌアツからの海底ケーブル建設を
提案中だという。ファーウェイとその背後の中国政府の、世界制覇にかけ
る執念を感じさせる働きかけではないか。

中国のマネー攻勢

現在、太平洋島嶼国で台湾と国交を保っているのはツバル、マーシャル諸
島、パラオ、ナウルの4か国だけであるが、これらの国々も中国のマネー
攻勢に晒されている。

ツバルは人口1万1000人、議会は予算ほしさに台湾寄りの首相を交代させ
る可能性がある。パラオは人口2万2000人、マーシャル諸島は5万3000人、
ナウルは1万4000人である。

どの国も本当に小さい国だ。人々の性格は穏やかで、生活は貧しい。だが
彼らが保有する海洋面積は広大である。日米豪にとって、そこに広がる海
は自由貿易を担保する開かれた海である。国益上も安全保障上も譲れない
海だ。中国による独占は無論、彼らが小さな国々に強い影響力を発揮し
て、支配する海にしてはならない。

だが、小さな弱い国々は、自由や民主主義への中国共産党の弾圧には余り
関心を抱かない。米国か中国か、と迫られるのも恐れる。中国の威力の前
で、台湾と断交をすれば、それがやがて自らにはね返ってくるとも考えな
い。彼らも生き残り、国民を経済的に養わなければならない。日本や米国
が中国に対抗して取り得る道は、国や民族の生き残りと、国民生活の豊か
さを支える、中国よりも優れた策を打ち出すことだ。

中国は地球全体に欲の網を張り、その網を広げ続ける。中国の手法とは全
く異なる手法で、価値観を共有できる国々と連携して、中国の野望を打ち
消していくのがよい。日本は軍事力の効用を活用できない。その分、合理
的で人道的な賢い道を提唱しなければならない。価値観の戦いの先頭を行
くべきだ。
『週刊新潮』 2019年10月10日号 日本ルネッサンス 第871回


          
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◎私はサッカー出身者であってアメリカンフットボール(以下、アメリカ語のフットボールとします)とラグビーは専門外です。だが、フットボールは愚息たちが大学でやっていましたし、長男は社会人になっても続けていたし、アメリカでも散々観戦しましたので、多少以上の知識はあります。前田正晶



私が不満に思っているのがアナウンサーどもが中継放送で、そのスポーツ界で選手や監督が使う言わば「隠語」を得意になって使うことです。そのスポーツ界の事情に余程詳しい方以外には何のことか解らないと思います。「オフロード」もその一つであり、アナウンサーが勝手に使うべきではないと思って怒っております。あれは上体の力が強い外国人が下半身にタックルを受けても倒れることなく上半身が使える状態を維持しているので、パスを出せる力が残っているという意味だと解釈しております。



その崩れた体勢からのパスを出させない為にはタックルに行った方が上半身と下半身の何れを殺すかを考えていくべきなのです。一寸見ただけのスコットランド戦ではスコットランドが低いタックルに入って行った為にオフロードとやらでパスを繋がれてトライを取られたのだと思って見ておりました。フットボール界ではボールキャリヤーの特徴を予め調べてありますから、その辺を考えてタックルに入るのだそうです。アナウンサーにはそこまでの知識はないでしょう。だから、知ったかぶりをするなと言いたいのです。



サッカーでもアナウンサーはトクトクしてフリーキックの際などにその前に立ち塞がる人数を「壁が3枚」などと言いますが、これも嫌みな知ったかぶりです。素直に「3人が立ち塞がりました」で良いはずです。ヴァレーボールでも「グロックが2枚」などと言うのも知ったかぶりです。知らない人が聞いたら何のことか意味が解らないでしょう。



野球でも「おっつけて反対方向に打った」などと言います。私はこの隠語の正確な意味を知りませんが、反対方向(右打者ならばライトの方向)にバットを振り回さずにか体を開いて脇を締めて打つ事かなと解釈しています。



ラグビーなどはここに来て漸く知らない人たちにも馴染みが出たのですから、隠語を得依然として使うのならば「これは斯く斯く然々の意味で使われる専門語です」くらいの解説をすべきでしょう。フットボールは専門語をほとんどカタカナ語化することなく、英語のままでカタカナ表記したのでアメリカ人と話をしても、発音さえ気をつければそのままで通じます。



私は未だにラグビーの「モール」と「ラック」の違いを把握していませんが、知らなくとも観戦に不自由はしません。本筋から離れますが「ルールが解らないので」というのは誤りで「その球技の試合進行の原則が解らないか、得点の仕方が解らない」と言うべきです。プロ野球の選手たちでも屡々ルールを把握していない為に起きるチョンボをしています。



前田正晶



 
  得意になって「隠語」を使うな:前田正晶


◎私はサッカー出身者であってアメリカンフットボール(以下、アメリカ
語のフットボールとします)とラグビーは専門外です。だが、フットボー
ルは愚息たちが大学でやっていましたし、長男は社会人になっても続けて
いたし、アメリカでも散々観戦しましたので、多少以上の知識はあります。

私が不満に思っているのがアナウンサーどもが中継放送で、そのスポー
ツ界で選手や監督が使う言わば「隠語」を得意になって使うことです。そ
のスポーツ界の事情に余程詳しい方以外には何のことか解らないと思いま
す。「オフロード」もその一つであり、アナウンサーが勝手に使うべきで
はないと思って怒っております。あれは上体の力が強い外国人が下半身に
タックルを受けても倒れることなく上半身が使える状態を維持しているの
で、パスを出せる力が残っているという意味だと解釈しております。


その崩れた体勢からのパスを出させない為にはタックルに行った方が上半
身と下半身の何れを殺すかを考えていくべきなのです。一寸見ただけのス
コットランド戦ではスコットランドが低いタックルに入って行った為にオ
フロードとやらでパスを繋がれてトライを取られたのだと思って見ており
ました。フットボール界ではボールキャリヤーの特徴を予め調べてありま
すから、その辺を考えてタックルに入るのだそうです。アナウンサーには
そこまでの知識はないでしょう。だから、知ったかぶりをするなと言いた
いのです。


サッカーでもアナウンサーはトクトクしてフリーキックの際などにその前
に立ち塞がる人数を「壁が3枚」などと言いますが、これも嫌みな知った
かぶりです。素直に「3人が立ち塞がりました」で良いはずです。ヴァ
レーボールでも「グロックが2枚」などと言うのも知ったかぶりです。知
らない人が聞いたら何のことか意味が解らないでしょう。


野球でも「おっつけて反対方向に打った」などと言います。私はこの隠語
の正確な意味を知りませんが、反対方向(右打者ならばライトの方向)に
バットを振り回さずにか体を開いて脇を締めて打つ事かなと解釈しています。

ラグビーなどはここに来て漸く知らない人たちにも馴染みが出たのです
から、隠語を得依然として使うのならば「これは斯く斯く然々の意味で使
われる専門語です」くらいの解説をすべきでしょう。フットボールは専門
語をほとんどカタカナ語化することなく、英語のままでカタカナ表記した
のでアメリカ人と話をしても、発音さえ気をつければそのままで通じます。


私は未だにラグビーの「モール」と「ラック」の違いを把握していません
が、知らなくとも観戦に不自由はしません。本筋から離れますが「ルール
が解らないので」というのは誤りで「その球技の試合進行の原則が解らな
いか、得点の仕方が解らない」と言うべきです。プロ野球の選手たちでも
屡々ルールを把握していない為に起きるチョンボをしています。



◎【日本のシンドラー、杉原千畝「美談」に隠された真実

2019年10月16日

◆ 我が知人落合信夫氏が
* 日本のシンドラー、杉原千畝「美談」に隠された真実
『落合道夫』 2019/08/09
 という貴重な論文をネットにて公表されました。
 実は私も 日本のシンドラー杉原説には、ある筋から
『?』と聞かされたり、私自身もこれには何かウラがあるなと疑っていた
矢先でした。
 今回その謎がこの落合論文で明らかになりました!
https://ironna.jp/article/13140?p=1
2018-12-18
=杉原のビザの給付は乱発ではなく外務省の許可を得ていた。彼はその後
1944年、処罰どころか勲五等に叙せられ出世して何のリスクも負って
おらず殉教者ではない。

そもそもこの2年前には樋口季一郎陸軍中将、安江仙弘陸軍大佐、犬塚惟
重海軍大佐が2万人に上る大規模なユダヤ人の救出に成功しており、
1941年3月(対米戦の半年前)樋口中将と安江大佐は世界ユダヤ協会
からゴールデンブック(恩人名鑑)に記載され、謝辞した犬塚大佐には感
謝の銀のシガレットケースが贈られている。
その一方、事務方の杉原は表彰されていない。

こうした史実があるにもかかわらず、これらが隠蔽され、杉原美談が独り
歩きしているのは明らかにおかしい。

そしてイスラエルの研究者からは杉原の戦前、戦後における異常に深いソ
連との関係から、ソ連のスパイであった可能性が示唆されている。

これは杉原を偉人と見てきた日本人には驚きだろう。
もし本当なら、戦争中の日本の重大な外交通信は全部ソ連に筒抜けになっ
ていたことになる。また、現代日本人が再度杉原を使った謀略にだまされ
ていることになる。
 


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

東京湾岸は17日も曇天。今日は大学病院で脳神経内科の検診。




                           読者:6003人





  
     

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。