政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5195 号  2019・10・12(土)

2019/10/12



□■■□──────────────────────────□■■□
 わたなべ りやうじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5195号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
       2019(令和元年)年 10月12日(土)



          引揚孤児を救った「聖福寮」:馬場伯明

                トランプの反撃:Andy Chang          
       「告げ口外交」:阿比留瑠比

               
                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記

         御意見・御感想は:ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
        下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/
    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━
引揚孤児を救った「聖福寮」
━━━━━━━━━━━━━


        馬場伯明

1945年8月15日、日本の敗戦時の海外に残留していた日本人は約660万人。 軍人・軍属が330万人、一般人300万人。1946年末までに約500万人が引揚 げたと言われる。

ポツダム宣言第9項の軍隊優先帰国条項により軍人・軍属は優先的に本土 へ帰還した(復員者)。一般人(引揚者)は取り残され遅れた。ソ連は 軍・民約57.5万人をシベリアに抑留し強制労働に従事させ、約5.5万人が 死亡した。

1946年3月まで満州には105万人がおり、同年5月から引揚げ本格化した が、(日ソ戦での死亡者を含め)満州からの引揚者の死者は約24.5万人、 うち満蒙開拓団員が8万人である。民間人犠牲者数では、東京大空襲や広 島・長崎への原爆投下、さらには沖縄戦を凌ぐ。

朝鮮北部からは20万人が38度線を越え帰国を果たしたが、栄養失調・飢 え・病気で3万人以上が死亡した。一方、朝鮮南部からは1946.春までに40 万人が引揚げた。(?引揚げの経緯は主にWikipediaより転載)。この間、 ソ連軍や朝鮮人らによる強姦などの女性の被害も多かった(女性の被害は 「別稿」とする)。

「流れる星は生きている(藤原てい)」は、6歳、3歳の兄弟を連れ、生後 1ヶ月の長女を背負い、満州の新京から引揚げてきた苦難の記録である。 作者には筆力がある。作家新田次郎(本名:藤原寛人)の妻。3歳の次男 は数学者の藤原正彦氏(76)。後に「国家の品格」など著書多数。

私は1944年10月生まれ。長崎県島原半島の小中高校の同級生には引揚者が 多い。小学校の頃は引揚者の家族を蔑み一段下の人間だと思っていた。そ の後、「引揚者」の事実を知り、大いに反省した。

S君(男性)の父母は彼と姉を連れ38度線を突破し帰国した。Yさん(女 性)家族は満州から引揚げたが、故郷に耕す農地はなく山林を開墾した。 一方M君の家族は中国では裕福だった。手持ちのお金を他人に持たせ(貸 し・与え)奉天から帰国した。T先生(後に校長から教育長)はシベリア 抑留で塗炭の苦しみを味わった。Rさんの父は引揚げてきたが故郷にいい 仕事はなく家族は苦労を重ねた。

満州・朝鮮などからの引揚の道程は悲惨の一語に尽きる。栄養失調・飢 え・病気の連鎖である。引揚の話は涙なしには聴けない。しかし、戦後74 年、それを直接語る人は私の周りにはもういない。

本題の「聖福寮」の話に入る。まず、本拙稿で参考にした図書の一部を記 す。できれば手に取り読んでほしい。「流れる星は生きている」(藤原て い)「水子の譜」(上坪隆)」「日本に引揚げた人々(高杉志緒)」「忘 却の引揚げ史」(下川正晴)。

聖福寮の概要を紹介する。194年8月15日、福岡市に引揚者医療孤児収容施 設「聖福寮」が開設され、まず44人の引揚孤児を受け入れた。1947年3月 18日に閉寮し最終的に164人を収容し114人を身寄りに引き渡した。死亡者 4人、公共の健康回復施設に40人移した。残留者が6人。

この聖福寮の開設と運営に主導的に関わったのは(1)京城帝国大学の教 師グループと(2)月刊誌「婦人の友」の女性読者組織の「友の会」グ ループである。その中から何人かを紹介する。 

泉 靖一さん(いずみ せいいち 1915.6.3〜1970.11.15)。京城帝国大学 法文学部卒。助教授(当時30歳)。太平洋戦争敗戦による朝鮮統治の終了 と大学の閉鎖で、1945年12月妻子3人を追い福岡市博多へ引揚げる。占領 期の数年間は博多の聖福寺境内に設置された在外同胞援護会救療部に勤務 した。後に東大教授、文化人類学者、インカ遺跡の発掘・発見者。

企画力、行動力、説得力が抜群の正義派。土地の調達、医師・職員の確 保、物資の調達、困難な開設初期資金の調達を担当し、成功する。泉さん の八面六臂の活躍で、あれよあれよという間に聖福寮は完成した。

1946年春、資金調達を含めた折衝のために、朝鮮人医師と偽称し博多から 帰朝船に乗り込み釜山へ密航した。再渡航で米軍(CIC)に逮捕された が、堂々と「裸同然で逃げて来た同胞を助けるためだ」と主張し釈放され ている。人助けのためだけにそんな無鉄砲なことをする人は当時皆無だ。

疾風怒濤のように働き、「聖福寮」を作り1947年10月東京へ去った。「聖 福寮のおなつかしい小母さん方へ」と置手紙を書き、歌を残した。

我がさがは旅の心のひたぶるに人見ぬ国を求めんとす  泉靖一

次は山本良健さん(やまもとよしたけ、当時34歳)。京城帝大医学部卒、 朝鮮全羅北道で勤務医師。泉さんの親友。聖福寮の寮長となる。妻高子さ んは4人の子供を連れて元山から引き揚げた。山本さんは妻子に遅れ1946 年2月に福岡へ戻った。後に聖福子供医院を開業・運営した。

1946年早春、石賀信子さんは1通の電報を受け取った。「引揚者の親類つ き合い始めたし様子知らせ」。発信人は(「婦人の友」創設者の)羽仁も と子氏主宰の「友の会」中央本部である。石賀さんは東京の自由学園卒業 生だが、勤務半年の福岡女学院をやめ聖福寮で働くことを決心した。まさ に「いざ、鎌倉!」の心意気である。

「婦人之友」は引揚援護事業を推進し全読者(友の会)に引揚家族への 「親類づきあい運動」を呼びかけていた。石賀信子さんはすぐ発信する。 その電報に呼応し、大分から一人娘を連れ笠村田鶴さん、長崎からは内山 和子さんが駆けつけた。内山さんを追い長崎から活水女専英文科2年の松 重一江さん(18歳)が退学し来福した。福岡友の会青年部から福岡女学院 卒の山崎邦栄・邦歌さん姉妹も保母として加わった。

このようにして、寮長山本良健さん、医師藤本茂・馬場静子(小児科医) さん、看護婦千原辰子さん、保母石賀信子・内山和子ほか10数名の保母・ スタッフの体制ができ、活動が開始された。

聖福寮の最大の目的は、引揚孤児に食事を与え病気を治療し、彼らの身元 を調査し親類縁者を見つけだし、病気回復後に引き渡すことである。開所 からすぐ多忙で凄まじい日々が続いた。買出し、調理、食事、風呂、便 所、運動、遠足、クリスマス等行事、検査、治療、就寝、日誌、記録など。

保母の日誌より。「真っ赤にただれた目と疥癬だらけの細い手足」「夢遊 病者みたいだ。深夜にたった4つで2階の職員室まで行って眠っていた」 「母の遺骨を胸に抱いた子供は、それをなかなか手放そうとはしなかっ た」「(子どもが)標準体重に近づくのはとてもうれしいことでした」。

栄養失調と病気の2歳の赤ちゃんの荒川富夫ちゃんが死んだ。保母の山崎 邦栄さんの保育日誌(1946.9.11)より、長いが、これは引用する。

《おいしいお月見だんごとぜんざいをいただいて、子ども達が床について 間もなくだった。5日前に入寮したばかりの2歳の(荒川)富夫ちゃんが遂 になくなる。私どもの最初の犠牲者であれば、種々の思いが皆の胸一杯に なる。お月見の野の花で花輪を作り、山本(良健)先生、藤本先生、庶務 の堀江さんを加え、お通夜をする。

骨と皮ばかりになった弟(の富夫ちゃん)を、(引揚げ途中で亡くなっ た)母に代わってたった1人で弱い肩におんぶして、遠い中国の吉林から この博多まで、固い高粱飯を自分の口でかみくだいては食べさせてきたと いう12歳のお姉さんの(荒川)文江ちゃんの悲しみはなぐさめようもな い。今夜は心も体も疲れすぎて床に入ってもなかなかねつかれな い。・・・冴えた月がきょう1日のこの寮での出来事を静かに見守ってい る》(保育日誌終わり)。

保母たちは、文江ちゃんの所作を見て、亡くなる前の母親がきっと同じよ うにして栄養失調の幼い弟(2歳)に口移しで食べさせていたにちがいな いとわかったのである。

応召された父の行方はわからなかった。文江ちゃんは群馬県の叔父斉藤光 得さんに引き取られた。参考図書の著者らの調査でも彼女のその後の消息 は追跡できていない。2019年10月現在生存ならば95歳になる。

聖福寮は開設の7ヵ月後の1947年3月18日に閉寮した。その後、宿泊託児所 「聖福子供寮」?「保育所(1947認可)」?「いずみ保育園 (1952〜1965)」と変遷した。1965年に土地を聖福寺へ返還することとな り閉鎖となった。

聖福寮の開設から18年9ヶ月、引揚孤児164人を含めここに在籍した園児は 合計981人を数えた。この地は児童福祉施設の養護施設・乳児院・保育園 の全国の先駆けとなった。石賀信子さん、山崎邦栄さん、内山和子さん は、その後も、それぞれの場所で保母などの仕事を続けた。

私には次の疑問がある。しかし、その答えはわからない。
Q1:(シベリアへの抑留者以外の)関東軍の軍人は、引揚途中の日本人同 胞を、ソ連軍人・朝鮮人・中国人らの略奪や強姦などから、なぜ守らな かったのか?(敗戦で関東軍は「馬糞の川流れ」状態?)

Q2:聖福寮は、なぜ京城帝国大学の教師グループと「婦人の友」の「友の 会」グループだけなのか?本土の国(官僚)、地方公共団体(公務員)、 大学(教授ら)、宗教団体(寺社等)などは、なぜ引揚孤児の支援に消極 的だったのか?(自分のことだけで精一杯?)

Q3:不思議に思うこともある。泉靖一、山本良健、石賀信子、内山和子さ んたちは(参考図書の記述の範囲では・・)救援活動の停滞にあまり不満 を言わない。終わったことを悩まない。また、引揚者を苦しめたソ連・中 国・朝鮮を非難しない。またアメリカも。(そんな余裕もなかった?)。

聖福寮に集い引揚孤児を救った人たちの思いやりの心と祖国愛に思いをい たせば涙がにじむ。敗戦直後の我利が蔓延した時代に、このような利他心 を有した日本人がいたのだ。阪神淡路大震災や東北地震・津波などの被災 地に何回か参加した私のボランティア活動とは次元が全く異なる。

敗戦の混乱の時代の福岡市(博多)に、聖福寮の人たちは祖国愛と奉仕の 精神で日本人引揚孤児を救った。国会議員や高級官僚ではない。左翼でも 右翼でもない。2019年の今聖福寮は忘れられている。いや、元々知られて いない。だが、その存在は淡いまぼろしのように輝きつづける。

聖福寮で引揚孤児を救った人たちに敬意を表し心から感謝する。その尊い 偉業を私たち現在の日本人は決して忘れてはならない。(2019.10.8千葉 市在住)


       
━━━━━━━
トランプの反撃
━━━━━━━

Andy Chang  

トランプ罷免の南北戦争は3週間目に入っていよいよ双方の攻防戦が
激しくなってきた。国会側とメディアの報道を見ればトランプが不利
に見えるが、トランプ側から見ればDeep Stateが不利で最終的にどう
なるかわからない。

下院がトランプ罷免を通しても上院に持ち込めば上院議員の3分の2
が賛成しなければ罷免は失敗する。その代り今回の罷免騒ぎで問題化
したバイデンの汚職犯罪調査は続く。だからバイデンが民主党を代表
して選挙に出る可能性は殆どないと言える。

民主党がバイデンを弁護する理由はサンダースとウォレンがダメだか
らである。サンダースは先日心臓発作を起こしたので選挙運動は無理
だし大統領の激務に耐えられない。極左翼のウォレン上院議員は民主
党穏健派も反対、経済界も反対だからたとえ選出されてもトランプに
負ける、ひょっとしたらトランプ大勝利となるだろう。バイデンが汚
職スキャンダルで降りたら民主党は有力候補が居なくなる。

弾劾調査のシフ委員長は先週金曜日にボルカー(K Volker)元ウクラ
イナ大使を非公開で証人喚問したが、ボルカーの証言は弾劾派に不利
で、トランプがゼレンスキー総統に交換条件でバイデンの調査を頼ん
だ証拠はないと証言した。シフ委員長はボルカーが提出したメール通
信記録のうち、弾劾に有利なメールだけを一般公開した。共和党委員
がはすべてのメールの公開を迫っている。しかも密告者が事前にシフ
委員長と相談していた事実がバレたのでシフ委員長が公平公正でない
として共和党側は彼の解任を求めている。

10月6日にある弁護士が第二の密告者が出たと発表して弾劾派が凱歌
を上げた。するとある新聞がこの密告者は民主党候補者のもとで仕事
をしていた人間だとすっぱ抜いた。告発の内容も不明である。

シフ委員長はソンドランド(Gordon Sondland)EU大使を証人喚問し、
更に国務院の幹部とホワイトハウスのウクライナ関連資料の提出を要
求し、出さなければ召喚状を出すと脅した。8日火曜日の午後にホワ
イトハウスの法律顧問シポロン(Pat Cipollone)が、ペロシ議長あて
に8ページの署名入り文書を提出し、「この弾劾調査は憲法違反である。
衆議院会議での票決がない弾劾調査に従うことを拒絶する」と宣言し
た。トランプ大統領の反撃である。ペロシ議長が衆議院の決議を経ず
独断で弾劾調査を始めたのが問題化したのだ。

シポロン法律顧問は「簡単に言えば、この弾劾調査は2016年の選挙で
国民の選出した大統領を罷免する三年来の魔女狩り(Witch hunt)の
一環だ」と書いた。

弾劾調査は国会下院で票決を取って過半数を超えれば正式に弾劾調査
が始まり、両党の議員は公平に資料、証拠や証人を出して討論を行い、
その後で票決を取る。ニクソン罷免もクリントン罷免もこの段階を経
てから弾劾が決定されたのである。今回はペロシ議長が独断で決めた
だけだったし、ペロシは調査を反トランプで有名なシフ委員長に委任
し、彼がほとんど独断で証人喚問と資料提出を要求し、共和党委員は
すべて無視されたのだった。だから明白な憲法違反である。

さらなる調査で判明した事実は、ウクライナのエネルギー会社とバイ
デンの息子の癒着はバイデン一人でなく、ペロシの息子とジョン・ケ
リー元国務長官の義理の息子もこの会社に関わっていた。だからトラ
ンプがウクライナ総統に汚職の調査を頼んだと聞いたペロシ議長が国
会全体の決議を待たず独断で弾劾調査を進めたと思われる。

弾劾派の取る道は三つある。
第一は国会議員が休暇を終えて国会に戻ってきてから総会で正式に弾
劾案を提案し、票決で弾劾が決まったら正式の討論が始まって共和党
議員も討論に参加することが出来る。票決をとれば弾劾案は通らない
かもしれない。
第二はトランプの調査拒否を法廷訴訟に持ち込む。法廷訴訟になれば
最高裁まで行くので選挙の後までずっと続く。
第三はさまざまな方法で来年の選挙までトランプ攻撃を続ける。弾劾
案を有耶無耶にしてメディアの援助で反トランプ意識を煽る方法だ。
だが共和党側も負けずにバイデンのウクライナ癒着を調査すれば民主
党に不利となる。

常識で考えれば匿名の告発があったから国会が大統領を罷免するなど
あり得ない。ペロシ議長とシフ委員長はそれを独断でやろうとしたの
である。


━━━━━━━
「告げ口外交」
━━━━━━━


【阿比留瑠比の極言御免】放射能「告げ口外交」反論を


数年前、ソウルで韓国大手紙の論説委員と、慰安婦問題に関して意見交換 したことがある。印象的だったのは、韓国メディアなどがまるで自明のこ とのように日本が「朝鮮人20万人を強制連行」と書くことについてのやり とりである。

筆者が「総人口2000万人だった朝鮮半島で、20万人もの若い女性が連 れていかれて慰安婦にされたなどということは、物理的にもありえない」 と指摘すると、彼はこう答えた。

「私は日本特派員も経験した。日本人が数字を厳格に扱うことは知っている」

答えになっていないが、要するにこの20万人という数字は「たくさん」 「大勢」という意味で象徴的なものにすぎず、事実関係の検証など頭にな いということだろう。もっとも、慰安婦強制連行説自体が破綻しているの だが。

また東日本大震災が起きた平成23年には、東京で韓国メディアの日本特派 員数人と酒席をともにする機会があった。その場では、特派員らが口々に こう問いかけてきた。

「なぜ日本の報道機関は放射能の危険性をもっとあおらないのか。われわ れだったら、真偽がはっきりしなくても絶対そうする」

筆者は「日本の報道が控え目に見えるのは、事実だとはっきりしたことだ けを報じるべきだという理由からではないか」と述べたが、誰も納得しな かった。

菅長官発言は当然

韓国とは文化や価値観が違うことは意識してきたが、それにしても心ない 所業ではないか。韓国の文在寅(ムンジェイン)政権の与党「共に民主党」の議 員らが、来年の東京五輪の競技場周辺の放射性物質の検出量データを意図 的に改竄(カイザン)した地図を公表し、福島県をはじめ被災地の風評被害を 広げようとした疑惑のことである。

朝鮮日報日本語版によると、同党の日本経済侵略対策特別委員会の幹事は 「日本の市民団体『みんなのデータサイト』で公開している資料を基に制 作した地図」と説明したという。

だが、これに対し市民団体側は「数値は私たちの団体で測定したものでは ない」と否定し、同党に元データの出所の開示や市民団体の名誉を汚した 発表の経緯の説明などを求める申し入れを行っている。

例えば市民団体が今年実施した調査で「福島県営あづま球場」(福島市) 周辺で土壌1平方メートルあたりの放射性物質は14万ベクトル検出されたとして いるのに対し、同党の地図では205万ベクトルと14倍以上となっている。 このデタラメは何なのか。

これに対しては、菅義偉(スガヨシヒデ)官房長官が9月27日の記者会見で次の ようにクギを刺したのは当然である。

「わが国に対するいわれのない風評被害を助長するような動きについて は、懸念を持って注視している。科学的根拠に基づいて国際社会に説明し ていく。韓国に対しては、冷静で賢明な対応を強く求めたい」


嫌がらせのカード

韓国は、もともと福島など8県産の水産物を輸入禁止にしており、8月 には日本産加工食品や農産物計17品目に対する放射性物質の検査を強化し た。9月の国際原子力機関(IAEA)年次総会では東京電力福島第1原 発の処理水に懸念を示すなど、明らかに「放射能」を対日嫌がらせのカー ドとして使ってきている。

一方、首相官邸の食堂には、こんな張り紙がある。

「お米はすべて福島県産を使用しています」

だからこそ政府には、韓国の非科学的でオカルトじみた「告げ口外交」に 強く反論し、世界に韓国の虚偽を理解させてもらいたい。



(産経新聞論説委員兼政治部編集委員)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

松本市 久保田 康文 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◎例によって例の如くマスコミ批判:前田正晶

マスコミは何が故に未だに海外での成功を喜ぶのだろう:

この度の吉野彰氏のノーベル化学賞は誠に素晴らしいことであるととも に、企業内の方の研究に賞が与えられたことも大いに意義があると思って いる。私は我が国の何事につけても世界的に見て水準が高いことをあらた めて実証したのだという見方をしたいのだ。それにつけてもテレビや新聞 でのあの大騒ぎは、私には鼻につくのだ。私は彼らの感覚では「我が国は 未だに敗戦直後の世界に置いて行かれた低水準の国で、その小国が欧米人 の世界で認められたとか乃至は漸く我が国も認められたと言って騒いでい る時代錯誤の世界にいる」としか思えないのだ。

戦後間もなくの私が未だ5年生の中学校にいた頃に、近所で貿易商を営 んでおられた方が「喜んでください。我が社も漸く認められる存在になっ てアメリカ向けの輸出が成約しました」と歓喜しておられたような感覚を 未だに引き摺っているような気さえするのだ。違うだろう、我が国は既に 「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の時代を経て世界の一流国なのだ。 ノーベル賞受賞は確かに素晴らしいが、それが天からでも授けて頂いたか のように褒めそやし、吉野氏ご夫妻をインタビューして夫婦間の会話まで 聞き出すような愚にもつかぬようなことをしている場合かと言いたくもなる。

私も戦後間もなくから英語を話すように仕付けられたし、中学生の身で GHQの中に入っていた経験もしたので、早くから外国人との接触があっ た。その上に39歳からアメリカの会社に変わったので、彼らの文化(言 語・風俗・習慣・思考体系の意味)の中で仕事をしたし、アメリカ以外の ヨーロッパ人とも仕事上での交流が出来た。ここで学んだというか知り得 たことは「私(というか我々日本人)は彼らの世界に後発で入ったいった のであって、彼らから見れば異邦人であり、異種のゲームをしている人種 だ」と看做されているようだという点だ。

考え過ぎだという方もおられるだろうが、実際に彼らの中に入って20年以 上も彼らの為に(対日輸出に)それこそ命を賭けて働いてみて、何処から ともなく現れた日本という国は端倪すべからざるものだと恐れさせていた のだった。だが、彼らの中で懸命に働けば働くほど「自分がやっているこ とは、彼らが創り上げたゲームの中に外から分け入っていって、彼らを凌 駕する実績を挙げることは大いに評価されるが、所詮はこれは彼らのゲー ムであって我々のものではないようだ」と解ってくるのだ。

例えば、「目下あれだけの人気を見せて、あれほど方々で賛美の声が上 がっているラグビーを見よ」ということだ。このままスコットランドに勝 つか引き分ければ世界の八強に入って行けるのだ。だが、あの出場してい る国々を見れば英連邦の諸国が圧倒的に多いのだ。彼らのゲームだったの だ。そこに我が国が台頭してあそこまでのし上がっていったのは快挙だ。 ノーベル賞にしたところで、北欧のスエーデンが発祥の地だ。その賞を今 や毎年のように我が国から受賞者が出ているのだ。彼らのゲームに馴れた のではないのか。

それを当たり前の現象とは言わず、未だに「アメリカに輸出が出来まし た」という1940年代の感覚にとらわれているのが、我が親愛なるマスコミ なのだ。吉野彰氏が奥方に隠れて煙草を吸われることまで取り上げること と、リチュームイオン電池の発明と何の関係があるのか。もう好い加減に 世界の市場、学会、スポーツ界に出ていき成功される人々を大事のように 騒ぎ立てる報道姿勢から脱却したらどうだ。永年彼らの中で過ごした私 は、我々はアメリカやヨーロッパ人の後ろについて行く国ではないのだと 良く解っている。もっと自国に誇りと自尊心を持って報道すべきではない のか。

彼ら分るかどうかは解らないが、異国に出て行って彼らが定めたルール と体格を基準にして出来上がっているゲームをするのは容易ではない。だ が、私は我が国は既に自分たちの国独自のゲームを確立しその基準の下に プレーしているのだとも身を以て体験した。現時点で確かにGAFAには置い て行かれたようだし、中国の電子産業の分野におけるアメリカをも凌駕す る台頭振りには劣っているのかも知れない。だが、こういう現象が何時ま でも続くものではなく、何時かはまた「ジャパン・アズ・ナンバーワン」 の時が来るかも知れないではないか。

マスコミは卑下するような姿勢をもう好い加減に捨て去るべきだ。彼ら だって「特派員」などと言う大時代な感覚の名称の駐在員を海外に派遣し ているのだから、我が国が如何に優れているかくらいは解るはずだ。それ くらいは外国語をまともに勉強していれば掌握できるはずだ。私には見え たのだから。「何、学校で教えてくれた英語では通用しなかった」とでも 言うのか。

◎結局は「報道1930」が主体になった:前田正晶

10日はラグビーの中継放送こそなかったが、サッカーのW杯予選にNPBの クライマックスシリーズの2試合が重なって、頻繁にチャンネルを変える ことにはなった。しかし、結果的にはTBSの報道1930に新藤義孝氏が出て おられるのを見て、これに焦点を絞ることにした。それは事韓国問題とな ると、新藤氏の発言が最も信頼するに足る堂々たる正攻法というか正論で 我が国の立場を主張されるからだ。藪中元外務次官も出ておられたが、矢 張り外務官僚の発言には事なかれ主義が見え隠れしすぎるので、信頼する 訳には行くまいと思っている。

この番組で驚かされたのが、司会の松原が事もあろうに徴用工問題(こ の言葉を使うこと自体にTBSの偏向振りが現れている)の解決案を韓国側 から提案されたと言って、例の「1+1+α」を言い出した事だった。私は 大体からして訪韓した元河村建夫官房長官が持ち帰ったことそのものがと んでもないと思っていたのに、この期に及んで勿体を付けて取り上げるべ き案件ではないと思って聞いていた。案の定、新藤氏は穏やかに否定され たが、藪中氏も共同通信の平井氏もそれほど否定的なことを言わなかった のは「そんなものだろう」と思って聞いた。

結局は対韓国問題を解決する為の妙案などないというような結論になっ たと聞こえた。当たり前のことで、文在寅大統領がその地位に止まってい る限り改善される訳がないのであって、即位の礼に李首相が来日されるか らといって、仮令安倍総理が言わば何の権限もないとしか見えない首相と 会談したとしても、何の進展もあり得ないと思っている。藪中氏は先頃ソ ウルに出向かれてかの国の要人たちと懇談されたそうだが、彼らは65年の 合意は軍事政権が決めた悪い協定だから変えてくれと言っていたそうで、 そんな程度のことも解っていない連中を相手にするのでは埒があかない訳だ。

私は新藤氏が毎回主張される「国際的な条約を守ってキチンと我が国と の話し合いの席につくべきだ」という以外にあり得ないと思っている。そ の新藤氏にもあの大法院の判決を支持する弁護士団が今年末か来年早々に 差し押さえた三菱重工や日本製鉄等の資産を換金するのを阻止する明暗の 持ち合わせはないようだった。韓国のあの浦項製鉄を築き上げたのが八幡 と富士製鉄だったことなど忘却の彼方であるようだ。いや、都合が悪いこ とは忘れるのだろう。その恩義ある会社の資産を差し押さえるとは非道徳 的な暴挙という以外あるまい。

矢張りサッカーにも一寸触れておくべきかと思う。FIFAのランキング 183 位のもモンゴルから6点取ったといってマスコミは喜んで見せている。 だ が、私に言わせて貰えば当たり前のことが出来ただけであって、あそこ まで褒めるべきではないと見ている。それにしても彼らは何故久保建英が 出る出ないにあれほど執着するのだろう。昨日も森保監督が最後まで使わ なかったのは、何となく意地になっているようにすら思えた。あの監督で も本当に使えると思えば、始めから出しただろう。それともマスコミの連 中の話題作りか。


◎「頂門の一針」5194号 <2019(令和元年)年 10月11日(金)>
読者の声(PB生、千葉)氏のコメントで

『虚構の中華民国(首都は南京、台北は臨時首都)を捨てない
限り日米を始めとする国々は台湾を国家として認められないのが現状。』 は、かつての主張であって、李登輝総統時代より憲法も修正して現実路線 を取り、2013年には立法院内政委員会で国民党の立法委員(国会議員)の 「首都はどこか」とする質問に対して、李部長(内相)は中華民国憲法で は首都の位置が規定されておらず、中央政府の所在地が首都だとし、現在 の中央政府所在地は台北であることから首都は台北だとの認識を明らかに しています。
http://japan.cna.com.tw/news/apol/201312040004.aspx
(ふる@鶴川)

東京都町田市能ヶ谷6-34-6
古川 裕



◎結局は「報道1930」が主体になった:前田正晶

10日はラグビーの中継放送こそなかったが、サッカーのW杯予選にNPBのク ライマックスシリーズの2試合が重なって、頻繁にチャンネルを変えるこ とにはなった。しかし、結果的にはTBSの報道1930に新藤義孝氏が出てお られるのを見て、これに焦点を絞ることにした。それは事韓国問題となる と、新藤氏の発言が最も信頼するに足る堂々たる正攻法というか正論で我 が国の立場を主張されるからだ。藪中元外務次官も出ておられたが、矢張 り外務官僚の発言には事なかれ主義が見え隠れしすぎるので、信頼する訳 には行くまいと思っている。

この番組で驚かされたのが、司会の松原が事もあろうに徴用工問題(こ の言葉を使うこと自体にTBSの偏向振りが現れている)の解決案を韓国側 から提案されたと言って、例の「1+1+α」を言い出した事だった。私は 大体からして訪韓した元河村建夫官房長官が持ち帰ったことそのものがと んでもないと思っていたのに、この期に及んで勿体を付けて取り上げるべ き案件ではないと思って聞いていた。案の定、新藤氏は穏やかに否定され たが、藪中氏も共同通信の平井氏もそれほど否定的なことを言わなかった のは「そんなものだろう」と思って聞いた。

結局は対韓国問題を解決する為の妙案などないというような結論になっ たと聞こえた。当たり前のことで、文在寅大統領がその地位に止まってい る限り改善される訳がないのであって、即位の礼に李首相が来日されるか らといって、仮令安倍総理が言わば何の権限もないとしか見えない首相と 会談したとしても、何の進展もあり得ないと思っている。藪中氏は先頃ソ ウルに出向かれてかの国の要人たちと懇談されたそうだが、彼らは65年の 合意は軍事政権が決めた悪い協定だから変えてくれと言っていたそうで、 そんな程度のことも解っていない連中を相手にするのでは埒があかない訳だ。

私は新藤氏が毎回主張される「国際的な条約を守ってキチンと我が国と の話し合いの席につくべきだ」という以外にあり得ないと思っている。そ の新藤氏にもあの大法院の判決を支持する弁護士団が今年末か来年早々に 差し押さえた三菱重工や日本製鉄等の資産を換金するのを阻止する明暗の 持ち合わせはないようだった。韓国のあの浦項製鉄を築き上げたのが八幡 と富士製鉄だったことなど忘却の彼方であるようだ。いや、都合が悪いこ とは忘れるのだろう。その恩義ある会社の資産を差し押さえるとは非道徳 的な暴挙という以外あるまい。

矢張りサッカーにも一寸触れておくべきかと思う。FIFAのランキング183 位のもモンゴルから6点取ったといってマスコミは喜んで見せている。だ が、私に言わせて貰えば当たり前のことが出来ただけであって、あそこま で褒めるべきではないと見ている。それにしても彼らは何故久保建英が出 る出ないにあれほど執着するのだろう。昨日も森保監督が最後まで使わな かったのは、何となく意地になっているようにすら思えた。あの監督でも 本当に使えると思えば、始めから出しただろう。それともマスコミの連中 の話題作りか。


◎鰻重が15%も値上げされていた:前田正晶

10日から各テレビ局が台風19号の動静をそれこそ5分刻みで流している か の感がある。未だ嘗てない危険極まりない台風の襲来だから十分に備え よと専門家が警告しているのだ。そこでそれならばと、我が家の目の前に あるイオン系の食品専門のスーパー「マイバスケット」に様子を見に行っ てきた。ところが、案外なことに余り買い溜めをしている人も見当たら ず、一般家庭には未だ危機意識は浸透していない様子かと判断した次第。

そのこととは直接に何の関係もないが、これまでに何度か紹介した事も あった新宿区百人町のサンパークホテルの極めて経済的な価格の¥850の 鰻重が、10月1日から¥980と15%程の値上げとなっていた。思うに消費税 率の10%への引き上げに伴った値上げと言うよりも、鰻そのものの原価上 昇と供給不足が為せる業かと見ている。だが、あの品質とコーヒーまで付 いてくることを考えれば、¥980になってもお徳用感は十分にあると思う のだ。

私も勿論鰻の蒲焼きは好物であり、在職中にもアメリカ人たちをも案内し て食べに行っていたものだった。彼らは最初はあの蒲焼きの外見に恐れを なしたのか、中々手を付けなかった。だが、一度一口食べてみて“Good!” と叫んで喜んで食べたし、中には出張してくる度に鰻を食べに行こうとい う者まで現れた。その鰻重が今や3,000〜4,000円もするのだと伝えたとこ ろ、「それではとても手がないが、もう出張の機会もない引退した身だか ら関係ない」という答えが返ってきた。

私は鰻が供給不足になって値上がりしたくらいは承知しているが、その原 価構成などは考えたことがない。だが、あのホテルで高級店のそれとは違 うとは言え、あの価格で提供できているのは何故だろうとは考えている。 このホテルにはかなりの数の知人を案内したが、その価格を考える時に味 というか品質に苦情を言われた人はいなかった。

消費税率の10%への引き上げという意味では、このホテルのかなり割安 だと思っていた日替わり定食が¥700から¥750に値上げされたのは、もし かして便乗値上げかなとも密かに疑っている。当方は未だ値上がり後の鰻 重の味を試していないので何とも言えないが、何れ実質的な値上げかどう かを探ろうかと思案しているところ。



◎「頂門の一針」5194号 <2019(令和元年)年 10月11日(金)>
読者の声(PB生、千葉)氏のコメントで
『虚構の中華民国(首都は南京、台北は臨時首都)を捨てない
限り日米を始めとする国々は台湾を国家として認められないのが現状。』 は、かつての主張であって、李登輝総統時代より憲法も修正して現実路線 を取り、2013年には立法院内政委員会で国民党の立法委員(国会議員)の 「首都はどこか」とする質問に対して、李部長(内相)は中華民国憲法で は首都の位置が規定されておらず、中央政府の所在地が首都だとし、現在 の中央政府所在地は台北であることから首都は台北だとの認識を明らかに しています。
http://japan.cna.com.tw/news/apol/201312040004.aspx
(ふる@鶴川)

東京都町田市能ヶ谷6-34-6
古川 裕





━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

11日の東京湾岸はまたもや曇天。気分冴えず。
                    読者:6003人







━━━━━━━━━━━━━
引揚孤児を救った「聖福寮」
━━━━━━━━━━━━━


        馬場伯明

1945年8月15日、日本の敗戦時の海外に残留していた日本人は約660万人。 軍人・軍属が330万人、一般人300万人。1946年末までに約500万人が引揚 げたと言われる。

ポツダム宣言第9項の軍隊優先帰国条項により軍人・軍属は優先的に本土 へ帰還した(復員者)。一般人(引揚者)は取り残され遅れた。ソ連は 軍・民約57.5万人をシベリアに抑留し強制労働に従事させ、約5.5万人が 死亡した。

1946年3月まで満州には105万人がおり、同年5月から引揚げ本格化した が、(日ソ戦での死亡者を含め)満州からの引揚者の死者は約24.5万人、 うち満蒙開拓団員が8万人である。民間人犠牲者数では、東京大空襲や広 島・長崎への原爆投下、さらには沖縄戦を凌ぐ。

朝鮮北部からは20万人が38度線を越え帰国を果たしたが、栄養失調・飢 え・病気で3万人以上が死亡した。一方、朝鮮南部からは1946.春までに40 万人が引揚げた。(?引揚げの経緯は主にWikipediaより転載)。この間、 ソ連軍や朝鮮人らによる強姦などの女性の被害も多かった(女性の被害は 「別稿」とする)。

「流れる星は生きている(藤原てい)」は、6歳、3歳の兄弟を連れ、生後 1ヶ月の長女を背負い、満州の新京から引揚げてきた苦難の記録である。 作者には筆力がある。作家新田次郎(本名:藤原寛人)の妻。3歳の次男 は数学者の藤原正彦氏(76)。後に「国家の品格」など著書多数。

私は1944年10月生まれ。長崎県島原半島の小中高校の同級生には引揚者が 多い。小学校の頃は引揚者の家族を蔑み一段下の人間だと思っていた。そ の後、「引揚者」の事実を知り、大いに反省した。

S君(男性)の父母は彼と姉を連れ38度線を突破し帰国した。Yさん(女 性)家族は満州から引揚げたが、故郷に耕す農地はなく山林を開墾した。 一方M君の家族は中国では裕福だった。手持ちのお金を他人に持たせ(貸 し・与え)奉天から帰国した。T先生(後に校長から教育長)はシベリア 抑留で塗炭の苦しみを味わった。Rさんの父は引揚げてきたが故郷にいい 仕事はなく家族は苦労を重ねた。

満州・朝鮮などからの引揚の道程は悲惨の一語に尽きる。栄養失調・飢 え・病気の連鎖である。引揚の話は涙なしには聴けない。しかし、戦後74 年、それを直接語る人は私の周りにはもういない。

本題の「聖福寮」の話に入る。まず、本拙稿で参考にした図書の一部を記 す。できれば手に取り読んでほしい。「流れる星は生きている」(藤原て い)「水子の譜」(上坪隆)」「日本に引揚げた人々(高杉志緒)」「忘 却の引揚げ史」(下川正晴)。

聖福寮の概要を紹介する。194年8月15日、福岡市に引揚者医療孤児収容施 設「聖福寮」が開設され、まず44人の引揚孤児を受け入れた。1947年3月 18日に閉寮し最終的に164人を収容し114人を身寄りに引き渡した。死亡者 4人、公共の健康回復施設に40人移した。残留者が6人。

この聖福寮の開設と運営に主導的に関わったのは(1)京城帝国大学の教 師グループと(2)月刊誌「婦人の友」の女性読者組織の「友の会」グ ループである。その中から何人かを紹介する。 

泉 靖一さん(いずみ せいいち 1915.6.3〜1970.11.15)。京城帝国大学 法文学部卒。助教授(当時30歳)。太平洋戦争敗戦による朝鮮統治の終了 と大学の閉鎖で、1945年12月妻子3人を追い福岡市博多へ引揚げる。占領 期の数年間は博多の聖福寺境内に設置された在外同胞援護会救療部に勤務 した。後に東大教授、文化人類学者、インカ遺跡の発掘・発見者。

企画力、行動力、説得力が抜群の正義派。土地の調達、医師・職員の確 保、物資の調達、困難な開設初期資金の調達を担当し、成功する。泉さん の八面六臂の活躍で、あれよあれよという間に聖福寮は完成した。

1946年春、資金調達を含めた折衝のために、朝鮮人医師と偽称し博多から 帰朝船に乗り込み釜山へ密航した。再渡航で米軍(CIC)に逮捕された が、堂々と「裸同然で逃げて来た同胞を助けるためだ」と主張し釈放され ている。人助けのためだけにそんな無鉄砲なことをする人は当時皆無だ。

疾風怒濤のように働き、「聖福寮」を作り1947年10月東京へ去った。「聖 福寮のおなつかしい小母さん方へ」と置手紙を書き、歌を残した。

我がさがは旅の心のひたぶるに人見ぬ国を求めんとす  泉靖一

次は山本良健さん(やまもとよしたけ、当時34歳)。京城帝大医学部卒、 朝鮮全羅北道で勤務医師。泉さんの親友。聖福寮の寮長となる。妻高子さ んは4人の子供を連れて元山から引き揚げた。山本さんは妻子に遅れ1946 年2月に福岡へ戻った。後に聖福子供医院を開業・運営した。

1946年早春、石賀信子さんは1通の電報を受け取った。「引揚者の親類つ き合い始めたし様子知らせ」。発信人は(「婦人の友」創設者の)羽仁も と子氏主宰の「友の会」中央本部である。石賀さんは東京の自由学園卒業 生だが、勤務半年の福岡女学院をやめ聖福寮で働くことを決心した。まさ に「いざ、鎌倉!」の心意気である。

「婦人之友」は引揚援護事業を推進し全読者(友の会)に引揚家族への 「親類づきあい運動」を呼びかけていた。石賀信子さんはすぐ発信する。 その電報に呼応し、大分から一人娘を連れ笠村田鶴さん、長崎からは内山 和子さんが駆けつけた。内山さんを追い長崎から活水女専英文科2年の松 重一江さん(18歳)が退学し来福した。福岡友の会青年部から福岡女学院 卒の山崎邦栄・邦歌さん姉妹も保母として加わった。

このようにして、寮長山本良健さん、医師藤本茂・馬場静子(小児科医) さん、看護婦千原辰子さん、保母石賀信子・内山和子ほか10数名の保母・ スタッフの体制ができ、活動が開始された。

聖福寮の最大の目的は、引揚孤児に食事を与え病気を治療し、彼らの身元 を調査し親類縁者を見つけだし、病気回復後に引き渡すことである。開所 からすぐ多忙で凄まじい日々が続いた。買出し、調理、食事、風呂、便 所、運動、遠足、クリスマス等行事、検査、治療、就寝、日誌、記録など。

保母の日誌より。「真っ赤にただれた目と疥癬だらけの細い手足」「夢遊 病者みたいだ。深夜にたった4つで2階の職員室まで行って眠っていた」 「母の遺骨を胸に抱いた子供は、それをなかなか手放そうとはしなかっ た」「(子どもが)標準体重に近づくのはとてもうれしいことでした」。

栄養失調と病気の2歳の赤ちゃんの荒川富夫ちゃんが死んだ。保母の山崎 邦栄さんの保育日誌(1946.9.11)より、長いが、これは引用する。

《おいしいお月見だんごとぜんざいをいただいて、子ども達が床について 間もなくだった。5日前に入寮したばかりの2歳の(荒川)富夫ちゃんが遂 になくなる。私どもの最初の犠牲者であれば、種々の思いが皆の胸一杯に なる。お月見の野の花で花輪を作り、山本(良健)先生、藤本先生、庶務 の堀江さんを加え、お通夜をする。

骨と皮ばかりになった弟(の富夫ちゃん)を、(引揚げ途中で亡くなっ た)母に代わってたった1人で弱い肩におんぶして、遠い中国の吉林から この博多まで、固い高粱飯を自分の口でかみくだいては食べさせてきたと いう12歳のお姉さんの(荒川)文江ちゃんの悲しみはなぐさめようもな い。今夜は心も体も疲れすぎて床に入ってもなかなかねつかれな い。・・・冴えた月がきょう1日のこの寮での出来事を静かに見守ってい る》(保育日誌終わり)。

保母たちは、文江ちゃんの所作を見て、亡くなる前の母親がきっと同じよ うにして栄養失調の幼い弟(2歳)に口移しで食べさせていたにちがいな いとわかったのである。

応召された父の行方はわからなかった。文江ちゃんは群馬県の叔父斉藤光 得さんに引き取られた。参考図書の著者らの調査でも彼女のその後の消息 は追跡できていない。2019年10月現在生存ならば95歳になる。

聖福寮は開設の7ヵ月後の1947年3月18日に閉寮した。その後、宿泊託児所 「聖福子供寮」?「保育所(1947認可)」?「いずみ保育園 (1952〜1965)」と変遷した。1965年に土地を聖福寺へ返還することとな り閉鎖となった。

聖福寮の開設から18年9ヶ月、引揚孤児164人を含めここに在籍した園児は 合計981人を数えた。この地は児童福祉施設の養護施設・乳児院・保育園 の全国の先駆けとなった。石賀信子さん、山崎邦栄さん、内山和子さん は、その後も、それぞれの場所で保母などの仕事を続けた。

私には次の疑問がある。しかし、その答えはわからない。
Q1:(シベリアへの抑留者以外の)関東軍の軍人は、引揚途中の日本人同 胞を、ソ連軍人・朝鮮人・中国人らの略奪や強姦などから、なぜ守らな かったのか?(敗戦で関東軍は「馬糞の川流れ」状態?)

Q2:聖福寮は、なぜ京城帝国大学の教師グループと「婦人の友」の「友の 会」グループだけなのか?本土の国(官僚)、地方公共団体(公務員)、 大学(教授ら)、宗教団体(寺社等)などは、なぜ引揚孤児の支援に消極 的だったのか?(自分のことだけで精一杯?)

Q3:不思議に思うこともある。泉靖一、山本良健、石賀信子、内山和子さ んたちは(参考図書の記述の範囲では・・)救援活動の停滞にあまり不満 を言わない。終わったことを悩まない。また、引揚者を苦しめたソ連・中 国・朝鮮を非難しない。またアメリカも。(そんな余裕もなかった?)。

聖福寮に集い引揚孤児を救った人たちの思いやりの心と祖国愛に思いをい たせば涙がにじむ。敗戦直後の我利が蔓延した時代に、このような利他心 を有した日本人がいたのだ。阪神淡路大震災や東北地震・津波などの被災 地に何回か参加した私のボランティア活動とは次元が全く異なる。

敗戦の混乱の時代の福岡市(博多)に、聖福寮の人たちは祖国愛と奉仕の 精神で日本人引揚孤児を救った。国会議員や高級官僚ではない。左翼でも 右翼でもない。2019年の今聖福寮は忘れられている。いや、元々知られて いない。だが、その存在は淡いまぼろしのように輝きつづける。

聖福寮で引揚孤児を救った人たちに敬意を表し心から感謝する。その尊い 偉業を私たち現在の日本人は決して忘れてはならない。(2019.10.8千葉 市在住)


       
━━━━━━━
トランプの反撃
━━━━━━━


Andy Chang  

トランプ罷免の南北戦争は3週間目に入っていよいよ双方の攻防戦が
激しくなってきた。国会側とメディアの報道を見ればトランプが不利
に見えるが、トランプ側から見ればDeep Stateが不利で最終的にどう
なるかわからない。

下院がトランプ罷免を通しても上院に持ち込めば上院議員の3分の2
が賛成しなければ罷免は失敗する。その代り今回の罷免騒ぎで問題化
したバイデンの汚職犯罪調査は続く。だからバイデンが民主党を代表
して選挙に出る可能性は殆どないと言える。

民主党がバイデンを弁護する理由はサンダースとウォレンがダメだか
らである。サンダースは先日心臓発作を起こしたので選挙運動は無理
だし大統領の激務に耐えられない。極左翼のウォレン上院議員は民主
党穏健派も反対、経済界も反対だからたとえ選出されてもトランプに
負ける、ひょっとしたらトランプ大勝利となるだろう。バイデンが汚
職スキャンダルで降りたら民主党は有力候補が居なくなる。

弾劾調査のシフ委員長は先週金曜日にボルカー(K Volker)元ウクラ
イナ大使を非公開で証人喚問したが、ボルカーの証言は弾劾派に不利
で、トランプがゼレンスキー総統に交換条件でバイデンの調査を頼ん
だ証拠はないと証言した。シフ委員長はボルカーが提出したメール通
信記録のうち、弾劾に有利なメールだけを一般公開した。共和党委員
がはすべてのメールの公開を迫っている。しかも密告者が事前にシフ
委員長と相談していた事実がバレたのでシフ委員長が公平公正でない
として共和党側は彼の解任を求めている。

10月6日にある弁護士が第二の密告者が出たと発表して弾劾派が凱歌
を上げた。するとある新聞がこの密告者は民主党候補者のもとで仕事
をしていた人間だとすっぱ抜いた。告発の内容も不明である。

シフ委員長はソンドランド(Gordon Sondland)EU大使を証人喚問し、
更に国務院の幹部とホワイトハウスのウクライナ関連資料の提出を要
求し、出さなければ召喚状を出すと脅した。8日火曜日の午後にホワ
イトハウスの法律顧問シポロン(Pat Cipollone)が、ペロシ議長あて
に8ページの署名入り文書を提出し、「この弾劾調査は憲法違反である。
衆議院会議での票決がない弾劾調査に従うことを拒絶する」と宣言し
た。トランプ大統領の反撃である。ペロシ議長が衆議院の決議を経ず
独断で弾劾調査を始めたのが問題化したのだ。

シポロン法律顧問は「簡単に言えば、この弾劾調査は2016年の選挙で
国民の選出した大統領を罷免する三年来の魔女狩り(Witch hunt)の
一環だ」と書いた。

弾劾調査は国会下院で票決を取って過半数を超えれば正式に弾劾調査
が始まり、両党の議員は公平に資料、証拠や証人を出して討論を行い、
その後で票決を取る。ニクソン罷免もクリントン罷免もこの段階を経
てから弾劾が決定されたのである。今回はペロシ議長が独断で決めた
だけだったし、ペロシは調査を反トランプで有名なシフ委員長に委任
し、彼がほとんど独断で証人喚問と資料提出を要求し、共和党委員は
すべて無視されたのだった。だから明白な憲法違反である。

さらなる調査で判明した事実は、ウクライナのエネルギー会社とバイ
デンの息子の癒着はバイデン一人でなく、ペロシの息子とジョン・ケ
リー元国務長官の義理の息子もこの会社に関わっていた。だからトラ
ンプがウクライナ総統に汚職の調査を頼んだと聞いたペロシ議長が国
会全体の決議を待たず独断で弾劾調査を進めたと思われる。

弾劾派の取る道は三つある。
第一は国会議員が休暇を終えて国会に戻ってきてから総会で正式に弾
劾案を提案し、票決で弾劾が決まったら正式の討論が始まって共和党
議員も討論に参加することが出来る。票決をとれば弾劾案は通らない
かもしれない。
第二はトランプの調査拒否を法廷訴訟に持ち込む。法廷訴訟になれば
最高裁まで行くので選挙の後までずっと続く。
第三はさまざまな方法で来年の選挙までトランプ攻撃を続ける。弾劾
案を有耶無耶にしてメディアの援助で反トランプ意識を煽る方法だ。
だが共和党側も負けずにバイデンのウクライナ癒着を調査すれば民主
党に不利となる。

常識で考えれば匿名の告発があったから国会が大統領を罷免するなど
あり得ない。ペロシ議長とシフ委員長はそれを独断でやろうとしたの
である。


━━━━━━━━━━━━━━━━
太平洋で着々と進む中国の覇権戦略
━━━━━━━━━━━━━━━━


          櫻井よしこ

9月16日、中国は太平洋の14の島嶼国のひとつ、ソロモン諸島を台湾から 引き剥がし断交させた。中国の働きかけによって台湾を切り捨て、中国と 国交を樹立した島嶼国はすでに10を数える。台湾は蔡英文総統が就任して 以来7か国から国交断絶を言い渡され、国交のある国はいまや15にまで減 少した。

中国の目的は、「台湾は中国の一部」であることを受け入れない蔡総統を 孤立させ、来年1月の台湾総統選挙で落選させることにあるが、同時にも うひとつ重要な狙いは太平洋における米軍の覇権に異を唱え、西太平洋及 びインド洋から米国を排除することである。

ソロモン諸島の首都を擁するガダルカナル島で、日本軍はかつて死闘を展 開した。情報も食糧も武器弾薬も極度に不足していた中で米軍相手に壮絶 な戦いを続け、日本軍は実に多くの貴重な命を失った。太平洋の島々を 失った日本がその後苦しい状況で後退に継ぐ後退を続けたのは周知のとお りだ。その激戦の島嶼国にいま、中国が巧妙な侵略の手を伸ばしている。

かつての日米両軍の戦場でいまや米中二大勢力がせめぎ合う。米国が同海 域をグアムを拠点として防衛するのに対して、中国はつい先頃まで第一列 島線、第二列島線を想定して米海軍をハワイ以東に閉じ込めようとしてき た。現在は、しかし、西太平洋からインド洋全体を支配するために、この 海域への米海軍の接近を阻止する第一、第二列島線戦略をはるかに越え て、彼らは第三列島線に進出してきているのである。

第三列島線は、2040年までの目標として中国の国益擁護に必要な海を南緯 35度以北、東経165度以西と定義し、その海域に中国の支配権を確立する というものだ。中国が支配権を目指すのは豪州南部以北の太平洋であり、 米海軍が遊弋(ゆうよく)し、君臨してきた太平洋である。そこにはマリ アナ諸島、パラオ、ソロモン諸島などが広がる。

太平洋島嶼国を籠絡

07年に中国側は何気ない会話形式で、米国側に太平洋をハワイを基点とし て二分し、米国が東太平洋を、中国が西太平洋をとることを提案した。そ れから12年、彼らは着実に自らの目標達成へと歩を進めている。

そうした戦略目標達成のために、中国は悪名高い資金攻勢で太平洋島嶼国 を籠絡する。典型的事例がトンガであろう。人口11万人弱、王室が強い力 を有する。

明らかに中国は王室への接近に成功したのであろう。「フィナンシャル・ タイムズ」のキャサリン・ヒル氏の、「太平洋島嶼国・米中の新たな敵 対」によると、中国は08年にトンガサット社に5000万ドル(約55億円)を 支払い、赤道上空の静止軌道の使用権を得た。

米国のGPSに相当する中国の衛星測位システム「北斗」をミサイル誘導 など軍事的に使用するには静止軌道が必要で、それを提供したトンガは中 国の軍事戦略上非常に重要な拠点となったわけだ。トンガは見返りに55億 円を受け取ったが、国庫に納入されるべき資金の半分がトンガサット社に 入金されていたという。

同社にはトンガ王室のプリンセスが関係していると報じられた。中国得意 の資金も含めたおもてなし外交でプリンセスの心を射止めたと解釈された のは自然なことだ。

この年以降10年までの3年間で、トンガは中国から1億1400万ドル(約125 億円)、トンガのGDPの実に43%に相当する融資を受けている。この規 模の債務返済は至難の業で、連想するのは、借金のカタにハンバントタ港 を99年間も奪われてしまったスリランカの悲劇、債務の罠である。

中国と国交を樹立した先述のソロモン諸島は人口61万人、太平洋島嶼国 中、最大級である。その国がいまや中国経済に搦め捕られている。また、 近年急増した移住中国人は約5000人に上り、ビジネス上手の彼らは小売店 の大方を経営し、殆どすべての消費財を提供していると、ヒル氏は報告する。

他方、中国政府は後述する海底ケーブルをはじめ、大規模な公共工事に資 金を集中投下し、これら小さな国のインフラを中国式に作り上げてしま う。資金も技術も労働者も、定型どおり中国からやってくる。労働者は工 事完了後も現地に残留し、力をつけ、その国の事実上の支配者となるのが お定まりの道だ。

ソロモン諸島政府は豪州政府の協力を得てソロモン諸島・シドニー間を海 底ケーブルで結ぶところだった。公開入札で受注した企業はしかし、突 如、外され、ソロモン諸島政府は中国のファーウェイに工事を発注した。 ファーウェイは中国人民解放軍と一体だと見做されており、豪州政府が驚 き、安保上の懸念を抱いたのは当然だろう。豪州政府はソロモン諸島政府 に代わって海底ケーブルを建設し、費用の3分の2を負担したそうだ(同前)。

それでもファーウェイは諦めず、次にバヌアツからの海底ケーブル建設を 提案中だという。ファーウェイとその背後の中国政府の、世界制覇にかけ る執念を感じさせる働きかけではないか。

中国のマネー攻勢

現在、太平洋島嶼国で台湾と国交を保っているのはツバル、マーシャル諸 島、パラオ、ナウルの4か国だけであるが、これらの国々も中国のマネー 攻勢に晒されている。

ツバルは人口1万1000人、議会は予算ほしさに台湾寄りの首相を交代させ る可能性がある。パラオは人口2万2000人、マーシャル諸島は5万3000人、 ナウルは1万4000人である。

どの国も本当に小さい国だ。人々の性格は穏やかで、生活は貧しい。だが 彼らが保有する海洋面積は広大である。日米豪にとって、そこに広がる海 は自由貿易を担保する開かれた海である。国益上も安全保障上も譲れない 海だ。中国による独占は無論、彼らが小さな国々に強い影響力を発揮し て、支配する海にしてはならない。

だが、小さな弱い国々は、自由や民主主義への中国共産党の弾圧には余り 関心を抱かない。米国か中国か、と迫られるのも恐れる。中国の威力の前 で、台湾と断交をすれば、それがやがて自らにはね返ってくるとも考えな い。彼らも生き残り、国民を経済的に養わなければならない。日本や米国 が中国に対抗して取り得る道は、国や民族の生き残りと、国民生活の豊か さを支える、中国よりも優れた策を打ち出すことだ。

中国は地球全体に欲の網を張り、その網を広げ続ける。中国の手法とは全 く異なる手法で、価値観を共有できる国々と連携して、中国の野望を打ち 消していくのがよい。日本は軍事力の効用を活用できない。その分、合理 的で人道的な賢い道を提唱しなければならない。価値観の戦いの先頭を行 くべきだ。

『週刊新潮』 2019年10月10日号 日本ルネッサンス 第871回





━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◎例によって例の如くマスコミ批判:前田正晶

マスコミは何が故に未だに海外での成功を喜ぶのだろう:


この度の吉野彰氏のノーベル化学賞は誠に素晴らしいことであるととも に、企業内の方の研究に賞が与えられたことも大いに意義があると思って いる。私は我が国の何事につけても世界的に見て水準が高いことをあらた めて実証したのだという見方をしたいのだ。それにつけてもテレビや新聞 でのあの大騒ぎは、私には鼻につくのだ。私は彼らの感覚では「我が国は 未だに敗戦直後の世界に置いて行かれた低水準の国で、その小国が欧米人 の世界で認められたとか乃至は漸く我が国も認められたと言って騒いでい る時代錯誤の世界にいる」としか思えないのだ。



戦後間もなくの私が未だ5年生の中学校にいた頃に、近所で貿易商を営ん でおられた方が「喜んでください。我が社も漸く認められる存在になって アメリカ向けの輸出が成約しました」と歓喜しておられたような感覚を未 だに引き摺っているような気さえするのだ。違うだろう、我が国は既に 「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の時代を経て世界の一流国なのだ。 ノーベル賞受賞は確かに素晴らしいが、それが天からでも授けて頂いたか のように褒めそやし、吉野氏ご夫妻をインタビューして夫婦間の会話まで 聞き出すような愚にもつかぬようなことをしている場合かと言いたくもなる。



私も戦後間もなくから英語を話すように仕付けられたし、中学生の身で GHQの中に入っていた経験もしたので、早くから外国人との接触があっ た。その上に39歳からアメリカの会社に変わったので、彼らの文化(言 語・風俗・習慣・思考体系の意味)の中で仕事をしたし、アメリカ以外の ヨーロッパ人とも仕事上での交流が出来た。ここで学んだというか知り得 たことは「私(というか我々日本人)は彼らの世界に後発で入ったいった のであって、彼らから見れば異邦人であり、異種のゲームをしている人種 だ」と看做されているようだという点だ。



考え過ぎだという方もおられるだろうが、実際に彼らの中に入って20年以 上も彼らの為に(対日輸出に)それこそ命を賭けて働いてみて、何処から ともなく現れた日本という国は端倪すべからざるものだと恐れさせていた のだった。だが、彼らの中で懸命に働けば働くほど「自分がやっているこ とは、彼らが創り上げたゲームの中に外から分け入っていって、彼らを凌 駕する実績を挙げることは大いに評価されるが、所詮はこれは彼らのゲー ムであって我々のものではないようだ」と解ってくるのだ。



例えば、「目下あれだけの人気を見せて、あれほど方々で賛美の声が上 がっているラグビーを見よ」ということだ。このままスコットランドに勝 つか引き分ければ世界の八強に入って行けるのだ。だが、あの出場してい る国々を見れば英連邦の諸国が圧倒的に多いのだ。彼らのゲームだったの だ。そこに我が国が台頭してあそこまでのし上がっていったのは快挙だ。 ノーベル賞にしたところで、北欧のスエーデンが発祥の地だ。その賞を今 や毎年のように我が国から受賞者が出ているのだ。彼らのゲームに馴れた のではないのか。



それを当たり前の現象とは言わず、未だに「アメリカに輸出が出来まし た」という1940年代の感覚にとらわれているのが、我が親愛なるマスコミ なのだ。吉野彰氏が奥方に隠れて煙草を吸われることまで取り上げること と、リチュームイオン電池の発明と何の関係があるのか。もう好い加減に 世界の市場、学会、スポーツ界に出ていき成功される人々を大事のように 騒ぎ立てる報道姿勢から脱却したらどうだ。永年彼らの中で過ごした私 は、我々はアメリカやヨーロッパ人の後ろについて行く国ではないのだと 良く解っている。もっと自国に誇りと自尊心を持って報道すべきではない のか。



彼らに解るかどうかは解らないが、異国に出て行って彼らが定めたルール と体格を基準にして出来上がっているゲームをするのは容易ではない。だ が、私は我が国は既に自分たちの国独自のゲームを確立しその基準の下に プレーしているのだとも身を以て体験した。現時点で確かにGAFAには置い て行かれたようだし、中国の電子産業の分野におけるアメリカをも凌駕す る台頭振りには劣っているのかも知れない。だが、こういう現象が何時ま でも続くものではなく、何時かはまた「ジャパン・アズ・ナンバーワン」 の時が来るかも知れないではないか。



マスコミは卑下するような姿勢をもう好い加減に捨て去るべきだ。彼ら だって「特派員」などと言う大時代な感覚の名称の駐在員を海外に派遣し ているのだから、我が国が如何に優れているかくらいは解るはずだ。それ くらいは外国語をまともに勉強していれば掌握できるはずだ。私には見え たのだから。「何、学校で教えてくれた英語では通用しなかった」とでも 言うのか。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

12 日の東京湾岸は朝から雨。
                    読者:6003人



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。