政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5193 号  2019・10・10(木)

2019/10/10



□■■□──────────────────────────□■■□
 わたなべ りやうじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5193号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
       2019(令和元年)年 10月10日(木)



         香港へ移民した中国人が戦々恐々:宮崎正弘

【変見自在】雄大の殺意:高山 正之

「お陰様」と「おもてなし」:伊勢雅臣
                     
                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記

         御意見・御感想は:ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
        下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/
    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━
香港へ移民した中国人が戦々恐々
━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)10月8日(火曜日)弐
         通算第6226号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 大陸から意気揚々と香港へ移民した中国人が戦々恐々
  うかつに北京語も喋れず、若者は英語で会話している
********************************

北京語は「中国は一つ」と獅子吼する北京の公用語。標準語を「マンダリ
ン」というが、庶民の会話は上海は上海語、福建省へ行けば福建語の世界
であり、広東はもちろん広東語である。香港は広東語、小学校から北京語
も必修だが、日常生活では喋らない。

香港に隣接する深センは完全にマンダリンの世界である。なぜなら中国全
土から人民が稼ぐためにやってきたため、共通言語は北京語しかない。

返還直前から香港では北京語学校ができたし、近年は中国大陸からの観光
客がどっさり買い物をするので小売店の売り子はマンダリンが流暢でない
と雇ってくれなかった。レストランでの注文もマンダリンで通じたが、先
月、2回行ってみて、北京語を喋ると嫌な顔をされた。

香港で北京語が通じるのは近年、大陸から移住してきた人々。だから元
朗、屯門、砂田、上水あたりの親中派商店が襲撃された。「私たちが憎ま
れているって、初めて知った」と大陸からの移民は戦々恐々となった。北
京語で会話していると、突然殴られる事件が多発している。過去十年、こ
んなことはなかった。

積もり積もった恨みが一気に爆発しているのが、いまの香港で、うっかり
北京語を喋ると殴られる恐れがあり、大陸からの学生らは英語で会話して
いるという。

10 年前から大陸内の広東の知識人の間でも、北京語の統一は、広東人の
伝統が破壊されるとして広東語復活運動がおきていたが、大きな声ではな
かった。
 
香港大乱、ついに言語状況にも変化が突出してきた。
     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1967回】                    
 ――「臺灣の事、思ひ來れば、感慨無量・・・」――田川(4)
田川大吉郎『臺灣訪問の記』(白揚社 大正14年)

   △

田川の関心は、やはり内地からの官吏の振る舞い、それに一般人の生活ぶ
りに注がれる。

「臺灣人、殊にその農民の、生活振りの、甚だ勤勉、儉素なことである、
これは何人の眼にも着いて居る、現に内地人も、齊しく、かく申して居ら
れる、そこで、その勤勉な、儉素な臺灣人農民の側から見ると、内地人の
生活振は、兎角、遊惰に見え、又贅澤に見える傾きがある」。

たとえば内地人の家屋だが、「總て檜造りの、宏壮な、華麗なもの、要す
るに分不相應なものとして、彼等は、これを非難してゐます」。台湾人か
らするならば、「吾々の粒々辛苦の餘膏を絞つての事業であり」、
本来なら「我等の生活状態をも顧念して下さらねばならない」にもかかわ
らず、である。台湾人の生活に思いを致さずに「遊惰」「贅澤」だったのか。

田川は「臺灣の總ての官吏、總ての内地人に對して、この批評と非難を聞
きました」と綴り、「臺灣當局者の、深く考慮し、戒愼せらるべき、重大
の影響のある、一觀察だ」と続けた。

「臺灣の經營には、種々の省察、刷新、革新を必要とし」、問題は山積し
ている。「臺灣人の順良な性質、平和の氣分に就ては、毛頭も疑」うこと
のない田川だが、「臺灣治政の將來に就ては、積極消極、種々の疑問に包
まれ」るのであった。

田川は台湾在住9年の内地人に、総督は何人替ったのかと尋ねると、「安
東大將に、明石大將に田總督に、内田總督に、伊澤總督」と5人の名を挙
げた。9年の短期間で5人とは、「人民の安心し得ない筈です」。ここから
も「臺灣統治の内容が分り、日本の政治家の、不用意の方針が分り、その
缺點、短所が分ると思う」。

やはり「大國を治むるは、細鮮を煮るが如し、しばしば、突つつき廻し、
こねくり返しては、なりません、じつと、落ち着いた、重厚、沈着の態度
を要します」。「日本人の、性急、せつかち」を排すべきだ。総督の「一
二年更代主義」は「民を惱ますもので」あり、「民を治むるもので」はな
いから、即刻改めるなければならない、と説く。

安東、明石、田、内田の4人の総督は「自治政を臺灣に與へた、臺灣の民
は幸福である、と、誇つて居る」。だが、いったい「どこに、その自治が
あるか、どこに、その幸福があるか」。

彼らは「その名を與へて、その實を與へない」ばかりか、「臺灣人にも、
人材登用の途を開き、内地人との間に、區別を設けず、相當の高地にも任
用し得させる」と表明したが、実は台湾人で「その高地に用ゐられた者
が、いく人ありますか、未だ有りません」。

かくて「巧言令色、一時を欺く者です、永久に民心を服せしむ所以ではあ
りません」となる。

田川の眼からすれば、1902年に在ロシア日本国公使館付き陸軍武官に着任
して後、ロシア反体制派への支援を通じロシア国内に対日戦争厭戦気分を
醸成させ、ドイツ皇帝ヴェルヘルム2世をして「満洲の日本軍20万人に匹
敵する戦果を挙げた」と言わしめた明石元次郎大将も、どうやら「巧言令
色、一時を欺く」総督の1人だったことになる。

田川は「到る先き先きで、租税が重いといふ、嘆きの聲、惱みの訴へを
聽」いた。調べてみると重いことは重いかもしれないが、台湾経営には必
要な額だ。税金というものに対する「歴史史的?教、訓練を經ない、この
民の間に」重税感があることは「必ずしも無理ではありますまい」。問題
は「官廳そのものゝ態度」にある。

台湾は「物産は豐富である、何も、かも、廉い、臺灣に生活する者は、内
地の生活に較べて、何割か、割安に、暮せませう」。にもかかわらず内地
に較べ官吏の俸給は高い。

それというのも「誰しも内地の勤務を希ふて、臺灣、朝鮮等、所謂植民地
の勤務を嫌がるからでせう」。では、なぜ「臺灣、朝鮮等、所謂植民地の
勤務を嫌がる」のだろうか。《QED》
            
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声  どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「日本人は二度と笑うことは無いだろう」
1 危機到来:これは戦前欧州を支配したヒトラーがユダヤ人に述べた言
葉のもじりだ。中朝露の国際危機が多発し、日本は追い詰められた。逃げ
場はない。北の核を軽視するものには「仔牛は虎を恐れない」がある。
「無知は罪、罰を受ける」もある。知らなかったではすまないということ
だ。3発目の原爆が待っている。

 2.対策:再軍備、核自衛しか無い。米国は核の身代わり被爆はしな
い。国防だけが日本人を裏切らない。

 3.再軍備の論理:憲法学者の西修先生によると、憲法は戦争を禁じて
いるが、それは侵略戦争の事だ。そこで自衛のために正規軍を持つ。これ
が現代イタリア方式の自衛論だ。これなら憲法改正は不要だから国民投票
も不要だ。すぐに正規軍を持てる。

 4.正規軍化とは:これは特例法で現在の自衛隊に、軍隊制度、すなわ
ち軍法、軍法会議、憲兵隊を設置することだ。これで警察予備隊は正規軍
になる。今の国会でも可能だ。

 5.再軍備目標:米国大統領補佐官のブレジンスキーは、半世紀前に、
すでに日本のミサイル潜水艦10隻体制、6割稼働、日豪同時核自衛を提唱
している。米国政府も北の核廃絶はあり得ないから、日豪の核自衛による
中朝露の核の相殺戦略が極東問題の唯一の解決と理解するだろう。すでに
米国の識者は気づいている。

6.国民の行動:危機と解決方法を広めたい。また政治的には自民党以外
に再軍備専門政党の立ち上げも考えられる。生存はすべてに優先する。
「結果が良ければ手段は正当化されてきた」(マキャベッリ)。
   (落合道夫)

  ♪
(読者の声2)「日本文化チャンネル桜」より番組のお知らせです。
番組名:「闘論!倒論!討論!2019 日本よ、今...」
 テーマ:経済討論「奈落へ?世界経済の行方」
放送予定:10月12日(土)夜公開
日本文化チャンネル桜、「YouTube」「ニコニコチャンネル」オフィシャ
ルサイト
インターネット放送So-TV
<パネリスト:50音順敬称略>
安藤裕(衆議院議員)、田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員)
藤和彦(経済産業研究所 上席研究員)、松田学(元衆議院議員)
三橋貴明(経世論研究所所長)、宮崎正弘(作家・評論家)、渡邉哲也
(経済評論家)
司会:水島総(日本文化チャンネル桜 代表)



       
━━━━━━━━━━━━
【変見自在】雄大の殺意 
━━━━━━━━━━━━

高山 正之  


「生(な)さぬ仲」とはお腹を痛めた子ではない、継母と継子という意味だ。

 大正期、柳川春葉(シュンヨウ)の同名のベストセラー小説がある。

 ハリウッド女優の珠江には日本に残した前夫との間に6歳の娘滋子がい
た。(成瀬監督映画版)

 引き取りに帰国すると娘は生さぬ仲の育ての親、眞砂子と貧しいながら
幸せに暮らしていた。

 実の娘と暮らしたい珠江。しかし娘は育ての母を慕って泣き暮らす。実
母は最後に決断し、全ての財産を眞砂子と娘に与えて独りロサンゼルスに
戻っていく。

 少なくとも娘は優しく理解ある二人の母に見守られて幸せになりまし
た、で話は終わる。

 戦前戦後、何度も映画化されたいい話だが、ではこれが生さぬ仲の男版
はどうなるか。つまり実の母子の家庭に男が転がり込んできた継父と継子
のケースだ。

 例えば大阪・東住吉区の小学校6年生、めぐみちゃんの場合。31歳の母
が29歳の男と一緒になった。

 生さぬ仲の義父は借金まみれだったが工面して娘のために1500万円
の生命保険をかけてくれた。

 めぐみちゃんを可愛がり、体を抱きしめて、時に性的に犯すこともあった。

 彼女が汚れた体を洗うために風呂に入っていたら火が出た。父母はすぐ
逃げ出したが、11歳少女は逃げ口もないまま焼け死んだ。

 父母は一旦は保険金詐欺と殺人の罪で収監されたが、再審無罪となっ
た。保険金も支払われたと聞く。

 生さぬ仲の継父と娘という関係では、父は豊かで幸せになれても凄惨過
ぎる最期しかなかった。

 あるいは埼玉の小学校4年生、遼佑君9歳。42歳の高校教員の母が10歳
年下の進藤悠介と再婚した。

 遼佑君は頭がいい。対して義父は大学は出たというけれどまともな働き
口もない。家でぶらぶらだからヒモにも見える。実の父親はやはり教職に
身を置き剣道の達人だった。

 生さぬ仲の新しい父は十分に見劣りがした。それで小4児童の首を絞め
た。腕力だけは継子よりあった。

 生さぬ仲の父が取る行動は動物界ではもっとはっきりしていると動物行
動学の竹内久美子は言う。

 例えば猿の群れ。最強の雄ボスが君臨し、雌猿がそれを囲む。強い遺伝
子を残すことは種の繁栄に繋がるから正しいことだ。

 しかしボスも老いる。ある日、もっと強く若い猿が挑戦しボスを倒す。

 新ボスには就任の儀式がある。雌猿が抱いている旧ボスの子らの喉を鋭
い牙で切り裂き殺していく。

 旧ボスの血筋を絶つ。自分の組織を守るための当然の殺しだが、儀式に
は別の意味がある。

 抱いていた子が殺された瞬間、雌猿は激しく発情して新ボスを迎え入れる。

 新ボスによって遼佑君が殺されたのも、めぐみちゃんが性的に虐待され
不慮の死を遂げたのも猿の行動学で十分に説明がつく。人間としては少し
寂しい。

 で、結愛(ゆあ)ちゃん事件だ。5歳の幼女は夜明け前に父親の船戸雄
大(34歳)に「サッカーボールを蹴るように横腹を蹴られて」(27歳の母
親の供述)起こされ、冷水シャワーをかけられ、震えながらきれいな文字
を書かされた。

 食事は父が「女の子が太ってはいけない」(同)と言って与えられな
かった。「もうおねがい ゆるしてください」と書いたノートを残して昨
年3月に衰弱死した。

 事件報道で、こんな残忍な父もいるのかと呆れたものだが、先日の初公
判を伝える新聞を見て仰天した。

 雄大は実は結愛ちゃんとは生さぬ仲の継父だった。雄大は継子だからと
言われぬよう躾けたと言う。

 それは嘘だ。生さぬ仲のこの父に殺意があったのはその行動で明らか
だ。猿の行動に最も近い。

 ただ雄大は猿より狡賢い。殺意を躾の言葉で包み隠し、それを空涙でぼ
やかす。

 罪名は保護者責任遺棄致死だが、むしろ悪意ある殺人、謀殺とすべきだ。

 それにしてもなぜ新聞は「生さぬ仲」を大きく報じなかったのか。事件
の様相はそれで大きく変わる。



出典:『週刊新潮』 2019年10月17日菊見月増大号 【変見自在】雄大の殺意

著者:高山 正之

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

松本市 久保田 康文 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



━━━━━━━━━━━━━
「お陰様」と「おもてなし」
━━━━━━━━━━━━━


■1.「これを見て貰う以上に、言うべき言葉はない」

 オリンピックやサッカー・ワールドカップと並んで、世界三大スポー
ツ・イベントとされるラグビー・ワールドカップが始まった。国内各地で
各国選手を迎える歓迎ぶりが、世界で反響を呼んでいる。

 日本代表との壮行試合に41−7で勝利した南アフリカ代表は、次なる
キャンプ地、鹿児島市へ。公開練習に約5000人も観客が詰めかけ、メディ
ア関係者のMatt Pearce氏はその光景をピッチから撮影し、ツイッターで
こう発信した。[1]

__________
 鹿児島での公開練習で大変な群衆。熱く、惜しみない歓迎が続く。天気
と同じくらい熱い!(拙訳)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ウェールズ代表がキャンプする北九州の商店街ではチーム旗が飾られ、
「ウェールズ代表を応援しよう」と書いた幟(のぼり)が立てられた。小
倉城天守閣はチームカラーの赤でライトアップされて、選手からも「ファ
ンタスティック」などの感激コメントが寄せられた。9月16日のミクニ
ワールドスタジアム北九州での初の公開練習では開場以来最多の1万
5300人の観客が集まった。

 さらなるサプライズは、選手がグランドに出てくる際に、観客がウェー
ルズ国歌「Land of My Fathers」(「父祖の土地」)を斉唱して迎えたこ
とだ。続いて応援歌でもある賛美歌「Calon Lan」。チームの公式ツイッ
ターではその光景をビデオで撮って、「これを見てもらう以上に、言うべ
き言葉はない」と感激を伝えた。

 各国代表をその国の国歌で迎えるのは、ラグビー元日本代表主将・廣瀬
俊朗氏の発案で、出場20カ国のカナ付き歌詞カードが公開された。廣瀬
さんは「きちんとその国の言葉で話ができなくても、その国のアンセム
(国歌)を歌えば心が通じる」と語っている。[2]

 その言葉通り、元代表キャプテンのライアン・ジョーンズ氏は公開練習
後、「これまでのラグビーキャリアでこのような経験をしたことは一度も
なかった」とメディアに感動を伝えた。

 それにしてもなぜ、日本人はこれほど「おもてなし」に心を籠めるのだ
ろうか? 海外からの賓客を歓迎するのは、どこの国民でもするが、その
際の心の籠め方が、日本人の場合はレベルが違うように思う。それが外国
人を感激させるのである。


■2.「おもてなし」と「サービス」の違い

 山村明義氏の近著『日本人はなぜ外国人に「神道」を説明できないの
か』[3]で、日本のおもてなしと欧米のサービスとの違いをこう述べている。

__________
欧米のキリスト教社会の「サービス」は、「私」と「あなた」、つまり個
人と個人の関係をハッキリさせた上での「行為」です。 一方、「おもて
なし」は、「私」が「あなた」に「成りかわる」ことによって相手への好
意を表す日本独自の「好意」なのです。
・・・〈「私」と「あなた」は違う〉という視点に立つのが「サービス」
で、〈「私」と「あなた」は同じです〉という視点に立つのが「おもてな
し」なのです。[3, 20]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 相手国の国歌を斉唱するのは、まさに相手の身に「成り代わって」相手
が喜ぶことを行い、相手が喜べば自分もまた喜ぶ、という相手との一体感
が、「おもてなし」の基本のようだ。この発想は神道から来ている、と山
村氏は指摘する。


■3.「お客様は神様です」

 「お客様は神様です」とは演歌歌手・三波春夫の口癖だったが、神道に
おいてはこれは譬喩ではない。日本の神様は時々遠方からやってくる「お
客様」であった。『神道大事典』はこう解説している。

__________
 奈良時代に神社が成立することによって、神社に神体が安置され、神が
常住するという考えが現れてきたが、それ以前は祭儀にあたって山や海の
彼方といった他界から神を招き降ろし、祭儀が済めば神を送るのがつねで
あった。・・・
 山や海の彼方の他界から訪れ、穀物の豊穣や幸福をもたらし、また戒め
を与えて、人々の生活を安泰にすると信じられている。[4, p94]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 民族学、国文学の大家であり、神道家であった折口信夫は、このような
神を「まれびと」と呼んだ。「希(まれ)」にしか来ないからである。菅
野覚明・皇學館大学神道学科教授は、次のように解説している。

__________
神さまは第一義的にはお客さまなのであるから、当然のことながら丁重に
おもてなしをし、上機嫌でお帰りいただくのが神さまとのつき合い方のイ
ロハである。神さまは客であり、人と神との交流は基本的に接待である。
この接待のことを、お祭り(祭祀)と呼ぶ。
お祭りに酒やごちそうがつきものなのも、祭祀が接待であるということと
関係している。祭りは接待の宴会である。というより、今日の日本人の接
待文化や宴会好きの起源が、そうした神さまのお祭りにあるといってもよ
いのである。[5, 62]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■4.荒魂と和魂

 観客として、遠方からやってきた外国の選手と一体感を持っておもてな
しをするのは良いが、自国の選手と試合をする場合はどうなのか。試合に
は敵味方があり、勝敗がある。これでは相手との一体感を保てないのでは
ないか、と疑問が湧くが、山村氏は名著『神道と日本人』の中で、こう説
明する。

__________
武道や神道では人間の「魂」は、その時々によって、姿かたちをかえる、
とされている。人が怒ったとき、あるいは戦うときの魂が「荒魂(あらみ
たま)」であり、その一方で、普段の柔和な生活を送っているときの魂
は、「和魂(にぎみたま)」と呼ばれる。[6, p143]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 相手チームを迎える時は「和魂」で相手と一体となり、心を込めた「お
もてなし」をするが、いざ試合になると「荒魂」を振るい起こして、全力
を尽くさなければならない。「闘魂」とか「敢闘精神」とか「一球入魂」
などというのは、この類いであろう。しかし、神道では、勝負が終わった
ら「荒魂」から「和魂」に戻さねばならないと教える。

__________
 神道や武道では、「荒魂」を呼び出すことを「振る魂」といい、「和
魂」に戻すことを「魂鎮(たましず)め」と呼ぶが、日本の神道では、こ
の双方を合わせて「鎮魂(法)」と呼ばれている。[6, p143]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 山村氏は明治神宮武道場「至誠館」の第三代館長・荒谷卓(あらや・た
かし)氏の次の言葉を紹介している。荒谷氏は陸上自衛隊では初めての
「日本版の特殊部隊」と呼ばれた「特殊作戦群」の初代群長を務め、鹿島
の太刀、合気道六段の武道の達人でもある。

__________
戦場に慣れてしまうと、普段の生活に戻れず、戦場を転々として歩く。あ
るいは逆に、荒魂を呼び出せずに、恐怖に怯えて精神病になる人もいる。
必要なときには荒魂のはたらきを強くし、不必要なときには和魂で暮ら
す。本当のプロの軍人とは、そういう"魂の管理"ができる人たちです。
[6, p144]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ラグビーでも「ノーサイド」と言われる。戦い終えたら、敵味方はな
く、同じ仲間だ、という意味である。ラグビーはイギリス発祥の紳士のス
ポーツだが、イギリスの紳士階級は日本でいえば武士階級である。戦士と
しての振る舞いの理想を追求した騎士道と武士道が、同様の結論に辿り着
いたのも偶然ではないだろう。

 荒谷氏は、武道に関してもこう続ける。

__________
(武道の)試合が終わったあと、荒魂と和魂をちゃんと入れ替えて、それ
からまた協和状態に戻る。日本の武道では勝者にこそ、この精神が必要で
す。(スポーツなら許される)ガッツポーズが、日本の武道ではなぜ見苦
しいのか、というと、興奮を収められない人は、気鎮め(鎮魂)が出来な
い、ということを意味しているからです。[6, p145]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 和魂に戻らなければならないのは、試合の後には相手との和合で終わる
のが武道の理想だからだ。山村氏は語る。

__________
 武道を突き詰めて行くと、単に相手を倒す、あるいは負かすことを考え
がちですが、本当は自分が相手を包容し、調和と融合の世界にコントロー
ル(制御)して、相手に対して事を収めて終わる──ということに尽きま
す。[3, 283]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 この「調和と融合の世界」は、まさしく「おもてなし」の目指す所でも
ある。


■5.スポーツ選手はなぜ神社に参拝するのか

 スポーツ選手で神社に参拝する人は少なくない。愛知県大府市の「八つ
屋神神社」は女子レスリングの吉田沙保里選手がずっと通っており、男女
のレスリング選手の「金メダル神社」と呼ばれている。箱根の「九頭龍神
社」は「水の神様」を祀っており、水泳の萩野公介選手らが参拝した。男
子体操の内村航平選手も自分の住む地域の「草加(そうか)神社」によく
参拝していた。

 スポーツ選手が神社に参拝するのは「神頼み」なのだろうか? 山村氏
はその効用を次のように説明する。

__________
その人が参拝する神社では、自分のやり遂げたいと願う計画や目標につい
ても、神様の前で誓います。それが上手く行けば、今度は神様に感謝をし
ながら報告し、ときには「お祭り」を行います。まず自分が生かされてい
ること、あるいは努力できる環境にいることに「感謝」をしながら、神様
にまた祈るわけです。
 そうすると、今後は頑張って実践して行くうちに、ある程度の「成果」
が生まれ、自分がやっていることに対して自信や誇りがついて来ます。・・・
 そして自分に自信と誇りができると、また頑張ることができます。それ
を繰り返していくうちに、自分の目標は達成され、大きな成果を上げるこ
とができることになります。[3, 216]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 神社に参拝する時には、「金メダルをとらせて下さい」などと結果を神
様に頼むのではない。まず自分で「こういう目標に挑戦します」という
「誓い」を立てる。その目標に向けて練習に励み、その結果がある程度出
れば、神様に「感謝」する。結果が出なくとも、努力ができる環境に生か
されていることに感謝する。

 こういう誓いや感謝など、前向きの心持ちでいることで、自分の実力が
向上していく。


■6.神社参拝のPDCA

 興味深いのは、山村氏は神社参拝の効用を、経営学で用いられる
「PDCAサイクル」で説明していることだ。これはPlan(計画)-Do(実
行)-Check(評価、問題点の把握)-Act(問題点の改善)で、このサイクルで
自分の問題点を改善しつつ、次のより高いレベルのサイクルに移行すると
いう経営概念である。これを神社参拝に当てはめて、山村氏は次のように
説明する。

__________
日本人の神社での行いに置き換えてご覧になればわかることだと思います
が、「P」は目標への「祈り」や「誓い」、「D」は自らの「努力」と
「実践」、「C」は神様(上司)への「相談」と「報告」、あるいは「決
済」、「A」は「改善」と「実行」による最終的な「成果」や「勝利」と
いうわけです。[3, 242]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 山村氏の説明になぞらえると、神社参拝のPDCAとは次のように言い換え
ることができるだろう。

 Pray: 祈り Do: 実践 Consul: 相談 Appreciate: 感謝

 これは単なる語呂合わせではなく、「人間の意欲的な目標設定と、事実
に基づく合理的な反省こそが、進歩を生む」という人間心理の働きを現代
経営学は活用しているのだが、それを日本人は大昔から神社参拝で実行し
てきた、という事なのである。


■7.「お陰様」

 我々が普通、神社に参拝する時は、家内安全、無病息災、受験合格、商
売繁盛など、自分の生活での「現世利益」を神様にお願いすることがほと
んどだろう。それはそれで良いし、現実に神社でも「交通安全」など各種
のお守りが売られている。それは我々が自分自身の力を超えた神様がいる
ことを信じ、神への畏敬の念を抱いているからだ。

 一方、神主が祝詞(のりと)は神様に感謝することが基本だと、國學院
大學神道学専攻科で祝詞(のりと)の講師を務めている金子善光宮司(神
奈川県川崎市の中野島稲荷神社など七社)は教えている。

__________
昔の祝詞を見ると、あまり願い事をいっていません。なぜいっていないか
というと、やはり昔の日本人には"お陰様″という気持ちの方が強かったか
らだと思います。それは、昔は共同体全体が、"お陰様″という意識で神様
に向かっていたからだと思うのです。[6, p26]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 日本人にとって神様は「お陰様」と感謝する対象であり、また「まれび
と」としてやってきた神様には、心を込めて「おもてなし」をする。そう
いう時の人間の心は利己心から離れて、清く明るい心持ちになる。そうい
う生き方を我々の先祖は大切にしてきたのである。ご先祖様たちは、それ
が幸福への近道である事を知っていたのだ。
(文責 伊勢雅臣)



━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◎この故森山助役絡みの件でテレビも新聞も知らん顔で大騒ぎをして見せていましたが、同和ということが関連しているとは早くから知られていたと思うのです。今週になって一部の週刊誌も同和絡みだと報じるようになりました。私が理解できないのは枝野が代表質問でこの件に触れて関電の役員を国会に呼べと主張していたことです。一党の代表足る者がこの件の詳細を知らぬはずがないと思うのです。

私も大阪支店勤務の経験もあり、この一件の容易ならざる事くらいは承知しております。扱いを誤った企業の実例にも出会っていました。枝野は何故あのようなことを国会で言い出したのでしょうか。自分が何を言っているのかが解っていないのでしょうか。国民がそういうことだと知らないとでも思っているのでしょうか。ご見解をお聞かせください。よろしくお願い申し上げます。前田正晶

◎世界には色々と厄介なことが起きているようで:前田正晶

トランプ大統領を弾劾しよう:

アメリカの民主党は何故あのような「ミッション・インパサブル」(敢え
て原語に近いカタカナ表記にしてみた)のような弾劾(の調査の開始)を
言い出したのだろうかと訝っている。アメリカ政治の素人の私か考えて
も、上院で相当数の共和党の議員が造反しない限りは無理な相談だと分か
りきった話だと解る。それにしてもトランプ大統領は現時点ではウクライ
ナにまで手を伸ばすような無理筋を押さずとも再選される確率は高いよう
に見えるのに、前回のロシア疑惑に続いて寝た子を敢えて起こすような事
を何でするのかなと考えさせられてしまう。

私はウクライナ問題よりも何よりもトランプ大統領が心を砕くるべき案
件が、外交面にあるのではと思っている。中国との貿易問題は関税賦課合
戦では現時点まででは貿易赤字を劇的に減らすほどの効果を発揮していな
いように見えるし、DPRKとの交渉も全世界が期待したほどには進展してい
ないとしか見えてこない。私には「ICBMを打たず、核実験さえ為なければ
良い」といったような言質を金正恩委員長に与えて(たのだろう)しまっ
た為に、実際は我が国にも韓国にとっても危険な短距離弾を頻繁に発射さ
せてしまっているようだ。

「この状況は決して芳しくありません。可及的速やかに是正為さる方が
宜しいでしょう」と直言できそうな人は、全世界でも安倍総理しかいない
だろう。DPRK側はトランプ大統領与し易しと見ているか、来たるべき選挙
とウクライナ問題で手一杯と読んで付け込んでいるのではないかと見えて
仕方がない。

文在寅大統領と曽国法務部長官:

櫻井よしこさんは「我が国のマスコミは報じないが、反文在寅大統領のデ
モに参加した人数は、嘗ての朴槿恵大統領を罷免せよとのロウソクデモの
数を超えていた」と指摘していた。だが、曽国長官を降ろせとのデモの件
は私もテレビで観ている。文大統領の支持率も就任以来最低の落ち込んだ
とも報じられている。だが、テレビに登場される専門家の方々で曽国長官
を罷免するだろうと言われる方はいない。文政権が倒れるだろうとの予測
もない。私は文大統領は危機感を覚えれば覚えるほど、半日と抗日の姿勢
を崩さないだろうと思って見ている。それは崩せば彼の存在意義も価値も
消滅することが歴然としているから。

専門家の間では、あの我が国との間柄を決定的に悪化させた大法院の判
決は覆ることがないどころか、あの弁護団は差し押さえた我が国の大手企
業の資産の換金に走るだろうとの意見が多い。それを何としても阻止する
為には首脳会談が是非とも必要だとも意見がある。だが、文在寅大統領は
10月22日の式典には来日しないと発表されている。一部には本当に換金さ
れたら我が国にも重大な決意があるとかいう報道もあったが、その前に阻
止する手段を講じてほしいものだ。だが、韓国はGSOMIAは失効する11月22
日前には軍事情報を交換できるなどという鉄面皮振りだ。我が政府府もよ
り積極的に行動する手段を編み出してほしいものだ。

イラン問題:

と言うよりは、ホルムズ海峡の件と言うべきかも知れない。この件が全世
界にあらためて知らしめたことは「世界最新鋭の兵器などを敢えて使うま
でもなくドローンを巧みに活用すれば、レーダー網などは簡単に掻い潜っ
て何処でも攻撃できる」と、イランなのか何処か知らないがサウジアラビ
アの石油生産設備を攻撃して実証してしまった。恐ろしい時代になったと
思うが、その前に私が痛感したことは「人類の英知は素晴らしいが、その
素晴らしさ時として途方もない逆効果を生じるものだ」ということだった。

誰にでも予め分っていただろうが、ドローンにはあのような使い方があっ
たのだった。私にはトランプ様が日頃からの主張通りにイランとの合意か
ら脱退された為に、イランとの関係が悪化して、ホルムズ海峡の航行の安
全の問題が生じたかと思えば、サウジを何処かの国が攻撃して見せたので
ある。そのドローンの世界最大の生産国は中国だというではないか。厄介
なことの火種は世界中何処に行ってもあるような時代になってしまったよ
うだ。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

10日の東京湾岸は久し振りに快晴、爽快。

腸炎のため入院していた義兄が9日、退院した。


読者:6003人




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/10/10

    ◎この故森山助役絡みの件でテレビも新聞も知らん顔で大騒ぎをして見せていましたが、同和ということが関連しているとは早くから知られていたと思うのです。今週になって一部の週刊誌も同和絡みだと報じるようになりました。私が理解できないのは枝野が代表質問でこの件に触れて関電の役員を国会に呼べと主張していたことです。一党の代表足る者がこの件の詳細を知らぬはずがないと思うのです。

    >枝野は知らないんだ。

    https://www.youtube.com/watch?v=6h6s3SXFmvs