政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5190 号  2019・10・7(月)

2019/10/07


□■■□──────────────────────────□■■□
 わたなべ りやうじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5190号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
       2019(令和元年)年 10月7日(月)



雀庵の「西洋が席巻するアジア・台湾」:“シーチン”修一 2.0

        香港、ほぼ無政府状態、都市機能麻痺:宮崎正弘    
      元共同通信ソウル特派員、青木理氏は大活躍:和田憲治     
        

                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記

         御意見・御感想は:ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
        下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/
    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━
雀庵の「西洋が席巻するアジア・台湾」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


       “シーチン”修一 2.0

【Anne G. of Red Gables/32(2019/10/6)】産経10/3「日本国籍確認求め
台湾人3人が国を提訴へ、大阪地裁」は画期的な展開になるかもしれない。

<日本統治下の台湾で生まれ育ちながら、戦後に日本国籍を喪失したとさ
れるのは不当として、台湾人の男性3人が近く、日本政府に日本国籍を有
していることの確認を求める訴訟を大阪地裁に起こすことが3日、関係者
への取材で分かった。代理人弁護士によると、日本統治時代の台湾にルー
ツを持つ人が、現在も日本国籍を持つことの確認を求める訴訟提起は初め
てという。

訴状や関係者などによると、原告は楊馥成(ようふくせい)さん
(97)、許華杞(きょかき)さん(85)、林余立(りんよりつ)さん
(92)の3人。いずれも日本の領土だった台湾で生まれ、戦中も台湾出身
の日本人として過ごした。

日本政府は、昭和27年4月のサンフランシスコ平和条約発効をもって台湾
などの領土権を放棄。また37年12月の最高裁判例は、27年8月の日本と中
華民国(台湾)との間の日華平和条約発効により、台湾系日本人は日本籍
を喪失した、としている

原告側は「何人もほしいままに国籍を奪われない」とした国連の世界人
権宣言などに照らし、「本人の同意なしに国籍を剥奪されることはない」
と主張。「今も生まれたときと変わらない日本人であり、日本国籍を持ち
続けているといわざるを得ない」と訴えている。

原告側代理人の徳永信一弁護士(大阪弁護士会)は「これまで国は戦
後、中国との関係に遠慮して台湾の現実に目をそむけ続けてきた。今回の
訴訟は切実な人権問題。日本人のアイデンティティーを持つ人の声に真摯
に耳を傾けるべきだ」と話している>

産経は翌10/4ではこうフォローしている。

<日本国籍の確認求め提訴、統治下台湾生まれの3人

日本統治下の台湾で生まれ育ちながら、戦後に日本国籍を喪失したとさ
れるのは不当として、台湾人の男性3人が4日、日本国籍があることの確認
を国に求める訴訟を、大阪地裁に起こした。

法務省民事局は「何もお答えできません」としている>

こういうことだろう。

ある日、日本のどこかの○○島が異国に襲われ占拠され、日本は反撃した
ものの、その近くの無人島に核ミサイル弾を落とされ「次は首都に落とす
ぞ」と脅かされ、「仕方がない」とその○○島を放棄し、侵略国に実効支配
され、事実上異国の領土になり、やがて国交条約を結んだ。島民は与り知
らないところで日本国籍を奪われ、「それはあんまりだ、我々は日本人
だ」と主張している。

小生は上記の訴訟は了解できる。いつもは「人権、不法だ」と噛みつく
リベラル≒アカモドキの人々は何も言わない、まるで「人絹、ナイ論」だ。

現実に被害者がいる、それを「法の不遡及」「国際条約は国法より上
位」だからと知らんぷりする、それはあまりにインモラルじゃないです
か?「その当時は他に手がなかったのだ」と言うのなら、今「手がある」
のなら助けるのが当然じゃないですか?と思う。

それとも大国のカネが欲しいから大国の機嫌を損ねることはできないと
いうのだろうか。そういう軟弱国は歴史に淘汰されるのだ。

本題に入ろう。1500年代からの「大航海時代」の荒波は世界中を席巻し
たが、アジアも西洋文明国の干渉というか餌食になっていく。初めは「ト
モダチ」「ウィンウィン」「シエン」という甘言で接触してくるのが多い。

<江戸幕府の鎖国が始まる前、戦国時代の1500年代から「朱印船貿易」が
始まる。日本の支配者の朱印状(海外渡航許可証)を得て、海外交易を行
うもので、朱印状を携帯する日本船は、当時日本と外交関係があったポル
トガル、オランダや東南アジア諸国の支配者の保護を受けることができた。

倭寇と違って朱印船は公的な貿易。1500年代後半になるとポルトガル船
が日本に来航するようになって海外への関心が高まり、東南アジア方面に
まで進出する日本人も現れた。

近世ではじめに統一政権を樹立した秀吉は日本人の海外交易を統制し、倭
寇を禁圧する必要から、1592年に初めて朱印状を発行してマニラ、アユタ
ヤ、パタニになどに朱印船を派遣したとされる。

関ヶ原の戦いで全国統一した家康は海外交易に熱心で、1600年、豊後の
海岸に漂着したオランダ船の航海士ウィリアム・アダムスやヤン・ヨース
テンらを外交顧問として採用し、ガレオン船を建造させたほどである。
1601年以降、安南、スペイン領マニラ、カンボジア、シャム、パタニなど
の東南アジア諸国に使者を派遣して外交関係を樹立し、1604年に朱印船制
度を実施した。

これ以後、1635年まで350隻以上の日本船が朱印状を得て海外に渡航した。

朱印船は必ず長崎から出航し、帰港するのも長崎であった。なお、明は日
本船の来航を禁止していたので、(ポルトガル居留地マカオを除けば)朱
印船渡航先とはならず、朝鮮との交易も対馬藩に一任されていたので、朱
印状は発行されなかった>(WIKI)

海外へ雄飛した呂宋(ルソン)助左衛門や、タイの日本人町を拠点にし
た山田長政は有名だ。

朱印船は、当時ゼーランジャ城を拠点にオランダが支配していた台湾に
も行っている。日本は明国と敵対関係にあったが、主に支那産の生糸を台
湾など第三国経由で輸入していた。一方で日本からの輸出品は金、銀など
だった。

(今でいう「せどり」とか「海上取引」もあったろう。奄美の義父は戦
後、米国領になった沖縄と「せどり」で缶詰など食糧や多分、人気のタバ
コなどを密輸入し、起業の原資を作った。父も米軍基地の警備員でありな
がらフェンス越しにラッキーストライクを投げ出すという「せどり」で起
業の原資を作った。そういう時代った)

西洋列強も日本もタイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、支那、
マレーなどと交易した。

オランダは明との澎湖島争奪紛争で停戦協定を結び、それに従って1624
年に台湾に上陸、主に交易のための拠点としてゼーランジャ城を建て始め
る。高砂族は「新文化をもたらす人々」と見てオランダに友好的、協力的
だったが、艱難辛苦の末にどうにか定住できた支那移住民数千人は不幸を
直感したという。

<これまで台湾は自由の新天地であった。移住民は自分の危険負担にお
いて開墾を始め、狩猟漁労に従事し、高砂族と交易し、日本人と取引して
利益を上げることができた。

貧苦と戦乱の大陸では到底望むべくもない自由人としての生き甲斐ある
生活であった>(王育徳「台湾」)

ここに最新武器をもってオランダが割り込んできたのだから「血で血を
洗う縄張り争い」を嫌というほど知っている支那人がオランダ人を警戒す
るのは当然だろう。オランダ人もそれを知っていた。(白人がインディア
ンをビー玉で騙してNYCマンハッタン島を詐取したことは世界中で知られ
ていたのかも)

<「我々オランダ人が台湾に入った時、漢人は我々を喜ばず、友誼を建
てることができなかった。漢人は蛮人を先導して特産品の貿易統制に反対
した。

大陸から毎年、約百隻のジャンク船が来て、漁業に従事する他に、鹿の
干し肉などの特産品を持ち帰っていた」(オランダの公的記録「バタビヤ
日記」)

相互不信は溶解しない。

オランダ人が恐れたのは、数においてはるかに少ない日本人勢力だっ
た。オランダ人は台湾に入るや、日本船を含めてあらゆる船に関税をかけ
た。中国船は砲台の威嚇の前に屈したが、日本船は自分らの優先権を主張
して譲らなかった。

双方対立し険悪となった。平戸のオランダ商館は(独占的で優利なおい
しい)対日貿易に影響が及ぶことを恐れ、オランダ総督(バタビヤ=ジャ
カルタ)に和解を進言したが、ついに浜田弥兵兵衛のオランダ長官ノイツ
襲撃事件となって爆発した。

浜田のバックは長崎代官末松平蔵であり、幕府の信任熱かった。

事件は日本の対オランダ断交にまで発展し、オランダ総督は和を乞うた
めにノイツに責任を帰し、犯罪人として日本側に引き渡さざるを得なかっ
た>(同)

うーん、宮仕えは辛いものがある。いつもは紳士的な公務員の従兄弟
が、酒の席では鯨飲馬食で、かつ小生も驚く行儀の悪さだったが、ストレ
スは相当なものなのだろう。ノイツの運命は如何に。

それにしても浜田、末松は相当な根性マンだ。興味は尽きない。

発狂亭“無謀にも「Pippa Passes」全訳決意、死屍累々、遭難必至”雀庵
の病棟日記から。

【措置入院 精神病棟の日々(149)2017/1/15】産経「ノジマ(富士通
の)ニフティ買収へ」。盛者必衰、所行無常の理・・・日本のネット普及
はニフティが先導していたが、状況の変化を先読みして変わっていかない
とサバイバル戦から落後する。

坂本鉄男「イタリア便り」、食肉消費量/年で日本人28.4キロ、イタリア
人76.3キロ・・・まあ太るわな。「日本ではイノシシやシカの農作物被害
が増大しているが、猪鹿の肉は料理でもハムでもうまい。研究の余地あり
だ」。既存の畜産農家を敵に回すから政治家は腰を上げそうない。猟友会
と組んでやればどうにかなりそうだが、明治天皇や徳川“豚慶”様など上つ
方がまずはお召し上がりにならないと下々はなかなか手を出さない。「ジ
ビエの日」とか・・・まずはペットフードで売り出したらいいかな。

「中国の政権転覆罪、文革後最悪の3000件」、政権転覆1日8件、暴動1日
800件・・・まるで革命、内乱だ。そのうち激しくハゼルだろう。治安維
持費が国防費を上回るというから、社会保障に回る金が足りない→治安悪
化の負の連鎖か。奢れるもの久しからず。(つづく)20


━━━━━━━━━━━━━━━━━
香港、ほぼ無政府状態、都市機能麻痺
━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)10月6日(日曜日)弐
         通算第6222号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
香港、ほぼ無政府状態、都市機能麻痺。明日からゼネストへ
  3300台のATMが破壊され、商店は休業、地下鉄は全線が停まった
*********************************

香港政庁の覆面禁止法(禁蒙面法)に反発した香港市民は、10月3日午
後から5日未明にかけて、各地で抗議活動が展開され、香港は「半分無政
府状態」(林鄭行政長官)に陥った。

デモ行進に参加した人々は意図的に目立つマスク、それもハロウィンか
ら、仮面舞踏会の出で立ちもいれば、なかにはKKKの白頭巾。多彩である。

平和行進に武闘派が混入し、恒例の暴力的破壊活動が始まると、やおら警
察が駆けつけ、いつものような激突になる。

それでも中国共産党系メディアを除いて、市民は武闘派をまだ容認している。

商店の略奪、銀行強盗だけは起きていない。

武装集団にも最低限度の秩序は維持されている。しかし10月4日までに中
国銀行、中国建設銀行などのATM(自動現金支払機)の3300台が破
壊された。機械に用意されていた香港ドル通貨の合計は、HKMA(香港
通貨管理局)の推計で「通貨供給量の5%」に相当するという。

いかに香港人がスマホ決済とはいえ、消費に支障が出るのは必然的である。

国際空港と香港島を結ぶ快速線(エアポート・エキスプレス)を除き、香
港の地下鉄は10月4日夕刻から全線が停まった。未曾有の事態である。

多くの駅が襲撃され、改札、券売機、監視カメラが破壊されたばかりか、
構内のあちこちが放火され、また一部の地下鉄軌道に投石があった。駅の
入口には「駆逐共党」(中国共産党を追い出せ)と大きな落書き。バスは
超満員となって、抗議行動に参加した若者らは、夜中に歩いて帰宅する仕
儀となり、道路が通行人で溢れた。東日本大震災のときのような帰宅難民
が出た。

これまで抗議行動が確認されていなかった石門、上水、太古などの駅舎も
被害を受けた。駅構内の商店も鉄パイプなどで破壊された。上水ではベー
カリー、薬局、中国モバイル販売店などが破壊され、近くのスーパーでは
デモ隊の食糧調達などで食品売り場は空になった。

高級住宅地のある西湾あたりでもスタバ珈琲の窓ガラスに黒いスプレーの
落書きがあった。これまで静かだった地区にも騒擾が拡がったのだ。

チムサーチョイではフェリー埠頭からネイザン通りまで「人間の鎖」がつ
くられた。また名門「香港大学」など有名高校が集中する西環地区でも抗
議活動が行われた。日頃、抗議行動を冷ややかに見下ろしてきたエリート
層の街、近くには中国の事実上の大使館「新華社」ビルが建っていて、以
前には生卵がぶつけられた。


▲東京に置きかえれば永田町―霞ヶ関が痲痺、新宿が騒乱状態

この無政府状態を日本に置き換えて考えてみるとよくわかる。

霞ヶ関から永田町、丸の内が香港では金鐘、中環であり、デモ隊が埋め尽
くし、地下鉄駅が破壊されたことになる。中枢が痲痺するのだ。ついでチ
ムサーチョイのフェリー乗り場からネイザン通りにかけて人間の鎖が展開
されたという意味は、新宿一帯が騒擾の坩堝と化したのであり、旺角から
太子にかけての警察署襲撃、道路封鎖、商店破壊は、下町の浅草から上野
にかけて大混乱となっている状況を想像されたい。

元朗、屯門、上水の乱闘騒ぎは東京郊外の団地のあちこちで警察と衝突事
件。学園都市も痲痺したことになる。

国際社会は民主主義の崩壊を危惧するなどと声明だけ発表して静観を決め
込んでいるが、香港に乗り入れている航空会社は、空前のダンピング販売
を始めた。香港のフラッグキャリアにあたるキャセイ航空は12%の売り
上げ減。香港ロス往復は300ドル台。バンコックは140ドル。香港の
一流ホテルも四割引に加えて館内スパ無料券をつけている。
それなら、香港へ行きますか? 交通が痲痺し、いつデモと警察の乱闘に
巻き込まれるかも知れない場所に?

抗議集会はあちこちで繰り広げられており、統一された司令部がないもの
の、10月7日、8日は香港全党のゼネストが呼びかけられている。まさ
に無政府状態!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1966回】               
 ――「臺灣の事、思ひ來れば、感慨無量・・・」――田川(3)
田川大吉郎『臺灣訪問の記』(白揚社 大正14年)

        △

田川は人々の生活を豊かにしている「日本三十年の努力」の成果を喜ぶも
のの、「日本人が、入り込んだゝめに、臺灣人が、贅澤に、華美に、遊惰
になつたとは、謂はれたくないものであります」と付け加える。

次いで田川は東京留学経験を持ち30年ほどの付き合いのある台湾人商人を
訪ね、日本による「三十年來の治政の變遷に就て」、忌憚のない意見を聞
き出そうとする。だが、相手は「流石に世故に練れて居られる」から、そ
う容易くは腹の内を見せない。

台湾人商人は日本による統治を3期に分けていた。「第一期は領臺の初め
より三十五六年まで、第二期は、三十六年頃より四十一年まで、第三期
は、四十一年より今日まで」で、「第一期の當局者は、いづれも、誠實に
事に當られたように感ずる、誠意が、よく認められた、第二期に至つて、
それはやゝ變じた、第三期に至つて、又變じた」と語った後、「私はたゞ
申します、第一期の頃の當局者の態度を思ふて、追慕の情に堪へませぬ」
と。この時、「彼の面色には、やゝ、悵然たるものがありました」。

生真面目で、成功者で、「?代の總督等に、相當の恩顧を蒙つた者」の
「面色」に現れた「悵然たるもの」から、田川は台湾統治の実相の一端を
読み取ったようだ。

彼を含む多くの台湾人に、「領臺以來、財を成した者は、幾人、その方法
は、何であつたらうか」と問うたところ、「この問に對する、臺灣人の答
へは、大概一致してゐました、曰く、その一人は、辜顯榮、その二は陳中
和、その三は顔有年と」。

財産を築いた方法を見ると、「辜顯榮は、御用商人、彼は、樟腦の專賣事
業に關係は無いが、その他の阿片にも、鹽にも煙草にも總て專賣事業に關
係がある」。陳中和は「なにがし貿易商人の小僧」から身を起こし、「砂
糖商人として財を成した」という立志伝中の人。顔有年は生まれ育った基
隆北部の「石炭等に由つて富を得た」。「赤手にして、奮進し、遂に今日
ある所に徴するすれば」、こちらも苦労人のようだ。

以上3人の企業家としての足跡や現状、さらに台湾経済の実態を知ったこ
とから、台湾では「財を成した人が、頗る少い、又その高も、あまり多く
ない」と見た。

そこで「臺灣の富は、概して内地人に領掠し去られて居るとの説は、此の
邊から起るのか」と疑問を持つが、日本による台湾経営によって「民間の
少資者、寧ろ無産階級」の間に「兎も角も、多大な富が放散せられ、彼等
の生活状態は、多少なり、改善さるゝに至つたでせう」と前向きに評価も
する。

「或所の歡迎會の席上」で、参加者の間から次の意見を聞いた。

「日本の天子は、一視同仁の思召を以て、この島民を撫育してゐ給ふ、然
しながら、臺灣の官僚は、差別を設けて、吾々に臨んで居る」。「陛下の
思召は、吾々の間に徹底してゐない」ところに、「臺灣島民の不幸」があ
る。内地から送り出された「有り難い思召の荷は抜き取られ、中身は缺け
てゐた」。

それということは「中途で誰かが胡魔化したのであらう、誰が胡魔化した
か、官僚であるかも知れない」。彼ら官僚は「自家の功名、?榮、權勢を
誇らんために、いつか、この尊い、有り難い、一視同仁の思召を、抜き荷
して居るのであらうか」と――


そこで田川は、「これを以て、臺灣人全體の感じと思ふのは、誤りである
かも知れ」ないが、決して特定の「少數者の感じに過ぎないと斷言」する
こともできない、と感じた。

日本の半世紀に及んだ台湾統治を暗黒・残虐・搾取だなどと捉え悦に入っ
ているトンチンカンな「リベラル・左翼人道主義者」がいる。
この種のバカは軽シテ遠避ケルに限る。だが「一視同仁の思召を、抜き荷
し」た不埒なヤツは許すわけには・・・イカネエ。《QED》
            
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声  どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)不思議に思うのですが、というより米国政治とジャーナリ
ズムの関係についての根本の疑問です。

ジョセフ・バイデン元副大統領の息子は中国の軍事企業に米国のハイテク
を売りつける企業の幹部だった。ウクライナでも同様な行為をやってきた
証拠が次々と出てきているのに、メディアはトランプが捜査協力を当該国
に求めたから、権力の濫用であり、これは弾劾に値すると、これじゃ。本
当の容疑者を隠蔽し、状況をすり替えていることになるのでは? 
   (FG生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)ご指摘の通りで、アメリカのメディアの70&が
民主党支持、もしくは左派リベラル。トランプ支持はFOXくらいでしょ
う。保守のウォールストリートジャーナルにしても、消極的支持です。
 クリントン元大統領の時は逆のケースで、有罪濃厚だったのに、左翼
ジャーナリズムがクリントンを庇い続け、すれすれでクリントンは弾劾を
逃れました。

日本の左翼メディアも同様なビョウキを引きずっており、何がなんでも安
部政権を引きずり下ろすためにモリカケとか、あの時も同じで、野党の某
議員の濃厚な醜聞関与は、まったく問題にせず、他方で虚言癖の学校経営
者の嘘発言を誇大に報じて、いってみればでっち上げで安倍政権を追い詰
め、しかし失敗した。

トランプ弾劾も、このプロセスと似ています。かれらはニクソンを追い詰
めた「実績」がありますから。共和党なら最後まで叩く。民主党なら曖昧
にして誤魔化す。日本の某新聞そっくり。
  ♪
(読者の声2)ソウルの反文在寅集会とデモ行進に300万人が集結した
とか。この数字、主催者発表でしょうが、香港より多い。

主因は法務大臣に身内の極左を指名し、その一家揚げてのスキャンダルが
明るみに出てもなく馘首する雰囲気がないことへの不満の爆発です。
 いよいよあの反日政権は落日、崩壊が近いのではと期待しております
が。(SD生、下関)


(宮崎正弘のコメント)750万人の香港で200万人のデモ。ソウルは
首都圏を含めて1000万以上ですから、300万人はあり得ない数字で
はないでしょうが、ともかく三年も前から毎週土曜、日曜に数万人の保守
系の集会が行われており、これを報じなかったメディアが、いま慌ててい
るのではないかと思います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
元共同通信ソウル特派員、青木理氏は大活躍
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。

和田です。

元共同通信ソウル特派員、青木理氏は
今でもTVでも大活躍ですよね。

韓国で文在寅大統領の側近、
チョ・グクが疑惑の玉ねぎ男と言われるほど、
剥いても剥いても新たな疑惑がでる。
チョ氏は娘の高麗大学への不正入学や息子の兵役逃れ
チョとその親族が出資しているファンド運用のスキャンダル。

チョ・グクは疑惑に答えるべく
11時間にわたる記者会見をしたが、

それを、青木氏は、
民主主義のありよう、正義のありようと韓国を評し、
さらにチョ・グクを捉えて、
「非常にスマート、頭のいい人だ」と褒め言い切った。

彼は、韓国文政権や、
すでに親族が逮捕されているチョ・グク褒めこそしても、
決して伝統的な「悪」儒教縁故政治とか、
疑惑の総合商社だとか批判めいたことはいいません。

片や日本の、モリカケ問題は、
安倍総理との関連の証拠は何もでてこなかったのに
追求が足りないし、忖度させる雰囲気を作った罪は重いとさえ
言及していた。

もちろん、完全なダブルスタンダードですね!

青木理氏は、元共同通信ソウル特派員です。
韓国滞在時に、なにか”いいこと”があったのか?

彼が日本や安倍政権を批判するのはいいが、
彼が韓国を批判する発言は聞いたことがない。

マネートラップ、ハニートラップ、それとも「日本は犯罪国家だ」と
韓国で韓国民を教育しているように、オルグされているのか?

日本のTVがそんな青木氏を重用している点を見れば、
TV局上層部の意向とも思えます。

韓国を批判する百田尚樹氏などは出演すらさせてもらえない。

韓国では、文在寅政権を批判するデモ隊のほうが、
多くの人を集めていても報じない。

出演するジャーナリストや学者、
そして出演者や放送方針を最終的に決定する
TV局上層部はなにかがオカシイのではないでしょうか?

韓国になぜか忖度する日本のジャーナリストと新聞TV。

そして、中国に対してはどうでしょうか?

アメリカ通信の放送で、中国によるオーストラリアへの
『サイレント・インベージョン』の内容を伝えてきましたが、
まさに、そっくりな構図が浮き上がります。

構図だけでなく、証拠つきで、政治家、役人、そしてメディアが
チャイナに買収されていました。

メディアには広告費や買収工作、政治家個人には、マネートラップ含め
さまざまな自然、不自然な工作の実態がわかります。

一つ、首相を引退した政治家にアプローチする
チャイナの手口を紹介します。

首相を引退したら、給料はお金は入りません。
そして権力から離れると、人からも声がかかりません。

(あなたが、そういう引退した立場の
 ”元首相”だったら・・・
 と想像して以下を読んで下さい。)

そこに、チャイナのほうから、こんなオファーが来ます。

「まず、我が協会で講演会をやってもらえませんか?
報酬は X X X X ドルです。」

と言って、かなり大きな報酬を支払います。

引退した元首相は、金額にびっくりしますし、
それだけもらえるならと、チャイナスポンサーのために、
ヨイショ発言したりしてしまいます。

そのあとです。
「あなたは素晴らしい。
ぜひ、中国と豪州の架け橋になって下さい。
あなたはその素晴らしい能力を使って、
オーストラリアの発展に寄与することができます。
我が協会の理事に就任していただけませんか?
次月報酬として◯◯◯◯ドルお支払いします。」

講演会なら単発収入かもしれませんが、
協会の理事なら固定給がもらえます。
引退後の生活考えると魅力的ですよね?

住宅ローンも終わる。もしくは別荘も建てられる?

そのあと、さらに、
「先生、中国に来て下さい。ファーストクラスの飛行機と、
最高級ホテルと素晴らしい料理を準備します。
ぜひ先生に紹介したい、我が国の政治家たちや
オーストラリアに投資したい企業家たちが
多数いるのです。ご旅行のお足代は◯◯◯◯ドルです」

ここで、
「もちろん美女たちも待ってます」というかは知りません。

しかし、こういうオファーを受けて、
毒を食らわば皿までとなってしまった
豪州の政治家たちが実際にたくさんいるのです。

非常にうまいですよね。
単純に中国側の要求を飲むほうが、
少々の無理難題であっても受け入れるほうが、
中国との通商を拡大することになり、
オーストラリアが発展すると信じ込むようになり、
さらに自分にカネと地位が入ってくる・・・。

結局、絶対に中国を批判しない政治家が
どんどんでてくるのです。

だからこそ、これは日本の知識人たちには、
絶対に知ってほしい内容なのです。
愛国心が多少あったとしても、
その隙間を突かれるとあっさり崩れてしまうのです。

これがチャイナによる豪州への
サイレントインベージョンの手口の一つです。

日本にもいますよね?

絶対に中国を批判しない政治家。
引退した元首相・・・。

日本の政治家、役人、ジャーナリスト、
メディア幹部も毒饅頭を食らっているのか?

と、考えをめぐらしていただきたい。
マネートラップか、ハニートラップか、オルグか?

国民は政治家や役人を
厳しく監視しなければなりません。
それが、国民の努めです。

自国の予算、自分の払った税金が
結局、チャイナのために使われてしまうのです。


 
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◎スポーツは各種競技の花盛りでカタカナ語が乱用される:前田正晶

5日は余りにも多くの競技が中継放送されるので、午後からは休む暇なく
チャンネルを切り替えていた。それはそれで結構なことかとも思うが、カ
タカナ語排斥論者としてはどうしても気になる言葉の乱用がある。別な見
方をすれば「誰が如何なるカタカナ語をどう使おうとご勝手に」とも言え
るのだが、あれほど頻繁に聞かされては「それはおかしいぜ」とも言いた
くなってしまうのである。

それらは「メンタル」と「フィジカル」なのである。ここから先は理屈が
半分以上を占めるとお断りしておくが、何処の誰がこのようなおかしな英
語の言葉をカタカナ語にしてしまったのかと憤慨しているのだ。「メンタ
ル」は“mental”が元の英単語である。これはOxfordによれば、いきなり
「通常は名詞の前で使われる」とあるが、これは当然のことでそもそもこ
れは形容詞であるからだ。だが、カタカナ語では名詞として「精神力」を
表すかのように使われている。再度言うが、「どのように使おうと勝手
だ」と看做している。

だが、Oxfordに先ず出てくる意味は“connected with or happening in
the mind; involving the process or thinking”となっていて、その後に
“strength“を付けても「精神力」を表す為に使うのは無理があると思わせ
る。ジーニアス英和には[限定]として「精神の、心的な」が先ず出てき
て、使用例に“metal illness”や“mental food”などというのが出てくる。
どうも「精神力」の意味でカタカナ語化したのには無理があるとしか思え
ない。

それでは何と言うべきかなと思って検索してみると“emotional
strength”だとか“inner strength”や“spiritual strength”等が先に出て きて、後の方になってから“mental strength”も登場する。思うに英和に 出てくる「精神の」を見てカタカナ語製造業者が「これで精神力を表現で きる」と、形容詞である事を忘れて使うことにしたのだろう。

「フィジカル」は勿論“physical”のことだろう。言うまでもないこと
で、これも形容詞である。ジーニアス英和の使用例には“physical
strength”があり{stamina}となっているので、これはこれとして通じる
が、形容詞を如何にも名詞のように「身体能力」のような意味で使ってい
るのは頂けない。だが、もう一度言うが「カタカナ語をどのように使おう
とご勝手に」なのだ。だが、文法を無視していることだけは忘れないで欲
しい。

大袈裟なことを言えば、毎度同じ事を言うのだが「このような好い加減
なカタカナ語を作っただけではなくここまで広めておく輩がいるにも拘わ
らず放置して、『英語教育を充実させて小学校から教え、国際人を養成し
よう』などと戯言を言っている官庁があるのは天下の奇観である」と指摘
したいのだ。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

東京湾岸は7日も曇天。太陽が恋しい。

6日の東京湾岸は曇天。散歩しても汗をかかなかった。今は来たるべき冬
にむかっているのだっけ。

私は秋田うまれ。中学生時代にドブロク、高校生時代に日本酒で晩酌。大
学時代はウイスキー。大人になってからは」焼酎一点張り。焼酎を貧乏人
の飲み物と勘違いしていた父親はみっともないからやめてくれといった。
焼酎こそは百薬の長である。今83歳。焼酎を?んで100歳は軽い。113ぐら
いかなとおもっている。あと30年。馬鹿だからこのところ風邪もひかな い。長生きの敵は人ごみである。
                           読者:6003人

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。