政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5176 号  2019・9・23(月)秋分の日

2019/09/23

□■■□──────────────────────────□■■□
 わたなべ りやうじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5176号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
 
       2019(令和元年)年 9月23日(月)



     ソロモン、キリバスはカネでひっくり返り:宮崎正弘

       原発ゼロに立ち向かう台湾の若者たち:櫻井よしこ 
   
台湾の総統選挙 : Andy Chang
    

                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記

         御意見・御感想は:ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
        下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/
    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ソロモン、キリバスはカネでひっくり返り
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)9月22日(日曜日)
         通算第6204号 <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ソロモン、キリバスはカネでひっくり返り、次はツバルか?
  台湾断交ドミノ、懸念されてきたが、やっぱり現実となった
******************************

ソロモン諸島の台湾断交に続き、9月19日、キリバスが台湾に断交を通
知した。ソロモンは地理的には豪にちかいため、7月に豪のモリソン首相
が急遽訪問し、180億円もの経済援助をぶち挙げたばかりだった。ソロ
モンの裏切りは噂されていた。

つづくキリバスの素っ気ない断交に対して、台湾では呉外務大臣がただち
に記者会見し「台湾はキリバスと断交した。

中華民国の駐タマワ大使館は近日閉鎖する」とし、「キリバスの政治指導
者は、我が国に『高額』を露骨に要求し、旅客機の寄付も求めた」と語っ
た。「かれらは『借金の罠』に落ちた」。

中国はキリバスの外交姿勢を転換させるため、数機の旅客機提供を示して
いた。

キリバスの首都タラワから、ほかの環礁へ行くにも旅客機がなかった。首
都のタマワ近辺には戦前、日本軍が軍事要塞を築いた。タラワ空港は大東
亜戦争中に、米軍が上陸し、珊瑚礁を埋め立てて滑走路を敷いた。

キリバスは33の環礁からなる海洋国家、というより島と環礁の集合体。
人口は僅か11万人。この環礁のなかのクリスマス環礁で英米は嘗て核実
験を行った。キリバスのエリス諸島から、ツバルが独立した経過がある。

この国のGDPの半分は外国からの援助である。

海外へ出稼ぎに出た人々からの送金で経済が成り立っているため、カネの
提示が破格なら、外交方針はころりと変える。

かくしてソロモンから始まった『ドミノ』は、キリバスのあと、次はツバ
ルである。

これまでのツバルへの援助は豪、NZであり、英国領だった関係から大英
連邦の一員。宗教は英国国教会派に近い。そのうえ英国の総督が派遣され
ているし、元首はエリザベス女王である。

ツバル国旗はユニオンジャックに星がならぶ。GDPの66%が外国から
の援助である。日本は豪、NZにつぐ三位。累計援助額は134億円だ
が、日本大使はフィジー大使が兼任(バヌアツも兼任)。


 ▲ツバルには紀元前からラピタ人が上陸していた

ツバルには紀元前にラピタ人が丸木船で、フィジー、トンガあたりから
やって来た歴史があり、地質学、考古学上の研究対象である。

しかし人口僅かに1万人というミニ国家。

独立したのは1978年で、キリバスから分離したかたちだった。にもか
かわらず、或る意味で世界に有名なのは、海抜5メートルしかないため、
国が沈没する怖れが喧伝されたからだ。

南インド洋に浮かぶ島嶼国家のモルディブも海面すれすれだが、やはり中
国に転んで、借金の罠に落ちたと批判された。

安全保障の観点から中国の野望を読んだインドが猛然とモルディブに政治
攻勢をかけ、親中派で中国からの賄賂漬けに嵌ったヤミーン大統領を落選
させた。危うくモルディブの16の無人島が中国の手にわたるところだった。

ツバルの首都フィナフティには、フィジーのスバからのみ国際線が乗り入
れている。
 
「もしツバルが水没したら、全員をフィジーが引き取る」とフィジー政府
は豪語しているが、フィジーもまた中国の「借金の罠」に落ちて、首都ス
バにはチャイナタウンが出来た。ナンディ市内を歩いている観光客は殆ど
が中国人となった。

国際政治の舞台からみれば、このミニ島嶼国家が、国連では一票をもつの
である。

だから國際政治はややこしいが、国家としての「主権」があるとは言い難
いだろう。なにしろツバルの通貨は豪ドルであり、軍隊は保持せず、国会
は定員が15名。政党が存在しない。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声  どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)1968年のチェコ事件後、ソ連に擁立されたフサークは1987
年、ゴルバチョフの民主化を含む改革の波を受けた民主化の動きの情勢
に、解任され、1989年に共産党支配は崩壊し、東欧諸国はソ連の支配から
脱しました。

中国市場での有利な立場を得る為、散々収奪した香港人に還さず、中共と
盗賊間の薄汚い取引から弾圧を強めて、22年後、直接武力統治の瀬戸際
2019年、はげしい独立運動が起きています。             
           
ソ連はロシア革命から70年後 1987年はゴルバチョフ改革のただなかでした。

共産党幹部のほぼ世襲制、特権による沈滞と経済ジリ貧の打破でソ連の再
生を目指したものでしょう。

それは失敗でしたが、あれだけの激変の割には動乱はかなりの規模でも、
少ない流血で軟着陸できたのは 人々のグラスノスチを作り出した結果と
考えます。

中華人民共和国は成立後70年の2019年ですが、金融詐欺による拠点作り
(一路一帯)として覇権国たらんとする冒険主義に邁進中でしたが、いきづ
まってきたようです。

ソ連の末期も不正。腐敗が進んでいた模様ですが、社会主義の分配が成さ
れていたのに対し、中国共産党はグローバル資本同様の独占資本主義を監
視網と公安警察軍により極端な、ジョージ・オーウェルの世界として、収
奪をしています。

桁外れ。5桁違いの資産(サウジの王族に近い)を成すのが主に世襲の組織
であり、腐敗の極地。また揚子江の巨大ダムはまるで最近の烈しい気候に
備えているようです、

災害を大きくする為、要らないビル土建も膨大。日本も五輪にいれあげ防
災はお粗末で風水害、地震被害大きくするのに任せていますが。。。。

ソ連の場合はバルト三国が発火点ですが、平和運動が主体でした。
ウイグル、内モンゴル、チベット自治区地域は広く、イスラムは戦争経
験あり、最近はドローンも存在します。弾圧支配 止めないと危ない。
習近平にはもう指導力がないように感じます。  

ゴルバチョフより非常にむずかしい と思いますが、膨大な負債の破綻
や、必要と思われる激変への軟着陸の準備を担う可能性がある人物があれ
ば、教えていただけないでしょうか。(SH生 北海道)

   
(宮崎正弘のコメント)なにしろSNSで離合集散をくりかえす香港の民
主派には統一組織がなく、カリスマ的リーダーが不在です。そのうえ、現
在までの逮捕者が500人を超え、これから裁判が始まります。

彼らの主張のなかで、「香港独立」は少数派、多くは「完全自治」の要求
です。抗議集会を遠くから見守る大半の香港市民は「現状維持」でしょ
う。「香港独立」は無理筋で、理由は単純明快。「食糧と水」を香港は中
国大陸に依拠しておりますから。

 トーマス・フリードマンがいみじくも指摘したように「彼ら香港の若者
たちは、ツィッター世代だ。各々が指導者であり、フォロアーであり、批
評家である。したがって収拾するのは難しいだろう」。


(読者の声2)香港問題のことですが、世界のメディア、とくに英米の新
聞もテレビも、民主活動家の味方ですね。日本のメディアはスポークスマ
ン的存在の黄之峰と周庭女史を大きく報じていますが、米国の論調はすこ
し違って「民主、人権」。香港政庁批判ではなく、直接的に中国政府への
非難となっています。こうした日米メディアの論調の乖離について、宮?
さんのみるところは如何でしょう
付け足しになりますが、20日金曜日の「ラジオ日本」で宮崎さんの痛快
な解説、一刀両断の分析を心地よく聞いておりました。(HF生、横浜)


(宮崎正弘のコメント)ピューリタンが移住して建国した米国は、プロテ
スタントの国、つまりプロテスター(抵抗者、抗議者)に味方するのは当
然でしょう。

しかも香港の若者の多くはクリスチャン・ネームを持つほどに(黄之峰は
「ジョシュア」、周女史は「アグネス」。行政長官の林鄭女史だって
「キャリー」ですからね)中華社会の儒教伝統からはなれています。
米国と香港の心理的連帯感とは、キリスト教プロテスタンティズムが根底
にあるのではないか、と思われます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
原発ゼロに立ち向かう台湾の若者たち
━━━━━━━━━━━━━━━━━


            櫻井よしこ

香港も台湾も、若い世代が闘っている。彼らは果敢に中国共産党に立ち向
かっている。或いは政治を未来に向けて正しい方向に導こうと国民を動か
している。彼らのその勇気と気概を応援したい。

9月5日、10人余の台湾の人たちが訪ねてきた。20代の若者たちにまじって
64歳の李敏(リミン)博士と37歳の廖彦朋(リャオイエンペン)氏も意気
軒昂だ。李氏は台湾原子力学会理事長、廖氏は台湾の医学物理学会所属で
「核能流言終結者」(核の流言蜚語を打破する会)の一員だ。

「核能流言終結者」は黄士修(ファンシシュウ)という31歳の理論物理学
研究者が立ち上げた約30名の若い研究者から成る集団だ。彼らは台湾のエ
ネルギー政策を正しく導くために、李博士の全面的支援を得て、原子力に
ついての危険を煽る虚偽情報を論破する活動を続けている。台湾に広がっ
ていた原子力発電に関する虚偽情報の中でも特に黄氏の危機感を高めたの
が、驚くことに菅直人元首相が流布した情報だったという。日本の首相ま
で間違いを流し、原発危機を煽るなどあってはならないことだろう。

昨年11月24日、台湾では原子力発電に関する国民投票が行われたが、それ
を主導したのが黄氏らだった。国民投票に込められた目的は、「2025年ま
でに原発ゼロを実現する」という台湾政府のエネルギー計画を反転させ
て、原発をベース電源として位置づけることだ。

2011年に福島第一原発が水素爆発を起こしたとき、台湾でも反原発運動が
盛り上がった。当時建設中だった原発は工事が止まり、試運転中の原発は
停止された。そして16年1月、反原発を公約に掲げた蔡英文氏が総統に当
選した。蔡氏は稼働中の3基全てを、25年までに停止し、原発ゼロにする
と決定した。電力を自由化し、再生可能エネルギーを開発し、25年までに
全エネルギーの20%を再生エネルギーで賄うという蔡氏の政策は17年1月
に国会で承認された。

台湾の電力は火力が80%、原子力16.5%、残りを水力などに依拠する。そ
うした中、17年夏に、大規模停電が発生し、全契約世帯の約半分、700万
世帯が影響を受けた。

原発ゼロへの反対

真夏のうだる暑さの中で発生したこの大停電がきっかけとなって、台湾の
人々は安定的なエネルギー供給源として、原発の重要性を再認識したとい
う。年々乱調を烈しくする気候の背景に地球温暖化がある、という指摘も
広がった。電力の80%を化石燃料に頼り、CO2の排出を増やし続けてい
る台湾の現実についてもSNSで広く問題提起された。

日本も台湾も資源小国だ。原発を止めれば、化石燃料を輸入し、燃やし続
けるしかない。電力不足時に、ドイツのように他国から供給してもらえる
環境もない。李氏が語った。

「日本の経験から学ぶと、台湾にとって原子力発電の放棄はあり得ない。
しかし蔡政権は原発放棄を謳っています。そこで私たちは、国の未来、発
展の持続性を考えて、政府の政策は間違いであること、国民は原発ゼロを
望んでいないこと、化石燃料を燃やしてCO2を排出し続けるのは間違い
であることを訴え、国民投票を求めたのです」

核能流言終結者の研究者と共に李博士は若者たちに向けて正しい科学的情
報を発信し続けた。情報はSNSで拡散され、原発ゼロ政策は逆に危険だ
という認識が広がった。

「李先生は原子力の専門家の中の専門家です。私は放射線の専門家です。
私たちは専門家として原子力発電所の安全性について議論し、若者たちは
それをよく学び理解を深めました。そうして私たちは力を合わせて、昨年
11月の国民投票に臨んだのです」と廖氏は振りかえる。

結果は驚くべきものだった。原発ゼロへの反対が非常に多かったのだ。

「投票率が50%以下なら国民投票は無効です。この基準は十分にクリアで
きましたし、投票者の約60%、589万人が政府の原発ゼロに反対を表明し
ました」

投票結果を受けて頼清徳行政院長(首相)=当時=は昨年11月27日、25年
までに原発を廃止する政策は強制力を失ったと語った。

他方、原発反対派は、国民投票で問うたのは原発ゼロ政策への賛否であ
り、原発再稼働を求めるということではないと、屁理屈を展開した。原発
ゼロを公約にして総統になった蔡氏は国民投票の結果を尊重するとは一言
も言わず、再生エネルギー計画などについて発言するばかりだ。

廖氏は、原発を稼働させ、重要なベース電源として位置づけるには、原発
の安全性を確認しなければならないと強調する。福島の復興情報はすでに
知ってはいたが、自分たちの目で確かめる必要があると考えて、若者たち
と共に福島を訪れた。

エネルギーで独立する

彼らが口々に語った。

「廃棄物を運んでいるトラックの運転手に、なぜここで働いているのかと
尋ねたら、『日本の為に役に立ちたい。福島をきれいにしたい』と答えま
した。本当に感動しました」

「店の食品の放射能レベルを次々に測りました。どれも皆安全で、買って
その場で食べました。福島の海底にいた平目も放射能を測りましたが、全
く問題がない。刺身にして皆で食べました。美味しかった」

「福島のあちらこちらで空気中の放射能も測定しましたが、東京より低
かった。全然、安心です」

彼らはこうした体験を映像に撮ってユーチューブで拡散するという。廖氏
も福島を訪ねて自信を深めたと語る。

「東京電力も日本政府も極めて真面目に復興の努力をしています。その態
度と復興の進展を見て、原子力発電をコントロールする力が人間にはある
と、私は自信を持ちました」

台湾の若い世代にとって原発の活用は、台湾独立の可能性と重なると彼ら
は言う。エネルギーの独立は経済の自立に欠かせない、台湾にとって死活
的問題だ。いま、若い世代が問うている。台湾は政治で消滅するのか、電
力政策の失政でなくなるのか、と。

再度強調するが、エネルギーの安定供給なしには経済は廃れる。安定した
経済成長なしには一国の自主独立は望めない。蔡氏は独立志向の人だが、
原発は否定する。結果、中国経済につけ込まれる可能性は否定できない。
だから廖氏らは、「原発再稼働」を掲げて再び国民投票に持ち込みたいと
語る。

こんなに一所懸命に台湾の自立を目指し、中国支配の排除を念じ、自主独
立を日々肝に銘じて発言する台湾の若者たちのなんと凜々しいことか。
翻って日本の若者たちはどうだろうか。私はつい、問うてしまう。日本の
若者よ、覚醒せよ、頑張れ。まぎれもなく、いまが正真正銘、頑張りどき
なのだ。
『週刊新潮』 2019年9月19日号 日本ルネッサンス 第868回




━━━━━━━
台湾の総統選挙
━━━━━━━

Andy Chang 


政治家の素質低下は世界共通の問題だが台湾の総統選挙は有権者が投票
を拒否するほど悪い。


三週間前の記事(No.751)で台湾の総統選挙で候補者や政治家の素質
の低下について書いた。政治家の素質低下は世界共通の問題だが台湾
の総統選挙は有権者が投票を拒否するほど悪い。

数週前までは民進黨の蔡英文と国民党の韓国瑜の外に郭台銘と柯文哲
が出馬する噂があった。郭台銘/柯文哲コンビ、郭台銘/王金平コンビ
などが話題だった。郭台銘の出馬は韓国瑜に不利なので、

国民党の長老31人が連名で国民党の団結と韓国瑜支持を新聞に掲載したと
ころ、郭台銘が怒って国民党を脱退する騒ぎとなった。藪を突いて蛇を出
すとはこのことだ。

だがその数日後に郭台銘は総統選挙に不出馬を発表したので、蔡英文
と韓国瑜の対決となり、韓国瑜では蔡英文に勝てないから国民党は韓
国瑜を更迭して別の候補者を立てる噂があった。

この時点では蔡英文の当選はほぼ確実と新聞は書いた。ところが郭台銘が
不出馬声明を出したすぐ後に元副総統の呂秀蓮が出馬すると発表したので
形勢が逆転して蔡英文に不利となった。

呂秀蓮は民進黨の元老だったが、去年の5月末に民進黨を脱退すると
発表した。しかし民進黨は彼女が正式に脱退した文書はないとしてい
る。民進黨の党首・卓栄泰はさっそく呂秀蓮と会談して立候補しない
ように説得したが効果はなく、呂秀蓮は独立派の喜楽島聯盟の推薦で
立候補すると決定した。

呂秀蓮が喜楽島聯盟を代表して立候補することは民進黨と蔡英文にと
って大きな痛手で、台湾人の独立派が民進黨に失望したことを意味す
る。つまり台湾人の独立系有権者が蔡英文に投票せず、

民進黨の国会議員候補者にも投票しない可能性がある。去年の中間選挙の
二の舞となったら国民党が再び政権を奪取するかもしれない。

一方、外省人選民の半分は中台統一に反対だから韓国瑜に不利、つま
り蔡英文と韓国瑜の双方ともに有利な状況ではない。しかし蔡英文に
対抗して出馬した呂秀蓮の人気も決して高くない。

民意調査によると呂秀蓮と蔡英文の二人を比べると蔡英文が72%で呂秀蓮
28%となっている。つまり呂秀蓮が立候補すれば蔡英文に不利だが本人の
当選も期待できず、韓国瑜に有利となるだけである。

選挙委員会の発表によると18日に始まった総統選挙の立候補登記で
は呂秀蓮組を含む8組(登記には正副総統の名前が必要)がすでに登
記を済ませた。蔡英文と韓国瑜の二組はまだ登記していない。

呂秀蓮以外の7組はみんな有象無象である。選挙規則によると、総統
選挙に登記した組は100万元の保証金の外に45日以内に280384人の賛
成者名簿を提出すべきで、もしも45日以内に賛成者が半数の149192
人に達しなかったら保証金を没収される。

だから8組が登記しても28万人の賛成者を獲得できなければ失格である。
だから最終的に選挙資格を獲得できるのは蔡英文、韓国瑜と呂秀蓮の三組
となる可能性が高いし、この三組の外に立候補しても勝ち目はない。

現状では蔡英文が優勢と保っているようだが蔡英文には致命的な問題
がある。それは彼女が84年にロンドン政経学院で取得した博士学位の
真偽問題である。

これは個人的な問題だが民間で調査している人が多数いて、今日までに有
名な学者が二人、別々にロンドン政経学院に赴いて調査した結果を発表し
ているので選挙に大きな影響を与えるのは間違いない。

以上の結果を総合すると韓国瑜は人気が日毎に下落して国民党が彼を
更迭する動きもある。呂秀蓮は個人的に人気がなく喜楽島聯盟の支持
者も多くない。

蔡英文は博士号問題が発覚したら選挙どころではないし、
当選しても辞職を迫られるかもしれない。今回の選挙は有権者が
どのように投票するか全く予測できない。


           
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◎頂門の一針の英語の教育の記事を楽しんでいます。有難うございます。

72年ほど前に、英語を習い始めたので、現在の中学や高校でどのような英語教育がなされているかは分かりません。NHKラジオの第2放送で月曜日から金曜日まで朝6時から7時まで基礎英語の語学講座が放送されています。この放送は、同じ日に再放送があります。この他に、簡単ですが日本人にはなかなか英語で言えない言葉、ビジネス英語などの講座があります。これらの放送の英語を真似して英語を練習すれば、日常の生活には困らないのではないでしょうか。放送は一方的ですから、聴取者が発音の真似ができていると思っても、出来ていないかも知れません。さらに、頂門の一針で問題になっている英語の質も分かりません。

この間の表現の一つは、最後の一段を踏み外した、と言う英語でした。この表現に出てくるすべての単語は中学で習うものですが、日本人にはなかなか思いつかないところが面白いと思いました。

https://www2.nhk.or.jp/gogaku/programs/radio.cgi

大浦宣徳



◎ラグビーあれやこれや:前田正晶

マスコミは騒ぎ過ぎでは:

21日の産経新聞には驚いた。1面のトップが我が日本代表の敢えて言うが
クラブテイームが第1戦でロシアに勝ったと出ていたことだけではなく、
31ページというか社会面がその関連で埋め尽くされていたことだった。
勝って当たり前の試合だったことをそこまで騒ぐなと言いたくなった。我
が国でサッカーのW杯が韓国の横やりで共催になってしまった時に、これ
ほど多くのメディアが扱ったっけと思わずにはいられなかった。嫉妬だよ
と言われればそれまでだが、割り切れなかった。

試合そのものは前半だけ見た。世界のランキング20位のロシアはまるで
策がないラグビーで、キックを多用して攻めるしか作戦はないようで、10
位の我が方の敵ではないと判断するに十分な弱さだった。私の目にも負け
ることはないと割り切れたし「閃き」も「勝ち」と出たので、体調不良も
あって寝てしまった次第。我が代表のクラブはロシアの最初のパントキッ
クの処理を15番が過ったのでいきなり失点となったが、実力はランキング
通りの差があったと見た。ここから先も勝っていってほしいものだ。でも
メデイアを挙げての騒ぎ立ては願い下げにしたい思いだ。

世界の強豪国の試合振り:

21日にはオーストラリア対フィジーと決勝戦でも顔合わせをさせたいと言
われたニュージーランド対南アフリカとの試合を興味深く観戦した。4ヶ
国の代表テイームはそれぞれ作戦があってあのような真っ向から当たり合
うと私には見えたゲームプランで臨んだのだろうとは思う。それ即ち、綺
麗にバックスでのパス展開で行く先鋒ではなく、ボールキャリヤーは短い
距離を端って敢えて相手でデイフェンスに当たりに行ってそこでモールだ
かラックを作っては出来る限り早い球出しをしてはまた突っ込んでいくと
いう、素人目には単調で余り面白くない体力消耗戦のように見えた。

解説者の1人は「あのような当たり合いで相手のFWの体力の消耗を狙って
いるのだ」と教えてくれたが、世界最高と聞かされているニュージーラン
ド代表(オールブラックス)でもそのプランだったようで、実力はあると
見えた南アフリカをその力の差で退けていた。確かにニュージーランドは
随所に世界でも著名だというBバレットのような名手の素晴らしさを見せ
てくれたが、当たり合いと体力消耗戦は日頃ラグビーに接する機会がない
ものには退屈に近い感想を持たせてくれた。

21に勝っていたニュージーランド、南アフリカとオーストラリアは確か
にラグビーでは世界的な強豪国だが、他の球技に属する競技では余り世界
的な強さを発揮していない。それだけにこのラグビーのW杯には「賭けて
いる」という印象が濃厚だと感じた。尤も、我が国やアメリカの野球には
オーストラリアの選手もいるし、我が国のサッカーでは常にオーストラリ
アとは厳しい試合展開となって苦しめられたとの実績はあるが、この国か
らは世界的なサッカーの名手は出ていないのではなかったか。

ユニフォーム:

我が国では何故か横縞が伝統的になっているようで、関東大学の対抗戦グ
ループも帝京大学を除いては、関西の強豪大学と共に、横縞の所謂ラグ
ビーのユニフォームを着用している。ところが、イングランドも、ニュー
ジーランドもオーストラリアも多くのヨーロッパの多くの強豪国も皆無地
というか横縞ではないのだ。尤も、昨日見る機会があった南アメリカのア
ルゼンチンは横縞だったが。我が国ではどうしてこうなってしまったのか
が知りたいと思う時がある。先ほどまでオーストラリア対フィジーの試合
を見ていたが、フィジーも矢張り白無地だった。

ラグビー用語:

ここにも野球用語式のおかしなカタカナ語表記が多いのは何故だろう。こ
こにも妙なカタカナ語製造者がいたのだろうか。例を挙げてみれば「ノッ
トリリースダボール」がある。これを文法的に訂正すれば“not releasing
the ball”となっているのであって、releaseをreleasingに出来なかった
のは、原作者のUKに対して恥ずかしいと思わなかったかと尋ねたい。UK系
だから仕方がないかとも思うが“knock on”という前にボールを落とすこと
を「ノックオン」とローマ字読みにしたのも、何でかなと思ってしまう。
Oxfordを見ても,発音記号は「ナック」と表記したいようになっているで
はないか。

次はラグビー界だけの専門語ではないが、大いに関連する放送用語に
「ターンオーバー」というのがある。大学で千葉勉教授に厳しく「連結
音」が英語の品格の問題だと教えて頂いた者としては“turn over”には連
結音が適用されて「ターンノーバー」と聞こえるように言って貰いたいの
だ。いや「ターノーバー」と表記したいくらいだ。ラグビーの中継放送を
するアナウンサーたちは「番狂わせ」のような下位のテイームが上位者に
勝つことを近頃は“giant-killing”と称するが、私は長い間この現象を
“anupset”だと思っていたので、英語の勉強をさせて貰えて。だが、ラグ
ビーでは滅多にgiant-killingは怒らないそうだ。

ここで一寸折角英語の講釈に入ったので、野球用語にも触れてみたく
なった。多くの解説者たちが平気で言う「ワンバン」や「ショーバン」が
ある。これも実はカタカナ語を更に詰めてしまったもので、「ワン・バウ
ンド」と「ショート・バウンド」だったのだ。アメリかでは「バウンド」
は“hop”が使われていて“short hop”になっている。また、この関連では
「イレギュラーバウンド」というのがあるが“bad hop”となっている。即ち、アメリかでは「バウンド」に規則的も不規則的なものはないと言っているようだ。


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

23日の東京湾岸は曇天。

22日の東京湾岸は晴れ、と言っても暑くなく散歩しても
汗をかかなかった。
                           読者:6003人



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。