政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5173 号  2019・9・20(金)

2019/09/20

□■■□──────────────────────────□■■□
 わたなべ りやうじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5173号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
 
       2019(令和元年)年 9月20日(金)



             10月1日の軍事パレード以後:宮崎正弘

        原発ゼロに立ち向かう台湾の若者たち:櫻井よしこ    
        
             
                     
                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記

         御意見・御感想は:ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
        下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/
    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━
10月1日の軍事パレード以後
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)9月19日(木曜日)弐
         通算第6201号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「10月1日の軍事パレード以後、中国が軍事介入の可能性」(黄之峰)
 「騒擾が続けば香港はすべてを失うだろう」(王振民・清華大学・香港
専門家)
*********************************

米国で議会証言に立った黄之峰(「雨傘革命」の指導者」)は「香港人権
民主法 2019」の早期制定を議会人に促し、また「10月1日の建軍
パレードまで、中国軍の香港侵攻はないが、その後は分からない」とした。

その前の週に黄はドイツへ赴き、ベルリンの名門=フンボルト大学で講
演、「香港は東西に割かれていたベルリンのようだ」とも語った。ドイツ
は香港の民主化運動に冷淡だが、いくばくかの民主化支持派がいるようで
ある。

 黄之峰は2014年の雨傘革命のリーダーだった。当時、かれは17歳
の少年、指導力はなく、またヒロインに祭り上げられた周庭とて、組織を
団結させ永続化させるリーダーシップには欠けた。

雨傘運動は尻つぼみとなり、その後に出てきたのは「香港独立」を訴えた
勢力だった。西側メディアは雨傘から、港独に焦点を移動させ、彼らの政
党(「青年新政」)は立法府に2人の議員を当選させるほどだった。

以後、民主化運動は下火になった。しかしながら庶民の間には不満が鬱積
していた。富と貧困の二極分化、その再分配が不公平であると認識していた。

中国は国連の場を情宣活動の道具に使い始めた。
ジェネーブの国連に中国は清華大学・香港マカオ研究センターの王振民を
派遣し、「いまの騒擾が続けば、香港は全てを失うことになる」と発言し
た。威嚇的発言なのか、政治宣伝のため、国連を利用しているのかは不明。

また香港では大陸からの新移民や第五列を動員し、五星紅旗をふってシッ
ピングアーケードに歌声広場を演じさせ、そのうえ愛国行進のデモを組織
化し、「逆進行動」というキャンペーンを始めさせた。このデモ隊はパト
カーに守られていた。
 いずれにしても、暗い近未来予測しか並ばないことが気になる。

     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声  どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前号、ならびに前々号の書評に関連してですが、宮崎
先生の『神武天皇以前――縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(育鵬社)
のなかにも紹介のあった、青森県八戸市の是川縄文館に展示された「合掌
土偶」について。

従来言われてきた解釈は、この合掌土偶は「祈り」の象徴でした。

しかし最近の研究では、この土偶の下腹部に注目し、出産間際の情景と判
明しています。安産祈願を兼ねての出産、あたらしい生命力の躍動を描い
た土偶ではないか、という解釈です。ご一考までに。(青森市さつき)

  ♪
(読者の声2)貴誌創刊から16年、通巻6200号突破、まことに慶賀に絶え
ません。今後とも、日本の常識に基づいた言説が維持、発展されることを
いのっております。

ところで、貴誌6193号で「乗っ取り王」といわれたピケンズ氏の死亡を扱
われていて、日頃の中国論とかけ離れていて不思議と思っていたのです
が、昨日発売の『週刊新潮』を読んで得心がいきました。

同誌の追悼コラムに宮崎さんの談話が掲載されていて、ほかにも『財界』
主幹の村田さんと、明治大学の越智道雄・名誉教授のコメントが並列され
ておりました。

ピケンズが日本上陸の衝撃、それがいまや株主重視の風潮が日本に定着し
つつある時代の変化という文脈でピケンズを捉えているのですね。基底に
あるのが歴史観ということに、気がつきました。(NO生、横浜)

   ♪
(読者の声3)貴誌前号で、宮崎先生の『神武天皇以前――縄文中期に天皇
制の原型が誕生した』(育鵬社)に関連し、長野県で5つの国宝に指定さ
れた縄文土偶を一堂にならべての画期的な展示会があること、初めて知り
ました。

宮崎正弘先生のように函館、青森、山形、茅野と尋ね歩かれなくても一度
に見られる機会ですから、老生も長野は近いので見に行きたいと考えてお
ります。(TT生、富山)



━━━━━━━━━━━━━━━━━
原発ゼロに立ち向かう台湾の若者たち
━━━━━━━━━━━━━━━━━


           櫻井よしこ

香港も台湾も、若い世代が闘っている。彼らは果敢に中国共産党に立ち向
かっている。或いは政治を未来に向けて正しい方向に導こうと国民を動か
している。彼らのその勇気と気概を応援したい。

9月5日、10人余の台湾の人たちが訪ねてきた。20代の若者たちにまじって
64歳の李敏(リミン)博士と37歳の廖彦朋(リャオイエンペン)氏も意気
軒昂だ。李氏は台湾原子力学会理事長、廖氏は台湾の医学物理学会所属で
「核能流言終結者」(核の流言蜚語を打破する会)の一員だ。

「核能流言終結者」は黄士修(ファンシシュウ)という31歳の理論物理学
研究者が立ち上げた約30名の若い研究者から成る集団だ。彼らは台湾のエ
ネルギー政策を正しく導くために、李博士の全面的支援を得て、原子力に
ついての危険を煽る虚偽情報を論破する活動を続けている。台湾に広がっ
ていた原子力発電に関する虚偽情報の中でも特に黄氏の危機感を高めたの
が、驚くことに菅直人元首相が流布した情報だったという。日本の首相ま
で間違いを流し、原発危機を煽るなどあってはならないことだろう。

昨年11月24日、台湾では原子力発電に関する国民投票が行われたが、それ
を主導したのが黄氏らだった。国民投票に込められた目的は、「2025年ま
でに原発ゼロを実現する」という台湾政府のエネルギー計画を反転させ
て、原発をベース電源として位置づけることだ。

2011年に福島第一原発が水素爆発を起こしたとき、台湾でも反原発運動が
盛り上がった。当時建設中だった原発は工事が止まり、試運転中の原発は
停止された。そして16年1月、反原発を公約に掲げた蔡英文氏が総統に当
選した。蔡氏は稼働中の3基全てを、25年までに停止し、原発ゼロにする
と決定した。電力を自由化し、再生可能エネルギーを開発し、25年までに
全エネルギーの20%を再生エネルギーで賄うという蔡氏の政策は17年1月
に国会で承認された。

台湾の電力は火力が80%、原子力16.5%、残りを水力などに依拠する。そ
うした中、17年夏に、大規模停電が発生し、全契約世帯の約半分、700万
世帯が影響を受けた。

原発ゼロへの反対

真夏のうだる暑さの中で発生したこの大停電がきっかけとなって、台湾の
人々は安定的なエネルギー供給源として、原発の重要性を再認識したとい
う。年々乱調を烈しくする気候の背景に地球温暖化がある、という指摘も
広がった。電力の80%を化石燃料に頼り、CO2の排出を増やし続けてい
る台湾の現実についてもSNSで広く問題提起された。

日本も台湾も資源小国だ。原発を止めれば、化石燃料を輸入し、燃やし続
けるしかない。電力不足時に、ドイツのように他国から供給してもらえる
環境もない。李氏が語った。

「日本の経験から学ぶと、台湾にとって原子力発電の放棄はあり得ない。
しかし蔡政権は原発放棄を謳っています。そこで私たちは、国の未来、発
展の持続性を考えて、政府の政策は間違いであること、国民は原発ゼロを
望んでいないこと、化石燃料を燃やしてCO2を排出し続けるのは間違い
であることを訴え、国民投票を求めたのです」

核能流言終結者の研究者と共に李博士は若者たちに向けて正しい科学的情
報を発信し続けた。情報はSNSで拡散され、原発ゼロ政策は逆に危険だ
という認識が広がった。

「李先生は原子力の専門家の中の専門家です。私は放射線の専門家です。
私たちは専門家として原子力発電所の安全性について議論し、若者たちは
それをよく学び理解を深めました。そうして私たちは力を合わせて、昨年
11月の国民投票に臨んだのです」と廖氏は振りかえる。

結果は驚くべきものだった。原発ゼロへの反対が非常に多かったのだ。

「投票率が50%以下なら国民投票は無効です。この基準は十分にクリアで
きましたし、投票者の約60%、589万人が政府の原発ゼロに反対を表明し
ました」

投票結果を受けて頼清徳行政院長(首相)=当時=は昨年11月27日、25年
までに原発を廃止する政策は強制力を失ったと語った。

他方、原発反対派は、国民投票で問うたのは原発ゼロ政策への賛否であ
り、原発再稼働を求めるということではないと、屁理屈を展開した。原発
ゼロを公約にして総統になった蔡氏は国民投票の結果を尊重するとは一言
も言わず、再生エネルギー計画などについて発言するばかりだ。

廖氏は、原発を稼働させ、重要なベース電源として位置づけるには、原発
の安全性を確認しなければならないと強調する。福島の復興情報はすでに
知ってはいたが、自分たちの目で確かめる必要があると考えて、若者たち
と共に福島を訪れた。

エネルギーで独立する

彼らが口々に語った。

「廃棄物を運んでいるトラックの運転手に、なぜここで働いているのかと
尋ねたら、『日本の為に役に立ちたい。福島をきれいにしたい』と答えま
した。本当に感動しました」

「店の食品の放射能レベルを次々に測りました。どれも皆安全で、買って
その場で食べました。福島の海底にいた平目も放射能を測りましたが、全
く問題がない。刺身にして皆で食べました。美味しかった」

「福島のあちらこちらで空気中の放射能も測定しましたが、東京より低
かった。全然、安心です」

彼らはこうした体験を映像に撮ってユーチューブで拡散するという。廖氏
も福島を訪ねて自信を深めたと語る。

「東京電力も日本政府も極めて真面目に復興の努力をしています。その態
度と復興の進展を見て、原子力発電をコントロールする力が人間にはある
と、私は自信を持ちました」

台湾の若い世代にとって原発の活用は、台湾独立の可能性と重なると彼ら
は言う。エネルギーの独立は経済の自立に欠かせない、台湾にとって死活
的問題だ。いま、若い世代が問うている。台湾は政治で消滅するのか、電
力政策の失政でなくなるのか、と。

再度強調するが、エネルギーの安定供給なしには経済は廃れる。安定した
経済成長なしには一国の自主独立は望めない。蔡氏は独立志向の人だが、
原発は否定する。結果、中国経済につけ込まれる可能性は否定できない。
だから廖氏らは、「原発再稼働」を掲げて再び国民投票に持ち込みたいと
語る。

こんなに一所懸命に台湾の自立を目指し、中国支配の排除を念じ、自主独
立を日々肝に銘じて発言する台湾の若者たちのなんと凜々しいことか。
翻って日本の若者たちはどうだろうか。私はつい、問うてしまう。日本の
若者よ、覚醒せよ、頑張れ。まぎれもなく、いまが正真正銘、頑張りどき
なのだ。
『週刊新潮』 2019年9月19日号 日本ルネッサンス 第868回


            

             
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━



◎憲法改正はほんの序の口、世界一大倫理大国を作らう!

令和元年9月19日の貴メルマガ(No.5172)所載の、前田正晶氏の論
文を拝読しながら思ったことがあります。(北村維康)

それは、韓国の文在寅大統領の倫理志向は、川を渡る手伝ひをしてくれた
鰐の恩に、針で刺すといふ仇で報いたサソリのやり方は、韓国を曲がりな
りにも先進国のレベルまで引き上げてくれた日本に対して「恩を仇で
返す」ことなど、何とも思ってゐない、まるで人非人のやうなやり方をし
てまでも、自分のやりたいことを貫徹することで、「これが中近東だ」な
らぬ、「これが韓国だ」と嘯くことなのでありませう。

こんなことまでされて、日本の神々は黙ってをられる筈はありません。い
ずれ、「歴史の必然」と称して、この無法な連中に鉄槌を下されるものと
期待してをります。今、日本は、足元にまとはりつくこれらの害獣を
蹴散らしながらも、遂行すべきことがあります。

それは、天皇陛下を中心とする、世界一大倫理大国を作ることでありま
す。国王を自ら否定して新大陸に活路を求めたアメリカも、諸民族を虐殺
してまで世界の帝国を作らうとするシナも巻き込んで、「すめらみこ
と」を頂点とする一大地球大国を作り、来るべき宇宙人達との共存共栄を
図る時代に備へることであります。その時、我が国の味方になって色々と
協力してくれる国は、インドでありませう。

また近隣のチベット、ネパールやブータンでもありませう。ウイグルや南
モンゴルをも助けながら、我等は、教育勅語の精神により、「古今に通じ
て謬らず、中外に施して悖らぬ」一大倫理大国を、正々堂々と建設して
行けばよいのです。願はくは大神、われらの聖業を助け給はんことを。




◎私のラグビーW杯に関する思い:前田正晶

もしかすると「偏見だ」とkazk様に叱られるかも知れないが、私の思い
を述べてみようと考えた次第。

20日に調布だったかでロシアとの試合で開幕されるのだが、その先発メン
バーを見て私は「この大会はサッカーでも行われている世界のクラブテ
イームのW杯大会と同じだ」との見方を一層強くした次第。すなわち、そ
の顔触れの半数がカタカナの名前の選手たちなのであるから。そうなって
いる理由は既にkazk様から繰り返し解説して頂いたので、分からず屋の私
でさえ承知している。だが、我が国の代表が参加していたスーパーラグ
ビーの頃から「あれほど外国人選手が多くても我が国の代表というの
は・・・」と感じていた。しかし、それが世界のラグビー界の取り決めで
ある以上、異議を唱えることは無意味であると認識している。

私が感性として思うか、または願うことは「世界の取り決めはどうあ
れ、一度だけでも良いから日本人の選手たちだけで英連邦の競合の諸国の
代表と試合をして貰いたい」なのである。海外の諸国にも外国の国を代表
するテイームにも異国の選手が入っている場合もあるだろうが、それと我
が国の代表テイームに大洋州や英連邦の人たちが入っているのとは訳が違
うと思う。嘗ての大畑や現在の田村や山田章や福岡等の実力の持ち主を集
めればそれなりの世界的な代表テイームは結成出来ると思っているし、私
は単独テイームの方が優れている場合が多いのではという論者でもあるのだ。

ここで誤解なきよう申し上げておくと、私は外国人選手を排斥しようと
言っているのではない。純粋に日本人選手たちの強さと上手さが世界に何
処まで通用する課を知りたいだけだ、とは言ってきたが、折角我が国でク
ラブテイームの世界選手権が開催されるのであれば、我が国を代表するテ
イームが予選リーグを突破して世界の8強や4強にまで勝ち上がってくれる
ことを期待するものである。

このW杯の開催が迫ってくるに従って、テレビを見ていても新聞を読んで
もこの関連の番組も記事も非常に増えてきたと思う。ここから先は「嫉
妬」と責められても仕方がないが、私は何故我が国のマスコミはラグビー
をあれほど有り難がるのだろうかと思っている。テレビドラマなどでは
「男のスポーツ」だの「ノーサイドの精神の美しさ」を称えているのは妬
ましい。同じUK系のサッカー出身者である私は「サッカーは男らしくない
のか」とか「我が国の代表は常にフェアープレーの精神で戦っていると世
界的な大会で認められているではないか」などと言いたくなる。

NHKなどは関東大学対抗戦グループの旧国立競技場で行われた早稲田対明
治の試合などはずっと中継放送していた。だが、同じフットボールであっ
ても(アメリカカン)フットボールとなると関東大学1部リーグの試合な
ど中継放送されたことなどない。精々甲子園ボウルだけだ。偏向している
とも言いたくなる。いえ、サッカーの関東大学1部リーグの試合など中継
放送された記憶がない。ここまで言えばもう十分だろう。

最後に一言申し上げておけば「何故世界のラグビー界ではサッカーのよ
うなW杯の大会を開催しようとは考えないのか」となるのだ。何れにせ
よ、我が国の代表の健闘を祈って終わる。



◎前田様

韓国の文在寅大統領の正体については、前田様のご洞察の通りだと思います。

文在寅大統領が北朝鮮の朝鮮労働党の秘密党員であること、
数年前の政権を取る前に北朝鮮の金正恩に忠誠の誓詞を捧げていることが
月刊花田10月号に元日本共産党国会議員秘書でジャーナリストの篠原常一
郎氏がスクープしています。全て辻褄が合います。

篠原氏はyoutube動画でも色入りと深い解説をなさっています。

英語が苦手な一読者より



━━━━━━━
身 辺 雑 記  
━━━━━━━
20 日の東京湾岸は曇天。夕方は『あきら』で義姉夫婦と懇談。

19日の東京湾岸は快晴。散歩は爽快だった。










規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/09/20

    【「同感です」】

    「世界の取り決めはどうあ

    れ、一度だけでも良いから日本人の選手たちだけで英連邦の競合の諸国の

    代表と試合をして貰いたい」