政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5130号  2019・8・8[木)

2019/08/08


□■■□──────────────────────────□■■□
 わたなべ りやうじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5130号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
 
       2019(令和元年)年 8月8日(木)



         国民が互いに心と情を分かちあう国に:加瀬英明

  雀庵の「寿限無式の岩波用語&現代詩」:“シーチン”修一 2.0

             全英女子オープンゴルフ優勝:馬場伯明
              
                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記



━━━━━━━━━━━━━━━━━
国民が互いに心と情を分かちあう国に
━━━━━━━━━━━━━━━━━


             加瀬 英明

今日の社会は、お金とハイテクノロジーによって、支配されている。右を
向いても、左を見ても、お金とハイテクノロジーだ。

ほとんどの人にとって、人と人との繋(つな)がりも、金(かね)による。お
金もハイテクノロジーも、数字によって成り立っている。だが、お金やハ
イテクノロジーや数字には、心も情もない。

私たちの身の回りのあらゆることが、数字によって計られている。老後は
貯蓄が二千万円なければ暮してゆけないとか、経済成長率、物価上昇率、
時間、血圧、血糖値、ものの値段‥‥によって、頭がいっぱいだ。

個人が何よりも大切だ。いつの間にか、個人がもっとも尊い存在となって
いる。家族や一族や国は、個人の下に位置している。

個人という言葉は明治に入るまで、日本語のなかに存在しなかった。西洋
語を翻訳してつくった、明治新語の1つだ。

それまでは、日本人は持ちつ持たれつで、心と情を共有して生きていたか
ら、自己だけを主張する「個人」という発想がなかった。

つい3、40年前までは、人々は心と情によって結ばれていた。縁を大切
にして「ご縁をいただいて」と、いったものだった。いまではお金の
「円」が、縁を駆逐してしまった。

 お金はいったん使ってしまったら、何も残らない。金(かね)が人と人の
絆(きずな)になると、刹那(せつな)の結びつきになる。

人々がお金とハイテクノロジーによって動かされ、心も情もない社会に生
きるようになると、人の心は生きているから、心が傷ついて、神経症を患
う者が増えることになる。

全員が口を揃えて、現代生活の「ストレス」を訴えるが、この言葉も3、
40年前に存在しなかった。そのために家庭内暴力や、60歳になっても引
きこもる人々が、珍しくない。

かつては、お金やハイテクノロジーにかわって、道徳や、一族、地域の
絆、理想が生活を律していた。

明治22(1889)年に公布された大日本国憲法と『教育勅語』は、アメリカ
占領軍によって廃止されたが、理想を説いていた。

アメリカが占領下で、主権を失った日本に強要した日本国憲法は、日本精
神を失わせて、日本に武装を禁じ丸裸にすることによって、日本がアメリ
カに永久に従属する国となるように、日本国民から誇りと独立精神を奪う
ことを、はかったものだった。

現行憲法は、“アメリカの平和のための”「平和憲法」だった。

ところが、日本国憲法が公布された僅か4年後に、ソ連と中国が北朝鮮を
嗾(けしか)けて朝鮮戦争が始まったために、日本政府に慌てて自衛隊の前
身となった警察予備隊を創設するように命じて、日本の再軍備が始まった。

「平和憲法」は大失敗作だった。日本国憲法の賞味期間は、4年しかな
かったのだ。

その後、日本国民は賞味期限が数十年も前に切れた憲法を、食べ続けてい
る。腐敗した、異臭のする食物をたべているようで、心身ともに健康を害
している。

現行憲法は前文で「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることがない
やうに」といって、先の戦争はアメリカが仕掛けたのに、責任を日本だけ
に負わせて、日本が“性悪の国”だときめつけている。

このままでは、日本が滅びる。現行憲法を改正して、前文に日本が誇るに
価する国であって、家族と社会の絆を尊び、国民が心と情を分かち合う理
想を、高らかに謳(うた)いたい。


     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
雀庵の「寿限無式の岩波用語&現代詩」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


       “シーチン”修一 2.0

【Anne G. of Red Gables/6】8/4の産経・読書面に衝撃を受けた。言語は
意思を伝える手段であり、できる限り分かりやすくした方がいいと小生は
思っているし、それにプラスして正確に表現しようとする記者、文筆家た
ちもまず「分かりやすさ、正確さ」には配慮をしているはずだ。

山本浩司・早稲田大教授(ドイツ文学)の書評「運命の旅/デーブリーン
著 光るモダニズム表現技法」を読んで1965〜1970年の全共闘・新左翼の
「赤い暗愚発狂時代」を思い出した。その末席に小生もいたのだから偉そ
うなことは言えないが、その大言壮語的意味不明の日本語を書く人がまだ
いるなんて、老人を昼寝から覚ますには十分な驚きだった。曰く、

<このユダヤ人作家(デーブリーン)は、ブレヒトらと同じ左派亡命作
家だったのにカトリックに改宗し晩節を汚した。転向者とみなされ、リベ
ラル派の牛耳る戦後(日・独)文学界でも鬼子扱いされたのだ>

書評で最初に著者を罵倒、侮辱するのは珍しい。奇妙な人である。小生
なら「毀誉褒貶の人である」とか書くけどなあ。

日・独のリベラル≒アカモドキはすっかり斜陽で見る影はないが、早稲田
は未だに革マルの牙城なのか。クロカン/黒寛こと教祖・黒田寛一の本名
は山本寛一(ひろかず)、山本浩司(ひろし)はその親戚か? 黒田=山
本寛一はドイツ医学を目指し(視力低下で断念)、山本浩司はドイツ文学
専攻。山本浩司はその係累なのかどうか。

山本浩司は多分50歳前後で、日本独文学会の理事などを務めており、斯界
では有名人のようだ。一方、同書の訳者、長谷川純は1957年東京生まれ、
今は62歳。ルール大学、ボン大学に学び上智大学ドイツ文学専攻博士後期
課程修了(博士)。現在は第一線を引いたのか、和光大学表現学部非常勤
講師を務めている(友によると非常勤講師は“社会奉仕、それで生活はで
きない”)。

山本浩司にとって長谷川純はドイツ文学を含む「ドイツ語」業界におい
ては先輩であろうに、交流があろうがなかろうが先輩の訳書を貶すのはい
かがなものか。長谷川は「原子力と人間の歴史 ドイツ原子力産業の興亡
と自然エネルギー」(2015)も翻訳しているから、結構な実力者ではないか。

山本浩司がデーブリーンを罵倒する理由が分からない。「改宗は悪」はカ
ルト的秘密結社、革マルの規約第一条ではないのか。黒寛→松崎明(JR総
連のボス)→枝野幸男が革マル商法の血脈のようだが、山本浩司は何者な
のか分からない。

在米中の1947年、「米下院非米活動委員会(共産主義者摘発の委員会)の
審問を受けた翌日に米国から逃亡し、1955年にスターリン平和賞を受賞し
たアカのブレヒト」(WIKI)を称賛しているのだから怪しい感じがするけ
れど。

ドイツでは今、リベラル≒アカモドキが不法移民に反対しているAfDを叩き
まくっているが、かなり狂気じみている。自分の考え以外は全部敵 or 愚
者、というナチズムなど「過激な原理主義を生む精神風土」と「時限爆弾
的発狂因子」がドイツにはあるみたいだ。

山本浩司の書評の最後を読むと堅気の人は面食らうだろう。

<(本書「運命の旅」は)離散家族の奇跡の再会というと、感動的な物
語を想像するが、感傷を排し、現実をありのままに観察して記録するのを
身上に、旅の途上で遭遇する事柄の微に入り細を穿つ描写に徹する。辛辣
ながらも惚けた自作小説の語り口そっくりに、自身の経験にも安手な大団
円を迎えさせず、結末を先に延ばす右往左往を楽しむ気配すら漂わせる。

0年も昔の自伝作品を再読する意義は、説教の定型表現を大きくは逸脱し
ていない信仰告白や、戦後社会の欺瞞を撃つ人間観察の鋭さよりも、モダ
ニズムの表現技法が戦下の例外状態を言語化するのにいかに有効であるか
を改めて認識させてくれる点にあると言えるだろう>

「再読」って・・・書評を読む人は皆「初読」だぜ、「俺は以前に原書
で読んでいるんだ」と偉ぶっているみたい。この人、自意識過剰、上から
の視線、他者がバカに見えちゃうという革マルそっくり。ほとんど病気
じゃない? 簡単なことを無理して難しく書くのがいいと思っているみた
いだ。まるで岩波文化人の翻訳書みたい。

I love you. I want you. Let's fall in love.で済むものを、

「成年男子に見られる成長の特徴として、形而上的な異性への過度の憧れ
と形而下的なリビドーにより、それを他の対象へアウフヘーベンできず、
特にメタフィジカルな人格の場合は視野狭窄のように異性に執着し、脳内
のドーパミンが過剰になり幻覚や妄想が出現しやすくなる現象は、性的抑
圧の解放により安定化を図る他にはない、と識者が言っています。ついて
は美祢子さん、ストレイシープ状態の僕のフロイラインになってください」

何や、こん人、けったいなやっちゃ、気味が悪いで、と振られることは間
違いない。

先日、友人が詩を送ってきた。現代詩・・・定型とか韻とかいうルールも
ない上に、小難しく書くのがいいみたいで、「で、何を言いたいのよ」と
聞きたくなる。

<鳥籠から飛びさって その声が われらの空をつくるとき 救命ボート
をうち砕いて その影が われらの地平線をつくるとき わたしの渇きは
 正午のなかにある>(田村隆一「幻を見る人」)

これをいいなあと思う人たちだけが現代詩や思潮社を支えているのだろ
うが、昔から「現代詩でメシを食える人はゼロ」だったが、近く現代詩を
書く人自体がゼロになるだろう。

難解な文章や詩の表現技法が、現在の心的物的状態を言語化するのにいか
に有効であるかを改めて認識させてくれる――のではなく、ひたすら言語も
意味も不明瞭である。現代詩で心に迫るリアリティのある、心を動かす作
品は、シベリア抑留帰還者の石原吉郎ぐらいのような気がするが、ほとん
どの詩人の作品は小生にはとても理解できない。まるで寿限無、お経の類。

現代詩は戦後文学の最先端にある、なんて持てはやされた時期もあるが、
それも遠い記憶だ。

ついでながら書道のアバンギャルド的作品なんかまったく分からん、チン
プンカンプン。「えーっ!これで200万円!?」、別世界だ。お弟子さん
に半強制的に押し売りするのだろう。買わないと師匠、その愛弟子(師匠
の作品を買った、買わされた弟子)からシカトされる。裏の世界はあまり
見ない方がいい。

芸術は概ね気分/感情/投機の世界で、できる限りそれらを抑えて知性/理
性でモノを見たいという小生には理解不能の作品がいっぱいある。「現代
詩手帖」も岩波「世界」も岩波文化人とともに昇天中の感。わても追捕す
るよって、せいぜい気いつけるんやな。

今日も暑かった。猫に鰹節、ヂイヂに涼風、発狂亭“クーラー命”雀庵の
病棟日記から。

【「措置入院」精神病棟の日々(126)2017/1/3】【産経】産経抄、「置
かれた場所で咲きなさい」の著書で知られる渡辺和子ノートルダム清心学
園理事長(89)が12/30にすい臓がんで亡くなった」。彼女は2年間、うつ
病で苦しんだから同病相憐れむ同志である。

「欧州秩序 試練の年 独仏蘭で重要選挙 大衆迎合主義派脅かす」。
EU=狂気的リベラルはいよいよ坂を転げ落ちそうだ。お先に「ブリグジッ
ト」の英国では「英女王 新年礼拝も欠席」、90歳だから無理は効かない
が、次がチャールズでは国民は納得しまい。

「中英結ぶ貨物列車 運行開始」、1/1から1万2000キロ、18日間かけて百
均グッズを運ぶのか、それとも軍隊と兵器を送り込んでアヘン戦争のリベ
ンジをするのか?

外山滋比古「正論 若い世代に求めたい新しい知性」。正月早々の愚
論・・・曰く、

<ひとりだけの知識、知的個人主義が不毛でありやすいことを、現代は
まだよく理解していないらしい。本を読むより、違ったことをしている仲
間と語らい合う方がどれくらいためになるか、今の個人主義者、孤立派に
は分かっていないようだが、一人で考えることには限界がある。他の人と
雑談をすると、一人では思いつかないようなことが飛び出してくる。

昔ヨーロッパの大学がカレッジ(学寮)で学生に生活と学問を一体化さ
せた意義は大きい。独学、一人だけの修行が好きな日本人はついに、お
しゃべり、雑談の面白さを知らずにきたが、今からでも遅くない。知的会
話のクラブをつくったり、新しい文化を開発させることが望ましい。

近づく大変動にしてやられるのではなく、それをきっかけに新しい人間に
なる、今はチャンスである。若い人たちが新しいホモサピエンスになるこ
とができるのは素晴らしいことである>

歴史に残る優れた事績、学問、技術、芸術は概ね「個」から生まれた。
優秀な「個」が集まれば刺激し合っていいだろうが、猿が百万匹いても何
も創造しないだろうに。繁殖して数十万年も経てば右手に棍棒、左手に石
を握った猿が生まれるかもしれないが。(つづく)2019/8/


   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
渋野日向子、全英女子オープンゴルフ優勝
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              馬場 伯明

まさに快挙だった。渋野日向子(20歳・RSK山陽放送所属、以下、渋野選 手)が、2019年米ゴルフ AIG全英女子オープン(以下、全英女子)で、終 盤の大激戦を制し、あざやかに初優勝を飾った。

日本時間2019.8.5(日)02:30 観続けたTVの前で、思わず「やった!」 と叫んでいた。18番ホール、6mの下りのスライスラインを見事にカップイ ンさせバーディ。18アンダーとし、勝利のパターを高く掲げた。

英ミルトンキーンズ・ウォバーンGC(6756ヤード、パー72)で行われた大 会は、賞金総額450万ドル(約4億9500万円)優勝賞金67万5000ドル(約 7400万円)で開催された。日本勢では男女を通じ42年ぶりのメジャー優 勝。1977年に全米女子プロを制した樋口久子さん(現LPGA顧問)以来2人 目である。

すでに、全マスコミから洪水のように報道がなされた。私がわざわざ本誌 に書く必要もないと思われるが、許されたい。私見や感想を述べる。

1.渋野選手には強い基礎体力がある。陸上競技選手(投てき競技)だった という両親からその素質を受け継いだのであろう。また、ソフトボールの 選手(投手)としても鍛えており足腰が強靭(そう)である。

2.ゴルフ自体の技術がすごい。岡本綾子さんは、渋野選手が2019.5.12に ワールドレディース・サロンパス杯で優勝したとき「モノが違う。渋野時 代の幕開けにしてほしい」と解説した。慧眼である。今回「本当によかっ た。本当にうれしかった。渋野、おめでとう」と喜んだ(岡本綾子さんの コメント。日刊スポーツ 2019.8.5 )。

安定した土台(足腰)で、広いスタンスからドライバーを最後まで正確に 振り切ってしまう。すばらしい技術だ。最終日、12番・253ヤード(パー 4)で、他の選手など見向きもせず、ドライバー・一閃。果敢に攻めグ リーン右奥エッジに乗せた。寄せてバーディ、首位に迫る。ここからは反 撃一途、勝利へのバージンロードを歩くだけとなった。

次に強気のパットである。全英オープン4回制覇のトム・モリス・シニア の有名な言葉がある。「Never up, never in(届かなければ、入らな い)」。パットはホールに届くように打つべきだが「言うは易く行うは難 (かた)し」だ。全盛期のタイガー・ウッズや青木功がそうだったよう に、今の渋野選手はそれができる。

3.精神力(気力)がすごい。前述した12番ホール(パー4)をドライバー で1オンを狙った。強い精神力。また、18番の勝負のグリーン上で「バー ディか、3パットか」と決断し打った。私は一瞬「あっ、強すぎる!」と 思ったが、「壁ドン」でカップイン。外野席の評論雀(訳知り)らは、外 れたら「プレーオフを考えないのか。頭が悪い」などと、上から目線で後 講釈を垂れる者が多い。

「バウンスバック率」ってご存知ですか。ボギーやダブルボギーを叩いて もすぐバーディを取り返す「反発力」のこと。今年の女子プロのダブルボ ギー以上を見ると、その直後に渋野選手は17回のうち6回(35%)バーディ を獲っている。賞金ランク上位5人でも簡単ではない。上田桃子(6回で1 回)、申ジエ(5回)・鈴木愛(6回)・イ・ミニョン(7回)の3人の直後 のバーディは0回だ。渋野選手の反発力(技術+気力)の高さは際立って いる。(「パーゴルフ」2019.8.6・13号22頁)

4.サービス精神と笑顔が「半端ない」。スイングとパットのプレー中以 外は終始笑顔、笑顔である。ギャラリーを楽しませる。次のホールへの移 動中にファンとハイタッチ。訳知り者は、こう言うだろう。「悪いファン に手や腕を引っ張られケガしたらどうするのだ」と。(ほっといてく れ)。彼女はものともしない。

3ラウンド目。17番を終え、使っていた手袋を、求めた少年にポイと与え た。18番は新品の手袋でプレーした。普通の選手はそうはしない。なじん だ手袋の方が安心だから。積極的な気力が笑顔の奥に満ち満ちていた。17 番に続き18番もバーディだった。

優勝しグリーン上で破顔一笑。あっけらかん。普通の選手(女の子)だっ たら、泣くよなあ・・・(笑)。コーチ兼キャディーだった青木翔氏は、 ピン(旗竿)を持ったまま、目頭を押さえ泣いていた。

5.渋野選手が優勝スピーチを英語で始めたので「あれっ、英語が話せる んだ」と思ったら、書いた紙を読んでいた。最後のところで突っかかり、 本人が爆笑。中断し「・・・Thank you!」で締めた。宮里藍ちゃんの夫 の座親匠さん(38)が英語のスピーチをカタカナ(!)で書いて渡したの だそうだ。なるほど(笑)。

6.渋野選手は岡山県出身で作陽高校(津山市)卒業と知り親近感を覚え た。私は川崎製鉄(現JFE)に入社以来10数年岡山県倉敷市の水島製鉄所 に勤務した。30歳からゴルフを始めた。コンペなどで県内のゴルフ場のう ち約20か所でラウンドした。作陽高校がある津山市周辺にはゴルフ場が多 い。赤坂CC(川鉄Gr運営)では山陽クイーンズレディースが開催され、ゴ ルフ場提供企業の裏方でもあったので毎回観戦した。岡本綾子、涂阿玉、 吉川なよ子などを間近で応援した。

津山市の近くには、赤坂CC(川鉄)のほか、岡山御津CC(クラレ)、赤坂 レイクサイドCC、津山CC、山陽GC、真庭CC、作州武蔵GCなどがあり、それ ぞれでラウンドし、私的なコンペでは何回か優勝した。

7.全英女子開催前の2019.7.23に発売された2019.8.6〜13号「週刊パーゴ ルフ」の表紙には渋野選手の笑顔があった。その服装は全英女子と似てい る。帽子は白のPING、上着は、白い襟に薄緑の生地にハワイの風景が描か れ、“WONDERLAND”“TO YOU ALOHA”“KAMEHAMEHA”などの文字がプリントされ ている。これはビームスゴルフ製である。

この号には、表紙だけではなく「渋野日向子のココがスゴイ!(22〜23 頁)」「北海道の牛タンに舌鼓!39頁」「(アプローチ)「インサイドイ ンの軌道で・・76頁」がある。パーゴルフ編集部には先見性(!)があ る。編集部にその旨電話したら「ありがとうございます。2019.8.19に次 号が店頭に並びます。当然渋野日向子を特集します」と。買おう。

渋野選手は「ビームスゴルフ」と2019年5月にウェア契約を締結し、以降 の大会では同ブランドが生産、販売するウェアを着用しているという。全 英女子での着用モデルは「マルチロゴ ポロシャツ(15120円)」であり、 はや完売だという。ビームスも読みが鋭い。

8.最後は、やはりあの駄菓子だろう。ラウンド中「タラタラやってん じゃね〜よ!」を食べる渋野選手の姿がTVに映り世界中に知れ渡った。タ ラのすり身に辛い味付けをしているスナック菓子。知るだけじゃつまらな いので買って食べてみた。「 うっ、辛い!」。ショットに気合が入るか も。製造元の「よっちゃん食品工業」(山梨県中央市)にはマスコミから の取材が殺到したらしい。増産するのかな。

私はスポーツをするのも好き、観るのも大好きである。プロ野球はカー プ、サッカーならV長崎(J2)、女子ゴルフは昔の岡本綾子というふう に、特定のチームや選手を応援する観方である。傍観者の位置から後講釈 をブツブツ垂れるのは余り趣味ではない。自分の贔屓のチームや選手が不 調であれば落ち込むけれども、一喜一憂するのもファンの特権、ある意味 で楽しいものだ。

女子ゴルフでは、宮里藍ちゃんの他に森田理香子のファンである。2013年 に4勝し賞金女王にもなったのに、なぜかアプローチショット・イップス 病から抜け出せない(*1)。2016年以降はシード落ちし休養宣言した。森 田選手の復帰を祈りつつ渋野選手を応援することにしよう。

渋野日向子よ、きみは若い。さあ、世界に大きく羽ばたけ。世界を真に制 覇するたたかいは、今始まったばかりだ。(2019.8.7 千葉市在住)

(*1)低レベル(!)の話ではあるが、私も、10数年間アプローチからパ ターまでイップス病である。そこで、ウェッジとパターを左打ちクラブに 替えてプレーしている。左のアプローチにキャディさんが驚く。

  
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◎今度は産経が「シンデレラスマイル」とやってくれた:前田正晶

引き続き英文法の克服の仕方を。6日にも触れた事だが、私は七面倒く さい英文法を「音読・暗記・暗唱で何とか克服した」と回顧して見せた。 結果的には生きている言葉を後から追いかけて、かえって理屈っぽくした 解り難く覚えにくくした英文法を何とか自分の物に出来たのだった。それ は繰り返して音読し暗記する間に自然に正しい文法の形が頭に入って、英 語で何か書く場合でも、会話をする場合にも間違っても不正確な言葉か熟 語は出てこなくなったのである。その間に正しい文法を学校で教えられ、 「なるほど。ここにはそういう原則があったのか」と文法が後追いの形で ついてきた事になったのだ。

ここでいきなり話題を変えたのかと思わせるアメリカ独特の冗談を紹介し よう。未だ野球が存在しなかった時に、野球を細かい規則まで考え出した 人がスポーツ界の権威者にプリゼンテーションをして「こういう競技を広 く普及させましょう」と訴えたところ「そんなに規則でがんじがらめにし た競技が受け入れられる訳がない」とにべもなく却下された」というも の。何となく小難しい文法を優先的に教えれば、子供や生徒たちに「イヤ 語」を拒否されている現状と似ていないか。

話を本筋に戻そう。シンデレラスマイルではこれを英語で書いてみれば “Cinderella smile”となって「シンデレラが微笑む」となってしまって本 来の「微笑みのシンデレラ」とは意味が違ってしまう。即ち、シンデレラ が主語ではなくなっているし、smileの後に3人称単数の“s”が抜けた文法 的誤りにもなっている。産経新聞ともあろう会社が何を考えていたのかと 大いに疑問に感じた次第だ。

先日も採り上げた「進行形」を形容詞に使った語法というか、熟語を色々 と思い出そうとしてみた。だが、1年の66%以上を英語過ごした来た時期 を25年前に終えた現在では中々これという例が出てこなかった。それと 1994年1月末までの22年半には待ったなしで英語だけで仕事してきた最中 には勿論文法的な誤りを犯さないように話してはいたが、そういう事態に 追い込まれると朝から晩まで「文法」に注意していても、学校で教えられ 克服したと思っていた日本式の文法など何処かにとんでしまっていた。

それはアメリカ人の中にいれば、挨拶をすると“Thanks. I’m doing real fine.”などと「そこはreally fineでは」と戸惑うような事を言われる し、かなりチャンとしたインテリ階層にあるはずの工場長に“Hey! Don’t say nothing.”などという二重否定が使われたし、「俺の言う事が解って いるのか」が“Are you with me?”などと言われれば、文法は兎も角混乱さ せられるのだ。

「スマイルシンデレラ」が何故宜しくないかは既に指摘した。こう言う誤 りを防ぐ為には上記の「音読・暗記・暗唱がある」のだが、動詞の進行形 を名詞の前に置いた例文を沢山覚えておけば「そうだ、ここでは進行形を 形容詞のように使うやり方があった」などと考えないでも済むようになる のだ。いや、なるようになるほど沢山の英文を覚えていく事だ。そこで、 以下にに思いついた(思い出した)例を幾つか挙げてみよう。逃げを打っ ておけば、英語だけで暮らしていたのは25年前までの事だ。

He is a walking encyclopedia またはdictionary. と言えば「彼は生き 字引のように物知りだ」となるのだが、walk dictionary では文法的にも 誤りで意味を為さなくなるとご承知願いたい。

It’s a walking distance from here. と言えば「歩いて行ける距離で す」のことになり ing を抜かすと文法的におかしくなる。一見、walk distanceでも通じそうだし、恐らく解って貰えるだろうが、文法的におか しいと相手には読まれてしまうだろう。

“running expenses” は「経常費」事で、ここでも進行形でなければな らない。維持費は“operating cost”であるが“running cost”でも良しと なっている説もようだ。私は大名三塁手だった某氏の華麗な「ランニング スロー」(running throw)は「“throw”が走っていることになるのでは」 と否認してきた、では何と言えば良いかとなれば、フットボール用語に “run and shoot”というのがあるので“run and throw”とでもすれば良いか と思っている。でも、先日聞いたMLBの放送では確か“beautiful running catch”というのがあった。

結論では「後追いで出てきた文法の枠に縛られる前に、何とかして多く の例文を覚える事を優先しましょう。理屈はその後から追いかけても間に 合った先例がここにあります。私以外にもこれまでに紹介した成功例があ るのもお忘れなく」となる。誤解なきよう申し上げておくと「これは決し て文法無視の勉強法ではない」という事。私は「言葉が先で文法という理 屈は後から追いかけてきたのである」と考えている。




━━━━━━━
身 辺 雑 記  
━━━━━━━

8日の東京湾岸も晴天、爽快。

7日の東京湾岸は快晴。午前は都内の大学病院でMRIの検査。







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。