政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5115 号  2019・7・24(水)

2019/07/24



□■■□──────────────────────────□■■□
 わたなべ りやうじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5115号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
        2019(令和元年)年 7月24日(水)



          台湾の新政党「喜楽島聯盟」:Andy Chang 

         フンセン、中国と海軍基地建設で:宮崎正弘    
   
               「青い山脈」の頃:渡部亮次郎

                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記

━━━━━━━━━━━━━
台湾の新政党「喜楽島聯盟」
━━━━━━━━━━━━━
 
       Andy Chang 

7月20日、台湾の台南市で新しい政党「喜楽島聯盟」が名乗りを上げ
た。この政党は長老教会が主体となって推進する新政党で、約200人
が参加した。投票によって長老教会の羅仁貴牧師を初代党首に選出した。
副党首は政治学者の施正鋒が当選した。

喜楽島聯盟は「喜樂島連盟」は「反中国併呑」「正名台湾国」「制定新
憲法」「加盟連合国(国連加盟)」をスローガンに掲げている。台湾の
将来は台湾人が決定するとはもとより台湾人の主張だが、蔡英文総統
はこの主張を避けて現状維持で政治が3年も停頓していたため、去年
の中間選挙で民進黨が惨敗した。台湾人が民進黨に失望して国民党に
投票したのである。

なぜ新政党を立ち上げたかと言うと、来年の総選挙で人民が国民党に
投票しないようにするためである。台湾人は民進黨に失望している。

その上に最近の総統候補の初期選挙で民進黨が勝手に選挙ルールを変
更して蔡英文が総統候補に当選したので殆どの民衆は民進黨を見限っ
たと言われている。民進黨はダメ、国民党は絶対ダメ。困ったものだ。

もしも蔡英文が落選して国民党の韓国諭が当選し、国会で国民党過半
数となれば中国の台湾併呑が実現する。来年の総選挙は台湾の危機で
ある。喜楽島聯盟はこの危機を防ぐため総統候補者は出さないが民進
黨とは別の15人の立法委員候補を立てると発表した。つまり民進黨の
国会議員の大多数が落選することを予期して国民党議員が当選しない
ように新しい議員を立てることが新政党の目的である。

民衆は蔡英文政権に失望している。3年前に蔡英文が総統に当選して
民進黨が国会で多数派となり、台湾民衆は民進黨の完全執政となった
ことに大いに期待した。ところが蔡英文は国民党員を閣僚に起用し、
人民の期待した司法改革、憲法改正、公平正義は進捗せず、3つの外
交国を失い、軍艦疑獄、経済汚職、建設汚職など大きな問題が起きた。
人民が期待した陳水扁元総統の冤罪も解決しなかった。

台湾人は蔡英文に失望したが国民党に政権を渡すわけにいかない。2
大政党制度の選挙では民進黨に失望したから国民党に投票する、投票
しない、嫌でも民進黨に投票するの3つの選択がある。喜楽島聯盟は
新たに15名の候補者を出して第4の選択肢を加える。

最近香港で起きた反中国デモンストレーションのお蔭で親中国を主張
する国民党を警戒するようになった。それでも蔡英文評価は最低で、
今では民進黨候補に投票する民衆は「殆ど居ない」と言われている。
喜楽島聯盟の推薦する15人が全員当選しても台湾派が国会で優勢を
守れるかはわからない。「天祐台湾」を祈るばかりである。


━━━━━━━━━━━━━━━
フンセン、中国と海軍基地建設で
━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月23日(火曜日)
        通巻第6152号  <前日発行>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
フンセン、中国と海軍基地建設で秘密協定に署名か
   30年担保、99年リース、コッコン空港は2020年に完成
********************************

偵察衛星によってカンボジアのタイ湾に面するコッコンの郊外に3600メー
トルの滑走路がほぼ完成していることが判明した。大型ジェット機ばかり
か、この長さがあれば軍用の大型輸送機が発着できる。

かねて情報を掴んでいた米国は昨秋、ペンス副大統領がフンセン首相に書
簡を送り、中国の海軍基地使用を認めるのではないかと打診し、2019年1
月には米国防総省が、カンボジア国防相に問い合わせをしている。

フンセン首相も、カンボジア国防相も「そんなことはあり得ない。フェイ
ク情報だ」と頭から否定してきた。

コッコン開発はタイ国境に近いことからリゾート観光、ゴルフコースなど
を建設し、一帯を「一帯一路」の一環プロジェクトとして、中国は38億ド
ルの投資を表明した地域である。

しかし疑惑は深まり、ウォールストリートジャーナルは7月21日付けで、
「密約の機密文書にフンセンが署名した」と報じた。具体的にはコッコン
を30年の担保、99年のリースとしたことが判明したと報道した。

この遣り方は、同様な契約を迫られて拒否したタンザニア大統領が、メ
ディアに暴露してことで、世界的に中国が同様なオファーをしている事実
も浮かんだ。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌7月21日号の読者欄に関して、在日朝鮮人の辛氏は、
野村進『コリアン世界の旅』(講談社α文庫)でこのように。
(以下引用 P.133、辛淑玉へのインタビューより)

「私、1970年頃に阿佐ヶ谷の朝鮮学校(東京都杉並区の朝鮮第九初級学
校)に入るまでは、日本の小学校でいじめっ子だったんですよ。日本人の
子と「朝鮮人ごっこ」っていうのをして、「あんたは朴」「あんたは李」
と、私が決める。気に入らないと名前を付けてやらないわけ。そうする
と、みんな朝鮮人になりたくて、私に媚びてくるんですよ。でも、ならし
てあーげないって(笑)。ところが、朝鮮学校に入ったら、私より強いや
つが山のようにいる」(以下略)(KL生)

  ♪
(読者の声2)今回の参議院選挙で、改憲勢力は発議に必要な3分の2に
手が届きませんでした。憲法改正は遠のいたと思います。

自民党は議席を増やしていますから、一応は勝利なのでしょうが、相変わ
らず莫迦たちの政党が議席を取得しました。なんとも日本には政治がわか
らないポピュリズムが蔓延っているのでしょうねぇ。(GH生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)10代から20代の有権者の自民党支持が急増してお
り、旧「革新」を支えるのが「団塊の世代」以後、とくに60代から70代に
固まっています。

全体として左翼は減速しており、身内での票の取り合いが進んでいるとみ
ました。山本一派が2議席を取り、その代わりに川田龍平が落選しており
ます。

また「NHKから国民を守る党」が1議席とりましたね。快挙では?
一方で「維新」が意外なほど健闘しています。改憲勢力ですが、時代が急
変すれば、少数野党が立場をころりと変えるでしょう。

  ♪ 
(読者の声3)「2019年参議院選挙 ―日本よ、どこへ行く!」
参議院選挙の結果が出ましたが、改憲勢力は憲法改正に必要な3分の2の
多数を失ってしまいました。ペルシャ湾情勢も風雲急を告げる中、今後の
憲法改正と安全保障議論は、どこへ行くのでしょうか?

単なる結果としての議席配分だけではなく、その背景にある民意や政党の
支持構造、無党派層の動向等を知ることで、これからの日本の進路も見え
てくるのではないかと思われます。

そのようなことを目的とした以下の研究会に未だ少しの残席が御座いま
す。貴重な機会ですので多くの方々のお申し込みを待ち申し上げております。

2019年の参議院選挙は今後の憲法改正その他の国家としての日本の進む
道に大きな影響を与える重大なものと思われます。そこで、その結果を詳

細に分析し、背景にある民意を精密に知ることは、これからの日本を考え
る上でも非常に重要なものと思われます。

米国型の科学的選挙分析に関する日本の第一人者が、そのような諸件を踏
まえて科学的データに基づいて解説してくださいます。貴重な機会ですの
で、多くの方々のご参加を待ち申し上げております。
            記
【日 時】 平成31年7月25日(木曜日)午後6時〜8時 (受付5時
30分)
【会 場】 憲政記念館・第2会議室 (千代田区永田町1-1-1/国会正面
向側)
【参加費】 2000円
【講 師】三浦博史:慶應義塾大学卒。安田信託銀行入行。その後1979年
から椎名素夫衆議院議員公設秘書を9年間務める。その間、社団法人国際
経済政策調査会事務局長等を歴任。1988年、米国国務省個人招聘プログラ
ムで米国に派遣。1989年、日本初の選挙プランニング会社である「アス
ク」を設立。代表取締役。以後、世界各地の選挙事情の情報収集などにも
努め、日本各地で行われる国会・首長・地方議会選挙で、わが国初の選挙
プランナーとして活動中。
演 題  「2019年参議院選挙 ―日本よ、どこへ行く!」
【主 催】グローバル・イッシューズ総合研究所
【要予約】以下の申込フォームから必ず事前にお申込みください。
https://ozakiyukio.jp/information/2019.html?fbclid=IwAR0bsevQSLSDlZOmpYYXqZhdiWSLNI6PCYAyFNYA_NxdohsvOcJjaFglKoc#0611
   (グローバル・イッシューズ総合研究所

 
      
━━━━━━━━  
「青い山脈」の頃
━━━━━━━━


   渡部亮次郎

恥かしい話を書く。多分生まれて初めて観た劇映画が「青い山脈」であ
り、昭和26(1951)年の早春、新制中学を卒業寸前の15歳、教師引率で、町
の映画館で観た。

もちろん白黒。公開されて既に2年経っていたらしいが、それは今になっ
て調べて分かった事。町と言いながらド田舎だったのである。

昭和の御世。15歳まで映画も観られなかったとは万事、貧しかった。
もっとも戦争中は見ようにも映画が製作されてなかったらしい。

映画「青い山脈」(あおいさんみゃく)は石坂洋次郎原作の日本映画。
1949年・1957年・1963年・1975年・1988年の5回製作されたが最も名高い
のは1949年の今井正監督作品である。私の観たのがこれだ。

主題歌の『青い山脈』は日本映画界に於いて名曲中の名曲ともいえる作品
で、過去の映画を紹介する番組などでは定番ソングともなている。2007年
10月24日のラヂオ深夜便で久しぶりに聴いたので映画の事を思い出したの
である。

西條八十(やそ)作詞、服部良一作曲の名曲。映画を見たことが無い人でも
歌だけは歌える人が多い。また映画ではラブレターで「戀(恋)しい戀し
い」というところを「變(変)しい變しい」と誤記してしまうエピソード
は大いに笑わせた。

長編小説『青い山脈』は1947年に「朝日新聞」に連載。

東北の港町を舞台に、高校生の男女交際をめぐる騒動をさわやかに描いた
青春小説。また、民主主義を啓発させることにも貢献した。

私は新憲法は中学生ながらに全文を読んだが、民主主義の実際については
「青い山脈」に教えられた。

1949年に原節子主演で映画化され、大ヒットとなった。その3ヶ月前に発
表された同名の主題歌も非常に高い人気を得た。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石坂洋次郎(いしざか ようじろう 1900年1月25日―1986年10月7日)は、
小説家。青森県弘前市代官町生まれ。戸籍の上では7月25日生まれになっ
ているが、実際は1月25日生まれ。

弘前市立朝陽小学校、青森県立弘前中学校(現在の青森県立弘前高等学校
の前身)に学び、慶應義塾大学国文科を卒業。1925年に青森県立弘前高等
女学校(現在の青森県立弘前中央高等学校)に勤務。

翌1926年から秋田県立横手高等女学校(現在の秋田県立横手城南高等学
校)に勤務。1929年から1938年まで秋田県立横手中学校(現在の秋田県立
横手高等学校)に勤務し教職員生活を終える。

『海を見に行く』で注目され、『三田文学』に掲載した『若い人』で三田
文学賞を受賞。しかし、右翼団体の圧力をうけ、教員を辞職。戦時中は陸
軍報道班員として、フィリピンに派遣された。

戦後は『青い山脈』を『朝日新聞』に連載。映画化され大ブームとなり、
「百万人の作家」といわれるほどの流行作家となる。数多くの映画化、ド
ラマ化作品がある。

他に、『麦死なず』『陽のあたる坂道』『石中先生行状記』『光る海』など。

「青い山脈」では作者は青森県立弘前高等女学校(現在の青森県立弘前中
央高等学校)の教師であった。当時疎開中の女子学生達から聞いた学校生
活をこの小説の題材にしたと思われる(「東奥日報」2005年8月15日新聞
記事による)。

この記事は間違っている。現在の青森県立弘前中央高等学校の教師であっ
たのは1925年(大正14年)であって「当時疎開中の女子学生達」とは何の
ためにどこから疎開してきたのか。東奥日報の我田引水もいい加減にしろ。

閑話休題。1949年版映画のスタッフ。監督:今井正、脚本:今井正、井手
俊郎、音楽:服部良一。作曲を電車の中で、数字で作曲していたら、折か
らの闇物資を売買する闇商人に間違えられた、という作り話のようなエピ
ソ−ドがある。

主なキャスト 島崎先生(女学校の教師):原節子、沼田校医:龍崎一郎
、金谷六助(旧制高校生):池部良、寺沢新子(女学生):杉葉子、 ガン
ちゃん(旧制高校生):伊豆肇、 笹井和子(女学生):若山セツ子、梅太
郎(芸者):木暮実千代だった。

2007年、『映画俳優 池部良』が出版される。2007年2月、東京池袋の新
文芸座のトークショーにて、その本の編集者から「青い山脈の時に31歳で
したが…」と池部が質問され、

実は1916年生まれで当時33歳なのに『青い山脈』の18歳の高校生の役を
渋々受けたことや原節子先輩からガリガリに痩せていたため「豆モヤシ」
という迷惑なあだ名をつけられたり、原節子の尻をデカイと本人の目の前
で口を滑らせたために 張り手を食らいそうになったりといったエピソー
ドを話している。

「ウィキペディア」による誕生日は1918年2月11日(建国記念の日)89歳
 血液型B型となっているが、池袋の新文芸座のトークショーでの「実は
1916年生まれ」だとすると92歳(2008年6月現在)になってしまう。映画俳
優協会の理事長としてご活躍中ということで不問にしよう。

この作品は藤本プロと東宝の共同作品となっている。著作権の保護期間が
終了したと考えられることから現在激安DVDが発売中(但し監督没後38年以
内なので発売差し止めを求められる可能性あり)。出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』

この映画を観た当時は大東亜戦争の敗戦から未だ6年。人口数千人の町に
よく劇場があったものだが、小中学生の映画鑑賞は禁じられていたし、カ
ネも持っていなかったから観たいとも考えなかった。

出来て間もない中学校では野球に夢中。3年になったら主将に指名され
た。投手で4番打者。校舎の中では生徒会長でもあったから忙しかった。
家では教科書を広げる事はなかった。

中学校も間もなく卒業という春、秋田は3月と言っても当時は雪の降る日
があった。ゴム長靴にアメリカ軍払い下げのオーバーを着て寒さに耐えな
がらの映画鑑賞。

生まれて初めて観る映画だったはずだが、あらすじも画面も、未だに思い
出せるところをみると興奮はしていなかったようだ。後年、父親を映画に
誘ったら「暗くて厭だ」との感想。

明るくとも見える映画といえるテレビがド田舎にも普及したのは「青い山
脈」を見てから10年以上経っていた。ましてあの頃、テレビ会社(NHK)に
入社(記者)するとは夢にも思わぬことだった。

恥かしくて退屈な思い出話。御退屈様。2007・10・25執筆

   
       
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◎近頃一寸気になって心配なこと:前田正晶

折角安倍総理が言わばトランプ大統領の言わば表見代理かと思わせられ
る形でイランを訪問されてきたにも拘わらず、アメリカとイランの間は好
転する兆しもなく、イランはイランでホルムズ海峡を航行する各国(とい
う中に勿論我が国のタンカーが入っている)の船舶に対する妨害行為の如
き事を仕掛けてくるし、無人機の落とし合いも開始されてしまったよう
だ。言うまでもなくこの事態は我が国だけにではなく、国際的に重大な問
題である。


目下来日中のボルトン大統領補佐官もこのホルムズ海峡の安全な航行に関
する有志連合への我が国の参加を交渉されているようだ。ここ件について
はトランプ大統領が声高に言われるように「自国の船の運航は自国で守る
べし」ということが当て嵌まると思っているし、現時点では憲法がどうし
たの法的な規制があって自衛隊を出動はさせられないという理屈を簡単に
認めている場合ではないと思わせられる。あの岩屋防衛大臣の手に委ねて
良い問題かと痛感するし、イランとどのように話し合うかも喫緊の課題で
あるとしか思えない。

そういう問題が生じた時に我が国では参議院選挙がぶつかっていて、総理
以下それだけでも手一杯のように見えたにも拘わらず、相変わらぬ韓国の
無法な出方にも緊急に対処せねばならぬ事態も一向に好転せずどころか、
悪化の一途を辿っている。安倍総理の選挙後の党内の人事問題を抱えてお
られるようだし、参議院を開いて議長を決められねばならぬようだが、ど
れとどれにどのように優先順位を付けられるべきかの判断も迫られている
のではないか。

考えて見れば、現在のイラン絡みの国際情勢はトランプ大統領の(オバマ
大統領時代の遺産であった)イランとの核合意から離脱されたことから緊
急に生じた事態だった。それに加えて、トランプ大統領が就任前から唱え
ておられた「日本が安保条約に依存して何もしないでも良く、一朝事あれ
ばアメリカだけが血を流して日本を守るのは不公平である」を、大統領と
して公式といっても良い形で発言され、安倍総理にも告げられたとあって
は、我が国の有識者たちの意見も変わってきた。

勿論私の個人的な感想だが「トランプ大統領は我が国の憲法は何処の国が
お決めになったかを百もご承知で言っておられるとしか思えないのは辛い
な」という気がしてしまうのだ。今日まで僅か数名にしか当たってみたこ
とはないが、「我が国が自国の防衛を考え直すべき時に至っているとは思
うが、トランプ大統領が・・・」という意見を述べる人がいたのも確かな
こと。ではホルムズ海峡とその有志連合に参加するか否かも含めて、選挙
も終わった現時点では、2,000万円がどうのとか年金がどうしたという野
党如きの言い分に耳を傾けている時ではないのは明らかだと思う。

さはさりながら、ある調査の統計によれば「国内でお金が不足して買い
たいだけの食料が買えないで苦しんでいる」と答えた人が14.1%もあった
そうだ。看過出来そうもない数字だ。総理は内閣改造も検討されていると
の報道もある。だが、上記のような喫緊の課題を処理する為には、派閥内
の順番や当選回数で選ばれただけの専門分野もなく、議員としての経験が
浅い者が大臣に任命されて事に当たられるのであれば、甚だ不安である。

と言うのも、私か感じてきたというか評価してきた限りでは、第二次(2
回目の政権担当時の内閣をいう)安倍内閣の閣僚の実力が最善であって、
それ以降改造毎に質が低下してきたとしか思えない大臣が増えてきていた
と思う。総理には是非十分にその辺りのご配慮願いたいものだと願ってい
る、もしまた改造されるのであれば。ここが掲題の「一寸心配なこと」な
のである。


◎近頃一寸気になって心配なこと:前田正晶

折角安倍総理が言わばトランプ大統領の言わば表見代理かと思わせられ
る形でイランを訪問されてきたにも拘わらず、アメリカとイランの間は好
転する兆しもなく、イランはイランでホルムズ海峡を航行する各国(とい
う中に勿論我が国のタンカーが入っている)の船舶に対する妨害行為の如
き事を仕掛けてくるし、無人機の落とし合いも開始されてしまったよう
だ。言うまでもなくこの事態は我が国だけにではなく、国際的に重大な問
題である。

目下来日中のボルトン補佐官もこのホルムズ海峡の安全な航行に関する有
志連合への我が国の参加を交渉されているようだ。ここ件についてはトラ
ンプ大統領が声高に言われるように「自国の船の運航は自国で守るべし」
ということが当て嵌まると思っているし、現時点では憲法がどうしたの法
的な規制があって自衛隊を出動はさせられないという理屈を簡単に認めて
いる場合ではないと思わせられる。あの岩屋防衛大臣の手に委ねて良い問
題かと痛感するし、イランとどのように話し合うかも喫緊の課題であると
しか思えない。

そういう問題が生じた時に我が国では参議院選挙がぶつかっていて、総理
以下それだけでも手一杯のように見えたにも拘わらず、相変わらぬ韓国の
無法な出方にも緊急に対処せねばならぬ事態も一向に好転せずどころか、
悪化の一途を辿っている。安倍総理の選挙後の党内の人事問題を抱えてお
られるようだし、参議院を開いて議長を決められねばならぬようだが、ど
れとどれにどのように優先順位を付けられるべきかの判断も迫られている
のではないか。

考えて見れば、現在のイラン絡みの国際情勢はトランプ大統領の(オバマ
大統領時代の遺産であった)イランとの核合意から離脱されたことから緊
急に生じた事態だった。それに加えて、トランプ大統領が就任前から唱え
ておられた「日本が安保条約に依存して何もしないでも良く、一朝事あれ
ばアメリカだけが血を流して日本を守るのは不公平である」を、大統領と
して公式といっても良い形で発言され、安倍総理にも告げられたとあって
は、我が国の有識者たちの意見も変わってきた。

勿論私の個人的な感想だが「トランプ大統領は我が国の憲法は何処の国が
お決めになったかを百もご承知で言っておられるとしか思えないのは辛い
な」という気がしてしまうのだ。今日まで僅か数名にしか当たってみたこ
とはないが、「我が国が自国の防衛を考え直すべき時に至っているとは思
うが、トランプ大統領が・・・」という意見を述べる人がいたのも確かな
こと。ではホルムズ海峡とその有志連合に参加するか否かも含めて、選挙
も終わった現時点では、2,000万円がどうのとか年金がどうしたという野
党如きの言い分に耳を傾けている時ではないのは明らかだと思う。

さはさりながら、ある調査の統計によれば「国内でお金が不足して買いた
いだけの食料が買えないで苦しんでいる」と答えた人が14.1%もあったそ
うだ。看過出来そうもない数字だ。総理は内閣改造も検討されているとの
報道もある。だが、上記のような喫緊の課題を処理する為には、派閥内の
順番や当選回数で選ばれただけの専門分野もなく、議員としての経験が浅
い者が大臣に任命されて事に当たるのであれば、甚だ不安である。

と言うのも、私か感じてきたというか評価してきた限りでは、第二次(2
回目の政権担当時の内閣をいう)安倍内閣の閣僚の実力が最善であって、
それ以降改造毎に質が低下してきたとしか思えない大臣が増えてきていた
と思う。総理には是非十分にその辺りのご配慮願いたいものだと願ってい
る、もしまた改造されるのであれば。ここが掲題の「一寸心配なこと」な
のである。

◎近頃一寸気になって心配なこと:前田正晶

折角安倍総理が言わばトランプ大統領の言わば表見代理かと思わせられ
る形でイランを訪問されてきたにも拘わらず、アメリカとイランの間は好
転する兆しもなく、イランはイランでホルムズ海峡を航行する各国(とい
う中に勿論我が国のタンカーが入っている)の船舶に対する妨害行為の如
き事を仕掛けてくるし、無人機の落とし合いも開始されてしまったよう
だ。言うまでもなくこの事態は我が国だけにではなく、国際的に重大な問
題である。

目下来日中のボルトン補佐官もこのホルムズ海峡の安全な航行に関する有
志連合への我が国の参加を交渉されているようだ。ここ件についてはトラ
ンプ大統領が声高に言われるように「自国の船の運航は自国で守るべし」
ということが当て嵌まると思っているし、現時点では憲法がどうしたの法
的な規制があって自衛隊を出動はさせられないという理屈を簡単に認めて
いる場合ではないと思わせられる。あの岩屋防衛大臣の手に委ねて良い問
題かと痛感するし、イランとどのように話し合うかも喫緊の課題であると
しか思えない。

そういう問題が生じた時に我が国では参議院選挙がぶつかっていて、総理
以下それだけでも手一杯のように見えたにも拘わらず、相変わらぬ韓国の
無法な出方にも緊急に対処せねばならぬ事態も一向に好転せずどころか、
悪化の一途を辿っている。安倍総理の選挙後の党内の人事問題を抱えてお
られるようだし、参議院を開いて議長を決められねばならぬようだが、ど
れとどれにどのように優先順位を付けられるべきかの判断も迫られている
のではないか。

考えて見れば、現在のイラン絡みの国際情勢はトランプ大統領の(オバマ
大統領時代の遺産であった)イランとの核合意から離脱されたことから緊
急に生じた事態だった。それに加えて、トランプ大統領が就任前から唱え
ておられた「日本が安保条約に依存して何もしないでも良く、一朝事あれ
ばアメリカだけが血を流して日本を守るのは不公平である」を、大統領と
して公式といっても良い形で発言され、安倍総理にも告げられたとあって
は、我が国の有識者たちの意見も変わってきた。

勿論私の個人的な感想だが「トランプ大統領は我が国の憲法は何処の国が
お決めになったかを百もご承知で言っておられるとしか思えないのは辛い
な」という気がしてしまうのだ。今日まで僅か数名にしか当たってみたこ
とはないが、「我が国が自国の防衛を考え直すべき時に至っているとは思
うが、トランプ大統領が・・・」という意見を述べる人がいたのも確かな
こと。ではホルムズ海峡とその有志連合に参加するか否かも含めて、選挙
も終わった現時点では、2,000万円がどうのとか年金がどうしたという野
党如きの言い分に耳を傾けている時ではないのは明らかだと思う。

さはさりながら、ある調査の統計によれば「国内でお金が不足して買い
たいだけの食料が買えないで苦しんでいる」と答えた人が14.1%もあった
そうだ。看過出来そうもない数字だ。総理は内閣改造も検討されていると
の報道もある。だが、上記のような喫緊の課題を処理する為には、派閥内
の順番や当選回数で選ばれただけの専門分野もなく、議員としての経験が
浅い者が大臣に任命されて事に当たられるのであれば、甚だ不安である。

と言うのも、私か感じてきたというか評価してきた限りでは、第二次(2
回目の政権担当時の内閣をいう)安倍内閣の閣僚の実力が最善であって、
それ以降改造毎に質が低下してきたとしか思えない大臣が増えてきていた
と思う。総理には是非十分にその辺りのご配慮願いたいものだと願ってい
る、もしまた改造されるのであれば。ここが掲題の「一寸心配なこと」な
のである。

◎岡本社長はさぞかししんどかったやろな:前田正晶

22日、ソファーに横になって脚を頭よりも高く上げた不自然な姿勢で吉本
興業の岡本昭彦社長(推定55歳、天理大学フットボール部のQBだったそう
で)の記者会見と質疑応答を聞いていた。いきなり余談だが、この姿勢は
国立国際医療研究センター病院に泌尿器科で夜間の頻尿を防止するように
指示されたもので、実際に効果を発揮しているのだ。

私はあの会見を聞かれた方は、この社長の語り方のまだるっこさと何が言
いいたいのか全く要領を得ない説明にウンザリだったと思う。また内容が
宮迫らの芸人の言い分に全面降伏的だったのにも驚かされたが、落涙した
のは醜態だったと言わざるを得まいと思う。

既に多くの有識者が酷評されたように吉本興業は会社の体を為していない
と言いたいのは分る。だが、あの業界の中のあの会社に接していた方々は
それくらいは先刻ご承知だったろうと私は思っているし、今更多くの上場
企業のように国立一期校や三大私立等の出身者で経営陣も中堅社員も固め
てある会社と比較して論じているかの如き批判の仕方が、吉本に対して適
切か否かは大いに疑問に思うのだ。とは言うが、岡本社長は図らずも吉本
という会社の実態を自ら暴いて見せた結果になったのは間違いないところ
だろう。

私には吉本を弁護する気など微塵もないが、あの記者会見を聞いていて
「相撲協会が同じ興行をする団体としては、運営する組織としての体を為
していないのと似ていると思う方がおられるのではないか」と感じていた。

それでも私にはあの社長に同情する点が一つだけある。それは関西出身
だったかの出身の岡本氏は、吉本は歌舞伎町だったかに東京本社(で良い
のか?)を設けたようで、あの会見も関東弁的な言葉遣いで懸命にやって
いたのが印象的だった。これは私が生まれて初めて1962年に大阪支店に転
勤した時に経験したことだが、関西の商売人の恐ろしいような相手を刺す
が如ききつい言葉遣いでの問答(商談)などには簡単についていけなかっ
たのと同じではないのかと感じた。共通語というか標準語ばかりで質問す
る人たちに社長の言い分が理解されるのかとも疑った。

私の経験からすれば」ば、初仕事のようなことで支店長代理と課長との3
人で吹田市にあるメーカーの工場に価格交渉に出掛けた時の驚愕は未だに
忘れない。この交渉は関西独特の激しいというか荒々しい言葉遣いで猛烈
な遣り取りとなって、新参者の私は何時殴り合いになるかとハラハラしな
がら聞いていた。

ところが、交渉はアッという間に落着して「えー話し合いやったな」と
なって「ほんならもう遅なったから、クラブに行って麻雀でもしよか」
と、あれほど激論を交わした残渣も見せず感情的な気配などなく、「そう
しよか」となったのには本当に驚かされ、関東との言葉遣いの違いだけで
はない相違点に触れた思いにされられたのだった。

宮迫か田村が言った「君等テープを回しているのじゃないか」は、実際に
は彼は「自分らテープ回しとんのちゃうか」と冗談のつもりで言ったと釈
明したが、宮迫らにはそうとは取れなかったほど過度の緊張があったらしい。

また、「君らをクビにする力がある」も彼の弁明から察するに、元は「わ
しにはやな、自分らをクビにすることだってできんねんで」という軽い言
い方だったかも知れないと想像は出来る。宮迫たちも記者会見をほぼ関東
弁擬きででやっていたから、元の関西弁の微妙なギャグの真意が受け取ら
れなかったという弁解だったが、少し解らないでもない。

私は関西の人が東京に出てきて関東弁(共通語?)が非常に切り口上に聞
こえて怖かったし、冷たいと嘆いた話を何人もの関西人から聞かされた。
納得出来る嘆きだと思って聞いた。それほど東西では言葉遣いに差がある
のだ。私はあれならば岡本社長はいっそ関西弁で押し通した方が良かった
のではないかとすら考えた。しかしながら、TBSで誰かが言っていたよう
に「あの社長の話し下手」は相当なものだったし、意図的ではないかも知
れないが焦点を外して長々と無意味な答えをしていたのは、事の次第を記
者さんたちに正しく理解して貰うことの妨げになっていたのも間違いない
と思う。

だが、あの会見が事の内容と吉本の会社としての姿勢を十分に伝えられて
いなかったのは、岡本社長と会社側の責任であって、東西の微妙な表現と
言葉遣いの違いの為のせいではなかったのも明確だ。

以上、不熱心に聞き流していた印象を申し述べてみた次第。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

東京湾岸は24日久しぶりに晴れ。

何時も通り近くにある都立猿江恩賜公園を23日朝も散歩した。他に人影は
無かった。
読者数:6001人




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/07/25

    文化防衛論

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%96%87%E5%8C%96%E9%98%B2%E8%A1%9B%E8%AB%96&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjJmpG0u83jAhV0w4sBHa0-AEgQ_AUIEigC&biw=1904&bih=457&dpr=1

    「外国人労働者受入れ拡大・ODA拡大と交換条件」でできそうな外交交渉 

    https://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1376.html

    真に警戒すべきは「用日派」 黄教安氏を侮れない理由 https://shinjukuacc.com/20190722-04/

    特別永住制度と川崎在日特権条例

    権利ではなく資格付与者に与える特権

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53324203.html

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53326361.html

    白夜

    https://www.google.co.jp/search?q=%E7%99%BD%E5%A4%9C&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi7ysjFvc3jAhXQG6YKHVCADeAQ_AUIESgB&biw=1920&bih=985

    韓国の徴用工賠償判決にできる日本の強い報復措置 http://agora-web.jp/archives/2035454.html

    【忘備録】コリアンが認めたがらない歴史的事実一覧 https://blogs.yahoo.co.jp/koudookan/55131296.html

    虚しかった参議院選挙 http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68774136.html

    盆踊り

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E7%9B%86%E8%B8%8A%E3%82%8A+&chips=q:%E7%9B%86%E8%B8%8A%E3%82%8A,g_1:%E9%83%A1%E4%B8%8A+%E5%85%AB%E5%B9%A1&sa=X&ved=0ahUKEwjattHtvs3jAhWT62EKHfEGCKEQ4lYIUSgo&biw=1904&bih=522&dpr=1

    ぬばたまの闇●川崎 (長期連載6)

    川崎市は真相を隠すが、バレるのはもう時間の問題。 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53326552.html

    霞ヶ関の体質改善が必須 https://ttensan.exblog.jp/27694706/ 

    韓国人の夫が結婚後に豹変 日本人の妻がブログで恐怖を語る https://news.livedoor.com/article/detail/10366222/

    シグノ

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E3%82%B7%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%80%80&chips=q:%E3%82%B7%E3%82%B0%E3%83%8E,online_chips:%E3%82%B7%E3%82%B0%E3%83%8E+307&sa=X&ved=0ahUKEwidiNj8v83jAhVL62EKHdDHAssQ4lYIMigI&biw=1920&bih=985&dpr=1

  • 名無しさん2019/07/24

    バチカンの働き掛けがあったのか、ジュリアーノの顧問団入りから1か月後となる2019年6月8日の「G7サミット」で、トランプ大統領は、突如、「主要国首脳会議にロシアを復帰させるべき」と呼び掛けた。それに応じるように、バチカンのお膝元であるイタリアのジュゼッペ・コンテ首相も「トランプ大統領に賛同する。ロシアを復帰させてG8に戻すことは、誰にとっても利益になる」とツイートしている。



     西洋の枠組みで考えた時、最も基本となるのがキリスト教である。西洋はバチカンが中心となってキリスト教文化圏としてまとまろうとしていることがわかる。実際、G7と同時期に開催されていた2018年6月のビルダーバーグ会議に初めてローマ教会の代表が会議に出席した。これはビルダーバーグ会議が1954年に創立されて以来初めての出来事だった。「格差問題」と「今後の世界体制」の教義にために参加した。



     つまり、アメリカの愛国派軍部連合体とイタリアのローマ教会がG8の枠組みを復活させるべきと主張した背景には、ロシア正教という違いはあってもキリスト教文化圏であるロシアを「反欧米同盟」ともいえる中国を中心とした「東側」から引きはがし、アジア=東洋に対抗するための戦略ということがわかる。



     その下準備としてバチカン(カトリック教会)は、2016年、ロシア正教と歴史的和解までしている。こうした西側の動きに対し、ほぼ同時期、反欧米でまとまってきたロシアのウラジーミル・プーチン大統領と中国の習近平国家主席が会談し、「中露の関係強化」を打ち出し、中露が主導する「上海協力機構」の首脳会議で中国とロシアが周辺国と連携を強めて共に欧米諸国と対抗していく意図を再確認するなど対抗している。



     ロシアとインドがどちらに所属するのか? 東西の間で激しい綱引きが行われていることが理解できる。



     アメリカの愛国派軍部連合体とバチカンがロシア取り込みに力を注いでいるのは、「ナチス第4帝国」であったEUの解体が不可避となっているからである。2018年7月11日と12日に開催されたNATO (北大西洋条約機構)首脳会議では、ドナルド・トランプ大統領と欧州の各国首脳との間で再び大喧嘩が勃発し、6月に開かれたG7サミットでの決裂に続き、大西洋をまたぐ「既存の欧米同盟」の崩壊ぶりが浮き彫りとなった。事実、トランプは直後の7月14日、CBSイブニング・ニュースのインタビューで「EUは敵だと思っている」という言葉を使っている。NATOで同盟を結ぶEUに対し、公然と「敵」と言い放ったのだ。アメリカとNATO=EUの対立は、トランプ大統領に原因がある。経営者であるトランプは、有利に商談を進めようとハッタリをかますことが多い。ヨーロッパに対しても「もっとアメリカの武器や石油、ガスを買え」と言い、中国に対しては「対米貿易黒字を何とかしろ」と、最初に相手が絶対にのめない要求をした後、こちらが「譲ってやった」という形にして有利な条件で折り合う戦法である。NATOに対しても「防衛費が少なすぎる、アメリカ並みの4%のしろ」と平気で言い放つ。拒絶されることを織り込みながら強めの要求をした後、アメリカ製兵器を買わせて矛を収めるのが目的だった。



     NATOそのものがすでに時代遅れの同盟であり、欧米ではロシアを含めた大きな国大的枠組みが模索されている。



     バチカンが主導するキリスト教同盟の中心はアメリカとヨーロッパが軸になる。ここにロシア正教国家のロシアが加われば、当然の帰結としてロシアとアメリカの間に軍事同盟を結ぶ必要が出て来る。その場合、ヨーロッパからアメリカ軍が全面撤退してNATOを解体後、ロシアがヨーロッパの安全保障を担当する形が予想される。事実、「今後はアメリカに代わってロシアがヨーロッパ(イギリス以外)の安全保障を担当する」との密約は、すでに欧米軍当局とロシア政府との間で交わされている。この条件をもってアメリカは米露を中心としたキリスト教同盟を誕生させようとしている。



     そのキリスト教同盟が実現されれば、ヨーロッパで発生する難民問題に対して軍事的行動がとられる可能性が高い。2013年以降、ヨーロッパには500万人以上もの難民が流入している。しかもそのうちの7割が若い男性である。またヨーロッパに向かうシリア何人の内8割が実際にはシリア人ではない。誰かが大量の人々にシリア国籍のパスポートと、1人につき1日当たり30ユーロほどの資金を提供していることが判明している。これらの動きは単なる難民危機などではないのだ。その目的は、「宗教間で紛争を引き起こすための社会工学的実験の一環」と伝えられている。いわば、300万人の軍隊がヨーロッパに侵入したと同じである。現実問題として、現在ヨーロッパ各地には実質的に独立したイスラム系移民の居住区が数多く存在している。そうして、そうした地域には当局ですら立ち入ることさえできない。



     ヨーロッパがイスラム移民問題で混乱すればするほど、キリスト教同盟は加速する。その意味でもキリスト教同盟という白人国家同盟を組まざるを得ない。



     トランプが急に「アフリカ大陸の凶悪で暴力的な紛争の終結を支援する」と発言し、アフリカのことを気に掛ける素振りを見せ始めているのも、欧米勢が資源を強奪してきたアフリカが中国に取られるのを警戒しているためである。東西の枠組みを巡った争いは、今後も激化することが予想される。