政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5082 号  2019・6・21(金)

2019/06/21



□■■□──────────────────────────□■■□
 わたなべ りやうじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5082号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
        2019(令和元年)年 6月21日(金)



         安倍首相、イラン訪問の成果は?:宮崎正弘

            「やませ」は凶作の使者:渡部亮次郎

          2000万円と100万円のショック:櫻井よしこ   
     

                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記

━━━━━━━━━━━━━━━
安倍首相、イラン訪問の成果は?
━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)6月14日(金曜日)
       通巻第6110号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安倍首相、イラン訪問の成果は?
  イランの呻き、一日40萬バーレルしか輸出できないのは死活問題
**********************************
米国のイラン制裁以後、イランは一日40萬バーレルの原油積み出ししかで
きなくなって、100億ドルの収入が蒸発した。経済は停滞から極度の落ち
込み、庶民の生活苦、そのうめき声が聞こえる。

2019年6月12日、安倍首相はテヘランでロウハニ大統領と会見した。
 
此の状況に安倍首相はおそらくなにがしかの勝算があって、テヘランに乗
り込んだのだろう。イラン高層部の意見を聞くだけなら「トランプのパシ
リ」とからかわれても仕方がない。そんな損な役割のために特別機を飛ば
したのか?

何か密約が存在するのではないか。

この疑問を率直に呈して報じたのは、イスラエルのメディアだ。米国のメ
ディアは安倍イラン訪問をほとんど無視している。アジアで、安倍外交を
報じているのはインド紙くらい。しかしカタールの『アルジャジーラ』は
さすがに大きく報じている。

米国は2017年にオバマ政権が結んだ「イラン核合意」から離脱し、19年5
月にはイラン原油輸出を事実上阻止する制裁を課した。日本はイランから
相当量を輸入してきたので代替地捜しに懸命だった。

安倍・ロウハニ共同会見では、「前向きに話し合いがあった」としたが具
体的な内容には触れなかった。

イランは「緊張激化の原因は米国であり、われわれは戦争を望まないし、
もし米国が制裁を解除すれば中東に劇的で前向きな変化が起こるだろう」
と、冷え込んだ米国との関係改善をひたすら禁輸解除が突破口だとした。

現地『テヘランタイムズ』によれば、安倍首相は「平和と安定はこの地域
のみならず世界平和に貢献するものであり、日本は最大限の努力を惜しま
ない」とし、緊張緩和を力説したこと、また日本の首相訪問は41年ぶりだ
が、安倍首相自身は個人的に36年前に父晋太郎が外相時代に随行員として
テヘラン訪問の経験があること、日本とイランの文化的つながりは長い歴
史があることなどを報じた。

 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)台湾情勢ですが、「台湾のトランプ」を気取った郭台銘が
立候補を声明したとき、嵐のようなブームが起こり、国民党は慌てて主力
の朱立倫を引っ込め、また王金平も立候補を取りやめました。

国民党幹部は韓国諭の擁立をはかり、高雄市長になったばかりの韓国諭も
事実上、立候補を声明しました。

ポピュリズムに台湾政治も振り回されていますね。
 他方、与党の民進党はまるで人気のない蔡英文が再選を狙って党内を説
得し、予備選で勝ってしまった。頼清徳(前首相、元台南市長)の猛追も
燃料切れとなりました。

まもなく郭台銘は失速するでしょう。しかし、本省人にとっては望ましく
ない韓国諭が当選する可能性は大きいと思います。

もし国民党が政権に復権したら、中台関係はますます北京有利となって、
東アジアにも、いやな政治変化となりそう。このあたり如何でしょうか?
   (SY生、足立区)


(宮崎正弘のコメント)ご指摘の分析がいまのところ、台湾通の間でも共
通の認識です。蔡英文では勝てないという予測がもっぱらです。

しかし、伏線があります。アメリカですよ。

18日、台湾総統府に珍しい賓客がありました。アーミティジ元国務副長官
一行です。また事実上の在台北米国大使館は海兵隊が駐屯していることは
公知の事実ですが、名称を変えましたね。

事実上の大使館をAIT(米国在台協会)から「台湾米国事務委員会」で
す。代表(大使)はブレント・クリステンセン。元空軍パイロット大佐です。

退役後、クルステンセン大使は議会で外交スタッフとして活躍しました。
現在、台湾米国事務委員会のスタッフは450人。安全部、連絡部はそれぞ
れが陸軍の現役大佐です。背広で登庁していますが、現職軍人が相当数、
台湾の米国大使館にいるのです。

つまりアメリカが、直接総統選挙に介入はしないまでも、どちらが台湾総
統になれば米国に有利なのかという判断をする。このファクターが、これ
からの選挙戦に死活的な影響力を発揮することと思います。

  ♪
(読者の声2)三島由紀夫研究会の6月24日の「公開講座」の講師は渥美
饒児氏(文藝賞受賞作家)です。

当日、会場にて渥美氏が持参される三島先生関連のコレクション約60点を
展示します。また渥美氏が編集された三島先生の映像を開場(18時)から
開会(18時半)までの30分間会場で上映します。浜松在住の作家・渥美饒
児氏が小説家を志した20代より30年間にわたって蒐集した「三島由紀夫コ
レクション」を通じて、三島由紀夫への熱い思いを語って頂きます。渥美
氏は文藝賞受賞作家です。
        記
日時  令和元年6月24日(月)18時半より(18時開場)
会場  アルカディア市ヶ谷(私学会館)
https://arcadia-jp.org/access/
演題  「私の三島由紀夫コレクション」
講師  渥美饒児氏(あつみじょうじ、小説家)
会費  一般の方、2000円。会員と学生は千円。

<講師プロフィール> 昭和28年生、静岡県浜松市出身。日本大学文理学
部卒。『ミッドナイト・ホモサピエンス』(河出書房新社)で昭和59年
度文藝賞を受賞。『十七歳、悪の履歴書―女子高生コンクリート詰め殺人
事件』(作品社)を原作とした映画「コンクリート」(中村拓監督)が平
成16年に上映される。その他『孤蝶の夢―小説北村透谷』(作品社)、
『原子の闇』、『沈黙のレシピエント』(何れも中央公論新社)。その他
最新作として警察小説の傑作として評価の高い『潜在殺』(河出書房新
社)がある。浜松市在住。
 平成25年浜松文芸館で「三島由紀夫コレクション展」を主催した。



━━━━━━━━━━━
「やませ」は凶作の使者
━━━━━━━━━━━


     渡部 亮次郎

江戸時代には天候不順や噴煙による日照不足などで「飢饉」が屡々起きた
ようだ。天明の飢饉の言い伝えは、生まれ故郷・秋田で子供のころ聞かさ
れた。

私の生まれた昭和11(1936)年の2月26日に起きた「2・26事件」の遠因も
「やませ」による東北地方の米の凶作にあるといわれている。

凶作の生活苦に追い詰められた実家の両親が、兵隊の姉妹を東京の苦界に
身売りしている惨状に、政界、財界への反発を募らせたのだと言う説。

流石に敗戦後は品種改良で冷害に強い品種を創り上げたり、秋田県知事
(当時)の提唱による「三早栽培」の普及などで凶作は遠くなったように
見える。

種まきを早くし、田植えを早く済ます。稲刈りも早くして台風の被害を少
なくする、というのが三早栽培。確かにその通りなのだが、それを裏づけ
たのが「ビニール」の普及だった。

「温床」に代わる「ビニール・ハウス」で苗が雪消えの前の播種を可能に
し、田植えの早期着手を可能にしたわけだ。しかし「やませ」が来たらひ
とたまりもない。しかも東北では8月中旬、つまり、出穂(しゅっすい)
時に来て「日照不足」に生ると稲は命をとられる。稔らないのだ。

海から上陸する「やませ」(山背)は、春から秋に、オホーツク海気団よ
り吹く冷たく湿った北東風または東風(こち)だ。特に梅雨明け後に吹く
冷気を言うことが多い。

やませは、北海道・東北地方・関東地方の太平洋側に吹き付け、海上と沿
岸付近、海に面した平野に濃霧を発生させる。やませが長く吹くと冷害の
原因となる。なお、オホーツク海気団と太平洋高気圧がせめぎあって発生
する梅雨が遷延しても冷害となる。

夏季にオホーツク海気団から吹く北東風は冷涼・湿潤な風であり、海上を
進む間に雲や霧を発生させ、太平洋側の陸上に到達すると日照時間の減少
や気温の低下の影響を及ぼす。

若い頃、青森県の太平洋岸八戸海岸でこれを実際に見た。早朝、海で発生
した霧は、海岸から這うように上陸し、山肌を舐めるように登って行っ
た。地上の花や野菜はぐっしょり濡れた。私は身震いした。

秋田県の旧八郎潟沿岸の農家に生まれた私は、夏の暑さよりも寒さの心配
を親から聞かされて育ったが、目にしたのははじめてだった。
ただし、やませは奥羽山脈などを越えるとフェーン現象が発生するため、
日本海側では日照時間の増大と気温上昇となる。

「やませ」は、農作物や漁獲に悪影響を与えるこの風の太平洋側の呼称で
ある。また、やませが続いた場合、大阪と東京の気温差が10度以上になる
こともある。

やませが吹き付ける範囲を「影響範囲」とすると、北海道の影響範囲では
元々稲作をおこなわず、牛馬の牧畜や畑作がなされており、やませが長く
吹き付けても農業への影響は少ない。

青森県の太平洋側(南部地方など)から三陸海岸の影響範囲も畑作や牧畜
が中心で、北海道と同様にやませの影響は折込済みである。また、関東地
方の太平洋岸の影響範囲も畑作・牧畜中心であり、且つ、やませが到達す
る回数自体が少ないので、「冷害」とはなり辛い。

影響範囲で最もやませの影響を受けるのは、稲作地である岩手県の北上盆
地・宮城県の仙台平野・福島県の浜通り北部である(福島県中通りも影響
を受ける場合がある)。

熱帯原産である稲の日本での栽培方法は、春季は熱帯ほど暖かくないため
ビニールハウスなどで育苗し、気温が上がると露地栽培が可能となるため
晩春に田植えをし、熱帯並みとなる夏季の高温を利用して収量を確保する。

このため、やませが長く吹き付けて日照時間減少と気温低下が起きると、
収量が激減して「冷害」となる。

江戸時代は米が産業の中心であったこと、江戸時代を通じて寒冷な気候で
あったこと、また、現在ほど品種改良が進んでいなかったことなどのた
め、上述の稲作地に相当する盛岡藩と仙台藩を中心に、やませの長期化が
東北地方全域に凶作を引き起こした。

凶作は東北地方での飢饉を発生させたのみならず、三都(江戸・大坂・
京)での米価の上昇を引き起こし、打ちこわしが発生するなど経済が混乱
した。

戦後は冷害に強い品種がつくられ、飢饉に至ることはなくなった。

しかし、一億総中流以降、大消費地のブランド米志向が顕在化し、冷害に
弱くとも味のいい品種が集中栽培される傾向が進んだため、再び冷害に弱
くなって「1993年米騒動」が発生した。その反省から、冷害対策は「多品
種栽培」が趨勢となった。

近年は、米の市場価格下落のため、ブランド米志向に再び戻りつつあり、
「1993年米騒動」の再来が危惧されている。梅雨明けも報じられな米どこ
ろに「やませ」が吹いている。マスコミは「山瀬」を知らない。農水省が
発表するまで報じないだろう。2009・08・18
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



  
━━━━━━━━━━━━━━
2000万円と100万円のショック
━━━━━━━━━━━━━━


        櫻井よしこ

「2000万円と100万円のショック」

「ショックですよ。僕らの世代は2000万円と言われてもどうしようもない」

30代の技術者で、小規模ながら会社を経営している男性が語った。妻と共
働きで、幼い娘は2歳になったばかりだ。

金融庁は6月3日、定年後の夫婦が95歳まで生きるには約2000万円の金融資
産が必要だとの報告書をまとめた。平均値で、夫65歳、妻60歳以上の世帯
では毎月の生活費が約26万円、年金収入等は約21万円で、月約5万円の不
足が生じる。不足分は20年間で1300万円、30年間では約2000万円の貯蓄が
必要だということのようだ。

日本人の平均寿命が飛躍的に伸びたために、私たちは老後の資金について
以前よりも堅実に考えなければならないのは事実だ。かといっていきなり
2000万円という数字を出されれば国民が困惑するのは当然だ。

前述のように若い友人が感じた「2000万円ショック」から、私は自身が体
験した若き日の「100万円ショック」を思い出していた。

20代後半のことだ。当時勤めていた米紙東京支局の突然の閉鎖で、私はフ
リーのジャーナリストになった。だが、書き手としての私は正真正銘、無
名だった。それでも私はジャーナリストになりたかった。そこで売れるか
どうかもわからない記事に取り組んだ。記事案を考え、納得いくまで取材
した。苦労して何度も書き直した。しかし記事は中々採用してもらえな
い。取材費だけが重なり収支は赤字で、掛け値なしの貧乏暮らしが続いた。

自立して生きていくために、苦肉の策として翻訳を始めた。誰かが書いた
ものを日本語にしたり英語にしたりするのは、記事案を考え取材する苦労
とは別の難しさがあったが、翻訳の仕事は確実な収入をもたらしてくれた。

見たこともない大金

当初取材の合間に翻訳をしていたのが、段々、翻訳に費やす時間がふえて
いった。そんなある日、私は通帳を見て驚愕したのである。見たこともな
い大金がたまっていたからだ。その金額に、私は思わず知らず、恐怖心を
抱いた。こんなに沢山のお金がある。しかし、ジャーナリストになりたい
のに、このお金は全部翻訳料だ。どうしよう。

このまま続けたら私は駄目になる。急いで路線変更しなければ本来の目標
を永久に失ってしまう。そんな切迫感にかられて、私は翻訳の仕事を基本
的にすべてやめ、再び、効率の悪いジャーナリズムの道に戻った。

で、そのときの通帳の金額が約100万円だったのである。20代後半の私に
とって、100万円がどれほどの大金だったかということだ。

若い世代の金銭感覚は、多少ゆとりの生まれる中高年層のそれとは異な
り、慎ましいものだということを、政治を行う人々は忘れてはならないだ
ろう。私自身のはるか昔の体験を思い出せば、いま、若い世代の人たちが
「2000万円」という数字を見て、どんな気持ちになるか、わかる気がする。

世界一の長寿国になった日本の主人公である私たちは、長生きする分、自
分の人生をどう構築していくかについて冷静に考えるべきだ。考えなけれ
ばならない点は沢山あるのだが、それらは後述するとして、大蔵省出身で
前スイス大使の本田悦朗氏の疑問の声に耳を傾けたい。氏は今回の麻生太
郎金融相の情報の出し方を批判する。

「このような情報の出し方は、金融庁の考え方を代弁するものでしかあり
ません。日本の高齢者が保有している貯蓄額を意識してか、『金融資産は
さらに必要』などとも、報告書には書かれています。資産形成のために
もっと投資しなさいという金融機関の主張そのものです」

高齢国家の国民の生き方を支えるには、どの程度のお金が必要か、そのた
めの税制はどうすべきか(財務省)、健康をどう維持していくのか、仕事
はいつまで続けるのか(厚労省)、すべての省庁の管轄を越えて如何に人
生を意義深くできるか、楽しめるかなど、縦割り行政を脱した全体的な発
想が必要だ。金融庁の発想に基づいた狭い見方だけでは役に立たないばか
りか有害である。

おまけに今回の発表は不必要な心配を引き起こすと本田氏は批判する。

「きちんと説明すれば、高齢になってからの生活を心配するのでなく、
違った目で見ることができます。若い世代にはまだ時間があります。加え
て高齢者世帯の貯蓄額は平均で2300万円、但し、中央値は約1500万円で、
格差はあります。それでも高齢者世帯にこれだけの貯蓄があることを正し
くとらえることが冷静な議論には必要です」

前向きの発想

総務省の家計調査では世帯主が60代の家庭の平均貯蓄額は2382万円、負債
が205万円で、差し引き2177万円の資産がある。世帯主が70歳以上になる
と貯蓄は2385万円で負債は121万円、資産は2264万円だ。

持ち家比率は60代世帯主の場合が93.3%、70代が94.8%である。

右は現実の数字である。この現実の中で、年金だけで生活している高齢者
は、現在すでに貯蓄の取り崩しを行っているであろうが、金融庁のいう
2000万円の不足を補う財力を持っている人は少なくないのである。但し、
中央値は1500万円であり、「2000万円の不足」を補いきれない世帯も存在
すること、そのことへの政策も忘れてはならない。

日本は長寿国を目指し、見事に実現したが、そのことを私たちはどう楽し
み、どう活用していくのがよいのか。これこそ、いま考えなければならな
い課題だ。国民皆保険で医療体制を整え、自身の力だけでは生活が成り立
たない人々への種々のセーフティネットを準備した。それはこれからも充
実させるべきである。

他方、日本人は勤勉である。働けるうちは働き、なるべく自分のことは自
分でしたいと考えてきたはずだ。「生涯現役」や「ピンピンコロリ」など
の言葉の実践こそ庶民の理想であろう。

年金だけで暮らすよりも、誰かのために役立ち、働くことを楽しみ、収入
を得て、何がしかの税金を納める立場に立ち、孫にも小遣いを奮発できる
ような人生を多くの日本人は望んでいるのではないか。

であるならば、日本人の労働に対する誠実さを上手に#抽#ひ#き出し、前
向きの発想を促す施策こそ望まれる。若い世代を元気づけ、国の財政も支
えるには何が必要か。中央政府と地方自治体は何をすべきか、金銭の多寡
を超える精神生活の豊かさを育める地平に如何にして辿りつくか。こうし
た発想と政策こそ必要だ。

同時に私たち国民の側も自分の人生を最終的に引き受けるのは自分自身だ
と認識したい。ちなみに私は死ぬ1週間前まで、何かしら書いていたいと
願っている。
『週刊新潮』 2019年6月20日号
日本ルネッサンス 第856回



━━━━━━━━━━━━━━━
中性脂肪が気になる人の食餌療法
━━━━━━━━━━━━━━━


      庄司 哲雄(医師)

<中性脂肪とは>

血液中の中性脂肪(トリグリセリドともいう)には二つの由来があり、食
事で摂取した脂肪が小腸から吸収され血液中に現われたものと、肝臓で炭
水化物から脂肪に作り変えられて血液中に放出されたものがあります。

いずれも、体の組織でエネルギーとして利用されるのですが、血液中の濃
度が極端に(1000mg/dL以上)増えすぎますと、急性膵炎を引き起こ
すことがありますし、それほどでない場合でも(150mg/dL以上)動脈
硬化の原因のひとつになります。

<中性脂肪を下げる食餌の第一歩>

食餌療法の基本は、摂取エネルギーの適正化です。脂肪の摂りすぎのみな
らず、炭水化物の過剰も中性脂肪を増やしてしまいますので、全てのトー
タルを適正にする必要があります。

身体活動度にもよりますが、標準体重1Kgあたり25〜30kcal/日程度が
適切です。肥満気味の方は少なめにし、減量を目指します。アルコール多
飲や運動不足は中性脂肪の大敵です。

<炭水化物と脂肪のどちらをひかえるか>

各人の食習慣により異なる場合がありえますが、炭水化物1グラムで
4kcal、脂肪1グラムで9kcalですから、脂肪摂取を控えることが大変効
果的です。

<ジアシルグリセロールとは>

少し難しくなりますが、中性脂肪とはグリセロールという物質に脂肪酸が
3つ結合した構造(TAG)をしており、いわゆる「油」です。これに対
して、脂肪酸が2つだけ結合した油もあり、これをジアシルグリセロール
(DAG)といいます。同じような油であっても、小腸で吸収されてから
の代謝が異なるため、中性脂肪の値や体脂肪への影響の程度に差があります。

通常の油TAGは、小腸で膵リパーゼという酸素のはたらきで、脂肪酸が
2つはずれ、脂肪酸ひとつだけが結合したモノアシルグリセロール
(MAG)に分解されます。それぞれは吸収された後、小腸でまた中性脂
肪に再合成され、血液中に放出されます。

一方、DAGは中性脂肪へ再合成されにくいため、食後の中性脂肪の上昇
が小さく、また体脂肪の蓄積も少ないといわれています。最近、DAGを
利用した機能性食品が開発されています。しかし、DAGの取りすぎもカ
ロリー 過剰につながりますので、通常の油TAGとの置き換え程度にす
べきでしょう。

<脂質低下作用のある機能性食品>

動物に含まれるステロールという脂質の代表はコレステロールですが、
植物には植物ステロールという脂質が含まれます。これは小腸でのコレス
テロール吸収を抑制する働きがあります。

<専門医に相談すべき病気>

中性脂肪の増加する病態には、糖尿病やある種のホルモン異常、稀には先
天的な代謝障害もありますので、一度は専門の先生にご相談いただくのも
大切だと思います。
   <大阪市立大学大学院代謝内分泌病態内科学>
         
       
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━


◎党首会談にはほとんど関心も興味もなかった:前田正晶

マスコミ報道からも察したついていたが、野党の党首たちは例の2,000万
円問題を中心にして安倍総理を責め立てるというか揚げ足取りと悪口雑言
に終始するだろうと見当がついていたので、見る価値無しだと思ってやり
過ごした。夜になってPrime Newsで採り上げるというので野球観戦の合間
にチラと見た時には国民民主党の今までに聞いたことがない名前の議員が
出ていて、ただひたすら屁理屈を繰り返して司会の反町を辟易とさせてい
たのを見せられて「やり過ごして」(「スルーして」などと言うカタカナ
語は使わないよ)良かったと思っていた。あのようなことを言っていて国
民の支持が得られるとでも本気で考えていたのだろうか。情けない連中だ
が、選んだ方はもっと悪いのではないか。

野党の党首たちが愚かなことしか採り上げて論じないだろうことは予め
解っていたことだが、彼らを貶してばかりいては安倍総理と与党の揚げ足
取りしか能がない野党と同じになってしまうので、ここでは少し建設的な
意見を述べておこうと思う次第。確かに2,000万円問題は重要だろうが、
政府は彼らが非難するように隠蔽したも何も、最早周知の事実ではない
か。それに村田様は国民が怒っていると曰うが、ここにいる国民の一人は
別段怒ってはいないのだが、村田様はどれほどの範囲で国民の意見をお調
べになったのだろうか。

私は野党の党首に安倍総理に問い質して貰いたい項目の中では?アメリカ
対中国の対立というか貿易問題に対して如何に対応して行かれる所存か、
トランプ大統領にどのような助言を為さる予定かを伺いたい。?韓国とそ
の優柔不断なのか逃げ得を狙っているかの如き文在寅大統領に対して、如
何に対処して行かれるお積もりか。あの何を提起してもシカトする不届き
な姿勢を看過される訳ではありますまいなを伺いたい。?中国と習近平主
席が我が国に仕掛けてきている諸々の侵略とでも言いたい圧力を如何にし
て撥ねのけて行かれるご予定かも関心が高いのだ。

私は?としても良い項目には、トランプ大統領が来たるべき選挙で再選さ
れるか否かは、我が国と安倍総理にとっては重要な問題を投げかけてくる
と思っている。トランプ大統領は再選を目指しての出馬宣言もされたし
“Keep America Great”というスローガンまで公表された。そのトランプ大統領と全世界の首脳の中で最も親密な間柄を確立されている安倍総理に
とっては(アメリカの知識階層には相変わらず嫌トランプ派が多くとも)
再選されるかどうかな重要な案件だと思う。万が一にもバイデン氏だとか
左寄りの民主党の大統領が出てきたら事は簡単には済まないのだ。

私は我が国はアメリカとの安全保障条約で守られている形であるが、庇護
されているとまでは経験上も認識はしていない。ではその間柄を何に例え
るかと尋ねられれば「子会社的存在であると、W社に在職中にアメリカの
為に対日輸出に懸命だった19年間には捉えていた」となる。だが、同盟国
であり多くの面でこれほど親密になっている国との間柄を案じるのが国会
議員としての務めではないのかと、野党の党首たちに問い質してみたい。

自分で英語で話そうと通訳を介そうと、文化と思考体系を異にする外国
人と意気投合するのは容易ではないのだ。安倍総理はその意気投合をトラ
ンプ大統領との間で成し遂げられているのだ。あの悪夢は二度と生じない
とは思うが、万が一か仮にか、野党の党首の誰かが政権の座についた時に
トランプ大統領と親密な関係となって相談役にまでなれる可能性あるか。
断言するが「ゼロ」であろう。結びとしては「野党の党首たちよ、大規模
に急速に変化する国際情勢を偶には直視して党首会談に臨んだら如何か」
となるのだ。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━
21 日の東京湾岸は曇天。

20日の東京湾岸は晴天。木曜日なので週刊誌2誌を買った。

                         読者数:6001人


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。