政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5064 号  2019・6・3(月)

2019/06/03


□■■□──────────────────────────□■■□
わたなべ りや うじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5064号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
        2019(令和元年)年 6月3日(月)



           中国もブラックリストを作成:宮崎正弘

                100万円は100g:渡部亮次郎

               「青い山脈」の頃:渡部亮次郎

           裁判員制度が始まって10年:櫻井よしこ
      
                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記

━━━━━━━━━━━━━
中国もブラックリストを作成
━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)6月1日(土曜日)
         通巻第6095号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中国もブラックリストを作成し、米国のEL(エンティティ・リスト)に対抗
  同時に報復関税25%を宣告、関税戦争はエスカレート
**********************************

5月31日、中国は米国からの輸入品に25%の報復関税を課すと発表、同 時に、「信頼できない企業」という独自のブラックリストを作成するとした。

他方、米国商務省は、およそ80社の中国企業と個人をテンティティ・リス トとして発表しているが、ファーウェイ、ZTE、チャイナ・モバイルな どのほか、半導体製造、ICチップなどが自製できないように、中国のビ ルトイン・システムの破壊を狙ったものとして注目される。

ところが此のレベルではなく、米国はさらに品目と品種を限定するリスト を作成中で、夏頃を目処に発表する。米国製部品を25%使った製品もしく は半完成品を中国に輸出した場合、制裁が適用されるというシロモノで、 ローカルコンテンツ法の新バージョンとも言える。事実上、中国の完全な 締め出し、歴史的に見れば大東亜戦争前のABCD包囲ラインと酷似して いる。

この段階で米国の究極的な狙いが明らかになった。

要するに中国の企図した「2025 MADE IN CHINA」を絶 対に阻むということで、法的準備は国防権限法の強化、輸出管理改革法、 外国投資リスク審査現代化法(CFIUS=の権限を強化する一環)でい つでも応戦できる態勢は整っている。

日本のメディアはまだのんびりと「貿易戦争」というタームを多用して、 話し合いによって解決可能という展望を語っているが、根本的な間違いで ある。
関税をかけあうレベルから、つぎは総合戦に移行するのである。
        

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1903回】         
 ――「民國の衰亡、蓋し謂あるなり」――渡邊(15)
渡邊巳之次郎『老大國の山河 (余と朝鮮及支那)』(金尾文淵堂 大正 10年)
 
             ▽

「利己的箇人主義の極度を發揮する」ものであり、「安逸、利得の外、何 ものもなく『明日の百より今日五十』を以て偸安的動物的生活に其日を送 りて平然」とし、栄耀栄華を満喫している者も貧乏人も同じように「今日 主義を以て其身の無事に滿足」している。

「財政紊亂、内訌續發、殆ど自ら手を下す能はざる状態にあり」、「今や 民國の状態は、滿清の末路にも劣ること遠い」からこそ、この国を救うた めには「外人の力に待つのほかなかるべきは、必至の運命」だ。「支那は 終に列國共同管理(分割的委任統治の形勢を馴致すべき)の下に立つ形勢 を現に自ら提示しつゝあると斷ずるの外なし」。

だが「若し眞に支那人にして」、自民族の「愚を悟り、凋萎せる四千年來 の中華文明に新花を加へ、宗主的亞細亞民族たる權威を回復し、東西の長 所を調理して」、世界に対すべしとするなら、「宜しく鞏固なる中央的權 力を作り、同種の日本民族と結託して、眞劍的に徹底的革新を斷行し、敢 て歐米の離間的嫉妬的助言」を退けるべきだ。

確かに「支那人中往々米國に親しむべくして日本に近づくべからざるを 信ずるもの」がいないわけではないが、やはり「『血は水よりも濃し』、 同文、同種、融化の實久しき日支人は、同一亞細亞民族の性情より、又其 地理的利害より、到底爭ふ能はず、又離るべからざるなり」。このように 「日支兩國相信じて相提携し、同心協力、邁進して避けずんば何ものも之 を遮るものなかるべし」。
 
いまや「日本にして支那と強戳する時」であり、「靜に支那を改善し、東 西の文明を調和し、以て『大和保合』の綜合的世界文明を樹立するの使命 を果し得べ」きだ。確かに「温言を以て支那に近より來たる米國の如き警 戒すべき」だが、米国は決して「仁義の國」ではない。「他國の内亂を煽 動して之に乘じ、其國土を割いて自家の保護下し招致し、其内事に干渉し て利權を占むる國」だ。そういわれれば21世紀の現在も「仁義の國」では ない。

アラスカ、カリフォルニア、テキサス、ハワイ、フィリピン、プエルトリ コ、キューバ、パナマ、メキシコを見るまでもなく、かつては「日本も亦 提督ぺルリの爲に沖縄を根據として侵略せられんとした」ではないか。そ のうえ「自ら首唱したる國際聯盟に入ることを拒み、熾に陸海の兵備を張 るものは米國」ではないか。

こういう状況下で「日支兩國の内、一にして米國の命下に入」れば、 「他の一は自ら保つ能は」ず。この点を「支那たるものは深思」すべきだ ろう。

やはり「支那人が日本の援助によつて立つは今日を措いて復好機なから んとす」。「支那の今日、日本によつて革新を全うせんとするは、自ら濟 ふ」だけではなく、「又白人の爲に奴隷の境遇に沈淪せる他の有色民族に 對する一大刺戟、一大奨勵たるべきなり」。

かくして渡邊は「吾々日本人としても亦大いに覺悟すべき所にあらずや。 帝國の使命は?重大にして前途の崎嶇愈多し」の一文を以て、『老大國の 山河 (余と朝鮮及支那)』を閉じた。
 
渡邊の主張を屋上屋を重ねたように引用したのは外でもない、「『血は水 よりも濃し』、同文、同種、融化の實久しき日支人は、同一亞細亞民族の 性情より、又其地理的利害より、到底爭ふ能はず、又離るべからざるな り」といった類の、『アジア主義』の5文字で括ることができるような考 えが、じつは日本の針路を誤らせることに繋がったのではないのか、と思 うからだ。

はたして当時、日本では「日支兩國相信じて相提携し、同心協力、邁進し て避けずんば何ものも之を遮るものなかるべし」などとマトモに信奉され ていたのだろうか。「日支兩國相信じて相提携し」たことで、幸が日本に もたらされたことなどなかったと思うが。《QED》
  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)靖国会事務局長、沼山光洋さんが令和元年5月11日早朝、 靖国神社前の道路上で自決されました。悲しみの極みです。

沼山さんを敬愛する私たち友人一同、このたび「沼山光洋さんを追悼し感 謝する集ひ」を執り行ひます。

沼山さんに「さやうなら」ではなく「ありがたう」をいふ集ひです。沼山 さんが好きだ!といふ方でしたら、どなたでもお越しになつてください。
1人でも多くの方々がお越しになられることを願ひ、謹んでご案内いたし ます。
             記
【日時】  令和元年6月23日(日)午後1時より
【会場】  靖国会館(靖国神社内)
      なお、会費は不要です。「志」は受け付けます。
≪お願ひ≫6月23日は「沖縄慰霊の日」です。沼山さんは沖縄を強く意識 されてゐました。お越しくださる皆さんは、集ひの前または後に靖国神社 に参拝してください。

全てのご祭神はもちろんですが、この日は特に沖縄防衛のため命を捧げた 方々に心をお寄せください。

沼山さんは民族派、保守派を問わず、多くの運動に獅子奮迅かつ東奔西走 の活躍をされました。しかし自分の名前を表に出すことを遠慮され、裏方 や黒子に徹しました。

沼山さんの姿勢を見習ひ、集ひは委員長とか代表とかの役職を設けず、個 人名を連記することなく、「友人一同」として執り行ひます。私たちの真 情をご理解ください。

お花などは拝受いたしますが、ご尊名などの名札は外させていただきま す。ご無礼の段あらかじめご容赦ください。

会館には公共の交通機関を使つてお越しください。万が一、お車をお使ひ になる場合は、靖国神社の外苑にある有料駐車場に駐車してください。
平服でお越しください。

靖国神社へのお問ひ合はせは絶対に差し控へてください。またご遺族は心 痛かつ心労が激しいですので、ご遺族へのお問ひ合はせなどもご遠慮くだ さい。お問ひ合はせなどは下記までご連絡くだされば、できる限り対応い たします。

携帯電話 090-2622-4242(三澤)
メール miego315nippon1momotaro@docomo.ne.jp

私たち友人一同、沼山さんにのみ、ま心を尽くして集ひを執り行ひます。 もちろん靖国神社への礼儀、ご遺族への配慮は弁へてゐます。

しかし当日お越しくださいます皆さんにまでは配慮する余裕はありませ ん。皆さんには不行き届きなことが多々あるかと存じますが、ご海容くだ さい。
以上、ご案内いたします。(友人一同)

  ♪
(読者の声2)トランプ大統領の国賓訪問、ゴルフ場での安倍総理との写 真は本当にリラックスした笑顔で気のいいおじいちゃんそのもの。
https://twitter.com/AbeShinzo/status/1132467086607802368

そんな世界最強のアメリカ大統領と日本の総理大臣とのツーショットの写 真をいともたやすく親しみを込めて加工してしまうのが日本人の遺伝子な のでしょう。中国では習近平主席をくまのプーさんに例えただけで逮捕さ れてしまいますから中国人には理解できないことかもしれません。
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-3082.html

笑顔といえばメラニア夫人も日本では自然体の笑顔があふれてくる。
https://www.afpbb.com/articles/-/3226795?pno=4&pid=21305892

トランプ大統領のスタッフたちも日本では別人のような笑顔となる。いつ もは怖いイメージのサンダース報道官も別人のような笑顔を見せています。
https://livedoor.blogimg.jp/honmo_takeshi/imgs/d/a/da03fce5.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/honmo_takeshi/imgs/e/9/e93d014f.jpg
 日本のマンガやアニメ、ゲーム、ハローキティなどさまざまなキャラク ターに触れて育った世代がこれからの世界の主役となります。善悪二元論 の欧米の価値観とは異なる日本的な和の精神が世界を平和にしていくのか もしれません。

一方、お困りの国、韓国はいよいよ崩壊するのでしょうか。株安・ウォン 安・輸出の不振・失業率の高止まり・国も企業も家計も負債が増加。世界 から韓国が孤立している。さらに「韓国の文在寅大統領に認知症疑惑」
https://www.news-postseven.com/archives/20190530_1379434.html
なにしろアミダくじすら理解できないのですから。
http://www.moeruasia.net/wp/wp-content/uploads/2018/02/OMvnCYJ.gif

明治の日本人は朝鮮半島の人々をあまりの不潔さに禽獸にも劣ると評しま したが、21世紀の今日においてもサル山のサルであることが判明。「四川 省成都で開かれていたサッカー男子U18(18歳以下)のユース国際大会 「パンダカップ」で29日、優勝した韓国チームの選手がトロフィーを足で 踏みつけ、中国側に侮辱行為だと抗議される騒ぎを起こした。韓国側は謝 罪したが、主催者はトロフィーの回収を決定した」
https://www.asahi.com/articles/ASM5Z4GMZM5ZUHBI016.html

朝日新聞ですら擁護できない不祥事ですが、他のメディアが優勝トロ フィーを剥奪としているの朝日はやさしいですね、トロフィーの回収と穏 やかな表現。サル山の大将でも50年前に比べたらだいぶ進化しました。50 年前の韓国・北朝鮮サッカーといえば「釘」を隠し持ち審判の見ていない ところで日本選手を攻撃するというレベル。勝つためには手段を選ばず フェアプレーのかけらもないのが半島民族です。

古田博司氏は中国に押しつけるくらいでよいとされていましたが、中国の 軍拡を考えると釜山だけは英領ジブラルタルのように日米で押さえ中国海 軍の動きを封じ、済州島は難民収容所として保障占領するのが現実的で済 州島出身者が多い在日の送還先にも最適。国連解体も見据えて日米中露で 半島問題を解決する時期なのかもしれません。
   (PB生、千葉)


━━━━━━━
100万円は100g

━━━━━━━

    渡部 亮次郎

こんな事をご存知ですか。1000万円は1000gつまり1Kgである。
だから1億円は10Kg。とても持ちきれない。車で運ぶしかない。

金大中拉致事件を田中角栄政権が「政治的に」解決した時、「お礼」とし て、当時の「日本担当閣僚」が目白の田中邸に買い物袋2つに
現金を詰めて運んだ。

買い物袋に入る重さの限度はどのくらいだろう?5Kg=5000万円が限界 じゃないか。閣僚は袋を両手に下げて「1つは奥様へ」といったら角さん は「そうか大平君(外務大臣)だね」と答えたという。

この話は閣僚を案内した田中後援会の幹部が月刊誌「文芸春秋」で披露し て私を驚かせたが、世の中にはあまり評判にならずに終わった。角さんが 「色紙を書こうか」と言った。領収書代わりである。

だが閣僚は不要と答えた。大平外相に渡ったかどうかは知る由も無いが、 角さんが猫糞するような人ではなかったことは確かである。

ところで紙幣を重さで量る話は田舎の県会議員なんかを相手にした時は出 るわけもない。やはり中央の政界である。私に教えたのは政界の、それも 実力者と言われる人物だった。

政界と言うところは人にカネを掴ませる時は確実に現金を掴ませる。小切 手なんかではない。それも新聞紙にくるんだり、買い物袋に入れて渡すの が普通だ。相手がかしこまらないよう、気を遣うわけだ。

石橋湛山政権の出来るときが現金買収のはじめと言われているが、
昭和30年代前半のあの頃は精々100万単位だった。それを10倍にしたのが 角福戦争といわれた田中角栄対福田赳夫による昭和47年の自民党総裁選挙 だった。

しかし、福田は現金は全く使わず、使ったのは専ら角さんといわれた。 1000万円はサントリーだるまの空き箱に納まるといわれた。

現在の政界ではこうした話は無縁。ただ1人知っているのは小沢一郎であ る。目方で量る話も知っているはず。角栄、金丸信の教育である。文中敬 称略  2011・1・24



      
━━━━━━━━
「青い山脈」の頃
━━━━━━━━


   渡部 亮次郎

恥かしい話を書く。多分生まれて初めて観た劇映画が「青い山脈」であ り、昭和26(1951)年の早春、新制中学を卒業寸前の15歳、教師引率で、町 の映画館で観た。

もちろん白黒。公開されて既に2年経っていたらしいが、それは今になっ て調べて分かった事。町と言いながらド田舎だったのである。

昭和の御世。15歳まで映画も観られなかったとは万事、貧しかった。
もっとも戦争中は見ようにも映画が製作されてなかったらしい。

映画「青い山脈」(あおいさんみゃく)は石坂洋次郎原作の日本映画。 1949年・1957年・1963年・1975年・1988年の5回製作されたが最も名高い のは1949年の今井正監督作品である。私の観たのがこれだ。

主題歌の『青い山脈』は日本映画界に於いて名曲中の名曲ともいえる作品 で、過去の映画を紹介する番組などでは定番ソングともなている。2007年 10月24日のラヂオ深夜便で久しぶりに聴いたので映画の事を思い出したの である。

西條八十(やそ)作詞、服部良一作曲の名曲。映画を見たことが無い人でも 歌だけは歌える人が多い。また映画ではラブレターで「戀(恋)しい戀し い」というところを「變(変)しい變しい」と誤記してしまうエピソード は大いに笑わせた。

長編小説『青い山脈』は1947年に「朝日新聞」に連載。

東北の港町を舞台に、高校生の男女交際をめぐる騒動をさわやかに描いた 青春小説。また、民主主義を啓発させることにも貢献した。

私は新憲法は中学生ながらに全文を読んだが、民主主義の実際については 「青い山脈」に教えられた。

1949年に原節子主演で映画化され、大ヒットとなった。その3ヶ月前に発 表された同名の主題歌も非常に高い人気を得た。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石坂洋次郎(いしざか ようじろう 1900年1月25日―1986年10月7日)は、 小説家。青森県弘前市代官町生まれ。戸籍の上では7月25日生まれになっ ているが、実際は1月25日生まれ。

弘前市立朝陽小学校、青森県立弘前中学校(現在の青森県立弘前高等学校 の前身)に学び、慶應義塾大学国文科を卒業。1925年に青森県立弘前高等 女学校(現在の青森県立弘前中央高等学校)に勤務。

翌1926年から秋田県立横手高等女学校(現在の秋田県立横手城南高等学 校)に勤務。1929年から1938年まで秋田県立横手中学校(現在の秋田県立 横手高等学校)に勤務し教職員生活を終える。

『海を見に行く』で注目され、『三田文学』に掲載した『若い人』で三田 文学賞を受賞。しかし、右翼団体の圧力をうけ、教員を辞職。戦時中は陸 軍報道班員として、フィリピンに派遣された。

戦後は『青い山脈』を『朝日新聞』に連載。映画化され大ブームとなり、 「百万人の作家」といわれるほどの流行作家となる。数多くの映画化、ド ラマ化作品がある。

他に、『麦死なず』『陽のあたる坂道』『石中先生行状記』『光る海』など。

「青い山脈」では作者は青森県立弘前高等女学校(現在の青森県立弘前中 央高等学校)の教師であった。当時疎開中の女子学生達から聞いた学校生 活をこの小説の題材にしたと思われる(「東奥日報」2005年8月15日新聞 記事による)。

この記事は間違っている。現在の青森県立弘前中央高等学校の教師であっ たのは1925年(大正14年)であって「当時疎開中の女子学生達」とは何の ためにどこから疎開してきたのか。東奥日報の我田引水もいい加減にしろ。

閑話休題。1949年版映画のスタッフ。監督:今井正、脚本:今井正、井手 俊郎、音楽:服部良一。作曲を電車の中で、数字で作曲していたら、折か らの闇物資を売買する闇商人に間違えられた、という作り話のようなエピ ソ−ドがある。

主なキャスト 島崎先生(女学校の教師):原節子、沼田校医:龍崎一郎 、金谷六助(旧制高校生):池部良、寺沢新子(女学生):杉葉子、 ガン ちゃん(旧制高校生):伊豆肇、 笹井和子(女学生):若山セツ子、梅太 郎(芸者):木暮実千代だった。

2007年、『映画俳優 池部良』が出版される。2007年2月、東京池袋の新 文芸座のトークショーにて、その本の編集者から「青い山脈の時に31歳で したが…」と池部が質問され、

実は1916年生まれで当時33歳なのに『青い山脈』の18歳の高校生の役を 渋々受けたことや原節子先輩からガリガリに痩せていたため「豆モヤシ」 という迷惑なあだ名をつけられたり、原節子の尻をデカイと本人の目の前 で口を滑らせたために 張り手を食らいそうになったりといったエピソー ドを話している。

「ウィキペディア」による誕生日は1918年2月11日(建国記念の日)89歳  血液型B型となっているが、池袋の新文芸座のトークショーでの「実は 1916年生まれ」だとすると92歳(2008年6月現在)になってしまう。映画俳 優協会の理事長としてご活躍中ということで不問にしよう。

この作品は藤本プロと東宝の共同作品となっている。著作権の保護期間が 終了したと考えられることから現在激安DVDが発売中(但し監督没後38年以 内なので発売差し止めを求められる可能性あり)。出典: フリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』

この映画を観た当時は大東亜戦争の敗戦から未だ6年。人口数千人の町に よく劇場があったものだが、小中学生の映画鑑賞は禁じられていたし、カ ネも持っていなかったから観たいとも考えなかった。

出来て間もない中学校では野球に夢中。3年になったら主将に指名され た。投手で4番打者。校舎の中では生徒会長でもあったから忙しかった。 家では教科書を広げる事はなかった。

中学校も間もなく卒業という春、秋田は3月と言っても当時は雪の降る日 があった。ゴム長靴にアメリカ軍払い下げのオーバーを着て寒さに耐えな がらの映画鑑賞。

生まれて初めて観る映画だったはずだが、あらすじも画面も、未だに思い 出せるところをみると興奮はしていなかったようだ。後年、父親を映画に 誘ったら「暗くて厭だ」との感想。

明るくとも見える映画といえるテレビがド田舎にも普及したのは「青い山 脈」を見てから10年以上経っていた。ましてあの頃、テレビ会社(NHK)に入 社(記者)するとは夢にも思わぬことだった。

恥かしくて退屈な思い出話。御退屈様。2007・10・25執筆


              
━━━━━━━━━━━━
裁判員制度が始まって10年
━━━━━━━━━━━━


      櫻井よしこ


「国民が参加する裁判員制度が始まって10年 今後も欠点は修正しつつ成 熟することを願う」

国民が刑事裁判に参加する裁判員制度が始まって5月で10年、感慨深いも のがある。

5月21日の紙面で「読売新聞」が特集したが、その中の全国50の地方裁判 所所長へのアンケート調査では、全員が「裁判員裁判は刑事裁判に良い影 響をもたらした」と回答している。

「日本経済新聞」がやはり同日の紙面で報じた最高裁判所の調査では、裁 判員経験者の96%が裁判への参加を「良い経験だった」と評価している。

10年間で裁判員や補充裁判員を務めた人は9万人を超すが、最高裁刑事局 長の安東章氏は「一人ひとりが真摯に裁判に向き合ってくれた」と感謝し た。皆真面目に責任を果たしてきたのである。

裁判員制度を導入すべきか否かが論争されていた10年以上前、裁判官とい う裁判官は導入に反対だった。司法は変わらなければならない、もっと司 法を国民の側に近づけなければならないと考えていた人々の側にも迷いが あった。法律の知識もないいわば素人に、刑事裁判で被告を裁く資格があ るのだろうかという懸念である。その思いは私も共有していた。

このような思いは大多数の真面目な日本国民の、人を裁くということに対 する人間としての責任感の裏返しであり、自らの能力の限界を認識した謙 虚さの反映でもあったのではないか。

当時の司法の現実は厳しかった。裁判にはどう見てもおかしなことがあっ た。『裁判官が日本を滅ぼす』(新潮社)や『激突! 裁判員制度』 (WAC)などの著者である門田?将(かどたりゅうしょう)氏は、山口 県光市の「母子殺害事件」の被害者、本村洋氏の思いを広く伝え、司法改 革の重要性を訴えた。

本村氏は1999年4月に、当時18歳だった犯人に、妻と幼い娘を絞殺され た。愛する家族の命を無残に奪った犯人に、本村氏は極刑を望んだ。しか し、山口地裁も広島高等裁判所も、犯人には「更生の可能性がないとはい えない」として、死刑を回避した。

それは典型的な判例主義に他ならない。私は本村氏に複数回お会いし、数 時間話を聞いたが、氏は、「裁判官は相場主義に基づいて判決を下してい る。それでは審理など必要ない」と厳しく批判した。

また、広島高裁判決後の記者会見では「古い判例に裁判所がいつまでもし がみついているのはおかしい。時代に合った新しい価値基準を取り入れて いくのが司法の役割だ」と語っている。この思いはやがて最高裁を動か し、判例主義を超えた死刑判決が言い渡された(門田?将(かどたりゅう しょう)著『なぜ君は絶望と闘えたのか』新潮社)。

私にとって弁護士の岡村勲氏との出会いも非常に大切なものだった。氏は 代理人を務めていた山一證券に関する事案で男に逆恨みされ、妻を殺害さ れた。自身が被害者になって初めて、いかに犯罪被害者が無視されていた かに気づき、日本で初めて「犯罪被害者の会」を立ち上げ、司法改革の先 頭に立った。

司法は多くの面で改革を必要としていたのである。重要なことは、犯罪は 法律だけで裁いてはならないということだ。それは法を無視せよというこ とではまったくない。むしろ、真の意味で法の精神を尊重せよということ だ。法の執行に、人間の良識を反映させよということである。裁判員制度 が生まれ、法律の素人が裁判に参加し、自身の能力の限りを尽くし、良識 に従って誠実に、裁判員としての責任を果たした。その歩みが10年の歳月 を刻んだ。すばらしいことだ。

読売新聞のアンケートには、裁判の在り方が変わり「分かり易くなった」 「判決の説得力が増した」などの指摘がある。

国民参加の司法が法と正義に基づいて成熟していくために、裁判員制度を 支える社会の基盤を広げたい。
『週刊ダイヤモンド』 2019年6月1日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1281

        
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◎テレビでもネットでも:前田正晶

シンガポールを訪れている岩屋防衛相は、6月1日、シンガポールで韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相と非公式の会談に臨んだ。

と報じられていますが、この時期にあってわざわざ韓国の国防相と会談をして、あの程度の話をする必要があるのでしょうか。我が国の閣僚が会うべきはこの程度の末端の閣僚であるべきではないし、結果としてもレーダー照射を否定されて何の役に立ったのでしょうか。大いに疑問に思わずにはいられませんでした。如何お考えですか。


◎「矛盾・不合理の学校制服強制」: 寺本孝一 
            
5月からすでに真夏の気候を示す中、黒や紺などの冬制服で通学する中高 生たちが気の毒です。発汗による脱水症状の危険さえあります。4季と 言っても、気温・湿度・風速は日々変わります。臨機応変な衣服調整に よって体調管理をしたいものです。

普段着ている安価なTシャツGパンで登校してなぜいけないのでしょう か。大部分の小学校・予備校・大学はほとんど自由ですが、制服が無いこ とによる問題は何も発生していません。

なによりも、全校生徒画一の制服があることによって、髪型・髪の色など の違いが目立つことになり、そのことがいじめの多くのきっかけになって いることは明白です。日本は全体主義国家などではなく、自由民主主義を 標榜しています。個性・異質を認めるかどうかは、文化の程度を問われて いるのです。

休日に、街中や公園で見かける若者たちはさまざまないでたちで歩いてい ますが、なんら他者に干渉されることはありません。青少年の服装は、本 人の自己決定権であり、親の教育権の中にあるのです。
「子どもの感性を育む会」名古屋市 寺本孝一 70歳


◎顎関節症は快方に向かって来たようだ:前田正晶

今週は延べ日数3日で4ヶ所の病院とクリニックを回ってきた。その間の29 日には、せめてジェットバスには入って疲労感を和らげでおこうとばかり にジムにも行っていた。28日に国立国際医療研究センター病院循環器内科 の待合所で偶々語り合ったご婦人が「病院に来て待っている間に味わわざ るを得ない独特の暗い雰囲気には負けるのか、大いに疲労感を覚えるのが イヤだ」と言われるのを聞いて、全くその通りだと痛感した次第。

30日が今週最後の病院通いで、東急目黒線(この名称に馴染みのない方に は「その昔の目蒲線のこと」と言えばお分り願えるだろうか)の洗足にあ る昭和大学歯科病院顎関節症治療科に午後4時の予約で出掛けていった。

新大久保から山手線に乗ったのは3時頃だが、この駅は何時も通りの大混 雑でエスカレーターの無い駅で何処からやってくるのか知らない外国人の 中を掻き分けてプラットフォームまで脚が衰えてきた高齢者が上がってい くのは、容易ならざる作業となる。

目黒駅もその昔をしか知らない私には、3月20日に初めて乗り換えた時 には車内のアナウンスが「日吉行き」と言っているのを聞いて、東急東横 線に間違えて乗ったのかと驚いて飛び降りて行く先を再確認したのだった。

兎に角、都内ではJRでも私鉄でも何年(何十年?)振りかで降り立つと、 自分が何処にいるのかが分らなくなるほどと言うか、困惑させられるほど 変貌しているので困る。渋谷駅などは余りの変わりように駅員に何処に行 けば地上に出られるのかと尋ねたほどだった。自慢だが、これでも東京生 まれで東京育ちである。

それでも、1日が3度目であれば何ら彷徨うことなく洗足駅で降りて、 昭和大学歯科病院に辿り着くことは出来た。以前にも述べたが顎関節症治 療科には「これほど同病の人がいるのか」と感心?させられたほど多くの 患者さんがいる。私は色々と検査して頂いた後で4月20日の前回よりも口 が大きく開けられる状態になり良い方向に向かっているので、今後とも指 定した顎の運動を続けるようにと指示されて終わった。次回の予約は7月 11日だったと言うことは「完治するまでには未だ先は長いぞ」という意味 のようだ。

帰路の目黒から午後4時半近くに乗った山手線の車中では、私の顔を見 たアジア人の若い男女がさっと立ち上がって席を譲ってくれたのには感謝 したし驚きもした。敢えて「我が国で」と言うが、電車に乗るや否や一心 不乱にスマートフォンをいじっている若者が席を譲ってくれることが少な くなってきた。決して譲れと言うのではないが、何度か利用したソウルの 地下鉄では我々夫婦の姿を見るや直ちに何人かの若者は立ち上がって 「座ってくれ」というジェスチャーをする。これは儒教の精神の表れだと 解釈して素直に「カムサハムニダ」と座らせて貰った。

では顎関節症はどのような状況かと言えば、今週になって試してみた寿司 は軽々と開けた口の中に入るし、噛んでいても何の痛みもないところまで 来たし、「もつ煮」の「もつ」もそれほど苦労せずに噛み切れるまでに なっていたのだ。病院の指示書には「顎の運動は入浴中が良い」とあった ので、「恥も外聞もあるか」とばかりにジムの大きな風呂の中で人目を気 にして敢行している。特に右手の指で下顎を引き下ろす運動などは2分以 上はかかるので、のぼせてくるので大変だ。兎に角、1日も早く治りたい 一心で一所懸命にやっている。

昭和大学歯科病院顎関節症治療科の菅沼教授には「軽症の部類であり、 顎の運動をすれば95%は治る」と言われたので、それを信じて毎日3回の 運動を続けてきた。それにしても、これほど長期間を要するものとは知ら なかった。だが、初期には噛めない、食べられない恐怖(?)から食欲も 減退し、1月中旬には55〜56 kgはあった体重は今や50 kgすれすれまで落 ちてしまった。現在では沢山食べなければならないとは分っていても、食 べ物を見た時点で何となくあの頬の辺りの筋肉の痛さを思い出して、食欲 が減退することが多いので困っている。

ところで2日だが、1日までの過剰(?)だったかのような活動のせい か、どっと疲労感が出てジムに行こうという意欲が出なかった。そういう ことではダメだと奮起して何時もより1時間遅いバスで出掛け、十分に マッサージチェアで体をほぐしてから入浴して漸く我を取り戻して、その 気になって昼食も摂ったという状況。自分では「疲れた」と思っていたに も拘わらず、今日もまた「何時見ても元気そうで」と言われてしまった。 と言うことは「疲れた」と感じているのは、自分だけの思い過ごしだった かと、少し反省もしている。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

3日の東京湾岸は曇天。

東京はとても良い季節の今である。晴天で暑くも寒くもなく快適だ。

但し若い頃は172センチあった身長が老化とともに160センチに縮んだ。
体重は72キロと変わらず。

夕方の焼酎がとても美味い。83歳の青春だ。下戸は気の毒だ。河野一郎、 池尻一寛、前田正晶さん。その焼酎は大阪在住で下戸の池尻さんから頂い たものだ。ありがとう池尻さん。申し訳ありません。
                         読者数:6001人    


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • やまのうち2019/06/03

    守った ということ



    熊沢英昭 農水事務次官