政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5037 号  2019・5・7[火)

2019/05/07


□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りや うじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5037号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
        2019(令和元年)年 5月7日(火)



        郭台銘、またトランプ大統領と会見:宮崎正弘

               ASEANの口頭試問:渡部亮次郎
 
     北朝鮮をさらに追い詰めることが必要だ:櫻井よしこ
           
                           
                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記



━━━━━━━━━━━━━━━━
郭台銘、またトランプ大統領と会見
━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)5月3日(金曜日)弐
        通巻第6065号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
郭台銘、ホワイトハウスでまたトランプ大統領と会見
「台湾は自治を全うし、当選したら真っ先に訪米する」と政治発言
*********************************
 
ウィスコンシン州は「台湾旋風」に揺れた。
先週、トランプ大統領はウィスコンシン州の共和党集会に出席し、貿易問
題を軸に演説したが、直後に同州に入ったのは郭台銘(鴻海精密工業会
長)だった。米国で彼は「テリー・ゴウ」とクリスチャン・ネームを名乗る。

英語名「フォックスコン」(富士康)を傘下に収める郭台銘は携帯電話部
品、とくにスマホの部品で大当たりし、台湾一の富豪としてフォーブスに
も書かれた。

トランプのアメリカンファースト政策による米中貿易戦争に対応し、ウィ
スコンシン州に液晶パネルの新工場をつくると宣言した。2年前の鍬入れ
式には、トランプ大統領がわざわざ駆けつけ、出資予定の孫正義も式に加
わった。

なにしろウィスコンシン州に最新のデジタル・パネル工場を建設し、100
億ドルを投じて、1万3000人を雇用すると郭台銘が威勢良くぶち挙げたの
だから、地元も歓迎。大統領がわざわざ起工式に飛んでくるほど期待され
たプロジェクトと見られた。

ところが、アップルの売り上げ不振による景気後退で、鴻海精密工業は、
中国国内の主要工場で大量のレイオフに踏み切り、世界で130万人の従業
員をロボット導入で50万人に減らすとした。当然、ウィスコンシン州の工
場は計画を縮小し、開発研究センターに格下げされた。

約束が違うじゃないか、とトランプは郭台銘に直接電話をかけて、見直し
を迫り、郭もしぶしぶ再検討を約束するという経過がある。したがってト
ランプは、その説明を求め、郭も釈明の必要を感じていた。

だが5月2日にホワイトハウスを訪れた郭は、「中華民国」の国旗と米国
国家を並列に並べた特注の帽子を被り、すっかり次期台湾総統のイメージ
を作り出すという政治演出を行ったのだ。

 
郭台銘はウィスコンシン州の事業のことには触れようとしなかった。ウィ
スコンシン州のエバー知事も、「空手形、会う予定はない」と冷淡だった。 


 ▲郭台銘の台詞、どこかで聞いたことがある

大統領との会見後、ホワイトハウスで記者団に囲まれても、「わたしは
ピースメーカーを目指す。トラブルメーカーにはならない」と語るのみ
だった。

この台詞、思い出した。馬英九が台湾総統に選ばれた最初の記者会見が、
同じ台詞だった。筆者はその前にも馬に直接インタビューしているが、そ
のとき同じ台詞を聞いていた。

ホワイトハウスは、郭台銘が国民党候補として総統選挙に出馬する事態を
高い関心で見ており、直近でも米国艦船が台湾海峡を通過するなど、北京
の軍事的威圧に対応している。在台北「大使館」には海兵隊を配置している。

こうした米国の台湾擁護姿勢が鮮明であるため郭台銘は「台湾の自治を求
め、私が当選したら真っ先に訪米する」と、その中国よりの姿勢を懸命に
打ち消した。

台湾の世論調査では次期総統に大きな期待が寄せられている反面、芳しく
ない評価が本省人メディアやネットに飛び交っている。

米国のメディアも、鴻海精密工業が中国国内での過酷な労働、残業などで
多くの自殺者がでていること、事故による死者への補償がおざなり、企業
倫理が稀薄なことをあげ、その経営者としてのモラルに辛い評価を下して
いるところが多い。
 
一方、台湾では連日のように「一国両制度」に反対する集会が開かれてい
る。会場にはプーさんを習近平に模した人形も登場し、「一国両制度への
態度を詰問すれば、郭台銘の前人気は忽ち暴落する」とみる人が多い。と
はいえ、テレビの娯楽番組しか見ないミーハー世代が増えて、世論調査で
の郭台銘の人気が突発的旋風のように高い。

おりしも大陸からの交換留学生で台湾の嘉南大学で薬学を研修する李家宝
(音訳。20歳)は習近平を痛烈にツィッターで批判したため、大陸内の
家族が脅迫され、台湾へ政治亡命を申請した。台湾には難民受け入れの法
律が整備されていないため、蔡英文政権が、これをどう扱うか。蛇に睨ま
れた蛙のような台湾、つぎつぎと重大な政治課題が生まれる。
        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)中国の一帯一路はドル建て中心だが、その調達に不安が生
じている。

■人民元の国際化と中国民間銀行のドル調達問題
http://fis.nri.co.jp/ja-JP/knowledge/commentary/2019/20190425.html
安倍総理は、中国の一帯一路に協力と言っているが、これは中共からみれ
ばドル調達だ。そんな協力より、日本が独自に融資対象国にやればいいと
思うが。 TA生、川崎市)


(宮崎正弘のコメント)ちょうどフィジーでADB年次総会が開催されて
います。ADBは日本主導、しかもAIIBが出来ないファイナンスを引
き受けている。つまり、アジアの資金援助プログラム、事実上は日本主導
なのです。

さて習近平の呼号する「一帯一路」が「借金の罠」という批判が国際的に
拡がったのも、最初の「犠牲」がスリランカだったからでしょう。

中国海軍潜水艦が寄港するハンバントタ港が99年の租借となって、世界は
初めて「借金の罠」の実態に気がついたのですから。

ところでスリランカの連続爆破テロは、日本人ひとりを含む253人の死
者。500余人の重軽傷者が出て、現在106人の「容疑者」が拘束されています。

犠牲者の中で外国人は42人。このうち11人がインド人、6人が中国人でし
た。このうちの4人が中国の研究所や役所から派遣された海洋学者でし
た。またほかに9人の中国人負傷者がいました。夥しい中国人がスリラン
カにいた事実の一端が、これらの数字からも分かりました。

  ♪
(読者の声2)平成最後の日の朝刊に全国紙で唯一「天皇皇后両陛下」の
写真を掲載しなかった朝日新聞。

もちろん新元号にもモリカケ同様、安倍総理の意向があったのだろうとイ
チャモンを付けている。

朝日新聞社内はよほど帰化人が多いのだろうか。

ベトナム戦争当時サイゴンで活躍した井川一久氏は、朝日新聞には東亜同
文書院出身者が多く、しかも出世が異例に早いと書いていた。朝日の中国
との繋がりは戦前からなので驚くこともありません。

スターリン・毛沢東・ポルポトといった独裁者が大好きなのに、民主的な
選挙で選ばれた安倍総理を独裁者呼ばわりする不思議。ダブルスタンダー
ドは左翼の得意技とはいえ、こんな粗雑な主張に賛同するほど今の若者は
馬鹿じゃない。戦後の出来事を振り返ると「朝日」の主張の反対が常に正
しかった。「安倍の葬式はウチが出す」といっていた「朝日」ですが、国
民の多数は「朝日の葬式はオレが出す」

販売部数がどれだけ落ち込んでも不動産業で会社が潰れることはないとい
われていますが、目の黒いうちに朝日の廃刊を見届けたいものです。
   (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)先週も八戸、久慈、函館などでビジネスホテルに
宿泊しましたが、フロントに「無料でおとりください」と大書され、山積
みの新聞は「朝日」でした。押し紙に加えて大量の無料配布も、かの「発
行部数」に算入されているのですね。


   ♪
(読者の声3)「平成」が終わり「令和」の時代となりました。4月の新
元号発表時には女子大生2人、しみじみとつぶやいていた。

「これからは私たちも古いっていわれるんだね」

「でもだいじょうぶ。2000年生まれはブランドだから」

「それじゃあ歳がバレるじゃない」

他愛のない会話の中に、時代の変わり目を迎える若者の元号に対する素直
な気持ちが感じられました。

コンビニの店員はかつての中国人からネパール人にかわり、電車で見かけ
る外国人もベトナム人やインドネシア人が急増。小規模な日本語学校でも
東南アジアや中南米系の若者をよく見かけますが、民度の低い迷惑外国人
は困ります。混雑時の電車に大型ベビーカーで乗り込んでくる中国人、駅
の階段に座り込む南米系、改札前に座り込むオージーなどなど。ベトナム
人はドラッグストアでの窃盗常習犯が多数。韓国人は昔から武装スリ団が
有名だったし、仏像からイチゴやサツマイモの新品種の苗まで盗むのは変
わらない。
外国人観光客受け入れ拡大もいいですが、犯罪率の高い国に対してはビザ
発給を厳格化してほしいものです。(PB生、千葉)

         
━━━━━━━━
ASEANの口頭試問
━━━━━━━━
 

    渡部 亮次郎

ASEAN(アセアン)東南アジア諸国連合は、2010年現在は加盟10カ国だが、
当初は5カ国だけだった。

東南アジア諸国連合Association of South‐East Asian Nations)は、東
南アジア10ヶ国の経済・社会・政治・安全保障・文化での地域協力機構。
略称はASEAN(アセアン)。本部はインドネシアのジャカルタに所在。

域内の人口は約5億8000万人(2005年)と多く、近年の目覚しい経済成長
に拠り、欧州連合 (EU)、北米自由貿易協定 (NAFTA)、中国、インドと比
肩する存在になりつつある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

結成当初から日本は会談参加を希望していたが拒否されていた。後でわ
かったが、フィリピンが強硬に反対していたからだった。1978年になっ
て、ようやく外相会談への参加が認められ、当時、福田赳夫内閣の外相園
田直(そのだ すなお)がインドネシア・バリ島での会議に出発した。秘
書官の私にとって東南アジアへの同行は初めてだった。

政治記者から秘書官に転身してまだ数ヶ月。記者の癖は抜けなかった。園
田氏もそこを利用していた。中でも締結を目指す日中平和友好条約に関す
るマスメディアの反応探りに期待していた。

さて、バリ島。西洋式の立派なホテル。朝早く、会議会場の下見に出かけ
た。事務の秘書官(後の国連大使佐藤行雄氏)は会議での大臣発言の打ち合
わせに忙しいが、政務の私は、この場合は閑である。

しかし、見ておどろいた。ASEAN側が一列の5人が並び、向かいに日本の席
がただ1つ。「これじゃまるで口頭試問だ」と大臣に報告。大臣は「佐藤
君、せめて6角形にして貰えんかね」と命令。

希望通り、椅子は6角形に配置換えされた。面白かったのはその後。

会議の冒頭、園田氏が発言を求め「このたび皆様の口頭試問を受けに参り
ましたソノダです」と言ったから、会場は爆笑。一気に日本のペースに
なってしまったのだ。

その実、ASEAN側は「口頭試問」を考えていたのだ。特に、太平洋戦争
中、フィリピンに軍事顧問として滞在していたアメリカのマッカーサーに
副官(秘書官)として付いていたロムロ外相は、例の「アイ・シャル・リター
ン」以来の憎しみを消せないでいたから、この会議への日本の参加反対の
急先鋒だった。

聞けば園田はあの戦争中、特攻隊の生き残りだという。この際、徹底的に
虐めてやろうと企んでいたのだ。私がどこかから拾ってきた情報を耳にし
ていたわが外相は、「口頭試問」の企みを逆手に取ることで、一瞬にして
ASEANの懐に入りこむのに成功したのだ。

しかも、それ以来、ロムロは園田と親友になった。

園田氏は旧制中学しか出ていない。シナ事変以来、昭和20年の敗戦まで11
年間を戦場で過ごした。敗戦時は陸軍の戦闘機の操縦士から「特攻隊」の
隊長に指名。出撃の2日前に敗戦となった。

郷里、九州の天草で町の助役から衆院選に出馬して落選。町長を経て当
選。厚生大臣2度、官房長官、外相3度。、腎不全により僅か70で逝去。

ASEANでのやり取りから、私は政治家は学歴では無い。頭の良さ、機転の
利かせ方にカギがあるとつくづく思った。鳩山や菅にあるのは学歴だけ
だった。2010・11・24


   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北朝鮮をさらに追い詰めることが必要だ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            櫻井よしこ

「核・ミサイル・拉致問題の解決に向けて北朝鮮をさらに追い詰めること
が必要だ」

日本は春爛漫の美しい季節だ。花のあとは瑞々しい若葉を愛でる。日本列
島に住む私たちは、一人一人さまざまな課題や苦労があるにせよ、概して
幸せだと思う。

そんなことを考え、北朝鮮に捕らわれている拉致被害者を想う。横田めぐ
みさんや増元るみ子さん、有本恵子さんをはじめ800人を超える拉致被害
者は無事にすごしているだろうか。

4月から5月の北朝鮮は最も食糧が不足する。5月末からジャガイモの収穫
が始まるが、それまでに前年の穀物は食べ尽くされている。沿岸漁業権が
中国に売り渡されたために北朝鮮の漁船は遠い沖合でしか漁ができない。
油代は高く、大きな船もなく、北朝鮮の住民には満足に魚も供給されな
い。今年に入って餓死者が出始めたとの少なからぬ情報が伝わってくる中
で、2月11日、北朝鮮は国連に140万トンの食糧援助を申請済みだ。

2月末に米朝首脳会談が決裂し、それを受けての4月11日の最高人民会議
で、金正恩朝鮮労働党委員長は27回も「自力更生」の重要性を強調した。
これこそ北朝鮮の国民が最も恐れている言葉だ。それは、北朝鮮政府は国
民のための食糧を確保できないという告白であり、自力で生き延びよと国
民を突き放す宣言に他ならないからだ。

最高人民会議で発表された党人事からも、正恩氏の切羽詰まっている様子
が窺える。

首相に任命された金才竜(キム・ジェリョン)氏は慈江道(チャガンド)
県の党の責任者だった。慈江道は中朝国境に位置する軍需産業の中心地
だ。ここでかつて「慈江道の人々」という四時間の映画が製作された。
1990年代に正恩氏の父親、金正日氏の指導の下、核開発を優先する余り、
経済不振で人々がバタバタと餓死した。しかし、人民は自力更生の精神で
立ち向かい、泥を食べて飢えをしのぎ、神聖な国家防衛の軍需産業を守り
通したという政治学習用の映画だった。

その映画が製作された県の実力者が首相に任命された。それは、正恩氏が
父親と同じく、人民を飢えさせても核・ミサイル開発を続けるということ
か。かつて300万人が餓死した正日時代の「苦難の行軍」を、北朝鮮の国
民は再び迫られるということか。

正恩氏は米朝首脳会談でベトナム・ハノイに出発する直前に、労働党幹部
の政治学習で、米朝会談は成功する、5月から主食の配給が復活すると説
明させていた。朝鮮問題の専門家、西岡力氏は4月12日、インターネット
の「言論テレビ」でこう語った。

「通常、指導者の日程などは極秘にする北朝鮮で、ハノイ会談のときは出
発前から大々的に宣伝した。党の宣伝や扇動の最高責任者は正恩氏の妹の
与正氏です。彼女はトランプ米大統領との交渉に自信を持ち、米朝交渉の
過程を最初から公開したのです。ところが会談は決裂、彼女の戦略の失敗
です」

正恩氏は会談決裂後、大酒を飲み「この結果は何だ!」と不満をぶちまけ
たと、西岡氏は言う。

「正恩氏は与正氏を粛清できない。それで人事を大きく変えることはしな
かったのですが、ハノイに同行した崔善姫外務次官は国務委員に大抜擢です」

国務委員は全部で11人、正恩氏の次に位置する特権的指導者層で、異例の
出世である。しかし、正恩体制下の出世は災いの元だ。責任を取らされ、
処刑されかねない。正恩氏は与正氏は切れないが崔善姫氏なら簡単に切る
だろう。北朝鮮の幹部たちは、こんな危険は真っ平で、責任ある地位には
つかず賄賂で蓄財に励むのが一番よいと考えていると、西岡氏は語る。幹
部の蓄財に気づいている正恩氏は資金枯渇を補うために、党に献金すれば
不正蓄財の罪は問わないという指示を出した。すでに体制は崩壊している
のだ。

正恩氏が、生き残りの道は核・ミサイル・拉致の全てを解決するしかない
と悟るまで追い詰めることが必要だ。
『週刊ダイヤモンド』 2019年4月27日・5月4日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1277

            
          
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◎千代田区は麹町区と神田区が合併した区です。神保町は神田区でしたが、九段下は麹町区でした。麹町区であった所にすがすがしさを感じるのは、皇居に近いからでしょう。(まこと)

◎金正恩委員長とトランプ大統領。即ち、predictable対unpredictable:
前田正晶


10連休中には恨み節ばかりでまともなことを採り上げてこなかったので、
折角最終日にはなったことでもあり、少しは世界の情勢にも目を向けてみ
ようと思うに至った。世界は「日本では10日も休みが続くようだから、何
も変化させずに待っていてやるか」などという温情の持ち合わせはなかっ
たようだ。

Predictableだった:

先ずは十分に“predictable”だったと思わせてくれた5月4日のDPRKの9発の
飛翔体発射から。何処のテレビ局だったか「この発射はUNのSecurity
Councilの決議違反である」などという誠にnaïveな報道をしていた。私は
彼らとて金正恩委員長及びDPRKがUN如きの決議に従順に従う訳がないくら
いは承知していたとは思っている。金委員長がそんな決議に従うくらいで
あれば、兄を暗殺したり、叔父を処刑する訳がなかったのではないか。我
が国の一部の純真な人たちを惑わすような報道をするのは怪しからんと思う。

この発射については専門家の方々が色々とご意見を述べておられたよう
だ。私は金正恩委員長は事ここまでに至れば(と言うか2度目のトランプ
大統領との会談が決裂した以上)最早トランプ大統領に軽視された文在寅
大統領頼むにたらずと判断してプーテイン大統領を訪問して会談もした
し、アメリカとの関係が思うように運んでいない習近平主席と組む方が単
独でアメリカと渡り合うよりは遙かに得策であると判断したのだと見てい
る。私は金正恩委員長が易々とアメリカが望む非核化には応じないだろう
と読んでいる。

Unpredictableだった:

次は矢張り“unpredictable”だったかと再認識させて頂けたトランプ大統
領である。テレビでは報じていても新聞には間に合わなかったようだが、
時事は「トランプ米大統領は5日、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆
円)相当に対する追加関税を10日に10%から25%へ引き上げるとツイッ
ターで表明した。中国との貿易交渉も中断か」と報じていた。私はつい先
日「トランプ大統領は中国を徹底的に叩くと報じられていたが、どうやら
そこまではなさらないような風向きである」と書いたばかりだった。見事
に読み間違ってしまったようだ。

早速、ある専門家は「この決定は我が国の経済にとって少なからぬ影響
を与えるだろうし、株式市場が再開される明日の相場が気懸かりだ」とい
う懸念を表明していた。専門家ではない私でも、そういう事態はあり得る
だろうとは思う。冗談半分に言えば「10連休だ」などと言っているから、
トランプ様が「目を覚ませ。世界は待っていないぞ」と、敢えて警鐘を鳴
らされたのだと考えている。

失礼を顧みずに敢えて予てから抱いていた疑問を述べてみれば、トラン
プ大統領は「関税率を引き上げれば中国はアメリカ向け輸出は不利益であ
るからと見て手控えるだろう」と期待しておられるのではないかと思う。
関税が高くなった分はアメリカの輸入業者か需要者が負担するのであっ
て、中国がアメリカ向けにC&FでもCIFででも輸出する製品の中国の手取り
は変わることはないのである。トランプ大統領は既に「関税を引き上げた
結果で財務省にはドンドン現金が入ってきている」という勘違いをされて
いた実績があるので、その点を認識されたのかと懸念するのだ。

それはそれとして、トランプ大統領が矢張り中国との貿易戦争というか
通商協議を中断されるかも知れないという方向に進まれるのであれば、世
界の経済に与えるだろう深刻な影響が徐々に現実のものになって行くので
はないかと思わせてくれる気がする。だが、一帯一路等に見せる習近平の
傍若無人振りを見れば、トランプ大統領が意を決して中国叩きに敢えて再
度出て行かれたのかとも思えるのだ。

◎私にとっては有害無益の連休だった:前田正晶

漸く最終日となってホッとしている。最早リタイアして25年も経ってし
まった私にとっては、今回のような長期間の連休などは有害無益であり百
害あって一利なしだった。7日に掛かりつけのクリニックに行けば、待ち
かねた高齢者で待合室は超満員だろうと想像するだけでも憂鬱だが、何と
しても診て頂きに行かねばなるまい。

我が家ではアメリカの会社に変わる前でも、連休(「ゴールデンウィー
ク」のことだが、英語にすればこの後に“holidays”と付けないと通じない
と思うよ)でもお盆でも、一家を挙げて何処かに出掛けると言うことはし
なかった。それは交通機関と目的地の混雑を考えれば、休暇どころか「骨
折り損のくたびれもうけ」に行くようなものだと考えていたからだった。

しかし、何事も個人が単位で同じ部員の誰とも重複した仕事をしていない
アメリカの会社では、確かに自分が取りたい時に有休を取って遠出をする
ことは可能だった。

だが、自分が自己都合で1週間も空けてしまった時に得意先にかける迷惑
と秘書に過剰な負担を強いることが気になって、10年くらい経つまでは、
ごく短期間の有給休暇しか取る勇気がなかった。もし休むにしても、GWの
連休とかお盆は必ず避けていた。ところが、一度だけお盆などに配慮がな
い本部からその期間中に重大な会議があるので出席せよとの指令が来たこ
とがあった。本社の最寄りの空港はシアトルだが、当時は未だそれほど人
気のある都市ではなかったので、何とかノースウエストの往復の席は確保
できた。

そこまでは良かったが、問題は帰り。シアトルから成田までは何と言う
こと無しに到着し、入管も何となく通常通りに通れたのだった。だが、荷
物を受け取ってからが地獄だった。1980年代には未だ「キャリーバッグ」
のような手軽なものは存在せず、旅行者はスーツケースやガーメントバッ
グやブリーフケースを自力で運ばねばならなかったのである。言うまでも
ないが、これは大変な重労働だった。私はこれらの3点を抱えて何時もの
ようにカートを取りに出向いた。

だが、その時間帯は多くの便が到着している頃なので、カートを取る為の
行列は1時間待ちだった。重い荷物を持って税関検査の列に並べば良い
じゃないかと言われそうだが、仮令スーツケースをサッカーで鍛えた脚で
蹴飛ばして進んだとしても、順番が回ってくる前に体力が尽きてしまった
だろうと思う。兎に角、カートが取れて全ての手続きが終わって外に出た
が、都内に戻れる成田エクスプレスも京成のスカイライナーも90分以上は
待たないと空席がない状態。

ならばとバスの便を当たるとYCAT行きに1時間後に空席があったので、兎
に角それを利用することで大きな荷物を抱えて空港ビルの外で待ってい
た。当時は未だ藤沢に住んでいたので、横浜まで戻れれば何とかなると判
断したのだった。ここまでで既に成田到着から3時間近くが経っていた。
そこから横浜までは1時間以上かかるし、YCATから藤沢までタクシーが
あったとしてもこれまた1時間コースである。

と言うことは、大袈裟に言えば成田に着いてから家に帰るまでの間に再
びシアトルまで飛べるかも知れない時間がかったのである。この経験で
「如何にお盆の時期に海外に出るのが大変なことか」と十分に学習できた
のだった。そうであっても、我が国の「皆で一緒にやろう。皆で一丸と
なって事を進めよう」という思想の下に会社というか社会が動いいるので
あれば、「皆が一斉に休んで、一斉に休暇を楽しもう」という仕組みは容
易に変わることはないだろう。

では、アメリカ式に自分が取りたい時に休暇を取って楽しむのが如何に
も理想的であるようだ。だが、実際に経験して見れば決してそんなことは
ない。自分が空けていた期間のあらゆる仕事というか業務は秘書さんは勿
論、誰も手をつけることなく放置されていて、オフィスの主のお帰りを
待っているのだ。その山積した業務を何とか片付けて追い付くまでには、
時にはアッという間に1週間くらいは経ってしまうほどの負担になる作業
なのだ。これが1週間でも何でも楽をしてきたことの個人主義の代償なの
だ。貴方は日本式とアメリカ式の何れが良いと思われますか。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

7日の東京湾岸は晴天、爽快。

6日の東京湾岸は終日曇天.気分冴えず。

散歩する都立猿江恩賜公園ではせっかくあでやかに咲いた躑躅がもう散り
始めた、残念だ。人に寿命があるように花にも寿命があるのだ。
                         読者数:6001人

                          

                         

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。