政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針5029号  2019・4・29(月)

2019/04/29



□■■□──────────────────────────□■ 
わたなべ りや うじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」5029号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
        2019(平成31)年 4月29日(月)



      「損切り」を覚悟の民間払い下げか?:宮崎正弘

              3度目は意識的失脚:渡部亮次郎

         文在寅、親北反米路線で確信犯:櫻井よしこ         

                      話 の 福 袋    
                       反     響
                      身 辺 雑 記



━━━━━━━━━━━━━━━━━
「損切り」を覚悟の民間払い下げか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019)4月28日(日曜日)
        通巻6058号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 絶望の果てか、「損切り」を覚悟の民間払い下げか?
  中国、新幹線を分割、民間企業に売却という新手
*********************************
中国は新幹線の一部を民間企業に払い下げる。

すでに累積赤字は、邦貨換算で87兆円にも達しており、それでも中国は新 幹線プロジェクトを強気の投資継続で続行する。その一方で、完成した区 間の一部売却なのか、部門売却なのかは明らかではないが、民間企業に払 い下げるという新手を思いついた。新華社が伝えた。

初契約は41億8000万ドル(4600億円内外)で、中国の国有銀行団がシンジ ケートを組み、浙江省政府と民間大手の「復星國際集団」に融資する。高 速鉄道経営権が委譲される仕組み。シンジケートを組む銀行団には中国発 展銀行、中国工商銀行、中国農業銀行、中国建設銀行ほか二行が加わる。

復星國際集団と言えば、その傘下にある上場企業だけでも20社を超え、初 代CEOの郭広昌は「中国のウォーレン・バフォット」などと持ち上げら れた。ところが、一時期、郭が行方不明になるなど、謎の部分が多い企 業。日本でも星野リゾート買収で名前を馳せた。

おりから閉幕した「一帯一路國際フォーラム」でも7兆円の投資続行がア ナウンスされたが、中味をよくよく見ると、民間企業の出資であって、政 府支出ではない。中国が外貨払底に直面している傍証にもなる。

問題は予算面である。なぜ自爆的肥大化を続けざるを得ないのか。
2006年に北京―天津間を開通させて以来、わずか13年で敷設したレール (営業キロ)は2万5000キロ以上(日本は半世紀かけて3000キロ)。

さらに2019年もプロジェクトを拡大し、予算8兆円強がつけられた。
 事業体の強制的維持である。

したがって車より熊の交通量が多い山岳地帯や、荒涼たる砂漠を越えて、 長い河川には橋梁を架け、山稜には片っ端からトンネルを掘る。

中国鉄道は第10局まで地域別に分けられ、鉄道建設のほか、配線、電気工 事を請け負う企業、その下請けから鉄道学校。関連する産業分野はレー ル、枕石、コンクリート、駅舎建設。開発の建材、ブルドーザ。運営は運 転手、車掌から踏み切りに至るまで数十万の大所帯が、給料をいただき、 その上で黒字路線が北京―上海と上海―広州しかない。

あとの路線はすべて赤字。そこで余剰人員と鉄材、セメント在庫を処理す るために、新幹線プロジェクトを海外にも売り込んだ。

インドネシア、マレーシア、ラオス、タイで工事は進んでいるものの、ベ ネズエラ、米国などでは新幹線工事中止、プロジェクトそのものが拒否さ れるなど散々な結末となっている。

中国新幹線の民間への払い下げとは、回転資金確保のためなのか、経営の 硬直化を民間のフレキシブルな判断に委ねるのか、あるいはすでに資金 ショートを来しての断末魔的な最終処理なのか。いずれにせよ、正念場を むかえたようだ。

     

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★読者の声 ★READERS‘ OPINIONS ★どくしゃのこ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)中国経済の減速と米中貿易摩擦で日本への擦り寄りが目立 つ中国ですが、青島で行われた観艦式では「旭日旗」を掲げた海上自衛隊 護衛艦も歓迎するほど。市民の反応はもちろん良好、一般公開には5000人 もの行列という人気ぶりでした。

産経の記事は共同電によるもの。ブログ記事には写真多数掲載。
https://www.sankei.com/world/news/190424/wor1904240025-n1.html
http://toychan.blog.jp/archives/55211813.html

日頃は反日的な記事の多い共同通信社も中国主催の行事となれば別。中国 政府の意向を忖度したのか、旭日旗を掲げる海上自衛隊護衛艦の青島入港 の様子を動画配信。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=88&v=MDmC8YPKcdI
国内の反日勢力を潰すには親玉と手をにぎるのが手っ取り早いのですね。
    (PB生、千葉)

  ♪
(読者の声2) 5月25日に、楠公祭と記念講演が行われるということです が、私はずっと気にかかっていたことがありました。

それは皇居外苑にある楠公像の台座には「楠正成」と彫られてあることです。

https://www.env.go.jp/garden/kokyogaien/1_intro/his_06.html
明治の時代にできたものだし、「楠木正成」という現在の書き方は間違っ ているのではないかと…。

最近この変化の意味が分かりました。『太平記』の古い写本には、「楠」 「楠木」の双方があり、どちらかといえば「楠」が多いそうです。正成が 産湯の水に使ったという伝説の河内の観心寺近くの井戸にも「楠」とある そうです。

明治元年以降の公文書にも「楠正成」が使われています。しかし近年、と いっても昭和の時代ですが、正成親子在世時代の古文書にはすべて「楠木 正成」とあることが分かったそうです。それで現在は、「楠木正成」が普 通になっているということでした。私は喉のつかえが降りた感じでした。
   (HT生、大田区)

  ♪
(読者の声3) グローバル主義と反グローバル主義について分析して見ま した。以下ご参考まで。

1.思想の形成

人間の持つ感情は現実主義と夢です。この現実主義が思想化したものが保 守、愛国、民族主義などです。夢が思想化したものが救済願望で発明(TV 飛行機など)、宗教(キリスト教、仏教)、政治思想(ユートピア)で す。このユートピア主義の中に、いわゆるリベラル主義、社会主義、共産 主義などがあります。

2.現代の思想

現代のグローバリズムの原動力は国際商業主義です。輸出の邪魔になる思 想,慣習、制度を何でも破壊します。問題は、これにリベラルが便乗し て、移民、難民、文化破壊を起こしているように見えます。

3.ポピュリズム

これに対して抵抗しているのが各国のいわゆるポピュリズム(愛国主義、 民族主義)です。これは単なる民族主義の自衛運動にすぎません。自衛は すべてに優先します。

しかしメディアは愛国主義、民族主義と呼ぶと正当な思想なので、レッテ ルを貼って
誤魔化して非難しています。

4.弱いリベラル主義
先般トランプ大統領が移民を、移民制限方針に反対するリベラル地域に優 先居住させると云ったところ、リベラルが反対しているらしく笑われてい ます。実はリベラルは弱い思想で、困ると保守に逃げてきます。1941年の 独ソ戦ではスターリンがマルクス主義では赤軍兵士の士気を鼓舞出来ない ので、帝政ロシアの民族主義に切り換えた史実はよく知られています。モ スクワの道路もクツゾフなど帝政ロシアの将軍の名前に改められました。

この結果、戦後ソ連共産党内部の思想もロシア民族主義へ変質したそうで す。皆マルクス主義の虚構性に気付いていましたが、建国の思想なので 「裸の王様」状態で誰も言い出せ真戦でした。リベラル主義やPCは裸の王 様なのです。

5.反グローバリズム

なお反グローバルというのは民族主義ですが、これは個別なので纏まるこ とはない。プーチンが反グローバルだから、と言ってもロシア第一主義と いう意味だから連帯はありえません。いわゆる「一匹狼の会」が無いのと 同じです。国家は唯我独尊です。

6.日本の対応

日本は国際的な通商に依存しています。従って国際通商は否定しません が、外国文化や人間の影響から日本文化を守るために、日本の文化、慣 習、制度を積極的、計画的に守り発展させ継承する努力が必要と思いま す。(落合道夫)

  ♪
(読者の声4)御即位奉祝式典並びに奉祝行進のご案内

皇太子殿下には5月1日、第126代天皇陛下として御践祚遊ばされます。 我ら民草、連綿たる皇統の御承継をことほぎ、かつは皇位の無窮を熱祷し つつ、令和の新御代を仰ぎたく存じます。就きましては国民としての誠を 捧げるべく、下記により御即位奉祝式典並びに奉祝行進を執り行ひます。
              記
日時    令和元年5月2日(木)13時開式(12時半開場)
会場    文京区民センター2A
       文京区本郷4−15−14 TEL 03-3814-6731
  都営三田線/大江戸線「春日」駅 徒歩2分
        東京メトロ・丸の内線/南北線「後楽園」駅 徒歩5分
式次第   国民儀礼、聖寿万歳、実行委員長・来賓挨拶
記念講演  宮本雅史氏(産経新聞編集委員)
      「御代替はりー我々の役割は」
      長谷川三千子氏(埼玉大学名誉教授)
      「御即位を奉祝する」
会場協力費 1千円
奉祝行進  15時より 約1時間半程度
主催    御即位奉祝委員会(実行委員長 近藤 誠)
連絡先   中村信一郎(090−4815−8217)
      森田忠明 (070−5366−5511)




━━━━━━━━━ 
3度目は意識的失脚
━━━━━━━━━

       
   渡部 亮次郎

トウ(鄧)小平は1973年周恩来の協力を得て中央委員に復帰するが、1976年 には清明節の周恩来追悼デモの責任者とされ、この第1次天安門事件に よって3度目の失脚をした。

しかし【トウ小平秘録】(83)第3部「文化大革命」 失脚選択 (産経 新聞2007年7月19日 筆者伊藤正中国総局長=当時)によると、トウは 1975年11月の時点で自ら失脚の道に踏み込んだようだ。意識的失脚であ る。「時代は我にあり。老衰著しい毛沢東以後に再起をかけたに違いな い。時代は我にあり」、と確信して。(伊藤正)

1975年9月24日、同月中旬の「農業は大寨(だいさい)に学ぶ」会議で、 毛の妻の江青(こうせい)が「水滸伝批判は2つの路線(文革か、修正主 義か)の闘争だ」と話したとトウ小平から聞くと、毛沢東は怒りを表した。

梁山泊(りょうざんぱく)の英雄豪傑を描いた古典小説「水滸伝」につい て、首領の宋江(そうこう)を「投降主義」とした毛沢東の批評を、江青 ら文革派「四人組」は強引にトウ氏批判の材料に利用したからである。

「でたらめだ! 意味が違う。農業を学ぶ会議なのに、水滸(すいこ)批 判をやるとは。分からんやつだ」と怒ってみても、頼みの毛沢東は老衰激 しく、時折は江青支持にさえ廻る。

「大寨会議」で、あらゆる分野での整頓(反対者の追放)の必要を強調し たトウに対し、江青は痛烈な反対演説をした。

「水滸伝の要は、宋江が(前の首領の)晁盖(ちょうがい)を排除、棚上 げし、土豪劣紳(地主や地方ボス)らを招き入れて主要なポストを占拠 し、投降したことにある。わが党内にも毛主席を棚上げにする投降派がいる」

文革が終わって復活幹部を重用、経済建設に努める周恩来(しゅうおんら い)首相やトウ小平への露骨なあてこすりだった。共産党内の主導権をと られると危機感を募らせたのだ。

その3日後、毛沢東の実弟毛沢民の遺児、毛遠新(もうえんしん)が訪ね てきてトウ批判を毛の耳に入れた。実子同様に育てた甥の言う事だ。

毛遠新は文革前に東北のハルビン軍事工程学院に入学、造反派としてなら し、いまは遼寧省党委書記、瀋陽軍区政治委員の要職にある。毛沢東は甥 の成長を喜び、その話に耳を傾けた。

「社会には、文革に対して、肯定、否定の2つの風が吹いています。トウ 小平同志は文革の成果を語ることも、劉少奇(りゅうしょうき)(元国家 主席として失脚)修正主義路線を批判することも極めて少ないのです」

露骨なトウ小平批判だ。現実社会から遊離している毛沢東に大きな影響を 与えた。毛沢東は遠新を非公式の連絡員にする。遠新が「ママ」と呼ぶ江 青は、強力な援軍を得た。

毛遠新と再会した後の毛沢東は別人になっていた。11月2日、毛沢東は毛 遠新に話す。

「2つの態度がある。文革への不満と文革の恨みを晴らそうとするもの だ。トウ小平にだまされないよう言え」。

この意見は政治局に伝えられ、「水滸伝」批判は「右からの巻き返しの風 に反撃する」というトウ小平批判運動に発展した。それでも毛沢東はトウ の反省に期待し、何度も会議を開かせた。

ポイントは文革の評価だった。11月13日、毛沢東は復活幹部について 「(古代中国の)魏(ぎ)や晋(しん)はおろか漢(かん)があったこと も知らない桃源郷(とうげんきょう)にいる人物がいる」と話す。

それを聞いたトウ小平氏は「自分は文革期、(初期に打倒され)桃源郷に いた人物であり、魏や晋も漢も知らない」と言った。トウ氏の失脚が事実 上決まった瞬間だった。しかし、これが明らかになったのは今回が初めて である。

当時の北京市党委第1書記の呉徳(ごとく)は、トウと李先念副首相の3 人で当時語った話を後に証言している。

「トウ小平は毛主席の決心が下された以上、辞めるほかないと言った。そ の後、彼は(副首相の)紀登奎(きとうけい)、李先念、華国鋒(かこく ほう)らに、自分を批判し地位を保持するよう話した」(呉徳口述「十年 風雨紀事」当代中国出版社)。

その時、トウ小平は、妥協を重ねた周恩来の道ではなく、失脚の道を選択 した。「トウ小平は毛沢東と同じく、言い出したら引かない性格だった」 (トウ榕著「我的父親トウ小平『文革』歳月」)。

<それだけでなく、老衰著しい毛沢東以後に再起をかけたに違いない。時 代は我にあり、と確信して。>(伊藤正)

確かに1976年1月8日に周恩来が腎臓癌で死去し、それを追悼する4月の清 明節が混乱した責任を取らされる恰好でトウは生涯3度目の失脚をした。 しかし5ヶ月後の9月9日には、確かに毛沢東も死んだ。

トウは広州の軍閥許世友に庇護され生き延びた。毛沢東が死去すると後継 者の華国鋒支持を表明して職務復帰を希望し、江青ら四人組の逮捕後1977 年7月に再々復権を果たす。そこはもはや独り舞台に等しかった。

1978年10月、日中平和友好条約締結を記念して中国首脳として初めて訪日 し、日本政府首脳や昭和天皇と会談したほか、京都・奈良を歴訪した。

1978年の訪日時には様々な談話を残した。「これからは日本に見習わなく てはならない」という言葉は、工業化の差を痛感したもので、2ヶ月後の 三中全会決議に通じるものであった。

また、帝国主義国家であるとして日本を「遅れた国」とみなしてきた中華 人民共和国首脳としても大きな認識転換であった。新幹線に乗った際には 「鞭で追い立てられているようだ」という感想を漏らしている。

その2ヵ月後の同年12月に開催されたいわゆる「三中全会」(中国共産党 第十一期中央委員会第三回全体会議)において、文革路線から改革開放路 線への歴史的な政策転換を図る。またこの会議において事実上中国共産党 の実権を掌握したとされる。

この会議の決議内容が発表されたときは全国的な歓喜の渦に包まれたとい う逸話が残っている。

経済面での改革に続き、華国鋒の掲げた「2つのすべて」と呼ばれる教条 主義的毛沢東崇拝路線に反対して華国鋒を失脚へと追い込み、党の実権を 完全に握った。

毛沢東の死後、約20年を生きて経済の改革開放により工業、農業、国防、 科学技術という4つの分野の現代化(近代化)を目指す路線を定着させて死 んだ。

とはいえ、4つの現代化が果たして中国の如何なる将来を約束するかは誰 にもわからない。だからトウといえども周恩来といえども、墓を暴かれる という屈辱を受けない保証は無い。2人とも墓は無い。

参考:産経新聞「鄧(トウ)小平秘録」83回及び「ウィキペディア」執筆 2007・07・19中国インターネットの帝王、14年の実刑



━━━━━━━━━━━━━━
文在寅、親北反米路線で確信犯
━━━━━━━━━━━━━━


        櫻井よしこ

南北両朝鮮が米国に追い詰められている。とりわけ韓国の文在寅大統領へ の米国の圧力は巧妙である。

4月11日、文氏は“建国”を祝う予定だったが、米韓首脳会談のため、大事 なその記念式典を諦めて訪米した。にも拘わらず、ホワイトハウスでのト ランプ大統領との会談は、前代未聞の哀れな結果に終わった。

文氏は10日にソウルを出発し、同日夕方にワシントンに到着したが、米国 側との予定は一切組まれていなかった。翌11日午前中に、ポンペオ国務長 官、ボルトン大統領補佐官、ペンス副大統領とそれぞれ面会したが、三氏 共に文氏の北朝鮮寄りの姿勢に批判を加えたと見られる。北朝鮮に非核化 の意思は読みとれず、制裁緩和はあり得ない、米国はむしろ制裁強化を考 えていることなどが強調されたと考えてよいだろう。

その後、トランプ、文両首脳は夫人を伴って首脳会談を行った。夫人同伴 の首脳会談など通常はあり得ない。トランプ氏は文氏と二人で語り合う必 要を認めていなかったのだ。現に会談冒頭、メディアからゴルフのマス ターズトーナメントの勝者は誰になると思うかと問われ、トランプ氏は文 氏を横においたまま延々と語った。結局27分間もトランプ氏の話が続き、 文氏との会談時間は驚きの2分間、しかも通訳つきだ。その後に他の閣僚 たちも参加しての昼食となった。4月12日、ネット配信の『言論テレビ』 で元駐日韓国大使館公使の洪熒(ホンヒョン)氏が語った。

「2月末にベトナムの首都ハノイで米朝会談が決裂した後、文氏は康京和 (カンギョンファ)外相や鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防部長官を米国に送 り、三度目の米朝首脳会談の開催や対北朝鮮制裁の解除を要請させまし た。対北経済援助で米国には負担をかけない、韓国が負担するので開城 (ケソン)工業団地も金剛山(クムガンサン)観光も再開させてほしい、など とも言わせました。米国側は全て拒否し、そのような話題であれば、米韓 首脳会談はなしだと、通告したのです」

一人飯

朝鮮問題の専門家でシンクタンク「国家基本問題研究所」研究員の西岡力 氏も『言論テレビ』で語った。

「朝鮮語で『一人飯』をホンバプといいます。韓国の若者の間で一人でご 飯を食べるのが増えていて、ホンバプという言葉が流行っているのです。 文氏は米国到着の10日夜がホンバプ、11日朝もホンバプ、11日昼にようや く米国側との食事にあり付いた。本当に相手にされなかったのです」

米国の厳しい態度は文政権の裏切りに対する冷遇だと洪氏が断じる。文氏 の裏切りとは、米朝首脳会談を実現させるために、文氏が金正恩氏は北朝 鮮の非核化を決意していると米国に伝えたことだ。正恩氏が表明したのは 北朝鮮の非核化ではなく、朝鮮半島の非核化である。これは韓国を守るた めに米国の核を使うという発想自体もなくしてしまうこと、即ち米韓同盟 の破棄を目指す言葉であり、北朝鮮が所有する全ての核や関連施設の一掃 とは、全く異なる。

当初、北朝鮮の非核化に希望を抱いたトランプ政権は、やがて正恩氏に非 核化の意思がないこと、文氏の嘘を確信したと思われる。国連制裁に違反 してでも北朝鮮支援に動こうとする文氏を牽制するために、米国政府は文 政権の頭越しに韓国の経済界に働きかけ始めた。

昨年9月には、ニューヨークにある韓国の七つの銀行の支店に米財務省が 直接電話をして、米国が北朝鮮に制裁をかけていることを承知しているか と警告した。西岡氏が語った。

「韓国系の銀行は現在、送金業務を止めているといわれます。もし送金に 北朝鮮と関係する資金が入っていれば、米国の副次的制裁(secondary sanction)を受け、一切のドル決済が停止されるやもしれない。そうなっ たら銀行は潰れます」

昨年4月27日の板門店での南北首脳会談にも、9月18日の平壌での南北首脳 会談にも、文氏は多くの韓国企業代表と開城工業団地の組合長らを同行さ せた。文氏は金正恩氏と共に白頭山に登ったが、そのとき正恩氏に開城工 業団地組合長を紹介し、組合長に直訴させた。「委員長様、何とか開城工 業団地を再開させて下さい」と。

正恩氏は今年新年の辞で「南朝鮮の人民の要望に応えて、無条件で開城工 業団地を再開する」と演説し、それを受けて文氏は開城工業団地再開で米 国を説得すると公言した。だが、北朝鮮を利するだけの工業団地再開に は、前述のように米国が完全拒絶の姿勢を貫いた。

支持率は下がる一方

その間、ソウルの米大使館の専門官は文氏に同行した財閥や企業に直接電 話攻勢をかけた。米政府が北朝鮮に制裁をかけているのは承知か、と警告 したのである。洪氏が強調した。

「米国は朝鮮半島での70年間に多くの教訓を得ています。そしていま、文 在寅と韓国企業を切り離しているのです。文は米国の警告を聞かない。な らば企業や韓国国民に直接働きかけようというわけです。核を諦めない北 朝鮮に送金を続けるのか、米国との貿易や自由社会との絆を選ぶのか、と 米国は迫っています」

韓国国民も文氏の危うさを実感しているに違いない。支持率は下がる一方 だ。経済は停滞し失業率は高まり続けている。にもかかわらず、文氏は最 低賃金をこの2年間で約30%も引き上げた。残業を規制し労働時間を大幅 に短くした。人件費は高騰し、倒産は急増、失業率がさらにはね上がる悪 循環である。笑い話のような現実を西岡氏が紹介した。

「統計上失業者が増えると困るので、文氏は60歳以上の失業者に週1回大 学に行って電気を消す、又はゴミ拾いをするなどの仕事を作り、役所が賃 金を払うことにしました。税金で失業率の統計に化粧を施しているのです」

支持率低下や米国の警告にもめげず、親北路線を変えない強い反米の意思 が文氏の人事から読みとれる。一例が統一部長官に指名された金錬鉄(キ ムヨンチョル)氏である。この人物は米国が韓国に要請した THAAD(終末高高度防衛ミサイル)配備に反対し、開城工業団地の早 期再開を主張する反米主義者である。

同人事は韓国議会の反対にも拘わらず、文氏は考えを変えなかった。文氏 は米国に公然と対立姿勢を見せたに等しく、米国を欺く手法で開城工業団 地再開をはじめ北朝鮮支援に走り出しかねない。

暴走の気配を見せる文氏に、米国が対決姿勢を強め、韓国国内では対抗勢 力が力をつけつつある。2月27日、自由韓国党の代表に黄教安(ファンギョ アン)氏が選ばれた。朴槿恵政権で法務部長官や首相を務めた公安検事出 身の62歳は、文政権の安保政策と経済政策を「亡国政策」と批判する。

野党勢力はまだ弱いが、それでも文氏の足下は決して盤石ではない。韓国 はいつ何が起きてもおかしくない緊張の中にある。
『週刊新潮』 2019年4月25日号 日本ルネッサンス 第849回

      
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◎ 二宮尊徳は、内村鑑三の『代表的日本人』の5人の1人です。あとの4人は西郷隆盛と上杉鷹山と中江藤樹と日蓮ですが、二宮尊徳と、明治天皇と保科正之と平田篤胤と白隠でもよかったのではないかって思います。 古い時代も入れるなら、日本を日本たらしめた聖徳太子と柿本人麻呂と源頼朝も代表的日本人であろうと考えます。(まこと)

◎留学生「来るものは拒まず」の問題:前田正晶

私はほぼ信念として「我が国に安定した職を得ようとか、居住しようと か、日本語学校に留学しようとか」というような目的でやってくる外国人 は、自国では仲々活路を見いだせなかった半端者が多いのではないか」と いうように、彼らを疑いの目で見ている。

現に、ここ東京都新宿区百人町か大久保には明らかに我が国を食い物にし ているとしか思えない輩が数多く巣食っている。こういうことを論じ始め ればキリがないので、今回はこのくらいに止めておくが「好い加減に外国 人を有難がるのを止めるか、観光客を無制限に招致しようなどと思うな」 ということだ。

その辺りを28日の産経新聞の「新聞に喝!」の欄に京都大学霊長類研究所 教授の正高信男氏が掲題のような見出して厳しく戒めておられた。私に言 わせて貰えば当に「だから言ったじゃないか」であり、我が意を得たりの 思いだった。正高教授は先頃の東京福祉大学の外国人「研究生」が大量に 行方不明になった例も挙げておられたが、私にはその次の文節の論旨の方 が非常に気懸かりだったので、そのまま引用してみよう。

>引用開始

私は学内の研究室に無数にある、おおむねセキュリティーの甘いサーバー に侵入しては自分の学問的関心とは無関係に、中身を片っ端からダウン ロードしている東アジアからのインターン生を複数、知っている。ここに は断片的な内容であってもジグソーパズルのようにつなぎ合わせると、結 構機密性の高い情報が得られることも珍しくないだろう。科学技術情報が ダダ漏れが起きていることに、ほとんど誰も気が付いていないらしい。せ めてマスコミには、大学で実際に何が起きているかを自分たちの手でじか に取材することを希望する。<引用終わる

私はこれを読んで、正高教授は指摘しておられないが「何処の国のイン ターン生」がかかる不届きなことをやっているかの見当はついた。ここで も「だから言ったじゃないか」と強調したいので、我が国にももう少し欧 米の諸国のように「性悪説」の視点で外国人を見る姿勢があっても良くは いかと痛感している。不良外国人どもは我が国には「スパイ防止法」が無 いことくらい先刻承知で入ってきているのだと疑っている。言うなれば、 我が国にやってくる外国人たちに中には「食い詰め者」ではない連中も 入っているのである。政府ももう目が覚めても遅くないと思うよ。

◎何故あのような英語になってしまうのだろう:前田正晶

私は25年ほど前の在職中に地下鉄の車内における言うなれば「英語ペラペ ラ風」の同胞が、凄いスピードでまくし立てていた英語風の語りを批判し たことがあった。そこで、先ずはそれが如何なる英語紛いだったかをあら ためて紹介しておこう。下記のようなものだった。言わせて貰えば「我が 国の英語教育の輝かしくない成果」なのである。

"Every years, I take vacation two month, you know. I go Europe with family, you know. Nowadays, children become big and go to school and cannot stay long, you know. So, we don’t go and wife complain and become angry."

という凄まじさだった。悲しいかな現在形過去形は一切無視されていた し、複数も単数もなかったのであったし、特に私が言わない方が良いと繰 り返して指摘して来た“you know”が多用されていた。後難を恐れずに言え ば「学校では何を教えていたのか」であり、「教えられていた方も、何を 勉強していたのか」と厳しく批判したい文法無視だったのである。特にUK などでは「文法無視は無教養の証し」である事も強調してきた。

27日に銀座1丁目を有楽町駅に向かって歩いていた時にアメリカ人2人 と日本の若い女性1人が語り合っているのを追い抜いた形なった。その女 性は一所懸命に東京都内の行政区分と隣接の千葉県のことを英語で説明し ていた。その内容は追い抜く前から十分に聞こえていた。大変遺憾だった ことは、この女性もかなりのスピードで喋っていたのだが、矢張り動詞に は現在形も過去形もなく、単数と複数の観念も欠落していた。良くあるこ とだと思って聞いていたが、最も印象的だったのが「嘗てはこうなってい た」と言いたいところで、簡単且つ大胆不敵にも“before”の一言で済まし てしまった事だった。

私には果たしてそのプリゼンテーションの如き語りを聞いていたアメリ カ人たち(アメリカ人であると解ったのは、彼らが打つ相槌等がアメリカ 人が使う表現だったからだが)が理解できていたか否かは知らないが、私 には悲しいほど良く解ったのだった。確か“Tokyo divide 23 area.”のよ うに言っていたが、それが23区の説明であるとは直ちに解るのだ。彼女は 懸命に説明していたのだが、何処で習い覚えた英語か知らないが、何故あ のようになってしまうのかと思うと、本当のところ悲しいなと思う気持ち の方が強かった。

ここで、私の年来の主張を繰り返せば「常日頃から教科書の音読・暗記・ 暗唱をイヤと言うほど繰り返しておけば、こういう誤った英語が口から出 てこなくなるものであり、教える側も文法的なことを恰も数学のように理 屈で教えたのでは、聞かされている方は無味乾燥であり『何だ、面倒くさ い』という感にとらわれてしまい、効果が挙がらないもの」なのである。 我が国の学校教育で育てられたもの全部がこのような英語しか話せないよ うになるとは言わないが、私の経験ではかかる失敗例が多過ぎるので、今 回敢えて採り上げた次第だ。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

29日の東京湾岸は曇天。

28日の東京湾岸は快晴。

隣の第3亀戸中学校の芝生の校庭には生徒たちでは無く近隣の大人たちが 来て野球をやっていた。多分無許可だ。南の空を見ていると北の街を目指 して羽田を飛び立った旅客機が次第に機首を上げて行く姿が美しい。私も かつては外務大臣秘書官として大臣に随行して海外の国々を数多く訪れた ものだが老化した今ではなぜか高いところは怖くなって飛行機に乗りたく ない。あのころはウイスキーの水割りをよく飲んだものだが、今では焼酎 のウーロン茶割だ。6時に飲み始めて8時半には寝る。

毎日散歩する近くの都立猿江恩賜公園では今、満開の躑躅が美しい。
桜のソメイヨシノより色彩豊かで綺麗だ。
                      読者数:6001人
                        








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/04/29

    糖尿病治療は受けると危ない!



    (糖尿病の薬は飲むな)



     「長生きしたければ、病院に行ってはいけない」とは「週刊現代」が組んだ特集見出しである。同誌は医療批判では、マスコミの先鞭をつけている。「飲み続けると、すごい副作用が、あなたの身体を壊す」「糖尿病の薬はもう飲まなくていい」(7月2日号)



     同誌の主張には根拠がある。2016年5月20日「日本糖尿病学会」と「日本老年医学会」が、糖尿病の判定基準値の見直しを発表したのである。これまで血糖値が6・5%を超えると、一律に「糖尿病」と判定していたのに、高齢者は7・5%まで、75歳以上なら8%までOKとした。さらに、認知症の人は8・5%まで宜しいとした。つまり、「糖尿病」ではないとしたのである。



    「そんなにいい加減なものだったのか?」と大人しく従ってきた患者も憤る。同誌に登場した医師は、「高血圧より、低血圧の方が、よほど恐ろしい。血糖の下げ過ぎで体調を悪くしている高齢者が多い」と言う。糖尿病学会は、その事実を知っている為、コッソリ基準値の見直しを発表したわけである。同誌は告発する。



    「心臓病で亡くなる高齢者の中に、日ごろから糖尿病の薬を常用している人が少なくない。薬による低血糖で心不全になり、亡くなった人が、実際には相当数、混じっている」



     こうなると完全な薬害、巨額の損害賠償裁判を起こされても仕方がない。学会の対応は、それを恐れ、「糖尿病薬を飲んだり、インスリン注射が逆に大事な寿命を縮めている。こんなバカバカしいことはない」としている。



    (インスリン注射で死亡率22%悪化した)



     2001年からアメリカ、カナダで大規模な実験が行われた。それは糖尿病患者の2つのグループを比較したものである。



    Aグループ→インスリン投与で血糖値を厳しくコントロールしている。



    Bグループ→インスリン無しで血糖値も気にせず食事療法をしている。



    3年後の死亡率はAの方がBよりも22%も高かったのである。つまり、薬で無理に血糖値を下げると、心臓に負担がかかり、心筋梗塞を起こすことが判明したのである。



    (薬で後戻りできなくする仕掛け)



     医者の勧めるまま血糖降下剤とインスリンを併用すると、血糖値が下がり過ぎ、倦怠感、抑うつ病状になる。重症低血糖状態が続くと、血糖値を上げるためにアドレナリンを分泌し、血管が収縮する。高齢者の場合、心筋梗塞を引き起こしたり、認知小脳を衰えさせることが珍しくない。血糖降下剤で膵臓はボロボロになり、二度とインスリンを作れなくなってしまう。後戻りはできない。すると、インスリン注射に移行する以外、策はなくなってしまう。(渡辺昌医師)



    (医者が薬を売りたいだけであるから、もう飲むな)



     良心的医師も現在の糖尿病治療を全否定する。「そもそも、現在主流になっている体内のインスリン濃度を上げ、血糖値を下げるという治療法が間違っている。薬を過剰に使い、低血糖の発作が起きれば、命を落とす危険性がある。高齢の方であればなおさらです」(新井圭輔医師)



     糖尿病にかかる医療費は、年に1兆2000億円超であり、血糖降下剤などの治療薬の売り上げも4000億円を突破している。医療産業は糖尿病なしでは立ち行かない。糖尿病依存症なのである。同誌は結論付ける。



    「医者が薬を売りたいだけ。多くの人にとって、もう糖尿病の薬は使わなくてもいい。医者や病院のために糖尿病薬を使い続ける必要など全くない」



    (薬の組み合わせで死ぬ)



     日本の高齢者は、薬漬けである。「降圧剤」「糖尿病薬」「コレステロール低下剤」などである。これらには副作用があり、さらに副作用と副作用の相乗効果により死ぬことがあるという。医師は「添付文書」を全く読んでいない。だから、薬の危険な相乗効果で命を落としている患者は夥しい数に上る。



    「ブラビックス」→これは血液を固まりにくくする薬である。心筋梗塞や脳梗塞の再発を防ぐために処方されている。医者は「血液ドロドロを改善する薬だ」と患者に説明する。しかし、こういう患者が手術を受けると、出血が止まらなくなり死亡する。



    「降圧剤」→「ディオバン」など降圧剤と痛み止め(ロキソニンなど)の相乗効果で危ない。消炎鎮痛剤は血圧を上げる作用があり、降圧剤の処方が過剰になってしまう。アクセルとブレーキを同時に踏むのと同じである。身体には深刻な負担となる。



    「コレステロール低下剤」→「スタチン」は筋肉が溶け出す横紋筋融解症と言う深刻な重大副作用がある。ところが、他の高脂血症薬や免疫抑制剤などとの併用は、副作用を加速させる。



    「血糖降下剤」→他の薬と併用すると、血糖値を下げ過ぎ、手足の震え動悸を招く。利尿剤と併用すると、尿が出過ぎて脱水症になる。



     飲み合わせによる死亡事故は新薬の方が多い。認可の時、他の薬との相乗効果は治験が行われない。そのため、添付文書に副作用記載がない。だから安全だと考えるのは間違いである。厚労省に副作用情報が寄せられて初めて「併用禁忌」が「添付文書」に書き加えられていく。つまりは、患者は人間モルモットなのである。

  • 名無しさん2019/04/29

    子宮頸がんワクチン接種に反対↓ 

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E5%AD%90%E5%AE%AE%E9%A0%B8%E3%81%8C%E3%82%93%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E6%8E%A5%E7%A8%AE%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E2%86%93%E3%80%80&chips=q:%E5%AD%90+%E5%AE%AE%E9%A0%B8+%E3%81%8C+%E3%82%93+%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3+%E6%8E%A5%E7%A8%AE+%E3%81%AB+%E5%8F%8D%E5%AF%BE+%E2%86%93,online_chips:%E5%A4%A7%E5%B4%8E%E5%B8%82&sa=X&ved=0ahUKEwiJ0KqY6PPhAhXJyosBHa6iApoQ4lYINigP&biw=853&bih=438&dpr=2.25

    自由党の解散と政党助成金

    またもや、国庫への返納なく、小沢の懐か?

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53318181.html

    コリアン(朝鮮民族、韓国人・北朝鮮人)が認めたがらない歴史的事実

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/e1f0897014374e5340858dfb7f826ce8?fm=entry_awp_sleep

    金独裁体制の崩壊による拉致被害者救出の覚悟を固めよ

    https://www.n-shingo.com/jiji/?page=1481

    哀れな韓民族

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-220.html

    韓国船沈没に凝縮された韓族の精神

    http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-993.html

    お見合い

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%8A%E8%A6%8B%E5%90%88%E3%81%84&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjG5beJ7PPhAhUO7rwKHW1sAWAQ_AUIDygC&biw=702&bih=290&dpr=2.25