政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針

2019/03/29

                                        □■■□──────────────────────────□■■□
わたなべ りやう じらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」4998号
□■■□──────────────────────────□■■□

■□        

        2019(平成31)年  3月29日(金)



                 「闇の帝国」崩壊が始まった:Andy Chang

              深まる危機、中国による台湾統一:櫻井よしこ

               米欧分断に成功した(?:宮崎正弘   
                           
                      話 の 福 袋
                        反     響
                      身 辺 雑 記

━━━━━━━━━━━━━
「闇の帝国」崩壊が始まった
━━━━━━━━━━━━━


       Andy Chang

22日午後、マラー検察官は2年続いたトランプ大統領のロシア疑惑の
調査報告をバー司法長官に提出した。バー司法長官はマラー調査報告
を受けとった二日後の24日午後、4ページの調査の概略を発表し、ト
ランプ大統領がロシアの諜報員であると言う疑惑とトランプの選挙陣
営がロシアと共謀した疑惑を裏付ける証拠はなかったと結論した。

トランプ大統領がロシア疑惑の調査を妨害した疑いについてマラー検
察官は、トランプが罪を犯したと結論付けることはできないが無罪と
するわけでもないと指摘した。バー司法長官とローゼンシュタイン副
長官はマラー報告書を読んだあと、マラー調査の妨害は起訴するには
証拠不十分と結論付けた。つまり起訴できないとしたのである。

この発表でトランプ大統領と彼の弁護士ほか複数の共和党議員はトラ
ンプの無罪が確定したと完全勝利を発表した。しかし現在の時点では
調査報告書が公開されていないので、マラー検察官の調査結果がクロ
となるように期待していた「闇の帝国(Deep State)」の仲間はマラー
報告書の全文公開を要求している。もちろん共和党側とトランプ本人
もマラー報告書の公開に賛成であるが一方はトランプがクロである証
拠を探すため、もう一方は闇の帝国を潰すためである。

マラー検察官のロシア疑惑調査は両刃の剣で、ロシア癒着の証拠が見
つからなかった場合、ありもしない理由で調査を要求したDeep State
の責任が追及されるのは当然である。ランド・ポール上院議員は無実
の結果がでたあとは無実の罪をデッチ上げたグループの責任を追及す
べきだと述べた。

トランプ罷免派の民主党議員はマラー検察官の調査でトランプ有罪と
なると期待していたが、マラー氏がトランプを無実と結論付けたので、
慌ててマラー特別検察官の調査は信用できない、独自の国会調査委員
会で調査を続けると発表した。トランプ罷免派はバー司法長官の結論
も信頼できないとしてマラー検察官とバー司法長官を国会に喚問する
と発表。バー司法長官はすぐ国会喚問に応じると発表した。

トランプ大統領は26日、「国の最高指導者である大統領をロシアのス
パイ嫌疑で調査するのは絶対にあるべきでない。こんな事件は二度と
起きるべきではない。そのためにも疑惑捜査の責任追及を徹底すべき
である」と述べた。つまりトランプの疑惑調査が終わったあとは続け
て疑惑をデッチ上げた闇の帝国の調査をすると宣言したのである。

世界一の大国アメリカの大統領がプーチンのスパイだったと言う理由
で二年も調査を続けた、これは国家転覆罪にあたる大事件である。ト
ランプを落選させる陰謀は2015年に始まった。ヒラリーがトランプの
あら捜しんために始めたのである。

ヒラリーの金で英国の諜報員を雇って作り上げたスティール文書を基にし てFBI/DOJの幹部たちが「外国諜報員調査許可(FISA)」の許可を申請し てトランプ落選に介入した。

闇の帝国はこうしてヒラリー絶対当選の体制を整えたが、意外やトラ
ンプが当選した。まさに天網恢恢である。

これだけ万全の陰謀を作ったにも拘らずヒラリーが落選したので闇の
帝国は本当に度を失った。トランプは就任後すぐに陰謀を調べるに違
いない。これを防ぐにはトランプの罷免を画策する外はない。だから
トランプが当選し就任した後になってもFBI/DOJの上級幹部はスティ
ール文書を使ってロシア疑惑を理由にしてマラー検察官にロシア疑惑
調査を始めたのである。

マラー検察官は22カ月(675日)かけて総額2500万ドル(一月77万
ドル)の税金を使って調査し、トランプ大統領が無実であると結論付
けたのである。正にアメリカの史上初の大陰謀だ。この陰謀に関与し
たオバマの閣僚たち、闇の帝国の大罪が詳しく調査される結果となっ
た。闇の帝国の崩壊が始まったと言ってもよい。

民主党の国会議員多数はこれまでトランプ罷免を唱え続けてきた。オ
バマ政権のブレナン元CIA長官や、クラッパー元NSI長官もウソの証
言で事件に介入している。ブレナン元CIA長官は今年3月になっても
テレビ対談でトランプ有罪を主張し続けてきた。彼らの責任が問われ
る時が来たのだ。

FBI/DOJの上級幹部や民主党議員、メディアのトランプ批判も問題にな
る。CNN、MSNBCなどの左翼テレビ、ワシントンポスト、ニューヨーク
タイムスなどの左翼新聞が連日のように「ロシア、ロシア」と騒いで
きた責任を問われる。

闇の帝国の悪あがきは終わっていない。トランプ罷免派はマラーの報
告書を公開してからも独自にマラー検察官が発見できなかった罪を追
及すると言う。だがマラー検察官が2年かけて捜索しても罪の証拠が
見つかっていないのに罷免派の委員会が新事実を発見できる可能性は
薄い。調査が長引くだけ民主党に不利、来年の選挙に不利である。


ロシ議長はトランプの追求より民主党に有利な問題、オバマケアや違
法移民問題、国境の塀、気候温暖化などを追及すべきだと党員に警告
した。ところが民主党はグリーンニューディールとかアンチイスラエ
ルなどの主張をやめないオカシイ議員が居て党内が分裂気味である。
共和党側はトランプ冤罪の責任追及をやめない。闇の帝国の罪が追及
され、最終的には「闇の女王ヒラリー」がアメリカ政治史の汚点に記
録されるだろう。



━━━━━━━━━━━━━━━━
深まる危機、中国による台湾統一 
━━━━━━━━━━━━━━━━

『週刊新潮』 2019年3月28日号
 日本ルネッサンス 第845回

台湾が危ない。このままの状況が続けば、来年1月の総統選挙で蔡英文総 統の与党民進党が敗北し、国民党が政権を奪還し、台湾は事実上、中国勢 力に席巻される。

3月初めに金門島を取材したノンフィクション作家の門田隆将氏は、イン ターネット配信の「言論テレビ」で台湾を応援することが日本の国益だと 強調したが同感だ。

「国民党イコール中国です。台湾が国民党政権に戻れば、それは単なる政 権交代ではなく、台湾から中国への国家の交代になります。日本にとって 最悪の状況です」

氏は、『この命、義に捧ぐ』(集英社)や『汝、ふたつの故国に殉ず』 (角川書店)など、日台の歴史に関する著作を世に問うてきた。

台湾情勢は、米中両国のせめぎ合いの中で、危うさを増している。中国の 全国人民代表大会(全人代、国会)が開幕した3月5日、李克強首相は演説 で、台湾に関しては如何なる独立への動きも許さず「断固」中国の国益を 守ると強い表現を用いた。

中国の台湾政策は今年1月2日、習近平国家主席が明確に語った。ポイント は、「92年合意」(中国と台湾はひとつの国)及び「一国二制度」を守る こと、「台湾への武力行使の放棄は約束しない」である。

「台湾への武力行使」という表現は江沢民時代の後半から使われなくな り、胡錦濤時代にもほとんど言及されなかった。それを習氏が再び口にし 始めたのだ。

習氏は、外国勢力に圧迫されていた中国を「立ち上がらせた」のは毛沢東 で、貧しい中国を「豊かにした」のが鄧小平であり、そして自身は中国を 「強くする」と誓っている。その決意が軍事力を用いてでも台湾独立を阻 止し、中国の権益を守るという宣言につながっている。だが中国は、米国 との貿易戦争の真っ只中だ。台湾への強硬策はとれない。結果として習氏 は柔軟さを前面に出してきた。

融和策の罠

今月10日、習氏は福建省代表団と会談した。同省は台湾に最も近く、習氏 が17年間勤務した場所だ。氏は台湾戦略を次のように語った。

「台湾海峡両岸の融合発展のために、新たな道筋を模索する」「経済と貿 易協力の一層の円滑化にとどまらず、インフラ施設の連結、エネルギーと 資源の相互調達、産業標準の共通化が重要だ」。

台湾を中国の一省と位置づけ、中台統合を実態的に進めていく考えに他な らない。現に昨年8月には金門島への給水事業が始まり、現在、電気供給 の準備も進行中だ(3月2日、『産経新聞』)。一体化はすでに始まってい るのだ。習氏はこうも語った。

「大陸の民衆に奉仕するのと同じように台湾同胞に福祉をもたらす。台湾 同胞の声に耳を傾け、台湾の民衆にプラスになる政策や措置をさらに導入 する」

つまり、「台湾の中国化」を柔軟路線で進めると言明しているのだ。同発 言を受けて、「台湾独立を目指す如何なる動きにも断固対処する」と強く 牽制した李氏も全人代閉幕後の15日の会見で調子を変えた。

「台湾同胞に優遇策を準備する。大陸で働き、学び、仕事し、暮らす人々 は大陸の人々と同じ施策を享受できるようにする」

中国の台湾統一政策は堅固な軍事的構えを背景に、経済的社会的融和策を 前面に出す形で着実に進む。ここには一帯一路で浸透する「債務の罠」と 似通った面があるではないか。チベットを騙して領土を奪い、弾圧した手 法とも共通項があるではないか。台湾は中国による融和策の罠を認識し備 えるのがよい。が、備えができているとは思えない。金門島を取材した門 田氏が指摘する。

「金門島は大陸から2キロ、国共内戦の最後の戦場でした。私は『この 命、義に捧ぐ』で書きましたが、根本博陸軍中将ら、日本人の力もあって 中国共産党の攻撃から守り通した奇跡の島が金門島です。なのに10年振り に訪ねると、島には中国人観光客が溢れていて本当に驚きました」

往時の激戦地はいま、台湾人が中国大陸を訪れる拠点にもなっている。 180キロ離れた台湾本島から飛行機で金門島に飛び、水頭港から向かい側 の福建省厦門(アモイ)の港にフェリーで20分。これが一番安く大陸に行く 方法で、賑わっているというのだ。

中国人観光客を無防備に受け入れ、かつての激戦地を観光地に一変させな がらも、多くの台湾人は中国の一部にはなりたくないと考えている。中国 が一国二制度を強要する中で、「絶対に受け入れられない」と拒否した蔡 英文総統の支持率が15%から23%に上昇したのは台湾人が中国に抱く恐怖 心ゆえだ。

国民党はそうした台湾人の心理をよく知っている。だからこそ一国二制度 を公約に掲げたりはしない。彼らは本音を隠したまま、来年の選挙で蔡 氏・民進党を一層弱体化させ、総統の座を奪還したいと考えている。

救援を求めている

門田氏が語った現時点での選挙の見通しは衝撃的である。

「台湾のTVBSによる世論調査では、民進党は蔡英文氏にしても、もう ひとりの候補者で日本大好き人間の前台南市長、頼清徳氏にせよ、国民党 に勝つのは非常に難しいという結果が出ています。

国民党の側で名前の挙がっている候補者は4名、この中で蔡氏が勝てるか もしれないのは、高齢(71歳)故に出馬は難しいとみられている国民党主 席の呉敦義氏だけです」

もう一人、その行動を注視すべき候補者がいる。現在台北市長の柯文哲氏 である。元々医師だった柯氏は2014年の選挙で民進党の支持を受けて当選 したが、必ずしも政策面で民進党と同一歩調ではない。しかし、彼には根 強い支持があり、無所属で出馬する場合、国民党の候補者でも、青果市場 の社長から高雄市長になった韓国瑜氏を除いて、歯が立たない。柯氏が出 馬する場合、国民党が苦戦するのは確かだが、かといって民進党にもチャ ンスはない。

「民進党の敗北はほぼ間違いない。その時点で台湾がどう変わるのか。大 半の台湾人が望んでいる現状維持にはそれなりの力が必要です。台湾にそ の力があるか、疑問です」

3月2日、『産経新聞』が蔡英文氏の記事を一面で大きく扱った。日本との 「安全保障協力の対話のレベルを上げることが非常に重要」として、日台 両国の当局者の対話を呼びかけた。蔡氏が救援を求めている。日本は米国 と協力して応えるのがよい。

自民党を中心にわが国と台湾の対話は様々なレベルで行われてきた。軍事 情報も日米台の間で一定程度共有されているはずだ。TPPなど、経済分 野での日台協力はむしろ、日本にも望ましい。成果に繋がっていない課題 もあるが、それでも日台協力を強力に推進するための最善の知恵を働かせ るときだ。


     
━━━━━━━━━━━━
米欧分断に成功した(?)
━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)3月28日(木曜日)
   通巻第6029号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米欧分断に成功した(?)。習近平外交を「XIPLOMACY」と新造語
トランプ政策は戦略レベルから戦術レベルに後退している
*********************************

伊太利亜、仏蘭西を歴訪し、イタリアではBRI覚え書きの締結に漕ぎ着 けた。G7の一画を崩し、一帯一路に引きずり込んだのだあから、習外 交、一応の成果だろう。

パリではマクロンと握手し、450億ドルを振りかざして、エアバスを大量 に発注したが、その見返りはファーウェイ排除の米国路線とは距離をおく というEUの仮決定だ。

米国の言うBRIが「虚栄のプロジェクト」という認識を欧州主要国は シェアしないのだ、とメルケルも発言を繰り出し、欧州と中華圏のメディ アは、これを習(XI)と外交(Diplomacy)を引っかけて [XIPLOMACY]と書いた。褒め言葉である。

しかし、これは欧米分断という外交目標の成功ではなく「年内に詳細の ルールを決める」とEUは当座の態度を誤魔化したに過ぎないのだ。

気になるのはトランプ政権のジグザグが露見してきたことだろう。

メキシコとの壁の建設予算をめぐって議会と対立し、トランプ大統領は初 めて拒否権を発動した。ロシアゲート疑惑は、ムラー委員長が「証拠がな い」としたため、やはり米国版モリカケ事件だったことが明瞭となった が、トランプが武器としてツィッター効果も、最近は希釈しかけている。 あまりの乱発が原因である。

そのうえで、ゴラン高原のイスラエル領土認定、シリアにおけるIS殲滅 宣言と米兵の撤退、サウジアラビアとはカショギ殺害事件の責任追及を有 耶無耶にし、これらは要するに選挙対策のための戦術行使だ。

しかし戦略レベルでは中国への一貫した強い態度が、貿易戦争の交渉を引 き延ばし作戦に移行したことによって、溌溂と登場したときのような「強 いアメリカの再現」「MAKE AMERICA GREAT  AGAIN」の旗幟も、影がすっかり薄くなった。
     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 森鴎外は左遷された先で『唯識三十頌』の講義を受け『生田川』を書いた
三島『暁の寺』を例外として唯識を描いた作品は近代日本文学にはない

  ♪
松本徹『無限往来 師直の恋ほか』(鼎書房)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@

西行の悲しくも美しい歌の境地、慈円の歴史主義的な心意気、悲哀のなが れが日本の歴史であるとすれば、その事蹟を詳細に辿りゆく筆者の心根に はいかなる人生観が漂うのだろう?

 ともかく現代人である著者の松本氏の脳裏には、奈良朝から平安、ある いは戦国時代へかけての歴史上の人物が悲喜こもごも往来し、その主人公 たちの夢幻に導かれ、あちらこちらを旅する。

神話との遭遇が各地であり、冒頭は安倍晴朗の生誕地とそのゆかりに土地 の紀行文である。京都の安倍神社はいまやパワースポットとなって、参詣 というよりスマホ撮影の若い女性で賑わう。この光景を安倍晴朗が知れ ば、慨嘆するだろう。

さて作者の松本氏はある日、島根県宍道湖付近にいる。

「視界が悪く、少し離れた山々がすっかり霞んでいる。(中略) 翡伊川を 渡る。別にとりたてて言ふべき特徴のない、あまり大きくもない川だが、 国引きの神話の大本となった川である。須佐之男命が、箸の流れ下ってく るのをみて川上へと上って行き、八岐大蛇を退治したのも、出雲建が倭建 命にだまし討ちされたのも、この川でのことであった。出雲神話の中心な のである。」

しかし戦後教育はこれら神話を否定した。

GHQの命令によって歴史教科書は墨で塗られ、黒色のなかに消された。 GHQの走狗となった曲学阿世がいかに多かったか。

「敗戦になって、神話は非科学的な単なるお伽話、といふことになりまし た。それで須佐之命も大国主命も、歴史の世界から追放されてしまひまし た」と松本氏のガイドに立った知人がしみじみと語る。

例外は判官高貞、しかし南北朝も後醍醐も語られなくなり、「負ければ、 物語を奪われる。歴史を奪われるのです。古い昔から繰り返されてきたこ とです」と慨嘆悲憤慷慨ぶりは悲壮な台詞になるのである。

神話世界では異類との交接がよく物語られた。狐の花嫁、?の花嫁はまだ やさしいが、大蛇や猛獣とも交接する。

松本氏はこう書く。

「この異類の女こそ、じつは、男の恋情をより純粋に燃え立たせるに違い あるまい。古事記や風土記にも見られるように、ずいぶん古い。豊玉姫は ワニ、乙姫がカメであり、かぐや姫は月世界といふ異郷の女であった。そ して、彼女たちは、いずれも、異類の、あるいは異類の女であることに よって、一団と蠱惑的であった。古来から男には、自分と世界を異にした 美しい性に、烈しくこころを?きたてられるところがあるらしい」

「女はなほさら美しく、男はより情熱的に純粋になってゆく。だから、こ の世のものとは思われぬ女とは、単なる比喩ではなく、感情の上の真実」 であるとされ、かくして夢幻の文学世界の深甚へ向かって、本書は突き進 むのである。

もうひとつさりげなく本書に取り上げられている逸話がある。
森鴎外は左遷された先で『唯識三十頌』の講義を受け、『生田川』を書い た(明治43年)。以後、鴎外は歴史小説に進んでいく。
しかし鴎外の当該作品と三島由紀夫の『暁の寺』を例外として唯識を描い た作品は近代日本文学にはない。
これまた哲学不在の文学という寂しい風景を物語る。
           
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評BOOKREVIE
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 古代人の夢と浪漫を縄文遺跡の現場に求めて
  実際に石斧で木を切り、土器で寄せ鍋をつくってみた

  ♪
夢枕貘、岡村道雄『縄文探検隊の記録』(集英社インタナショナル)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

夢想ともいえる幻想、神秘、陰陽道を描くユニークな作家の夢枕貘が、考 古学者たちと日本各地の縄文遺跡をめぐり、各地で本物のと縄文土器や石 斧を実験をしながら繰り広げる縄文考古学の探究、椎名誠のおふざけ半分 の冒険的無謀生活とはまったく趣を異にした、まじめな学術的冒険の記録 である。

古代人の夢と浪漫を縄文遺跡の現場に求めて、そこで土器を手に取り、土 偶を拝観し、専門家の考古学者たちと真摯な討論を展開しつつ、実際に縄 文人が使用していた石斧で木を切り、土器で寄せ鍋をつくってみるという 実践記録でもある。まことに有益な一冊となって、教えられたこと多で あった。

要点を以下に箇条書きにしてみよう。

「縄文人は洪水のときに浸水する怖れのある低地には住居を造っていな い」、しかし「水や魚は利用したいので、河岸段丘のようなところの上の ほうの、日当たりの良い高台」を選んで集落を作った(岡村道雄・奧松山 縄文村歴史資料館名誉館長)

食生活の中心は鍋、つまり「寄せ鍋」だ。石蒸し料理とか「石皿で木の実 やエゴマの種を混ぜてクッキーのように焼いて食べていた」(中略)「食 材からでたダシと塩分、キハダ(ミカン科の落葉高木)やサンショウの香 辛料もあった」。

ゆえに岡村は「日本料理の源流は、まさに縄文の鍋だ」と言う。
 夢枕貘は趣味が昂じて釣り小屋を建てたとき囲炉裏をつくったという が、呼応した岡村が説明する。

「(縄文時代の)大きな住居になると、入り口から見て炉の奧側、すなわ ち横座にあたるところに祭壇があります。そこから男性のシンボルを模し た石棒や徳利型の土器などが発見される」。

つまり家の祭壇の前で酒盛りをしていたと想像できる。

縄文人が装飾で用いたのは翡翠である。激しい地殻変動によって生まれた 翡翠の産地は糸魚川が有名だが、夢枕が「翡翠の流通センターのような機 能を持つ特別なむら」が糸魚川ではなかったのかと問えば、考古学者の木 島勉(糸魚川教育委員会)が答える。

「むらの中でも特殊な立場の人。個人が愛用した装身具というよりは、集 落、あるいはエリアにおけるその人のステータスを示す象徴のようなも の」、宝石は希少性が重要であり、それが翡翠だったという。

黒曜石も信濃が産地として有名だが、これらの加工工房があり、黒曜石は 鉱山が営まれ、運搬を担って物々交換にでかけて行商集団もいた。つまり 「縄文職人」と「縄文商人」がいたということになる。

 翡翠の流通範囲は広範で、北は礼文島から南は沖縄まで普及した。


▲「草木国土悉皆成仏」という根本原理は縄文にあった

漆による工芸、加工なども、つい先日まで大陸から渡来した技術と考えら れてきたが、どっこい、漆工芸を文化にまで高めたのは日本が先進国、独 特の技法で黒漆、赤漆で作られた鉢、皿、文様を施した弓など青森県の 「是川遺跡」から夥しく出土した。

岡村は「櫛や耳飾りなどの装身具、漆を濾した布などさまざまな漆関連品 が出土しました。いわゆる亀ヶ岡文化圏に属する地域です」。
 
是川遺跡と言えば合掌土偶(国宝)、亀ヶ岡からは「遮光土偶」が出土して 全国的に有名な縄文遺跡である。

この漆は中国の河母渡遺跡から6500年前のものが発見され、中国から輸入 されたと従来言われていたのだが、「ウルシの木自体は日本列島に自生し ていなかったという考え」の鈴木三男(東北大学名誉教授)も、「漆文化 は日本のほうが古い。(シナからの)移植の目的は「樹液を利用するため だった」と主唱する。


いま一つがアスファルトである。

道南で産出し津軽海峡を南下したが、流通範囲は狭く、また接着剤として は松ヤニや漆が代用したので西日本には普及していない。だが東北弁が通 じる範囲では広くアスファルトが普及し、土器の接着剤として「石匙と呼 ばれてきた突起が付いたナイフや嘴状石器も、基部にアスファルトがまん べんなく付着したものが見つかった」(岡村)

アスファルトは接着剤の他に防腐、丸木船の防水、あるいはウルシと混ぜ て黒漆の光沢剤としても使われた。

さて本書では空海の真言密教と縄文時代の信仰との強い類似、その関連性 が熱心に語られる。

「草木国土悉皆成仏」は、もともと涅槃教にある言葉だが、空海は、この 真理こそは仏教普及に役立つと思いついたのだ。

夢枕貘が最後にまとめる。

「僕はこの言葉に出会って、日本の神の歴史は縄文にまで遡れるはずだと 直感しました。空海は日本古来の『記・紀』以前の神々がどのように生ま れ、崇められてきたかということがおそらく直感的にわかっていた。(中 略) 古い神々と仏教の整合性をはかる根本原理を、この言葉(草木国土 悉皆成仏)に見つけた」。

 だから「空海は縄文である」と結語するのである。    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 READERS‘ OPINIONS  どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌通巻6028号に「天皇皇后両陛下、神武天皇陵に御親 拝」とあるのを読んで思い出しました。それは、天皇陛下の靖国神社御親 拝ということを主張される人がいることです。

御親拝は勿論参拝の敬語表現で、天皇陛下がご参拝なさる場合に使われます。

天皇陛下が靖国神社を参拝あるいは御親拝なされたことは、日本の歴史上 一度もありません。天皇陛下が神社で拝まれる場合直角に頭を下げて拝ま れます。これが御親拝です。

天皇陛下が拝まれるのは、天皇家の先祖に当たる御祭神の場合だけです。 皇大神宮や橿原神宮です。これは当たり前のことです。儀礼上天皇は地上 における天照大御神の現れです。物理的あるいは法律的にはどうかは別と して儀礼上はそうです。

それ以外の神社では会釈されます。ただし天皇陛下の会釈は世間一般の会 釈より深く、30度から40度くらいです。

以前、サイパンで多くの朝鮮系日本人が飛び込み自殺をした崖で天皇陛下 が参拝されたとマスコミが報じましたが、これは間違いです。

天皇陛下が靖国神社を訪問される場合は参拝ではなく行幸です。行幸先で 御祭神に会釈されます。内心天皇陛下がご英霊にどんなに深い思いをもっ ていても拝むのではなく会釈をなされます。

このことは戦前でも誤解している人が多く、以前ある陸軍大学卒業生から 士官学校生でも誤解している人がいたと聞きました。戦前の小学校の教科 書で天皇陛下は靖国神社を参拝されるのではなく行幸されるのだと書いて あるのを読んだことがあります。このことから、宮内庁の富田長官のメモ にA級戦犯が祀られているから参拝しなくなったとあったことの主語は天 皇陛下ではありません。(當田晋也)

  ♪
(読者の声2)「平成の大演説会――許さないぞ! 韓国」。恒例の大演説 会は第30回です。毎回盛り上がります。

          記

とき  4月17日 午後6時45分(6時半開場)
ところ 文京シビック小ホール
弁士  荒木和博、潮匡人、加藤達也
参加費 2000円
問い合わせ 展転社(電話03−5314−9470)



  ♪
(読者の声3)「大阪都構想は、人事一元化か、単純統合でよくないか?」
 「統合」の形

(A)府と市を統合せず、「府市人材バンク」を新設し府市職員全員を移 し、そこからシャッフルして府と市に出向させる。

(B)府と市を統合するが、単純統合とし、旧大阪市の区を特別区に再編 するようなことはしない。

筆者は、「大阪都構想」は上記の何れかの方法で代替するのがベターだと 考える。

統一地方選が今一つ盛り上がりが無く始まったが、その中での一番の注目 は大阪都構想を焦点にした大阪府知事、大阪市長入れ替えダブル選挙だろう。

大阪都構想は、東京を筆頭に関西圏以外ではもう旬を過ぎた感もあるが、 筆者は以前一時期、関西圏に住んでいた事もあり、それなりに緩くウォッ チし続けてきた。

大阪都構想は、「府市合わせ」と言われる犬猿の仲の両者が箱物などを競 う二重行政の弊害に終止符を打つために橋下徹氏が率いる「維新」により 提唱され、2015年5月17日にこの是非を問う住民投票が行われ僅差で否決 された。

部外者からの岡目八目で単純化すると、大阪都構想のメリットとして挙げ られるのは、前述の二重行政の解消に尽きるだろう。一方、デメリットと しては新たに再編した特別区に区役所を建設する等のコストが大きい事だ。

一説には、これらのコストが、統合による経済効果や行政収支改善を上回 り兼ねないという試算もあるようだ。

 ◆橋下氏の喧嘩殺法と現実性◆

広域行政と中心都市間の問題は、イギリスでの「グレーター・ロンドン」 の曲折を見ても、普遍的課題であり、府市統合は反対陣営の一部が唱える ようにトンデモ政策という訳ではない。

犬猿の仲と言われて弊害を生んでいるなら、統合もしくは実質的な統合を 行うのは合理的な対策だろう。企業の世界でも買収してグループ会社と なったが、競合し合って弊害が出る場合には、大幅な人事交流を行なった り、合併してしまうのはよくある事だ。

ただ大阪都構想には、特別区の新設と区役所の建設が加わる。これについ て、「維新」としては住民密着の行政サービスの提供等の考えもあるのだ ろうが、部外者の筆者から見ると「大阪都」として東京都と同じ形にした いという発想と、景気浮揚を図ると共に建設会社を巻き込んで味方に付け たいという戦術も感じられる。

 橋下氏も先の住民投票では、大阪「都」を強調し、東京都と同等のもの を目指す勢いで、現行の「都構想」案で民意を問うた。それはド派手な 「華」を掲げる事で戦術としては間違っていなかった。しかし、否決後は 大阪を東京が災害等で機能不全になった際、若しくは壊滅した時に首都機 能を代替する「副都」「陪都」としての位置付けを前に示し始めた感もあ る。大阪がパワーアップする事は、関西圏外から見ても望ましい事だ。
 
だが、名称は「大阪都」でもよいが、大阪が「東京都」と同列としてトコ トン張り合った場合、国家統合の意識、国としての一体感が希薄となり、 絵空事ではなく進んでは中国等に付け入られる事になり兼ねず、橋下氏が 「変節」したのなら妥当だろう。また、2025年の大阪万博等を考えれば、 区役所新設の景気浮揚効果も人手不足で逆目に出る事も考えられる。

以上、「統合」のメリットとコストのバランスを考えると、「大阪都構 想」は、筆者は冒頭に掲げたような所、若しくは(A)から(B)への移行 に落ち着くのがベターだと考える。
大阪維新は、柔軟性を持ってダブル選に臨む方がよいのではないか。
(佐藤鴻全)



  ♪
(読者の声4)「とびっきりの講演会」のお知らせです。予約が必要です。
                 記
!)演題 「安倍政治を読む」
!)講師 元自民党幹事長・国務大臣 山崎拓先生
!)日時 平成31年4月24日(水)PM6:00〜
!)定員 先着90名(要予約)
!)会場 神奈川県民サポートセンター3F 304号会議室
(JR横浜駅西口徒歩3分ヨドバシカメラ裏手) 
!)問い合わせ先 045-263-0055

         
       
━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━

 ◎何で小学校から英語を:前田正晶

私は小学校や幼稚園で英語を教えようとすることに長い間反対を表明してきた。だが、政府なのか文科省なのか知らないが、遂に小学校の低学年の頭が柔らかいうちから教え始めると言い出していたかと思えば、この度は小学校6年生の英語の教科書が検定を通ったという報道があった。「もう勝手にやってくれ」という以外の言葉を知らない。私が昭和20年即ち西暦1945年に優れた英語教育で知られていた湘南中学ですら、入学後間もなくで1年生の中に多数の英語嫌いが出ていた。彼らは英語の時間を「イヤ語」と読んで嫌っていた。

私は現在の中学や小学校で当時の湘南中学ほどの優れた教え方が出来ているか否かは知らないが、政府か文科省は「早期に英語嫌いを養成しない」という確固たる教育法を確立したという自信があるのだろうかと訊いてみたくなる。

念の為に申し上げておくと掲題の「何で英語やらせるの?」は嘗て大いに評判となった中津燎子氏の著書「何で英語やるの?」のパロディである。私には何故に英語を子供の頃から教えようとするのかを全く理解できないので、これまでに何度も批判してきた。だが、教科書までが出来たと聞いてあらためて「幼児からの英語教育は無駄で且つ無益論」を展開してみようと思い立った次第だ。辞めろという根拠は数多あるが、ここには順序不同で述べていこうと思う。

何の目的で何を目標に設定したのか:

この点では何度も指摘して来たことで、如何なる水準の英語を教えようというのかということと、海外に出て英語で思うままに自分の意志なり意図を表現できるような水準(英語で言えば“Iknow how to express myself in English.”になるか)を万人に目指させようというのかという疑問である。即ち、アメリカで言えば「支配階層である大企業の幹部たちと自由自在に議論が出来る所までに持って行こうというのか」という疑問だ。この次元に達する必要がある英語を身につけて何処で活かそうというのかということだ。先ず一般人がそういう場面に出会うことは生涯ないだろう。

では、総合商社なり大手メーカーに職を得て海外に進出して大いに実績を挙げるようなビジネスの世界で成功しようとか、理工系の技術者として海外で研究員として研鑽して実績を挙げようとしたいのか、あるいは海外に旅行に出て空港やホテルで単独でチェックインもアウトも出来て買い物も問題なくやってみたいという程度か、英語の書物を翻訳本ではなく原書で読みこなしたいとか、あるいは将来は英語教師として次世代の養成に努めたいとか、ハッキリとした目的と目標を定めずにか与えられずに英語を勉強してどうするという疑問だ。

私は我が国は世界に希な日本語で如何なる事を学ぶのにも不自由しないような書物が手に入る先進国であるから、英語を介しての勉強をしないで済むという恵まれた環境が整っているのだ。それ故に、万人が高い次元までの英語を身につけずに済む国なのだ。外国人に道を尋ねられて答えられる程度の英語力を身につけても、英語を母国語とする者たちとの意思の疎通は愚か、ビジネスでの交渉など出来る訳がないのだ。私は思いかけずアメリカの会社に転進してしまったが、そういう環境で馘首されずにリタイヤーできたような英語を習得しても、我が国の何処で活かそうというのか。

英語の学び方と教え方:

ご承知だと思うが、私は現在までの我が国の英語教育は不発だと思っている。それを最も端的に表現したのが、1990
年頃だったと記憶するが、ある英語教育関連の討論会で「我が国の教育法では何時まで経っても話せるようにならない」と非難する発言に対して、高校の英語教師と名乗った女性が「我々は英語が話せるようになるために教えていない。生徒たちを5段階で評価できるように出来るような英語を教えているのだ。故に、話せるようにならないという批判は不適切だ」と、堂々と切り返した姿勢には寧ろ「正直である」と感服した。

それは「我が国の学校教育では生きた英語を教えているのではなく『科学として英語』を数学のように教えているのであって、ペラペラと話せるような軽薄な生徒を養成しているのではないのだ」という意味だ。何処まで行っても科学なのだからTOEICだの英検などのような試験での成績が重要になってくるのだとみている。もう一つ例を挙げておけば、我が社の技術サービスマネージャーが大阪の高校3年の教科書を見た時に驚嘆して「日本では高校の頃から英文学者を養成しようとしているのか。アメリカの高校の国語の教科書でここまで難解な文学書を教科書には採用していない」と叫んだのだった。

私は自慢話と思う方はそのように受け止められて結構だが、中学1年から大学の英文学科を終えるまでに英語の試験で90点を切ったことは2回あっただけだ。それも、これまでに繰り返してきた「英語の教科書の音読を意味が解るまで繰り返し、1冊まるごと暗記と暗唱が出来るようになるまで10回でも20回でも、100回でも繰り返して音読すること、単語帳は一切作らずに解らないか知らない単語が出てきたらその度毎に辞書を引くこと、単語の使い方は文章のまま(流れの中で)で覚えておき、必要に応じて適当に言葉を入れ替えれば応用が利く」という方法で高校3年まで押し通した。文法は暗記・暗唱の中で覚えられたし理解できたのだった。文法的に正しい文章を暗記してあれば、間違った文章は口から出てきなくなるのだ。

私の勉強法で誰にも出来ない有利な点があったとすれば、それは中学1年の終わり頃からGHQの秘書だった方に極めて次元が高い英語で話すことを厳しく教えて頂けたことがあると思う。それならば、子供の頃から会話を教えれば良いのではという意見が出てきそうだが、私を教えて下さった秘書の方の英語は、アメリカの会社に転進して解ったことだが、支配階層にも十分に通用する高い次元にあるものだった。ここでの問題点は「教えられている方が、教えているnativespeakerの英語が支配階層のそれか、下層階級のものかは判断できない」ということだ。

いきなり山形県に入って住んでしまった為に山形訛りの日本語を覚えた例があれば、関西弁を覚えてしまったアメリカの女性もおられた。日本の児童や生徒がアメリカの南部訛りや、UKのLondon Cockneyを聞いて、「これを学ぶべきではない」と忌避できるのか。いえ、それどころか我が国にそういう訛りや方言を聞き分けられる英語力を備えた方がどれほどいるのかという疑問もある。それどころではなく、ある次元まで行けば「相互の文化と思考体系の相違」という谷間に落ち込んで深刻に悩まねばならない時もやってくるのだ。

我が国の一般人がそこまでのことを学ぶ必要があるとは思えないし、そこまでのことを経験して高校や大学は言うに及ばず社会人までに教えられる人がどれほどいるかという疑問もある。そこまでのことを教えられる人たちはTOEICがどうのという世界から出た方々ではないと、経験上も認識している。

一寸視点をずらした結論めいたことを言えば、最近著しく増えた日本語を自在に操る外国人たちは大学であれ何処であれ、日本語を6年も乃至はそれ以上の期間勉強されたのではない例が多すぎる。では、一体全体アメリカの大学などではどのように外国語を教えているかを、腰を据えて調査してから小学校の低学年から教ええることを再検討したらどうだろう。
10年ほど前に出会ったオレゴン大学で2年間日本を学んだだけのアメリカの青年は、某有名私立大学の(日本語の)授業に十分ついて行けているとと胸を張っていた。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

29 日の東京湾岸は曇天。

                           読者:5587人

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。