政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4996 号  2019・3・27(水)

2019/03/27

                                 
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやう じらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」4996号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
        2019(平成31)年  3月27日(水)



     アントニオ・グラムシを知っていますか?:加瀬英明

        まだカラカスに居残っているのか?:宮崎正弘

           「わが祖国」を聴きながら:渡部亮次郎                       
                      話 の 福 袋
                        反     響
                      身 辺 雑 記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アントニオ・グラムシを知っていますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                            加瀬 英明

平成の最後となる新しい年が、明けた。

いつものように、八百万千万様(やおろずちよろずさま)に感謝したうえ で、屠蘇を酌みながら、色鮮やかな御節にしばしみとれた。

このような親から子へ受け継がれてきた慣習が、日本を日本たらしめてきた。

祖母や父母が、初(はつ)明り、元旦の空の色を初茜(はつあかね)、年が明 けて初めて食べるものを初物(はつもの)、はじめての入浴を初湯(はつ ゆ)、はじめて見る雀を初雀、鳥の声を「あ、初声(はつごえ)だ」や、初 買いといったものだった。

母が初化粧、初髪、はじめて着物に袖を通すのを初袷(はつあわせ)という たびに、子供心にすべてが改まるのだと思って、心が引き締まった。

三賀日には、友人たちが家にいても退屈なのか、年賀に訪れてくれた。そ れでも、年が改まってはじめて会う初会(はつえ)だから、清々(すがすが) しい。

もう3、40年になるか、このところ新年が新年らしく無くなった。

近くの神社に詣でるために通りに出ると、初荷も無くなった。

初(はつ)がつく言葉といったら、初夢、初詣、出初式、魚河岸(かし)、青 果市場(やっちゃば)の初商い、茶道の初釜、武道の初稽古など、数えるほ どしか残っていない。昭和は遠くなった。

年末からの休みを、昨秋ワシントンを訪れた時に、アントニオ・グラムシ (1891年〜1937年)の英文の著作集を求めて、久し振りに読んだ。

 ラムシはイタリア共産党の傑出した思想家だったが、私は1960年代にア メリカに留学した時に著作集に出会った。読みなおすと、この異端な共産 主義者による予言が当たっていることに、慄然とさせられた。

グラムシは当然のことに、共産主義者としてグローバリストであり、「ヘ ゲモニー(指導)装置」と呼ぶ「国家の消滅」を目標としたが、階級闘争 によって歴史の必然として革命が成就して、共産社会が実現するというマ ルキシズムの理論を否定して、第2次大戦前の1937年以前に、粗暴で権威 主義だとみたロシア(ソ連、中国、北朝鮮など)モデルの社会主義体制 が、瓦解することを予見していた。

グラムシは先進国において科学技術が進み、豊かさが増した結果、上部構 造に従属してきた社会集団が分解して、ヘゲモニーが理論も、革命への自 覚も欠き、まったく組織されることがない、一般の人々に移ることによっ て、国家が漸進的に消滅してゆくことになると、見透した。

グラムシは伝統に根ざしている慣習を、「歴史的堆積物」と呼んで、滓 (おり)とみなした。人々が在来文化の鎖によって繋がれてきたが、古い鎖 が溶解してゆこうと説いた。

グラムシは慣習によって束縛されてきた従属社会集団が、個人に何よりも 高い価値が与えられることによって、解体してゆくことを予見していた。 私たちの身の回りでも、社会を統べてきた慣習が、人々を束ねてきた機能 を急速に失うようになっている。

この10年ほど、アメリカではクリスマスが商人が仕掛けた罠にいっそうな るかたわら、「メリー・クリスマス」という挨拶を交わすことが、禁忌 (タブー)となっている。

アメリカの都市部で、多くの国民の教会離れが進んでいるが、無信者、ユ ダヤ教徒や、イスラム教徒などを差別するといって、「ハッピー・ホリデ イズ」と挨拶するのが、良識とされるようになっている。

オバマ政権の最後の年に、自分がみなしている性別に従って、男女どちら の便所を使ってもよいという、大統領令が発せられた。さすがに、いくつ かの州が憲法違反として、連邦最高裁に提訴した。

この大統領令は、トランプ政権によって撤回されたものの、リベラルな有 権者の牙城であるカリフォルニア州では、いまだに多くの保育施設、幼稚 園、学校などのトイレに、「ジェンダー・フリー」(性別なし)と掲示し ており、保守派の州民が強く反発している。

4年前になるが、『ニューヨーク・タイムズ』紙が、「ミスター、ミセ ス、ミス」と呼ぶと、「差別」になるから、「Mx」と呼ぶのが正しいと いう、かなり大きな記事を載せていた。

その数日後に、アメリカ大使館のクリントン大使の次席だった、女性の公 使と夕食会で会ったので、「Mxを何と発音するのですか?」とたずねた ところ、あなたはアメリカ通を自称しているくせに、そんなことも知らな いのかという表情を浮べて、「それは“ミックス”と発音します」と、教え られた。

このところ、日本を含めて先進社会で、“差別語”を排除する“言葉狩り” が、力を増している。

グラムシは言葉が備えている強い力に注目して、「言語は世界観を表して おり、日常用いられる言葉が、人々の思考を変えてゆく」と述べている が、言葉と慣習こそが社会をつくってきた。

私はグラムシの論集をはじめて読んだ時には、才気溢れる夢想家だとしか 思わなかった。だが、未来を予見していたのだ。

個人を聖なる地位につけると、すべての人のありかたを尊重せざるをえな くなって、差別と区別の境い目が消える。男女をはじめ、区別すること自 体が差別となる。

日本でもLGBTが市民権をえて、脚光を集めている。レズビアン、ゲ イ、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスセクシュアル(性同一性障 害者)の頭文字であり、先天的、後天的な性的指向をもつ人々を指している。

昨年、杉田水脈衆議院議員が「少子化対策の予算を、LGBTに使うこ と」を批判したところ、メディアによって叩かれた。1月に平沢勝栄代議 士が講演会で、「LGBTなど同性愛者ばかりとなると、国が潰れてしま う」と述べて、非難を浴びた。

私は杉田議員、平沢議員による指摘のほうが正しく、大騒ぎするほうが誤 まっていると思う。

もっとも、アメリカでは『ニューヨーク・タイムズ』をはじめ、大手の新 聞、テレビは「LGBTQ」といって、かならず「Q」がついている。Q はクイアーqueer(変態)で、クイアーも差別の対象としてはならない。

10年ほど前までは、「クイアー」は白眼視されたが、いまでは胸を張って 「私は(アイム・)変態だ(クイアー)」といえるようになっている。いまの ところ、日本ではまだQが除外されている。

イギリスでは『ロンドン・タイムス』をはじめ大手のメディアが、 LGBTQIといって、Iを加えている。Iは「インターセックス」の頭 文字で、自分が男か女か分からない人を指しているそうだ。

最近、イギリスで行われた調査によると、LGBTQIが市民権をえるよ うになってから、LGBTQIの人口が急増している。イギリスの知識人 雑誌『スペクテイター』によれば、LGBTQIが3人に1人に達してい るという。
 イギリスの友人からロンドンの街角で、スシなどの日本料理を宅配する バンに、「Creating a world where everyone believes in their authenticity」(自分の価値を確認できる世界を創ろう)という宣伝文が かかれていたのを見た、という手紙を貰った。

和食がひろまっていると知らせてくれたのだが、私にはいったいどうし て、和食が自分の価値に係わっているのか、理解できなかった。

他のあらゆる商品についても、消費者が自己中心になって、自分が聖なる ものとなったために、1人ひとりの嗜好に合わせなければならない。画一 的な大量生産、大量販売の時代が、過去のものになってしまった。

それとともに、画一的だったからこそ、時代を超えて社会を束ねてきた慣 習が、力を衰えさせるようになっている。

グラムシは、トランプ政権の「アメリカ・ファースト」、アンチ・グロー バリズムのイデオローグの教本となっているといわれる。ホワイトハウス の国家安全会議(NSC)の親しい補佐官も、「アメリカが溶解してゆく のを防がねばならない」といって、熟読していた。



            
━━━━━━━━━━━━━━━━
まだカラカスに居残っているのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)3月26日(火曜日)
   通巻第6027号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 マドゥロ大統領、まだカラカスに居残っているのか?
  断末魔、周囲を機関銃のガードマンが固め、アジェンデ最後の日々に 似てきた
**********************************
ベネズエラ。とうに国民の信頼を失い、140万パーセントというハイパー インフレーション、医薬品が足りないというのに国際救援隊の物資を国境 で留め置き、自国民が340万人も国外へ去っても平気。尋常な神経の持ち 主なら責任をとるだろう。

国際的にも政権の合法性が疑われており、野党指導者グアイドに支援が集 まっている。米国はマドゥロに見切りをつけカラカスの大使館から外交官 全員を引き揚げさせた。CIAの転覆劇が舞台裏で進んでいるからだと陰 謀説を説く向きもあるが、いまのCIAにはそんな力はない。

大統領府に立て籠もり、機関銃で自らも武装して共産主義独裁を護ろうと したチリのアジェンデ政権は、軍のクーデターによって潰えた。

この教訓をしるマドゥロ大統領は、最後の頼みの綱である軍をクーデター に走らせないために優遇策をとる。軍はいまのところマドゥロ大統領側に 付いている。

退陣の要求を掲げるグアイド国会議長は南米十三国、米国そして西欧諸国 などの支持を得ている。ベネズエラの現政権を見放さないのは、もはやロ シアと中国しかしない。

なぜなら独裁の仲間というよりも、ともに債権国であり、ベネズエラ石油 利権を保持しているため、西側の列には加わらないのだ。

ところが、カラカス政府べったりと考えられた中国が、マドゥロ大統領の 行方に必ずしも絶対死守の立場ではないことが露呈した。

緊急支援を求めて北京を訪問したマドゥロに「双方の強い絆を強化し、可 能な限りの支援を惜しまない」と言明しているが、実際には支援がなされ ていない。

ただし中国はこれまでの経済プロジェクトを継続中で、およそ800の案件 を進行させてきた。このなかには2つのスマホ組み立て工場。海爾(ハイ エール)の電気洗濯機工場などが含まれ、その投資総額が620億ドルと 推定されている。

またベネズエラの信用枠の64%を中国が補償しており、償還が近い債権は 200億ドル。返済の見込みがないベネズエラは事実上デフォルトしている。


▲ベネズエラ産の石油は国際的評価が低い

ベネズエラの石油が担保とはいえ、同国産出の石油には質的な問題がある うえ、中国の輸入石油全体の4%でしかない。したがって中国にとって、 ベネズエラはもはや死活的利益は言えず、また最近、中国はベネズエラの 隣国ギアナの石油開発に深い関心を寄せているという(米国ジェイムズ財 団発行「チャイナブリーフ」、3月22日)。

ギアナは5つの領域があってベネズエラ西南部の宏大な領域、ガイアナ (元英国領)、スリナム(旧オランド領)、フランス領ギアナ、そしてブ ラジルに編入されたアマゾン北方領域がある。このため国際的には「ギア ナ地方」と呼ばれる。

中国はジャマイカ、コロンビアなどともBRI覚え書きを締結し、たとえ ばジャマイカには高速道路を建設している。

南米諸国に中国依存度が一番高いのはベネズエラ、ついでブラジルだが、 ブラジル大統領選挙は反中国派が勝利したため、関係が怪しくなっている。

南米諸国は口を開けば「アンチ・アメリカ」と威勢の良いことを叫びつつ も、実際の経済依存度はアメリカが第1位だ。

反米大統領で名を挙げたエクアドルは自国通貨をやめ、法定通貨は米ドル を採用している。経済主権を放棄したかたちである。

それでいて英国のエクアドル大使館に米国が手配する機密漏洩犯ジュリア ン・アサンジを既に7年間も匿っている。矛楯している。しかし、これが 中南米諸国のリアル。

問題はベネズエラのマドゥロ政権がいつまで持つのか、グアイド新政権へ の移行まで、どれほどの流血、あるいは悲劇があるのか。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

天皇と皇族の史実をあけすけに語る古事記、日本書紀はあまりにも鷹揚
愚管抄、神皇正統記になると神懸かりの歴史物語となったのだが。。。。

   ♪
矢作直樹『日本歴史通覧 天皇の日本史』(青林堂)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

東大名誉教授の矢作直樹氏が日本歴史通覧に挑んだ。目論見は御代替わり という稀なタイミングに、もう一度、日本史の基軸にある天皇の歴史を知 り、襟を正して真っ当な歴史解釈をえれば、こんにちの論壇、メディアの 侃々諤々が、いかに時流に乗っただけの、本質、真髄を見ていないかが分 かる。

とくに氏は天皇の詔から世情をひも解き、歴代天皇の統治とはつねに国民 の平穏を求めたいたことだった事実が了解できるとする。ゆえに天皇のお 気持ちを汲みとれる為政者が望まれるという結語に導かれる。

さて評者(宮崎)が本書のなかでも、大いに興味を抱いたのは、では神武 天応から10代の崇神天皇での「空白」を、いかに埋めたか、どういう解析 が読めるのかと楽しみにして読んだ。

カムヤマトイワレビコ(「神武天皇」は諱名)は、紀元前7世紀、した がって地誌学的に言えば縄文中期に即位された。『日本書紀』にある詔は 「天業恢弘 東征の詔」と言われ、高天原から遠征を始めて、各地を転戦 し、大和の畝傍山の麓に宮殿を建てられ、即位されたことになっている。

第2代綏靖天皇、第3代安寧、第4代イ徳、第5代孝昭、第6代孝安、第 7代孝霊天皇、第8代孝元天皇、第9代開化天皇の箇所は『古事記』『日 本書紀』ともに、続柄、お名前、皇居、在位年数、お后と皇子皇女の出 自、名前、崩御の年日と年齢、御陵を記すだけ、事蹟に関する記述がな い。だから綏靖から開化天皇までを「欠史八代」と言うのだ。本書も又、 この箇所は空白で、小説家でない以上、まさにこれ以上のことを通覧には 書けないのである。

評者から見ると、天皇と皇族の史実をあまりも鷹揚にあけすけに語ったの が古事記、日本書紀であり、中国の正史の硬直化した権威付けのための嘘 と、その執筆動機がまるで違うことに気がつく。慈円の『愚管抄』や北畠 親房の『神皇正統記』になると神懸かりの歴史物語となるが。。。。
 
さて史家の間で大いに議論の分かれるのはワカタケル(雄略天皇)への評 価だが、矢作氏の解説では次のようになる。

「天皇8(464)年に高句麗が新羅へ攻めてきたので新羅が任那の日本府 に助けを求め、援軍を送り高句麗軍を打ち破りました。翌年3月、天皇は 新羅を討とうとされ、紀小弓宿禰、蘇我韓小宿禰らに詔されました。『新 羅はそれまで朝貢していたのに自分が即位してから対馬をうかがい、高句 麗の朝貢を邪魔し、百済の城をとる。朝貢を怠り、オオカミのこのように 馴れ従わず、ともすれば気概を加える心を持っており、飽食すれば離れ飢 えれば寄ってくる。よろしく攻め入って天罰を下せ』。宿禰らは進軍して 新羅を討ち破り、最後は新羅を平定しました。天皇21年、高句麗は滅ぼさ れかけた百済を再興されました」

これは吉林省集安にある好太王碑の記述とまるで逆さまである。もっとも 評者も後者の自慢話は信憑性が薄いと踏んでいる。

そこで念のため、『日本書紀』にあたると雄略天皇の記述はわずか6行。 『愚管抄』では百一歳でお亡くなりになるとあり、それではと、北畠親房 の『神皇正統記』を紐解けば、崩御は80歳。潜在の世継ぎ候補と次々と 誅され、「大和の朝倉の宮にまします。天皇性猛もしましけれども、神に 通じ給へりぞ」として伊勢神宮外宮の建立を高く評価し、一方で荒々しい 武力による統治を弁護している。神懸かりの逸話とならべているところは 慈円の『愚管抄』と趣きを異にする。

客観的にいえば、それまで豪族の連立政権という性格の強かった大和政権 が、強敵を薙ぎ倒し、播磨、周防から北九州の豪族を従えて、「大王」と なったのだから、英雄であることには間違いのないところである。ワカタ ケルの暴虐を強調し、雄略天皇を「悪天皇」と蔑視的な諡をしたとの説も ある。

ワカタケルの事蹟を池澤夏樹が小説にしているが(日経新聞連載中)、父 親の福永武彦が『日本書紀』の現代語訳をこなしている関係からかもしれ ない。福永翻訳本でも、猛々しい逸話がいくつか紹介されている。
『宋書』にいう「倭の五王」とは、讃、陳、済、興、武だが、そもそも日 本の天皇が漢風に一字で諱する筈がなく、讃は仁?天皇だったとか、武が 雄略天応だったとかを比すのは、あまり意味がない。
とそんなことを考えならば古代史の箇所を読んだ。
       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 READERS‘ OPINIONS  どくしゃのこえ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 2009年に『本能寺の変427年目の真実』という本を明智憲三 郎氏が書きました(プレジデント社)。これは、今回の宮崎さんの説とは 違いますが、従来の明智謀反人説(だから悪人)に一石を投じた書で、こ れ以来、明智光秀悪人説が崩れだしたのではないかと思います。

今では救国の人という印象が強くなってきたと思います。明智憲三郎氏 は、光秀の子孫と主張しています。(関野通夫)


(宮崎正弘のコメント)ご指摘の本は「ときはいま」を「土岐氏の再興」 と強引に解釈したもので、推理小説風。珍説のたぐいと思います。

         
        
━━━━━━━━━━━━       
「わが祖国」を聴きながら
━━━━━━━━━━━━


       渡部 亮次郎

高く済んだ秋空の下(もと)、ひさしぶり、MDでスメタナの「わが祖国」 を聴きながら、落葉で金色に輝く公園の道を散歩した。いつもは「ラジオ 深夜便」の録音を再生したのにつづいて聴くのはモーツアルトかベートー ヴェンなのに。

なにか壮大で厳粛な気分に浸ることができるからである。とても演歌や フォークソングではこうは行かない。祖国、国土、独立、さらに故郷の風 物への愛を強烈に感じる。

連作交響詩『わが祖国』 (わがそこく、Ma Vlast) は、ベドルジハ・スメ タナの代表的な作品で、1874年から1879年にかけて作曲された6つの交響 詩から成る。スメタナは聾唖者になっていた。

全6作の初演は、1882年11月5日、プラハ国民劇場横のジョフィーン島にあ る会場で行われた。この曲は、近来、毎年行なわれるプラハの春音楽祭の オープニング曲として演奏されることが恒例になっている。

1 ヴィシェフラド  2 ヴルタヴァ  3 シャールカ  4 ボヘミアの牧場 と森から  5 ターボル  6 ブラニークの6曲から成るから、通しで聴け ば1時間20分ぐらいかかる。

音楽を学ぶためにプラハへ赴いたスメタナは、ある貴族の家の音楽教師の 座を獲得し、1848年には、作曲家フランツ・リストからの資金援助を受 け、彼自身の音楽学校を設立した。

1874年に梅毒に起因して聾唖(ろうあ)となるが、作曲活動を続け、この 出来事の後に書かれた代表的な作品が『わが祖国』である。

1 ヴィシェフラド
『高い城』とも訳される。かつてボヘミア国王の住んでいた、プラハの大 きな城が描かれた作品。1874年に作曲された。吟遊詩人が古代王国の栄枯 盛衰を歌う、という内容である。

この作品の冒頭に現れ、全曲を通じて繰り返し用いられる旋律の最初の部 分には、スメタナの名前の頭文字B.S.(=B♭−E♭)が音として刻まれている。

2 ヴルタヴァ 『モルダウ』の名で知られる。一連の交響詩群の中で最 も知られた作品であり、単独で演奏されたり、録音されることも多い。ヴ ルタヴァ川(モルダウ川)の、源流近くからプラハへと流れ込むまでの様 子が描かれている。1874年に作曲された。 スメタナの故郷を思う気持ち が現れている。

3 シャールカ 1875年に作曲された。シャールカとはチェコの伝説に登 場する勇女の名である。恋人に裏切られたことによって男への復讐を決意 した、という。そのシャールカが男の兵士達を策略にはめて皆殺しにす る、という(男性にとっては首筋が寒くなる)内容である。

4 ボヘミアの牧場と森から 1875年に作曲された。ボヘミアの美しい風 景を音楽としたもの。途中、ドイツ風の歌やボヘミア風の歌といった民族 的な旋律も現れる。

5 ターボル 1879年に作曲された。ターボルとはボヘミア南部の町の名 である。フス派の人々の拠点であった。フス派の戦士の不屈の戦いを描い ている。彼らの間で歌われたコラール『汝ら神の戦士たち』が用いられて いるが、これは『ブラニーク』でも引き続き用いられる。

6 ブラニーク 1879年に作曲された。ブラニークとはボヘミア中部の山 地の名である。その山々の深い森の中にて1000年前のチェコ民族の守護聖 人と勇士達が眠っており、チェコ民族が存続の危機に瀕した時に彼らがよ みがえって救いの手を差し伸べる、という伝説がある。

曲は、邪悪に覆われた祖国をその勇士達が勝利を収めて解放する、という 内容である。

ベドジフ(またはベドルジハ、ベトルジヒ)・スメタナ(Friedrich) Smetana, 1824年3月2日― 1884年5月12日)

ビール(チェコ・ビール)の醸造技師の息子として、ボヘミア北部のリト ミシュル(Leitomischl)に生まれた。若い頃にピアノとヴァイオリンを 学び、家族の参加していた趣味的な弦楽四重奏団で演奏していた。

父親の反対にも拘らず、音楽を学ぶためにプラハへ赴いたスメタナは、あ る貴族の音楽教師の座を獲得し、1848年には、作曲家フランツ・リストか らの資金援助を受け、彼自身の音楽学校を設立した。

1874年に梅毒に起因して聾唖(ろうあ)になっても作曲をつづけた。のち 1884年に正気を失い、プラハの精神病院へ収容され、この地で生涯を終え た。ヴィシェフラトの有名人墓地に葬られている。

スメタナは、明確にチェコの個性の現れた音楽を書いた最初の作曲家であ るといわれる。そのため、チェコ国民楽派 の開祖とされる。

彼の歌劇の多くは、チェコの題材に基いており、中でも『売られた花嫁』 は喜劇として最もよく知られている。彼は、チェコの民俗舞踊のリズムを 多用している。

また、彼の旋律は民謡を彷彿とさせる。同じ様にチェコの題材をその作品 中に用いた作曲家として知られる アントニン・ドヴォルザークに大きな 影響を与えた。

主な作品

歌劇
『ボヘミアのブランデンブルク人』(1862)
『売られた花嫁』(1863)
『ダリボル』(1867)
『リブシェ』(1872)
『二人のやもめ』(1874)
『口づけ』(1876)
『秘密』(1878)
『悪魔の壁』(1882)
『ヴィオラ』(未完)

管弦楽曲
祝典交響曲 作品6(1853)
交響詩『リチャード三世』(Richard III)作品11(1857-58)
交響詩『ヴァレンシュタインの陣営』作品14(1858-59)
交響詩『ハーコン・ヤルル』(Hakon Jarl)作品16 (1861-62)
連作交響詩『わが祖国』(Ma Vlast)(6曲)(1874-79)
祝典序曲 ニ長調 作品4(1848-49)
プラハの謝肉祭

室内楽曲
弦楽四重奏曲第1番ホ短調『わが生涯より』(1876)
弦楽四重奏曲第2番ニ短調(1882-83)
ピアノ三重奏曲ト短調作品15(1855)
『わが故郷から』(ヴァイオリンとピアノのための、2曲)(1880)

「わが祖国」の初演から100年に当たる1982年に、記念演奏会が東京で開 催された。(演奏は、ヴァーツラフ・ノイマンの指揮によるチェコ・フィ ルハーモニー管弦楽団)同公演はライブ録音され、翌年レコードとして発 売された。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』2007・11・14


          
━━━━━━━
読 者 の 声
━━━━━━━

 ◎ナシ
━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

27日の東京湾岸は快晴、爽快。

散歩する都立猿江恩賜公園では、このところ満開のソメイヨシノの間から 聞こえてくるのは鶯のさえずりだ。当に春爛漫。

常連投稿者の前田正晶さんの体調が思わしくない。主宰者の83歳より先輩 だけに心配だ。





                          読者:5587人

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/03/27

    癌手術は受けない方が、はるかにいい!



    (癌の8割は手術をしない方がよい)



     「週刊現代」の特集も「男たちよ、胃癌,食道癌、大腸癌、肺癌の8割は手術を受けない方がいい」と真実を語るようになった。週刊現代は断言する。「高齢者にとって安易な手術は8割方、後悔の種になる。医者は何時でも癌を切りたがる。なぜか? その方が儲かるからである。しかし、切れば癌が治るわけではない。アナウンサーの逸見政孝さんが進行性胃癌にかかり、臓器をほとんど取ってしまい、退院できずに亡くなりました。治癒する確率がきわめて少ないのに手術をすると、結果的に患者さんの寿命を縮めてしまう場合も多い・・・」 胃や大腸癌などは、初期に見つかると、殆ど即開腹、即手術されてしまう。医者は、それが唯一、癌と戦う方法だと信じきっている。「手術で癌を取ってしまうのが一番安心」と言うのが普通の医師たちの固定観念である。



    (手術が癌を悪化させる)



     「ところが、切っても、切っても、癌は治らない。どこか間違っている」と気づいたのが若き矢山利彦医師である。彼は癌代替療法の先駆者として有名である。それ以来、それまで神の手とまで称えられた達人はメスを置いたのである。癌を切ると治らないどころか術死も続出している。



     ある70歳の男性は,初期の食道癌手術で急死した。医者は「これまでで一番小さな癌。ラッキー」と気軽に手術を勧めた。ところが、術後に肺炎を発症、右肺に啖が溜まり、気管支切開で呼吸確保へ、ところが医者はメスで頸動脈を傷つけ大出血で急死した。

    手術が成功しても、食道や胃を失った人生は悲惨である。胃に穴を開ける「胃ろう」に追い込まれる人もいる。「自分の口で食事もできない。手術せずに死んだ方がましだった」と患者は後悔する。

    大腸癌手術も同じ。排便障害、人工肛門、さらに性機能障害まで発症する。辛い人生が待ち構えている。



     専門医は癌手術を勧めない理由を3つ上げる。



    1転移癌が原因で亡くなる。



    2全癌細胞切除は不可能。



    3癌が悪性化し再発する。



     つまり、癌手術が新たな癌を発生させてしまうのである。



    (乳癌、子宮癌、子宮筋腫は切ってはいけない)



     「週刊現代」は、乳癌、子宮癌、子宮筋腫、卵巣のう腫を受けてはいけない」という。その理由は、「手術で癌を散らすだけ」だから。医者から勧められ卵巣癌手術を受け、「癌はきれいに取れた」と言われたが、半年後、お腹が張るので検査をすると、腹膜に水が溜まる「腹膜播種」で、腹膜に癌が広がっていた。手術で卵巣癌を取り出した時、周辺臓器に癌細胞をまき散らしたのである。医者は、習い性の様に手術をしたがる。その根底に「治療した」と言う自己満足がある。もちろん、病院の「儲けの為」という面もある。だが患者は、そのことで症状を悪化させられ、酷い場合には死に至ることすらある。たまったのもではない」(週刊現代)



    (乳房や子宮を失ったショック)



     女性特有のガンは早期で発見できた場合、手術せず、乳房や子宮は残しておいた方がいい。患者が高齢の場合も、進行が遅いので、無理に手術をする必要があるか疑問である。



    子宮筋腫→手術を受けたら、「膣から尿が漏れた」と言う信じられない医療被害もある。手術の時に尿管を傷つけたのである。そもそも、子宮筋腫は良性腫瘍なので、手術の必要性はない。原因はほとんどが偏食等で、体内に溜まった体毒が腫瘍(おでき)として現れたものである。だから、少食・断食で体内を浄化すればいやでも完治する。しかし、無知な医者はそのような食事指導は一切しない。



    子宮腺筋症→子宮筋層に網の目のように病変が広がり、筋腫より手術が難しい。手術すると、妊娠中に子宮の一部が切れる「子宮破裂」を起こすので、医者の「すぐ切りましょう」と言う言葉には注意が必要である。



    卵巣のう腫→良性の腫瘍なので大きくなっても心配はない。医者の勧める腹腔鏡手術で小腸を傷つけられ大量出血の医療事故も発生している。



    (腰痛手術で歩行障害、寝たきり状態になる)



     先輩に、腰痛手術を受けて重度の障害になったSがいる。病名は「脊柱管狭窄症」であり、歩行障害で杖が欠かせない。Sは、庭で草むしりをしていたら、ぎっくり腰になり、医者に行ったら、「痛み止め」を処方された。これが悪運、悲劇の始まりとなる。「鎮痛剤」が切れると痛みがぶり返す。その内に経口薬では効かなくなり、座薬を処方された。それも切れると激痛が襲う。ついに全身麻酔で大手術となった。すると、天国の入り口のようなお花畑が見えた。Sさーんと遠くから医者の呼び声が聞こえてくる。顔に雨がかかって目が覚めた。雨だと思ったのは「お父さーん」と、覗き込んでいた愛娘の涙だった。たかが腰痛で、全身麻酔の大手術が必要とは思えない。ぎっくり腰は、欧米では「魔女の一撃」と呼ばれている。痛みも存在理由がある。それは「自然治癒力で治療中だから動かすな」と言うサインである。静かに休んでいれば治る。その時、肝心なのは絶食することである。「痛みは3日食べなければ7割治る。7日食べなければ9割治る」はずである。



    (痛み止めでは痛みが止まらない)



    なぜ、腰痛が治らないのか? 原因は、医者が処方する「消炎鎮痛剤」である。痛み止めでは痛みが止まらないのである。その理由は、鎮痛剤は血行を阻害して、痛みを感じさせなくさせているだけだから。足がしびれてつねっても感じない状態。つまり、血が流れないため神経が麻痺している。鎮痛剤は患部の血行障害で痛みを感じなくさせているだけである。鎮痛剤は手術に引きずり込む病院側の罠である。断食・断薬こそが快癒への最短距離である。

  • 名無しさん2019/03/27

    中国 異民族

    https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%AD%E5%9B%BD+%E7%95%B0%E6%B0%91%E6%97%8F&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwii9pPl6qDhAhUUfd4KHTo2BPEQ_AUIDigB&biw=902&bih=491&dpr=1.75

    「電力会社の電気はいりません!」独立型の自家発電で、晴耕雨読の日々をおくる佐藤隆哉さん・千佳さんに聞く、これからの電力自給のありかた

    https://greenz.jp/2015/05/01/wataden_sato/

    日本弁護士連合会(日弁連)が副会長に韓国籍の弁護士を指名したことでネットが荒れていたのでまとめました。(ニュース速報Twitterまとめ)

    https://togetter.com/li/1326575

    3・21練馬講演会襲撃事件

    警視庁は押しかけた暴徒を逮捕すべきだ。

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53314557.html

    平成の「退位」5大疑問の1 譲位はできないのに退位はできるというのはおかしい 

    https://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/66207007.html

    韓国 なんていう国は存在しない!

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-129.html

    “LGBT先進国”は狂ってるだけ、日本は絶対に真似するな! 社会を崩壊させるトランスジェンダーの未手術性別変更(東大教授寄稿)

    https://tocana.jp/2019/03/post_88548_entry.html

    https://tocana.jp/2019/03/post_88548_entry_2.html

    https://tocana.jp/2019/03/post_88548_entry_3.html

    https://tocana.jp/2019/03/post_88548_entry_4.html

    ワクチンは毒

    http://wakuchiniranee.kagome-kagome.com/%E3%83%BB%E5%9B%BD%E5%86%85%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E6%8E%A5%E7%A8%AE%E5%BE%8C%E6%AD%BB%E4%BA%A1%E4%BE%8B/?pageNo=8

    ミッションスクール

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB&tbm=isch&tbs=rimg:CWk6eMC7qt8rIjjyYIvolP4P521ay_1R0Sd05SqeWkqjJvM3zSaRenyoTFByXA2IFTGswVgp2MbbNFg0u18KL3S9YASoSCfJgi-iU_1g_1nETiyTKmI_1S1iKhIJbVrL9HRJ3TkRAOucIbXmIp0qEglKp5aSqMm8zRE_1HbTwgKXZySoSCfNJpF6fKhMUEcB_1uR97uoJ-KhIJHJcDYgVMazAReuQX49Y6ktgqEglWCnYxts0WDRFUW6E7gkKNbCoSCS7XwovdL1gBETQ9xuTwLxPT&tbo=u&sa=X&ved=2ahUKEwia5vyL9KDhAhUIq5QKHWdxBJIQ9C96BAgBEBg&biw=790&bih=430&dpr=2.25