政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針 4968号  2019・2・27(水)

2019/02/27

                                           □■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りや うじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」4968号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
        2019(平成31)年  2月27日(水)



        ヴェネズエラ情勢が緊迫度を増した:宮崎正弘

             「食育」の魁石塚左玄:渡部亮次郎

       チベット人に切実な法王後継者問題:櫻井よしこ
          
                       
                      話 の 福 袋
                        反     響
                      身 辺 雑 記


━━━━━━━━━━━━━━━━
ヴェネズエラ情勢が緊迫度を増した
━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)2月26日(火曜日)
       通巻第6003号   ^   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米朝会議より、ヴェネズエラ情勢が緊迫度を増した
  ロシアが「第2のシリア」化を狙ってか、虎視眈々
*********************************

5
人の死者、負傷数百名。2月24日にコロンビアとブラジルの国境で繰り広 げられた死闘は、米の援助物資を搬入させまいとするヴェネズエラ政権 が、軍を動員して阻止したためだ。

依然として軍はマドゥロ大統領の支持に回っていることを同時に示すこと となった。

なぜならマドゥロ大統領は軍に特権を与え、国民の貧窮化にお構いなく軍 事予算を増やし、腐敗、汚職に目を瞑っているからだ。

米国は医薬品、食糧などおよそ600トンを送り込み、人道支援としたが、 受け取りを拒否したのだ。理由は「なにが人道支援だ」。ブラジルとコロ ンビアの両方で物資搬入阻止の軍事行動が続いた。

ロシアが水面下で動いている。ロシアはヴェネズエラ重視であり、たとえ ばマドゥロ大統領の身辺警護はロシアが派遣した傭兵、特別のボディガー ドが担当しているという(ニュースウィーク日本語版、2月19日号)。も し、欧米が転べば、主導権を取れると踏んでいるのである。

第一に革命イデオロギーに共鳴している。

社会主義に幻想的なロマンを抱いているプーチン大統領は、そうはいって も残酷な独裁主義の金正恩を個人的には嫌っているが、地政学上、中国を 牽制する意味もあって北朝鮮を支援している。だから秋には金の訪ロを受 け入れる。プーチンの狙いは選挙絡みで「強いロシア」を常に演出する必 要がある。

 ▼ヴェネズエラの石油埋蔵はサウジを超えるとされているが。。。

第二にロシアはヴェネズエラの原油鉱区、石油利権のために170 億ドルを 投資している事実。そのうえ大手ロスネフツ(プーチン系の国際企業) は、65 億ドルの信用供与をしている。また武器輸出の顧客であり、ミル はインド37武装へ入りやスホイ30ジェット戦闘機、昨年師走(2018年 12月10日)には、ツボレフ160戦略爆撃機も供与している。

 ちなみにヴェネズエラ石油の最大の輸入国は米国だったが、経済制裁を 課して、原油輸入を中断した。埋蔵はサウジを超える量とされる。

 第三に地政学的に南米への入り口、カリブ海の要衝に位置するヴェネズ エラをロシアの影響圏に留めておくという政治的欲求が基底になる。

 第四に中国経済が沈没している現状を鑑み、ロシアはその隙をついて政 治的影響力の拡大をはかる。
この文脈ではアサド体制を組み込んで中東へ睨みをきかせる立場を確保し たように、「第二のシリア化」に照準が当てられていると判断できる。

 北京五輪開会式当日にプーチンは素知らぬ顔で開会式に臨み、同時にグ ルジア侵攻を命じていた。同様に2月28日の米朝会談をめがけて、何か をしでかそうとしている。ヴェネズエラ情勢、要警戒である。
     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌前号のコメントに(上野の)「国立博物館の「縄文」 の展示説明は「12000年〜13000年前」です。新発見の 16000年説をまだ採 用しておりません。またちなみに同館一階奧に 「アイヌ、琉球」の展示 室があり、「阿依奴」の表記。北海道への渡来は 12世紀から13世紀 と、こちらは百年ほど早いことになっています」と ありました。

地方に住んでいるので上野の博物館には行くチャンスが乏しく、もうすこ し詳しく展示内容をご教示いただけませんか。秋田県には縄文で有名な 「亀岡遺跡」があり、遮光器土偶が有名ですが、ご覧になりましたか? (TY生、秋田)


(宮崎正弘のコメント)縄文時代の展示は土偶と、土器が数十。ここには たいした展示はありません。東京で縄文が揃っているのは多摩市にある埋 蔵文化センターでしょう。中庭には縄文住居も三軒、レプリカですが再現 され、展示されていますし、土器も相当豊富です。

東北での縄文遺跡なら、なんと行っても三内丸山遺跡でしょう。亀岡遺 跡も、もちろん行っております。土偶のレプリカを土産に買いました(苦 笑)。

さて国立博物館のアイヌに関しての展示ですが「樺太、千島、北海道北 部から渡来した」とあり、漁労と植物栽培で暮らし、遠くアムール川の 人々とも交易していた。木綿の衣類、漁具と原始的刀剣、小さな五弦琴な ど、一つの部屋に納まる程度の展示物しかありません。当該博物館はなん といっても平安、安土桃山、江戸の展示です。

   ♪
(読者の声2)當田晋也様の日本古代史のご意見がありました。以下感想 です。

 1.「古代の帰化」古代において大陸から人が来るというのは、現代と は違い自由ではなかったと思います。日本は既に海外で紛争を経験してお り大量の外国人を入国させる危険性を知っているからです。帰化させたの は技術の職人などもっぱら直接役に立つ人間だけでした。大陸から20万 人もの大量の外国人が入国したという記録は日本書紀には無いと思います。

 2.「百済の話」古代の日本は朝鮮半島南西部を400年近く支配しまし た。それが百済です。支那王朝への交通路だったのでしょう。この地域に は多数の日本固有の前方後円墳があるので支配層に日本人がいたと類推さ れます。

だから百済滅亡時には王族が日本に帰国したのです。この人達はもともと 日本人だから日本語の読み書きは自由だったと思われます。大仏建立事業 では百済王敬福が「陸奥国小田郡」より産出した黄金900両(約13!))を 献上したと記録されていますが、これは砂金採取だけでなく金抽出の技術 職人を連れてきていたのかも知れません。「天皇(すめらぎ)の御代栄え むと 東なる 陸奥山に 黄金花咲く」大伴家持 

3.「神話と言語」文化人類学では民族は言語と神話により区別します が、日本には朝鮮の神話や朝鮮語は見つかりません。関係が無いのです。

4.「通訳の話」日本と朝鮮は別の言語ですから片言会話の他公的には通 訳がいたとみるべきでしょう。重要な話は片言の外国語では出来ませんから

ただ身分が低いので歴史記録に載っていないのでしょう。なお百済は別と して新羅に仕えた日本人の話はききません。新羅も警戒するはずです。ま た言葉が出来たから帰国して日本の外交をしていたということはないで しょう。外交は国防を含む独立国家の最高機密ですから。そのような記録 は聞いたことがありません。(落合通夫)


         
━━━━━━━━━━
「食育」の魁石塚左玄
━━━━━━━━━━


      渡部亮次郎

食育(しょくいく)とは、食に関する知識を習得し、自らの食を自分で選 択する判断力を身に付けるための取組みのことである。

2005年に成立した食育基本法では、「生きるための基本的な知識であり、 知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの」と位置づけられ ている。

単なる料理教育のみならず、食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化 についての総合的な教育も含んでいる。石塚左玄(いしづかさげん)の思 想が生かされている。

一般的ではなかったが、「食育」という言葉は明治時代から使われた。陸 軍の薬剤監(最高責任者)だった石塚左玄は1896(明治29) 年出版の『化学 的食養長寿論』の中で「体育智育才育は即ち食育なり」とはじめて食育と いう言葉を使った。

現代の食育はこれらの著作をルーツにしながらも、法的根拠を持つ基本理 念が新たに定められている。

2002(平成14)年11月21日、自民党の政務調査会に食育調査会(会長:山 東昭子)が設置された。その目的はBSE問題や産地偽装など食の安全を揺る がす事件によって生じた消費者の不安や不信感を、食育を通じて取り除く ことだった。

翌2003(平成15)年に総理大臣(当時)の小泉純一郎が施政方針演説に取り 上げて食育という言葉が一般化した。

小泉総理は1988(昭和63)年に厚生省としては食が一番大事なのではない かと述べていた。1993年には厚生省監修で『食育時代の食を考える』とい う著書が出版されている。

著者服部幸應は自分の書いた『食育のすすめ』(1998年)を厚生大臣の頃 の小泉純一郎が読んだからと説明している。

2005年(平成17年)6月10日、食育基本法が成立した。食育によって国民 が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性を育むことを目的とし ている。

石塚左玄(1851年3月6日―明治42年=1909年10月17日)は日本の軍医・医 師・薬剤師。玄米・食養の元祖。

福井県出身。福井藩城下、近郷石塚村で漢方医の家に生まれる。大石内蔵 助の末娘の血筋を引く家系であった。幼少から皮膚病(アトピー)と重症 の腎炎にかかり晩年まで闘病生活を送る。

12歳で医者としての評価があったという。

陸軍で薬剤監となった後、食事の指導によって病気を治した。栄養学がま だ学問として確立されていない時代に食物と心身の関係を理論にし、医食 同源としての食養を提唱した事は驚異に値する。

「体育智育才育は即ち食育なり」と食育を提唱した。「食育食養」を国民 に普及することに努めた。

栄養学の創設者である佐伯矩が現・国立健康・栄養研究所をつくるための 寄付を募っていたとき、左玄の功績を耳にした明治天皇が「そういう研究 所があってもいいのでは」と述べ、その言葉で寄付が集まったという。

左玄。1868(明治元)、18歳のとき、福井藩医学校で勤務する。オランダ 語をはじめとした欧州の言語で解剖学などを学んだ。

1872(明治5)年東京大学南校科学局で御雇になる。
1873(明治6)年、その半年後、医師と薬剤師の資格を取得し、文部省医 薬局の助手を努める。

1874(明治7)年陸軍で軍医試補となる。そこで竹製のピンセットや、担 架、乾パン、乾燥野菜などの重要な発明をしている。
1881(明治14)年陸軍の薬剤監に任ぜられる。

退官後の1894(明治27)年薬学会誌に、「人類は穀食動物なり」、「飲食 物化学塩類論」、「飲食物の加里塩は酸素吸収の媒介者なり」を発表する。

1898(明治31)年頃には、東京市ヶ谷の自宅にある「石塚食療所」に全国 から患者が殺到するようになっていた。

1907(明治40)年「食養会」を創立した。信奉者には華族や陸軍高官、政 治家や財閥なども多くいた。

1909年(明治42年)10月17日、幼少期からの闘病の末、没する。享年58。

食本主義 「食は本なり、体は末なり、心はまたその末なり」と、心身の 病気の原因は食にあるとした。人の心を清浄にするには血液を清浄に、血 液を清浄にするには食物を清浄にすることである。

人類穀食動物論 食養理論の大著である『化学的食養長寿論』は「人類は 穀食(粒食)動物なり」とはじまる。臼歯を噛み合わせると、粒が入るよ うな自然の形状でへこんでいるため、粒食動物とも言った。

または穀食主義。人間の歯は、穀物を噛む臼歯16本、菜類を噛みきる門歯 8本、肉を噛む犬歯4本なので、人類は穀食動物である。穀食動物であると いう天性をつくす。

身土不二 「郷に入れば郷に従え」、その土地の環境にあった食事をと る。居住地の自然環境に適合している主産物を主食に、副産物を副食にす ることで心身もまた環境に調和する。

陰陽調和 当時の西洋栄養学では軽視されていたミネラルのナトリウム (塩分)とカリウムに注目した。陽性のナトリウム、陰性のカリウムのバラ ンスが崩れすぎれば病気になるとした。

ナトリウムの多いものは塩のほかには肉・卵・魚と動物性食品、カリウム の多いものは野菜・果物と植物性食品となる。しかし、塩漬けした漬け物 や海藻は、塩気が多いためにナトリウムが多いものに近い。

精白した米というカリウムの少ない主食と、ナトリウムの多い副食によっ て陰陽のバランスが崩れ、病気になる。

一物全体 一つの食品を丸ごと食べることで陰陽のバランスが保たれる。 「白い米は粕である」と玄米を主食として奨めた。

智と才は食養に関係する。智と才は表裏の関係だが、「智は本にして才は 末なり」と智を軽視しないようにして、カリウムが多くナトリウムが少な い食事によって智と才の中庸を得て、穀食動物の資質を発揮するとした。

軟化と発展力のあるカリウム、硬化・収縮力のあるナトリウムのバランス に注目する。またカリウムは静性に属し、ナトリウム動性に属する。

幼い頃はカリウムの多い食事をとることで、智と体を養成する。思慮や忍 耐力や根気を養う。

また道徳心や思慮を必要とする場合もカリウムの多い食事にする。 社会 人に近づくにつれ、ナトリウムの多い食事にしていくことで、才と力を養 成する。ただし、ナトリウムが多すぎれば、命ばかりか身も智恵も短く なってしまう。バランスが崩れすぎれば病気にもなるので中庸を保つよう に食養する。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2008・08・31



━━━━━━━━━━━━━━━━
チベット人に切実な法王後継者問題
━━━━━━━━━━━━━━━━


         櫻井よしこ

「チベット人に切実な法王後継者問題 中国共産党から仏教を守り通せるか」

米議会は昨年10月、超党派で「中国に関する議会・行政府委員会の年次報 告書」を発表、中国共産党政府の少数民族弾圧は、「人道に対する罪」だ と明記した。時効のない、最も厳しく追及されるべき犯罪という意味だ。

同報告書は新疆ウイグル自治区を焦点としたが、チベットも同じである。 中国政府のチベット弾圧は、ウイグル弾圧同様、激化するばかりだ。その 中でチベット人にとって今年84歳になる法王、ダライ・ラマ14世の後継者 問題はとりわけ切実である。

チベット仏教には最高位の指導者としてダライ・ラマと、それに次ぐ地位 のパンチェン・ラマが存在する。いずれも前任者の死を受けて幼児が後継 者として選ばれる。チベット仏教の指導的僧侶たちが幼児を守り、立派な 指導者として育て上げるが、それには20年近い歳月が必要だ。

中国共産党は、高齢のダライ・ラマ14世の後継者は自分たちが選ぶと宣言 済みだ。宗教を信じない共産主義者に他民族の宗教指導者を選ぶ資格など ないのだが、彼らはお構いなしである。

中国には「前科」がある。1995年、ダライ・ラマ14世は、死亡したパン チェン・ラマの生まれ変わりとして六歳のゲンドゥン・チューキ・ニマ氏 を選んだが、中国共産党はニマ氏を家族ごと誘拐し、別の少年、ギャン ツェン・ノルブ氏をパンチェン・ラマ11世に指名した。ニマ氏は未だに行 方不明、中国共産党はノルブ氏を育て、彼こそが真実のパンチェン・ラマ 11世だと主張する。

このような事例があるために、チベット人はいま、次のダライ・ラマをど のように選ぶべきか悩んでいるのである。センゲ首相が率直に語った。

「私は(亡命政権が位置するインド北部の)ダラムサラにいる時にはいつ も法王の教えを受けています。法王は、私に、次のダライ・ラマ選出方法 を責任を持って決めよと命じました。法王の御意思を聞きながら、既に、 次のダライ・ラマ選出に関しての意見聴取を進めています」

チベット仏教各宗派の長老達との第1回会議もチベット内外に住む高位の 僧、数百人の意見聴取も終えたという。今年6月と10月にも世界各地から チベット仏教指導者がダラムサラに集まり、来年取りまとめに入るという。

「全員、とても真剣です。私はいま任期2期目で、あと2年半、主席大臣 (首相)を務めます。この間に結論を出したいと思います」とセンゲ氏。

現在3つの案が有力だ。

(1)チベット仏教の伝統を踏まえダライ・ラマ14世の死後、生まれ変わ りの幼い男児を探す、(2)長老達が選ぶ、(3)法王自身が亡くなる前 に自らの生まれ変わりを指名する。

センゲ氏の説明では、法王は保守的で仏教の伝統を大事にするため、伝統 に従えば(1)の方法しかない。しかし法王は柔軟であり、3つの選択肢 の全てが頭の中にあるともいう。

(1)の場合、前述のように幼児の成長までに20年近い歳月が必要で、そ の間、チベットは中国の介入に脅かされる。中国共産党はチベット仏教を 本気で潰しにかかると危惧されている。結果、センゲ氏は(3)に期待する。

「法王が、自分の生まれ変わりとして10代の少年を選べば、長い時間をか けずに次の法王になれます。少年がまず第一に善きチベット仏教徒で、賢 く、徳の高いことは無論必須条件です。しかし選ばれれば、彼はダライ・ ラマ14世の命のある限り、指導を受け、その徳と叡智を吸収し、立派に成 人するでしょう。このようにして15世が育っていけば中国は一切介入でき ません。私自身はこの(3)の選択肢が最善ではないかと思います」

チベットの人々の柔軟な思考で中国の介入を退け、チベット仏教を守り通 せるよう、私は願っている。
『週刊ダイヤモンド』 2019年2月23日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1268 


       
           
━━━━━━━━━
読 者 の 発 言
━━━━━━━━━

 ◎幕末・明治は、優れた人材がいちどきに輩出した時代でした。上田敏もその1人です。松下村塾の吉田松陰と塾生、「幕末の名君」島津斉彬と薩摩藩士、日清日露戦争の軍人など、英傑が出ました。

中でも、人々のために産業を興して国を豊かにした五代友厚と渋沢栄一、内戦を避けようと尽力した山岡鉄舟と勝海舟と坂本龍馬、ビタミンB1を発見した鈴木梅太郎、国のために人材を育成した緒方洪庵は傑出してました。(まこと)


 ◎ 名古屋市会(教育子ども委員会・市議12名)にて、2月26日、市民三分 間議会演説しました。
   名古屋市 寺本 孝一(69才)

「学校における捏造歴史教育について」

子どもの感性を育む会の寺本孝一と申します。

ある中学生が歴史授業について「また日本の悪口か」とはき捨てました。 家族の悪口を近所で言いふらす人間は信用されません。日本人が自分の国 を先人を悪く言って何が楽しいのでしょうか。その人格を疑わざるを得ま せん。しかも、侵略したとか植民地にしたとか、従軍慰安婦・奴隷徴用 工・南京事件など、全部でっち上げ捏造されたことを一部教員やマスコミ が臆面も無く言い放っています。愚の骨頂であり、習近平も文在寅も腹を 抱えて笑っていることでしょう。

戦後マッカーサーはアメリカ議会など公の場で二回も「日本の戦争は自衛 戦争だった」と証言しました。秀吉の朝鮮出兵・日清戦争・日露戦争・満 州事変・大東亜戦争はどれも自衛戦争でした。朝鮮は2千年間もシナの奴 隷国家だったのが、日清戦争下関条約で初めて独立できたのです。また、 台湾・朝鮮に日本が莫大な投資をして、発電ダム・鉄道・学校・病院を 作ったお陰でやっと先進国の仲間入りを果たすことができたのです。

慰安婦は業者が斡旋した高級売春組織であり、500円で家一軒建った当 時、2500円という朝鮮人の貯金残高の記録が有ります。また、『朝鮮人徴 用工の手記』と言う本には、手厚い待遇の様子が描かれています。清潔な 寮で、絹のような布団で寝起きし、食事も十分だった。月140円という 破格の給料をもらい、終戦後には日本人と別れを惜しんだと書かれていま す。南京事件は蒋介石80才の時「南京虐殺などありはしない、松井閣下は 冤罪で処刑されたのだ」と言い残しました。捏造の証拠はほかにも沢山あ ります。

さて、極東の小さな島国、しかも有色人種の日本人が甚大な犠牲を払いな がら必死に戦いました。欧米約八カ国が五百年間も全地球的に植民地化略 奪していたのが僅か十年ほどで全部独立したのは偏に日本の孤軍奮闘によ るものです。人類史上最も良いことをしたのは我が日本国であり我らの先 人であります。私たちは大いに誇りを持つべきであり、青少年を明るく元 気にさせることこそが教育の大前提であります。

 あろうことか、韓国中国は学校で日本人を憎めと教える国なのです。日 本の学校は自国を軽蔑せよと教えているのです。同じ穴のムジナに堕落し てる場合ではありません。日本は国の将来を担うべき児童生徒にウソを教 えるという教育詐欺など断じてあってはなりません。真実に基づいて歴史 を考えるという当たり前のことが学校で徹底されるよう強く要望いたします。


 ◎野党よ、厚労省の統計問題に拘っている場合か:前田正晶

私は現時点ほど世界のあらゆる方角で無視は出来ないし、看過すべからざ る問題が多い時期はないと思っている。その最中に国会で野党がこの統計 不正(なのだそうだ)を連日連夜採り上げては閣僚と厚労省の官僚の揚げ 足を取っているのは、誠に情けない失態であると思っている。産経新聞 だったかの投書には「我が国民の水準はあの国会議員の程度で、自分もそ の一人かと思って落胆している」というのがあったが、残念ながら賛同せ ざるを得なかった。要するに、野党の議員の質は抜群に低いということ。

今、世界で如何なる重大な問題が起きつつあるかなどは考えなくとも解る こと。私は野党の連中が全くその諸問題を認識していないだろうとは考え ていない。彼らはただ単に優先順位を「安倍内閣を貶めること」に置いて いるだけだあって、安倍総理以下を貶しておけば最終的には「来たるべき 参議院選挙で自民党を敗退させて、憲法改正を阻止する」事だけに重点を 置いているだけだと考えるようにしている。

彼ら野党は衆参両院の予算委員会で未だにフランスのルノーに押し切られ そうな日産問題はいうに及ばず、ホンダが「Brexitとは関係ない」とは言 うがUKの工場を22年で閉鎖と発表したUKのEU離脱の件などは、我が国の企 業が何千社とかの国に出ている事情を考える時に、統計問題などはさて措 いて「これに対応する政府の方針や如何に」と質問してもおかしくない案 件だと思う。

これだけではない。トランプ大統領と金正恩委員長との2度目の会談は明 27日に迫っている。だが、彼らは誰一人としてこの件で総理に質問をした という報道がない。事前のアメリカとDPRKの事務方の打ち合わせの結果で 色々な会談の行方が取り沙汰されているし、韓国の報道官は両国間で終戦 の件が出るとまで言い出している。我が国はそれでなくとも蚊帳の外だと いう自虐的な論調がある中にも拘わらず、何故か誰一人として総理の外交 方針を問い質そうとはしない。まさか、外交は票にならないとでも言うのか。

アメリカと中国の貿易交渉も着々かどうかは知らないが、実務者間の打ち 合わせが進んでいるとの報道だ。この決着次第では我が国に大いなる影響 が出ることだろう。野党の姿勢は「我関せず」としか見えない。あの“
unpredictable”なトランプ大統領のことだから、締め切りの延期を言い出 していたし、良い方向に進んでいるとまで言っている。ここでも決着の仕 方次第では、勢いに乗って我が国に向かってFTAだの懸案の自動車の輸出 自粛などを持ち出さない保証があるのかと思う。統計問題の何十倍も重た い案件ではないのか。

他にも韓国と如何に対峙するかという難問題もある。私は最早左傾という よりも北傾の極みである文在寅大統領とこれから先に如何に付き合ってい くかも、一筋縄ではいかない難問だと思っている。何方が言われた「丁寧 な無視」も一法かも知れないが、黙っていては「そら見ろ。我が方が正し いのだ」とでっち上げるのが韓国の手法だ。これ以外にも華為との対処の ような問題もあれば、ロシアとの北方領土や平和条約等々の懸案や積み残 しの案件など幾らでもあるだろう。

ここまでは敢えて「野党批判」の材料として述べてきたが、政府も与党も 余程しっかりと覚悟を決めて国の内外に生じているこれらの諸問題に対処 して貰いたいのだ。「桜田大臣に職責を全うして貰いたいなどと言ってい て済む局面か」などと言いたくなってしまう。私はこういう時にあって安 倍総理にノーベル平和賞への推薦を依頼したとアッサリ喋ってしまうトラ ンプ大統領には・・・と思わせられている。トランプ氏はあのようなこと を言うべきではないと思って嘆いている。頼みますよ、安倍さん。




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

27日の東京湾岸は快晴、爽快。


26日の東京湾岸は曇天。あまり寒くなかった。
                                         読者:5587人
                           

                    


                           



                          


                        














規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。