政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4946 号  2019・2・5(火)

2019/02/05

                                           □■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りや うじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」4946号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
        2019(平成31)年  2月5日(火)



ミャンマー、中国主導の巨大プロジェクトを返上:宮崎正弘

     対露外交は希望的観測を持つことなく:櫻井よしこ

           パイナップルも無かった:渡部亮次郎
              
                         
                      話 の 福 袋
                        反     響
                      身 辺 雑 記



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ミャンマー、中国主導の巨大プロジェクトを返上
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)2月2日(土曜日)
         通巻第5977号     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ミャンマー、中国主導の巨大プロジェクトを返上
 嗚呼、やっぱり。チャウッピュー近代化、工業団地プロジェクトは白紙へ
*********************************
スーチー率いるミャンマーの対外債務は100億ドルを超えた。このうちの 40%が中国である。ちなみにミャンマーの外貨準備は63・5億ドルしかな く、明らかに債務超過である。1988年から2011年までの累積債務が膨れあ がっていたが、平均の利子が4・5%だったという(アジアタイムズ、1 月31日)。

ミャンマー与党は、中国がオファーしてきたチャウッピュー港近代化プロ ジェクトならびに付近の工業団地プロジェクト(大学から病院まで建設 し、一大近代都市建設を謳った)を、「財政面から根底的に見直す」と検 討を始めたことがわかった。

これはマレーシアが、建設を開始していた東西新幹線プロジェクト(200 億ドル)が財政的にカバーできず、マレーシア政府の責任を越えるとし て、マハティール政権は違約金を払ってもキャンセルしたことを受けて、 ミャンマーも「借金の罠」に落ちることを懸念しての措置である。

ティンセイン政権時代に、ミッソン・ダム建設を中止した。このプロジェ クトは総工費36億ドルだったが、発電される電力の90%が中国側へ送電さ れるという無茶な契約内容だったため、地元のカチン州などで猛烈な反対 が起きた。

チャウッピュー港近代化プロジェクトの現場に取材に行った。ヤンゴンか らおんぼろ飛行機で50分、上空からみると建設予定地はただの畑、雑木林 が拡がっていただけで、港は泥沼、一部帰ってきたロヒンギャの小舟で釣 りをしていた程度だった。写真入りで『エルネオス』今月号にレポートを 書いているが、大きな看板と、がらんどうの事務所ビルが建っているだけ だった。

ちなみに日本の援助実績(E/Nベース。技術協力はJICA実績ベース)
(1)有償資金協力 7,512.49億円(2015年までの累計。うち2015年度  1,257.38億円)

(2)無償資金協力 2,571.38億円(2015年までの累計。うち2015年度  176.05億円)

(3)技術協力 602.32億円(2015年までの累計。うち2015年度 87.63億円)

       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 ☆どくしゃのこえ ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)私がフランス、アメリカに駐在して、最も頻繁に最も多数 回聞いた言葉は「それは私もミスではない(it's not my fault)」です。
これは条件反射的に出てくる言葉で、口癖ですからまともに受け取っては いけません。ですからカルロス・ゴーンが「私は無実だ」というのも同じ です。
欧米社会は、責任追及が厳しい社会ですから、その反動として言い訳が発 達するわけです。昨日だか、日経新聞がゴーンとの会見記事を出していた ようですが、これも彼らの条件反射的口癖を伝えているだけなら無価値です。
一方、日本人の方は「済みません」が口癖で、本当に済まないと思ってい るかは分かりません。いずれにしても文化の違いだと思います。
どちらが良い悪いとは異なると思いますが、それを心得て付き合うべきです。
(関野通夫)


(宮崎正弘のコメント)ゴーンのやったことは経済犯罪ですから、欧米な ら司法取引して罰金をおさめてお仕舞い。しかし、日本はここに倫理・道 徳が絡んでくるので、ユニークな裁判になるのでしょうね。
 ゴーンは仏蘭西文化の影響より、やっぱりレバノン(フェニキア)で しょう。彼らの強欲は華僑、印僑、ユダヤを越えます。



  ♪
(読者の声2)第43回 家村中佐の兵法講座 兵法書として読む『古事 記』『日本書紀』
 今回の兵法講座では、外来宗教であった仏教を日本の固有文化にまで高 めた聖徳太子の信仰思想や「厩戸皇子(うまやどのみこ)」という御名前 とイエス・キリストとの関係、そして秦始皇帝の子孫を自称し聖徳太子の ブレーンとして全幅の信頼を寄せられていた謎の人物・秦河勝の正体、さ らには渡来系氏族である秦氏がいつ、どこから、どのようにして日本に やって来たのか、いわゆる「日猶同祖論」ではなく、古代における本当の 日本とユダヤの関係などにつきまして、『古事記』『日本書紀』の記述や それ以外の古文献を紐解きながら、図や絵を用いてビジュアルに、分かり やすく解説いたします。

日 時:2月9日(土)13:00開場、13:30開演(16:30終 了予定)
場 所:文京シビックセンター5階 会議室A
講 師:家村和幸(日本兵法研究会会長、元陸上自衛隊戦術教官・予備2 等陸佐)
演 題:第16話 聖徳太子と秦河勝
参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)
お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
 FAX 03-3389-6278(件名「兵法講座」にてご連絡ください。事前に、 「新説『古事記』『日本書紀』でわかった大和統一」(宝島社新書486)を お読みいただくと、理解が深まります!)(日本兵法研究会)




━━━━━━━━━━━━━━━━━
対露外交は希望的観測を持つことなく
━━━━━━━━━━━━━━━━━


            櫻井よしこ

「対露外交は希望的観測を持つことなく厳しい要素を過小評価しないのが 大事だ」

「心配が現実になった」と感じた日露首脳会談だった。1月22日、日本時 間の夜8時45分から小1時間遅れで始まった日露首脳会談は、約3時間続いた。

その後、安倍晋三首相とウラジーミル・プーチン大統領の共同記者会見が 行われたが、中継画像で両首脳が会見場に入った姿と表情から不首尾は瞬 時に見てとれた。

会見ではまずプーチン氏が、「たったいま、会談が終わりました。非常に ビジネスライクな建設的なものでした」と素っ気なく語り始めた。氏の話 は二点に大別される。日露経済協力の具体的プロジェクトの進展具合と、 平和条約締結についてである。

明らかに前者には力が入っており、全体の約4分の3を占めた。貿易はこれ から数年間で1.5倍の300億ドル(約3兆3000億円)にするなどの具体的目 標も語った。

他方、平和条約締結についての話は全体の4分の1でしかない。その内容 も、「私たちは平和条約の締結を目指します。調整担当として外務省高官 と外務大臣を任命しました」などというものだ。

日本側は平和条約と領土の問題は、外務省ルートでは実際の話は進まない ため、別ルートでの交渉に期待をかけてきた。そのうえで最終的に安倍・ プーチン両首脳の決断によってのみ、解決できると考えている。プーチン 氏の発言はそうした日本の腹づもりに応えるものではないだろう。

安倍首相が日露間の往来者数がふえて、昨年は過去最高だったと発言し た。昨年ロシアから日本への訪問者数は年間10万人に達し、逆もほぼ同水 準だったという。いま関係がギクシャクしている韓国からでさえ、毎日2 万人以上が訪日している。日露間の交流の貧弱さは、日本人の対ロシア観 を反映しているのである。

首脳会談を最も前向きに報じたのは「産経新聞」だった。ロシア相手の非 常に難しい交渉だが、それでも推進しなければならないのは「中露の蜜 月」を避けるためだとの内容だった。

中露の連携は日本にとってのみならず、米国にとっても、たしかに厄介 だ。しかし、注意すべき点は、ロシアは本当のところ、中国をどのように 考えているかである。

力をつけた中国は中央アジア諸国を手始めにユーラシア大陸の北に西にと 勢力を広げつつある。北極圏にも明確な位置を占めるべく戦略的に動いて いる。中国の勢力拡大の動きの中で、ロシアは日本が期待する程、中国を 退けようとはしていないのではないか。

たとえば北極圏開発だ。中国は自らを「極地強国」であり、北極の利害関 係国だと位置づけている。一帯一路に北極海を組み込み、「氷のシルク ロード」などと呼んでいる。この中国の方針にロシアは基本的に協調的で ある。2017年にロシアで開催した「国際北極フォーラム」でも、ロシアは 北極海航路とシベリア鉄道を結ぶプロジェクトへの中国の投資を呼びかけた。

中国の北極圏進出の狙いは資源エネルギーに加えて、米国に対する核抑止 力の構築にある。防衛研究所の主任研究官、山口信治氏は、中国が戦略原 子力潜水艦を北極海に進出させることができれば探知は殆ど困難で、米国 に対して確実な反撃能力を獲得すると指摘する。米国のみならず、ロシア も警戒すること必至だが、中国はロシアに警戒感を抱かせないように巧く 立ち回っているというのだ。

クリミア半島強奪以降、国際社会の経済制裁に苦しむロシアにとって中国 の占める位置は日本で考えるより遙かに大きく重要である。

日本のロシア外交は、希望的観測を一旦横に置き、厳しい要素を過小評価 しないことが大事だ。一方的に経済協力だけさせられて終わってはならな いであろう。
『週刊ダイヤモンド』 2019年2月2日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1265 

    
━━━━━━━━━━━
パイナップルも無かった
━━━━━━━━━━━


       渡部 亮次郎

朝と昼の食事のあとは果物を必ず食べる。だから秋は楽しい。果物の種類 が豊富だからだ。冬が近付くとみかんに混じってときどき供されるのがパ イナップルだ。

南国の果物だから生まれ育った秋田では子ども時代はお目にかからなかっ た。敗戦後、缶詰を初めてたべて美味しかった。しかし生を食べたのは大 人になって上京後である。

アメリカから返還される前に特派員として渡った沖縄では畑に植わってい るのを沢山見たが、なぜか食べなかった。今、東京のデパートで売られて いるのは100%フィリピン産である。

「ウィキペディア」によれば、パイナップルの原産地はブラジル、パラナ 川とパラグアイ川の流域地方。この地でトゥピ語族のグアラニー語を用い る先住民により、果物として栽培化されたものである。

15世紀末、ヨーロッパ人が新大陸へ到達した時は、既に新世界の各地に伝 播、栽培されていた。 クリストファー・コロンブスの第2次探検隊が1493 年11月4日、西インド諸島のグアドループ島で発見してからは急速に他の 大陸に伝わった。

1513年には早くもスペインにもたらされ、次いで当時発見されたインド航 路に乗り、たちまちアフリカ、アジアの熱帯地方へ伝わった。

当時海外の布教に力を注いでいたイエズス会の修道士たちは、この新しい 果物を、時のインド皇帝アクバルへの貢物として贈ったと伝えられる。

次いでフィリピンへは1558年、ジャワでは1599年に伝わり広く普及して 行った。そして1605年にはマカオに伝わり、福建を経て、1650年ごろ台湾 に導入された。

日本には1830年東京の小笠原諸島・父島に初めて植えられたが、1845年に オランダ船が長崎へもたらした記録もある。

パイナップル(レユニオン)は植付け後15〜18か月で収穫が始まる。自然 下の主収穫期は、たとえば沖縄では7〜9月と11〜翌年2月である。

1年を通した生産面の労働力の分配や缶詰工場の平準化を図り、植物ホル モンであるエチレンやアセチレン(カーバイドに水を加えて発生させ る)、エスレル(2-クロロエチルホスホン酸)、を植物成長調整剤として 利用し、計画的に花芽形成を促して収穫調節を施している。

栽培適地は年平均気温摂氏20度以上で年降水量1300mm内外の熱帯の平地か ら海抜800mくらいまでの排水の良い肥沃な砂質土壌である。

世界生産量の約5割がアジア州で、残りの5割はアフリカ州、北アメリカ 州、南アメリカ州の間でほぼ均等に分かれている。

2002年時点のFAOの統計によると世界生産量は1485万トン。1985年時点に 比べて60%以上拡大している。主要生産国はタイ (13.3%)、フィリピン (11.0%)、ブラジル (9.9%)、中国 (8.6%)、インド (7.4%)、コスタリカ、 ナイジェリア、ケニア、メキシコ、インドネシアである。

1985年の世界総生産は923万トンで、主産地はタイ、フィリピン、ブラジ ル、インド、アメリカ、ベトナムなどである。日本では沖縄県が主産地で 2002年時点では1万トンである。

1985年から2002年までのシェアの推移をたどると、米国のシェアが6%から 2%までじりじり下がっていることが特徴である。既に米国は上位10カ国に 含まれていない。2012・11・06


            
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

4日夜は、長期滞在のヴェトナムを引揚げてきたPC師匠の旦那さんを囲ん で『あきら』で一献。生ビール焼酎で盛り上がった。明けてけて5日の 東京湾岸は晴れの予報に反し」曇天。



                         読 者:5587人                           

                         



                      
           
            
                     



 


       
       

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/02/06

    癌治療死→日本では年30万人が虐殺されている!



    (殺す治療)



     少なくとも8割は、抗癌剤、手術、放射線と言う癌治療で殺されたことは間違いない。これらは癌の三大治療と呼ばれている、いわゆる通常の治療である。まず、抗癌剤のルーツは第1次、第2次世界大戦中に大量殺戮に使われた毒ガス兵器(マスタードガス)である。人殺しの化学兵器は、患者を殺せても、治せるわけがない。厚労省の技官も「抗癌剤が癌を治せないのは常識」と証言している。抗癌剤は超猛毒である。その超猛毒に驚いて一部癌が縮小しても5か月でリバウンドし、元のサイズに戻る。放射線も強烈な発癌性があり、それを癌患者に照射することは狂気である。手術も体力、免疫力を激減させる。手術で命を縮める癌患者は後を断たない。医者は悲しいほど無知であり、治しているつもりで殺しているのである。



    (癌死の80%は医療ミス殺人)



     国立大学のインターン医師が亡くなった癌患者を精査したら、その80%は癌ではなく、癌治療の副作用で死んでいた。ちなみに学部長は、その論文を目の前で破り捨てている。「日本では年約38万人が癌で死んでいる」と厚労省が発表している。しかし、実際は、その80%、約30万人は癌治療の名の下に病院で殺されているのである。



    (医者は自分や身内には抗癌剤を打たない)



     内外171人の医者に「自分自身に抗癌剤を打ちますか?」と聞いたアンケートがある。その答えは170人が断固「ノー」だった。そして、彼らは自分のクリニックに来た癌患者には抗癌剤を打つのである。「娘にも妻にも断じて打たせない」と怒鳴った医者が患者には平然と打つ。まさに、悪魔に魂を売った人間の姿がそこにある。なぜか? 

    ある抗癌剤(ペグイントロン)は1グラム、3億3170万円である。1億、2億の薬はゴロゴロある。お金は闇の支配者に怒濤のように吸収されていく。支払うのは私たちである。



    (心の病も体毒で生じ排毒で治る)



     そもそも心の病を薬と言う化学物質で治すという発想が根本から間違っている。「病気は体毒から生じる」「断食は万病を治す」 やはり、心の病も体毒から生じている。その毒素は過食による老廃物である。さらに苦悩・不安・ストレスからアドレナリンやコルチゾールなどの毒素が発生する。その他、食品添加物、農薬、重金属など毒素も心を狂わせる。外部刺激では電磁波の害も深刻である。それらが脳機能を弱めて精神の病の元となる。体毒が原因の病気は、それを排毒してしまえば、確実に治る。あとは汚染されていないピュアな身体が残るからである。脳の病も同じである。排毒された後にはピュアで健康な脳が残る。



    (体毒+薬毒=病気は悪化)



    精神科医は、心の悩みを抱えてきた患者に、物凄い種類と量の向精神薬与える。薬漬けとはまさにこのことである。しかし、患者の脳に溜まった体毒で不調を訴えている。体毒で病気になった人に、薬と言う薬毒を投与する。体毒+薬毒で病気はさらに悪化する。これは精神科だけではなく、あらゆる医療で見られる驚異の愚行である。しかし、このような簡単なことが永遠に理解できないのである。



    (薬で心を狂わせ自殺、犯罪も急増)



     向精神薬の「添付文書」の副作用欄を見ると、腰を抜かす副作用が満載されている。抗鬱剤の副作用「抑うつ」などはお笑いである。「自殺企図」「自殺念慮」とは自殺するということである。「敵意」「攻撃性」などは精神科の薬物療法が、通り魔や家族虐殺などの不可解、残虐な事件の元凶となっている証拠である。さらに向精神薬には「不安」「焦燥」「興奮」「錯乱」「幻覚」「痙攣」などが列挙されている。患者はこれら症状を治したいから医者に行き、投薬で悪化し、重症化している。こうして薬物療法は心を狂わせ、自殺、犯罪も急増していく。「薬は病気を治せない」という事実を心に刻むべきである。



    (輸血は受けてはいけない)



    医者は「輸血は必要だ」と思い込んでいる。「大量出血したらどうやって患者を助けるのか?」と思うはずである。しかし、「水分とミネラル分を補給するだけでよい」のである。この事実に100%医者は苦い顔をして首を横に振る。「血球が欠けているじゃないか」「血球細胞が無くて、どうして輸血になるのだ」と疑問に思う。しかし、その心配はいらない。血球細胞は、身体の体細胞が赤血球・白血球に変化して、血管を満たしてくれるからである。だから、海水を薄めるか生理食塩水を点滴すればよい。医者たちは「初めて聞いた。ありえない」とブーイングの嵐になる。



    (米国防総省(ペンタゴン)はすでに無輸血医療を確立している)



     「水分とミネラルのみを補給すれば大量出血でも救える」これを証明したのが「カントンの犬の実験」である。フランスの生理学者ルネ・カントンは、フランス語で「海」と「母」の発音が同じであることに触発され、「海水こそ生命の源」と気づいた。薄めた海水の中で白血球が自然に成育する様を観察し、確信を深める。次に、愛犬の血液をすべて海水と交換する実験を見事に成功させる。最初ぐったりしていた犬は数日で元気に走り回るようになった。この奇跡の実験を説明するためには、千島・森下学説が必要になる。千島・森下学説は、「体細胞は血球細胞に変化する」ことを証明している。(細胞可逆説)つまり、カントンの犬は、体細胞を血球細胞に変化させて、血液を満たしたのである。この事実に気付いたのがペンタゴンである。イングルウッド病院で約10年間に、約600億円もの巨費を投じて無輸血医療を確立している。輸血は患者の死亡率を倍増させる。さらに免疫不全でGVHD(移植片対宿主病)と言う急死を招く。治療法はなく、確実に死ぬ。その他、エイズ、肝炎など感染症、呼吸困難、肺炎、更に免疫低下で癌も多発させる.血液製剤も同じである。だから赤十字や献血キャンペーンなど、吸血ビジネスも全く有害無益である。

  • 名無しさん2019/02/06

    世界を救う技術

    https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%86%E6%8A%80%E8%A1%93&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjW_OvSnqXgAhVENbwKHUEPChwQ_AUIDigB&biw=514&bih=782

    「移民の受け入れ」に断固として反対する!

    http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2011/01/post-8427.html

    通化事件に巻き込まれた流転の王妃

    http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20101117/1289995135

    櫻井良子の口車に気をつけろ ! / 朝鮮人の帰化を推進する妖婦

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68752820.html

    ウソも100回つけば本当になる

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-139.html

    「子宮頸がんワクチン」で日本の女の子達に障害を負わせる反日売国奴

    https://www.jimakudaio.com/traitors-with-gardasil-vaccines

    慰安婦性奴隷説を言い出したのは職業的反日日本人の男 

    http://ccce.web.fc2.com/ia02.html

    広岡浅子 五代友厚

    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%BA%83%E5%B2%A1%E6%B5%85%E5%AD%90+%E4%BA%94%E4%BB%A3%E5%8F%8B%E5%8E%9A&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjW0NGMoqXgAhUY6bwKHUy1DpoQ_AUIDygC&biw=1097&bih=563

  • 名無しさん2019/02/05

    通化事件

    https://www.google.co.jp/search?q=%E9%80%9A%E5%8C%96%E4%BA%8B%E4%BB%B6&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjyyayrj6PgAhWBXbwKHckiCS8Q_AUIDigB&biw=853&bih=438&dpr=2.25

    捕鯨

    http://melma.com/backnumber_256_6780575

    http://melma.com/backnumber_256_6780573

    http://melma.com/backnumber_256_6780570

    http://melma.com/backnumber_256_6779840/

    コリアン(朝鮮民族、韓国人・北朝鮮人)が認めたがらない歴史的事実

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/e1f0897014374e5340858dfb7f826ce8?fm=entry_awp_sleep

    政治家に金銭を渡す人々

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68750062.html

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68750064.html

    ベトナム戦争における韓国軍

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

    右翼と左翼

    http://cosmo-world.seesaa.net/article/180552211.html

    ワクチンは全てウソです

    https://www.jimakudaio.com/post-1079

    ドプチェク プラハ の 春

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%89%E3%83%97%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%AF+%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8F+%E3%81%AE+%E6%98%A5&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjx3a2sk6PgAhUU5LwKHbmaB1gQ_AUIDigB&biw=1280&bih=657