政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4940 号  2019・1・30(水)

2019/01/30

                                           □■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りや うじらう のメイ ル・マガジン「頂門の一針」4940号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
        2019(平成31)年  1月30日(水)



         民主主義には節度が必要である:Andy Chang

        米国の対中ハイテク輸出規制強化で:宮崎正弘
          
           韓国「青瓦台」襲撃未遂事件:毛馬一三
                
                      話 の 福 袋
                       反     響
                      身 辺 雑 記

━━━━━━━━━━━━━━━
 民主主義には節度が必要である
━━━━━━━━━━━━━━━


         Andy Chang

議会がトランプ大統領の要求した国境の塀を作る資金57億ドルを拒
否したためトランプが国家予算に署名を拒否し、一部の政府公務員が
35日も失職状態となった。

民主党のペロシ議長やシューマー上院議員などは2006年と2013年に
塀を作る予算に賛成投票している。それなのに今ではトランプに反対
するため塀を作る資金をストップしている。

アメリカは国境に塀を作る、作らないの論争を13年以上も続けている。ト ランプがこの長引いた状況を解決するため国会が資金を拒否するなら国家 予算に署名しないという強硬手段を取った。民主党側はトランプの署名拒 否に抵抗しているが、本音は塀を作ると公言したトランプの選挙公約を実 現させないために反対しているのだ。

このように今のアメリカでは反トランプのためとか、政党闘争のため、
個人的な主張を通すために論争を起こし、政治が停頓し社会の紊乱が
続いている。トランプが苦境におちいったと見て来年の大統領選挙に
立候補を発表した民主党政治家は6人もいるが、みんな社会主義的主
張で国民の歓心を買おうとしている。

私は社会主義、共産主義が大嫌いである。社会主義的主張やポピュリ
ズムの勝手な主張は得票に繋がるらしい。例えば減税とか小さな政府
に賛成する人は多くても得票に繋がらない。そのかわり金持ちに70%
の課税とか、大学学費無料、国民健康保険無料などは得票に繋がる。
金持ちは他人のことだから我関せず、政府が金持ちから金を取って国
民に与えると言えば賛成するものが多い。

中間選挙で民主党のアレクサンドリア・オカショ・コルテスが国民健
保無料化と大学学費無料を主張をしてなんと75%の得票率で当選し
た。当選後も不合理な放言が続いているが人気は衰えていない。誰も
オカシイーヨと言わないばかりか、同じ民主党から立候補したエリザ
ベス・ウォレン議員も金持ちに大幅な課税をすべきと発表した。

政府から金を貰うと言えば賛成者が多い。政府の金は何処からくるの
かと聞けば金持ちから、企業から取ればよいと答える。これは共産主
義である。アメリカは資本主義国家である。自由経済が発達している
からこそ今日の発展がある。個人の努力で発達を遂げ、金持ちになっ
たのは自由主義のお蔭であるが、金持ちになったから課税するのは不
合理である。こんな人間が大統領になったらアメリカは大変だ。

オカショ女史はなんと「金持ちは不道徳だ」と喝破した。毛沢東の言
った「黒五類」つまり金持ち、地主、医者、学者などを粛清した共産
党と同じである。言論の自由がコントロール不能となって暴論が多く
なってしまった。サヨクの特徴は理性的な討論をしないことだ。自説
に反対するものはみな間違いで邪悪だと言う。

ペロシ国会議長は「トランプが主張する国境に塀を作ることは不道徳
だ」と喝破した。国境を守るのは大統領、国民全体の責任であるのに
反対する理由がどこにあるのか。国境に塀を作ると言ったトランプの
選挙公約を実現させないために反対するペロシの方が不道徳である。
ペロシ個人のトランプ憎悪で権力乱用になってしまったのだ。

民主主義だから言論の自由、行動の自由があると言うが勝手な言論や
行動で社会の紊乱を招く。今のアメリカでは毎日のように各都市でい
ろいろなデモンストレーションが起きている。曰く、女性の権利、黒
人の権利、同性愛者の権利、堕胎の権利、胎児の生きる権利など。数
百人から数千人の群衆が集まって街頭デモを行っても効果があるのだ
ろうか。しかも群衆デモが暴徒化して破壊行動に移った事例が少なか
らずある。

デモ群衆の主張に同感を覚える人と反感を覚える人の比例はどれぐら
いか。言論の自由から行動の自由に発展しても国民が賛成より迷惑の
方が多いと思う。自由とか権利を主張するが、不合理な主張や破壊行
為や社会の紊乱を招くのはダメだ。民主主義のもとで言論や行動の自
由には節度が必要である。

民主自由は国家社会の安全と平和を守る範囲内と限定すべきである。
おのれの自由は他人の自由を妨げるべきではない。行動は社会の動乱
を招くべきではない。今の民主主義はどんどんサヨクが増えて社会主
義化を抑えることが出来なくなっている。行き過ぎた自由を節度のあ
る自由に改善するにはどうすればよいのか。

       

━━━━━━━━━━━━━━━━
米国の対中ハイテク輸出規制強化で
━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成31年(2019年)1月26日(土曜日)
         通巻第5970号    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 米国の対中ハイテク輸出規制強化で日本、台湾、韓国経済も直撃
  ハイテク製造メーカーは株価大下落、好況見通しは去った
********************************

米国は対中技術輸出に厳格な規制を導入する。運用次第では対中輸出が困 難になる。
とくに14分野の先端技術に絞られ、法の淵源は「国防権限法」である。

規制されるのはAI、バイオ、測位テクノロジー、マイクロプロセッ サー、次世代コンピュータ、データ分析技術、ロボット、先端的材料な ど。その多くは日本企業に関連が深く、ましてICなどは米国の基本特許 であるケースや、クロス・ライセンス契約による技術が目立つため、実際 には米国が国防権限法の運用を強めれば強めるだけ、日本企業の対中輸出 も自動的に縮小する。台湾、韓国も同様な影響を受ける。

加えて「アップル・ショック」の到来だ。

 アップルのティム・クックCEOは、1月4日に「2018年第4四半期の スマホ売り上げ激減」と発表したため、市場は株価激安をしめした。また 「2019年第1四半期の生産予定は10%減らすことになる」と衝撃的予測を 語った。

ちなみにピーク時の18年10月3日から、2019年1月8日までの株価激減率は
 
 TDK      ▼38・2%
 アップル     ▼35・0%
 サムソン     ▼28・5  (韓国)
 鴻海精密     ▼25・9  (台湾)
 日本電産     ▼25・5  (日本)
 マイクロソフト  ▼25・3
 村田製作所        ▼18・8%  (日本)
 TSMC         ▼17・1   (台湾)
 テキサツインスツルメント ▼12・8  

このアップル・ショックという下方修正見通しは日本、台湾、韓国という スマホ部品、中枢部品、液晶パネル、高純度材料、組み立て、販売という ビルトイン・システムを根底的に揺らすことは明らかであり、アップルは 時価総額趣意の座から転落し、マイクロソフトに譲った。村田製作所も部 品出荷激減を認めた。

またシャープを買収した液晶パネルなどの大手「鴻海精密工業」は河南省 鄭州工場で5万人、ほかの工場を含めて、とりあえず10万人のレイオフを 実行した。


 ▼「ファーウェイはスパイ機関だ」。トランプ政権、規制強化の姿勢かえず

1月15日に米連邦議会の超党派議員が強力な中国制裁法案を提出した。こ れは大統領権限強化という法の淵源をさらに強化し、米国の輸出管理法違 反の中国の通信メーカーを制裁する目的をもつ。

米国がほぼ合意しているのは「ファーウェイはスパイ機関だ」という確定 的分析であり、ファーウェイ、ZTE以外の通信メーカーにも対象を広げる。

すでに1月16日のウォールストリートジャーナルが報じたところでは、 ファーウェイが米国携帯で第3位の「TモバイルUS」が企業機密(管理 ロボット技術)を盗まれたとして、2014」年に民事訴訟を起こしている経 過に当局が強い関心を示しているとした。

慌てたファーウェイ創業者の任正非は数年の沈黙を破って記者会見し、 「共産党に命じられたこともなければスパイ行為などしたことがない」と しらを切ったが、「それなら、なぜ共産党員なのか。党の方針に従わない 党員はいないのではないか」等とする記者団の質問には答えなかった。

米国はカナダで拘束中の孟晩舟ファーウェイCFO(創業者の娘)の送還 を正式に要請した。中国は真っ青になって反論し「国際法違反だ、反対で ある」などと支離滅裂な駁論を展開した。

これらのニュースが日本市場にもたらした心理的悪影響は、「日本電産 ショック」となった。日本電産の永守重信会長は「2018年10月から異常な 注文減少に直面している。未曾有の注文減少だが、中国ばかりか欧州でも ビジネスが悪化している」と記者会見した。

かくしてアップル・ショック、日本電産ショックと連続し、不況入り本格 化という衝撃を証券界にもたらし、関連する企業の株価が下落を演じる場 面があった。

日本電産はすでに2019年3月決算の売り上げを350億円マイナスに下方修 正しており、ほかに安川電機、日立建機などが売り上げの下方修正を発表 した。

 日本企業は決算のピークを控え、日本電産の大幅下方修正に続いて中国 依存度の高いミネベア、ダイキン、信越化学、SMC、マブチなどを直撃 した。翌日からも新日鉄住金、ファナック、コマツなどの株価を揺らした。

先行きは暗い。



━━━━━━━━━━━━━
韓国「青瓦台」襲撃未遂事件
━━━━━━━━━━━━━


       毛馬 一三

全国版メルマガ「頂門の一新」主宰の渡部亮次郎氏が、以前掲載された 「歴史の現場に立ちながら」を拝読し 北朝鮮ゲリラによる韓国大統領府 「青瓦台」襲撃未遂事件のことを改めて思い出した。

私がNHK大阪府庁記者クラブのキャップをしていた折、同事件に深い関 心を覚えたため、単独で渡韓し、旧知の韓国有力新聞社社長の紹介で韓国 政府公安機関の要人と面会し、事件「詳細」を“取材”した。

勿論休暇をとっての私人的行動だった。その取材内容は立場上「公」には 出来なかったが、思い出した序でに「ドキュメント小説風」に纏めた当時 の「取材メモ」を探し出した。ご参考までに下記に添えておきたい。

韓国青瓦台奇襲は、1968年121日夜10時を期して決行する命令が、金日 成首領から金正泰を通じて出された。青瓦台奇襲部隊は組長の金鐘雄大尉 (事件後4日目に射殺)ら31名で、唯一生き残った金新朝も一員だった。

全員が機関短銃1丁(実弾300発)、TT拳銃1丁、対戦車手投げ弾1発、防 御用手投げ弾8発と短刀で武装した。

奇襲部隊は、1組が青瓦台の2階を奇襲して朴正煕大統領と閣僚を暗殺、 2組は1階を襲撃して勤務員全員を殺し、3組は警備員、4組は秘書室全 員射殺というのが任務だった。

16日の午後、黄街道延山基地を出発。途中軍事休戦ライン南方の非武装 地帯を緊張しながら訓練通り過ぎ、ソウルに真っ直ぐのびる丘陵を辿っ た。歩哨所や検問に遭遇しなかったため。金組長は「南」の士気が乱れて いる所為だと勘違いした。このため、31人全員が隊列を組んで堂々と行軍 するという行動に出た。

だが行軍しているうち、「戸迷い」にぶち当たった。所持した地図に従い ソウルにいくら接近しても、「北」で教育されたような荒廃している筈の ソウル市街は21日の夜になっても現れてこない。

南下すればするほど煌々とした市街地が現れてくるばかりだ。「これはソ ウルではない」。「じゃ、一体ここは何処なんだ」。「北」の教育が間 違っているとは一瞬たりとも気付かないミスを更に重ねた。

その上に韓国軍の服装、装備に身を固めている限り怪しまれることはない と思い上がった金組長が、敵地で初めて出会った韓国人2人に「訓練中に 道に迷ったのだが、ソウルに行く道を教えてくれないか」と、呆れた質問 をしている。

奇襲隊に遭遇した2韓国人は、ソウルへの道筋を教えたものの、不審に 思った。眼下に広がるソウルを韓国軍が見つけられない筈はない。発音も 韓国訛ではない。まして前年6月から「北」の武装スパイが上陸して韓国 軍から射殺された事件を2人は知っていた。2人は急ぎ山を降り、警察に 通報した。

奇襲隊は21日夜9時、ソウル北方紫霞門の坂道を通過しようとして、警察 の検問にひっかかった。尋問を受けた奇襲隊は慌てて機関短銃を乱射し、 市バスと民家に見境なく手投げ弾を投げた。

奇襲隊は、青瓦台の800m手前まで迫りながら、韓国軍と警察の掃討作戦 によりちりじりに撃退された。2週間に及ぶ掃討作戦により、金新朝1名が 逮捕され、他は全滅させられた。この銃撃戦で韓国側は、崔警察署長を含 め68名が死亡している。

序でながら私の「メモ帳」には、青瓦台襲撃に失敗した「北」が、10ヶ月 後の11月2日、襲撃組長金鐘雄大尉ら31名の同期生120人のいわゆるゲリラ 別斑が、韓国慶尚北道蔚珍郡と荏原道三に海上から「南」に進入している。

このゲリラ隊は、山岳地帯の小部落を武力で占領、赤化せよという工作命 令を受けていた。部落民を集めて赤化を強要する「部落拉致事件」。事実 従わない者は短剣で刺し、石で殴り殺すという虐殺を行っている。

「共産党は嫌い」と叫んだ李承福という10歳の少年の口を引き裂いて殺し た。断崖絶壁をロープでよじ登り、部落を占領して住民を」拉致し、赤化 地帯にするという想像を絶するこの「北」のゲリラ事件は、何故かわが国 では余り知られていない。

渡部氏は、<私も同様だが、青瓦台襲撃未遂事件、文世光事件がつながっ ておることを系統的に追跡取材する必要性を感じなかった。これらの事件 が「北」による日本人大量拉致事件とつながっていると考える記者は知ら なかった>と言っている。

<文世光事件をして、北による日本人拉致事件を予想出来る態勢が大阪府 警にあったかどうか。その取材を指揮できる記者かデスクがいたか>とも 指摘されている。

「メモ帳」を繰り返し見返しながら、私自身もそこまでは考えもつかな かった。

<今回の拉致事件担当相による売名パフォーマンスをマスコミが非難しな いのは自らの足許が暗いからである>という指摘は、まさにその通りだと 思う。(了 再掲)



            
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

 ◎中国における紙・板紙の需給の一考察:前田正晶

先日は中国の人口1人当たりの名目消費量について考えて見たが、世界の 先進工業国における傾向としてICT化というかデイジタル化の急速な普及 で印刷用紙の低迷や情報用紙の伸び悩みがある。では、世界最大の製紙国 でありアメリカに次ぐ世界第2位の経済大国の中国では使い捨ても含めて 食品と液体容器関連の需給が如何なる次元にあるかを考察してみた。

食品包装関連の原紙の動向:

食品包装用の板紙(一般的にはボール紙と言えば解りやすいか)関連や液 体容器(ミルクやジュースのカートン紙パック用)の原紙に需要について は、私の在職中の1990年代前半にはW社では中国を全く除外して考えてい た。その理由はあの13億もの人口から考えれば可能性はあると承知はして いても常温流通しか普及しておらず、低温流通機構(chilled distribution system)が存在していない段階にある国だったからだった。

現実には1994年1月末でW社をリタイアーしてから初めて訪れた中国には、 スウエーデンが誇る世界的な多国籍企業であるテトラパックの紙容器(商 品名・テトラブリック等)の常温流通の液体容器しか見当たらなかったの だった。

これは、スーパーマーケット等の大規模小売業の店内には未だ冷蔵販売用 のケースが導入されていなかったということでもある。より具体的に言え ば、屋根型の牛乳やジュース用のパックであるアメリカのピュアパック (登録商標)は常温流通では輸送も店頭の陳列も出来ないので、それ専用 の原紙のメーカーであるW社等のアメリカの大手製紙会社の出番はないと の判断の基となっただと考えていた。

ところが、世界最大の製紙会社であるアメリカのInternational Paper(IP)は進出に踏み切り、1990年末期に中国の大手である太陽紙業 との合弁で、液体と食品容器専用の板紙の工場を新設して、それ専用の大 型マシンを導入しただった。このマシンの能力は40万トン/年という当時 の日本全体の牛乳パック容器の需要の倍以上もある驚異的な規模だった。 IPは後年に同じ規模のマシンをもう1基設置していた。個人的には「無理 がある投資では」と思って見ていた。

果たせるかな、流石のIPも見通しを誤っていたかのようで、昨年にはこの 合弁事業から手を引き、(ここでも個人的な観測では、IPと雖も撤退する には中国政府相手の手続き上はさぞかし苦労した事だろうとお察ししてい る)中国市場から撤退してしまった。撤退の理由は公開されていないが、 単純に判断すれば「低温流通機構の発展未だし」と「テトラパックの常温 流通用の容器の方が有利だった」となるのだ。

アメリカ国内の紙・板紙の需要の将来を悲観的に見て、2007年に「今後は 将来性がある海外における設備投資しかしない」と大見得を切ったIPがこ の状態であるから、如何に将来性があると見えても高級な白板紙(液体容 器と冷凍食品等の容器向けの高品質で高コストの原料を使用した原紙)の 需要が中国で現実のものとなるのは何時のことか、実務から離れた私には 予測は極めて困難なのである。

高級板紙とは:

少し専門的な説明になるが、IPが中国から撤退した原紙について考察して みる。この40万トンマシンは察するに液体容器用原紙(牛乳やジュース等 用)と、冷凍を含めた多色印刷を施した食品包装用の高級な板紙のみを生 産するものだったのだろう。であれば、恐らく故紙を配合した一段階下の 板紙は生産しなかったのだろうから、故紙を集めてリサイクルしてパルプ に戻す処理をする設備を導入していなかったと見る。とすると、常温流通 用の容器には高品質と高価格過ぎて不向きなSBS(英語の説明は省くが、 高級な晒しパルプのみを原料とする白い板紙のこと)しか製造できなかっ たのだろう。

液体容器用原紙(ミルクカートン用原紙)はアメリかではFDAが、我が国 では食品衛生法の規定で故紙の配合が許されていないので、業界用語で言 う「高板」(=高級白板紙、英語の呼称はSBS)の部類に入る原木は針葉 樹の繊維のみの晒しクラフトパルプ(我が国での通称はNBKP)を原料とし た板紙であるから、上質紙(我が国で一般的に模造紙と言われている紙) よりも原価は高い上に、液体を入れる為に両面にポリエチレンのフィルム がラミネートされているので、完成品は高価な板紙になる。

そのような高級品の需要先は限定されていて、生産すれば何処に向けても 売れるなどという製品ではないのだ。故にW社では液体容器用の需要のみ に特化した原紙の製造販売に集約していた。即ち、販売先は低温流通機構 が備わっている国に限定され、究極の最終需要家は乳業会社となる次第 だ。因みに、私が知る限りの低温流通機構が存在する国とは、アメリカ、 日本、オーストラリア、EU圏内の諸国、北欧、韓国くらいのものだった。

一方の冷凍食品等の容器の原紙は必ずしもSBSではなくとも良いのだ。そ れは、包装乃至は充填される冷凍を含めた食品等が包装容器である板紙と 触接に触れることがないからである。従って、その容器には殆ど業界でい う「裏鼠」(ウラネズ)という表が漂白されたパルプで構成されている印 刷面で、裏面は新聞用紙の故紙を再生したパルプを使った業界でいう「白 ボール」が使われていた。鼠色になっている理由は新聞用紙をそのまま再 生するので、黒かったインクが紙の繊維に混じって鼠色となっているだけ のこと。コスト的にはこの紙の方が高価なNBKPの配合が少なく、故紙を 使っている分だけ安価になる仕組みだ。

私はIPも中国の太陽紙業も共に、古紙再生用の設備への投資をしなかった と推察している。これはその為の高額の設備投資も必要だし、1年365日24 時間稼働しないと採算が合わないので避けたのだろうし、1年間通して古 紙再生パルプを生産しても自社で使う見込みも立たなかったと考えられる。

結局、アメリカでも我が国でも需要先が極めて限定された液体容器用向け のSBSを、中国で生産・販売しようとしたのは見込み違いだったか「時期 尚早」の何れだったかかも知れないし、あるいは両方だったのかも知れな い。我が国では過去・現在を通じてこの原紙の生産に乗り出したメーカー はなかったと言って誤りではない。それは大型マシンで高品質の原紙を生 産しない限り買い手も付かず、採算が取れず、国内にはそこまでの需要が なかったということでもある。IPは既にアメリカ市場から手を引いてし まっていたし、W社もこの事業を一昨年で売却していた。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

30 日の東京湾岸はまずまずの天気。29日夜は、行徳の焼き肉店でPCの師匠と懇談。


                      読 者:5587人
           
            
                     



       




       
       

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/01/30

    Andy Chang氏は不労所得と勤労所得の違いがわかってないんだな。

  • 名無しさん2019/01/30

    戦慄の副作用スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)



    (パブロン一錠で主婦が死んだ)



     風邪薬を一錠飲んだだけで、死ぬこともありうる。1997年、熊本の主婦A子さん(30代)は健康そのものの主婦だった。風邪気味だったので大正製薬のパブロン錠剤を一錠飲んだところ、彼女は突然高熱に襲われた。皮膚全体に異常な水ぶくれが出現し、全身がただれる重症の皮膚症状が現れた。ただれは、口内にまで及び、入院1か月後に、苦悶の内に息を引き取った。彼女はアレルギー体質も無い普通の主婦だった。それが風邪薬一粒で命を落としたのである。コルゲン(興和)でも死亡事故が発生し、遺族は約1億5000万円の損害賠償の裁判を起こしている。



     Aさんを襲った異常な重大副作用とは、スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)と呼ばれ国際的にもよく知られている。2012年6月、厚労省の発表によれば、SJS被害者は、死亡例131人、発症者は1500人に達している。(これは副作用として報告した例のみである。だから、犠牲者はこの100倍、1万3000人はいる。)



     研究者によれば、原因になりやすい薬剤は特定されている。「アセトアミノフェン」(鎮痛剤・解熱剤は配合されている)「イブプロフェン」などである。その他、「降圧剤」「抗生物質」など約1000種類の薬剤で発症した。



     お手元の市販薬の「添付文書」を見ると、風邪薬、解熱剤、鎮痛剤、向精神薬、降圧剤など重大副作用「SJS」とあるはずである。どんな薬でもSJSを発症する恐れがある。さらに恐怖は、「発症メカニズムは不明」と言う事実である。なぜ、発症するのか分からない。それなら、これらの医薬品の販売は中止すべきである。風邪薬は風邪を治さず、痛み止め薬も知覚神経を麻痺させるだけである。向精神薬など病気を治せるはずがない。



    (糖尿病は食べなければ治る)



     糖尿病で病院に行くと、医者は必ずこういう。

    「三食しっかり食べてください」→三食しっかり食べたから糖尿病になったのである。耳を疑う専門医の発言は「糖尿病は治らないのです」がある。つまり、糖尿病専門医は、生まれてこのかた、一人の糖尿病患者も治したことがないと胸を張って堂々と言っているのである。「ではどうしたらいいのでしょうか」と聞くと、「いい薬があります。気長にやっていきましょう」と答える。医師のいい薬とは血糖降下剤とインスリンである。つまり、一生飲みなさい。打ちなさい。こう言っているわけである。その先に、糖尿病悪化で末梢血管が詰まるため失明、心臓病、脳卒中、さらに腎不全から透析へと悪魔が道案内してくれる。そして足切断・・・・・、最後は癌が待っている。



     「糖尿病の原因は何か?」と質問すると医師は答える。

    「糖尿病は遺伝しますから治らないのです」→これも全くの嘘である。「糖尿病学」(西村書店)に、「糖尿病は遺伝しない」と言う論文が掲載されている。そのことすら糖尿病学会は気付いていない。



     糖尿病の原因は、過食、動物食(肉食)、運動不足、甘い物である。だからこの4つを避けることである。糖尿病と診断され、15年間インスリンを打ってきた岡田正史さん(62歳)は、一日一食にすることで半年で完治させた。



    (高血圧も180を130に下げ大量病人狩りを行っている)



     安保徹先生は、「これが俺の血圧だ。200以上ある」とにっこり笑う。「正常な血圧は、人それぞれ違う。それを無理やり薬で下げたら、ダメである。体は必要だから血圧を上げようとしている。それを薬で無理に下げると体は心臓の脈拍を上げて血を流そうとする。ピッチで稼ぐのだ」 世界的に有名な医学者でも、血圧は薬で下げてはいけないと断言している。

    ところが、日本人の70歳以上の二人に一人が、「降圧剤」を処方されている。ここでも医者の言うままにされている。

    なぜ、飲むのか? →ある人は「会社の健康診断で医者に言われた。降圧剤を飲みますか?死にますか?」 こうなると脅迫商法である。



     なぜ日本人は「降圧剤」漬けになったのか? 

    それはメタボ基準の陰謀が背後にある。2008年からメタボ検診がスタートし、そこに悪辣な陰謀が潜んでいた。戦後、高血圧の定義は、最高180と一定した。ところがいつの間にか130まで下げられた。高血圧症の定義を下げれば患者が急増する。すると、医者は堂々と「降圧剤」を処方できる。まさに医療詐欺ペテンである。しかし、メディアでは批判する声は上がらなかった。マスコミは、洗脳装置だからである。



     「降圧剤」はその毒反応で血圧を下げるものである。だから、副作用も凄まじい。死ぬ場合もある重大副作用は、腎不全、脳梗塞・・・・更に意識喪失、肝障害、頻脈、動悸、排尿障害、頭痛、貧血、低血圧症、不眠・・・など数えきれない。極め付きはED(勃起不能)である。180以上の高血圧患者に、治療を施したら、何もしない場合と比べて死亡率が5倍激増したという衝撃警告もある。血圧が気になったら、菜食にシフトすれば、血管は若者と同じになる。



    (心臓病は「菜食」「少食」で治る)



     心臓病の原因は、心臓を動かす筋肉を養う血管が詰まるである。これらは、冠状動脈と呼ばれている。なぜ詰まるのか? 

    それはネトネトした汚れが詰まらせるのである。これらを「アテローム」と言う。冠状動脈の一部が詰まれば、狭心症、全部詰まれば心筋梗塞である。ではなぜネバネバが生まれたのか? 

    ズバリ肉食が原因である。

    「菜食主義者の食事は、心筋梗塞の97%を防いでくれる」→これは「米医療協会ジャーナル」の記事である。



     アメリカのフィリップス博士の研究チームはセブンス・デイ・アドべンティスト(SDA)と言うキリスト教の一派に着目した。その教義は菜食主義を勧めている。調査対象は約2万5000人。さらに同じ数の普通のアメリカ人も対象群として選ばれた。その結果、一般人の心臓病死亡率を100%とすると、菜食主義者は12%だった。彼らは肉、卵、牛乳も食べない菜食主義者だった。 



    バターや肉脂肪などの動物性脂肪を多くとると心臓病で死ぬ。カロリー中に占める動物脂肪の割合が増えるほど、心臓病が比例して増えていく。こうなると「脂肪率」=「死亡率」である。アメリカ男性の心臓発作による死亡率は、中国男性の17倍である。ちなみに同じ調査で乳癌死は、アメリカ女性は中国女性の5倍である。しかし、これらの衝撃事実もマスコミは一切流さない。

  • 名無しさん2019/01/30

    3代目以降に特別永住者の地位を認めない事

    https://www.google.co.jp/search?q=%EF%BC%93%E4%BB%A3%E7%9B%AE%E4%BB%A5%E9%99%8D%E3%81%AB%E7%89%B9%E5%88%A5%E6%B0%B8%E4%BD%8F%E8%80%85%E3%81%AE+%E5%9C%B0%E4%BD%8D%E3%82%92%E8%AA%8D%E3%82%81%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BA%8B&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwisosKXhJTgAhWMVbwKHbWjCjYQ_AUIDygC&biw=1280&bih=620

    富裕者への課税問題避けて通れず。

    https://twitter.com/magosaki_ukeru/status/1088797905429848065

    厚く御礼、熱く警告。難民が来たときには終わってます。 

    https://ameblo.jp/japangard/entry-12434481480.html

    各都道府県で面白い動きになってきました。

    https://ameblo.jp/yamada-masahiko/page-2.html

    ベビーパウダーの発ガン性、わかっていた

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?page=12&cid=11

    【拡散】漫画でわかる外国人特権 日本人への結婚差別https://samurai20.jp/2019/01/relateddocuments3-3/

    マスコミが報道しないリビアの真実

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/1007c4ba26b001c4badda89551d727a6?fm=entry_awp_sleep

    「はげ山」が朝鮮を滅亡させた(転載)

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-87.html

    あなたのために弾きたい

    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E5%BC%BE%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjz-abtjZTgAhVFO7wKHSXzCLYQ_AUIDygC&biw=853&bih=413&dpr=2.25