政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4907 号  2018・12・28(金)

2018/12/28

                                                 
□■■□──────────────────────────□■■ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4907号
□■■□──────────────────────────□■■□

        
        2018(平成30)年  12月28日(金)



              世界各地で高まる緊張:加瀬英明

              北京の大学で爆発事故:宮崎正弘

      横暴中国に抗議し、日本人を取り戻せ:櫻井よしこ             
                     
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


━━━━━━━━━━
世界各地で高まる緊張
━━━━━━━━━━


     加瀬 英明

日本は生まれ変わらなければならない。米国に一方的に頼る時代は、終 わった。

トランプ政権は、米国が世界を一手に守ってきた重荷を軽くして、ヨー ロッパや、日本などの同盟諸国が分担することを求めている。

多くの米国民が、外国を防衛する重荷を担うのが、不公平だとしている。

米国は国防費にGDP(国内総生産)の3.1%を、支出している。

ところが、オバマ政権下でNATO(北大西洋条約機構)に加盟するヨー ロッパ27ヶ国が、GDP2%を国防費にあてると約束したのにもかかわら ず、約束を守っているのは、イギリスなど7ヶ国だけで、ヨーロッパ第一 の大国のドイツは、1.2%でしかない。

11月にワシントンを訪れた時に、トランプ政権の関係者と会食したが、な かに国家安全会議(NSC)の幹部がいた。

「ドイツの国防費は、1%ちょっとにしかならない。ドイツ国民が自分の 国の価値が、それしかないと思っているなら、どうして米国の青年がそん な国を守るために、血を流す必要があるだろうか」と、いった。

 日本はNATOの計算基準を当てはめると、防衛費として1.15%を支 出している。
 
ここで、私は「防衛費」という言葉を使っていることに、注目していただ きたい。「国防費」ということが、許されないからだ。

 日本は現行の「日本国憲法」のもとで、「国防」は米国に委ねて、自衛 隊は米軍を補助して「防衛」に当たることになっている。米国が日本の国 防の主役であって、日本は傍役(わきやく)なのだ。

 日本国民は非常の場合には、アメリカが守ってくれると思い込んでいる から、国防意識が低い。

 緊張がたかまっているのは、日本がある東アジアだけではない。ヨー ロッパでは、いつ、ロシア軍がバルト3国や、北欧を奇襲するか、緊迫し た情況が続いている。中東も予断を許さない。もし、イランがペルシア湾 の出入り口を封鎖すれば、米軍が出動する。

 米国はもはや同時に二正面で戦う能力を、持っていない。もし、米軍の 主力がアジア太平洋からヨーロッパか、中東に移動したら、日本の周辺が 手薄になる。

 日本が平和を享受し続けるためには、国防に真剣に取り組まねばならない。

憲法を改正して、自衛隊を保有することを書き込むことを、急がなけれ ばならない。



     
━━━━━━━━━━
北京の大学で爆発事故
━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)12月27日(木曜日)
          通巻第5930号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

北京の大学で爆発事故、学生3人が死亡。テロか
  大学の実験ラボの安全無視、管理のずさんが事故を多発させている
*********************************

12月26午前、北京の交通大学環境技術学部の実験ラボで爆発事故が起こ り、実験に加わっていた学生3人が死亡、十数人が負傷した。

大音響の爆発音で付近の住民が騒ぎ出し、「テロか」とする噂がネットで もさかんに飛び交ったという。

消防車、救急車が出動し、事故の原因を究明中と警察の発表がなされた。

交通大学の実験ラボでは都市環境のエンジニア開発のため、下水処理の化 学実験が行われていた。

爆発物や劇薬の管理の安全性軽視、杜撰な実験の運営などが遠因となった。

この日、天津では人権派弁護士の裁判が非公開で行われたため、海外メ ディアは天津の裁判所前に集中していた。このため首都北京でも爆発事故 はニュースにもならなかったが、つい1ヶ月前にも南京大学の泰洲キャン パスにある化学実験室で爆発事故がおこり、学生ひとりが死亡している。
 
2015年には名門、清華大学でやはり高圧シリンダーの実験に失敗し、学生 ひとりが死亡した事故があった。

テロと騒がれたのも、直前に福建省の龍岩市でバスジャック事件がおこ り、ナイフをもった男が車内で8人を刺殺し、22人を負傷させた。
 社会不満の爆発が、こうした通り魔的テロリズムを蔓延させているのか もしれない。

      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIE
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

教祖のボディガードが17年の懲役刑を終えて思うことは
教祖の霊的能力への懐疑から、脱走へいたる心理の変化、

  ♪
冨田隆『オウム真理教元幹部の手記』(青林堂)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

著者は嘗て麻原のボディガードだった。教祖の言動を最近距離でみてきた 男は、オウムに何を見て、最後に麻原の狂乱の日々がいかなるものであっ たかを悔恨をこめて綴った。著者は松本サリン事件に関与したため懲役 17年、その出所後に過去を振り替えし、あの時代に一体何がおきていた かを赤裸々に語っている。

最初の出会いはヨガ道場を開いていた麻原のもとへ面談に行ったときだっ たという。

「麻原からくるパワーはもの凄く、感じたことのない気を感じたので、そ の場で入会する」

しかし徐々に麻原の「最終解脱を名乗ってしまうところに、ある種の厚か ましさと傲慢を感じていた」。

覚めていく。サティアンからラ逃げようと思っていた。

「私も、ボディガードをしているうちに、昔はあんなに強かったはずの麻 原の霊的能力がどんどんなくなっていき、今では殆どゼロだということに 気づいていました」(135p)。

本書はやや自己弁護的なところもあるが、内側からみた教祖の狂乱、その 教祖の霊的能力への懐疑から、脱走へいたる心理の変化が綴られていて、 心理学的側面に興味を抱きながら読んだ。
            
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)いよいよ来た。アメリカ株の急落。私(50代)は1990年の 日本株崩壊を思い出してしまいます。

当時は20代でした(遠い視線//)。但し今回は現物売り・225先物買い戻 しのアビトラは無し。また土谷の総量規制や三重野の金利引き上げ逆噴射 も無し。第一次湾岸戦争に相似するものが発生する可能性は高まった。
 大発会に注目しておりますが、おそらく資本市場にとってはブラック 2019年になるのではと予想しております。

御代替わりや7月の衆参同時選など。日本もゆっくりこっくりと変わりつ つあります。特にWEBの寄与が高い。歴史的な転換点が来年なのかもしれ ませんね。

 以下に問題点を羅列してみました。

こういう問題点が資本市場下落の要因。これらが払しょくされれば、新時 代の夜明けと考えます。まずはご破算。歴史・経済のTUNAMIに注意です。
・FRB(国際資本家≒ウォールストリート、シティ)による米金利引き上げ
・米中経済戦争。シナ共産党締め上げ政策。
・シナの明確な景気後退。現在はスタグフレーション(不景気+高関税イ ンフレ)の最中。
・原油相場低迷によりロシア経済悪化、サウジは?
・ドイツ銀行問題、メルケル政権のレームダック化
・EU崩壊への懸念、通貨ユーロへの懸念
・リーダーシップ無きイギリスEU脱退の混乱
・トランプ政権の揺れ(マティス国防長官解任)
・潜在的、戦乱発生のリスク高まる
・アメリカ株大幅安で市場からマネー(時価総額)消滅(銀行の信用創造 と逆の効果)
・特に、オーバーバリューだったナスダック市場のGAFA崩壊。当面は終了。
・そして、日本をはじめとする各国への株安伝播
・短期的には年末・クリスマスで買い手の不存在。資金量のない短期デイ トレ資金のみ動く。
・よって、大発会は投資家心理にとって重要。
・一方、ゴールド市場は8月の1178ドルから現在1260ドルへ反騰。但し、 2011年の1900ドルレベルからはまだまだ安く堅い。
・割安だった基軸通貨ドルを支える世界最大の債権国通貨・円はリパトリ エイトからか110円台へ 円高方向へ。一方、シナ景気後退と資源安から 豪ドル他の資源国通貨は対ドルで下落へ。
・新興国通貨ではいままでは経常収支赤字国の通貨が急落してきたが、こ れからは経常収支黒字国の通貨も危なくなると予想します。
   (R生、ハノイ)



  ♪
(読者の声2)大晦日特番のお知らせです。12月31日午後11時。
日本よ、いま。討論激論番組。
テーマ「安倍政権の功罪を問う」
          
             記

放送日   12月31日 23:00
      日本文化チャンネル桜、インターネット放送SO―TV、 ユーチューブ、
      ニコニコ動画で配信
パネリスト(五十音順、敬称略)潮匡人、加藤清隆、古森義久、高橋洋一
西岡力、藤井総、宮崎正弘
司会 水島総
  ♪
(読者の声3)貴誌前号の「SSA生」様のフリーダムとリバティーの区 別についてのご意見がありましたので以下ご参考まで。

リベラルの意味を調べていますが、先般幼少から米国育ちの日本人女性と 話したところ、リベラルには、権威や規制からの自由という意味であり、 普通一般の自由とは違うということでした。そこで考えたのは、リベラル とは解放と訳すべきなのではないか、ということです。

自由は「野生のエルザ」のような自由です。もとは旧約聖書でエジプトに とらわれていたユダヤ民族に対し指導者が我々は本来自由の民なのだ、と 言ったのが起源だそうです。リベラルよりも大きな概念なのでしょう。
 米国の自由の女神は、フランスの啓蒙主義者から贈られた像ですが、有 名な革命暴動の先頭に立つ絵を見ると、これは「解放の女神」とすべきで はないか、と思います。

その方が実感があります。仏革命のスローガン「自由、平等」も「解放、 平等」と訳すべきではないかと思います。

大体。自由と平等は矛盾しますから。

リベラル主義の民主、平和、平等などの用語は一般に概念の範囲が広すぎ るので、意味が不正確になり実際には総論賛成、各論反対になります。リ ベラルもその一つです。これはリベラル用語はその概念そのものが悪いわ けではないのですが、そのあいまいさが悪用されるのが問題ということで す。(落合通夫)
  ♪
(読者の声4)日本がついに国際捕鯨委員会から脱退するというニュー ス。敗戦国として欧米の偽善に長年付き合ってきたものの愛想が尽きたの でしょうか。

反捕鯨運動はもともとベトナム戦争当時のアメリカが枯葉剤の使用を国連 で非難されるのをそらすためのでっち上げだという説があります。

ドナルド・キーン氏の本には第2次大戦後のイギリス留学時代にクジラの ステーキが出てきたけれど、固くて食べるのに苦労した話があります。
中世イギリスではクジラを食べていて沿岸のクジラは王室のものとされて いた。調理技術の未熟なアングロサクソンでは、わらじステーキくらいし かなかったのでしょうか。

日本の鯨食は竜田揚げや鯨カツ、刺し身に煮込みと多彩です。小学校の頃 の給食では竜田揚げの記憶、家では鯨カツを醤油で食べるのが好きでした。

アメリカの捕鯨は油をとったら残りは捨てるだけ。
冷凍設備ができるまでのアルゼンチンの畜産は牛の革をとったら残りは捨 てるだけ。クジラを保護しすぎて漁業資源が枯渇したらオーストラリアな ど手のひら返しで捕鯨再開しろと言い出すかもしれません。
白人の傲慢さは昔から変わりませんね。(PB生、千葉)

      
━━━━━━━━━━━━━━━━━
横暴中国に抗議し、日本人を取り戻せ
━━━━━━━━━━━━━━━━━


            櫻井よしこ

中国共産党機関紙「人民日報」系で、国際版もある「環球時報」のもの凄 い社説から、中国の正体が見える。

12月1日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長、孟 晩舟(もうばんしゅう)氏が米国の要請によってカナダで身柄を拘束され た。11日に保釈されたが、現在も24時間監視態勢下に置かれ、カナダから 出国もできない。米国への引き渡し手続きはこれからだろうが、中国は政 府を挙げて引き渡し阻止に動いている。

「環球時報」は孟氏逮捕当初から非常に強い関心をもって何本もの社説を 掲げているが、直近の12月15日のそれは中国得意の政治的恫喝の典型だった。

一連の主張から読みとれる中国の特性こそ、彼らが世界で力を確立すれば するほど国際社会に浸透させようとする価値観であろう。私たちはいま、 その正体をじっくりと見つめる好機を与えられている。その第一の点が、 中国の司法は米国やカナダの司法とは異なるという主張だ。

たとえば環球時報はこう書いた。

「中国がカナダ人二人を拘束したことを、米加両国はどういう理由で違法 だと言えるのか。結局我々の司法は全く異なる。米国やカナダで違法だか らといって中国でもそうだとは言えないだろう」

続いて、環球時報は次のように警告する。

「司法権は一国の主権の重要な構成要素だ。中国にいるすべての外国籍の 者は、その母国の法律によって守ってもらえるなどという幻想を抱くかわ りに、中国の法律に従わなければならない」

中国の体制は外の世界とは異なるのだ、米国流もカナダ流も欧州流も日本 流も、中国には一切通じない。そのことを外国人は認識せよ、というこの 強い自我意識は、昨年10月の共産党大会で、中国が世界最強の国になる 2049年には、中華民族が世界の諸民族の中にそびえ立ち、中国共産党の教 えで世界を指導するとしたあの宣言に通ずる考えだ。それを彼らは「人類 運命共同体」と表現したが、その本心は中国主導の世界の確立ということだ。

21世紀の大中華思想の恐さ

12月13日の社説は、孟氏が拘束されたあと、まるで報復のような形でカナ ダ人二人が拘束された件について、こんな主張も展開する。

「中国で拘束されたカナダ市民二人に関しては保釈請求の審理を開催して やるなど、開かれた透明な司法手続きが行われるべきだと米加両国は考え ている。中国では法体系も情報発信の在り方も異なる。そのようなことは できないと、彼らはよく知っているはずだ。従って(米加両国と同件につ いて)意思の疎通をはかるのは困難だ」

なるほど、だから彼らは、南シナ海の島々の領有権問題でハーグの常設仲 裁裁判所が下した、フィリピンの訴えを全面的に支持し中国の領有権を全 否定した判決を「紙クズ」だと言って無視したのであろう。

そもそも司法制度が異なるのだから、米国ともカナダとも、さらに国際社 会とも解り合うことは不可能だと言っているのである。そのうえで彼らは 要求する。

「カナダ及び米国の外相は中国のこうした原則を十分に弁(わきま)えてお くべきだ」(15日社説)

彼らの中・長期的目標である21世紀の大中華思想の恐さを肝に銘じておこ う。威嚇したかと思えば、「環球時報」は同じ社説で恥ずかし気もなく、 こうも言う。

「異なる国々の間の意思の疎通は相互尊重に基づくべし」

全く同感だ。そうしてほしいが、中国には相互尊重の考えが欠落していて 自国尊重しかない。だから結局最後は予想どおり恫喝で終わる。

「カナダは米国の支持があるからといって何かが変わると思ってはならな い。台湾問題での火遊びは北京には何の圧力にもならない。オタワよ、中 国の手には何枚ものカードがあることを覚えておけ。北京の意向に逆らえ ばいいことはないぞ。米中問題には距離を置くのが一番だと弁えろ」

人口約3600万人、GDP1兆6530億ドル(約187兆円)と、中国と比べれば 小振りとはいえ、カナダはG7の一員だ。立派な民主主義の国をこんなふ うに脅すのである。裏を返せば、中国は死に物狂いだということだ。

なんと言ってもファーウェイは中国を代表するハイテク企業だ。「産経新 聞」の報道によると、世界170か国・地域で事業を展開中だが、現在も非 上場を貫いている。創業者は人民解放軍出身の元軍人で、74歳の任正非 (にんせいひ)氏だ。人民解放軍、さらには共産党と一体化している人物 だ。その娘が孟氏で現在46歳、事実上、任氏の後継者と見られている。

世界一の国にはなれない

ファーウェイをはじめ、中国の通信大手企業が世界に張り巡らせつつある のが、第5世代の移動通信システム(5G)だ。中国はすでに5Gの基地局 を世界各地に張り巡らし、その数は米国のそれの10倍にもなるとの数字も ある。米国は必死に巻き返しており、欧州諸国も日本も、米国と共に ファーウェイ及びもうひとつの中国のハイテク通信企業、中興通訊 (ZTE)の排除に乗り出した。国や社会の在り方、自由や民主主義の擁 護を考えれば、当然だろう。

10月4日に米国のペンス副大統領が凄まじい演説をした。その直後に共和 党上院議員のマルコ・ルビオ氏らが民主・共和両党の合意の下で対中非難 の声明を出した。その中で中国の不公正、非人道的な体質を非難し、中国 社会はジョージ・オーウェルの小説「1984」のようだと論難した。米中の 戦いは単なる貿易戦争ではなく、次の時代の世界の在り方をめぐる戦い だ。米国は行政府も立法府も、「1984」のような国になり果てようとする 中国の意図を挫きたいのである。

5Gのハイテク通信で世界を制覇すべく、中国共産党はファーウェイや ZTEを国ぐるみで後押しするが、ハイテク通信で世界の最前線を走った としても、世界一の国にはなれないだろう。彼らはハイテク通信を何のた めに利用するのか。自国民を支配するのと同様に世界を支配する道具にす るのではないか。ハイテク通信で自由な情報の流れを実現するわけでもな い。自由な発想も創造も許さない。その反対に、21世紀の今日、いわば終 身皇帝を誕生させるなどバカバカしい所業を許している。

人間を抑圧する中国は、米国や日本、欧州諸国のように人間を羽ばたかせ る陣営には金輪際、勝てない。米中のせめぎ合いは日中の戦いでもある。 そのことを念頭に、安倍晋三首相も菅義偉官房長官ももっと発言してよい のである。中国にスパイ容疑で拘束され、情報開示もないまま、有罪判決 を下されていく日本人8人の即時釈放を要求すべきだ。中国の蛮行を許し てはならない。大きな声で抗議すべきなのだ。
『週刊新潮』 2018年12月27日号 日本ルネッサンス 第833回

            
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

 ◎池田元彦様は時々頂門の一針でも見かけますが、私には何度か英語のことで論争を仕掛けてきた方で、博学多識と自認しておいでのようです。英語論では「海外経験が豊富だが、貴殿のように難しいことを言わずに通じりゃ良いじゃないか」と私の英語論と勉強法を否定されたことがありました。

>引用開始
池田元彦様

お説は誠にご尤もですが、私が言う「クレデイットカード払い=借金」と考えている人たちは池田様のお説の埒外です。日頃の私のブログなり寄稿している「頂門の一針」をお読みでしたら、そうは言われなかったと思います。

私が苦しめられたのは「地方の工場なり事務所から生涯に一度に近いような大事件?で、大行事であるアメリカ出張団の一員に選ばれたか、会社から派遣されるようになった方々には、事前の説明会等でに未だお持ちでない方は絶対にカードをお取りになってからアメリカにいらして下さい」と、くどいほどお話ししました。

それでも、「円」の現金さえ持っていれば世界中何処に行っても苦労しないと思い込んでおられる方々に何度か出会って困りました。例を挙げれば、一度は我が社のコーポレートレートでお客様の団体様にカリフォルニア州の一流ホテルを予約したことがありました。私は彼らが到着後に合流する予定でした。ところがいざ会ってみると、ご一行は憤懣やるかたない表情で「何という無礼なホテルを紹介してくれたのか」と怒り狂っておられたのです。

確かめると全員がカードを提示せず、ただ単にウエアーハウザーから予約があったはずとだけ言えたのだそうです、カードは提示もせずに。そこでホテル側が持っていないと確認するや否やデイポジットも含めて滞在日数分の前金を取られたのだそうです。「やっぱりそうだったか」と「だからカードを取って来て下さいとあれほど申し上げたではありませんか」と再度解説。

「即ち、この国ではクレデイットカードも持てないような者は金融機関等から信用されていない危ない人と看做されるので、食い逃げならぬ宿泊逃げ回避の為に前金を取るのです」とご説明してやっとご納得頂き、我が社を非難したことをお詫び頂いて決着となりました。彼らに何故取ってこなかったと聞けば「男子一生、借金をするなど潔くない」からでした。念の為申し上げておきますが、それでも一部上場企業の中部地方の工場の課長以上でした。

私は昭和30年代後半からダイナースクラブのカードを持たされた日本の会社にいましたし、W社に転進してからはAMEXのアメリカと日本の両方の事務所から、ゴールドカードを頼んでもいないのに送りつけられて、アメリカにおけるカード会社の手法や会社の格と信用を思い知らされた目にもあっていますから、クレデイットカードについてはそれなりの知識は持っております。前田正晶



 ◎外国人労働者受け入れを考える:前田正晶

当方の尊敬するメル友の1人の管理職である女性の方から私の「振替休日 に大久保通りを歩けば」について以下のようなご意見が寄せられました。 非常に解りやすく要点を衝いておられる内容なので、敢えてご紹介します。

<引用開始

ここのところ、中野区内の勤務地です。仕事柄、中野区内の建築現場が目 に入りますが木造解体工事の現場にはアラブ系の男性が目に付きます。 (全員アラブ系親方もアラブ系)先週末、新井薬師前駅横の中層階建のコ ンクリート造アパート解体現場では奥に2人のヘルメットをかぶり作業服 着用の日本人らしき監督者2人がいたものの、数人の迷彩模様のズボンにT シャツといったアラブ系男性5、6人が一服していました。

横付けされたダンプには『ユーフラテス工業』と明記あり、思わず写真を 撮ろうとしたら、迷彩服の男性が反応し、腰をあげました。ものすごい 『気』だったので、思わず早足で逃げました。

私はヘルメット持参で新しい作業服着用、通っただけで注目されてしまっ たし)ダンプには株式会社が書かれていたように思うのです…。

最近聞いた話では 大久保通りで現場帰り、3人乗っていたダンプが警察官 に止められ日本人の真ん中に座っていたイラン人がIDカード提示出来ず逮 捕され別にいた同僚のイラン人は速攻逃げ連絡先分からない。薬師の迷彩 服の『気』はそういうところからきていたのかと今は想像しています。

解体現場にダンプを横付けにしているということは発生材を場外搬出する ということで4、50年前のコンクリート像であればアスベスト含有物も存 在するかなあと漠然と考えています。

知人の将来相続されるだろう土地は借地・中国人名義で 鉄の産廃処理工 場だというしあんな法案作らずとも現実に労働者は入ってきている建設業 の環境です。

>引用終わる

次は私からの反応です。

有難う御座いました。

「あんな法案作らずとも現実に労働者は入ってきている建設業の環境で す。」とは、誠にその通りと思うご指摘です。ここ百人町/大久保界隈の ハラルフード兼八百屋の小売業やエスニックとでも言うべきレストランで は経営者も雇われ人たちも同国人です。言うなれば「自分たちだけで仕事 (job)を創造しては雇用を生み出しているので、彼らは自給自足で人手 不足はない」のです。

我がアパートの道路を隔てて反対側にあるイオンの食料品専門小型スー パーではレジの外国人は激しく入れ替わっていますが、だが、その筋に明 るい者に言わせれば「一箇所で固定して仕事をさせないうように回してい る」とかです。

兎に角、我が街ではどこからともなく流入してくる中国人、ベトナム人、 バングラデシュ人、ネパール人、パキスタン人(?)、イラン人等々は自 国人同士で群れて商いをして、必要な人員は同国人を当てる作戦のようで す。但し、大久保通りで猖獗を極めている韓国の何とかドッグの店内は覗 くことすら出来ませんが、恐らく韓国人がやっているのでしょう。だが、 呼び込みも販売も会計も綺麗な日本語です。だから、在日韓国人が考え出 してやっていると疑っているのです。

私はどうしても政府の34万5千人導入計画は腑に落ちないのです。我が家 と新大久保の駅の間に少なくとも5校はある日本語学校の膨大な数の生徒 たちを留学生ヴィザの週28時間以上働かせられるようの変えただけで、日 本語をある程度以上こなす若い労働力が確保できる気がします。但し、そ こには中国人が圧倒的に多いのは気になります。「安全保障上の問題が発 生するかも知れないので???」


 ◎現在の株安に思うこと:前田正晶

私は我が国のマスコミはどうしてもトランプ大統領が指摘される“fake news”を流し続けるアメリカの大手地方紙(と敢えて言う。私はあれほど 頻繁に訪れていたワシントン州でもカリフォルニア州でもイリノイ州でも New York TimesもWashington Postもホテルの部屋に配布されたこともな く、読む機会がなかった)に、情報源として過剰に依存するので、多くの 専門家が指摘するように反トランプ式の批判的な記事になると思っている。

私はトランプ大統領の経済面でも、安全保障上でも、華為とZTE排除を指 令されたのも、叩いておくべき中国を叩くという点では全面的に支持して 良いと考えている。中国を物心両面で押さえ込んで弱体化に追い込むこと は、我が国の国益にも通じると思っている。26日夜のPrime Newsでも岡本 行夫氏も猪口元東大教授もトランプ政治には多くの問題もありとしながら 「中国叩き」は肯定しておられた。

全くの余談で個人的なことで恐縮だが、岡本氏は我が高校の出身であり、 しかもサッカー部の(私が嫌う用語だが)後輩でもあるのだ。同じ学校で 同じ部にいたからだったからとは思えないが、「トランプ大統領を何も経 済の具体的なことをご存じないようで」と批判していたのは当方と似てい るなと思って思わず苦笑させられたのだった。

私にはトランプ政権の為だけで現在に株安が拡がっているかであるとかな どは解らない。だが、こういう状態が長期化していけば世界の景気に芳し くない影響が出てくるかくらいは推察できるし、仮に一過性だったっとし ても負の面が出てくる国があると思う、特に中国辺りには。私は現在の株 安はアメリカ人(我々?)が「心配しないでも良いのだ」という時に使っ た、“It’s not the end of the world.”が通用する程度で収束すれば良い かと思っている。残すはマスコミは過剰反応・報道しないことだ。

 ◎外国人労働者受け入れを考える:前田正晶

当方の尊敬するメル友の1人の管理職である女性の方から私の「振替休日 に大久保通りを歩けば」について以下のようなご意見が寄せられました。 非常に解りやすく要点を衝いておられる内容なので、敢えてご紹介します。

<引用開始

ここのところ、中野区内の勤務地です。仕事柄、中野区内の建築現場が目 に入りますが木造解体工事の現場にはアラブ系の男性が目に付きます。 (全員アラブ系親方もアラブ系)先週末、新井薬師前駅横の中層階建のコ ンクリート造ア パート解体現場では奥に2人のヘルメットをかぶり作業服 着用の日本人ら しき監督者2人がいたものの、数人の迷彩模様のズボンに Tシャツといった アラブ系男性5、6人が一服していました。

横付けされたダンプには『ユーフラテス工業』と明記あり、思わず写真を 撮ろうとしたら、迷彩服の男性が反応し、腰をあげました。ものすごい 『気』だったので、思わず早足で逃げました。

(私はヘルメット持参で新しい作業服着用、通っただけで注目されてし まったし)ダンプには株式会社が書かれていたように思うのです…。

最近聞いた話では 大久保通りで現場帰り、3人乗っていたダンプが警察官 に止められ日本人の真ん中に座っていたイラン人がIDカード提示出来ず逮 捕され別にいた同僚のイラン人は速攻逃げ連絡先分からない。薬師の迷彩 服の『気』はそういうところからきていたのかと今は想像しています。

解体現場にダンプを横付けにしているということは発生材を場外搬出する ということで4、50年前のコンクリート像であればアスベスト含有物も存 在するかなあと漠然と考えています。

知人の将来相続されるだろう土地は借地・中国人名義で 鉄の産廃処理工 場だというしあんな法案作らずとも現実に労働者は入ってきている建設業 の環境です。

>引用終わる

次は私からの反応です。


有難う御座いました。

「あんな法案作らずとも現実に労働者は入ってきている建設業の環境で す。」とは、誠にその通りと思うご指摘です。ここ百人町/大久保界隈の ハラルフード兼八百屋の小売業やエスニックとでも言うべきレストランで は経営者も雇われ人たちも同国人です。言うなれば「自分たちだけで仕事 (job)を創造しては雇用を生み出しているので、彼らは自給自足で人手 不足はない」のです。

我がアパートの道路を隔てて反対側にあるイオンの食料品専門小型スー パーではレジの外国人は激しく入れ替わっていますが、だが、その筋に明 るい者に言わせれば「一箇所で固定して仕事をさせないうように回してい る」とかです。

兎に角、我が街ではどこからともなく流入してくる中国人、ベトナム人、 バングラデシュ人、ネパール人、パキスタン人(?)、イラン人等々は自 国人同士で群れて商いをして、必要な人員は同国人を当てる作戦のようで す。但し、大久保通りで猖獗を極めている韓国の何とかドッグの店内は覗 くことすら出来ませんが、恐らく韓国人がやっているのでしょう。だが、 呼び込みも販売も会計も綺麗な日本語です。だから、在日韓国人が考え出 してやっていると疑っているのです。

私はどうしても政府の34万5千人導入計画は腑に落ちないのです。我が家 と新大久保の駅の間に少なくとも5校はある日本語学校の膨大な数の生徒 たちを留学生ヴィザの週28時間以上働かせられるようの変えただけで、日 本語をある程度以上こなす若い労働力が確保できる気がします。但し、そ こには中国人が圧倒的に多いのは気になります。「安全保障上の問題が発 生するかも知れないので???」


 
━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

28日の東京湾岸は快晴、爽快。

夜ごと焼酎を3合飲んでも11時には醒めている。もちろん朝の目覚めは爽 やか。27日も快晴の下、爽やかな気分で散歩してきた。都立猿江恩賜公園。

                           読者:5587人
                           



       




       
       

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/12/28

    10人の人がいるとする。 

    その10人とは別のある人が、10人から1人1万円づつ回収していく。 

    10人から10万円を回収した人が、7万円をポケットに入れて、残りの3万円を10人の内の誰か1人に渡す。 

    これがパチンコの仕組み。 

    こんなバカな話って思うから、まともな人間はパチンコはしない。

  • 名無しさん2018/12/28

    あさが来たの長塚圭史は下手くそ。堺雅人のような喜怒哀楽を笑いで表現するような演技力が長塚にない。

    まんぷくの牧瀬里穂は、福岡から嫁いできた設定にして、牧瀬の博多弁を聞きたかった。



  • 名無しさん2018/12/28

    脳ドッグの狙いは「動脈瘤が破裂する」と脅迫する商法である!



    (「死んでしまう」と脅す脳ドッグ)



    「脳の中に時限爆弾があり、今爆発してもおかしくない。死んでしまうよ」と脅すのが目的である。うっかり、「脳ドッグ」で健診を受けると、このように脅されるだろう。これは、動脈瘤が見つかった時の脳外科医の脅し文句である。中高年ともなれば、大なり小なりの動脈瘤があるのが当たり前である。それを医者は「今すぐ爆発する」と脅してくる。



     そもそも「人間ドッグ」同様に、「脳ドッグ」も日本独自のビジネスである。CTとMRIと言う測定装置の普及と共に、脳ドッグも普及してきたのである。脳外科医の本音は「高額医療費の元を取れ」。日本におけるCT普及率は世界でもダントツである。MRI(核磁気共鳴断層装置)も1位で2位の2倍もの普及率である。MRIの高い物は1台10億円もする。CTやMRIを導入した病院は高額ローン返済のために、装置をフル稼働させる必要がある。そこで「脳ドッグ」と言うビジネス・モデルが考案されたのである。



    (彼らは白衣を着た詐欺師)



     脳ドッグ健診を受けると、医者は真剣な顔でこういう。「脳動脈瘤が見つかりました。今のところは破裂していませんが・・・・」 破裂していない動脈瘤を「未破裂動脈瘤」と呼ぶ。2003年、国際専門誌に掲載された報告がある。動脈瘤が見つかった1077人を5年間、追跡調査した結果、その破裂の危険性を精査したが、破裂率は7ミリ未満→0・2%。7-9ミリ→0・5%。9ミリ以上→3・1%。つまり、9ミリ未満の小さな動脈瘤なら1000人中993人は放置しても元気で過ごしている。



     ところが、脳外科医は「今すぐ破裂する」と脅す。恐怖で開頭手術を受けると、1年後には2・7%が脳出血で死亡している。「脳出血」を防ぐはずの手術で脳出血で死ぬ。皮肉である。その他、手術が原因の半身不随など後遺症も多発している。こうして死亡例と後遺症を加えると、被害者は12%を突破する。つまり、

    放置組→5年後、99・3%は無事である。

    手術組→1年後、2・7%は死亡し、半身不随などの犠牲者は12%超である。医者が勧める手術は極めて危険だ。



     欧米53医療機関2621人の研究データでは、1センチ未満の動脈瘤破裂率は、年0・05%であり、20年でも2%と言う低さである。医者はその危険性を40倍以上誇大に脅していたのである。患者に正確な破裂率0・05%を説明していた脳外科医はわずか50人に1人だった。開頭手術は160万円の儲けだから、後遺症で水頭症、認知症、歩行不能などの悲惨な事例が後を断たない。やはり、彼らは白衣を着た詐欺師なのである。



    (欧米は完全否定した定期健診)



     「日本は定期健診先進国だ」と厚労省が広告している。これは後進国の間違いである。定期健診に病気の予防効果どころか長寿効果も無かったのである。だから欧米では公的定期健診を廃止したのである。日本の予防医学者・岡田正彦博士は「いくら検査を受けても長生きしない。死亡率は下がらない。それを世界中の研究者が理解した。学界も国も定期健診を勧めてはいけない。」 海外では定期健診を否定する論文が無数にある。



    (病人狩りで病院送り)



     日本だけは国家が国民に「定期健康診断」を義務付けている。それを定めるのが「労働安全衛生法」第66条である。



    1事業主は被雇用者の定期健診実施の義務がある。実施しない場合は罰せられる。



    2労働者は、受診義務がある。拒絶の場合は、解雇もありうる。



    3症状の有無に拘らず、全員一律で受診しなければならない。



    4既往歴、前回の検査結果にかかわらず、一定間隔で実施される。



     これは戦争中の徴兵検査と同じである。国家が事業主に兵隊検査をさせようとしているものである。検査によって、病人狩りをして、戦地ならぬ病院に送り込むのである。



    (健診を受ける人ほど早死に)



    「定期健診は一切病気を防いだり、寿命を延ばす効果はありません」と岡田博士は断言する。むしろ、定期健診を受けた人の方が寿命が短いという調査結果も出ている。政府推進の定期健診などナンセンスである。岡田博士が指摘するのは定期健診でのレントゲン撮影である。「発癌性X線被曝を国家が強制している。こちらは懲罰規定がある。ぜったに許せない」と憤る。チェコ・リポートで、肺癌検診を受けたグループほど発癌していた事実を思い出す。その原因の一つが胸部X線撮影である。癌を防ぐための健診で、発癌しているのである。



     政府と大衆の無知と狂気、これは情報、教育を国際医療マフィアに支配された悲劇である。



    (早期発見を唱えた学者の壮絶死)



     「癌検診を受けた人ほど癌になる」「早期発見・早期治療の正体は早期発見・早期殺害だった」 それを証明する悲劇がある。



     戦後日本で最初にこのキャンペーンを提唱したのは故・田崎勇三博士である。彼は東京帝国大学癌研付属病院長から日本癌学会会長まで歴任した。日本の癌学界の重鎮だった。その「早期発見・早期治療」を国策として推進したのが当時の厚生省である。田崎博士は、その旗振り役として全国を講演行脚した。しかし、多忙を極めた田崎博士は、歯茎に異常を感じた。「これは癌だ」と直感した。細胞検診すると癌細胞が2個見つかった。まさに超早期発見である。さっそく博士は治療に取りかかった。それは放射性コバルトの針を歯茎に埋め込むという施術で、放射線で癌細胞をやっつけるという魂胆であった。さらに「癌と闘うには栄養をつけなくては」と朝からステーキを食べまくった。これはトンデモナイ間違いであった。動物性蛋白質自体が、最悪の発癌性物質であることが証明されているが、当時の田崎博士は知らなかったのである。さらに放射線にも癌増殖を加速する作用がある。こうして癌は治るどころか、あれよあれよという間に膨れ上がり、博士の面相も変わってしまった。その後、大手術で大騒ぎとなったが、日本の癌研究のトップは半年足らずで亡くなった。(昭和38年没)



     「超早期発見が超早期死亡と言う皮肉な結果になってしまった。田崎先生は当時の最高の療法を信じてやられた。東大栄養学の先生も参加してたが、治療も間違い、食事も間違い、であり最高の権威が、最低の結果に終わったのである。壮絶な人体実験だった。この悲劇が全てを物語っている。田崎先生の死を無駄にしてはいけない」と癌治療法の権威・森下敬一博士はしみじみと語る。

  • 名無しさん2018/12/28

    一号資格外国人労働者は新自由主義の共産党軍か:華為事件は何を意味するのかhttps://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/72650285.html

    クリスマスケーキ 大量廃棄の実態 一日500kgがブタのエサに 家庭ゴミにはホールの半分が捨てられhttps://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20181226-00109060/

    「中国五千年のウソ政治」石平氏の視点は実にユニークである

    https://ironna.jp/article/10394

    リーマンブラザーズの破綻を改めて検証してみましょう

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/68774f6bfa21f4f3a9b48f4ad29bd0cf?fm=entry_awp_sleep

    結詞

    https://www.google.co.jp/search?q=%E7%B5%90%E8%A9%9E&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiyj8W3i8HfAhULwLwKHRTgDbgQ_AUIECgD&biw=1022&bih=527

    【なんでだろう】青春18きっぷポスターまとめ【涙がでた】

    https://matome.naver.jp/odai/2140643012555830701

    日本国内で韓国人による性犯罪事件が多発しています。

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-63.html

    9価HPVワクチンがやってくる

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?page=15&cid=11

    NHK「米国が移民に催涙ガス使用か!トランプ大統領が強硬な移民政策!隣国巻き込み緊張高める」http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7305.html