政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4883 号  2018・12・4(火)

2018/12/04

                      
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4883号
□■■□──────────────────────────□■■□

       2018(平成30)年  12月4日(火)



              足の血管にもステント:石岡荘十

          習近平一行は「毛沢東の服装」:宮崎正弘     
      中国と対話を続けるダライ・ラマ法王:櫻井よしこ                                                                                       

                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4883号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/





━━━━━━━━━━
足の血管にもステント
━━━━━━━━━━


     石岡 荘十


数十メートル歩くと左足がだるくなって歩行困難になる。で、数分立ち止 まって休むとまた歩けるようにはなるが、またすぐだるくなる。

このような症状を専門的には「間欠性跛行」という。「跛行」はビッコを 引くという意味だ。こうなった経緯については、本メルマガ「齢は足にくる」

http://www.melma.com/backnumber_108241_4132433/

で述べたとおりだが、先日、閉塞した足の大動脈にステントを入れる治療 を受け、ビッコは解消し、元通り颯爽と歩けるようになった。

はじめ、「これはてっきり腰をやられた」思い込んで、近所の接骨院に駆 け込んだら、「典型的な脊柱管狭窄症の症状だ」と断言する。つまり神経 の管が腰のところで狭まっている疑いがあるとのことで、電気治療、針を 数回やってもらったが、はかばかしくない。

業を煮やして、行きつけの大学病院の整形外科で腰のレントゲン、さらに MRIを撮ってみると、確かに、腰椎のひとつがずれているが、神経には 触っていないことが確認できた。脊柱の管にはどこも狭くなっているとこ ろはない。ビッコの原因はほかにあるというのが整形外科医の診断だった。

考えられるのは、足に血液を供給する血管、動脈がどこかで狭くなってい て、血液や栄養補給が足の筋肉の運動量に追いつかないのではないか。血 管の動脈硬化ではないかというのが循環器内科の医師のお見立てだった。

となると、検査法はPWV(脈波伝達速度)。両腕、両足に幅広のベルト(カ フ)を巻いて四肢同時に血圧を測定する検査法である。この検査をする と、動脈の詰まり具合と動脈の硬さ(柔軟性)手足の動脈などの比較的太 い動脈の高度狭窄の有無がわかる。

結果は、左足だけが標準値に遠く及ばない。病名は閉塞性動脈硬化症。左 足へ行く動脈のどこかが詰まっている疑いが強まった。

血流が詰まる動脈硬化は典型的な加齢疾病だ。脳の血管が詰まれば脳梗塞 になるし、心臓の血管(冠動脈)が狭くなると狭心症、詰まると心筋梗塞 になる。私の場合は足にきたというわけである。

造影剤を使ったCTで診ると、左足付け根から動脈を15センチほど遡ったと ころで90パーセント狭窄していることが確認できた。左足へは最大、通常 の7割ほどしか血が流れていない。これではビッコになるわけだ。

治療法は、脳梗塞や心臓梗塞と同じだ。血管の狭くなったところにカテー テルを挿し込んでフーセンで拡げるとか、バイパスを作るとか、etc。

心臓カテーテル室でカテーテル台に横になると、若くて美形の看護婦さん が何の躊躇もなくパラリとT字帯をはずし、左足の付け根周辺の陰毛を電 気かみそりで刈る(剃毛という)。慣れたものだ。

局所麻酔の後、この治療では実績も多い腕利きの医師が、モニター画面を 見ながらカテーテルを挿入。先端には、中心部に細くすぼめたバルーンを 仕込んだステントがある。

ステントはステンレスで出来た金網のチューブである。これを狭窄部分ま で持っていってバルーンを膨らますと、すぼめてあったステントの内径も 同時に拡がって、狭窄した血管を見事に押し広げた。

ステントは内径8ミリ、長さ40ミリ。心筋梗塞の治療に使うステントは内 径2ミリほどだから、それに較べると大型だ。治療時間は1時間ほど、治 療費86万円、自己負担9万円ほどだった。

心筋梗塞でステントを使う治療法はよく知られているが、足の大動脈狭窄 にステントを使うケースはまだそれほど多くない。

下肢(足)へ行く動脈が詰まると、下肢が腐ってしまい、痛いだけでな く、命にかかわるケースもある。そうなると「命には代えられない」とや むを得ず下肢を切断しなければならなくなる。日本では毎年1万人以上が 足を切断されているという報告もある。高齢化で症例は増えている。

足にもステントを入れるという治療法は、循環器内科ならどこでもやって いるわけではない。リスクもある。医師の選択には慎重でありたい。

元京都大学心臓血管外科部長・米田正始(こめだまさし)医師を中心とす る研究グループは新しい血管を作って下肢切断を救う「血管再生法」とい う試みを行なっていて、再生医学のひとつとして注目されている。

「なんとなく足の先が冷たい」

これが、アラームだ。接骨院では治らない。専門の医師を選んで、治療を 受ける必要がある。




       
          
━━━━━━━━━━━━━━
習近平一行は「毛沢東の服装」
━━━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)12月1日(土曜日)
        通巻第号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 習近平一行は「毛沢東の服装」(中山服)でスペイン国王陛下と会見
  「国賓のときは、これが正装だ」と中国側スポークスマン
********************************

G20 でのリオデジャネイロ入りを前に習近平一行はスペインを公式訪問 した。中西両国の公式晩餐会は、フィリッペ六世の主催で、マドリッドの 宮殿で開催された

習近平は中山服であらわれたため、西側外交筋から何事かと注目された。 西側は「中山服」を「毛沢東の制服」と言って好感しない。

習近平は2014年のオランダ訪問、15年の訪米ではオバマ大統領との晩餐 会、さらには英国バッキンガム宮殿での晩餐会にも毛沢東の制服であらわ れた。中国外交部は「公式の晩餐会では、中山服が公式である」と語って いる。

スペインでの異常事態は、随行した楊傑チ国務委員、王毅外相以下の随員 もすべてが中山福で現れるという珍しい風景が展開された。

その所為か、どうか、スペインは中国との「一帯一路」の覚え書きに署名 しないという異常事態に発展した。

ドイツとフランスを訪問しているのは劉?副首相で、ドイツではメルケル 首相と会談し、習からのメッセージを伝えた。この直後にリオに向かって いたメルケル首相の特別機は通信機器故障のため、近くの飛行場に緊急着 陸した。このためメルケルは開会式には間に合わなかった。

   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIE 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 日本が大東亜戦争に「勝てた」という架空話ではなく「勝てる」戦略があった
山本五十六が軍神となり、海軍が判断を誤ったことも敗因だったが。。。

  ♪
茂木弘道『大東亜戦争 日本は勝利の方程式を持っていた』(ハート出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

こうすれば勝てたというのは、戦後もたびたび語られた。しかし「敗軍の 将、兵を語らず」とされ、とりわけ大東亜戦争を指導した人たちには罵声 が浴びせられ、一切の客観的批判さえ封じられた。

著者の茂木氏は「勝てた」というIFの法螺話を展開しているのではな く、日本は「勝てる」戦略があったと言っているのである。

大東亜戦争の敗因は真珠湾攻撃が成功しすぎて、山本五十六が軍神となっ てしまい、大本営発表は陸軍が悪いと言われたが、じつは海軍が判断を 誤ったことが敗因に繋がってしまった。

日本が負けるや、さっと身を躱して左翼にころりと転じ、「わたしは騙さ れていた」などと良心と愛国心の狭間に立って呻吟したなどと嘘をほざい た転向学者が山のようにいた。昔の武士なら弁明をせず、だまって切腹し たものだった。

さて「秋丸機関」が精密正確なシミュレーションをしていたことは、よう やく知られるようになった。

これは日米開戦を前にして、敵側に回りそうな米国、英国、ドイツ、そし てロシア(ソ連)の国力、その資源、人力、産業のインフラ等を精密に事 前調査し、その国力、戦力を経済の視点から分析し、戦争の勝ち負けを大 胆に予測した陸軍傍系シンクタンク。学者を動員して組織化した中心人物 は岩畔豪雄だった。

このメンバーには驚くことに、裁判で保釈中だった有沢広己や、中山伊知 郎、竹村忠雄など経済学者が多数、加わっており、その研究成果をまとめ たペーパーは、日本の敗戦直前にすべて焼却された。

ところが焼却処分されたはずの一冊が有沢の死後に、かれの蔵書の中から 見つかった。幻とされ、焼却処分された筈の「秋丸機関報告書」がでてき たのだ。

 とくに秋丸機関は、日米開戦にいたった場合、資源供給はうまく行くの かというシミュレーションを念入りに行っていた。

 牧野邦昭『経済学者たちの日米開戦』(新潮撰書)はこう書いた。
「英米とソ連に対して宣戦を布告し南方を占領した場合の経済国力の推移 予測(応急物動計画試案)を策定していたが、その結果は鋼材生産額は三 分の二に減少し、民需は殆どの重要物資が五割以下に切り下げされるとい う悲惨はものだった」

ならばと秋丸機関で熟慮された提言は次のようである。

「対英戦略は英本土攻略により一挙に本拠を覆滅することが正攻法だが、 イギリスの弱点である人的・物的資源の消耗を急速化する方略を取り、 『空襲による生産力の破壊』『潜水艦戦による海上遮断』を強化徹底する 一方で『英国抗戦力の外郭をなす属領・植民地』に戦線を拡大して全面的 消耗戦に導き、補給を絶ってイギリス戦争経済の崩壊を目指す」。

そのうえで「アメリカを速やかに対独戦へ追い込み、その経済力を消耗さ せて『軍備強化の余裕を与えざる』ようにすると同時に、自由主義体制の 脆弱性に乗じて『内部攪乱を企図して生産力の低下及反戦気運の醸成』を 目指し、合わせてイギリス・ソ連・南米諸国との離間に努める」

茂木氏の最新作は、この秋丸機関の議論も十分に踏まえつつ、大東亜戦争 は無謀な戦争ではなかった、勝利の方程式はあったのだ、と最新データを ふんだんに駆使して力説される。

とくに重視されているのが昭和16」年11月15日に大本営政府連絡会議決定 の「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」である。

ここに述べられた基本方針は、歴史家がもう一度スポットを当てるべき で、まっとうで勝てる戦略だったというのである。
        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)游錫?・元台湾行政院院長(首相)講演会のご案内です。

台湾の統一地方選挙(11月24日九合一選挙)の大敗を受け、蔡英文政権は 2年間の失政状態から速やかに立ち直らなければなりません。

民進党はリストラで再生できるのか。国民党の更なる逆襲に対策はあるの か。政権内部の国民党の残党は一掃できるのか。軟弱な「維持現状」政策 から脱皮し、国家進路を変えることはできるのか。中国の静かな侵略を食 い止めることはできるのか。台湾と日本、米国および周辺諸国との関係は 再調整できるのか。

このように台湾が再び歴史の転換点に立たされる中、游錫?・元台湾行政 院院長(首相)をお招きし、下記の要領で講演会を開催いたします。
生粋の庶民派政治家として敬愛を受ける游氏は陳水扁元総統の盟友にし て、民進党の生態を知り尽くす游氏は閑雲野鶴。当日は自由奔放に語って いただきます。

なお講演の使用言語は台湾語ですが、日本語の通訳もあります。つきまし ては台湾に関心をお持ちの日本人の皆様も含め、より大勢の方にご出席賜 りますよう、ここにご案内申し上げます。
                記
日時   2019年1月13日(日曜日)講演会 16時より  
  懇親会 18時30分より
ところ  ホテルメトロポリタン池袋 (03-3980-1111)
       池袋駅西口より徒歩3分 www.metropolitan.jp
       講演会会場 ひかり 懇親会会場 富士 (座席卓盛り)
講師   游錫?・元台湾行政院院長(首相) (台湾語 日本語通訳)
演題   2018年選挙後の台湾の国家的展望(2018選後與台湾未来国家展 望) 
会費   講演会 1000円(学生無料) 
懇親会  8000円 (学生 4000 円)
主催   在日台湾同郷会 
共催団体 日本台医人協会 美麗島交流会 台湾研究フォーラム 日本台 湾医師連合
東京崇正公会  台湾国連協進会東京支部  怡友会 在日台湾婦女会  台湾独立建国連盟日本本部
申込先  メール tehaino@nifty.com
     Fax 03-5974-1795 Fax/Tel 0424-22-4604  

  ♪
(読者の声2)講演会のご案内【大東亜戦争と南方の英霊】〜玉砕の島 「レイテ」における落下傘部隊の足跡〜(薫空挺部隊と高千穂降下部隊英 雄たち)
下記講演会のご案内を申し上げます。ご関心のある方はぜひご参加ください。
        記

日時:平成30年12月9日(日)14:30〜16:45
場所:文京シビックセンター スカイホール(26階)
参加料:1000円
講演内容【来賓挨拶】 茂木 弘道:「史実を世界に発信する会」会長代行
 【基調講演】演題:「レイテ戦の真実」
    講師:重松 正一(戦史研究家(レイテ戦専門))
      *父君はレイテ戦第26師団13連隊大隊長 
 【講演】「薫空挺部隊、高千穂降下部隊のレイテ島での奮戦」
    講師:奥本 康大(「空の神兵」顕彰会会長)
      *父君はパレンバン落下傘奇襲攻撃で「殊勲甲」を授与され た奥本中尉
   〇「英霊の帰還事業について」
    講師:田中 みずき(全国ソロモン会、JYMA日本青年遺骨収集団)
       *世界各地に眠る英霊のご遺骨収集活動(奉仕活動)に従事
   〇「英霊の検証について」(ガダルカナルの戦い他)
    講師:佐藤 和夫(英霊の名誉を守り顕彰する会)   
 【総括】藤田裕行(国際ジャーナリスト。二宮報徳連合会長)
〇主催 「空の神兵」顕彰会 名誉会長:加瀬 英明
〇後援 史実を世界に発信する会、二宮報徳連合、新しい歴史教科書を作 る会、
    英霊の名誉を守り顕彰する会、特攻隊戦没者慰霊顕彰会

  ♪
(読者の声3)平成の大演説会Vol.28「米中貿易戦争と半島有事」

アメリカが中国に貿易関税を課すと、今度は中国もアメリカに貿易関税を 課し応戦。熾烈な米中貿易戦争が繰り広げられている。一方、朝鮮半島問 題では北朝鮮の非核化が難航している。わが国の対応とトランプ大統領の 次の一手はいかに!
       
             記

とき   平成30年12111日(火)午後6時45分開会(開場6時 30分)
ところ  文京シビック・小ホール
     (文京区春日1−16−21)
弁士   江崎道朗氏(評論家)
ゲスト  野伏翔(演出家・映画監督)
協力費  2000円
主催:展転社 電話03(5314)9470 Fax03(5314)9480



  
━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国と対話を続けるダライ・ラマ法王
━━━━━━━━━━━━━━━━━


            櫻井よしこ

「中国と対話を続けるダライ・ラマ法王 チベット仏教は人類の幸せに貢 献する」

ダライ・ラマ法王にお会いするのは2年振りだった。昨年秋、来日予定 だったが、医師の助言で急遽中止された。今年、法王のお顔は明るく、頬 は健康的なうすいピンク色だった。

今回、ネット配信の「言論テレビ」の番組で取材したのは激動する世界 で、大国中国に弾圧され続けるチベット民族の未来や混乱する価値観の方 向性について、83歳になられた法王に聞いてみたいと考えたからだ。三度 目の番組出演に、法王は快く応じ、中国との関係についての質問には意外 な答えが返ってきた。

ダライ・ラマ法王がインドに亡命して来年で60年になる。近年、中国との 関係は断絶されたと言われてきた。法王がいくら対話を求めても、中国政 府は応じることなく、一方的に「分裂主義者」「反逆者」「犯罪人」など の酷い非難を法王に浴びせてきた。ところが状況は改善に向かっている と、法王は次のように語ったのだ。

「この数年間、(私への)批判は大幅に減りました。私と中国との関係 は、まず、1979年、私が中国政府と直接接触し、その後数年間、こちらの 代表が先方を訪れて話し合う形で対話は続きました。それは中断されたの ですが、私と中国指導部の接触は非公式な形でいまも続いています」

対話は断絶しておらず、非公式だが現在も続いているというのだ。そこで 再度、その点を確認した。

「そうです。ビジネスマンや引退した当局者が、時々私に会いにきます。 私たちは関係を続けているのです」と、法王。

中国共産党一党支配を浸透させようと、あらゆる監視体制をとって国民の 動向を見張っている習近平政権の下では、ビジネスマンであろうが引退し た当局者であろうが、自由意思でダライ・ラマ法王に接触することなどで きない。彼らの訪問が習政権の意を受けているのは明らかだ。

如何なる形であっても対話の継続は重要だ。一方で、政権の意を受けた人 間が法王に面会するのは、法王の健康状態も含めて亡命チベット政府の状 況を監視する活動の一環ではないかと、つい、私は警戒してしまう。

後継者問題についても尋ねた。中国共産党政権が次のダライ・ラマは自分 たちが選ぶと宣言したことを尋ねると、法王は「ノープロブレムだ」と、 次のように語った。

「(ダライ・ラマに次ぐ高位の)パンチェン・ラマには後継者が二人いま す。一人は私が選び、一人は中国政府が選びました。多くの中国当局者 が、中国が選んだのは偽のパンチェン・ラマだと言っています」

法王の生まれ変わりが次のダライ・ラマになる「ダライ・ラマ制度」につ いても重要なことを語った。

「後継者について深刻な心配はしていません。1969年以降、私は後継者問 題はチベット人に任せると表明してきました。最終的にはダライ・ラマと 特別な関係にあるモンゴル人を含む人々を招集して決めればよい。私が90 歳になったらダライ・ラマ制度に関する会議を開けばよいでしょう」

法王はこうも語った。

「将来のことは人々の関心事ですが、私は関与できないことです。大事な のは私に残された日々を、学びと研鑽を積むことで意義深いものにするこ とです。亡命政府の下のチベットでは僧侶も尼僧も学び続けています。昔 の信仰は、率直に言えば訳も分からず信じ込むのに近かった。しかしそれ は時代遅れです。学ぶことで確信が得られます」

日本の仏教徒も般若心経を暗唱するだけでは不十分で、もっと真剣に学ぶ ことが必要だと指摘し、仏教哲学と科学を融合させて学び続けることが、 二一世紀の仏教の重要事で、チベット仏教はその先頭に立って人類の幸せ に貢献するとの決意を、法王は強調した。
『週刊ダイヤモンド』 2018年12月1日号
 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1258 


      
            
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

 

 ◎この会社にとっては補強とはFA宣言した即戦力(?)を獲得するこ と:前田正晶

私に言わせればとんでもない間違った方針である。ネットを見ていれば 「FA宣言をして高額年俸で読売巨人軍に移籍していった者で、キャリ ヤー・ハイの成績を残した例がない」とあるが、今回は原新監督(?)は 球団史上26人目となる広島の丸佳浩を、炭谷銀仁朗と中島宏之に続いて5 年30億円だったかで獲ってしまった。丸が良い選手である事は間違いない ようだが、昨日も張本勲が「丸が今年並みに働けるかどうかは解らない」 と珍しく断定を避けた。

私は原辰徳は全権を委任されていると報じられているので、余り感心した 補強ではないと思って見ている。だが、球団社長は未だ未だ(FA宣言選手 の獲得?)やると言っているとかだ。上記のキャリヤー・ハイ云々もある が、新潮はウエブ版で以下のように手厳しく批判しているし、私は今期中 日から獲ってきたゲレーロのような無残な例もある事だし、センターで 使っている陽岱鋼だって失敗例だろうしお止めになった方が良いのではと 忠告したくなった。

何もキャリヤー・ハイとまで言わなくとも、これまでの二十数名であれは 大成功だった言う例を思い出せる方は、本当の純粋の巨人ファンだろうと 思う。私はネット上でそのリストを見るまでは「彼も巨人に行っていたの か」と気付かなかった者が多いのにも呆れている。要するに、大金に目が 眩んだかどうか知らないが、巨人に移籍して元の球団のように一本目扱い をされた者は例外のようだと言うことで、体の良い(悪い?)飼い殺しに 遭ったと言うことだ。

>引用開始

例えば巨人ファンにとって、清原氏への評価は割れることが多い。それは 彼が入団1年目に、チーム成績が4位と低迷したことも影響を与えているの かもしれない。広澤克実氏(56)と陽岱鋼にも同じことが言える。

本題に戻れば、ファンを落胆させた「失敗例」は残りの4人。広沢克己、 村田修一(37)、片岡治大の3氏と、現役の陽岱鋼だ。

これを監督側から見てみると、長嶋監督の時代は成功1例、現状維持2例、 失敗1例。原監督は現状維持1例、失敗3例となる。ここに指導力の差を見 るかどうかは議論が分かれるところだろう。

結論を言えば、FAの成功例は極めて少数派だ。良くて現状維持であり、8 人のうち4人が入団1年目に不振に陥った。まだ30
歳の丸にとって、今後キャリアハイの成績が更新できないのであれば、や はり巨人へ移籍しないほうが賢明ではないか。

週刊新潮WEB取材班
2018年11月13日 掲載

<引用終わる

炭谷銀仁朗だが、原監督は如何にも彼を欲しかったように言っていたが、 それ即ち小林誠司が役立たずだと言ったのと同じだし、残る大城、宇佐見 は使えないと決めつけたことになる。そこに年だけ食った駄目捕手の阿部 慎之助を戻そうというのだから、支離滅裂ではないか。外野手だって似た ようなもので、亀井、陽、長野、重信、立岡、ゲレーロも駄目だったと宣 告したようなものだ。

18年には奇跡の成長を遂げた岡本を三塁手にして、日本に来ると打てなく なるMLBの外国人を一塁に使うのだそうだが、これも「どうかな?」と疑 問符をつけたい。

私は補強すべきは二塁手だと見ていた。吉川尚と山本を使って埒があかな かったので、チャンとし者を育てるのが急務だと思うが、獲ってきたのが 使い古したショートストップの中島と後は外野手と捕手だ。「二塁には広 島に来年で8年目になる菊池涼介(年俸1億9千万円)がいるからそのうち 獲ってくるから良いのだ」と言っている気もする。だが、丸が3番で順当 に働いて4番の岡本に実質的に「2年目のジンクス」が来なければ一寸怖い 打線になるかも知れないが、残る連中が歳を取り過ぎている。

ま、読売巨人軍嫌いとして言わせて貰えばこうなるのだが、こんな何ら強 化と言うか補強に一貫した方針が見えない球団というか会社を、未だにプ ロ野球界の盟主扱いする(扱いさせられている?)スポーツ関連のマスコ ミもだらしがないと言ってやりたい。

 ◎2日は全く体調が整わず、夕方まで伏せっておりました。これで2日 連 続の微熱です。思い当たる原因は「薬の副作用」くらいです。従って気 力も体力もなく、夕方になってこ漸くブログに「休載」のお断りを書こう と思うに至った次第です。全く情けないことです。前田正晶

3日には朝一番にでも掛かりつけのクリニック二行って診て頂こうと思っ ております。兎に角、テレビを見ていれば秋篠宮のご発言と貴乃花の離婚 話ばかりでそこに及川何とかも参加。「他の話題はないのか!」と叫びた くても、その気力もなかった情けない状態でした。



 ◎M-1グランプリ:前田正晶

ご存知の方もおられるだろうが、これは優勝すると1,000万円の賞金が貰 える漫才の大会である。「漫才」とは書いたが、内容は所謂「コント」と 言うか2人でやるくすぐり大会のようだと思う。「そんなものを体調が悪 いと言いながら見ていたのか」と言われそうだが、寝ながらチャンネルを いじっていたら出てきただけのこと。勿論全部見てみていた訳ではないか ら、優勝者が誰かなど知る由もなかった。

3日の朝のニュースで優勝者を知ったのだが、主催者の内だったらしいテ レ朝にとっては重大な事柄だったよう。その優勝した2人組の1人が言った 優勝の感想は私にとってはかなり衝撃的だった。「これで奨学金の返済が 出来る」だったのだ。あのような場に出て優勝して1,000万円を取る為に 奮励努力したのは解らないでもないが、そういうことを目指す為に奨学金 を貰って大学に行くという心がけというか精神が凄いと思った。単純に言 えば「大学とはそういうところだったのか」という感想である。

私は敢えて「奨学金の返済」を責めようとまでは思わない。テレ朝によれ ば約5,000組が予選に出場したそうである。これには出場資格があったと 聞いたことがあるので、全国にはその何倍もの「漫才という名のコント」 を生業にしている、というか生業にしたくて日夜励んでいる若者(必ずし も、若者とは限らないようだが)が数万人もいて、その連中の価値観 は、無事に大学を終えて就職するとか、学んだ学問を活かして世界に雄飛 するなどと言うところにはなく、M-1に出られることになっているらしい のだ。

当然、大卒ではない者たちも数多くいるだろう。私は詳しい実態というか 事情は知らないが、吉本興業などはそういう「夢見る」連中の為に学校ま で設置しているらしいのだ。であるから、そういう連中の間には常に 「先輩、後輩」という重要で尊重せねばならない序列が厳然として存在し ているようだ。その点も彼らの価値の基準に入っていると聞こえる。余談 かも知れないが、私は20年以上を「年齢で人を差別してはならない」とい う世界で過ごしたので、先輩・後輩という観念が希薄になった。

若者たちをそういう方向に誘い込み、(もしかして)一攫千金か、芸人と しての豪華生活を目指すように仕向けている存在の一つがM-1グランプリ かと思って、一寸の時間聞いていた。痛感したことは「矢張 り、超後期 高齢者には理解不能な価値観というか時代の変化だ」という点 だった。



━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

4日の東京湾岸は曇天。

3日の夢。家人の次姉宅(川崎)へ行き、洋服箪笥の引き出しをあけている夢を 見た。次姉は大変な美人で未亡人だ。
                          読者:5587人
                           

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。