政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4818 号  2018・9・30(日)

2018/09/30

                       
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4818号
□■■□──────────────────────────□■■□


       2018(平成30)年  9月30日(日)



      安倍首相は新たな国造りをしてほしい:加瀬英明

            中国は「世界のゴミ箱」へ:宮崎正弘 
             
           祝!カープ、セリーグ三連覇:馬場伯明

                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4818号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/



━━━━━━━━━━━━━━━━━
安倍首相は新たな国造りをしてほしい
━━━━━━━━━━━━━━━━━


             加瀬 英明

安倍首相は日本のために新たな国造りをしてほしい

8月にテレビ番組で、「平成がすぐに終わりますが、平成をどのようなこ とによって、記憶されますか?」と、たずねられた。

私はとっさに「平成の30年の間に、憲法を改められなかったことだ」と、 答えた。

現行の「日本国憲法」は、アメリカによる対日占領が始まってから、僅か 1年3ヶ月後に公布された。この「憲法」は、大日本帝国憲法を改正した 体裁をとっているが、大幅な改定であって、占領軍による強要がなけれ ば、とうてい1年で行えるものではなかった。

私はついでに、戦後の73年を振り返ったら、どう思うだろうか、考えた。

「日本国憲法」が公布されてから、71年になる。日本が講和条約によって 独立を回復してから、66年の歳月が流れた。それなのに、なぜなのか、こ の憲法がいまだに私たちの上に居座っている。

「日本国憲法」は冒頭から、大嘘で始まっている。「平和を愛する諸国民 の公正と信義に信頼して、われらの生存と安全を保持」(前文)すると述 べて、すべての国が平和を愛し、公正と信義を重んじていると説いてい る。誰が読んでも、嘘偽りではないか。

今日でも、政府、大手新聞・テレビは、日本が連合国に「無条件降伏」し たというが、これも大嘘だ。学校教科書も「無条件降伏」したと記さなけ れば、検定に合格しない。

日本は『ポツダム宣言』を受諾して降伏した

日本は『ポツダム宣言』を受諾して降伏したのであって、「吾等ノ条件ハ 左ノ如シ。吾等ハ左條件ヨリ離脱スルコトナカルヘシ」と述べて、「日本 国軍隊ノ無條件降伏」のみを、求めている。事実は、名誉ある条件付降伏 を行ったのだった。

1950年6月に、占領下で朝鮮戦争が勃発すると、その2ヶ月後に占領軍は 「日本国憲法」によって「陸海空軍その他の戦力」の保持を禁じたはずな のに、日本政府に警察予備隊という軍事組織の創設を命じた。

日本はその1年8ヶ月後に独立を回復し、3ヶ月後に警察予備隊を保安隊 と改称し、1954」年にさらに自衛隊に改めた。

今日、自衛隊は国際的には軍隊として認められているが、国内では政府、 国会が軍隊ではないと言い張っている。日常生活でこのような詭弁は、と ても許されないだろう。

自衛隊には「普通科連隊」「特科連隊」という、一般の国民に理解できな い部隊が存在しているが、歩兵と砲兵のことだ。自衛隊が軍、兵でないと 偽ってきたからだ。このために、自衛隊には意味不明な用語が多い。

占領下で連合国による、いわゆる「東京裁判」が行われ、敗戦までの日本 の指導者が「アジアを侵略した罪」によって裁かれた。

だが、連合国は敗戦翌年の5月から3年半にわたって“裁判”が行われてい たあいだ、オランダ、イギリス、フランス軍が、日本が大戦中に解放した アジアの民を再び植民地支配のもとに置こうとして、アメリカに援けられ て、侵略戦争を戦っていた。

戦勝国こそアジアを侵略していた

この事実だけでも、「東京裁判」が勝者による不法な私刑(リンチ)でしか なかったことが明白なのに、今日でも多くの国民が「東京裁判史観」とい う嘘を、鵜呑(まるの)みにしている。

国民があからさまな嘘を信じて、よいのだろうか?

ニューヨークのマンハッタンに、「ジ・ユナイテッド・ネーションズThe United Nations」と呼ばれる国際機関がある。UNの略称で知られている が、先の大戦中に日本が沖縄戦を戦っている時に、連合国が戦後世界を経 営するために、サンフランシスコで誕生し、日本は1956年に加盟すること を許された。

日本では「国際連合」と訳されて、「国連」と略されているが、このよう な名称の国際機関は、世界のどこにも存在していない。

もともと「ジ・ユナイテッド・ネーションズ」という呼称は、ルーズベル ト大統領が真珠湾攻撃直後の1942年1月1日に、日本と戦っていた26ヶ国 の代表をワシントンに集めて、「ジ・ユナイテッド・ネーションズ(連合 国)」と呼ぼうと、提案したことによった。

「ジ・ユナイテッド・ネーションズ」は、第2次大戦を戦っていた一方の 軍事同盟の呼び名である。サンフランシスコで国際機関の「ジ・ユナイ テッド・ネーションズ」が結成された時に、日本と戦っていることが加盟 資格とされた。

加盟資格について「すべての平和愛好国」と規定されたが、日本、ドイツ をはじめとする枢軸国と戦っていることが、「平和を愛好する国」の条件 とされた。そのために、多くの国が「平和を愛好する国」として資格をえ るために、日本とドイツに急いで宣戦布告した。

 「国際連合(国連)」は「連合国」の偽名だ

マンハッタンにあるのは、連合国(ジ・ユナイテッド・ネーションズ)の本 部だ。

日本でも「ジ・ユナイテッド・ネーションズ」は、敗戦の11月までは 「聯合國」と正しく訳されていた。今日、日本で「国連憲章」と呼ばれる 連合国憲章を起草するために、連合国の代表がサンフランシスコに参集し たが、当時、日本の外務省は当然のことに「ジ・ユナイテッド・ネーショ ンズ」を、「聯合國」と訳している。

ところが、11月から「聯合國」が「國際聯合」と曲訳されるようになった。

連合国憲章を「国連憲章」と訳してきたが、外務省による正訳では、「国 連憲章」は「われら連合国の人民は‥‥」(原文は「ウィー・ザ・ピープル ズ・オブ・ジ・ユナイテッド・ネーションズ」)から始まっており、 「ジ・ユナイテッド・ネーションズ」を、「連合国」と正しく訳している。

 日本はうそ偽りを精神の拠り所としてきた

 冒頭で「連合国」と訳しているのに、「ザ・チャーター・オブ・ジ・ユ ナイテッド・ネーションズ」は、「国際連合憲章」と誤訳している。翻訳 では同じ言葉を同じように訳さなければならないのに、おかしい。

 「ジ・ユナイテッド・ネーションズ」は誕生した時から、5つの公用語 の1つである中国語では、「連合国(リエンホーグオ)」である。韓国と北 朝鮮も「国連」を正しく、「連合国(ヨナブグク)」と呼んでいる。

 同じ敗戦国のドイツでは、ドイツ語で国際連盟が「ディ・フルカーブン ド」であったのに対して、「国際連合」はドイツが戦った連合国と変わら ない「ディ・フェアインテ・ナツィオネン」(連合国)と呼ばれている。 イタリア語でも「レ・ナツィオニ・ウニテ」であって、「連合国」だ。

 敗戦を「終戦」、占領軍を「進駐軍」と呼んで、現実を誤魔化したよう に、「ジ・ユナイテッド・ネーションズ(連合国)」を、戦前あった国際 連盟をもじって、「国際連合」に擦り替えたのだった。

 この誤訳のために、日本国民は「国連」が諸国の権力闘争の場でしかな いのに、「平和の殿堂」だと誤解して、崇めてきた。

 日本政府も、「国連」が中心をまったく欠いているのに、つい十数年前 まで「国連中心主義」を、外交の基本方針としていた。

 日本国民の精神の拠り所となってきた「日本国憲法」も、「国際連合」 も、うそ詐(いつわ)りでしかない。

 日本国憲法は日本を夢遊病にしている

 日本国民は作り事の世界に生きてきたために、現実を直視する力を失っ てしまっている。

 占領下では自由を奪われていたために、無法に従わなければならなかっ たから、仕方がなかったが、独立を回復した後も、嘘を崇める国となって いるのは、なぜなのか。

 私は幼い時に祖母から嘘をつくと、閻魔様に舌を抜かれると教えられた が、日本人はあのころより全員が、はるかに冗舌になっているから、祖母 の話は迷信だったにちがいない。

 安倍首相が自民党総裁選挙に出馬するのに当たって、「平成の先の時代 へ向けて、新たな国造りを進めていく、先頭に立つ決意だ」と述べている のに、大いに期待したい。


━━━━━━━━━━━━
中国は「世界のゴミ箱」へ
━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)9月28日(金曜日)弐
        通巻第5839号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中国は「世界の工場」から「世界の市場」、そして「世界のゴミ箱」
  トランプ・安部の「日米共同声明」を読んだか?すごい内容が盛り込 まれているゾ
*********************************

相変わらず日本のメディアの唐変木。

2018年9月27日、国連総会に出席した安倍首相とトランプ大統領の「日米 主要会談」が引き続きNYで行われ、「共同声明」が発表された。安部首 相は23日のNY到着直後にトランプの私邸に招かれて2時間余の夕食をと もにしており、入念な打ち合わせが行われていた。

したがって日米共同声明には、重大な内容が盛り込まれているが、日本の メディアは、最重要事項をスルーして、貿易面での合意事項を重箱の隅を 突くように弄(ほじ)くって、日本のビジネスにどういう影響があるの か、産業界にいかなる影響がでるのかなどと矮小な問題的だけを分析して いる。
 
商人の目線、本質を探るより、水面上の泡(あぶく)だけを見て、「ああ だ、こうだ」と騒ぎ立てている。

経団連、与党、霞ヶ関にも共通していることだが、それを集約するメディ アの報道に戦略的思考はどこにもない。

野党も解析能力が稀薄なうえ、国際情勢の認識力がゼロに近いため、 TAG(日米物品貿易協定)はTPP精神に反するとか、アメリカに譲歩 しすぎだから安部首相を追求するとか。

TPPから離脱した米国と、日本の貿易交渉は、これから二国間交渉とな ることは明白であり、日米間でFTA(自由貿易協定)を結ぶことになる だろう。その前に車の関税はしばし棚上げし、当面はTAG協議をおこな う。つまり、日本が譲歩したのではなく、アメリカ側の譲歩ではないのか?

第一に「日米共同声明」は、米国が従来の親中路線をかなぐり捨て、敵視 政策への転換を明確に示し、規制と制裁をかけるが、日本はそれに同調す ると同意しているのである。

噛み砕いて言えば、中国は「世界の工場」から「世界の市場」となって、 世界的な企業がチャイナチャイナと喧噪を示したが、その勢いは止んで、 流れは明白に変わり、中国はやがて「世界のゴミ莫迦」となるが、それを 助長すると行間が示唆している。

第二に知的財産権が盗まれ、ハイテク企業が中国資本に買収され、本来、 自国が得るべき所得が中国に環流したことをトランプは猛烈に批判し、 「グローバリズム拒絶」「愛国主義」に立脚する政策に立ち帰ると言った。

このトランプの国連演説は、中国を批判して止まないクドロー、ボルト ン、ナバロの考え方が基調にある。ところが、当初はクドロー、ボルト ン、ナバロを非難してやまなかった米国のメディアも議会人も、それを忘 れて中国批判に同調している。中国批判は、いまや米国のコンセンサスで ある。

グローバリズム拒否というのは「イデオロギー」を拒否するという意味 で、国境の壁を撤廃し、規制をなくし、つまりは国家を解体すると面妖な グローバリズムという思想では、自由主義本来の市場まで破壊されかねない。

公平なルールを遵守し、双務主義に基づく交易という原則に立ち戻ろう、 それが「愛国主義」だと主張しているのである。


 ▲日米共同声明の第六項に注目せよ

またトランプ大統領の国連安保理事会、その後の記者会見などで、ウイグ ル族弾圧の強権政治を批判している。ハッカー攻撃による情報の盗取につ いても触れた。人権、民主をよびかける程度だったオバマ政権までの米国 の親中姿勢は掻き消え、声明文には、「友好」などという文字がどこにも 見られない。

すなわち最重要事項は下記の「日米共同声明」の第六項である。

 「六 日米両国は、第三国の非市場志向型の政策や慣行から日米両国の 企業と労働者をより良く守るための協力を強化する。したがって我々は、 WTO改革、電子商取引の議論を促進するとともに、知的財産の収奪、強 制的技術移転、貿易歪曲的な産業補助金、国有企業によって作り出させる 歪曲化および過剰生産を含む不公正な貿易慣行に対処するため、日米、ま た日米欧三極の協力を通じて、緊密に作業していく」

ここでいう「第三国」が中国を指し、その中国による「知的財産の収奪、 強制的技術移転、貿易歪曲的な産業補助金、国有企業によって作り出せる 歪曲化および過剰生産を含む不公正な貿易慣行に対処する」と言っている のである。

もっと具体的に言えば、フアウェイ、ZTEを米国や豪が排除したよう に、つぎにテロリストへの資金洗浄として規制が強化された海外送金やド ル取引に対して、米国は、たとえばフランスのパリバ銀行を処分し、巨額 の罰金を課したうえで、「一年間のドル取引」を禁じた。つまりフランス の名門銀行も国際ビジネスができなくなった。

これが中国の銀行にも適用される。

米国内においても、軍事技術盗取の中国人スパイをつぎつぎと摘発し、中 国軍に直結する取引をしていた個人や企業の口座を凍結している。ロシア 財閥の在米資産凍結ばかりではない。欧米、とりわけ英仏独、スイスの銀 行も処罰されており、西側の銀行は、中国との取引に慎重となっている。


 ▲だから中国の経済はマイナスに転落する

同日、FRBは利上げを発表した。0・25%上げて、2・00−2・25「% となる。

するとどうなるのか。世界市場にだぶついてきた資金の米国への環流が始 まる。猛烈な勢いでウォール街へドル資金が流れ込んでいる。

連鎖で、新興国通貨は暴落する。アルゼンチン、南ア、ブラジル、トルコ などの通貨がどかんと下落したが、もっとも悪影響のでる中国人民元は下 落が目立たない。

なぜなら中国当局が人民元の買い支えをしているからだ。
これまでとはまったく逆で、中国は為替に介入し、人民元を下落誘導して きたが、いまは下落防止の買い支え、このためにドルを使うから、ますま す外貨準備は減少し、そのうえで対米貿易黒字が激減しているから、人民 元を買い支えるドルが払底する。

その次?

人民元の大暴落がおこるだろう。

すでに上海株は年初来15・6%の下落を示しており、人民元は4月から九 月にかけて、9%の下落を演じてきた。いかに中国が買い支えても、株価 下落は歯止めがかからず、また人民元は防御ラインのレートをまもなく割 り込んでいくだろう。

米中貿易戦争は終わりの始まりでしかなく、次は金融と通貨戦争に移行する。

もはや「紛争」レベルのはなしではない、熱戦や殺戮兵器を伴わないが、 これは「戦争」である。


▲こんな危機状況に「日中友好」?

このような時に「日中友好40年」とか、日本企業の対中直接投資経済、日 中通貨スワップ、トヨタ、日産などがEV車対応のための工場拡大とか、 パナソニックのリチュウム電池日中協同開発とか、いずれトランプ政権の 制裁の対象になるだろう。
 
中国は、この最悪事態への陥落をさけるために代理人キッシンジャーなど を使い、米国マスコミへの宣伝を強化しているが、アメリカの政治風土で いうと、トランプ大統領より、議会は対中強硬派が主流となり、米国メ ディアは朝から晩までトランプ攻撃に忙しいが、こと中国に関しては、ト ランプより強硬である。
 つまり米国は挙国一致で、中国を敵視する姿勢に転換している。この深 刻な事態をまったく理解していない日本の財界、企業トップ、そしてメ ディアは、指摘するまでもなく目が節穴、自滅への驀進を続けるつもりら しい。 
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
 (読者の声1)文藝評論家の新保祐司さんが、産経の「正論」コラム(9 月28日)に「改元を機に紙幣の肖像を新しく」として、一万円札は福沢 諭吉から西?隆盛に換えてはどうかと提言されています。
   (HD生、埼玉)


(宮崎正弘のコメント)小生が小学生の頃、お札の肖像は聖徳太子、そし て和気清麻呂などでした。板垣退助、伊藤博文もありましたね。

福沢諭吉が聖徳太子に変わったときは驚くばかりでしたが、次が西郷さん?

 個人的には賛成ですが、全体の合意をえられるか、どうか。なにしろ西 郷さんは、靖国神社に祀られていません。



  ♪
(読者の声2)明日です。平成30年9・29「反中共デー」東京大会のご案内

暴支膺懲!

暴戻支那討つべし!

暴戻支那とは、「中国共産党」が支配する「中華人民共和国」すなわち中 共の事です。中共は「反日」「共産」「中華」の三悪国家であり、我が国 の敵国です。断じて友好国ではありません。

昭和47年9月29日、我が国は中共との国交を樹立しました。この46年間、 主権侵害、内政干渉、領土・領海・領空の侵犯など、中共による敵対行為 は数限りなく繰り返されてきました。

中共の脅威に晒されているのは、我が国だけではありません。満洲、南モ ンゴル、東トルキスタン(ウイグル)、チベットなどに対する侵略・虐 殺・苛政。台湾に対する併呑の野望。中共に支配されている全ての人民た ちの苦難。中共の存在は、アジア全民族の脅威であり、人類の敵と断言で きます。

 私たちは草莽とはいえ、興亜憂国の志士と自負しています。この重大な 危機を坐視する事はできません。平成14年9月29日、所謂「日中国交正常 化」30年の秋、私たちは中共との国交断絶を目指して、9・29反中共 デーを開催しました。昨年も東京だけではなく、北海道(札幌)でも、中 部(名古屋)でも、関西(大阪)でも、九州(福岡)でも、反中共デー闘 争は展開されました。本年も「9・29反中共デー」の旗の下、勝利を目指 して、同志道友の皆さんが共に起ち上がり、共に闘う事を熱望します。勝 利を信じて、闘いましよう。

[日時]  9月29日(土)雨天決行
        午前11時〜集会開始。 正午〜行進出発
[場所]  三河台公園(東京都港区六本木4−2−27/六本木通り沿い /俳優座の横)

[合意事項]
(1)国旗の掲揚は大歓迎します。また、旭日旗やZ旗の掲揚も歓迎します。

(2)南モンゴル、東トルキスタン(ウイグル)、チベットなど、中共に侵 略され、独立を目指して戦っている国々の方が、ご自分の国家や民族を象 徴する旗を掲揚する事は歓迎します。

(3)超党派の運動の為、会旗など団体の旗を掲揚する事は禁止します。

(4)拡声器の持参は歓迎します。

(5)車輛での参加はご遠慮ください。

[連絡事項] 本年も東京大会だけではなく、北海道大会(札幌)も、中 部大会(名古屋)も、関西大会(大阪)も、九州大会(福岡)も、開催さ れる予定です。参加者には記念品を贈呈します(数に限りがあります)。
主催  平成30年9・29反中共デー東京大会共闘委員会
電話  04ー2934ー6570 FAX 04ー2934ー7868
担当者 荒岩宏奨 石田和久 榎本隆生 小松良匡



               
━━━━━━━━━━━━━
祝!カープ、セリーグ三連覇
━━━━━━━━━━━━━


        馬場 伯明

2018.9.26、カープが、ついに、セリーグ優勝し三連覇を果たした。ファ ンとして、単純にうれしい。緒方孝市監督をはじめスタッフ、選手全員に ありがとうと言いたい。「ついに」と書いたのは、マジック1になってか ら9.24(De1A)、9.25(ヤクルト)と地元で連敗し、ファンをやきもきさ せたからである。

カープの三連覇については、その後の新聞、TVなどで、試合の様子や選手 の言葉などがくわしく報じ尽くされているから、書いてもダブるので意味 が薄い。また、反カープファンから「それは知っている。いい加減にし ろ」という叱声もどこからか聞こえる。

だから、新聞やTV報道などとは無関係な個人的なことを記す。

1つ目。勤務先での会議が終わった20:00、カープの(東京の聖地の) 店、神田の「Big ?Pig神田カープ本店」へ単身直行した (03-3255-6262)。店は(当然)満員で地下入口への階段に10数人が並ん でいた。若い従業員が「入店は無理です」と叫んでいる。前の若いカップ ルが「ここはダメですね、隣へ・・」と言う。

次善の策で隣の「酒場五郎」に入った(03-5256-2626)。だが、ここでも 3人と2人組の5人が空席を待っている。奥のカウンターに1席があり、ラッ キー!案内された。すでに7回表、カープの8:0で勝利目前だ。鶏串、煮 込み、ビール(ジョッキ)。TV画面を100%の余裕をもって観る。「酒場 五郎」は「Big-Pig」の隣にあり店はいつもカープファンで埋まる。

7回裏、安部友裕が3塁打、田中広輔のヒットで1点。菊池涼介がヒット1・ 2塁。丸佳浩がライトへヒット1点で10:0。大差だが9回裏は守護神の中崎 翔太がマウンドに。坂口、上田が凡退し、ついにそのときが来た。強打者 山田哲人を三振に抑えゲームセット、優勝が決まった。

店内に大歓声があがり、ハイタッチ、ハグ、抱擁、乾杯のジョッキの音が 響いた。隣席の若い男性は「広島から単身赴任1年目、昨年は東京ドー ム、今年は広島で優勝が決定したので、球場に行くことができず残念でし た。でも、ここでTV実況を観たので最高です」と。私は昨年東京ドームの 優勝決定のとき外野席にいたことを(少し)自慢した。ジョッキ5杯目。

興奮が残る「酒場五郎」を21:30に出た。隣の「Big ?Pig神田カープ本 店」からも三々五々ファンが出てきていた。店の前で写真を撮ってもらっ た。総武線(グリーン車)でハイボール缶を傾けながら、i-Phoneの Sports Navi(プロ野球速報)の1〜9回の攻(防)を確認・反芻し、幸福 感に浸りながら千葉へ帰宅した。

2つ目は、「おまえは、広島県の生まれでもなかっとに、なして(なぜ) カープファンばしとっとか?」である。そう訊かれたら、おおむね「ま あ、いろいろ・・・」と笑ってやり過ごしてきた。

長崎県(島原半島)雲仙市(南串山町)の生まれである。昭和30年代、九 州でも大半の子供は巨人ファンになった。または島原市でキャンプを張っ ていた西鉄ライオンズ(当時)のファンもいた。ところが、私はカープ ファンになってしまった。一目惚れ(love at first sight)というよ り、むしろ、「突然恋に落ちた(suddenly fell in love)」のだ。「鯉 (carps)の中に落ちた?」のかも・・・(笑)。

「南海ホークスから別所毅彦(昭:投手)を奪い優勝している横暴な(悪 者!)巨人である」と近所の青年が怒っていた。小学校6年生の私は、判 官贔屓的な感情から、弱小球団のカープのファンになった。

長谷川良平の巨人戦での快投も影響したかもしれない。中学生の頃、一瞬 「しまった!」とも思うこともあったが、もう遅い。「カープファンに なった!」と言うてしもたので、「覆水盆に返らず」「吐いた唾は飲めな い」。

夏目漱石は「三四郎」の中で「Pity akin to love(憐れみは恋の始ま り)」を「可愛そうだは惚れたって事よ(原文は「かな」表示)」と翻訳 したが、後講釈をすれば、私の場合カープへの幼い恋心(pity・・)だっ たのか。

かつてほぼ全著作を読んだ司馬遼太郎を、ある事情から後年嫌いになるな ど、作家、小説、映画、他のスポーツ、趣味・・・などの好き嫌いは変遷 した。しかし、プロ野球球団の贔屓については60余年まったく浮気をせず カープ一筋である。「なぜ、(あんな)カープのファンなのか?」と問い 詰められる度に反発し意固地になったからかも知れない。

さて、現実・・・現下のたたかいに戻る。三連覇の美酒に酔ってばかりで はいられない。これからが本番なのだ。この後、残6試合をこなし、セ リーグのCS(クライマックスシリーズ)になる。カープの出番は、 2018.10.17からのCSファイナルステージ7連戦である。相手はヤクルト・ 巨人・DeNA・・・?まだわからない。ここを必ず突破してほしい。

2018.10.25から日本シリーズだ。パリーグのどのチームが来ても、しっか りたたかい日本一になってほしい。私たちカープファンは、無条件に応援 し祈るだけである。そして、勝って全員で「それ行け、カープ ―若き鯉た ち―」を声高らかに歌おう。

カープ カープ カープ
広島 広島カープ

空を泳げと 天もまた胸を開く
今日のこの時を 確かに戦い
はるかに高く はるかに高く
栄光の旗を立てよ   (以下、2・3番は略)

この歌は、作詞・有馬美恵子 作曲・宮崎尚志。1975(昭和50)年の夏に 発表され初優勝への背中を押した。有馬さんは「小指の思い出(伊東ゆか り)」、「17才(南沙織)」などをつくった当時の人気作詞家。「あの歌 詞は私のカープへのラブソングでもあるんです」という。彼女は筋金入り のカープファンである。

私は、カープOBがいる「彼岸」を想像する。そこでは、カープのリーグ三 連覇を、長谷川良平(投手)、金山次郎(二塁手)、石本秀一(初代監 督)、根本陸夫(監督)、それに加わった衣笠祥雄(三塁手)らが、車座 で酒を酌み交わし「(カープも、また、また)強くなったのう・・」と目 を細めているだろう。

日本シリーズでの優勝を私たちはぜひとも見たい。彼らにも見せてやりた いものだ。カープの健闘を祈念する。(2018.9.29 千葉市在住)


       
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

◇◆◇写真映像情報網◇◆週刊AWACS 2018年9月30日◇◆◇◆◇

▼唸声日本映像/河口湖の6か所の保育園でヒスタミン食中毒の92名は回復

9月27日、富士河口湖の6か所の保育園に提供された給食を食べた園児と職員に湿疹やかゆみの症状が起こり、給食の「マグロの味噌がらめ」と食材のマグロに食中毒のもとになる高濃度のヒスタミンが検出されました。

このヒスタミン食中毒の症状は顔や首の発疹、口や喉の灼熱感、かゆみ、悪心・嘔吐、腹部痛・痙攣、下痢、頭痛、動悸、めまいなどです。いずれも12時間くらいで回復するケースが多く軽症です。

マグロの味噌がらめのように油で揚げていてもヒスタミンは破壊できません。つまり、煮ても焼いても食えないのです。魚を室温で放置しておくとヒスタミンを蓄積させてしまいます。

ヒスタミン生成菌はエラや消化管に多く存在しますので、これらは早めの除去を心がけ、すぐに冷蔵庫へ移してください。給食業者の問題かマグロの流通業者の問題かを明確にしないとなりませんね。こうしてメディアを騒がせる食中毒が起きると企業としては一気に信用を無くし、存続の危機に陥ります。

映像:FNN 9/30:発症原因はヒスタミンによる食中毒 園児ら92人回復

https://www.fnn.jp/posts/00402018CXL

上記ニュース映像の保育園のストリートビュー↓船津保育所

https://goo.gl/maps/yC5uUQe3ZWk

では、今週号をお楽しみください。

https://ameblo.jp/unarigoe/entry-12408516431.html

2018/9/30 唸声


 ◎【ソウルからヨボセヨ】米朝ほめ殺し 悪口にたけた民族の慣れない外交

ごく個人的な感想だが、韓国人はあまり人をほめないように思う。韓国人 との間で共通の知り合いのことが話題になり、こちらが知り合いをほめる とだいたいいい顔をしない。日本人でも人の話題はほめるよりけなし批判 する方が盛り上がるが、韓国人は人をほめたり人のほめ言葉を聞くと、自 分が下になったように感じるらしい。

その結果(?)、逆に批判や悪口が発達していて「ヨク(辱)」といわれ るののしり言葉を日常的によく耳にする。伝統的に“正義”を主張し合う論 争文化が発達したことも背景にあるようだが、これが政治や外交にも遺憾 なく発揮される。とくに北朝鮮の場合、革命とか戦闘とか“闘争”を強調す る国家体質もあって他者に対する非難、悪口にたけている。

その北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領が、昨年までの ののしり合いから一転しきりにほめ合っている。今週も金氏から芸術作品 のような手紙をもらったというトランプ氏は「彼は私が好きで、私も彼が 好きだ」とまるで恋人同士の雰囲気である。

この米朝ほめ合いは相手の気分をよくして先に譲歩を引き出そうというの が狙いだから、いわば“ほめ殺し合戦”である。伝統に反し慣れない戦術に 踏み切った金氏の勝算やいかに?(黒田勝弘)

【写真】 北朝鮮・金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統 領=6月12日、シンガポール(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
<http://www.sankei.com/column/photos/180929/clm1809290005-p1.html>http://www.sankei.com/column/photos/180929/clm1809290005-p1.html
【産經ニュース】 2018.9.29 12:15 〔情報収録 − 坂元 誠


 ◎気象病の苦しさが続く:前田正晶

もう9月も終わりと言って良いだろうが、今月に入って日記帳兼予定表兼 出納帳にその日の天候を「晴」と記入した日が5日くらいはあっただろう か。遺憾ながら、これ即ち「本日は気分爽快。何かやってやろうか」など と積極的になれた日などは極めて少なかったということ。28日は気持ちが 悪い(はおかしいかな)ほどの雲一つない好天に恵まれたが、出来たこと と言えば精々ジムに行って予定通りに体を動かせた程度のこと。

そこに29日から台風24号とやらの影響で低気圧・高温・高湿度と三拍子が 揃っては肩こりと筋肉痛で朝から気分は冴えず、8時30分に毎週の行事で ある掛かりつけのSクリニックに雨がパラパラと降り出したのをものとも して向かった。それでも8時40分に到着して3番目という状態。待つこと40 分で順番が回ってきた。S先生は慎重に診察されて「大丈夫」の一言で、 これも言わば決まり切った治療であるブロック注射で終わった。

帰宅後は凝りや痛みはほぼ解消したが、この薄暗い陰気な天気では気分も 冴えず、余り何かする気にもなれずにテレビをボンヤリと眺めているだ け。女子の日本オープンというゴルフをやっていたが、三連覇を目指すと いうアメリカ帰りの畑岡奈沙が1位に上がったり2位に落ちたりと一応健闘 している様子なので、何とかなれば良いがと思っていた。これで明日は台 風が日本を縦断するという予報では、日曜日も気分爽快に過ごせる望みが なくなってウンザリである。この陽気は何とかならないものだろうか。

 ◎テレビ局がカタカナ語の氾濫させている:前田正晶

私がカタカナ語排斥論者として常に非常に気になっていることがある。そ れは各テレビ局が率先して奇妙なカタカナ語を使っていることだ。即ち、 彼らがカタカナ語及びこれらと日本語を組み合わせた表現を余りにも濫用 しているのだ。この傾向を助長している大きな要素に、テレビに登場する 無知蒙昧なタレント(これだってカタカナ語だ)のみならず、所謂有識者 や専門家と紹介される教養が方々までもが何ら躊躇うことなくこの類いの 表現を使っていることがあると思っている。

それを聞かされた罪なき一般大衆というか視聴者は「あのような権威者も 使っておらるのだから、我々も真似しても良いだろう」となってしまうの で、一層カタカナ語の普及が促進されていると思っている。

しかし、今日のようにカタカナ語の氾濫がここまで来てしまうと、私は彼 らの中には衒ってカタカナ語を使って語るのではなく、あの類いの言葉を 日本語だと思い込んで使っているタレントや俳優の連中が多いのだと見做 す方が正しいではないのかと思うに到った。そうでなければ、彼らは十分 に国語の教育を受けていなかった為に、「漢字」とその熟語を使えるだけ の国語の知識がないのではと考えても良いのだとすら考えるようになった。

それに加えて、これも私の年来の持論である「言葉は耳から入るものが最 も影響力が強く、普及しやすいこと」があるので、テレビが流しているお かしなカタカナ語交じりの日本語が無知蒙昧な輩に強くて悪い影響を与え ているのも、これまた事実だと思う。しかも、困ったことに、カタカナ語 化された外国語は多くの場合に本来の意味と違っているか誤って解釈され ているので、それでなくとも効果が上がっていない我が国の英語教育に好 ましからぬ影響すら与えていることもあるだろうと思っている。

そこで、思いつくままにそういう好ましからぬ外来語(英語としても良い だろう)がカタカナ語化された例を挙げていこう。

*「*〜ゲットする」、「〜をスタートさせる」、「〜をオープンする」、 「〜のトラブル」、「〜をコンパクトに」、「〜のインパクトが*」:*
これらカタカナ語混じりの表現はウンザリするほど多用されている。私は 順番に本当の日本語に直していけば「〜を入手した」、「〜を始めた」、 「〜を開店または開業して」、「〜の事故、故障、もめ事、心配、苦 労」、「〜を圧縮する、凝縮する、固める、簡潔にする」、「〜の影響 が」とするのが本当の日本語だと考えている。他に私が見る問題点は 「ゲットする」などは既に過去のことなので、英語ならば「ガット」であ るべきだ。こういう時制を無視している点にカタカナ語の問題点があると 指摘しておく。

シーン:

*これはけっして物音がせずに「シーンとなった」という日本語ではな い。私は長い間この屡々用いられている「シーン」が英語では scene
、即ち、「場面」、「現場」、「場所」、「現実の出来事」だとは気が付 かなかった。仮名書きすれば「スイーン」の方が元の英語に近いと思う。

リベンジ:

これは松坂大輔が使い始めたので、何となく格好が良いカタカナ語として 普及してしまった。困ったことは、revengeは目的語を伴うべき動詞なの で、「誰に仕返しをするのか」を明らかにすべきなのだ。ここまで言え ば、「リベンジ」が誤って使われていると解るだろう。私は「報復」なら ばretaliation 方が良いと思うが、松坂の語彙はそこまでに入らなかったか。

ベテラン:

スポーツの世界でも何処でも一寸経験がある者は全てこの veteran
で括るようだ。この言葉の本来の意味は「古参兵、老練乃至は歴戦の兵 士」という意味であるし、アメリカでは「退役軍人」を意味するのだ。私 は文語だと思っているし、アメリカ人たちとの会話の中でも何でも使った 記憶はない。こう言う場合に「古参の選手、老練乃至は歴戦の選手、練達 熟練の選手」と何故言わないのだろうか。矢張り国語教育の至らなさか。

「コミュニケーションをとる」:

おかしな表現だ。これは思うに「意思の疎通を図る」と言いたくて使われ ているのだと思う。だが、私の長年の英語の世界暮らしの経験の範囲内で は、そう言いたくて(書く時にも)“communicate”という言葉が使われた 記憶も経験もない。Oxfordには“to exchange information, news, etc.with 〜”が出てくるが、その通りだろう。語り合うのならば“talk to”もあれば“speak to”もあるし「一寸話をしよう」であれば会話体で、 “Let’s sit down to have a chat.”等と言って話しかける。

アップするまたはダウンする:

先ず言っておくべきことは up も downも名詞ではないことだ。これらの 後に安易に「する」を付けて「上げる、または上がる」か「下げる、また は下がる」と言いたくて使うのは邪道だ。これらの言葉は「前置詞」か 「副詞」なのだ。カタカナ語の世界では恰も動詞の如き捉え方をしている のは良くない。英語にはそういう使い方がないと知った上で使え。

故に、「イメージアップ」だの「レベルアップ」などは論外なのだ。広辞 苑にも「和製語」とされている。プログレッシブ和英には「イメージアッ プ」は
improve the image と出ている。因みに、「レベルアップ」は例文として raise the level of a soccer team
とある。私は「もう一つやな」と思う。

こういうおかしなカタカナ語及びカタカナ語交じりの例は未だ未だいくら でもあるが、この辺りで打ち止めにしてまたの機会に譲りたい。


 ◎「職業がん」に注意 原因物質、皮膚を通し吸収も

【産業医が診る働き方改革】

金属部品の製造工場での出来事です。一連の作業に、金属部品を強アルカ リ性の溶液に漬けて洗浄するという工程がありました。もちろん従業員は 保護手袋をしていますが、有機溶剤用の手袋を使っていました。

 すぐに手袋の素材を確認したところ、酸やアルカリへの使用は推奨され ていません。工場では有機溶剤を使う工程もあるので、おそらく手袋の素 材をよく確認せず、そのままアルカリ洗浄作業にも使っていたのでしょ う。私は、アルカリ洗浄作業には、耐アルカリ性がある素材の保護手袋を 使用するよう指導しました。

 化学物質を取り扱う作業で適切な保護手袋を使うことは、皮膚障害を防 ぐためだけではありません。2015年、福井市の化学工場で従業員のぼうこ うがんの集団発症が発覚。その後の調査で、原因となる化学物質は手の皮 膚から体内に吸収された可能性が判明しています。

 このように、仕事中に体内に侵入した化学物質が原因で発症するがんを 「職業がん」と呼びます。これまでの職業がんの報告事例では、原因物質 にさらされる経路は吸入によるものが大半でしたが、福井市のぼうこうが んのケースは皮膚を通して吸収されたと考えられています。これを受け て、労働者に健康障害を引き起こす可能性が高い「特定化学物質」の中で も、皮膚から吸収されることで健康に影響を及ぼす恐れが大きい物質を取 り扱う場合、保護具の着用が義務づけられるなど規制が強化されました。

手袋やマスクなどの保護具を適切に使うだけで、化学物質が体内へ侵入す るリスクを下げることができます。しかし、実際の作業現場では、不適切 な素材の保護具を使っていたり、「面倒くさい」「細かな作業がやりにく い」などの理由で着用を徹底していなかったりする問題が、今でもあるよ うです。

 仕事で化学物質を取り扱っている皆さん。作業時に保護手袋をきちんと 使っていますか。扱っている化学物質に対して適切な素材のものでしょう か。もう一度、初心に帰って確認してみてはいかがでしょうか。

  (上野晋=産業医大教授)西日本新聞9/29(土) 8:02配信




━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

30 日の老境湾岸は雨。



                        読者:5587人

                        

                     

                      


                         

                         






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/09/30

    痔の薬「ボラギノール」の正体は外科用強力麻酔薬である!



    (麻酔薬リドカインに恐ろしい副作用)



     「私は外にサッ、私は中にチュッ・・・・」のテレビCMでおなじみの痔の薬「ボラギノール」シリーズ。愛用者は相当な数にのぼる。その効能は「いぼ痔、切れ痔の痛み、かゆみの改善」である。その効能成分「リドカイン」を調べて驚いた。これは外科用強力麻酔薬だった。つまり、強力な局所麻酔薬であり、局所麻酔作用はプロカインの2-4倍強力であり、毒性の強さは同程度。速効性なので手術や緊急の場合に利用される。外科用麻酔薬を痔に塗れば、痛みが消えるのは当然である。しかし、麻酔が切れると、また痛みが襲ってくる。つまり、麻痺だったのである。



     リドカイン「添付文書」には「劇薬」とある。その定義は、薬事法によれば、「毒性が強く、中毒量と常用量が極めて接近している」「副作用発現率が高い」「使用量を見誤ると危険」と指定されている。リドカインの副作用も怖く、「急性心筋梗塞」「アナフィラキシーショック様症状」「薬物毒性」「肝臓障害」などがある。そもそも麻酔は、その毒性で知覚神経・運動神経を遮断する。さらに手足の冷え、血圧低下、低酸素血症、意識喪失、血流低下などの副作用がある。



    「ボラギノール」愛用者は、お尻に強力外科用麻酔薬を塗っていたのである。麻酔が切れれば、確実に強烈な痛みがぶり返す。さらに、麻酔薬による血行障害で、肝心な痔疾の自然治癒力も阻害される。だから、愛用するほど痔は慢性化し悪化していく。→「不可」



    (「ブリザエース注入軟膏」の「止まって治す」は不当表示である)



     ブリザエース注入軟膏の「止まって治す」は、肛門の奥に薬剤を注入する。主成分は、局所麻酔薬リドカインである。「痛みを止めてくれる」が「痔は治せない」。麻酔が切れたら、また痛むの繰り返しである。だから、CMの「止まって治す」は不当表示である。そもそも痔の原因は血行不良である。それは動物食、砂糖の過食による体液酸性化で起こるのである。→「不可」



    (鼻づまり薬を気楽に使うと命に関わる)



     花粉症で鼻をグズグズいている人は多い。「鼻がスカッと抜ける」を売り物にしているのが「花粉症対象薬」や「鼻炎薬」である。



    「コンタック鼻炎スプレー」→有効成分は、べクロメタゾンプロピオン酸エステルであり、これはステロイド剤の一種である。ステロイドは最初は劇的に効くが、そのうち使用をやめた途端にリバウンド症状に襲われる。そうして、その症状は深刻化していく。いわゆるステロイド地獄である。この薬剤には、眼圧上昇、肺炎、アナフィラキシーショック、てんかん、骨壊死、カンジダ症、紅班など17件もの副作用報告がある。さらに添加物も問題だらけである。こんな毒物・刺激物のエキスを鼻にスプレーしたら、最終的には副作用で大変なことになる。→「不可」



    「ストナジェルサイナスS]→「鼻づまりにストナ!」のテレビCMは、如何にも鼻がスッキリしそうである。しかし「ストナ」の正体は、総合風邪薬だった。その証拠に、SJS(スティーブンス・ジョンソン症候群)の原因薬剤アセトアミノフェンも配合されている。つまり、「ストナ」にも命に関わる重大副作用SJSのリスクがある。「鼻水、鼻づまりに効く」と謳われている成分ベラドンナ総アルカロイドの毒性は「嘔吐、散瞳、異常興奮を起こし最悪、死に至る」とは恐ろしい。その他副作用も「麻酔性イレウス、中毒性巨大結腸」と凄まじい。鼻づまり程度でストナを常用するとトンデモナイことになる。→「不可」

  • 名無しさん2018/09/30

    沖縄知事選

    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/09/29/2711%e3%80%80%e6%b2%96%e7%b8%84%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e9%81%b8/

    玉城デニーが発した「一国二制度」

    https://vpoint.jp/column/120936.html

    本当にデマで片付けられるのか?

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53295517.html 

    沖縄知事選に衝撃 玉城氏が発した『一国二制度』という言葉の恐ろしさ

    http://jpsoku.blog.jp/archives/1072458435.html

    玉城デニー氏告発される!政治資金規正法違反で

    https://vpoint.jp/column/120936.html

    多くの県民は翁長県政にNOの評価を下している 

    https://hijai.ti-da.net/e10733050.html

    沖縄県知事選挙:なぜ期日前投票が伸びているのか

    http://agora-web.jp/archives/2034912.html

    次は北海道が狙われる

    https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/9e2d4721577da324cee871bef61b13ba?fm=entry_awp_sleep

    東方の三博士

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%9D%B1%E6%96%B9%E3%81%AE%E4%B8%89%E5%8D%9A%E5%A3%AB&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwilzqvu1d7dAhXRFogKHb6dDLUQ_AUICigB&biw=1088&bih=522&dpr=1.75

    「直系と傍系、男系と女系」ひとめでわかる皇位継承の基礎知識

    http://blog.livedoor.jp/shinseihoshu/archives/51958423.html

    片付けられない人は、実はものすごい才能を持っている人だった

    https://www.huffingtonpost.jp/yourtango/messy-people-are-really-just-productive_b_8778194.html

    日本を乗っ取る在日韓国人の陰謀!一方その頃、祖国朝鮮では…

    http://tsunami311.seesaa.net/article/227210936.html

    朝鮮人の公務員

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12146587819.html

    「スペイン風邪」の現場証言

    http://www.asyura2.com/0510/health11/msg/158.html

    福沢諭吉翁:脱亜論:現代語訳

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-141.html