政治・経済

頂門の一針

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

全て表示する >

頂門の一針4808 号  2018・9・20(木)

2018/09/20

                                                   
□■■□──────────────────────────□■■□ 
わたなべ りやうじらうのメイ ル・マガジン「頂門の一針」4808号
□■■□──────────────────────────□■■□


       2018(平成30)年  9月20日(木)



          「よろしくマイマザー」を観て:馬場伯明

            カーン(パキスタン首相)が:宮崎正弘
          
     安倍3選につけいる隙がないー自民総裁選:杉浦正章

              足の血管にもステント:石岡荘十                                
                      話 の 福 袋
                       反     響
                       身 辺 雑 記


□■■□──────────────────────────□■■□
第4808号
                             発行周期 不定期(原則毎日発行)
             
               御意見・御感想は:
                  ryochan@polka.plala.or.jp

                購読(無料)申し込み御希望の方は
                    下記のホームページで手続きして下さい。
  
       http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
    バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/

    ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/




━━━━━━━━━━━━━━
「よろしくマイマザー」を観て
━━━━━━━━━━━━━━


          馬場 伯明

友人Mさんの紹介により2018.9.7吉祥寺シアターで劇団晴天の「よろしく マイマザー」を観劇した。「Web感想まとめ」を読めばほぼ100%が「よ かった」と。これって何?彼らは宗教団体集会に参加した信者なのか。

そこで、(劇評家ではないけれども)私はまず「ケチ」をつけ、その後少 し誉めたい。超有名劇ではないようなので、劇団とあらすじを紹介する。

「劇団晴天」は大石晟雄(あきお26・主宰者)と鈴木彩乃(25)による演 劇ユニット(HP)。大石は2011年に「カナリアは眠らないから」の脚本と 演出。次々作品を発表する才能溢れる若者である。

鈴木は舞台・映画俳優。振付。ダンサー(コンテンポラリー)。舞台は 「MOTHER〜特攻の母島濱トメ物語〜」「天守物語〜夜叉ヶ池編2018」など 多数。「よろしくマイマザー」では主役(次女)である。

「あらすじ」。さびれた雀荘「もみじ」を舞台に物語が展開される。夫の 急死により1人で店を守ってきた妻の好子が突然倒れる。心配し帰って来 た娘2人。だが、嬉しがる母の認知症が進む。姉妹にも自分の生活があ る。雀荘の常連客、出入り業者、隣人らが母と2人をあたたかく見守り、 ともに、考え、悩み、泣き、笑い、前を向いていく・・。

では、ケチの第1.認知症の理解と表現(脚本・演出)に私は不満であ る。(仮に)母(好子:鈴真紀史)を60代とする。母の症状は軽度認知障 害(MCI:Mild Cognitive Impairment)から認知(障害)症(Dementia) への急激な!進行の途上にあると思われる。

認知症は、1.本人、2.介護者(や近い人)、3.第三者(劇では観客)の三 者、とくに1.と2.の関係が重要である。1.正常から異常への断続的な往復 を繰り返し認知症へ至り「人間」が壊れていく。見当識障害・粗暴(暴 言・暴力)・無為自閉から種々の問題行動がある。物忘れ、お漏らし、介 護拒否、徘徊・せん妄、被害妄想(泥棒・・)、異食、弄便、性的異常言 動など。

2. 介護者(姉妹ら近い人)は好子との過去の楽しい思い出を反芻する。 しかし、眼前の人は壊れている。大きな失望、落胆、嫌悪感、そして拒否 感へ向かう。ひと踏ん張りしどう向き合うのか。3.は、善意であっても基 本的には無責任な傍観者である。

脚本・演出者は、1.と2.の細部を見つめ両者の落差を際立たせ、もっと過 激に表現してほしい。「オマエは泥棒だ、売春婦だ(被害妄想)」「お母 さん、それウンコ!食べているの?(弄便・異食)」・・。そして1.と2. の落差を埋める方策の提示は・・・難しいが挑戦してほしい。

ある「Web感想まとめ」に対し・・。「他人事ではないなと思いなが ら・・〈M〉」:と書く〈M〉は他人事目線だ。認知症介護の現場を知らな いのではないか(と思う)。「あったかいお話でした。ほかほかしながら 観れた〈K〉」:「ほかほか」と同時に現実の暗い影も直視してほしい。

第2.姉(白石花子)に妊娠を告げられ婚約者(田中孝宗)は「父として 育てる」と言った。朴訥なやさしさがあった。しかし、「きみが生む子 だ。僕はきみのDNAを愛する。その子の声を今聴きたい」と小声で言い、 耳と頬を彼女の下腹にそっと押しあてる。そんな演技を私は観たい。

第3.雀荘「もみじ」は常連客だけ、倒産の日は近い。馴れ合い麻雀で、 警察への忖度なのか賭け麻雀もないようだ。「メンタンピンドライチ、満 貫!」「タテチン!ロン!」と威勢の良い声も聞きたいけれども、無理 か。おしぼり屋も八百屋も頑張ってくれているのに。ただ、肝心の若い観 客男女は麻雀の経験などないと思われ・・・白けている。

観劇の翌朝2018.8〜9.10まで長崎へ帰省した。9.8の夜故郷の友らと麻雀 をした。何と!親でチョンボ(罰金12000点)。4本場の「リャンシ」で役 なしリーチ即ツモ。大いに笑われた。でも、収支はトントンだった。

ここで、劇の、主に演技のよかった点・・・。私は人前での歌や喋りは苦 手だ。出演者12人は優れて個性的な表現者であった。姉(白石花子)が重 い役を淡々と演じ、妹(鈴木彩乃)が切れ味のいい語りで呼応した。母 (鈴真紀史)は認知症に落ちていく女の闇をむしろ明るく演じた。

川手淳平(八百屋)の演技には味があり、失業中の介護師(本多由佳)は 麻雀を投げやりにやっていた。オシボリ屋の兄ちゃん(加藤巧巳)は自然 体でよかった。雀荘の学生バイト(荒木広輔)も素直な演技であった。大 舞台やTV俳優として活躍できると思った(活躍してほしい)。

美人のチーママ(佐藤沙紀)はキャバクラと雀荘を往復する常連。キャバ 嬢バイト(らしい)女子大学院生(角田悠)は気だるい役を好演した。可 憐で真面目な妹(鈴木彩乃)の恋人(藤木陽一)はまだ映画監督の卵であ り中途半端な生き方をしている。2人の宙ぶらりんな揺らぎはどうなるの だろう。彼女(鈴木)はどう突破するのか。

大石晟雄は若い。彼の祖父母は(ご存命でも)いずれ心身が弱る(認知 症・ロコモ)。そのときは、下の大小を拭きオシメを替え、できれば風呂 にも。その体験により現在の脚本(台詞)や演出の観念的な部分が一変す るだろう。Webにある「繊細で」「認知症へ向き合い」「描き方が丁寧 で」「痴呆症に真っ直ぐ向き合う」などの誉めの言葉が「本物」になるは ずである。(私は父母〈94・93歳で死去〉の下の世話をし、風呂で背を流 した)。

50年前「フランス5月革命」の1968年、世情騒然としていた年に大学を卒 業した。世間は過激で直截的な手段で解決を求め、あがき、苦悶し、行動 していた。それらは演劇にも複雑に投影されていた。

時は過ぎ今の子供世代(30〜40代)や孫世代(〜20代)は団塊の世代など とは異なる。いい子が多い。やさしい、かしこい、計算高い、気配り、出 過ぎず、争わない。それに即応した脚本や演出が求められるのであろう。

大石はこう言うかなあ。「爺さん(馬場)、自分はわかって書いている」 と。1970年代風に過激な演出をすれば同世代の観客にドン引きされる。芝 居は観客商売。だから彼は過激さをオブラートで包んだのかもしれない。

若い意見がWebに載っていた。「上手く人物の心情を描いていたと思いま す。ただタバコのシーンは今の時代不要かと思います〈G〉」と。笑止! この劇は禁煙CMではない。雀荘にあの喫煙は必要だ。不要なら、キャバク ラ、喧嘩・暴力(園田シンジ)も皆不要、何よりも麻雀が不要である。違 法(賭博)の巣窟の雀荘が舞台なのに〈G〉はなぜこれを不要と言わない のか。

雀荘「もみじ」に来る人たちは心やさしい人たちだ。大石はそのように描 く。他人を騙し生きる人はいない(嘘は映画監督・You Tuberだけ)。 「痴呆症に真っ直ぐ向き合う作品で〈T〉」「素敵な良いお芝居だった 〈A〉」「現実ってツラいこともあるけれど、あたたかさだってあるんだ よ〈N〉」「どこかで起きていることをそのまま切り取った様で引き込ま れました。ぶつかり合って支え合える家族も温かい隣人もいいなって〈H〉」

観客はこの劇を高く評価し前向きの明るい感想を述べている。この劇は若 者たちに問題を提起しつつも、あたたかさを振舞い、(一応)大成功を納 めた。母・好子の認知症進行、雀荘の経営不振、そして、その他の人間関 係の葛藤も、劇中では「ほかほか」と解決されていくようにも思われた。 幕が下り観客は満足げに笑顔で家路を急ぐ。

「しかし」と私は思う。観客のうちの介護する人たちは「(劇場へは)行 けばよいよい、帰れば怖い」または「劇観て天国、帰って地獄」ではない のかと・・・。「♪家に帰ればセキスイハウス」ではなく、厳しい介護地 獄の現実が待っている。

話しが長くなった。ともあれ・・・、「よろしくマイマザー」の終演に際 し、劇団晴天とそれから特に大石晟雄と鈴木彩乃の若い二人に、「おつか れさま、さらに前へ!」とエールを送る。未来は君たちのものである。 (2014.9.18千葉市在住)

(追記)

1.劇団晴天の今後公演。「君に捧ぐ、天つ風の詩」2018.10.24〜28。@日 暮里d-倉庫。「劇団晴天の『曇天短編集』」2018.12.15〜26スタジオ空 洞。夢を追う鈴木彩乃など若者の芝居にどうぞお運びを・・・。
(25wayp@gmail.com https://g-sayten.jimdo.com
2.写真・文章の引用は劇団晴天hp、感想まとめ、カンゲキLab。
3.開演19:30までに時間があった。吉祥寺シアター入口のT字路の焼鳥と 和食の店「玉屋」でレバー・ビール。
4.昨年四谷2丁目のスナック?樹(たかぎ)のママから「隣室で雀荘オー プン」と連絡があった。そこで提案です。「よろしくマイマザー」関係者 の方々、マージャン高樹で卓を囲みませんか(03-6380-0057)。麻雀しな い人には隣のスナック高樹にカラオケもあります。(了)



━━━━━━━━━━━━
カーン(パキスタン首相)が
━━━━━━━━━━━━
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018年)9月18日(火曜日)
        通巻第5834号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 カーン(パキスタン首相)がサウジアラビアを電撃訪問
  IMF管理を回避するために、金融危機を克服しなければならない
********************************

イムラン・カーン首相は9月17日、イスラマバードを発ってリヤドを 訪 問する。国王の招待により、2日間の実質的な訪問で主たる議題は今後 の経済援助。とくに金融援助の詰めを行う。

すでに中国とのCPEC(中国パキスタン経済回廊)プロジェクトは 6620億ドルという途方もない借金のため、パキスタンは西南部のグアダ ル港を43年間、中国の租借地として認めたうえ、追加で20億ドルの緊 急 融資を受けた。

他方、バジワ陸軍大将が北京を訪問している。経済援助が表向きのテー マだが、両国は半世紀以上の軍事同盟国であり、国家安全保障問題、アフ ガニスタン問題、インド戦略などを話し合ったと見られる。

このタイミングでカーン首相は就任後初の外国訪問を中国ではなく、サ ウジアラビアとしたことの意味は重要だろう。サウジと中国のバランスを はかり、外交の梃子とする企図はありありとしている。

第一にパキスタンの核兵器開発は、おおむねサウジアラビアの資金援助 があってなされた。サウジは万一の危機に遭遇したときはパキスタンの核 を活用する(背後からイランを攻撃できる)

第二に首都のイスラマバードに聳える世界一巨大なモスクも、サウジア ラビアが全額寄付して建てられた(1966年、サウジ国王ファイサル国 王 が寄付した)。

それまで首都はカラチだったが、イスラマバードを人工都市として、新し い首都を都市計画に基づいて碁盤の目のような整然とした都を建設したの だ。筆者も行ってみたことがあるが、パキスタンのあらゆる場所の喧噪、 猥雑な風景とは別世界、静かで清潔な都市である。
隣のラウルピンジには国連の事務所がある。

『ザ・タイムズ・オブ・インディア』(2018年9月18日)の報道で は、パ キスタンは「IMF管理体制になることを回避するために、金融危 機を 克服しなければならない」として資金援助を要請するが、すでに45 億ド ルの緊急融資が内定しているという。

     ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆読者の声 どくしゃの こ え READERS‘ OPINIONS 読
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 貴誌5831号「マドゥロ(ベネズエラ大統領)が北京訪 問。 「あと50億ドル融資して呉れ、これまでの返済は半年待って」です が、 成果はあがらなかったようです。さすがの中国もベネズエラを見限った? (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)中国の政府系のメディアをみても、金額の確約は ありません。李克強首相が言ったように「出来る限りの支援をする」とい う意味は、出来る限りのことはした、という意味でしょう。ベネズエラ救 済の奇跡は原油代金が跳ね上がることでしょうが、これも望み薄です。

  ♪
(読者の声2) 数日前、何気なくカ−ラジオのスイッチを押すと、「日本 が東南アジアで嫌われているのは、日本軍が現地人の食料を略奪していっ たからです。アメリカは戦争で 疲弊した日本に食糧を供給して呉れまし た。そのお陰で今の我々がある。どちらが好かれ、どちらが嫌われている か直ぐお分かりのことと思う。」みたいな放送をしていました。

吃驚しました。運転中でしたので集中して詳しく聴き取ることはできま せんでしたが、概ねその様な内容でした。

実にふざけた内容にチャンネルを確認すると、うぬ、又、NHKかと憤 慨しました。

TVでは日本軍とは全く関係の無い生体実験を731部隊の所為にしてみた り、ラジオでは日本国を貶める様な放送をしてみたり、NHKって一体何 処の国の公共放送局ですか。

バンドン会議でスカルノ大統領が日本軍に謝辞を述べた経緯も分かって いる筈なのに。

又、天皇陛下が激戦区を慰霊訪問される折は、沿道を日章旗の小旗を 持って大歓迎の意を表わして呉れる。安倍総理の訪問時とて同じこと。此 の光景は嫌われているからだろうか。

原爆を落とし、多くの民間人を爆死させ、穴倉に潜む無抵抗の兵士を火 炎放射器で焼き殺したり、婦女暴行が治まらないので「カナリヤ隊」まで 組織せざるを得なかった敗戦国の屈辱。

 アメリカが本当に好い国? ともかく一日でも早く「公共」の二文字は 剥奪すべきです。(北九州素浪人)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
安倍3選につけいる隙がないー自民総裁選
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           
              杉浦 正章

200票超えないと石破は沈没

 荒ぶるトランプをどうなだめるかが最初の課題

政局が自民党総裁選を軸に動き始めた。総裁・安倍晋三が20日に三選され る方向は間違いないが、水銀柱の下降と反比例するかのようにボルテージ が上がりはじめた。

対立候補石破茂派の農水相斎藤健が「安倍陣営から石場さんを応援するな ら辞表を書いてやれと言われた」と「圧力」を暴露。安倍は石破とのテレ ビ党論で「あるはずはない。そういう人がいるのであれば名前を言っても らいたい」全面否定したが、石破は「被害者に名乗り出よというのは財務 相のセクハラ疑惑に似ている」とかみついた。

自民党幹部らが「まあまあ」とおさめたが、近頃にない“茶番”が見られ て、茶の間は喜んだ。

それでは総裁選の展開を予想すると、石破にとっては200票を上回るかど うかが今後の展望が開けるかの分岐点となる。総裁選は議員票405票と地 方票405票の合計810票の奪い合いとなる。

安倍の圧勝は決まっているが、得票によって政治的効果に大きな違いが生 ずる。安倍は議員票では80%350票を突破する勢いであり、石破は自派と 竹下派を加えて50票前後がよいところだろう。

地方票で安倍は、70%突破を目指すことになる。少なくとも国会議員票と 地方票の合計は70%に達したい考えだ。安倍が70%をとれなければ石破に 200票獲得を許すことになる。

安倍が55%を割った場合は石破が250票を上回り今後に存在感を示すと 言って良い。従って焦点はまず石破の200票超えが実現するかどうかだ。 しかし、石破人気が沸くにはほど遠く、超えなければ石破は政治的に大打 撃を受ける。

地方票の動向も最大の見所だ。6年前の総裁選で石破は55%を獲得してい る。安倍選対事務総長の甘利明が「55%を超えたい」という理由はここに ある。

しかしこのパーセントは安倍がまだ首相になっていない時点であり、首 相・総裁としての存在感を示している現在ではラインを低く設定しすぎだ ろう。議員票で80%取っておきながら、地方票で55%そこそこでは、永田 町と一般党員との乖離(かいり)が目立つことになる。

投票結果がどうあれ総裁選後の内閣改造はあるのかが焦点となる。 安倍 は16」日のNHK番組で「来年は皇位の継承もあり、G20(主要20カ国・ 地域首脳会議)と、その先に東京五輪・パラリンピックがある。しっかり した人材を登用したい」と述べ、3選を果たした場合、内閣改造・党役員 人事を行う方針を表明した。人事をほのめかされては入閣候補らの動きは 当然安倍に向かう。巧妙なる“一本釣り”だ。

首相の信任にとって最も重要なポイントは景気の動向だが、安倍の就任以 来戦後まれにみる好景気が継続しており、石破はつけいる隙がない。昨年 末には、安倍が首相に就任した2012年12月に始まった景気回復局面が高度 成長期の「いざなぎ景気」を超えて戦後2番目の長さとなったことが確定 した。

今の景気回復が2019年1月まで続けば、02年2月から73カ月間続いた戦後 最長の景気回復を抜く。戦後最長の景気を維持しようとする首相を降ろそ うとすれば、降ろす方が“悪人”となる。石破の人相はどうみても良いとは 言えず損している。

一方安倍の地球儀俯瞰外交は、歴代首相の中でももっとも活発であり、こ れもつけいる隙がない。同外交は安全保障と経済の両面から戦略的見地に 立って推進している。

その「積極的平和主義」路線は「一国平和主義」から脱して、世界平和を 俯瞰して、必要ならば自衛隊の活用を含め貢献する形だ。しかし難題は日 米関係だ。トランプは、中国からの輸入品すべてに制裁関税を課す可能性 に再び言及した。

3弾の関税発動を24日にも最終判断するが、早くも「第4弾」をちらつ かせている。トランプの対中関税攻撃はとどまるところを見せない。中国 も対抗措置を取っており、貿易戦争がさらに激しくなる危険をはらむ。

日本も対岸の火災視できない。中国で製品を作って対米輸出している日本 企業も多いし、トランプは例外を認めない姿勢だ。この“荒ぶる”トランプ をどうなだめるかは、安倍とトランプの個人的な関係が重要となるだろ う。日米両国は首脳会談を9月25日に米国で行う方向で調整に入った。米 ニューヨークでの国連総会に首相が出席するのに合わせて開くが、これま でにない難問を抱え、世界が注視する会談となりそうだ。



━━━━━━━━━━
足の血管にもステント
━━━━━━━━━━


    石岡 荘十

数十メートル歩くと左足がだるくなって歩行困難になる。で、数分立ち止 まって休むとまた歩けるようにはなるが、またすぐだるくなる。

このような症状を専門的には「間欠性跛行」という。「跛行」はビッコを 引くという意味だ。こうなった経緯については、本メルマガ「齢は足にくる」

http://www.melma.com/backnumber_108241_4132433/

で述べたとおりだが、先日、閉塞した足の大動脈にステントを入れる治療 を受け、ビッコは解消し、元通り颯爽と歩けるようになった。

はじめ、「これはてっきり腰をやられた」思い込んで、近所の接骨院に駆 け込んだら、「典型的な脊柱管狭窄症の症状だ」と断言する。つまり神経 の管が腰のところで狭まっている疑いがあるとのことで、電気治療、鍼を 数回やってもらったが、はかばかしくない。

業を煮やして、行きつけの大学病院の整形外科で腰のレントゲン、さらに MRIを撮ってみると、確かに、腰椎のひとつがずれているが、神経には 触っていないことが確認できた。脊柱の管にはどこも狭くなっているとこ ろはない。ビッコの原因はほかにあるというのが整形外科医の診断だった。

考えられるのは、足に血液を供給する血管、動脈がどこかで狭くなってい て、血液や栄養補給が足の筋肉の運動量に追いつかないのではないか。血 管の動脈硬化ではないかというのが循環器内科の医師のお見立てだった。

となると、検査法はPWV(脈波伝達速度)。両腕、両足に幅広のベルト(カ フ)を巻いて四肢同時に血圧を測定する検査法である。この検査をする と、動脈の詰まり具合と動脈の硬さ(柔軟性)手足の動脈などの比較的太 い動脈の高度狭窄の有無がわかる。

結果は、左足だけが標準値に遠く及ばない。病名は閉塞性動脈硬化症。左 足へ行く動脈のどこかが詰まっている疑いが強まった。

血流が詰まる動脈硬化は典型的な加齢疾病だ。脳の血管が詰まれば脳梗塞 になるし、心臓の血管(冠動脈)が狭くなると狭心症、詰まると心筋梗塞 になる。私の場合は足にきたというわけである。

造影剤を使ったCTで診ると、左足付け根から動脈を15センチほど遡ったと ころで90パーセント狭窄していることが確認できた。左足へは最大、通常 の7割ほどしか血が流れていない。これではビッコになるわけだ。

治療法は、脳梗塞や心臓梗塞と同じだ。血管の狭くなったところにカテー テルを挿し込んでフーセンで拡げるとか、バイパスを作るとか、etc。

心臓カテーテル室でカテーテル台に横になると、若くて美形の看護婦さん が何の躊躇もなくパラリとT字帯をはずし、左足の付け根周辺の陰毛を電 気かみそりで刈る(剃毛という)。慣れたものだ。

局所麻酔の後、この治療では実績も多い腕利きの医師が、モニター画面を 見ながらカテーテルを挿入。先端には、中心部に細くすぼめたバルーンを 仕込んだステントがある。

ステントはステンレスで出来た金網のチューブである。これを狭窄部分ま で持っていってバルーンを膨らますと、すぼめてあったステントの内径も 同時に拡がって、狭窄した血管を見事に押し広げた。

ステントは内径8ミリ、長さ40ミリ。心筋梗塞の治療に使うステントは内 径2ミリほどだから、それに較べると大型だ。治療時間は1時間ほど、治 療費86万円、自己負担9万円ほどだった。

心筋梗塞でステントを使う治療法はよく知られているが、足の大動脈狭窄 にステントを使うケースはまだそれほど多くない。

下肢(足)へ行く動脈が詰まると、下肢が腐ってしまい、痛いだけでな く、命にかかわるケースもある。そうなると「命には代えられない」とや むを得ず下肢を切断しなければならなくなる。日本では毎年1万人以上が 足を切断されているという報告もある。高齢化で症例は増えている。

足にもステントを入れるという治療法は、循環器内科ならどこでもやって いるわけではない。リスクもある。医師の選択には慎重でありたい。

元京都大学心臓血管外科部長・米田正始(こめだまさし)医師を中心とす る研究グループは新しい血管を作って下肢切断を救う「血管再生法」とい う試みを行なっていて、再生医学のひとつとして注目されている。

「なんとなく足の先が冷たい」

これが、アラームだ。接骨院では治らない。専門の医師を選んで、治療を 受ける必要がある。(ジャーナリスト)


           
━━━━━━━
重 要 情 報
━━━━━━━

 ◎沖縄の県知事選挙の投開票が、来る9月30日(日)に行はれる。

この選挙は、ひとり沖縄に留まらず、日本全体に影響が及ぶ超重要な選挙であることは勿論である。佐喜真淳候補を応援してをられる方も多いと思ふ。しかしながら、沖縄の友人知己に投票の協力を仰ぐにしても、さう沢山はいらっしゃらないのが現実であらう。

そんな時、良い方法がある。それは、神社仏閣で佐喜真候補の必勝を祈願して頂くことである。

祈りといふものは、実は大きな力を持つものである。私も毎日、近所の神社にお参りしてゐる。祈りの力が結集して、佐喜真候補の圧勝に結びつくやうに確信してゐる。北村維康



 ◎「何で日本では休日が多いのだ」:前田正晶

これは当方が未だ在職中の1990年代初頭の頃のことで、本部から出張して きた働き者の連中が余りの祝祭日等多さで仕事ならない日を目前にして嘆 いて言ったことだった。兎に角仕事にならず、ホテルで出張報告の下準備 でもしている以外に時間の潰しようがないとこぼしていた。

当時はW社ではラップトップなどという文明の利器は普及しておらず、報 告書は手書きで原稿を作らねばならなかったのだ。

私はあの頃よりも21世紀の現在の方が確実に祝祭日が増えたし、それだけ ではなく三連休も増えすぎたと思っている。「そんなことを言うが、今や 毎日が月曜日状態の貴殿には三連休だろうと何だろうと関係ないのではな いか」と言われそうだが、それが大有りなのだ。私には不都合なことばか りだから言っているのだ。

現役で活動しておられる方々には結構なことだろうかとも思うが、リタイ ヤーして24年も経ってしまった私には不都合ばかりだ。「一体全体誰の為 だ」と言いたくなる。

何と言っても腹立たしいのが、16年1月1日から1年間の病気休養から立ち 直って再度加入したアスレテイック・クラブの新規約である。それではシ ニア会員は土・日・祝祭日には入場出来なくなっているのだ。即ち、今週 と来週末には3日続けてジムに行けなくなるのだ。これでは年老いてもな お体を鍛えて長寿を目指している雄々しい老人の虐待ではないか。「政府 はこういう悪影響があることを配慮せよ」と心の中で大声で叫んでいる。

ジムで運動が出来ないのだったら、屋外でウオーキングでもすれば良い じゃないかと言われそうだが、それではジムの大きな風呂には入れなくな るし、シャワーで思い切り湯水を金のように?使えなくなるではないか。 楽しみにしている高齢者の会員を相手に昔の華々し対日輸出での活躍振り の自慢話をする機会も奪われるのである。安倍政権は家にでも籠もってブ ログの更新でもしていろとでも言う気か。

次に困るのが、ウッカリ週日に銀行のATMに行くのを忘れて土・日にか巨 額の預金から当座の小遣いを下ろそうと思うと無慮¥108の罰金を取られ てしまうのだ。我が家から最も近いATMでも徒歩10分はかかる。特に今年 の夏のように酷暑であれば、往復20分は大きな身体的な負担になるのだ。 それこそペットボトルにポカリスエットでも入れて持ち歩かないと脱水状 態になりかねないので危険な外出になるだ。

未だ他にも問題はある。それは大病院では当然外来は休診だし、市中の医 院もクリニックも同様に休診なのだ。これでは迂闊に風邪を引いたり、あ ちこちに異常を来す訳にはいかななくなるのだ。特に、最早30年近く診て 頂いているSクリニックのS先生には何でも診て頂けるので、危ないかなと 思った時に駆け込めるのだ。だが、それも出来なくなるので困る。

私には何時また4度目の心筋梗塞が襲ってくるかも知れないという不安を 抱えているのだから、三連休などは危険で不愉快なだけだ。少しは超後期 高齢者に配慮せよと言いたいのだ。それならば、日頃から十分に体調に配 慮せよと言いたいだろうが、その体調を整える為に通っているジムに入場 出来る日数が限られているのだと、話が元に戻ってしまうのだ。国立国際 医療研究センター病院の主治医の先生からは「体重が変動しないように注 意せよ」と言われているので、ジム通いは必須なのだ。

今週の後半には掛かりつけのクリニックやだ病院等の予約が目白押しであ るし、シルバーパスの更新の日も迫っている。ここ数年は「シルバーパス に¥20,510も投資して翌年の9月末まで使い切れるのだろうか」との不安 感と戦いながら購入している次第だ。来週には往年の最大の取引先の幹部 だった方々の楽しい語り合いの昼食会があるので、それまでは何とかして 体調を万全に整えておきたい。だが、2週連続の3連休がそれを邪魔するの だ。3連休は誰の為、何の為にあるのか。大いに疑問だ。


 ◎【米中貿易戦争】中国に貿易戦争の影響じわり 慎重になる消費、景 況感、株価

トランプ米政権が対中制裁の第3弾を24日に発動すると発表したことを受 け、中国は「米国側による追加関税への固執は、双方の交渉に新たな不確 定性をもたらした」(商務省)と反発した。米側に一歩も引かない態度を 示し続けている習近平指導部だが、貿易戦争の影響は中国経済に表面化し 始めている。米国との対立に収束の気配が見えない中で、中国経済へのマ イナス影響がどこまで広がるか警戒感が増している。

中国商務省は18日の報道官談話で、米国の制裁措置について「米側はこう した行為がよくない結果を招くことを認識し、信頼できるやり方で直ちに 誤りを正すよう望む」と批判した。

強硬姿勢を崩さない中国だが、貿易摩擦のさらなる深刻化は避けたいのが 本音とみられる。拡大し続ける米国の制裁措置による悪影響が懸念される ためだ。

実際に貿易戦争の悪影響は中国経済に「数字」として表れつつある。中国 自動車工業協会が今月11日に発表した8月の新車販売台数は、前年同月比 3・8%減の210万3400台と2カ月連続のマイナス。ロイター通信による と、協会幹部は「貿易摩擦が不確実性をもたらし、消費者をより慎重にさ せた」と述べた。

 費者だけでなく、企業も慎重姿勢に転じつつある。英調査会社マーク イットが今月3日に発表した中国の8月の景況感を示す製造業購買担当者 指数(PMI)は、前月より0・2ポイント低い50・6。これは昨年6月 以来、14カ月ぶりとなる低水準で、同社は「多くの企業が、米国との貿 易戦争に懸念を示した」と悪化要因を分析する。

株価も、制裁第2弾を米中が同時発動した8月下旬ごろから悪化傾向が強 まった。今月17日の上海株式市場は、代表的な指数である総合指数の終値 が2651・79と、2014年11月以来、約3年10カ月ぶりの安値を記録。トラン プ政権が対中制裁第3弾を近く発動されると報じられたことがきっかけ だった。追加関税の税率が当初予定より低かったため18日は反発したもの の、貿易戦争次第の相場展開だと印象づけた。

中国政府も貿易戦争に備えて7月下旬に景気下支え政策に転じているが、 このまま米国との対立が長期化すれば影響拡大は避けられない。英紙フィ ナンシャル・タイムズ(中国語電子版)は「貿易戦争の中国への影響を過 小評価すべきではない」と指摘する。(三塚聖平、北京・西見由章)

【写真】中国・上海市内の繁華街。個人消費の落ち込みなどが懸念されて いる(河崎真澄撮影)
<http://www.sankei.com/world/photos/180918/wor1809180037-p1.html>http://www.sankei.com/world/photos/180918/wor1809180037-p1.html
【産經ニュース】2018.9.18 20:15  〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎北、ウラン施設破壊を打診…正恩氏の意向反映

北朝鮮の非核化をめぐる米国と北朝鮮の協議で、北朝鮮側が最近、米側に 北朝鮮北西部寧辺(ヨンビョン)のウラン濃縮施設を破壊する用意がある と打診したことが18日、わかった。米朝関係筋が明らかにした。核兵器製 造に必要な濃縮ウラン生産施設を破壊する意向を示し、米側の譲歩を引き 出す狙いとみられる。

米朝関係筋によると、ウラン濃縮施設の破壊は、北朝鮮の金正恩(キム ジョンウン)朝鮮労働党委員長の意向を反映したものという。トランプ米 大統領は今月、正恩氏から書簡を受け取った。トランプ氏は書簡を「前向 き」と評価しており、正恩氏の意向はトランプ氏に伝わっているとみられる。
読売新聞9/19(水) 7:35配信


 ◎【米中貿易戦争】中国に貿易戦争の影響じわり 慎重になる消費、景 況感、株価

トランプ米政権が対中制裁の第3弾を24日に発動すると発表したことを受 け、中国は「米国側による追加関税への固執は、双方の交渉に新たな不確 定性をもたらした」(商務省)と反発した。米側に一歩も引かない態度を 示し続けている習近平指導部だが、貿易戦争の影響は中国経済に表面化し 始めている。米国との対立に収束の気配が見えない中で、中国経済へのマ イナス影響がどこまで広がるか警戒感が増している。

中国商務省は18日の報道官談話で、米国の制裁措置について「米側はこう した行為がよくない結果を招くことを認識し、信頼できるやり方で直ちに 誤りを正すよう望む」と批判した。

強硬姿勢を崩さない中国だが、貿易摩擦のさらなる深刻化は避けたいのが 本音とみられる。拡大し続ける米国の制裁措置による悪影響が懸念される ためだ。
 実際に貿易戦争の悪影響は中国経済に「数字」として表れつつある。中 国自動車工業協会が今月11日に発表した8月の新車販売台数は、前年同月 比3・8%減の210万3400台と2カ月連続のマイナス。ロイター通信によ ると、協会幹部は「貿易摩擦が不確実性をもたらし、消費者をより慎重に させた」と述べた。

消費者だけでなく、企業も慎重姿勢に転じつつある。英調査会社マーク イットが今月3日に発表した中国の8月の景況感を示す製造業購買担当者 指数(PMI)は、前月より0・2ポイント低い50・6。これは昨年6月 以来、14カ月ぶりとなる低水準で、同社は「多くの企業が、米国との貿 易戦争に懸念を示した」と悪化要因を分析する。

株価も、制裁第2弾を米中が同時発動した8月下旬ごろから悪化傾向が強 まった。今月17日の上海株式市場は、代表的な指数である総合指数の終値 が2651・79と、2014年11月以来、約3年10カ月ぶりの安値を記録。トラン プ政権が対中制裁第3弾を近く発動されると報じられたことがきっかけ だった。追加関税の税率が当初予定より低かったため18日は反発したもの の、貿易戦争次第の相場展開だと印象づけた。

中国政府も貿易戦争に備えて7月下旬に景気下支え政策に転じているが、 このまま米国との対立が長期化すれば影響拡大は避けられない。英紙フィ ナンシャル・タイムズ(中国語電子版)は「貿易戦争の中国への影響を過 小評価すべきではない」と指摘する。(三塚聖平、北京・西見由章)

【写真】中国・上海市内の繁華街。個人消費の落ち込みなどが懸念されて いる(河崎真澄撮影)
<http://www.sankei.com/world/photos/180918/wor1809180037-p1.html>http://www.sankei.com/world/photos/180918/wor1809180037-p1.html
【産經ニュース】2018.9.18 20:15  〔情報収録 − 坂元 誠〕


━━━━━━━
身 辺 雑 記
━━━━━━━

20日の東京湾岸は曇天、午後には雨との予報。

19日夜は久々、向島の洋食屋『あきら』での姉2人と懇談。次姉を川崎市内の自宅まで送り届ける。家人の運転。



                         読者:5580人






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-01-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/09/21

    手術をすると癌が暴れる!



    (メスを入れ、癌が暴走する)



     「手術で癌が暴れ出す」と警告するのは、近藤誠医師。本物の癌にメスを入れると、局所移転で癌が暴走する。癌の局所移転と言うのは、外科医が手術でメスを入れた所に次々と再発巣が現れることであり、より厳しい再発の仕方である。だから、近藤医師は一貫して「癌手術はするな」と主張している。その根拠の一つに、「手術で癌が暴れ始める」という現象がある。癌を切除手術で取り除く行為が癌手術である。ところが、切除手術を受けて間もなく、メスを入れた所に、再発が一気に出る。そういう患者が多い。



    (3キロも臓器取られた逸見アナ)



     「大腸癌の切除手術を受けてすぐ、腹膜転移が一気に出てしまった方がいた。手術の際に、メスで傷つけられた腹膜に、癌細胞が集まり、通常では考えられないペースで増殖してしまった」と近藤医師は言う。腹膜転移が出やすい癌は、大腸癌、胃癌、膵臓癌、胆管癌、卵巣癌などである。つまり、これらの癌を安易に手術すると、一気に癌が暴れる恐れがある。その典型が、アナウンサーの逸見政孝である。胃癌で3度にわたる過酷な手術を受けた。最初の手術ですぐ腹膜に移転する。こうして3度の手術で摘出された臓器の総重量は3キロにも及んだ。



    (癌細胞が集まり急激に増殖する)



     近藤医師は「メスを入れた所に、癌細胞が集まり急激に増殖を始める」と言う。具体的には、「初発巣にメスを入れると、当然、出血する。そして、本物の癌であれば、血液中に癌細胞が入り込んでいる。つまり、癌細胞が出血と共に流れ出てメスを入れた部分にとりつく」「メスで傷つけられた部分には、破壊された組織を修復するための、様々な物質が分泌される」「サイトカインなどと呼ばれるそれらの物質の中には、組織修復のため細胞分裂を促進する物質も含まれており、その促進物質が傷口に取りついた癌細胞を急激に増殖させていく・・・」「癌は犬・猫と同じで、苛めると牙をむく」と言う。



    (外科医の悪魔のささやき)



     「癌が本物なら、手術をしても転移は必ず現れてくる」「だから、どちらにしても手術を受けるだけ損である」「癌で長生きしたいなら、我慢比べしかない」「我慢できない人は、残念ながら手術を受けて早く死ぬ・・・」(近藤医師)



     「初発巣を切除すると、転移巣の増大スピードが急加速する危険性がある」つまり、「のんびり癌」が「凶暴癌」に変身する。



     たまたま健診を受けて大腸癌が見つかった場合、近藤医師が相談を受けた患者のケースである。



    「狭窄はあったのですが、通過障害はなく、食事は普通に取れていました。切除手術を勧められているが、どうしたらいいのでしょうとの相談だったので、転移巣が暴走する危険性を説明したうえで様子を見る方法もあるとお伝えした。ところが、その後、外科医の勧めに従って手術を受けてしまった。そうしたら、僅か数か月で、肝臓への転移が出てしまった。初発巣の切除が引き金になって転移巣が大暴走してしまったのです」



     こうなると、手術を勧めた外科医の声は、まさに悪魔のささやきである。



     やはり、主治医の勧めで膀胱癌で膀胱を全摘された中年男性の例は次の通りである。



    膀胱を全摘すると男性機能を失うことがある。多くの患者は、それを失って初めて愕然としてしまう。気の毒なことに、手術から間もなくして、その男性に転移巣が次々と出現してきた。



    (癌自身の暴走抑制ブレーキ)



     癌を切ったら、転移癌が暴走するメカニズムは次の通りである。



     最初の癌から、転移巣の成長を押さえ込む不思議な物質が分泌される。その物質名は、「エンドスタチン」「アンギオスタチン」と言う2つの物質である。それらは、癌自身が成長するために必要な「血管新生」を阻害する働きをする。癌自身にも自らの暴走を抑制するブレーキ剤が出ている。その初発巣を手術で切除してしまうと、転移巣の増殖を押さえ込む「エンドスタチン」などの分泌は失われ転移した癌は暴走してしまう。「大腸癌手術をしたら、転移の無かった肝臓が急に膨れだし、正常な重さ1・5キロが転移巣では10週間で4・7キロになり死亡。原因は手術以外にはありえない」と米医学誌も断定している。

  • 名無しさん2018/09/20

    支那人は封じ込めるしかない

    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68733508.html

    陳哲郎が関西生コンの認可に圧力!京都府が抵抗する中、福山哲郎が圧力かけ京都の連合会が認可発足

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7218.html

    愛国のリアリズム 対 売国のお花畑論

    http://melma.com/backnumber_115_6734351/

    辻元清美事務所に武容疑者とのつきあい、連帯から献金を受けたことについて、取材を申し込むと、こう回答があった。

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53294357.html

    伊藤みどり

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E4%BC%8A%E8%97%A4%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8A&chips=q:%E4%BC%8A%E8%97%A4%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8A,g_7:%E9%95%B7%E9%87%8E+%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF&sa=X&ved=0ahUKEwj9_MbetcjdAhWMWrwKHZ8zB_gQ4lYIMigA&biw=1139&bih=615&dpr=1.5

    現役医師20人に聞いた「患者には出すけど、医者が飲まないクスリ」糖尿病 高血圧 花粉症 インフルエンザ完全保存版一覧表

    http://www.asyura2.com/14/iryo4/msg/467.html

    曇りなきマナコで見定めよう!

    http://hatekorea.blog.fc2.com/blog-entry-185.html

    パチンコと北朝鮮 朝鮮総連とパチンコと脱税 2ch「在日特権だな」「マルハンは朝鮮」「五世の時代の構図は?」

    http://bororon.doorblog.jp/archives/52464218.html

    ロン・ポール氏曰く:米ドルは崩壊する。銀行制度は破綻している。金融戒厳令が進行中である。

    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52031937.html

    地上波テレビで流すべき番組*チャンネル桜『日本国土強靭化会議 2018』『日本強靭化会議 2017』

    https://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/7128028774c668bb2d6cf3e6ef2e5cf8

  • 名無しさん2018/09/20

    欠陥、危険だらけの腹腔鏡手術



    (開腹手術より怖い落とし穴)



     腹腔鏡手術の10大欠陥を挙げる。



    技術的に難しい→遠隔操作による施術のため。



    視野が狭い→内視鏡モニター越しに行うため。



    癌転移を見逃す→開腹手術、肉眼には劣る。



    リンパ節移転も見逃す→移転の2割を見逃す。



    隣接癌が再発する→手術成功率が低い。



    癌を取り残す→腹腔鏡は見えにくい。



    患部が判り難い→直接臓器に触れない。



    術後縫合が困難→内視鏡では難しい。



    感染症を起こす→縫合不全で合併症になる。



    術後急死も多い→欠陥による後遺症で。



    (患者は出世のための実験台)



     群馬大学で続出した惨劇がなぜ起こるのか? 

    危険極まりない手術なのに若い医者ほどやりたがる。それは、日本内視鏡学界が、手術の回数によって「認定医」「指導医」というお墨付きを与えるからである。だから、これらの肩書が欲しい若い医師たちは、一例でも多くの腹腔鏡手術をやりたがる。盲腸炎でも、わざわざ腹腔鏡でやる医者がいるので呆れる。出世のために危ない橋も平気で渡る。つまり、患者は医者の功名心を満たすための実験台。群馬大学の大量殺人医もそんな一人だった。上司もそれを見逃していた。腹腔鏡手術による隠れた犠牲者は全国に多発している。



    (断食はメスのいらない手術)



     腹腔鏡手術しかやったことのない医者は欠陥医者である。腹腔鏡で大量出血したら、迷わず、開腹手術に切り換えるべきである。ところが、開腹手術の経験のない若い医者は、それが出来ない。手術中にトラブルが起こっても対応できず、パニックに陥るだけである。メスで身体を切り刻む手術と言う医療行為そのものが不自然なのである。ファスティング(少食・断食)はメスのいらない手術である。やはり原点に戻るべきである。



    (全身麻酔を1回やれば寿命が6年縮む)



     週刊現代に「全身麻酔が身体に残す大ダメージ」として「1回やれば6年寿命が縮む」と警告した。これは「生命保険業界の常識」だ。麻酔が原因で手術中に亡くなる人は10万人に一人だという。ただし、これは医療機関から報告された数値であり、副作用事故を報告すると、麻酔の犠牲者は10万人に100人超ということになる。年間に行われる「全身麻酔」手術は約250万件であり、単純計算すると、麻酔死は年間に2500人超。具体的被害例は次の通りである。



    事例1→80歳の女性が、脊椎の手術後に植物人間状態になった。



    事例2→30代男性が、全身麻酔による低酸素脳症で死亡した。



    事例3→74歳男性は、動脈瘤手術の全身麻酔で寝たきりになった。この男性は、麻酔が醒めると、頭が痛いとしきりに訴え、退院後自宅に戻っても頭痛を訴え続け、やがて寝たきりになった。手術から1か月ほどたった夜中に、意識を失い救急車で搬送されたが医者に「手遅れ」と言われ、脳溢血で3日後に死亡した。親族が最初に動脈瘤の手術をした脳外科医に「ひどい頭痛の原因」を問いただすと、「おそらく麻酔が深く入り過ぎた」と頭を下げた。つまり、手術時の全身麻酔失敗が原因だと認めた。



    (なぜ麻酔が効くのか判らない)



     そもそも麻酔薬でどのようにして麻酔がかかるのか? 

    現代医学は、その作用すら判っていない。つまり、「麻酔薬を投与すると、人は意識や感覚を失うのか」と言うメカニズムすら、いまだ解明されていない。「今まで効いてきたから大丈夫だろう」と言う経験則で医者は麻酔を打っているに過ぎない。だから、死亡と言う重大事故も、真相は永遠に判らない。



     ある麻酔専門医は「なぜ効くか判らない。だから、事故が起きたときの検証もできない。つまり全身麻酔の事故は今後も防ぎようがない」と投げやりである。高齢者、喫煙者、心肺機能が弱い人は特にリスクが高まる。

  • 名無しさん2018/09/20

    「正直・公平」に石破茂候補者情報を配信するとこうなります

    http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1099.html